ツイート シェア
  1. 長崎県議会 2016-02-24
    平成28年  2月 定例会-02月24日−02号


    取得元: 長崎県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    平成28年  2月 定例会 − 02月24日−02号 平成28年  2月 定例会 − 02月24日−02号 平成28年  2月 定例会 平成28年2月定例会               平成28年2月24日                議事日程                                第3日目 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   1 開議   2 委員長審査結果報告、質疑・討論、採決   3 散会 平成28年2月24日(水曜日) 出席議員(44名)     1番  宮本法広君      2番  麻生 隆君      4番  坂本 浩君      5番  大場博文君      6番  里脇清隆君      7番  近藤智昭君      8番  山口経正君      9番  大久保潔重君     10番  浅田眞澄美君
        11番  松島 完君     12番  友田吉泰君     13番  堀江ひとみ君     14番  川崎祥司君     15番  深堀 浩君     16番  山田朋子君     17番  宅島寿一君     18番  山本由夫君     19番  吉村 洋君     20番  ごうまなみ君     21番  山本啓介君     22番  中島浩介君     23番  前田哲也君     24番  西川克己君     25番  中村和弥君     26番  外間雅広君           欠番     28番  中山 功君     29番  山田博司君     30番  高比良 元君     31番  小林克敏君     32番  久野 哲君     33番  渡辺敏勝君     34番  吉村庄二君     35番  下条ふみまさ君     36番  徳永達也君     37番  中島廣義君     38番  瀬川光之君     39番  坂本智徳君     40番  溝口芙美雄君     41番  橋村松太郎君     42番  野本三雄君     43番  三好徳明君     44番  八江利春君     45番  宮内雪夫君     46番  田中愛国君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 欠席議員(1名)      3番  吉村正寿君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 説明のため出席した者  知事             中村法道君   副知事            濱本磨毅穂君   総務部長           上田裕司君   県民生活部長         辻 良子君   環境部長           太田彰幸君   福祉保健部長         伊東博隆君   総務部秘書広報局長      金子知充君   企画振興部長選挙管理委員会書記長事務取扱)                  山田伸裕君   文化観光国際部長       松川久和君   土木部長           浅野和広君   農林部長           加藤兼仁君   水産部長           熊谷 徹君   産業労働部長         松尾英紀君   危機管理監          西浦泰治君   福祉保健部こども政策局長   永松和人君   会計管理者          新井忠洋君   交通局長           山口雄二君   教育委員会教育長       池松誠二君   選挙管理委員会委員      葺本昭晴君   監査委員           石橋和正君   人事委員会委員        星野孝通君   公安委員会委員        片岡瑠美子君   警察本部長          金井哲男君   監査事務局長         平尾眞一君   人事委員会事務局長(労働委員会事務局長併任)                  大串祐子君   教育次長           池田 浩君   総務部財政課長        前田茂人君   総務部秘書広報秘書課長   木山勝己君   警察本部総務課長       宮崎光法君   選挙管理委員会総括書記長補佐 上原大善君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 議会事務局職員出席者   局長             金原勝彦君   総務課長           増井直人君   議事課長           高見 浩君   政務調査課長         天野俊男君   議事課長補佐         本村 篤君   議事課係長(副参事)      天雨千代子君   議事課係長          増田武志君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     −午前11時30分 開議− ○議長(田中愛国君) ただいまから、本日の会議を開きます。  これより、さきに予算決算委員会に付託して審査をお願いいたしておりました議案について、審議することにいたします。  予算決算委員長の報告を求めます。  中村委員長−25番。 ◆予算決算委員長(中村和弥君) 〔登壇〕予算決算委員会の審査の結果並びに経過の概要について、ご報告いたします。  本委員会に付託されました案件は、第98号議案「平成27年度長崎県一般会計補正予算(第6号)」でございます。  慎重に審査いたしました結果、本議案については、異議なく原案のとおり、可決すべきものと決定されました。  以下、本委員会で論議のありました主な事項について、ご報告いたします。  まず、総務分科会では、県債に係る交付税措置に関し、今回の補正予算に計上している県債について、後年度に国からの交付税措置はあるのかとの質問に対し、今回の補正予算に計上している県債については、約50%が後年度交付税措置されることとなっているとの答弁がありました。  これに関連し、今回の補正予算により、約20億円の実質的な県の負担となるが、経済波及効果はどの程度見込まれているのかとの質問に対し、今回の補正予算は、歳出全体で約101億円となっているが、産業連関表に基づく試算によると、約170億円程度の波及効果があると見込んでいるとの答弁がありました。  次に、文教厚生分科会では、施設整備助成費に関し、平成28年度当初予算に計上を予定していた障害者支援施設1件、児童発達支援センター2件の新設整備助成のための経費3億6,881万円について、前倒しして、経済対策補正予算に計上しているが、理由は何かとの質問に対し、今回の国における補正予算の取り扱いでは、通常は、80%の充当率が100%に、交付税措置のないものが50%となる、有利な起債を活用することができるため、財政状況が厳しい本県が施設を整備するに当たり、補正での対応としたものであるとの答弁がありました。  これに関連して、今回の助成を予定している3施設のほかに、助成を要望した施設はなかったのかとの質問に対し、施設を運営する全法人に照会したところ、11件の応募があったが、国の優先採択要件に合致するか、また、県の政策目的に合致するかなど、1件ずつ精査した結果、3件の施設について、補正予算に計上したとの答弁がありました。  次に、環境生活分科会では、今回の補正予算について、可能な限り前倒し発注を行うとのことであるが、3月までの限られた期間の中で、経済対策としてどの程度支払いまでできるのかとの質問に対し、なるべく年度内に、支払いまで可能となるよう発注したいと考えている。経済対策補正予算におけるこれまでの例によると、補正額に対する支払い実績は1割程度であり、今年度も、同程度の支払いができるようにしたいと考えているとの答弁がありました。  これに関連し、従来から課題となっていた、年度当初の事業の端境期対策には、どの程度対応できるのかとの質問に対し、昨年度の国の経済対策に係る補正予算の内示額は10億円程度であったが、今年度はそれよりも44億円程度増加している。また、今年度はゼロ県債も導入しているため、昨年度に比べると端境期に対応できる状況になっているとの答弁がありました。  次に、農水経済分科会では、水産流通基盤整備費に関し、今回の補正予算は、経済対策補正であるが、長崎漁港における高度衛生管理対策工事を実施することによる経済効果をどうとらえているかとの質問に対し、直ちに発生する効果として、工事による作業員の雇用や資材の発注等により経済波及効果が見込めるほか、年度内に入札公告を行うことで、事業者の仕事量が少ない端境期に発注することができることとなるとの答弁がありました。  これに関連し、長崎漁港輸出適応した施設とし、長崎の魚の輸出促進を図ることがTPP対策となるという強い目的意識を持って取り組んでほしいとの意見がありました。  以上のほか、付託議案に関し、熱心な論議が交わされましたが、その詳細については、この際、省略させていただきます。  以上で、予算決算委員会の報告といたします。
     議員各位のご賛同をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(田中愛国君) お諮りいたします。  第98号議案「平成27年度長崎県一般会計補正予算(第6号)」は、質疑・討論を省略し、直ちに採決することにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(田中愛国君) ご異議なしと認めます。  よって、直ちに採決いたします。  本議案は、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(田中愛国君) ご異議なしと認めます。  よって、第98号議案は、原案のとおり可決されました。  本日の会議は、これにて終了いたします。  明日から2月28日までは、議案調査等のため本会議休会、2月29日は、定刻より本会議を開きます。  本日は、これをもって散会いたします。  お疲れさまでした。      −午前11時37分 散会−...