ツイート シェア
  1. 長崎県議会 2016-02-22
    平成28年  2月定例会 農水経済委員会-02月22日−01号


    取得元: 長崎県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    平成28年  2月定例会 農水経済委員会 − 02月22日−01号 平成28年  2月定例会 農水経済委員会 − 02月22日−01号 平成28年  2月定例会 農水経済委員会 1、開催年月日時刻及び場所   平成28年2月22日        自  午後2時00分        至  午後4時05分        於  議会会議室 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 2、出席委員の氏名     委員長       吉村 洋君     副委員長      宮本法広君     委員        小林克敏君      〃        中山 功君      〃        溝口芙美雄君      〃        徳永達也君      〃        久野 哲君      〃        中村和弥君      〃        深堀 浩君      〃        山口経正君
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 3、欠席委員の氏名     委員        下条ふみまさ君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 4、委員外出席議員の氏名     なし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 5、県側出席者の氏名     産業労働部長          松尾英紀君     水産部長            熊谷 徹君     農林部長            加藤兼仁君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 6、審査事件の件名 ◯予算決算委員会(農水経済分科会) 第98号議案  平成27年度長崎県一般会計補正予算(第6号)(関係分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 7、審査の経過次のとおり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後2時00分 開会− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○吉村[洋]委員長 ただいまから農水経済委員会を開会いたします。  なお、下条委員から欠席する旨の届けが出されておりますので、ご了承をお願いします。  まず、委員席でございますが、今、お座りいただいている席で決定したいと存じますがよろしいでしょうか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  それでは、そのように決定いたします。  議事に入ります前に、選任後初めての委員会でございますので、一言ごあいさつを申し上げさせていただきたいと存じます。  このたび、農水経済委員会の委員長を仰せつかりました自由民主党・活正の会 吉村洋でございます。  宮本副委員長をはじめ、各委員、また、理事者の皆様方のご指導とご協力を賜りながら、円滑な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願いいたします。  本委員会は、本県の主要産業であります農林水産業及び産業振興の分野を所管しており、現下の厳しい県の財政状況の中にあって、より効率的かつ効果的な事業執行の検証が求められているところでございます。  農林水産業の担い手の減少、あるいは高齢化に向けての対応、農水産物の流通や加工の推進、農村森林及び漁港漁場の整備、企業誘致の推進、新産業の創出・育成、地場中小企業の支援、雇用対策、そしてこれから影響が懸念されるTPPへの対応など、県政の重要課題を担っておるところでございます。  また、県民所得の向上を図るため、力強い産業を育て、県民の皆様の働く場を創出し、成長につながる付加価値の高い産業群を構築していく上でも、本委員会の役割は、ますます重要性を増すものと考えております。  本県の抱える課題の解決に向けて、宮本副委員長をはじめ、委員の皆様方におかれましては、積極的に論議を深めていただきますとともに、円滑な委員会の運営にご協力賜りますよう重ねてお願い申し上げる次第でございます。  微力ながら本県の農水経済委員会所管行政の進展に取り組む所存ではございますが、最後に重ねまして、委員及び理事者の皆様方のご指導とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げまして、簡単でありますが、私のご挨拶とさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  それでは私から副委員長並びに委員の皆様方をご紹介いたします。      〔各委員紹介〕  以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  次に、理事者側の紹介を受けたいと思います。 ◎加藤農林部長 農林部長の加藤兼仁でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  農水経済委員会の開会にあたり、関係部局を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。私ども、本委員会所管の各部におきましては、商工業農林水産業の振興、雇用の促進など本県の経済活性化にかかる各種施策を展開しております。  本県の景気は、全体としては緩やかな回復基調を続けており、中小企業の景況指数も改善傾向にありますが、国内市場の規模の縮小や生産年齢人口の減少など、経営環境は厳しい状況が続いております。農林水産業におきましても、就業者の高齢化や後継者不足、農林水産物の価格低迷、環太平洋パートナーシップ協定いわゆるTPP協定など、多くの課題を抱えております。  このような状況の中、来年度からは、新たな計画として「長崎県総合計画 チャレンジ2020」が始まります。具体的な成果を県民の皆様に感じていただくことができるよう、全力で取り組んでまいる所存でございます。  各部におきましても、来年度から、「ながさき産業振興プラン」、「長崎県水産業振興基本計画」、「新ながさき農林業農山村活性化計画」のもと、企業競争力の強化、戦略的な企業誘致、新産業の創出・育成雇用の場の確保、産業人材育成長崎ブランドの確立、農林水産業における収益性、生産性の向上、意欲ある経営体の育成、担い手の確保・育成等に向けた各種施策を積極的に進めてまいります。  また、製造業サービス産業農林水産業の振興による、県民所得の向上対策に取り組んでおり、力強い産業を育て、良質な雇用の場を創出し、地域の活力を取り戻すための各種施策を推進してまいります。  さらに、国は地方創生のもと、様々な施策に取り組むこととしており、こうした国の施策を積極的に活用し、県内の産業経済の活性化に全力を注いでまいります。  吉村委員長、宮本副委員長をはじめ、各委員の皆様のご指導、ご協力を賜りながら、県政推進に全力を尽くしてまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。  甚だ簡単ではございますが、重ねて温かいご指導をお願いいたしまして、ご挨拶といたします。  それでは、本日出席しております幹部職員紹介させていただきます。  産業労働部長 松尾英紀君です。水産部長 熊谷徹君です。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○吉村[洋]委員長 ありがとうございました。それではこれより議事に入ります。  まず、会議録署名委員を、慣例によりまして、私から指名させていただきます。会議録署名委員は、深堀委員、山口委員のご両人にお願いいたします。  次に、審査の方法について、お諮りいたします。今回の議題は、農水経済行政所管事務について、第98号議案「平成27年度長崎県一般会計補正予算(第6号)」のうち関係部分についてであります。お手元に配付しております審査順序のとおり、本日は委員会を協議会に切り替えて、産業労働部、水産部の所管事務の概要について、説明を受け、明日、農林部の概要説明を受けた後、分科会で、国の経済対策に伴う補正予算について水産部と農林部を一括して審査を行いたいと存じますが、ご異議ございませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  なお、所管事務の概要説明についてのご質問等につきましては、今回は特に理解しにくかった点についての質問にとどめ、具体的な質問につきましては、各課へ個別に質問していただくか、2月定例会委員会の中で行うことにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  ご異議ないようですので、そのように進めることにいたします。  それでは、ただいまから、委員会を協議会に切り替えます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後2時10分 休憩− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後3時09分 再開− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○吉村[洋]委員長 委員会を再開いたします。  本日は、これにてとどめ、明日は午前10時より再開し、農林部の所管事務の説明を受けたいと思います。  本日は、これをもって散会いたします。おつかれさまでした。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後3時10分 閉会− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...