ツイート シェア
  1. 長崎県議会 2013-03-15
    平成25年  2月定例月議会 農水経済委員会-03月15日−10号


    取得元: 長崎県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    平成25年  2月定例月議会 農水経済委員会 − 03月15日−10号 平成25年  2月定例月議会 農水経済委員会 − 03月15日−10号 平成25年  2月定例月議会 農水経済委員会 1、開催年月日時刻及び場所   平成25年3月15日        自  午後1時30分        至  午後2時17分        於  議会会議室 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 2、出席委員の氏名     委員長(分科会長)  山田博司君     副委員長(副会長)  前田哲也君     委員        馬込 彰君      〃        野本三雄君      〃        溝口芙美雄君      〃        高比良末男君      〃        中島廣義君      〃        徳永達也君      〃        高見 健君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    3、欠席委員の氏名      なし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 4、委員外出席議員の氏名      なし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 5、県側出席者の氏名     産業労働部長       山田伸裕君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     水産部長         荒川敏久君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     農林部長         上田裕司君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 6、審査の経過次のとおり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後1時30分 開議− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○山田[博]委員長 委員会及び分科会を再開いたします。  本日は、今定例月議会で審査いたしました内容について、3月19日(火曜日)の予算決算委員会における農水経済分科会長報告及び3月22日(金曜日)の本会議における農水経済委員長報告の内容について、協議を行いますので、しばらく休憩いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後1時31分 休憩− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後1時58分 再開− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○山田[博]委員長 委員会を再開いたします。  3月19日の予算決算委員会における農水経済分科会長報告及び3月22日の本会議における農水経済委員長報告の内容について、何かご意見はありませんか。 ◆高見委員 この委員会の中でも諫干の開門、あるいはまた開門差し止めということに関して議論がありましたけれども、本会議で見る限り、中村知事も、やっぱり背後地の皆さん方の被害が起こらないようにということで、この間、随分と心配をされてきております。  言われますように106項目に及ぶ県からの内容の要請に対して国が全く答えられていない。しかも、海水淡水化の工事予算を上げられるというようなこうしたことも我が県にとっては非常に大きな問題だと考えております。  ですから、そういう意味では時間が短くなっていく中で、やっぱり議会として知事と歩調を合わせる形で国にしっかりと106項目に対して回答を出していただく、そして、そのことをベースに今後国と協議をしていくといったことが必要ではないかと思っております。  そういう意味で、その協議を促進させる意味で、農水経済委員会として意見書提出方の動議の提出をお願いしたいと思っていますが、いかがでしょうか。 ◆馬込委員 賛成。      〔「賛成」と呼ぶ者あり〕 ○山田[博]委員長 それでは、諫早湾干拓事業に係る長崎県意見への対応に関し意見書提出型の動議を提出することにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○山田[博]委員長 ご異議なしと認めます。  それではそのように決定いたしたいと思います。  それでは、文案はいかがいたしましょうか。      〔「正副委員長一任」と呼ぶ者あり〕 ○山田[博]委員長 正副委員長にご一任願います。  それでは、休会及び閉会中の委員会活動についてですが、改選までの委員会で、高見委員からご意見がありました肉用牛改良センター等の現地調査を行いたいと思います。また、先ほどの諫早湾干拓の意見書について、議員派遣ということになりますが、そういった日程等も正副委員長に一任ということでよろしいでしょうか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○山田[博]委員長 それでは、正副委員長にご一任願いたいと存じます。  最後に、閉会に当たり各部長が集合しますので、しばらく休憩いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後2時1分 休憩− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後2時10分 再開− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○山田[博]委員長 委員会を再開いたします。  それでは、本任期中の定例月議会における委員会は、それが最後となりますので、閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。  平成24年2月定例会におきまして、農水経済委員会の委員長を仰せつかり、これまで1年余り委員会の審査を行わせていただきました。  この間に県内調査、県外調査におきまして産業労働部長、水産部長、農林部長におかれまして、ご協力いただきまして、本当にありがとうございました。  特に、県におきましては、人が輝く、産業が輝く、地域が輝く長崎県づくりということで、長崎県総合計画をはじめ長崎県産業振興ビジョン、長崎県水産業基本計画、長崎林業農村振興活性化計画など、あらゆる分野におきまして皆様方にいろんな集中審査におきましてご協力いただき本当にありがとうございました。  前田副委員長をはじめ、各委員の皆様方に多大なるご理解とご協力をいただきまして、本当にこの1年間、農水経済委員会として充実した委員会をさせていただいたと思っているわけでございます。  特に、産業労働部におかれましては、いろんな審査におきまして、長崎県産業振興財団の職員のあり方とか、財団のいろいろな取組について真摯に受け止め、審査にご協力いただきまして本当にありがとうございました。  水産部長におかれましては、特に漁業協同組合との意見交換におきましては、水産部長自ら意見を発して、いろいろと現地調査とか、そういった意見交換におきましては真摯に取り組んでいただきまして、本当にありがとうございました。  農林部長におかれましては、特に諫早湾干拓の問題におきまして、農林部長が本当に率先してこの問題に議会と一緒になって取り組んでいただきまして、本当にありがとうございました。その一方で、今度諫早湾干拓農地の再リースの問題、入植者の問題、開門問題とあって、特に農林部長におかれましては、大きな職責があって大変だったと思うんですけれども、これからも引き続き取り組んでいただきたいと思います。  私も今回、この1年間振り返って、本当に各委員の皆様にはご理解とご協力をいただきまして、本当にありがとうございました。私も反省することが多々ありまして、委員長であるにもかかわらず、地域の声を届けるということで、皆様方に不適切な言動、行動があったことを深くお詫びして、これからも反省しながらしっかりと長崎県の県勢発展に頑張っていきたいと思います。  3部長におかれましては、県民所得向上の一翼を大きく担う部署でございますので、しっかりと頑張ってもらいたいと思います。  最後になりますけれども、水産部長は定年退職ということで、最後に部長としてこの1年間本当にありがとうございました。これから第2の人生を歩むと思いますけれども、これからも長崎県の水産行政を支えていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。  この1年間、皆様方には本当にお世話になりました。ありがとうございました。(拍手)  それでは、理事者側を代表いたしまして、水産部長からごあいさつをお願いします。 ◎荒川水産部長 それでは、関係部局を代表いたしまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。  山田(博)委員長、前田副委員長をはじめ、委員の皆様方におかれましては、関係部局が抱えている重要な諸課題に対しまして、さまざまな観点からご意見、ご提言をいただきました。まことにありがとうございます。また、ただいま山田(博)委員長から私ども3部長に対して、過分なお言葉をいただきました。重ねてお礼を申し上げます。  今日、地場産業を取り巻く経済環境は、長引く景気低迷により、厳しい状況が続いており、また農林水産業におきましても、担い手の高齢化や後継者不足、農林水産物の価格低迷、経費の増大による経営の悪化などの課題を抱えております。  このような状況の中、長崎県総合計画の各部分野ごとの個別計画でございます長崎県産業振興ビジョン、ながさき農林業農山村活性化計画及び長崎県水産業振興基本計画の目標達成に向け、各種施策をさらに前進、発展させるとともに、一人当たり県民所得の向上を図る観点から対策を講じてまいります。  具体的には、製造業等における中堅企業の受注拡大が中小企業に波及するような産業構造の実現や、新たな大規模市町営工業団地の整備促進など企業誘致の強力な推進、本県の強みを活かした環境エネルギー分野における新産業の創出、高品質、高単価化や消費者ニーズに対応した収益性の高い農林水産業育成など、国内外の変化に対応し、今後の成長につながる付加価値の高い産業群の構築を目指してまいります。  これまで、本委員会でいただきましたご意見、ご提言を踏まえ、関係機関と連携を図りながら、施策を積極的に推進し、県民所得の向上につなげてまいりますので、今後ともご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。  最後になりましたが、委員の皆様方におかれましては、大変ご多忙と存じますが、お体には十分留意されまして、ますますのご活躍をいただきますことを祈念させていただきます。  これをもちまして、簡単ではございますが、私どものあいさつとさせていただきます。  まことにありがとうございました。(拍手) ○山田[博]委員長 水産部長、本当にどうもありがとうございました。  これをもって農水経済委員会及び予算決算委員会農水経済分科会を閉会いたします。  皆様、大変ご苦労さまでした。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      −午後2時17分 閉会− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...