伊万里市議会 > 2017-03-06 >
平成29年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2017-03-06
    平成29年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-20
    DiscussNetPremium 平成29年 3月 定例会(第1回) - 03月06日-03号 平成29年 3月 定例会(第1回) - 03月06日-03号 平成29年 3月 定例会(第1回)           平成29年伊万里市議会会議録(第1回定例会)1.日 時  平成29年3月6日 午前10時00分開会2.出席した議員    1番  盛   泰 子         13番  馬 場   繁    2番  多久島   繁         14番  副 島   明    3番  岩 﨑 義 弥         15番  梶 山   太    4番  中 山 光 義         16番  山 口 恭 寿    5番  坂 本 繁 憲         17番  船 津 賢 次    6番  前 田 邦 幸         18番  松 尾 雅 宏    7番  力 武 勝 範         19番  松 永 孝 三    8番  弘 川 貴 紀         20番  前 田 久 年    9番  前 田 敏 彦         21番  草 野   譲    10番  東   真 生         22番  渡 邊 英 洋    11番  井 手   勲         23番  樋 渡 雅 純    12番  香 月 孝 夫         24番  笠 原 義 久3.欠席した議員    な  し4.出席した事務局職員    局長  丸 田 俊 道5.地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                  塚 部 芳 和    副市長                 江 頭 興 宣    総務部長                古 賀 恭 二    政策経営部長              佐 藤 弘 康    市民部長(福祉事務所長)        深 江 俊 文    産業部長                力 武 健 一    建設部長                香 月 庄 司    理事                  吉 原 伴 彦    総務部副部長(総務課長)                        古 場   博    (防災危機管理課長)    消防調整課長              平 山 定 昭    企画政策課長              東 嶋 陽 一    財政課長                岩 﨑 友 紀    男女協働推進課長                        多久島   功    (移住・定住・婚活応援課長)    市民部副部長(人権・同和対策課長)   山 崎 淳 一    長寿社会課長              樋 口 哲 也    産業部副部長(農山漁村整備課長)    中 島   智    農業振興課長    (伊万里牛課長)(伊万里梨課長)    松 岡 猛 彦    (農業委員会事務局長)    企業誘致・商工振興課長         梶 原 貴 英    建設部副部長(道路河川課長)                        橋 口 民 男    (検査監兼技術監)    建設部副部長(地籍調査課長)      木 戸 正 弘    会計管理者               前 田 隆 博    水道部長(水道事業管理者職務代理者)  吉 永 康 雄    管理課長                池 田 武 彦    教育長                 森   哲 也    教育部長                緒 方 俊 夫    教育副部長(生涯学習課長)       中 里   昭    教育副部長(体育保健課長)       橋 口 直 紹1.議事日程    第1 市長提出議案等に対する質疑    第2 議案の常任委員会付託1.本日の会議に付した事件    日程第1 市長提出議案等に対する質疑     議案乙第1号 平成29年度伊万里市一般会計予算について     議案乙第2号 平成29年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について     議案乙第3号 平成29年度伊万里市介護保険特別会計予算について     議案乙第4号 平成29年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算について     議案乙第5号 平成29年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算について     議案乙第6号 平成29年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算について     議案乙第7号 平成29年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について     議案乙第8号 平成29年度伊万里市後期高齢者医療特別会計予算について     議案乙第9号 平成29年度伊万里市水道事業特別会計予算について     議案乙第10号 平成29年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算について    日程第2 議案の常任委員会付託                 常任委員会付託表┌───────┬──────────────────────────────────┐│ 委員会名  │            付 託 内 容               │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案甲第3号 伊万里市税条例等の一部を改正する条例制定について   ││       │                                  ││       │議案甲第4号 伊万里市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例及び伊  ││       │       万里市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する  ││       │       条例制定について                   ││総 務 委 員 会│                                  ││       │議案甲第5号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制  ││       │       定について                      ││       │                                  ││       │議案甲第10号 専決処分の承認を求めることについて(平成28年度伊万  ││       │       里市一般会計補正予算(第10号))           │└───────┴──────────────────────────────────┘┌───────┬──────────────────────────────────┐│ 委員会名  │            付 託 内 容               │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案乙第1号 平成29年度伊万里市一般会計予算についてのうち     ││       │        第1条 歳入 全款                 ││       │            歳出 第1款 議会費            ││       │             〃  第2款 総務費            ││       │               (第1項 総務管理費のうち      ││       │                 第8目 地籍調査費を除く)    ││       │             〃  第8款 土木費            ││       │                第1項 土木管理費         ││       │                 第1目 土木総務費        ││       │                   3 国道整備促進事業     ││       │                   4 西九州自動車道整備促進事業││       │                第4項 港湾費           ││       │                 第1目 港湾管理費        ││       │                   1 港湾関連施設管理事業   ││       │             〃  第9款 消防費            ││       │               (第1項 消防費のうち        ││       │                 第4目 水防費を除く)      ││       │             〃  第12款 公債費            ││       │             〃  第13款 諸支出費           ││総 務 委 員 会│             〃  第14款 予備費            ││       │        第2条 継続費                   ││       │        第3条 債務負担行為                ││       │        第4条 地方債                   ││       │        第5条 一時借入金                 ││       │        第6条 歳出予算の流用               ││       │                                  ││       │議案乙第11号 平成28年度伊万里市一般会計補正予算(第11号)につい  ││       │       てのうち                       ││       │        第1条 歳入 全款                 ││       │            歳出 第2款 総務費            ││       │             〃  第8款 土木費            ││       │                第4項 港湾費           ││       │             〃  第9款 消防費            ││       │             〃  第13款 諸支出費           ││       │        第2条 継続費の補正                ││       │        第3条 繰越明許費                 ││       │        第4条 地方債の補正                │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案甲第1号 伊万里市犯罪被害者等支援条例制定について       ││       │                                  ││       │議案甲第6号 伊万里市留守家庭児童クラブ条例の一部を改正する条例  ││       │       制定について                     ││       │                                  ││       │議案甲第7号 伊万里市介護保険条例の一部を改正する条例制定につい  ││       │       て                          ││       │                                  ││文教厚生委員会│議案乙第1号 平成29年度伊万里市一般会計予算についてのうち     ││       │        第1条 歳出 第3款 民生費            ││       │             〃  第4款 衛生費            ││       │               (第1項 保健衛生費         ││       │                 第3目 環境衛生費のうち     ││       │                   8 浄化槽設置促進事業を除く)││       │             〃  第10款 教育費            ││       │                                  ││       │議案乙第2号 平成29年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について  │└───────┴──────────────────────────────────┘┌───────┬──────────────────────────────────┐│ 委員会名  │            付 託 内 容               │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案乙第3号 平成29年度伊万里市介護保険特別会計予算について    ││       │                                  ││       │議案乙第8号 平成29年度伊万里市後期高齢者医療特別会計予算につい  ││       │       て                          ││       │                                  ││       │議案乙第11号 平成28年度伊万里市一般会計補正予算(第11号)につい  ││       │       てのうち                       ││       │        第1条 歳出 第3款 民生費            ││文教厚生委員会│             〃  第4款 衛生費            ││       │             〃  第10款 教育費            ││       │                                  ││       │議案乙第12号 平成28年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第  ││       │       5号)について                    ││       │                                  ││       │議案乙第15号 平成28年度伊万里市後期高齢者医療特別会計補正予算   ││       │       (第3号)について                  │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案甲第2号 伊万里市ビジネス支援オフィス条例制定について     ││       │                                  ││       │議案甲第8号 伊万里市空き家等の適正管理に関する条例の一部を改正  ││       │       する条例制定について                 ││       │                                  ││       │議案甲第9号 伊万里市水道事業及び工業用水道事業の設置等に関する  ││       │       条例の一部を改正する条例制定について         ││       │                                  ││       │議案乙第1号 平成29年度伊万里市一般会計予算についてのうち     ││       │        第1条 歳出 第2款 総務費            ││       │                第1項 総務管理費         ││       │                 第8目 地籍調査費        ││       │             〃  第4款 衛生費            ││       │                第1項 保健衛生費         ││       │                 第3目 環境衛生費        ││       │                   8 浄化槽設置促進事業    ││       │             〃  第5款 労働費            ││       │             〃  第6款 農林水産業費         ││       │             〃  第7款 商工費            ││産業建設委員会│             〃  第8款 土木費            ││       │               (第1項 土木管理費         ││       │                 第1目 土木総務費のうち     ││       │                   3 国道整備促進事業     ││       │                   4 西九州自動車道整備促進事業││       │                第4項 港湾費           ││       │                 第1目 港湾管理費のうち     ││       │                   1 港湾関連施設管理事業を除く││       │             〃  第9款 消防費            ││       │                第1項 消防費           ││       │                 第4目 水防費          ││       │             〃  第11款 災害復旧費          ││       │                                  ││       │議案乙第4号 平成29年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算につ  ││       │       いて                         ││       │                                  ││       │議案乙第5号 平成29年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算につい  ││       │       て                          │└───────┴──────────────────────────────────┘┌───────┬──────────────────────────────────┐│ 委員会名  │            付 託 内 容               │├───────┼──────────────────────────────────┤│       │議案乙第6号 平成29年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算につ  ││       │       いて                         ││       │                                  ││       │議案乙第7号 平成29年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について   ││       │                                  ││       │議案乙第9号 平成29年度伊万里市水道事業特別会計予算について    ││       │                                  ││       │議案乙第10号 平成29年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算につい  ││       │       て                          ││       │                                  ││       │議案乙第11号 平成28年度伊万里市一般会計補正予算(第11号)につい  ││       │       てのうち                       ││産業建設委員会│        第1条 歳出 第6款 農林水産業費         ││       │             〃  第7款 商工費            ││       │             〃  第8款 土木費            ││       │               (第4項 港湾費を除く)       ││       │             〃  第11款 災害復旧費          ││       │                                  ││       │議案乙第13号 平成28年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算   ││       │       (第4号)について                  ││       │                                  ││       │議案乙第14号 平成28年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算  ││       │       (第3号)について                  ││       │                                  ││       │議案乙第16号 平成28年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第1   ││       │       号)について                     │└───────┴──────────────────────────────────┘1.会議の顛末                (午前10時 開議) △日程第1 市長提出議案等に対する質疑 ○議長(盛泰子)  おはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。  本日は、議案乙第1号から乙第10号までの新年度予算議案に対する質疑を行います。  まず、議案乙第1号 平成29年度伊万里市一般会計予算について、別冊です。区分して行います。  まず、第1条 歳入歳出予算のうち、歳入全款について、50ページから89ページまでです。どうぞ。ありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次に進みます。  同じく歳入歳出予算の歳出のうち、第1款.議会費、第2款.総務費について、90ページから149ページまでです。どうぞ。16番山口議員。 ◆16番(山口恭寿)  予算書の137ページ、概要書の16ページ、市民会館改修事業についてお聞きします。  詳細な工事の内容を教えてください。 ○議長(盛泰子)  総務部長。 ◎総務部長(古賀恭二)  市民会館改修事業の工事の概要ということでよろしいでしょうか。
     市民会館の改修事業で2,922万円をお願いいたしております。これにつきましては、市民会館ホール天井の落下防止対策として、天井下一面にポリエステル製のネットを張るものであります。  工事の内容でありますけれども、現在の天井はつり天井となっております。したがいまして、大きな地震等が発生した場合には天井の部材が落下する可能性もあるということで、このため、天井下20センチ程度のところにポリエステル製のネットを張ります。  なお、このネット張りの工法につきましては、東京都の立川市民会館、また愛媛県の松山市民会館等でも行われております。  事業費の内訳といたしましては、施工管理委託料として133万4千円、そして工事請負として2,788万6千円の合計2,922万円を計上いたしております。  なお、工期につきましては、来年1月、年始の行事がかなりありますので、それが終了してから3月末までを予定しているところでございます。  以上でございます。 ○議長(盛泰子)  山口議員。 ◆16番(山口恭寿)  詳細についてお聞きしました。  市長のほうが29年度はトイレ元年というふうにおっしゃっていたのを私は覚えているんですけれども、先日、原発の説明会が市民会館でありました。そのときに、私、トイレを使ったんですけど、男子用の小便器が3つほど壊れているんですよ。使用不可になっています。  1つならまだしも、3つも壊れたまんまという状態で、あと、そこで来年度NHKののど自慢も計画されているというのであれば、ここの改修も一緒にやったらどうかなというふうに思うんですけれども、いかがでしょう。 ○議長(盛泰子)  総務部長。 ◎総務部長(古賀恭二)  今、議員御指摘のように、市民会館男子トイレに小便器が8基ありますけれども、現在3基を使用禁止といたしております。これにつきましては、水洗のセンサー部分が故障いたしまして、自動水洗ができなくなっているということで、会館利用者の皆様には大変御不便をおかけいたしております。  なお、この故障は、実は一時に来ましたもので、そのまま予算の都合でその修理ができないでいるという状況でございます。  ただ、修繕費用につきまして、既に見積書を取っておりまして、約26万円かかるということで、一応あと3月、1カ月だけの予算執行で済みますので、既決予算の残から流用で対応しようということで、既に流用の手続は終了いたしております。早急に修繕を発注したいというふうに考えております。 ○議長(盛泰子)  ほかに。20番前田久年議員。 ◆20番(前田久年)  予算書の119ページの地域おこし協力隊事業についてお伺いをいたします。  本当にこの地域協力隊、ほかの市町でも大変これは活動されて、取り組みをされているなという思いがいたしまして、伊万里市も今年度新予算ということで取り組みをされて、大変よかったなと喜んでいるところでございます。  そうした中、地域おこし協力隊については、9月に説明があったと思いますが、その時点から内容が変わっていないか、変わっていればそこのお示しを願いたい。変わっていなければ結構でございます。  そうした中、29年度より活動をしていただくということであり、地域おこし協力隊については2名の方を募集されているというところでありますが、これについて何名の方が応募されたのか、お伺いいたします。 ○議長(盛泰子)  政策経営部長。 ◎政策経営部長(佐藤弘康)  地域おこし協力隊の御質問について御回答いたします。  地域おこし協力隊制度自体の変更点はございませんが、前回の説明から変わっている点としまして、全国の数ですが、平成28年2月末現在2,625名だったものが全国12月末現在の数字で4,158人と、全国的にも同制度の利活用が進んでいるところでございます。  御質問ありました2名の募集に対してどれだけの応募があったかということでございますが、本年度実施しました募集活動におきましては、5名からの応募があったところでございます。  以上です。 ○議長(盛泰子)  前田久年議員。 ◆20番(前田久年)  その時点からかなり4,500名といろいろ全国的にふえているというのは、それだけやっぱりそこそこの市町が関心はあるかなという思いをいたしております。  そうした中、先ほど5名ということで応募があったということでございますが、これは本当に2名ということで、そういうようなことをやっていらっしゃったんじゃなかろうかと思いますが、今後やっぱりそういうようなことをふやして、もっとこの協力隊をふやしていただければなという思いをいたしております。  そうした中、やっぱり応募をするためには何々の活動をしてもらいますよ、何々をというお示しをされているんじゃないかなという思いをいたしておりますが、今回、募集された地域おこし協力隊、その2名について、どこに配置をされ、そしてどのような活動をされるのかお伺いいたします。 ○議長(盛泰子)  政策経営部長。 ◎政策経営部長(佐藤弘康)  平成29年度の地域おこし協力隊の活動等について御説明いたします。  まず伊万里市において、地域おこし協力隊、導入初年度でございますので、まず丁寧に対応していきたいということでございまして、配置につきましては、まずは政策経営部内に配置をしまして十分に支援していけるように考えておるところでございます。  募集する際に、活動内容につきましては、まず移住定住促進課のほうで配置をする関係上、そのお手伝いというのが主になってきます。空き家情報バンクの制度の利活用や、移住定住に関するイベントの企画、実行、あと比較的若い方たちが対象ですので、IT等を使って、プロモーション映像を使った情報発信などを主に考えているところでございますが、まずは導入最初の3カ月程度というところで今、見込んでおりますが、初任者研修等を充実させていきたいなと思っております。  まず、市職員としての研修活動がありますので、それに参加していただくとともに、挨拶回り等も踏まえまして、各町なりNPO法人なりのまちづくり団体などに挨拶訪問とともに、地域おこし協力隊の周知も同時に図っていきたいという中で、いろいろ話を地域おこし協力隊員には聞いていただいて、募集内容の際の活動内容もありますが、一緒に回っていく中で、御本人たちと相談、協議しながら、2年目、3年目、最終的に御本人の定職といいますか、職業もありますので、一緒に自立定着を見据えた活動を徐々にふやしながら、協力隊活動に取り組んでいってもらえればと思っているところでございます。  以上です。 ○議長(盛泰子)  前田久年議員。 ◆20番(前田久年)  今度、新たな取り組みということで、大変御苦労もなさるんじゃないかなという思いをいたしておるところでございます。  そうした中、今後、新たな地域おこし協力隊、2名の募集をする、要する経費に52万4千円と計上されておるところでございますが、今、先ほどいろいろと部長のほうからまちづくり等言われたところでございまして、やはり御存じのとおり、伊万里市内、各町においてもいろいろなまちづくりをしてあるところでございます。そこら辺、本当に各単位で人材が欲しいなという各町もあるんじゃないかなという思いもいたしております。  そうした中、この目的というのが先ほど言わっしゃったように定住、移住、それが目的じゃないかなという思いもいたしております。  そうした中、やはり各地域にも回ってもらって、ここはいいよ、この地はいいな、やっぱり住んでみようというのがこの狙いじゃないかなという思いをいたしておりますので、今後そこら辺のところ、この来年の予算、52万4千円、加えるところの今後の活用についてどう考えていらっしゃるのか、お伺いいたします。 ○議長(盛泰子)  政策経営部長。 ◎政策経営部長(佐藤弘康)  平成30年度の協力隊の募集活動に向けての予算を計上させていただいているところでございますが、平成30年度の採用に合わせては、先ほど少し触れました、まず29年度の採用する隊員と一緒に地域を回っていきたいと思いまして、その中で地域おこし協力隊の制度の周知や、まず地域で活動すると言っても、協力していただくことが何よりも大切なので、そういう点を踏まえて回っていくつもりです。  その中から、いろいろな話の中から地域課題というのがやっぱり出てくると思います。実際、29年度もいろいろ紹介をかけたんですが、やはり制度の周知もなかなか進んでいないところもあって、実際どこからも声が上がってこなかったというのもありました。  ということですので、実際に話をしていく中で地域課題を拾い上げて、必要な人材の募集を行っていこうと考えております。  実際、どこでどういう活動かというところに関しましては、隊員自体の持っている能力、資質や、どういう活動をしたいかという希望もありますので、最初から決めてかかることにはいきませんが、今回よりも明確に、どういった地域で、どういう活動をするかということを今後、地域回っていく中で募集内容を固めていきまして、明確な形で都市部へのプロモーションも含めて募集活動をしていこうと思っています。  もちろん、平成29年度採用の隊員も実際思っていたのとだんだん心変わりといいますか、こういうことをやっていきたいなというのが出てきた場合については、29年度隊員についても地域で活動していくというのは、当然想定しているところでございます。  以上です。 ○議長(盛泰子)  ほかに。24番笠原議員。 ◆24番(笠原義久)  これは概要書の中で2点ほど指摘したいと思います。  まず、11ページのふるさと応援寄附事業です。  今回、説明書によると、寄附見込額10億円、過年度に実績があってこういう計算がなされていると思いますが、ただ納税をされる意識、これは一般的に言われますと、返礼品というものに対しての、それを期待して、それが目的で納税というのが大半だと思うんですが、なかなかその辺の内訳は難しいかと思いますが、純粋に伊万里のために、何らかの伊万里関係があって、返礼品というのはそのお返しの付録みたいなもので、純に伊万里のためにと納税される方と、あくまでも返礼品、これが目的である、なかなか難しいと思いますが、その辺の動向がわかれば教えていただきたい、まず1点。  2点目ですが、これは17ページの伊万里港開港50周年記念事業、今回の説明、これは後ろのほうでも資料が添付してありますが、2,500万円と。これが高いか安いかはそれぞれの判断と思うんですが、その中の各事業ですね、例えば「日本丸」を招致するとか、いろんな模擬店とか物産展とかといろいろ書いてありましたが、それぞれの事業の予算内訳がわかれば、この2点を教えていただきたいと思います。 ○議長(盛泰子)  政策経営部長。 ◎政策経営部長(佐藤弘康)  まず、ふるさと納税の御質問の件についてですが、実際、システム上募集いただいておりまして、例えば、どういったことに使ってもらいたいかとか書いていただいている方もございますし、ただ多くは内容まで分析できているところではございませんが、市としては寄附金を多くもらうためにいろんな活動を全国でされていますが、やはり伊万里の物をどういう形であれPRできるようにするよう、一方で寄附金文化の醸成という当初の目的もありますので、そこからたがが外れないように丁寧に対応していきたいなと思っているところでございます。  50周年記念事業の事業費の内訳でございますが、実際、議案説明会でも少し触れたとおり、基本的に30周年事業の際に大体総額4,000万円程度の事業を行ってきているところでございまして、そこを目安にまず総枠として枠取りをしているところでございます。  あと、県の負担がどのくらいになるかという話もありますので、今からもちろん積算がありますので申し上げますが、それにつきましては、今後枠内でいろんな動きはあると考えているところでございます。  まず、帆船の寄港等に係る経費等を含めて、11月上旬を目指しているイベントに係る経費については2,000万円弱を想定しているところでございます。  それ以外に、式典や祝賀会等もありまして、そちらに400万円程度、イベントも会場設営がありますので、11月上旬のイベント自体にも3,000万円程度内訳として考えていまして、それ以外について式典の経費や広告宣伝費、事務経費についてそれ以外というところで計上しているところでございます。  以上です。 ○議長(盛泰子)  笠原議員。 ◆24番(笠原義久)  今、答弁がありました。数字的なことは通告ということでしたが、このことはもう基本的にそういう具体的なあれができているものということで、当然こういう2,500万円というのが計上されたと思っていますから、ちょっと私の認識と違うんですが。  そこで、その前の私のふるさと納税の質問は、この納税者の意識がやはり一般で言われている返礼品の魅力ということで、それが大半なのか、あるいは純に伊万里のために、伊万里を愛するために、そういう意味でなかなかこれは実態は難しいかと思うんですが、その御本人さんとやりとりする中でそういう意思を確認できると思うんですが、どの程度なのかということをお聞きしたわけですね。  ですから、大半が返礼の品物に対する、それを欲するがためということであれば、それはそれでいいかと思います。それで、ちょっとその辺のところをもう一度お尋ねしたいと思います。  それと、伊万里港の50周年、これは前回の30周年が4,000万円だったということですけれども、私は今回のあれが高いか安いかはわからないと言いましたが、こういうイベントというのは一過性ですね。ですから、より緻密な、例えば「日本丸」を招致するのに幾らかかるとか、そういうことを積み重ねた結果、2,500万円という大枠分が出たんじゃなかろうかと思っていますが、その辺はいかがですか。 ○議長(盛泰子)  政策経営部長。 ◎政策経営部長(佐藤弘康)  まず、ふるさと納税のほうについては、申しわけございません、詳細にどのぐらいの程度という割合についてまで済みません、今現在、手元にございませんので、引き続き当然、おっしゃられるとおり必要なことですので、ちょっと分析させてください。  50周年につきましては、積算はございます。  例えば、帆船誘致につきましては、例えば先ほどイベントは含めて3,000万円ちょっとというお話をしましたが、実際3,000万円ちょっとの中から帆船を呼ぶのにも900万円程度を見積もっております。  30周年といったら、やはり当時も帆船、日本でイベントをやっているというところもありまして、設けたところでございます。あと、物産展については、70万円程度を見込んでいたりとか、それぞれにはございます。  ただ、今、ここで詳細に申し上げますと、またイベント内容の変更というのが引き続きおっしゃられるとおり、50周年というのが一過性のものになってはいけないというのがございますので、そこの見積もり等は済みません、繰り返しになってしまいますが、これまでの経緯で見積額をはじいてきているところでございます。  ただ、これから実際の運用につきまして、今、濁している部分といいますのは、市としては当然、伊万里港、県の管理下にあるものですので、県との協議と関係者の協議、実行委員会方式といいますか、そういうものを設けて詳細の内容については考えていく中で、繰り返しになりますが、内容については一過性のお祭り騒ぎで終わるというものではなくて、例えば小・中学生にもっと伊万里港のどういう施設があるかとか、そういう体験をたくさんふやしたりだとか、大人といいますか、それ以外については伊万里港の歴史や文化などを、例えばシンポジウムなどを開いて、肥前窯業圏の話もございますし、いろんな角度からシンポジウムなどを開いて知見を高めていってもらうというような意見、いろいろ出ている中で、一過性でないものについてどんどん採用していこうという気持ちで、まずはその実行委員会をつくりまして、その中で議論していきたいというところで考えているところでございます。  以上です。 ○議長(盛泰子)  議員の皆さんに申し上げます。  会議規則42条の規定により、発言を求めるときは議席番号を告げていただくようにお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕
     次、第3款.民生費、第4款.衛生費について、150ページから215ページまでです。どうぞ。ありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第5款.労働費、第6款.農林水産業費、第7款.商工費について、216ページから257ページまでです。どうぞ。7番力武議員。 ◆7番(力武勝範)  まず、予算書の231ページ、概要書の30ページになります。  繁殖雌牛導入対策事業について、もう一つは予算書の235ページ、農業用用排水路施設等整備事業について、2点お尋ねいたします。  まず、繁殖雌牛導入事業ですね、これについては、今回、29年度予算案では、導入頭数31頭分の217万円が予算額となっております。  まず、この31頭というのが現時点での29年度で導入を計画されている頭数であるのか、この31頭の数字の根拠をまず示していただきたいと思います。  それともう一つは、農業用用排水路施設等整備事業、これについては新年度予算で、その前に12月の一般質問で松尾議員と私でこの農業用基盤整備促進事業について質問をいたしております。  このときに、この農業用基盤整備促進事業が要綱改正により、農業者の負担がかなり大きくなるということで、その負担を軽減させるために基盤整備促進事業への事業の変更を行う旨が答弁でありました。  ただ今回、新年度予算では計上されておりませんけれども、そのときに昨年、農業基盤整備促進事業での申込者に対して、事業の変更、要は農家負担の発生等を説明して、再度申し込みをとらないといけないということで、面積が把握できないとか、確定できないということで、当初予算には間に合わないだろうということでありました。  それでは、平成29年度事業として県へ申請を行うためには、もうこの時点ではある程度数字が確定していなければならないと思いますけれども、現在の申し込み状況がどうであるのか、面積的にどのくらいの申し込みがあっているのかをお尋ねいたします。 ○議長(盛泰子)  産業部長。 ◎産業部長(力武健一)  まず1点目の繁殖雌牛導入対策事業の31頭の根拠でございますけど、昨年からJAのほうと、この事業の要望につきまして、ずっと話し合いを続けてきておりまして、現在のところ、JAの希望頭数が31頭ですね。もちろん、生産牛農家の方の希望でございますけど、その希望が31頭あるということで、その分を県のほうに要求しておりますので、この分を予算に計上させてもらっております。  それと、暗渠排水工事でございますけど、議員が先ほど申されましたように、定額助成から定率助成に変わるということで、地元に対しまして昨年12月に説明会を行いまして、再度2月末までに希望されるところは申請を行ってくださいということで要望の取りまとめを行っております。  その結果、現在の希望の地区数が8地区で、面積が19.25ヘクタールとなっております。  以上です。 ○議長(盛泰子)  力武議員。 ◆7番(力武勝範)  では、まず繁殖雌牛導入についてですけれども、これ28年度については当初予算で10頭分の予算計上がなされておりました。9月の補正で16頭分まで増額されておりますけれども、これについては県の予算が16頭分まで今ついたということで、市でも県の予算と同額の補正がなされたのかと思っております。  29年度は現時点での31頭の申し込みということでありますけれども、県の予算が31頭未満の場合は特に問題がありませんけれども、もし申し込み頭数が今後4月、5月でふえた場合、また県の予算も31頭よりも多くつけられるようになった場合については、昨年同様、市も県と同様の頭数分まで補正で予算計上をされる計画があるのか、お尋ねいたします。  それともう一つは、先ほどの農業用用排水路施設等の整備事業ですけれども、現時点での申し込み面積というのは、今、お知らせがあった19.25ヘクタール、これを全て県へ申請されるということで理解してよろしいのでしょうか。 ○議長(盛泰子)  産業部長。 ◎産業部長(力武健一)  まず、繁殖雌牛の導入対策事業でございますけど、昨年は最初10頭で、9月の補正で6頭追加しております。これは、当初予算を編成する段階では、最初、JAからの要望が10頭でございまして、その後、県へJAさんが要望されたのが16頭ということで9月補正をさせてもらっております。  今回、ことし29年度は31頭という数字で要望させてもらっておりますけど、この数字が私どもとしては変わることはないだろうと思っておりますけど、今後、県内で調整があって枠がふえたりする場合もございますので、そういう場合は再度、JAあたりに要望を伺って、追加の要望があれば、できればその希望に応えられるよう努力をしていきたいというふうに思っております。  それと、19.25ヘクタールをこのまま県に要望するのかということでございますけど、この中には既存の地区が、内訳を申しますと、継続地区が3.7ヘクタールと、新規の分が15.47ヘクタールございまして、県のほうに12月の段階で、うちがどれぐらい要望があるかわかりませんけど、要求していた面積は大体6ヘクタールでございました。それで、追加で要望できますかということで県のほうに聞いてみましたけど、なかなか枠はふえないだろうというような回答をもらっておりますので、ちょっと難しいんじゃないかなと思っております。  以上です。 ○議長(盛泰子)  力武議員。 ◆7番(力武勝範)  繁殖雌牛導入については、県の予算があれば、その分だけ増頭をしていただけるのかな、現在、とにかく肥育素牛というのが頭数不足でかなり子牛価格が高騰しております。子牛の生産基盤の強化ということで、佐賀県において、この佐賀牛というブランド牛の維持、拡大のためにも、昨年度より事業が実施されておるわけですので、ぜひ市も県と歩調を合わせて、子牛生産体制の強化を図っていただきたいということですね。  それともう一つは、農業用用排水路、基盤整備促進事業、これについても今、話の中で県との話し合いを調整しながら、なかなか今の面積19.25ヘクタールというのは難しいだろうということでありましょうけれども、できたら県が6ヘクタールしか予算ができないということも確定はされていないわけですので、ぜひこれについては申し込み面積をある程度ふやして、なるべく県の予算配分、7ヘクタール、8ヘクタールなるかわかりませんけれども、なるだけ県の配分額まではしっかりと市の予算もつけていただくように、また県に対してもある程度伊万里市のこういう基盤整備促進事業については積極的に取り組んでいるという姿勢を見せていただきたいと思います。  よろしくお願いします。 ○議長(盛泰子)  産業部長。 ◎産業部長(力武健一)  暗渠排水工事につきましては、定率補助へ変わったということで、当然、市の一般財源、15%も必要となりますので、事業促進のためにも申し込み分の事業採択が、単年では難しいかわかりませんけど、次の年も含めて採択できるように、財政当局と協議をしながら事業促進に努めていきたいというふうに思っております。 ○議長(盛泰子)  ほかに。ありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第8款.土木費、第9款.消防費について、258ページから291ページまでです。どうぞ。10番東議員。 ◆10番(東真生)  消防費について、概要書39ページの2番、消防団運営事業の中で、昨年から防火衣とか保安帽とかの更新をやられていると思いますけど、何年度ぐらいで終了をされる予定なのかというのと、あと編上げ靴等は、やっぱり団員活動の中で非常に活動しやすいという評価、声を聞いていますので、ぜひ早期に全団員に配付をしていただければなと思っていますが、その辺はいかがでしょうか。 ○議長(盛泰子)  理事。 ◎理事(吉原伴彦)  消防団の活動の安全確保のため、平成28年度から年次的に安全装備品の充実、強化に努めているところでございます。  お尋ねの防火衣につきましては、平成28年度に55着を整備させていただいております。最終的には各部に3着配備を目標にいたしております。  これは、消火活動における最前線に部署する筒先の要員分ということでありまして、29年度に76着を予定いたしております。これで約63%の整備率という形になります。今後、後年度に残った分という形で整備を進めていければなというふうに思っております。  それと、編上げ靴については、平成27年度から整備に取り組んでおりまして、現在まで一応、70%程度整備ができる予定でございます。  平成29年度に残った30%部分を整備する予定で今回、予算を計上させていただいております。 ○議長(盛泰子)  ほかに。7番力武議員。 ◆7番(力武勝範)  予算書の263ページ、土木費の道路管理事業(単独)についてお尋ねをいたします。  この中に工事請負費、これについては市道の補修事業で、新年度予算で5,000万円計上されております。  平成27年度の決算では6,967万4千円、28年度の予算についても6,530万円ということで、今回5,000万円ということで、前年度予算比としては1,530万円の減額というふうになっております。  もう一つその下の原材料費についても、これは市道の現物支給の原材料費でありますけれども、新年度予算については800万円、26年度が約1,000万円の決算、27年度も1,000万円でした。今回、28年度から800万円に減額をされて、今回、29年度も800万円ですね。地方とか田舎のほうについては、小さい市道、特に交付金事業、社会資本整備総合交付金等に該当しないような少額の補修箇所がたくさんあるわけですけれども、なかなか補修をお願いしても予算的に難しいということで、優先順位をつけられているとは思いますけれども、なかなか地域の要望に対応できていないということですね。  それともう一つは、ことしの2月に地区住民の方が市道補修に対する現物支給をお願いされておりますけれども、予算上、優先順位で行っているからちょっといつになるかわからないというふうな回答を聞いております。  このように毎年予算が不足している状況の中で、逆に減額とか据え置きということをされているというのは、どういった理由でこのような予算になっておるのかお尋ねいたします。 ○議長(盛泰子)  建設部長。 ◎建設部長(香月庄司)  道路管理事業(単独)ということでの予算の工事請負費、それと原材料費の29年度が減額されたという御質問だと思います。  まず、工事金額、当初予算で見てみますと、29年度予算は25年度及び27年度の当初予算と同額になっております、工事請負費ですね。原材料費につきましても、27年度と28年度の当初予算と同額になっておりまして、29年度だけを著しく低く予算計上しているということではございません。  また、道路管理事業、これは単独と、そして社会資本整備交付金の分がございますけど、この合計した額で申しますと、28年度とほぼ同額の事業費は確保しているところです。  議員おっしゃいますとおり、道路、市道維持管理のための事業予算は、多くあればこしたことはございませんが、議員もおっしゃいましたとおり、補正予算にて不足した場合等には対応しておりますので、29年度もそういうことで対応を図りたいというふうに考えております。  また、二里町の要望の件をおっしゃいましたが、二里町の要望の件、確かに2件の要望があっておりまして、1件については今年度でということで、あと1カ所につきましては、なかなかもう2月といいますと、そういう工事費とか、あるいは原材料支給の各地区への配分といいますか、そういうものをある程度確定しておりますので、なかなか予算的にも余裕なくてということでございまして、その1カ所については次年度の対応ということで、そのときの区長さん等には御理解はいただいているところでございます。 ○議長(盛泰子)  力武議員。 ◆7番(力武勝範)  市道の工事請負費については、先ほどの答弁であったとおり、社会資本整備事業についての増額ということで調整をしてあるということで、特に私は先ほど言いました原材料費、これについては、やはり地域の方が毎日使う道だから、自分たちで市道補修を行おうかという、ちょうど意識があるときに現物が来なかったら、なかなか後からということであれば協力がいただけないという場合も出てくると思います。これを業者に委託すれば、4倍から5倍の費用がかかるというふうになると思います。  原材料費については、ぜひ不足する分は補正予算等を組んでいただいて、適切な対応をしていただきたいというのが私たちの地方の声だと思いますので、この原材料費についても補正予算でしっかりと組まれることと理解してよろしいのでしょうか。 ○議長(盛泰子)  建設部長。 ◎建設部長(香月庄司)  原材料費につきましては、27年度で申しましても当初予算800万円が1,000万円、28年度におきましても当初予算800万円を1,000万円という増額をしているところです。大体、通年1,000万円の予算で決算しているところでございます。  29年度に入りまして、各町からの要望とかがございますので、その辺を見ながら補正等を行っていきたいというふうに考えております。 ○議長(盛泰子)  市長。 ◎市長(塚部芳和)  ちょっと今の答弁を補足したいと思いますけど、工事請負費と、そしてまた原材料は、もう本当に地域の皆様が一番要望される項目でございまして、そういうことであれば当初から予算計上をしておけばいいじゃないかというような議論になるわけでございますけれども、通常、財源との絡み等々もございまして、9月補正でもって一般的にちょっとずっとこの十数年させていただいておるところでございます。  これについては、先ほど部長が答弁いたしましたように、4月から各行政区が新体制になられまして、ほとんど各町で市長への要望があるわけでございますけれども、その際に一番多いのがこの項目でございまして、そういうことでもって、まず各町の緊急性、あるいは危険箇所等々のそういうふうな状況把握をした上で、再度また9月補正でもって必要なところは予算計上をしようと、そういうふうな考え方でもって、この当初予算は計上させていただいておりますので、今、議員申されますように、補正のそういう対応の内容であるということで御理解いただけたらと思っております。 ○議長(盛泰子)  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第10款.教育費、第11款.災害復旧費、第12款.公債費、第13款.諸支出金、第14款.予備費について、292ページから347ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第2条 継続費について、14ページと358、359ページです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第3条 債務負担行為について、14ページと360、361ページです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第4条 地方債について、15ページと362ページです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第5条 一時借入金について、9ページです。どうぞ。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、第6条 歳出予算の流用について、同じく9ページです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第1号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第2号 平成29年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について、17ページと367ページから399ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第2号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第3号 平成29年度伊万里市介護保険特別会計予算について、21ページと401ページから441ページまでです。どうぞ。4番中山議員。 ◆4番(中山光義)  予算書の429ページ、市民部資料の29ページ、概要書の48ページになりますが、そこの中で生活支援体制整備事業委託料が211万7千円ほど計上をされております。  そこの説明書の中で、この地域包括ケアというのは2025年を目安に整備をされていくというふうに思っていますが、そこの説明書の中で、地域で高齢者の生活支援を行う体制をつくる各町公民館単位でそういう地域団体の設置を目指していくと、各町公民館単位でするように目指していくというようなことですけれども、イメージ的にはどういうふうに考えておられるのか、お尋ねをいたします。 ○議長(盛泰子)  市民部長。 ◎市民部長(深江俊文)  中山議員、生活支援体制整備事業についてお尋ねでございます。  どういうイメージなのかということでございます。  この生活支援体制整備事業と申しますのは、75歳以上の後期高齢者が急増いたします平成37年、2025年問題を見据えまして、地域包括ケアシステムを構築するための取り組みの一つでございます。  できるだけ住みなれた地域で高齢者が生活を続けられるよう、地域全体で支えていこうというものでありまして、まず各町単位で地域の協力を得て高齢者を支援する組織をつくります。そして、その集いの場で介護予防につながるふれあい活動などを行うとともに、ごみ捨てや買い物など、家事の支援をあわせて行おうというものであります。  この取り組みのイメージといたしましては、現在、市内に45カ所設置されておりまして活動が行われております高齢者ふれあいサロン、これに介護予防活動と家事援助などの生活支援を加えたような姿と考えていただければというふうに思っております。  高齢者ふれあいサロンは、家に閉じこもりがちな高齢者が自治公民館で地域のボランティアの協力を得て、手芸や体操、レクリエーションなどを行っているものでありますけれども、今回の取り組みは、これにさらに介護予防につながるふれあい活動であるとか、家事援助などの生活支援をあわせて行うというものでございまして、これは各町の実情に応じた規模や数、内容によって運営していくというイメージで考えているところであります。 ○議長(盛泰子)  中山議員。 ◆4番(中山光義)  ということは、イメージ的には、ここに言う各町公民館単位というのは、小さく言えば自治公民館単位というような感じになるんですか。 ○議長(盛泰子)  市民部長。 ◎市民部長(深江俊文)  自治公民館単位かという御質問でありますけれども、先ほど申し上げましたように、これはあくまでも各町の事情に応じて、例えば各町の1つの公民館単位で行うのか、それとも今、申されましたように自治公民館単位で行うかということは、地域で決めていただくというふうな形になります。 ○議長(盛泰子)  中山議員。 ◆4番(中山光義)  はい、わかりました。  それともう1点です。通所型介護事業短期集中サービスというのがあります。これも委託料が654万9千円計上されています。  そこの中で、市独自の新しいタイプということで下のほうに内容書きが書いてありますけれども、この市独自の新しいタイプということで、あと少し詳しく説明をお願いいたします。 ○議長(盛泰子)  市民部長。 ◎市民部長(深江俊文)  御質問は、通所型介護事業の短期集中サービスについての御質問でございます。  これは、総合事業というのが開始をされるわけでございますけれども、この一環でありまして、通常、介護予防を目的に事業所が行っている通所のサービスがありますけれども、これに加えまして、先ほど申しました市独自の新しいタイプの通所型サービスを実施すると。そして、介護予防の取り組みを拡充していくというものであります。  これは、具体的には今、介護予防であるとか、生活支援サービス事業者の対象者という方がいらっしゃいますけれども、この方々に理学療法士などの専門職による筋力トレーニング、あるいは口腔の機能訓練など、週1回、最長は6カ月集中的に指導いたしまして、事業所の通所型サービスを受けなくてもよいようにしていく、市独自でやっていくというふうな事業でございます。 △日程第2 議案の常任委員会付託 ○議長(盛泰子)  ほかにありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第3号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第4号 平成29年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算について、25ページと443ページから457ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第4号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第5号 平成29年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算について、29ページと459ページから488ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第5号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第6号 平成29年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算について、35ページと489ページから506ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第6号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第7号 平成29年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について、39ページと507ページから514ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第7号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第8号 平成29年度伊万里市後期高齢者医療特別会計予算について、43ページと515ページから525ページまでです。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第8号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第9号 平成29年度伊万里市水道事業特別会計予算について、別冊です。どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第9号に対する質疑を終結いたします。  次、議案乙第10号 平成29年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算について、どうぞ。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案乙第10号に対する質疑を終結いたします。  以上で全議案等に対する質疑を終結いたします。  それでは、議案の委員会付託を行います。  本定例会に提案されました議案のうち、人事案件であります議案甲第11号から甲第14号の4件及び諮問第1号の1件は、慣例により委員会付託を省略し、他の議案についてはお手元に配付しております付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、別紙付託表のとおり各常任委員会に付託することに決定いたしました。  以上で本日の日程を全て終了いたしましたので、これをもちまして散会いたします。                (午前10時56分 散会)...