伊万里市議会 > 2015-03-04 >
平成27年 3月 定例会(第1回)-03月04日−02号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2015-03-04
    平成27年 3月 定例会(第1回)-03月04日−02号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-20
    DiscussNetPremium 平成27年 3月 定例会(第1回) - 03月04日-02号 平成27年 3月 定例会(第1回) - 03月04日-02号 平成27年 3月 定例会(第1回)           平成27年伊万里市議会会議録(第1回定例会)1.日 時  平成27年3月4日 午前10時00分開会2.出席した議員    1番  内 山 泰 宏         13番  松 尾 雅 宏    2番  松 尾 博 幸         14番  多久島   繁    3番  香 月 孝 夫         15番  前 田 久 年    4番  東   真 生         16番  草 野   譲    5番  前 田 和 人         17番  樋 渡 雅 純    6番  井 手 清 敏         18番  渡 邊 英 洋    7番  副 島   明         19番  高 木 久 彦    8番  井 手   勲         20番  笠 原 義 久    9番  馬 場   繁         21番  占 野 秀 男    10番  梶 山   太         22番  田 中 啓 三    11番  山 口 恭 寿         23番  盛   泰 子    12番  松 永 孝 三         24番  福 田 喜 一3.欠席した議員    な  し4.出席した事務局職員    局長  武 野 逸 郎5.地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                  塚 部 芳 和    副市長                 江 頭 興 宣    総務部長                前 田 隆 博    政策経営部長              山 本 洋一郎    市民部長(福祉事務所長)        井 関 勝 志    産業部長                深 浦 弘 信    建設部長                北 野   稔    理事                  丸 尾   定    総務部副部長                        古 賀 恭 二    (総務課長)(防災危機管理課長)    企画政策課長              力 武 浩 和    財政課長                岩 﨑 友 紀    市民部副部長(福祉課長)        川 棚 正 則    市民部副部長(長寿社会課長)      深 江 俊 文    産業部副部長(農山漁村整備課長)    副 島 康 徳    建設部副部長(建設課長)                        香 月 庄 司    (検査監兼技術監)    土木管理課長              橋 口 民 男    会計管理者               池 田 博 志    水道部長(水道事業管理者職務代理者)  中 尾 俊 幸    管理課長                中 野 大 成    選挙管理委員会事務局長                        木 戸 正 弘    (公平委員会事務局長)    教育長                 森   哲 也    教育部長                前 田 和 也    教育総務課長              吉 田   浩    学校教育課長              山 下   司    体育保健課長              橋 口 直 紹1.議事日程    第1 市長提出議案に対する質疑1.本日の会議に付した事件    日程第1 市長提出議案に対する質疑     議案甲第1号 伊万里市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途            及び規模を定める条例制定について     議案甲第2号 伊万里市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例制定に            ついて     議案甲第3号 伊万里市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営等に関する基            準等を定める条例制定について     議案甲第4号 伊万里市教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定に            ついて     議案甲第5号 伊万里市いじめの防止等に関する条例制定について     議案甲第6号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律            の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について     議案甲第7号 伊万里市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定に            ついて     議案甲第8号 伊万里市行政手続条例の一部を改正する条例制定について     議案甲第9号 伊万里市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定につい            て     議案甲第10号 伊万里市手数料条例の一部を改正する条例制定について     議案甲第11号 伊万里市立保育園条例の一部を改正する条例制定について     議案甲第12号 伊万里市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例制定について     議案甲第13号 伊万里市介護保険条例の一部を改正する条例制定について     議案甲第14号 伊万里市水道事業及び工業用水道事業の設置等に関する条例の一            部を改正する条例制定について     議案甲第15号 伊万里市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する            条例制定について     議案甲第16号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び            規約の変更に係る協議について     議案甲第17号 伊万里・有田地区定住自立圏形成協定締結の変更について     議案甲第18号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度伊万里市一般            会計補正予算(第8号))     議案甲第19号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について     議案甲第20号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について     議案甲第21号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について1.会議の顛末                (午前10時 開議) △日程第1 市長提出議案に対する質疑 ○議長(内山泰宏)  おはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。  日程に従いまして、議案等に対する質疑を行います。  まず、議案甲第1号 伊万里市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模を定める条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第1号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第2号 伊万里市包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第2号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第3号 伊万里市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営等に関する基準等を定める条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第3号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第4号 伊万里市教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第4号に対する質疑を終結いたします。
     次、議案甲第5号 伊万里市いじめの防止等に関する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第5号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第6号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について。20番笠原議員。 ◆20番(笠原義久)  このことで、ちょっと1点だけお尋ねいたします。  先ごろの説明の中で、教育長、教育委員長が一本化ということで、このことはよく理解できるわけでありますが、そうなれば、教育委員の構成、今後どのような形になるのか、お尋ねしたいと思います。 ○議長(内山泰宏)  教育部長。 ◎教育部長(前田和也)  今回の教育委員会の新制度に基づきまして、これまでは教育長も教育委員として議会の同意を得て任命されて、教育委員会の中で教育長という任命をされておりましたが、これからは、教育長は教育長として議会の同意を得て、市長が直接任命をし、残る教育委員とは別になります。教育委員については、これも制度としては残りますので、今まで5名が、伊万里市の場合、4名になりますが、その在任中、4年、ずっと更新する、あるいは退任されれば新しい委員を議会の同意を得て、市長が任命するということになります。  ちなみに、新教育長については3年任期ということに変わります。  以上でございます。 ○議長(内山泰宏)  20番笠原議員。 ◆20番(笠原義久)  今の説明で大体わかるんですが、ただ、肝心なところ、今まで教育委員は5人という構成だったわけでしょう。ということは、1名少なくなるというふうに理解していいんですか。 ○議長(内山泰宏)  教育部長。 ◎教育部長(前田和也)  教育委員としては1名少なくなりますが、教育委員会の構成メンバーとしては、教育長を含めた5名ということは変わりません。  以上でございます。 ○議長(内山泰宏)  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第6号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第7号 伊万里市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第7号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第8号 伊万里市行政手続条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第8号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第9号 伊万里市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第9号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第10号 伊万里市手数料条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第10号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第11号 伊万里市立保育園条例の一部を改正する条例制定について。23番盛議員。 ◆23番(盛泰子)  今回、子ども・子育て支援法の関係で条例が改正されるわけですが、保育士確保の厳しい状況については、あしたの予算のところでしっかりお聞きしたいと思いますが、39ページの第7条で規定している一時保育に関してお尋ねいたします。  公立保育園では、現在、南波多保育園と、保育園ではありませんが、子育て支援センター「ぽっぽ」でしていただいているわけですね。一時預かり事業で行っていらっしゃる私立では、月のうちの14日までしかこの制度は利用できないということになっており、例えば、2園登録していたとしても、通じて14日しかできないという状況があるわけですね。公立の場合は、その利用日数の制限というのは設けていらっしゃるんでしょうか。 ○議長(内山泰宏)  市民部長。 ◎市民部長(井関勝志)  公立保育園についても、14日以内という制限を設けております。 ○議長(内山泰宏)  23番盛議員。 ◆23番(盛泰子)  そうすると、これは補助事業であるか自主事業であるかに関係なく、14日ということで、もうそれしかできないということなんでしょうか。 ○議長(内山泰宏)  市民部長。 ◎市民部長(井関勝志)  保育士との兼ね合いもございますので、現在のところ、14日以内という形で運用を行っているところでございます。 ○議長(内山泰宏)  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第11号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第12号 伊万里市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例制定について。12番松永議員。 ◆12番(松永孝三)  敬老祝金の受給資格の変更ということで、99歳の方が、今回、祝い金を廃止するようになっておりますが、27年度の予算の適用で、99歳に当たられる対象人員はどれくらいいらっしゃるのか、お示しください。 ○議長(内山泰宏)  市民部長。 ◎市民部長(井関勝志)  平成27年度の対象者見込みでございますけれども、現在のところ、38名を見込んでおります。 ○議長(内山泰宏)  12番松永議員。 ◆12番(松永孝三)  これは財政面の削減のための措置なんでしょうか。 ○議長(内山泰宏)  市民部長。 ◎市民部長(井関勝志)  正直言いまして、財政の部分も一つの要因としてはございます。ただ、99歳の顕彰につきましては、高齢者顕彰事業として100歳のときに百寿記念メダルを贈呈しておりますので、2年連続のお祝いという形になりますので、99歳については、今回削除させていただきたいというふうに考えたところでございます。  以上です。 ○議長(内山泰宏)  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第12号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第13号 伊万里市介護保険条例の一部を改正する条例制定について。17番樋渡議員。 ◆17番(樋渡雅純)  今回、介護保険料の多段階についてということで、前回、9段階の11区分から、今回は9段階という形になっております。県内他市でも9段階にしているところもあるし、いわゆる11区分というか、特例を持っているところもあるやに聞いております。  今回、伊万里市において9段階になったことは、いろんな審議会等で話もあったと思うんですけれども、本来、伊万里市においては介護保険料も県内でトップでありますけれども、そういったことも考慮して、より低所得者に対しては、前回までは特例等を設けて配慮してあったんじゃないかなと思っております。審議会の議論も含めて、9段階になった理由、これをお願いします。 ○議長(内山泰宏)  市民部長。 ◎市民部長(井関勝志)  今回、第6期において、これまで9段階11区分だったのを9段階9区分にした理由を申し上げます。  本市では、議員御紹介のとおり、これまで5期は、国が示した標準段階が前回6段階であったため、県内保険者の動向を踏まえまして、高齢者計画等策定委員会で協議、検討を行いまして、9段階11区分としていたところでございます。第6期の介護保険料の段階については、第5期において、独自の多段階を行った市町村というものが多かったことから、国におきましては、多段階を行い、9段階9区分を標準とされたため、本市においても国の標準段階である9段階9区分を採用したところでございます。  ちなみに、議員御紹介のとおり、県内7保険者のうち、佐賀中部広域連合を除きまして、国の標準段階、9段階9区分を採用しているところでございます。多段階の設定につきましては、高齢者福祉計画等策定委員会においても、そういった細分化とした意見があったところでございますが、細分化することに伴いまして基準月額が上昇することや、上位所得者につきましては介護サービスを利用したときの一部負担金が1割から2割になるなどの理由等によりまして、今回、多段階は行わず、国の標準段階を採用することとしたところでございます。  以上でございます。 ○議長(内山泰宏)  17番樋渡議員。 ◆17番(樋渡雅純)  わかりました。今回、国、地方で介護保険の予算も新たに220億円確保して、いわゆる低所得者対策という形でお金が入っていると思いますけれども、本市においては、具体的な形で国、地方合わせた220億円がどういうところに、どういうふうな影響を──影響というか、どういうふうな配慮をなされているのか、お尋ねしたいと思います。 ○議長(内山泰宏)  市民部長。 ◎市民部長(井関勝志)  今回、国のほうで行われました公費投入につきましては、低所得者層の負担軽減を強化するために行うこととなっておりましたが、消費税の延期によりまして、投入時期が異なったところでございます。今回、27年度からは特に所得の低い第1段階の方を対象に消費税増税分を財源とした公費投入が行われ、料率で0.05行われる予定となっております。  第1段階の方の介護保険料は、基準額であります第5段階の介護保険料に料率の0.5を乗じた金額となっており、年額で申しますと、第1段階の方の介護保険料は38,700円という算定になりますけれども、公費が3,870円投入されるため、本人負担は34,830円となるところでございます。  なお、29年度以降については、まだ消費税の増税等が不確定でございますけれども、その増税がされれば公費投入も新たにされるということで聞き及んでいるところでございます。  以上でございます。
    ○議長(内山泰宏)  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第13号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第14号 伊万里市水道事業及び工業用水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第14号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第15号 伊万里市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第15号に対する質疑を終結いたします。  ここでしばらく休憩いたします。                (午前10時15分 休憩)                (午前10時40分 再開) ○議長(内山泰宏)  会議を再開いたします。  引き続き、議案等に対する質疑を行います。  議案甲第16号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に係る協議について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第16号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第17号 伊万里・有田地区定住自立圏形成協定締結の変更について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第17号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第18号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度伊万里市一般会計補正予算(第8号))、別冊です。23番盛議員。 ◆23番(盛泰子)  この専決の内容ではございませんが、今回、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をするということになっております。第179条の1項は、専決するときの条件と申しますか、それが4つ上がっておりまして、その中の、今回どれに当たる専決というふうに位置づけられているんでしょうか。 ○議長(内山泰宏)  総務部長。 ◎総務部長(前田隆博)  お答えいたします。  地方自治法の第179条におきまして、先ほど御説明ありましたように、長の専決処分についての事項が規定されております。まず、専決処分をできる点でございまして、まず1点目が、議会が成立しないとき、それから2点目が、定足数の関係で会議を開くことができないとき、それから3点目に、特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるとき、それから4点目といたしまして、議会において議決すべき事件を議決しないとき、この4点がございまして、今回につきましては、緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないということで専決処分をいたしております。  以上です。 ○議長(内山泰宏)  23番盛議員。 ◆23番(盛泰子)  今、部長から御説明がありましたように、4つのうちの1つ目、2つ目、4つ目は、議会の側に理由がある場合ということですよね。今回、3番だということなのですが、3番目は、かつては議会を招集するいとまがないときというような表現だったものが、非常にそれが曖昧なので、改正されて、緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであるときというふうに改正がなされているわけですよね。そうなりますと、今回、こういうふうに専決するということについて、やはり議会との協議、もっと言えば、議長との協議だと思いますが、それについては、伊万里市ではどのようになされているのでしょうか。 ○議長(内山泰宏)  総務部長。 ◎総務部長(前田隆博)  議長に対する協議の件についてでございますけれども、まず、こういう議案につきましては、議案書を発行する前に、まず、事務局に対して目次ですかね、項目について示しております。それから、私どもはこの専決議案に限らずでございますけれども、特に重要な案件につきましては、議長に対して説明をするようにいたしておりますので、今回の専決の件については、私の判断で、議長のほうには具体的な説明はいたしておりません。 ○議長(内山泰宏)  ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第18号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第19号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について、議案集の56ページからです。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第19号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第20号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第20号に対する質疑を終結いたします。  次、議案甲第21号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案甲第21号に対する質疑を終結いたします。  本日はこれをもちまして散会いたします。                (午前10時45分 散会)...