伊万里市議会 > 2011-05-16 >
平成23年 5月 臨時会(第2回)-05月16日−01号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2011-05-16
    平成23年 5月 臨時会(第2回)-05月16日−01号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-20
    DiscussNetPremium 平成23年 5月 臨時会(第2回) − 05月16日−01号 平成23年 5月 臨時会(第2回) − 05月16日−01号 平成23年 5月 臨時会(第2回)           平成23年伊万里市議会会議録(第2回臨時会)1.日 時  平成23年5月16日 午前10時00分開会2.出席した議員    1番  内 山 泰 宏         13番  松 尾 雅 宏    2番  前 田 久 年         14番  多久島   繁    3番  香 月 孝 夫         16番  草 野   譲    4番  東   真 生         17番  樋 渡 雅 純    5番  前 田 和 人         18番  渡 邊 英 洋    6番  井 手 清 敏         19番  高 木 久 彦    7番  副 島   明         20番  笠 原 義 久    8番  井 手   勲         21番  占 野 秀 男    9番  馬 場   繁         22番  田 中 啓 三    10番  梶 山   太         23番  盛   泰 子    11番  山 口 恭 寿         24番  福 田 喜 一    12番  松 永 孝 三         3.欠席した議員    15番  松 尾 博 幸4.出席した事務局職員    局長  水 田 政 良5.地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                 塚 部 芳 和    副市長                江 頭 興 宣    総務部長               前 田 隆 博    政策経営部長             山 本 洋一郎    市民部長(福祉事務所長)       吉 田 正 男    産業部長               犬 塚 邦 康    建設部長               黒 川 義 昭    総務部副部長(総務課長)(震災支援課長) 古 賀 恭 二    政策経営部副部長(財政課長)     武 野 逸 郎    政策経営部副部長(企画政策課長)   緒 方 俊 夫    市民部副部長(環境課長)       井 関 勝 志    産業部副部長(観光課長)(伊万里牛課長) 池 田 博 志    建設部副部長(地籍調査課長)                       青 木 政 博    (検査監兼技術監)    建設部副部長(都市開発課長)     池 田 和 高    市民病院事務長            力 武 圭 介    会計管理者              光 田 和 夫    水道部長(水道事業管理者職務代理者) 深 浦 弘 信    水道部副部長(工務課長)       林   喜代司    水道部副部長(浄水場管理事務所長)  腰   洋 一    消防長                幸 松 伝 司    教育長                森   哲 也    教育部長               川久保   茂    教育副部長(教育総務課長)      原   正 憲    教育副部長(生涯学習課長)      前 田 和 也1.議事日程(第1号)    第1 市長の臨時会招集理由説明及び挨拶    第2 臨時議長の紹介    第3 開会宣告    第4 仮議席の指定    第5 議長の選挙2.議事日程(第1号)(その2)    第1 副議長の選挙    第2 議席の指定    第3 会議録署名議員の指名    第4 会期の決定    第5 議会運営委員会委員の選任    第6 常任委員会委員の選任    第7 伊万里・有田地区医療福祉組合議会議員の選挙(6名)    第8 伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙(8名)    第9 佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙(2名)    第10 佐賀県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙(1名)    第11 散会1.本日の会議に付した事件    日程第1 市長の臨時会招集理由説明及び挨拶    日程第2 臨時議長の紹介    日程第3 開会宣告    日程第4 仮議席の指定    日程第5 議長の選挙    (その2)    日程第1 副議長の選挙    日程第2 議席の指定    日程第3 会議録署名議員の指名    日程第4 会期の決定┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤│ │16│月│本会議│(議事日程のとおり)              │    ││5├─┼─┼───┼────────────────────────┤午前10時││ │17│火│本会議│(議事日程のとおり)              │    │└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘    日程第5 議会運営委員会委員の選任    日程第6 常任委員会委員の選任    日程第7 伊万里・有田地区医療福祉組合議会議員の選挙(6名)    日程第8 伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙(8名)    日程第9 佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙(2名)    日程第10 佐賀県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙(1名)    日程第11 散会1.会議の顛末                (午前10時 開会) △日程第1 市長の臨時会招集理由説明及び挨拶 ◎議会事務局長(水田政良)  おはようございます。本会議が開かれます前に、塚部市長から今期臨時会の招集理由の説明とごあいさつがなされます。塚部市長、お願いいたします。 ◎市長(塚部芳和) (登壇)  皆さんおはようございます。平成23年伊万里市議会第2回臨時会の開会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。  初めに、3月11日に発生し、我が国の歴史上未曾有の大災害となった東日本大震災において、多くのとうとい命が失われたことに深い哀悼の意をささげますとともに、被災された地域の皆様に心からお見舞いを申し上げます。被災地の一刻も早い復興を心からお祈り申し上げる次第でございます。  さて、本議会は、4月24日に行われました伊万里市議会議員選挙後の議員皆様の今任期における初議会となりますが、議員皆様におかれましては市民の期待を背に、めでたく当選されましたことに対し、まずもって心からお喜びを申し上げます。  我が伊万里市は、市制施行以来、伊万里湾の開発を初め、産業基盤や都市基盤の整備、教育や福祉の充実など、市政全般にわたり今日まで堅実な発展を遂げてまいりました。これもひとえに市議会の諸先輩各位の御協力のたまものであり、このたび御当選されました議員の皆様におかれましても、市民福祉のさらなる向上と市政発展のため、格別の御指導と御協力を賜りますようお願いを申し上げます。  平成23年度における市政の運営方針につきましては、3月の第1回定例会で御説明を申し上げたところでございますが、再度この機会に施策推進の基本的な考え方について申し述べたいと思います。  私は、市長に就任して以来、市民と同じ目線に立った考え方と前例にとらわれない発想のもと、市民福祉の向上と地域の発展に邁進をしてまいりました。この間、23社の企業誘致や第4工業用水道の整備を初め、新統合病院の着工や伊万里港の重点港湾への選定、国道498号大坪バイパスの完成、さらには西九州自動車道の平成26年度伊万里市域への供用開始など、将来の市政発展の礎を築くことができました。  現在、国においては、地域主権の考えのもと、一括交付金の創設とともに義務づけや枠づけの見直しが進められるなど、地方自治体の自主自立的な行財政運営が、これまでにも増して求められております。このように市民生活に直接かかわる地方自治体の政策形成能力が問われる時代を迎えた今、私は少子・高齢化への対応や地域医療の確保、さらには財政の健全化など、本市が直面する政策課題に正面から立ち向かい、市政の発展に全力を傾注していく所存であります。  特に、市民の皆様の安心と安全の確保については、大震災に伴い発生した原子力発電所の事故は、玄海原子力発電所と至近な距離にある本市にとって、まさに切実な問題であり、私は4月25日に市民の皆様の不安を解消するため、古川知事に対し、EPZ原子力防災対策重点地域10キロ圏内の拡大等について要望したところであり、今後もあらゆる機会をとらえ、関係機関等へ強く働きかけてまいります。  さらに、津波に関する避難計画を作成するとともに、これまでの大水害等の教訓を生かし、防災への万全の備えを講じてまいる所存であります。  また、青少年の健全育成や、まちづくりの担い手育成など、時代を担う人づくりに取り組むとともに、農業の振興や企業誘致による雇用の場の確保を初め、人や物の交流を促進する道路整備や伊万里港の振興など、都市の活力を生み出すための産業振興や都市基盤の整備に努めるなど、本市の将来都市像である「活力あふれ ひとが輝く 安らぎのまち 伊万里」の実現を目指し、事業を展開してまいります。  しかしながら、本市財政は長引く地域経済の停滞に伴い、市税等の増加は期待できず、一方では扶助費等義務的経費の増大が見込まれるなど、大変厳しい状況にあります。このため私は、伊万里市の行財政改革を強く推し進めるとともに、市民の皆様との協働により、事業の一つ一つを日々の努力により一歩でも進め、豊かな実りへの結びつきを進めてまいりたいと考えております。  どうか議員の皆様におかれましては、市政発展のため格段の御指導、御協力を賜りますよう、重ねてお願いを申し上げますとともに、臨時会の開会に当たりまして、御当選のお祝いを兼ね、私のあいさつとさせていただきます。
     本日は大変御苦労さんでございます。 △日程第2 臨時議長の紹介 ◎議会事務局長(水田政良)  それでは、ここで臨時議長の紹介をさせていただきます。  今期臨時会は、一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されますまでは、地方自治法第107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。  出席議員中、福田議員が年長の議員でありますので、御紹介申し上げます。  福田議員、議長席へ御着席ください。     〔福田議員議長席に着く〕 △日程第3 開会宣告 △日程第4 仮議席の指定 ○臨時議長(福田喜一)  皆さんおはようございます。ただいま御紹介を受けました福田でございます。臨時議長の職務を務めさせていただきます。よろしくお願いをいたします。  定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから平成23年伊万里市議会第2回臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。  ここで、皆様に仮議席の指定をいたします。  仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。したがいまして、発言を求める場合は、各議員は議席番号を告げ、発言の指名を受けられてから行っていただきますようにお願いをいたします。23番盛議員。 ◆23番(盛泰子)  本日の日程では、次に議長の選挙に入るようになっておりますが、ここで休憩をとっていただきたく動議を提出したいと思います。  その理由は2点ございます。  まず、議長選挙に当たり、議長を志す方の所信をお聞きする場が必要だと思うからです。本来は、傍聴の方や市長以下執行部の皆さんもおられるこの場でと私は希望いたしますが、公職選挙法などの規定で議場での正式な立候補は認められないということですので、百歩譲って全協室で公開の形で開催していただきたいと思います。  2点目は、執行部への出席要請の解除です。地方自治法第121条の規定により、執行部は議会の審議に必要な説明のために議長から出席を求めるものですが、本日は説明を要する議案はありません。  参考までに、2007年の臨時議会において所信表明等の全協に約40分要しましたし、また、臨時議会全体が終了したのが18時30分でした。その4年前は19時9分でした。お互いの時間を有効に使うためにも協議をお願いしたいと思います。  以上です。 ○臨時議長(福田喜一)  ただいま緊急動議が出されたわけでございますけれども、動議に賛成の方の挙手を求めます。     〔賛成者挙手〕  賛成多数でありますので、この動議は成立をいたします。  それでは、休憩の動議を議題として採決を行います。  採決は、起立により行います。この動議に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕  起立多数であります。よって、休憩することの動議は可決されました。  それでは、ここでしばらく休憩をいたします。                (午前10時10分 休憩)                (午前11時   再開) ○臨時議長(福田喜一)  会議を再開させていただきます。  ここで皆様に申し上げます。本日は議会構成の日程となっておりますので、執行部の皆様は、この後、会議出席は御遠慮いただいても結構であります。     〔執行部退席〕  それでは、これより議長選挙を行います。  ここでお諮りをいたします。御承知のとおり、議会における選挙の方法には、地方自治法第118条の規定により、単記無記名投票の方法と指名推選の方法があります。したがいまして、いずれの方法により選挙するか、お諮りをいたします。盛議員。 ◆23番(盛泰子)  ただいまの全協での所信表明で複数の方の立候補がございましたので、単記無記名投票の方法でお願いしたいと思います。  以上です。 △日程第5 議長の選挙 ○臨時議長(福田喜一)  ただいま投票という発言があっております。投票の方法によることで御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議ありませんので、投票による方法で議長の選挙を行います。  準備をさせますので、しばらくお待ちください。  ただいまから議長の選挙を行います。  選挙は投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。     〔議場閉鎖〕  ただいまの出席議員数は23人であります。投票用紙を配付させます。     〔投票用紙配付〕  投票用紙の配付漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  配付漏れないものと認めます。  投票箱を改めさせます。     〔投票箱点検〕  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙には被選挙人の氏名1名を記載所で記載の上、1番議員から順次投票をお願いいたします。  なお、同姓議員がいる場合の氏だけの記載は無効票となります。  それでは、投票を始めてください。1番、香月議員からどうぞ。     〔投  票〕  投票漏れはございませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  投票漏れはなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。     〔議場開鎖〕  それでは、開票を行います。  お諮りをいたします。会議規則第29条第2項の規定により、立会人に1番香月議員、11番松尾雅宏議員、21番占野議員を指名したいと思います。これに異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、香月議員、松尾雅宏議員、占野議員を指名いたします。  それでは、立会人の立ち会いをお願いいたします。     〔開  票〕  それでは、選挙の結果を報告いたします。  投票総数23票、これは先ほどの出席議員に符合いたしております。  そのうち、   有効投票23票   無効投票0票  有効投票数のうち、   内山議員13票   笠原議員10票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は6票であります。よって、内山議員が議長に当選をされました。  ただいま議長に当選されました内山議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により、当選の告知をいたします。  内山議員、議長の当選承諾及びごあいさつをお願いいたします。演壇席にどうぞ。 ○議長(内山泰宏) (登壇)  このたび、議長に指名をいただきまして本当にありがとうございます。厚くお礼を申し上げます。  先ほど4項目について、私がいろいろ訴えてきたところでございます。市民の議会に対するいろんな問題を公開していかなきゃならないというふうなこと、議会基本条例の問題。それから定数の検討、これをどうするかというふうなことでございます。  それから、福島原発においてのあの問題、玄海原発においての、こういうふうな防災計画はいいのかどうか、それを含めて、この4年の間で皆様とともに2年間ほどは勉強させていただいて、3年目に方向づけをし、そして次回の選挙戦にはその流れを作っていけるように、皆様とともに勉強していきたいというふうに思います。  また4点目は、会派制移行でございます。初めてのケースございまして、なかなか戸惑いもあるものというふうに思っているところでございます。今までの議会運営につきましてはそれを否定するものではありません。いいところは、そちらのほうで、そのいいところをまた取り入れていきたいというふうに思っております。  今後ともお世話になりますが、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。                                       (拍手) ○臨時議長(福田喜一)  おかげさまで無事私の任務は終わりましたので、退席させていただきます。  御協力ありがとうございました。議長と交代をいたします。皆様方、本当にありがとうございました。     〔臨時議長、議長と交代〕
    ○議長(内山泰宏)  それでは、次の日程に入ります前に、ここでしばらく休憩をいたします。                (午前11時23分 休憩)                (午後1時25分 再開) △日程第1 副議長の選挙 ○議長(内山泰宏)  会議を再開いたします。  それでは、日程の順序に従いまして、日程第1の副議長の選挙を行います。  ここでお諮りをいたします。  御承知のとおり、議会における選挙の方法には、地方自治法第118条の規定により、単記無記名投票の方法と指名推選の方法があります。したがいまして、いずれの方法により選挙するか、お諮りをいたします。 ◆16番(樋渡雅純)  単記無記名の投票でお願いをいたします。 ○議長(内山泰宏)  ただいま投票という発言があっておりますが、投票の方法によることで御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議ありませんので、投票による方法で副議長の選挙を行います。  それでは、選挙の準備をさせますので、しばらくお待ちください。  ただいまから副議長の選挙を行います。選挙は投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。     〔議場閉鎖〕  ただいまの出席議員数は23人であります。投票用紙を配付させます。     〔投票用紙配付〕  投票用紙の配付漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。     〔投票箱点検〕  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の名前1名を記載所で記載の上、1番議員から順次投票をお願いいたします。  なお、同姓議員がいる場合の氏だけの記載は無効票となります。  それでは、投票を始めてください。     〔投  票〕  投票漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。     〔議場開鎖〕  開票を行います。  お諮りいたします。会議規則第29条第2項の規定により、立会人に2番東議員、12番多久島議員、22番田中議員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、東議員、多久島議員、田中議員を指名いたします。  それでは、立会人の立ち会いをお願いいたします。     〔開  票〕  それでは、選挙の結果を報告いたします。  投票総数23票、これは先ほどの出席議員数に符合をいたしております。  そのうち、   有効投票23票   無効投票0票  有効投票中、   前田久年議員13票   草野議員10票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は6票であります。よって、前田久年議員が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました前田久年議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により、当選の告知をいたします。  前田久年議員、副議長の当選承諾及びあいさつをお願いいたします。演壇席にどうぞ。 ○副議長(前田久年) (登壇)  副議長に選出をいただきまして、まことにありがとうございました。  議会も時は移り、人もかわりました。実に40%近くの交代は近年になかったことじゃなかろうかと思っているところでございます。本当に新しい風に期待をいたしているところでございます。  しかし、人はかわってもお互いに変わらないもの、それは伊万里市の発展を願う心であります。私もその思いを一層強くし、議会の融和を図るとともに、議長をしっかり補佐し、円満な議会運営に努力をいたしてまいりますので、どうか皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。(拍手) ○議長(内山泰宏)  ここでしばらく休憩いたします。                (午後1時43分 休憩)                (午後2時14分 再開) △日程第2 議席の指定 ○議長(内山泰宏)  会議を再開いたします。  次に、日程第2.議席の指定を行います。  議員の議席は、会議規則第4条で一般選挙後、最初の会議において議長がくじで定めることになっておりますが、従来からの申し合わせにより、議席は1番を議長、2番を副議長とし、以下、在任期間が短い議員から順次指定し、在職期間が同じ者については抽せんで定めるものとされております。今回の場合もそのように指定したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、指定する議席を事務局長に発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(水田政良)  それでは、発表いたします。  1番内山泰宏議員、2番前田久年議員、3番香月孝夫議員、4番東真生議員、5番前田和人議員、6番井手清敏議員、7番副島明議員、8番井手勲議員、9番馬場繁議員、10番梶山太議員、11番山口恭寿議員、12番松永孝三議員、13番松尾雅宏議員、14番多久島繁議員、15番松尾博幸議員、16番草野譲議員、17番樋渡雅純議員、18番渡邊英洋議員、19番高木久彦議員、20番笠原義久議員、21番占野秀男議員、22番田中啓三議員、23番盛泰子議員、24番福田喜一議員。  以上であります。 △日程第3 会議録署名議員の指名 △日程第4 会期の決定 △日程第5 議会運営委員会委員の選任 ○議長(内山泰宏)  以上、議会事務局長が発表したとおり、議席の指定を行います。  それでは、恐れ入りますが、議席名札を抜き取り、指定の議席へ移っていただきますようお願いいたします。     〔議 席 移 動〕  これより発言を求められる場合は、ただいまの御着席の議席番号を告げ、発言していただきますようお願いいたします。  それでは、日程第3.会議録署名議員の指名を行います。  会議規則第108条の規定により、3番香月議員、4番東議員を指名いたします。両名の方、よろしくお願いをいたします。  次に、日程第4.会期の決定を議題といたします。  今期臨時会の会期は、5月6日の全員協議会の決定どおり、本日より明日17日までの2日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日より17日までの2日間と決定いたしました。  次に、日程第5.議会運営委員会委員の選任を行います。  指名する委員の名前を事務局長に発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(水田政良)  それでは、発表いたします。  東議員、馬場議員、松永議員、草野議員、渡邊議員、占野議員、田中議員、盛議員。  以上でございます。 ○議長(内山泰宏)  ただいま事務局長から発表しましたとおり、委員会条例第7条の規定により指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員は発表のとおりと決定いたします。  それでは、正副委員長を互選していただくため、しばらく休憩をいたします。
                   (午後2時19分 休憩)                (午後4時26分 再開) ○議長(内山泰宏)  会議を再開いたします。  休憩中に議会運営委員会の正副委員長を互選していただきましたので、その結果を報告いたします。  議会運営委員会委員長・占野議員、副委員長・松永議員。  以上のとおりであります。  ここでお諮りいたします。ただいま議会運営委員会が構成されましたが、議会運営に関する会期、議事日程、議案の取り扱い等の事務調査については、必要の都度、閉会中においても審査することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会は、閉会中においても必要の都度、議会運営に関する事務調査について審査することに決定いたしました。  ここであらかじめ時間を延長しておきます。常任委員会の選考の関係でしばらく休憩いたします。                (午後4時27分 休憩)                (午後5時27分 再開) △日程第6 常任委員会委員の選任 ○議長(内山泰宏)  会議を再開いたします。  次に、日程第6.常任委員会委員の選任を行います。  常任委員会の委員の定数は、伊万里市議会委員会条例第2条の規定により、総務委員会8人、文教厚生委員会8人、産業建設委員会8人となっており、委員は委員会条例第7条の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。  なお、委員会条例第3条の規定により、常任委員の任期は2年であります。  それでは、ただいまから各常任委員会の委員を事務局長から発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(水田政良)  それでは、発表いたします。  〔総務委員会〕内山議員、東議員、副島議員、馬場議員、山口議員、松永議員、渡邊議員、盛議員。  〔文教厚生委員会〕前田久年議員、井手清敏議員、梶山議員、多久島議員、草野議員、樋渡議員、高木議員、福田議員。  〔産業建設委員会〕香月議員、前田和人議員、井手勲議員、松尾雅宏議員、松尾博幸議員、笠原議員、占野議員、田中議員。  以上でございます。 ○議長(内山泰宏)  以上、事務局長の発表のとおり選任し、委員会条例第7条の規定により指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、常任委員会委員は発表のとおり決定いたします。  常任委員会の編成が終わりましたので、直ちに各常任委員会を開催していただき、それぞれ正副委員長の互選をお願いいたします。  それでは、ここでしばらく休憩いたします。                (午後5時29分 休憩)                (午後10時54分 再開) △日程第7 伊万里・有田地区医療福祉組合議会議員の選挙(6名) △日程第8 伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙(8名) △日程第9 佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙(2名) △日程第10 佐賀県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙(1名) △日程第11 散会 ○議長(内山泰宏)  会議を再開いたします。  それでは、各常任委員会の委員長及び副委員長の互選結果を報告いたします。  総務委員会委員長・渡邊議員、副委員長・盛議員。  文教厚生委員会委員長・樋渡議員、副委員長・福田議員。  産業建設委員会委員長・松尾雅宏議員、副委員長・前田和人議員。  以上のとおりであります。  次に、伊万里・有田地区医療福祉組合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  指名については、議長から指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  それでは、議長から指名をいたします。内山議員、東議員、前田久年議員、井手清敏議員、香月議員、松尾博幸議員を指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。以上6名の方が伊万里・有田地区医療福祉組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました内山議員、東議員、前田久年議員、井手清敏議員、香月議員、松尾博幸議員に本席から会議規則第30条第2項の規定により当選の告知をいたします。  次に、伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  指名については、議長から指名をいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  それでは、議長から指名をいたします。内山議員、山口議員、松永議員、梶山議員、草野議員、高木議員、井手勲議員、田中議員を指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。以上8名の方が伊万里・有田地区衛生組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました内山議員、山口議員、松永議員、梶山議員、草野議員、高木議員、井手勲議員、田中議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により当選の告知をいたします。  次に、佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  指名については、議長から指名をいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  それでは、議長から指名いたします。前田久年議員、樋渡議員を指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  前田久年議員、樋渡議員が佐賀県西部広域環境組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました前田久年議員、樋渡議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により当選の告知をいたします。  次に、佐賀県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  指名については、議長から指名をいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  指名については議長を推選することにしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  それでは、私がお引き受けいたします。まことにありがとうございました。  以上で本日の日程をすべて終了いたしましたので、これをもちまして散会といたします。                (午後10時58分 散会)...