運営者 Bitlet 姉妹サービス
伊万里市議会 > 2010-09-07 >
平成22年 9月 定例会(第3回)-09月07日−02号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2010-09-07
    平成22年 9月 定例会(第3回)-09月07日−02号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    DiscussNetPremium 平成22年 9月 定例会(第3回) - 09月07日-02号 平成22年 9月 定例会(第3回) - 09月07日-02号 平成22年 9月 定例会(第3回)           平成22年伊万里市議会会議録(第3回定例会)1.日 時  平成22年9月7日 午前10時00分開会2.出席した議員    1番  前 田 教 一         13番  高 木 久 彦    2番  内 山 泰 宏         14番  堀   良 夫    3番  松 尾 雅 宏         15番  島 田 布 弘    4番  多久島   繁         16番  笠 原 義 久    5番  松 永 孝 三         17番  前 田 儀三郎    6番  松 尾 博 幸         18番  占 野 秀 男    7番  船 津 賢 次         19番  岩 橋 紀 行    8番  前 田 久 年         20番  田 中 啓 三    9番  渡 邊 英 洋         21番  福 田 喜 一    10番  草 野   譲         22番  盛   泰 子    11番  山 﨑 秀 明         23番  下 平 美 代    12番  樋 渡 雅 純         24番  浜 野 義 則3.欠席した議員    な  し4.出席した事務局職員    局長  原 口 源 嗣5.地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                  塚 部 芳 和    副市長                 江 頭 興 宣    政策経営部長              友 廣 英 久    市民部長(福祉事務所長)        光 田 和 夫    産業部長                山 本 洋一郎    建設部長                黒 川 義 昭    総務部副部長(総務課長)        前 田 隆 博    税務課長                前 田 和 也    政策経営部副部長(開発推進課長)    池 田 常 雄    財政課長                武 野 逸 郎    企画政策課長              緒 方 俊 夫    長寿社会課長              川 元 和 弘    産業部副部長(観光課長、伊万里牛課長) 池 田 博 志    建設部副部長(地籍調査課長)      野 口 利 徳    理事(市民病院事務局事務長)      米 田 秀 次    会計管理者               小 島 茂 美    公的病院統合推進室長     (理事付、市民病院事務局主幹)     力 武 圭 介    水道部副部長(管理課長)        吉 田 正 男    消防長                 多久島 美 隆    予防課長                大 串   衛    教育長                 森   哲 也    教育部長                﨑 田 洋一郎    教育副部長(生涯学習課長)       川久保   茂1.議事日程    第1 市長提出議案等に対する質疑1.本日の会議に付した事件    日程第1 市長提出議案等に対する質疑     議案第54号 伊万里市国民健康保険高額療養費支払資金貸付基金条例の一部を改           正する条例制定について     議案第55号 伊万里市高齢者等肉牛飼育モデル事業基金条例の一部を改正する条           例制定について     議案第56号 伊万里市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について     議案第57号 伊万里市火災予防条例の一部を改正する条例制定について     議案第58号 伊万里市監査委員の選任について1.会議の顛末                (午前10時 開議) △日程第1 市長提出議案等に対する質疑 ○議長(前田教一)  おはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。  日程に従いまして、議案等に対する質疑を行います。  まず、議案第54号 伊万里市国民健康保険高額療養費支払資金貸付基金条例の一部を改正する条例制定について。山﨑議員。 ◆11番(山﨑秀明)  高額な療養費の支払いについては、だれでも困難なわけでありますが、いろいろなケースもあると思いますが、感情的には理解できるところでございますが、従前の条例では、「「滞納していないもの」を削る。」ということになっておりました。まず、これはどんなことで除外されているのか、お尋ねしたいと思います。 ○議長(前田教一)  市民部長。 ◎市民部長(光田和夫)  高額療養費の貸し付けということにつきましては、一般的に高額療養費は、例えば、入院の場合、収入が一般の世帯で月8万円。これを超える、いわゆる個人の負担分、これが高額療養費と言うわけでございます。例えば、通常100万円医療費がかかったと。3割負担したら30万円ですね。しかし、限度額認定証というのがありまして、これを国保の会計から病院のほうに出せば8万円ということで限度額が決まります。これを超える分が高額療養費となるわけですね。こういう形でこれまでは滞納者の方を除いて、一般の通常の納税者の方に貸し付けを行ってきたというふうなことでございますが、滞納者を除いていたということにつきましては、やはり滞納者、いわゆる納税意識を向上させるというふうなこと等も含めて、そういうことについては滞納者を除いていたというふうなことでございまして、あくまでも税金をまず納めていただくということを先にやっていただくという趣旨のもとにやっていたということでございますが、これだけやっぱり不況となってきまして、病院のほうにかかれないというふうな方たちの問い合わせも幾らか出てきていますので、それに対応するということも命にかかわるという観点から、今回、滞納者を除くというふうな形にさせていただいたということでございます。 ○議長(前田教一)  山﨑議員。 ◆11番(山﨑秀明)  わかります。理解するところでありますが、それでは、その滞納についての解消策、解決策ということは、その除外したためにどんな手だてをされていかれるのか、お尋ねをしておきます。 ○議長(前田教一)
     市民部長。 ◎市民部長(光田和夫)  当然、今回の滞納者を除くということと、納税についてのところはきっちりと区分けをしてやっていくと。納税は納税ですね、これはきっちりと納めていただく。ですから、滞納者につきましては、催告状、あるいは差し押さえ、あるいは呼び出し、ありとあらゆる手を使って納税は納税でやっていただく。  ただ、現実的に生活の中での納税ですから、一度にということにはなりませんので、例えば、分割納付等を含めて、やはりできる範囲の中で納税をしていただくということを進めながら、こういうふうな医療費に関しては、やはりある意味で温かい、安心を与えるということも行政としては必要ではないかと考えているところでございます。 ○議長(前田教一)  ほか。岩橋議員。 ◆19番(岩橋紀行)  このことについてお尋ねをいたします。  この制度については、保険税の滞納者を貸し付けの対象に今回加えるということでございますけれども、まず、議案の説明会のときにお聞きをしたわけですけど、ちょっと十分理解することができませんでしたので、この制度の必要性について、ちょっと中身をまず説明をしていただければと、こういうふうに思いますが。 ○議長(前田教一)  市民部長。 ◎市民部長(光田和夫)  先ほども山﨑議員からの質問の中で若干説明しましたけれども、高額療養費につきましては、例えば、入院費と、あるいは通院費、この2つに分けることができます。入院の場合は先ほども言いましたように、限度額適用認定証というものを交付します。そうしましたら、例えば、70歳未満の方であれば、所得区分が一般の方は80,100円が1カ月の限度額です。非課税の方ですね、住民税非課税の方は35,400円が1カ月の限度額となります。これを超える方につきましては、高額療養費として国保会計から直接病院のほうに支払います。しかし、通院の場合です。通院治療の場合は、この限度額認定証が交付できません。通院の場合、最近、がんの治療等も含めて非常に高額な方がおられます。例えば、月に医療費が100万円かかる。3割負担で30万円払わんばいかん。まず、病院に30万円支払う。その後に国保会計から高額療養費が本人さんに支給されるということで、毎月毎月30万円をつくらんばいかんという方が最近ふえております。そういうふうな方々がこの高額療養費を借りて、まず病院に納められる、医療費をですね。そして、あと国保会計から出た分については、貸付基金のほうに直接充当いたします。ですから、この滞納というのがこの基金では出てこないということになりますね。貸し付けますけれども、その貸し付けた金は国保会計から高額療養費として出ますから、その出たときにはこの基金のほうに今度は戻します。そういうふうな形で回していく制度になっております。  そういうことで、この入院と通院を見た場合には、通院のほうが非常に個人負担が際立って高いとなっております。滞納者の方も今やっぱり担当に聞きますと、今月もやっぱり3人から4人の方が、私にもこの貸付制度該当しないですかというふうな問い合わせもあっているようでございまして、やはり入院と比べて通院の自己負担というのが非常に厳しい状況になっているようです。家計がもう崩壊する寸前ですというふうな話が出ております。そういうふうな中でありますので、今回はこの滞納者の方をぜひとも除いて、そして、通院の場合も適切な医療が受けられるように、命にかかわるような病気についてはやはり適切な医療が受けられるようにしてやりたい、こういうふうな形で今回条例改正を行うというものでございます。  そういうことで、滞納者の方に貸しても、その貸した金は絶対には滞納にはなりません。金が回るだけですから、貸した先にこの基金から貸し付けたものは、逆に今度国保会計から高額療養費が出ますから、その出た金をこの基金に戻すというふうな形になりますから、滞納はないということになります。  以上でございます。 ○議長(前田教一)  ほか。岩橋議員。 ◆19番(岩橋紀行)  それじゃ、ちょっと確認をいたしますけれども、この国保会計について私は6月議会で滞納とかそういったことをお聞きをしたわけですね。そのときの資料を見てみますと、結局、調定額、収入済み額と、それから収納の未済額というふうなものの数字を聞きました。で、21年度ではまた予定額というふうなことでありましたけれども、そのときでもやはり滞納分と現年分合わせても、やはり6億7,500万円という数字が上がっているわけですね。これは確かに最近の、俗に言われます、よく言われます景気悪化で税収の落ち込みというふうな感じだと思いますけれども、そういう中でもやっぱり調定額というのが、ある程度やっぱりそういう形でマイナスになっております。そういうところで収納率というのをこの3年間見ても横ばいですよというのは前議会で江頭副市長のほうからお聞きをしたところですけれども、結局、滞納繰り越しというのが非常に増加傾向にありますよね。そこで今お聞きをしましたけれども、やはりこの会計には影響がないんだということをここで確認をしておきたいなと、こういうふうに思いますし、そうしないと、私も多分これと連動しているんじゃないかなというふうな気がしましたけれども、今の説明で、これは基金からのあれですから、これには関係ないと言ってはおかしいですけれども、ないんですよということをちょっとここで確認をしておきたいと思いますが、それでいいんですね。(「はい、いいです」と呼ぶ者あり) ○議長(前田教一)  ほか。多久島議員。 ◆4番(多久島繁)  この条例は、委任払い制度というのがございますので、今回の改正によりまして、対象になる方はすべて委任払い制度を活用するということですか。と理解してよろしいんですか。 ○議長(前田教一)  市民部長。 ◎市民部長(光田和夫)  県内10市の中で、委任払い制度をとっているのは佐賀市と多久市でございます。ここは直接限度額のところを、入院、通院問わず病院に支払うというふうなところで、この2市だけは委任払い制度となっているようでございます。伊万里も含めて残り8市は入院については限度額認定証を交付し、通院については通常これは交付できませんから、個人さんのほうでまずは3割負担をしていただくという制度の中で動いている。その中で、ほかの8市もですね、伊万里も含めて、この貸付制度があるというような状況でございます。 ○議長(前田教一)  ほか。占野議員。 ◆18番(占野秀男)  困った方に貸付制度をしてやるというのは当然のことでしょうから、それはいいとしても、やはり大変厳しい中で滞納をしないように納めておられる市民の方もいっぱいおられると思うんですね。そういう方からしますと、やっぱり滞納しとっても貸し付けはもらえるのかという変な誤解をされてもいけないと思いますから、やはり滞納をしてでも貸付金が受けられるというのは、だれでもかんでも即といいわけじゃありませんよと、それはきちっとした調査、精査をした上で、どうしても困っている方に貸し付けをやるんですよということを少しきちっとしておかないと、滞納しとる人は申し出をすればだれでも貸してもらえるみたいに誤解されたらやっぱりいけないと思うので、その点についてはきちっとしたPRなり、それから調査をして、これならやむを得ないだろうという判断をするときに、やっぱり慎重にすべきではないかというふうに思いますが、その点についてはどのようにお考えでしょうか。 ○議長(前田教一)  市民部長。 ◎市民部長(光田和夫)  貸し付けにつきましては、まず申し込みがありますと、税務課のほうでその申し込みについてお話をさせていただきます。納税の状況といいましょうか、滞納状況を確認して、そして、今後の分割納付とか、あるいは納税計画等をある意味では協議をして、そして、家庭の事情等をしっかり把握した上で貸し付けるか否かということを判断していきたい。ですから、その中では、例えば、車を家庭で二、三台も乗り回して、外から見れば裕福なのにというふうな家庭も多々あるようで、そういうふうな悪質な家庭につきましては、この貸し付けからはきっちりと除外をしていきたいというふうに考えているところでございまして、しっかりと生活をする中で、どうしてもやっぱり生活費が不足する、収入が少ない。しかし、医療費がかかる、もう回らない、こういうようなところをしっかりと十分に把握をして、そこはもうきっちりと救済をしていきたいと考えているところでございます。 ○議長(前田教一)  ほか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第54号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第55号 伊万里市高齢者等肉牛飼育モデル事業基金条例の一部を改正する条例制定について。山﨑議員。 ◆11番(山﨑秀明)  この繁殖牛雌牛の貸し付け、この事業は市の畜産振興、ひいては肉用牛生産に大いに結びつく有効な事業というふうに理解をしておるところでございますが、基金の額の減、これは貸し付け牛の減につながるものだと思います。返還が始まりました18年の3月時点、先般の説明の資料の中で、約3,249万円程度の基金があったわけでございますが、その後、今年の分まで合わせますと、532万4,761円の国への返還ということになりまして、22年度の残額は2,716万円程度となっております。  実は、18年度から始まったころからも、多分に一財を投入してでも基金の維持はしていくというような考えかなというふうに思っておりましたんですけど、530万円程度の減となりますと、約10頭くらいの物品の購入が減になるというふうに素人的には考えます。市のほうとしては返還に合わせまして、基金の当初額ぐらいまでは維持程度ということで単独の資金を積み立てる。単年度とは言いませんけど、何年かがかりで補強をしていくと、これで畜産の振興を守っていくという考えはございませんか。 ○議長(前田教一)  産業部長。 ◎産業部長(山本洋一郎)  山﨑議員のほうから国庫返還に伴う基金の減額に対しての市の補てんということでのお尋ねでございます。  勉強会のときにも資料のほうを配付させていただいておりますけれども、現在、現金のほうが890万円程度、約900万円。それと、物品が肉牛40頭ということで、これを換算しますと、約2,000万円ということで、合計2,800万円というような形になっております。現在、肉牛40頭につきましては、約40名の方で、高齢者の方で飼育をされておりまして、1頭当たり大体5年間で2.5頭の出産、それと、その後6年から10年間で約4頭出産をされて、高齢者の方の生きがい対策と、その肉牛素牛の生産というような形で繁殖をされております。そういう中で、今申し上げましたように、現品についてまだ900万円程度ございますので、現状ではまだ回転をしているという理解をしておりますので、現在のところは補てんをしてという考えはございません。 ○議長(前田教一)  ほか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第55号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第56号 伊万里市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第56号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第57号 伊万里市火災予防条例の一部を改正する条例制定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第57号に対する質疑を終結いたします。  ここでしばらく休憩いたします。                (午前10時18分 休憩)                (午前10時35分 再開) ○議長(前田教一)  会議を再開いたします。  引き続き、議案等に対する質疑を行います。  議案第58号 伊万里市監査委員の選任について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田教一)  質疑なしと認めます。よって、議案第58号に対する質疑を終結いたします。  本日はこれをもちまして散会いたします。                (午前10時36分 散会)...