運営者 Bitlet 姉妹サービス
伊万里市議会 > 2009-08-03 >
平成21年 8月 臨時会(第4回)-08月03日−01号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2009-08-03
    平成21年 8月 臨時会(第4回)-08月03日−01号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    DiscussNetPremium 平成21年 8月 臨時会(第4回) - 08月03日-01号 平成21年 8月 臨時会(第4回) - 08月03日-01号 平成21年 8月 臨時会(第4回)           平成21年伊万里市議会会議録(第4回臨時会)1.日 時  平成21年8月3日 午前9時00分開会2.出席した議員    1番  前 田 教 一         13番  高 木 久 彦    2番  内 山 泰 宏         14番  堀   良 夫    3番  松 尾 雅 宏         15番  島 田 布 弘    4番  多久島   繁         16番  笠 原 義 久    5番  松 永 孝 三         17番  前 田 儀三郎    6番  松 尾 博 幸         18番  占 野 秀 男    7番  船 津 賢 次         19番  岩 橋 紀 行    8番  前 田 久 年         20番  田 中 啓 三    9番  渡 邊 英 洋         21番  福 田 喜 一    10番  草 野   譲         22番  盛   泰 子    11番  山 﨑 秀 明         23番  下 平 美 代    12番  樋 渡 雅 純         24番  浜 野 義 則3.欠席した議員    な  し4.出席した事務局職員    局長  原 口 源 嗣5.地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                  塚 部 芳 和    副市長                 前 田 和 人    総務部長                江 頭 興 宣    政策経営部長              友 廣 英 久    市民部長(福祉事務所長)        光 田 和 夫    産業部長                中 島 善 博    建設部長                浦 川 富美男    総務部副部長(契約監理課長)      黒 川 義 昭    総務課長                前 田 隆 博    情報広報課長              小 林 勝 紀    財政課副課長              桑 本 成 司    企画政策課長              緒 方 俊 夫    市民部副部長(市民課長)        條 島 正 美    産業部副部長(商工観光課長)      山 口 宇 作    産業部副部長(農山漁村整備課長)    前 田 君 人    建設部副部長(土木管理課長)      松 尾 俊 昭    市民病院事務局事務長          米 田 秀 次    会計管理者               山 平 邦 博    水道部長(水道事業管理者職務代理者)  力 武 幸 生    水道部副部長(工業用水道開発室長)   瀬戸口 善 孝    消防長                 山 口 正 信    教育長                 岩 永 憲一良    教育部長                﨑 田 洋一郎    教育副部長(生涯学習課長)       川久保   茂    体育保健課長              丸 尾   定1.議事日程    第1 開会    第2 会議録署名議員の指名    第3 会期の決定    第4 市長提出議案の上程    第5 市長提出議案の提案理由説明    第6 市長提出議案に対する質疑    第7 議案の討論、採決    第8 閉会1.本日の会議に付した事件    日程第1 開会    日程第2 会議録署名議員の指名    日程第3 会期の決定┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤│ │ │ │   │開   会                   │    ││ │ │ │   │会議録署名議員の指名              │    ││ │ │ │   │会期の決定                   │    ││8│3│月│本会議│市長提出議案1件 …… 上程           │午前9時││ │ │ │   │市長提出議案の提案理由説明           │    ││ │ │ │   │議案に対する質疑                │    ││ │ │ │   │討論、採決                   │    ││ │ │ │   │閉   会                   │    │└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘    日程第4 市長提出議案の上程     議案第76号 平成21年度伊万里市一般会計補正予算(第5号)について    日程第5 市長提出議案の提案理由説明    日程第6 市長提出議案に対する質疑    日程第7 議案の討論、採決    日程第8 閉会1.会議の顛末                (午前9時 開会) △日程第1 開会 △日程第2 会議録署名議員の指名 △日程第3 会期の決定 △日程第4 市長提出議案の上程 △日程第5 市長提出議案の提案理由説明 ○議長(前田教一)  皆さんおはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから本日をもって招集されました平成21年伊万里市議会第4回臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。  なお、本日は市長並びに伊万里ケーブルテレビジョン等より取材の申し出があり、これを許可しておりますので、御了承ください。  まず、会議規則第108条の規定により、会議録署名議員の指名をいたします。  15番島田議員、16番笠原議員に会議録の署名をお願いいたします。  次に、会期の決定を議題といたします。  去る7月31日に議会運営委員会を開催していただき、会期日程等について協議がなされ、今期臨時会の会期は本日1日間と決定されております。  そこでお諮りいたします。今期臨時会の会期は、議会運営委員会の決定どおり、本日1日間といたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は本日1日間と決定いたしました。
     なお、地方自治法の規定により、議案の説明のため市長以下関係者の出席を求めておりますので、御了承ください。  それでは、市長提出議案第76号の1件を上程いたします。  議案の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。 ◎市長(塚部芳和) (登壇)  皆さんおはようございます。平成21年伊万里市議会第4回臨時会を招集し、当面する急施案件について御審議をお願いするに当たり、その提案理由並びに概要を御説明申し上げます。  議案第76号「平成21年度伊万里市一般会計補正予算(第5号)について」は、歳入歳出それぞれ534万2千円を追加し、歳入歳出予算の総額を205億1,155万8千円とするものであります。  今回の補正は、今月8日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催されます第91回全国高等学校野球選手権大会に、佐賀県立伊万里農林高等学校が出場することとなり、夏の甲子園大会では伊万里市内の高校として初めての出場という快挙を全市民で祝うとともに、市を挙げて同校の活躍を支援するため、同大会への出場に対する補助金等を追加するものであります。  以上、本日提出いたしました議案について、その提案理由並びに概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(前田教一)  市長の提案理由の説明が終わりましたので、しばらく休憩いたします。                (午前9時4分 休憩)                (午前9時16分 再開) △日程第6 市長提出議案に対する質疑 ○議長(前田教一)  会議を再開いたします。  先ほど上程いたしました議案に対する質疑を行います。  議案第76号 平成21年度伊万里市一般会計補正予算(第5号)について。船津議員。 ◆7番(船津賢次)  この議案についてちょっと質問をいたします。  というのは、この総費用、派遣するための総費用、これが大体どのくらいかかるものなのか、このことについては市民の皆さんも知りたいところだというふうに思いますので、お伺いしたいと思います。  それからもう1点は、県からの補助金とかはないのかどうか、その2点をお伺いいたします。 ○議長(前田教一)  教育部長。 ◎教育部長(﨑田洋一郎)  ただいまの御質問でございます。  1つは、今回の農林高校が大会に出る経費とかどれくらいかかるかといったような質問かと思っております。これは、平成18年3月に第78回の選抜高等学校野球大会がありまして、こちらに伊万里商業高校が出場いたしております。そのときに報告いただいたといいますか、伊万里市が補助をいたしまして、その後に報告いただいた資料からでございますけれども、うちのほうでは補助要綱をつくりまして、今回補助をする対象経費というのをしておりますが、その対象経費に合った分についての報告をいただいております。  それによりますと、会費とか入場料とか応援費、用具費かれこれあるわけでございますが、その経費が3,300万円程度の支出をしたということでいただいておりますので、それに対して500万円を前回補助したというふうなことにいたしております。今回の場合も、それに近い経費が必要になるんじゃなかろうかと見ておりますが、はっきりしたことはわかりませんが、参考ですけれども、そういうふうに受けております。  あと県からの補助金のことでございますが、今回のこの甲子園、高校の出場につきましては、あとはっきりわかっているのは高野連からの補助はあるようになっております。それ以外は、特別県からの補助で現在のところ受けておりませんが、応援的なものはあるかもわかりませんが、補助としてあるということは承知いたしておりません。  以上でございます。 ○議長(前田教一)  13番高木議員。 ◆13番(高木久彦)  今回、農林高校が優勝をなし遂げたという、これについては伊万里市民の一人として、非常に喜んでいるものでございます。  ところで、前回選抜で商業高校が出場したわけでございますけれども、その折も500万円、今回も500万円ということで、その辺の何といいますか、妥当な線かとは思いますけれども、ちょっと意味合いもありますので、その辺の検討はどういうふうになされたか。  それと参考までに前回の商業高校の補助金の関係で、市として、教育委員会として見積もった3,000万円に対する500万円でございますけれども、そのとき商業高校からの明細といいますか、収支報告等がなされたものか、その点をお尋ねいたしたいと思います。 ○議長(前田教一)  教育部長。 ◎教育部長(﨑田洋一郎)  まず、補助金500万円についての検討をなされたかというふうな御質問でございます。  この500万円につきましては、先ほども申し上げましたように、18年3月の選抜高校野球に伊万里商業高校が出場した折に500万円を補助したわけでございますけれども、あと先ほど言いましたように、相当経費がかかる中で高野連からの若干の補助があるものの、あと同窓生や市民の方々からの寄附金等が約8割ということで見込んで出されております。500万円はその中でも決して多いとはとらえていないわけでございますが、その18年3月の時点で調査した近傍の例を参考にして、18年3月で500万円というのを一応決めておるわけでございますが、例えば、鳥栖市、それから神埼市、隣の波佐見町が500万円をそれに近い年に支出をして補助金として出していると。唐津市は400万円でございましたけれども、ただ、甲子園の出場が非常に多い佐賀市あたりは27万円程度というようになっておるというふうに調査をいたしております。佐賀市を除いた他の市町に比べても適当な額だというふうにとらえて、500万円を支出いたしたところでございます。  それから、先ほど2つ目に質問の当時18年3月に補助したときの報告は、明細を出されてあるのかという御質問でございますが、これは先ほどもちょっと触れましたように、今回の補助につきまして補助要綱を決めておりまして、こういった経費について、いろいろ幾らかの項目がありますけれども、その経費についての補助対象とするものはそういったものですよという部分で補助いたしておりますので、その対象となる経費についての報告は、明細をいただいているところでございます。それが先ほど言いました3,310万円程度の支出をされたということで報告をいただいております。  それ以外の経費、補助対象外となった分についての報告はなされておりませんので、それがすべての費用がかかったということじゃないと思いますが、それ以外もあったんじゃなかろうかと思いますが、私どもが取り上げている補助対象経費という分についての報告は、きちっと出されているところでございます。  以上でございます。 ○議長(前田教一)  市長。 ◎市長(塚部芳和)  500万円の補助金については市長の提案でございますので、私の考え方、そしてまた500万円という基準をどのようにして提案しているのかということでございます。これについては、まず伊万里農林高等学校が初出場であること、そしてまた伊万里市から夏の甲子園出場がこれまた初出場であるということ、そしてまた、農林高等学校はあくまでも初出場でございますけれども、春の選抜の伊万里商業高等学校、これも初出場であったこと、そういうふうなことで、そのときに500万円を補助させていただいておるわけでございますけれども、そういうふうなことをかんがみまして、今回も500万円というようなことで提案をさせていただいておるところでございます。 ○議長(前田教一)  13番高木議員。 ◆13番(高木久彦)  その500万円については、私も納得、もちろん多いほうがいいと思いますので、いいわけでございます。  もう1つ、後のほうの商業高校の関係でございますけれども、当然公費を支出したわけで、それに対するやっぱり市民の関心といいますか、総額的にどの程度集まったものか、経費は経費として当然かかるわけでございまして、その辺の収支の報告、収入、結局集まった金はどのくらいであったものか、そういう報告はあったかどうかをお尋ねしているところでございます。 ○議長(前田教一)  教育部長。 ◎教育部長(﨑田洋一郎)  再度、前回の商業高校の折の補助金の問題でございますが、先ほど申し上げましたように、補助対象経費ということで野球部員の旅費とか宿泊費、それから野球部員のユニフォーム購入費、応援団の宿泊経費等、それから応援団の入場券の購入費等といったものが対象経費と要綱の中で定めておるわけでございますが、それに対する部分については、支出が先ほど申し上げましたように3,300万円程度かかったということで報告を受けております。  支出の実績の財源としましては、補助金ということで伊万里市から500万円、高野連から120万円程度いただいたというふうなことでございました。その3,300万円の内訳の残りの寄附金として2,700万円程度いただいているというふうなことを報告いただいております。これは先ほど言いましたように、補助対象経費にかかわった分の報告でございますので、それ以外の分、費用のかかった分については私どもはつかんでいない、要らないということでございます。  以上でございます。 ○議長(前田教一)  13番高木議員。 ◆13番(高木久彦)  その点はよくわかっております。収入、いわゆる寄附金がどの程度集まったものか、そこをお尋ねしておりますので、結局前回は、もしそういう報告がなかったのであれば、今回もまたそういう報告は求めるものか、求められないものか、その辺をお尋ねしたい。  終わります。 ○議長(前田教一)  教育部長。 ◎教育部長(﨑田洋一郎)  寄附金の明細については報告はわかりません。受けておりません。ただ、今、最後のほうに御質問ありましたように、今度の場合はどうかということでございますが、今度の場合については、なるだけ内容全体を報告いただくようにお願いしようかと思っております。  以上でございます。 ○議長(前田教一)  ほかに。堀議員。 ◆14番(堀良夫)  今回の農林高校の出場について、早速、市のほうで500万円の補助というのは本当にありがたいというふうに受けとめておるところですが、先ほど来、教育部長のほうからお答えがあっておりますが、18年の伊万里商業の春の選抜、この時点では決定から1カ月間期間があったというふうに聞いております。今回は皆さん御案内のように28日に優勝戦があって、もうきょう出発ですから、5日間しかないということでの本当に初出場に加えて、慌ただしい段取りで、親農会の会長等は、もう昼飯も食べる暇がないというような状況を言われておりました。新聞にも載っておりましたように、一方、伊万里警察署のほうでは、優勝決定の明くる日には署員全員からカンパを集めて、農林高校のほうにお祝いにおいでになったということも聞いております。このような短期間での3,000万円、4,000万円かかると、2回戦をめどにしてそのくらいかかるだろうという見込みですが、そういった協力の体制、支援体制にかかわる市の補助金とは別の問題ですが、市のほうの一般の企業関係等含めて、協力要請等については、職員ももちろん協力の動きがあっているというふうに聞いておりますが、その辺についてはどのようなお考えでしょうか。 ○議長(前田教一)  教育部長。 ◎教育部長(﨑田洋一郎)  今回、出場に対する寄附金等の協力要請はどう考えているかというふうなことでございますが、これは先ほどもございましたように、18年3月の春の選抜に伊万里商業高校が出場した折に、商業高校におきましては同窓会、それから野球ОB会、PTA、それから野球部の保護者会などで組織された選抜高等学校野球大会支援委員会というのをつくられて、補助、寄附金活動をされたというふうに伺っております。  非常に今回は短い時間でございますが、そういったものが学校側で議員御承知のとおり、今、動きをされていると思っているわけでございまして、寄附については学校のほうで全面的にそういった動きをなされておるかと思います。  先ほど議員のほうからもおっしゃったように、私どもとしましても職員あたりには呼びかけて、今、寄附のお願いをしているところでございますが、市のほうから外部に対しての働きかけというか、そういったものは今のところ特別は考えてはおりません。  以上でございます。 ○議長(前田教一)  ほか。島田議員。 ◆15番(島田布弘)  このたびは佐賀県の代表として、伊万里農林高等学校が甲子園に出場されるわけでございます。選手の皆さんの本当にこの頑張り、快挙、そしてまた、その関係者の方々に衷心より御苦労等、感謝、お祝いを申し上げるところでございます。  今、るるこうして質疑があっていたわけでございますが、今度のこの甲子園出場に対して、非常に執行部としても対応が早かったと、そういうふうに思っております。選抜と違って、期間もないことは重々理解もしているわけでございますが、ただ、私どももきょうは、特別委員会で島根のほうにこれから9時から出発の予定でございましたけれども、そういうふうなこと、まだ説明も受けていないのが実情でございますが、これはこれとして理解をするわけでございます。  それで平成18年に伊万里商業が選抜で甲子園出場なされたとき、そのときに大体この市のほうから公費で何名ぐらい行かれたのか、非常にこれは私も伊万里市の代表として、名声もさらに高まりますし、宣伝効果、こういうようなことから考えれば特産物等の宣伝も、いろいろな問題を取り上げていただくので、さらにこれは伊万里市のために大きく寄与することは間違いないと、そういうふうに思っております。  そういうことで、きょうのこの予算書には、一応先ほど説明を受けました教育委員会からの3名と、また広報活動で19万4千円が計上されておりますけれども、当然これは市長も先頭に立って行っていただいて、これはもう公費で行っていただかねばならないと思いますが、18年の大会でどのくらいの公費が支出をされたのか。と申しますのも、私どもは議会としても、公職選挙法というのがございまして、寄附がもう全然できないということでございました。  そして、たまたま私がそのとき副議長を仰せつかっていたわけでございますが、そのときフェリーで行くか、バスで行くか、あるいは新幹線で行くかと3通りを、いろいろ議会の皆さんからも応援でお返しをしようということでとった経緯がございます。そのときも、議会としても非常に理解に苦しむような問題もあったわけでございます。当時の議長、もう名前を言いましょう。これは黒川通信議長、そしてまた議会事務局長、これは公費で行っているわけですね、議会を挙げて行っておるのに。議会代表だから後で返金しなさいということで大分申し上げましたけれども、多分そのままになっているんじゃないかと思います。非常に厳しい折からでございますが、支出するのはどんどんどんどんこれは伊万里の宣伝のために出されなければなりませんが、やっぱりその辺のある程度の精査はしながら、最大のこれは応援をしなければならない。市民総挙げてしなければならないと思いますので、その点、1点だけで構いませんから、18年のその公費支出、金額、どっちでもいいですけれども、何名ぐらいが、だれとだれが公費で行かれたのか、参考のためにお聞きしたいと思います。  以上です。 ○議長(前田教一)  総務部長。 ◎総務部長(江頭興宣)  市長部局についてお答えしたいと思いますが、市長、副市長と広報係の2人が公費で出張いたしております。 ○議長(前田教一)  教育部長。 ◎教育部長(﨑田洋一郎)  教育委員会関係でございますが、前回18年のときは職員も行く予定でしておりましたけれども、当時は教育長だけ出席をいたしております。職員はちょうど女子ソフトかなんかがこちらの伊万里のほうの会場で重なった関係から、職員の出席はできませんでした。したがって、教育長だけ委員会からは出席をいたしております。  以上でございます。(「いいです」と呼ぶ者あり) △日程第7 議案の討論、採決 △日程第8 閉会 ○議長(前田教一)
     ほかに。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第76号に対する質疑を終結いたします。  以上で、議案に対する質疑を終結いたします。  それでは、これより議案に対する討論、採決を行います。  議案第76号 平成21年度伊万里市一般会計補正予算(第5号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第76号については原案のとおり可決されました。  以上をもちまして、今期臨時会の日程をすべて終了いたしましたので、平成21年伊万里市議会第4回臨時会を閉会いたします。                (午前9時36分 閉会)  上記のとおり会議の次第を記録し、これを証するために署名する。   平成  年  月  日              伊万里市議会                  議 長  前 田 教 一                  議 員  島 田 布 弘                  議 員  笠 原 義 久...