伊万里市議会 > 2007-09-21 >
平成19年 9月 定例会(第3回)-09月21日−07号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2007-09-21
    平成19年 9月 定例会(第3回)-09月21日−07号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-20
    DiscussNetPremium 平成19年 9月 定例会(第3回) - 09月21日-07号 平成19年 9月 定例会(第3回) - 09月21日-07号 平成19年 9月 定例会(第3回)           平成19年伊万里市議会会議録(第3回定例会)1.日 時  平成19年9月21日 午前10時00分開会2.出席した議員    1番  前 田 教 一         13番  高 木 久 彦    2番  占 野 秀 男         14番  堀   良 夫    3番  松 尾 雅 宏         15番  島 田 布 弘    4番  多久島   繁         16番  内 山 泰 宏    5番  松 永 孝 三         17番  笠 原 義 久    6番  松 尾 博 幸         18番  前 田 儀三郎    7番  船 津 賢 次         19番  岩 橋 紀 行    8番  前 田 久 年         20番  田 中 啓 三    9番  渡 邊 英 洋         21番  福 田 喜 一    10番  草 野   譲         22番  盛   泰 子    11番  山 﨑 秀 明         23番  下 平 美 代    12番  樋 渡 雅 純         24番  浜 野 義 則3.欠席した議員    な  し4.出席した事務局職員    局長  城     武5.地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                  塚 部 芳 和    副市長                 前 田 和 人    総務部長                永 田   昇    政策経営部長              友 廣 英 久    市民部長(福祉事務所長)        山 平 邦 博    産業部長                田 中 健 志    建設部長                馬 場   繁    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道    総務部副部長(総務課長)        力 武 幸 生    政策経営部副部長                        古 瀬 義 孝    (男女協働・まちづくり課長)    企画政策課長              山 本 洋一郎    財政課長                光 田 和 夫    市民部副部長(市民課長)        田 中 恒 範    産業部副部長(商工観光課長)      山 口 宇 作    建設部副部長(都市開発課長)      浦 川 富美男    市民病院事務局事務長          岩 﨑   雅    会計管理者               田 中 直 記    水道部長(水道事業管理者職務代理者)  尾 形 洋一郎    水道部副部長(工業用水道開発室長)   吉 田 満 一    消防長                 松 永 彰 則    教育長                 岩 永 憲一良    教育部長                江 頭 興 宣1.議事日程    第1 市長提出追加議案等の一括上程    第2 市長提出追加議案等の提案理由説明    第3 市長提出追加議案等に対する質疑    第4 決議案等の提案理由説明    第5 決議案等に対する質疑    第6 決議案等の討論、採決    第7 特別委員会委員の選任    第8 議案の特別委員会付託    第9 特別委員会正副委員長の互選    第10 常任委員会報告    第11 常任委員会報告に対する質疑    第12 特別委員会中間報告    第13 特別委員会中間報告に対する質疑    第14 議案等の付議順序により討論、採決    第15 佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙    第16 閉会1.本日の会議に付した事件    日程第1 市長提出追加議案等の一括上程     議案第87号 平成18年度伊万里市一般会計決算認定について     議案第88号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定について     議案第89号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について     議案第90号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定について     議案第91号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定について     議案第92号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定について     議案第93号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定について     議案第94号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について     報告第12号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計継続費精算報告につい           て     決議案第3号 特別委員会設置に関する決議     意見書案第3号 悪質商法被害をなくすための割賦販売法改正を求める意見書の             提出について    日程第2 市長提出追加議案等の提案理由説明    日程第3 市長提出追加議案等に対する質疑    日程第4 決議案等の提案理由説明    日程第5 決議案等に対する質疑    日程第6 決議案等の討論、採決    日程第7 特別委員会委員の選任    日程第8 議案の特別委員会付託              特別委員会付託表(追加1)┌───────┬────────────────────────────────┐│委員会名   │     付託内容                       │├───────┼────────────────────────────────┤│平成18年度  │議案第87号 平成18年度伊万里市一般会計決算認定について     ││伊万里市一般 │                                ││会計及び特別 │議案第88号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定につ ││会計決算審査 │      いて                        ││特別委員会  │                                ││       │議案第89号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について ││       │                                ││       │議案第90号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定 ││       │      について                      ││       │                                ││       │議案第91号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定に ││       │      ついて                       ││       │                                ││       │議案第92号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定 ││       │      について                      ││       │                                ││       │議案第93号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定につい ││       │      て                         ││       │                                ││       │議案第94号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について │└───────┴────────────────────────────────┘    日程第9 特別委員会正副委員長の互選    日程第10 常任委員会報告    日程第11 常任委員会報告に対する質疑    日程第12 特別委員会中間報告    日程第13 特別委員会中間報告に対する質疑    日程第14 議案等の付議順序により討論、採決    日程第15 佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙    日程第16 閉会1.会議の顛末                (午前10時 開議) ○議長(前田教一)  皆さんおはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。  ここで、本日新たに市長提出追加議案8件、報告1件並びに決議案1件、意見書案1件が提出されております。この取り扱いについて議会運営委員会を開催していただくために、しばらく休憩いたします。                (午前10時2分 休憩)                (午前10時26分 再開) △日程第1 市長提出追加議案等の一括上程 △日程第2 市長提出追加議案等の提案理由説明 ○議長(前田教一)  会議を再開いたします。  休憩中に議会運営委員会を開催していただき、市長提出追加議案8件、報告1件並びに決議案1件、意見書案1件の取り扱いについて協議されました結果、本日の日程に追加上程することに決定されております。  そこで、お諮りいたします。市長提出追加議案8件、報告1件並びに決議案1件、意見書案1件の取り扱いについては、議会運営委員会の決定どおり本日の日程に追加上程いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、市長提出追加議案8件、報告1件並びに決議案1件、意見書案1件を本日の日程に追加上程いたします。  それでは、ただいま追加上程いたしました追加議案等のうち、まず市長提出追加議案第87号から第94号までの8件及び報告第12号の1件を議題といたします。  議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。 ◎市長(塚部芳和) (登壇)
     皆さんおはようございます。本日追加提出いたしました議案第87号から議案第94号までの平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計の決算議案について、その概要を御説明申し上げます。  平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計の決算につきましては、まず、一般会計決算において歳入総額が206億5,620万2,562円、歳出総額が204億9,516万4,393円で歳入歳出差し引き1億6,103万8,169円となり、翌年度へ繰り越すべき財源1,040万5,750円を差し引くと、1億5,063万2,419円の黒字決算となっております。  これは歳出において経費の節減等により不用額が生じた結果によるものであります。  次に特別会計の決算では、国民健康保険特別会計外6特別会計の歳入総額が194億85万3,985円、歳出総額が200億3,647万5,228円で、歳入歳出差し引き6億3,562万1,243円の赤字となり、さらに介護保険特別会計及び公共下水道事業特別会計において翌年度へ繰り越すべき財源423万2,300円を差し引くと、6億3,985万3,543円の赤字決算となっております。  これを会計別に見てみますと、介護保険特別会計が1億6,942万1,321円及び市営駐車場特別会計が48万1,845円の黒字決算となり、国民健康保険特別会計が6,712万8,350円、立花台地開発事業特別会計が5億2,734万1,885円、公共下水道事業特別会計が1億5,333万2,231円、農業集落排水事業特別会計が4,148万7,695円及び老人保健特別会計が1,623万4,248円の赤字決算となりました。  なお、決算内容の詳細につきましては、「歳入歳出決算事項別明細書」及び「主要な施策の成果の説明書」をあわせて提出いたしておりますので、説明を省略させていただきます。  以上、本日提出いたしました決算関係の追加議案について、その概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。 △日程第3 市長提出追加議案等に対する質疑 △日程第4 決議案等の提案理由説明 ○議長(前田教一)  市長の提案理由の説明が終わりましたので、これに対する質疑を行います。  質疑に入る前にお知らせいたします。議案第87号から第94号までの決算認定については、決算審査特別委員会を設置する予定であります。  それでは、これより市長提出追加議案等に対する質疑を行います。  まず、議案第87号 平成18年度伊万里市一般会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第87号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第88号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第88号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第89号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第89号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第90号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第90号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第91号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第91号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第92号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第92号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第93号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第93号に対する質疑を終結いたします。  次、議案第94号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、議案第94号に対する質疑を終結いたします。  次、報告第12号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計継続費精算報告について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、報告第12号に対する質疑を終結いたします。  次に、決議案第3号の1件及び意見書案第3号の1件を議題といたします。  決議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。  決議案第3号 特別委員会設置に関する決議について、22番盛議員。 ◆22番(盛泰子) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 決議案第3号               特別委員会設置に関する決議       ────────────────────────────── 提案理由  一般会計及び特別会計(企業会計を除く)決算について、特別委員会を設置して審査したいので、この案を提出する。                 (341ページ本文掲載)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田教一)  次、意見書案第3号 悪質商法被害をなくすための割賦販売法改正を求める意見書の提出について、17番笠原議員。 ◆17番(笠原義久) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 意見書案第3号     悪質商法被害をなくすための割賦販売法改正を求める意見書の提出について       ────────────────────────────── 提案理由  割賦販売いわゆるクレジットは、訪問販売などによる強引・悪質な販売方法と結びつき、深刻な被害を引き起し大きな社会問題となっている。  現在、国では被害を防止し、取引の適正化を図るため割賦販売法改正の審議が行われているが、この中においては、特に被害の集中している契約型クレジットについて、クレジット会社の過剰与信、不適正与信をなくし、被害の防止と取り引きの適正化を図る法制度を整備し、消費者が安心して利用できる制度にすることが必要である。  よって、関係機関に対して意見書を提出したいので、この案を提出する。                 (342ページ本文掲載)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ △日程第5 決議案等に対する質疑 △日程第6 決議案等の討論、採決 △日程第7 特別委員会委員の選任 ○議長(前田教一)  決議案等の提案理由の説明が終わりましたので、これに対する質疑を行います。  まず、決議案第3号 特別委員会設置に関する決議について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、決議案第3号に対する質疑を終結いたします。  次、意見書案第3号 悪質商法被害をなくすための割賦販売法改正を求める意見書の提出について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  質疑なしと認めます。よって、意見書案第3号に対する質疑を終結いたします。  ここでお諮りいたします。決議案第3号 特別委員会設置に関する決議については、平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計の決算認定の審査にかかわるものであります。直ちに採決する必要がありますので、これより討論、採決を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。  それでは、ただいまから討論、採決を行います。  決議案第3号 特別委員会設置に関する決議について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、決議案第3号は原案のとおり可決されました。  ただいま平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会が設置されましたので、委員会条例第7条の規定により特別委員の指名を行います。  特別委員の氏名を事務局長から発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(城武)  それでは、発表いたします。  松尾雅宏議員、多久島議員、松永議員、松尾博幸議員、山﨑議員、島田議員、内山議員、笠原議員、盛議員。  以上であります。 △日程第8 議案の特別委員会付託 △日程第9 特別委員会正副委員長の互選 ○議長(前田教一)  以上、9名の方を特別委員に指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました9名を平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会委員に選任することに決定いたしました。  それでは、議案の委員会付託を行います。  本日、追加提案されました市長提出追加議案第87号から第94号までの8件については、お手元に配付しております特別委員会付託表(追加1)のとおり、平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会に付託したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議ありませんので、特別委員会付託表(追加1)のとおり付託することに決定いたしました。  ここで、特別委員会の正副委員長を互選していただくため、しばらく休憩いたします。
                   (午前10時41分 休憩)                (午前11時2分 再開) △日程第10 常任委員会報告 ○議長(前田教一)  会議を再開いたします。  休憩中に特別委員会を開催していただき、正副委員長を互選していただきましたので、発表いたします。  委員長内山議員、副委員長山﨑議員、以上のとおり決定いたしました。  それでは、日程に従いまして、各常任委員会の報告を求めます。  初めに、総務委員会、笠原委員長。 ◎総務委員長(笠原義久) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                  総務委員会報告書  9月6日の本会議において付託されました、  議案第68号 伊万里市政治倫理条例の一部を改正する条例制定について  議案第69号 伊万里市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について  議案第70号 伊万里市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定について  議案第71号 伊万里市手数料条例の一部を改正する条例制定について  議案第72号 伊万里市消防団条例の一部を改正する条例制定について  議案第75号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について  議案第77号 平成19年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)についてのうち         第1条 歳 入  全 款             歳 出  第2款 総務費              〃   第9款 消防費         第2条 地方債の補正  議案第86号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について  以上諸議案審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上報告いたします。  平成19年9月21日                                総務委員会                                    委員長 笠 原 義 久 伊万里市議会 議 長  前 田 教 一 様       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田教一)  次、文教厚生委員会、岩橋委員長。 ◎文教厚生委員長(岩橋紀行) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                 文教厚生委員会報告書  9月6日の本会議において付託されました、  議案第76号 佐賀県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について  議案第77号 平成19年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)についてのうち         第1条 歳 出  第3款 民生費              〃   第4款 衛生費              〃   第10款 教育費  議案第78号 平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について  議案第79号 平成19年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第1号)について  議案第82号 平成19年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)について  以上諸議案審査の結果、次の要望を付し、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  公民館駐車場の舗装工事等、公共施設の整備については、本来市の財源で行うべきものである。寄付を財源に充てる場合においては、一定の基準を設け計画的に実施されるよう望む。  以上報告いたします。  平成19年9月21日                                文教厚生委員会                                  委員長 岩 橋 紀 行 伊万里市議会 議 長  前 田 教 一 様       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田教一)  次、産業建設委員会、前田儀三郎委員長。 ◎産業建設委員長(前田儀三郎) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                 産業建設委員会報告書  9月6日の本会議において付託されました、  議案第67号 伊万里市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例制定について  議案第73号 公有水面埋立てによってあらたに生じた土地の確認について        (波多津町辻字五本松及び字柳谷地先)  議案第74号 字の区域の変更について        (波多津町辻字五本松及び字柳谷地先)  議案第77号 平成19年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)についてのうち         第1条 歳 出  第6款 農林水産業費              〃   第7款 商工費              〃   第8款 土木費              〃   第11款 災害復旧費  議案第80号 平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について  議案第81号 平成19年度伊万里市市営駐車場特別会計補正予算(第1号)について  以上諸議案審査の結果、次の要望を付し、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  小規模土地改良事業について、他事業の活用も図られ、また予算確保の努力も認めるものの、事業費上限の縮減等がこれ以上進むことがないように要望する。  以上報告いたします。  平成19年9月21日                                産業建設委員会                                  委員長 前 田 儀三郎 伊万里市議会 議 長  前 田 教 一 様       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田教一)  以上で各常任委員会の報告が終わりましたので、しばらく休憩いたします。                (午前11時10分 休憩)                (午前11時20分 再開) △日程第11 常任委員会報告に対する質疑 △日程第12 特別委員会中間報告 △日程第13 特別委員会中間報告に対する質疑 ○議長(前田教一)  会議を再開いたします。  それでは、各常任委員会の報告に対する質疑を行います。  まず、総務委員会報告について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、文教厚生委員会報告について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、産業建設委員会報告について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  以上で、各常任委員会の報告に対する質疑を終結いたします。
     次に、特別委員会の中間報告を求めます。  まず、交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会、福田委員長。 ◎交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員長(福田喜一) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━         交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会中間報告書  平成19年第2回定例会において設置されました本委員会は、以後、9月7日に委員会を開催し、8月6日から3日間、山口県下関市及び福岡県行橋市の先進地並びに西九州自動車道の工事現場視察を行ったので、その結果について報告します。 1.交通網の整備について  西九州自動車道について、唐津伊万里道路の伊万里市域7.1㎞のうち、法線が確定している3㎞の用地買収は約80%の進捗状況にあり、新たに谷口ICのフルインター化の協議が調ったことにより今年度はこの用地調査が計画されている。また、伊万里道路については路線測量業務が実施されており、伊万里松浦道路については山代IC~長崎県境間の用地買収が計画され、伊万里西IC~山代IC間は路線測量業務に着手されている。  なお、8月30日に佐賀・長崎両県の知事・議会及び国道事務所に対し建設促進の要望活動を行ったところで、また今後も国の機関及び両県選出の国会議員に対し要望活動を展開していくこととしている。 2.港湾の整備について  臨港道路久原・瀬戸線については、本年4月、牧島側の4車線が供用開始された。  七ツ島工業団地の多目的国際コンテナターミナル整備については、-13m岸壁・2バースの整備が行われており、今年度はケーソン1函製作・3函据付が予定され平成22年度完了を予定されている。また、久原北区航路の-10m浚渫も引き続き行われており港湾機能の強化が図られている。 3.企業誘致について  本年4月から8月までに、企業訪問等による立地勧奨は延べ10社、立地企業に対するフォローアップは延べ107社への訪問が行われており、将来に期待が持てる着実な活動が行われている。  また、本年6月の「企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律」施行に基づく伊万里・武雄地区地域産業活性化協議会の基本計画が7月に国から第1号の同意を受けたところで、自動車・造船・半導体関連産業についての人材育成・技術支援や工場立地法・地方交付税の特別措置等が期待され、平成23年度までに新規立地等10件・新規雇用200人が目標とされている。 4.先進地及び工事現場視察について  (1) 山口県下関市  下関市においては、下関港の整備と企業誘致の推進について説明を受けた。  下関港は日本最大の国際フェリー基地であり、コンテナ取扱量は輸出入とも4万TEUを超えている。なお、これまでの関門航路の通過による水先案内の必要性や潮流の影響を避けるため、現在は長州出島(下関港沖合人工島)整備計画が着々と進められ、水深-12m岸壁・2バースの整備が整いつつある。  企業誘致の推進については、民間の信用調査企業に委託したマーケティング調査事業の成果及び既存企業の関連企業紹介による企業立地勧奨、国際フェリー航路の保有を活かした外資系企業誘致事業が行われており、この2年間において約400人の新たな正規雇用が生まれている。  (2) 福岡県行橋市  行橋市においては、東九州自動車道の整備及び企業誘致の推進について説明を受けた。  同市における東九州自動車道の整備は有料方式が採用されており、苅田北九州空港IC~行橋IC間の平成25年度、行橋IC~豊津IC間の平成26年度開通の協定を厳守し、さらなる早期開通を目指されている。  企業誘致の推進については、同市の電気機械器具製造業の歴史的背景及び近年の北部九州地域への自動車関連業の集積により、この2業種を中心とした第一次サプライヤー(生産工場に直接納品する協力企業)の誘致を目指し、既存の稲童工業団地の拠点化を図るとともに、即応できる大型工業団地造成の必要性が到来しているとの説明を受けた。  (3) 西九州自動車道工事現場視察  唐津伊万里道路のうち養母田トンネル及び北波多ICの工事現場視察を行い、佐賀国道事務所及び施工業者によりその説明を受けた。  県内で初めてのトンネル工事となる養母田トンネルは7月に掘削が開始され、トンネル延長729mのうち39mの施工が完了しており、貫通は来年3月初旬に予定されている。また、北波多ICも着々とその容貌を現していた。  以上報告いたします。  平成19年9月21日                       交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会                       委 員 長  福 田 喜 一     伊万里市議会 議 長  前 田 教 一 様       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田教一)  次、地域医療整備対策調査特別委員会、草野委員長。 ◎地域医療整備対策調査特別委員長(草野譲) (登壇)       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━            地域医療整備対策調査特別委員会中間報告書  平成19年第2回定例会において設置されました本委員会は、以後、8月8日、8月27日及び9月10日に委員会を開催したので、その結果について報告します。 1.新病院建設における協議等の経過について  3つの公的病院での統合を目指して、これまで社会保険庁と交渉を行ってきた社会保険浦之崎病院の譲渡問題については、現在においても見通しの立たない状況に変わりはない。この先行き不透明の中、国の審議の行方を見守っているだけでは、新病院の建設自体が遅れてしまうとの理由から、伊万里市民病院と有田共立病院の2病院での統合を先行させることとなった。  このような中で、新病院の建設については、これまで3回の建設候補地選定委員会が開催され、伊万里市民病院と有田共立病院の中間付近にあるMR夫婦石駅周辺の農地2ヶ所を候補地とすることで答申がなされた。その後、8月末には、地元住民より建設了承の回答を得て、有田町二ノ瀬地区の水田約2.5ヘクタールを建設地とすることが推進協議会会長の岩永町長により決定された。この建設地の決定理由については、国道202号と将来建設予定の県道「セラミックロード」に隣接し、MR夫婦石駅にも近いという交通の利便性が最も大きな要因とされている。  また、この建設地が決定されたことにより、できるだけ早い段階で事業主体を一部事務組合へ移したいとの考えから、建設費及び運営費の負担割合について、9月中に議論をまとめ、10月中には一部事務組合を設置したいとする推進協議会の意向が当委員会へ示されたところである。 2.新病院建設に向けて  平成21年4月の開院を目標に、これから、伊万里市と有田町の負担割合を決定し、一部事務組合を設置することとなっているが、この負担割合については、当委員会において、「重要な案件でありもっと時間をかけた慎重な議論が必要で、9月中の決定は早急すぎる。」という事や、「議会全体としてのまとめが重要であり、議員全員での情報共有と議論が必要である。」といった様々な意見が出たところである。当委員会としては、平等割、病床割、人口割、利用割など全てのパターンを基礎に議論を深め、負担割合について委員会としてある程度の見解は持ちたいと考えている。  また、来年3月までには診療科目や経営形態などを盛り込んだ基本計画が策定されることとなっている。  西部医療圏において高度医療を提供する病床数200床以上の基幹病院が期待されるところであるが、地域医療を取り巻く環境が著しく変化する中、医師確保という最大の問題をはじめ、地域の要請に合った診療科目の設定等、地域住民が将来にわたり真に安心できる医療体制を確立するためにクリアしていかなければならない課題は多い。基本計画をはじめとする今後の協議、検討においては、必ずしも目標としての開院時期に拘束されることなく、将来に禍根を残すことのないよう十分な議論を尽くしていただきたい。また、この議論の過程においては、市民の声、医療現場の声を反映させる仕組みを設けるとともに、その判断、決定に至るまでの経緯を市民に対し十分に説明していくよう努めていただきたい。なお、協議等の状況については、今後とも当委員会への速やかな報告を望む。  以上報告いたします。  平成19年9月21日                            地域医療整備対策調査特別委員会                            委 員 長  草 野   譲 伊万里市議会 議 長  前 田 教 一 様       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ○議長(前田教一)  以上で特別委員会の中間報告が終わりましたので、しばらく休憩いたします。                (午前11時35分 休憩)                (午前11時41分 再開) △日程第14 議案等の付議順序により討論、採決 △日程第15 佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙 ○議長(前田教一)  会議を再開いたします。  それでは、特別委員会の中間報告に対する質疑を行います。  まず、交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会中間報告について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次、地域医療整備対策調査特別委員会中間報告について。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  以上で各特別委員会の中間報告に対する質疑を終結いたします。  それでは、議案の付議順序に従いまして、これより討論、採決を行います。  まず、議案第67号 伊万里市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第67号については原案のとおり可決されました。  次、議案第68号 伊万里市政治倫理条例の一部を改正する条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第68号については原案のとおり可決されました。  次、議案第69号 伊万里市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第69号については原案のとおり可決されました。  次、議案第70号 伊万里市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第70号については原案のとおり可決されました。  次、議案第71号 伊万里市手数料条例の一部を改正する条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第71号については原案のとおり可決されました。  次、議案第72号 伊万里市消防団条例の一部を改正する条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第72号については原案のとおり可決されました。  次、議案第73号 公有水面埋立てによってあらたに生じた土地の確認について(波多津町辻字五本松及び字柳谷地先)。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第73号については原案のとおり可決されました。  次、議案第74号 字の区域の変更について(波多津町辻字五本松及び字柳谷地先)。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第74号については原案のとおり可決されました。  次、議案第75号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第75号については原案のとおり可決されました。  次、議案第76号 佐賀県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第76号については原案のとおり可決されました。
     次、議案第77号 平成19年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第77号については原案のとおり可決されました。  次、議案第78号 平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第78号については原案のとおり可決されました。  次、議案第79号 平成19年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第1号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第79号については原案のとおり可決されました。  次、議案第80号 平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第80号については原案のとおり可決されました。  次、議案第81号 平成19年度伊万里市市営駐車場特別会計補正予算(第1号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第81号については原案のとおり可決されました。  次、議案第82号 平成19年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第82号については原案のとおり可決されました。  次に、諮問第4号、第5号、第6号、人権擁護委員候補者の推薦については、討論を省略して、原案のとおり異議ない旨答申することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、諮問第4号、諮問第5号、諮問第6号については原案のとおり異議ない旨答申することに決定いたしました。  次、議案第86号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第86号については原案のとおり可決されました。  次に、決算認定議案であります。  議案第83号 平成18年度伊万里市水道事業特別会計決算認定について、議案第84号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計決算認定について、議案第85号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計決算認定について、議案第87号 平成18年度伊万里市一般会計決算認定について、議案第88号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定について、議案第89号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について、議案第90号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定について、議案第91号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定について、議案第92号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定について、議案第93号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定について、議案第94号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について、以上11件については、平成18年度伊万里市企業会計決算審査特別委員会並びに平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議案第83号から第85号までの3件及び議案第87号から第94号までの8件については継続審査とすることに決定いたしました。  次に、意見書案について討論、採決を行います。  意見書案第3号 悪質商法被害をなくすための割賦販売法改正を求める意見書の提出について。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、意見書案第3号については原案のとおり可決されました。  なお、ただいま可決されました意見書については、それぞれの関係機関に送付することにいたします。  次に、お手元に配付しておりますとおり、各常任委員会並びに交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会、地域医療整備対策調査特別委員会から会議規則第65条の規定により、継続審査の申し出がなされております。  そこで、お諮りいたします。  各委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、各委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。  次に、佐賀県西部広域環境組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定いたしました。  お諮りいたします。  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定いたします。  それでは、指名いたします。佐賀県西部広域環境組合議会議員に、占野議員、岩橋議員、前田副市長、以上の方を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしました3名の方を佐賀県西部広域環境組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、ただいま議長において指名いたしました占野議員、岩橋議員、前田副市長、以上の方が佐賀県西部広域環境組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました占野議員、岩橋議員、前田副市長が議場におられますので、本席から、会議規則第30条第2項の規定により当選の告知をいたします。  ここで、議員派遣の件について、会議規則第109条の規定により、お諮りいたします。  ただいまお手元に配付させました議員派遣の件のとおり派遣することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、お手元に配付しております議員派遣の件のとおり(発言する者あり)御異議なしと(「議長」と呼ぶ者あり)15番。 ◆15番(島田布弘)  今、議員派遣とは、大連市のほうのプリントですね。これはちょっと一言私も申し上げたいと思います。  このたび執行部の要請から3名ほど大連のほうに出席要請がなされたと、ただいま聞いております。伊万里市としても、この大連とは今までにも非常に日中友好初め今まで実績もあり、物心両面について非常に歴史もあるわけでございまして、私も数年前建設委員長のときに、議長、市長あたりと同行で出席をさせていただきました。非常にこれは意義も深いものであると承知をしているところでございます。  しかしながら、このたび議長、副議長ほか議会から3名の要請がある。それを名指しをされて指名をされたのか、この議長、副議長といえば、閉会中ではあっても6万市民のナンバーワン、ナンバーツーの要職、重要な役割を担う立場だろうと思うわけでございます。そういうことからして、この出席要請の議長、副議長、合わせて3名の出席に対して、もう少し配慮がなされるべきだろうと私は思います。この空白、3泊4日の海外への出張で空白ということは不慮の事態に備えても、これは何があるかわからない状況でございまして、この辺はもう少し、今の状態で市民の理解が得られるか、良識ある適切な判断をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いをいたしまして、私終わります。 △日程第16 閉会 ○議長(前田教一)  ただいまのは御意見ということで、今後に資することといたします。  ほか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、お手元に配付いたしております議員派遣の件のとおり派遣することに決定いたしました。  以上をもちまして、今期定例会の日程をすべて終了いたしましたので、平成19年伊万里市議会第3回定例会を閉会いたします。                 (午前11時55分 閉会)  上記のとおり会議の次第を記録し、これを証するために署名する。   平成  年  月  日              伊万里市議会                  議 長  前 田 教 一                  議 員  渡 邊 英 洋                  議 員  草 野   譲               特別委員会設置に関する決議                      平成18年度伊万里市水道事業、工業用水道事業及び国民健康保険病院事業特別会計決算審査のため、地方自治法第110条及び伊万里市議会委員会条例第6条の規定により、下記のとおり特別委員会を設置するものとする。                   記                    1.名  称  平成18年度伊万里市企業会計決算審査特別委員会2.委 員 数  9名3.期  間  設置の日から審査終了の日まで              特別委員会設置に関する決議                      平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計(企業会計を除く)決算審査のため、地方自治法第110条及び伊万里市議会委員会条例第6条の規定により、下記のとおり特別委員会を設置するものとする。                   記                    1.名 称  平成18年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会2.委員数  9名3.期 間  設置の日から審査終了の日まで   悪質商法被害をなくすための割賦販売法改正を求める意見書 クレジット(割賦販売)は、代金後払いで商品が購入できる利便性によって消費者に広く普及し、現代社会では欠かせないものになっています。 クレジットは大きく分けると「カード型クレジット」と「契約書型クレジット」がありますが、この「契約書型クレジット」が、訪問販売などによる強引・悪質な販売方法と結びつき、高額かつ深刻な被害を引き起こし、大きな社会問題となっています。 年金暮らしの高齢者に対し、支払い能力を超えるリフォーム工事、呉服等の販売が繰り返されたり、年齢、性別を問わずマルチ商法、内職商法その他の詐欺的商法の被害が絶えません。 このような被害のほとんどは、契約書型クレジットの構造的問題とクレジット会社のずさんな与信審査が大きな原因となっています。 悪質商法をなくすためには、クレジットの過剰与信、不適正与信をなくすことが必要です。 経済産業省では、このような深刻な被害を防止するため、平成19年2月から、取引適正化に向けて割賦販売法の改正に関する審議を進めており、本年秋には法改正の方向性が示される見込みです。 今回の改正では、被害の集中している契約書型に焦点を絞り、クレジット会社の責任において、被害の防止と取引適正化を実現する法制度を整備し、消費者が安心して利用できるクレジット制度にすることが必要です。 よって、国会及び政府におかれましては、割賦販売法改正にあたっては、次の事項を実現されるよう強く要請いたします。1 実効的な過剰与信防止規定 顧客の支払い能力を超えるクレジット契約(過与信)ができないように、クレジット会社に対して実効性のある制限を設けること。2 不適正与信防止義務と既払金返還責任 クレジット会社には、悪質商法にクレジットが使われないようにする義務と支払った代金の返還について販売業者と同じ責任を持たせること。3 契約書型クレジットへの開業規制 契約書型のクレジット業者にも登録制などの規制を設けること。 以上地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成19年9月21日                        伊万里市議会 衆議院議長   河野洋平 様 参議院議長   江田五月 様 内閣総理大臣  安倍晋三 様 経済産業大臣  甘利 明 様...