伊万里市議会 > 2003-05-13 >
平成15年 5月 臨時会(第1回)-05月13日−01号

ツイート シェア
  1. 伊万里市議会 2003-05-13
    平成15年 5月 臨時会(第1回)-05月13日−01号


    取得元: 伊万里市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-20
    DiscussNetPremium 平成15年 5月 臨時会(第1回) - 05月13日-01号 平成15年 5月 臨時会(第1回) - 05月13日-01号 平成15年 5月 臨時会(第1回)           平成15年伊万里市議会会議録(第1回臨時会)1 日 時  平成15年5月13日 午前10時00分開会2 出席した議員    1番  黒 川 通 信         15番  前 田 儀三郎    2番  岩 橋 紀 行         16番  笠 原 義 久    3番  山 﨑 秀 明         17番  島 田 布 弘    4番  草 野   譲         18番  内 山 泰 宏    5番  山 田   悟         19番  占 野 秀 男    6番  樋 渡 雅 純         20番  盛   泰 子    7番  渡 邊 英 洋         21番  樋 渡 伊 助    8番  前 田 久 年         22番  原 口   弘    9番  貞 方 喜 延         23番  田 中 啓 三    10番  川 内   学         24番  岩 本 盛 房    11番  堀   良 夫         25番  満 江 洋 介    12番  高 木 久 彦         26番  福 田 喜 一    13番  前 田 教 一         27番  下 平 美 代    14番  岡 口 重 文         28番  浜 野 義 則3 欠席した議員    な  し4 出席した事務局職員    局長 田 中 健 志5 地方自治法第121条による出席者の職氏名    市長                  塚 部 芳 和    助役                  前 田 和 人    収入役                 吉 富 常 彦    総務部長                永 田   昇    政策経営部長              友 廣 英 久    市民部長(福祉事務所長)        永 峰 保 馬    産業部長                吉 富 忠 士    建設部長                小笠原 康 人    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣    政策経営部副部長(財政課長)      山 平 邦 博    企画政策課長              山 本 洋一郎    市民部副部長(人権・同和対策課長)   田 中 直 記    市民部副部長(市民課長)        尾 形 洋一郎    産業部副部長(企業誘致推進課長)    中 島 善 博    建設部副部長(建設課長)        副 島 秀 雄    市民病院事務長             米 田 秀 次    水道事業管理者職務代理者         水道部長                南   和 夫    水道部副部長(工業用水道課長)     西 田   武    消防長                 川 原 清 春    教育長                 前 田 和 茂    教育部長                城     武1 議事日程(第1号) 第1 市長の臨時会招集理由説明及び挨拶 第2 臨時議長の紹介 第3 開会宣告 第4 仮議席の指定 第5 議長の選挙2 議事日程(第1号)(その2) 第1 副議長の選挙 第2 議席の指定 第3 会議録署名議員の指名 第4 会期の決定 第5 常任委員会委員の選任 第6 議会運営委員会委員の選任 第7 伊万里・北松地域広域市町村圏組合議会議員の選挙(1名) 第8 伊万里・有田地区特別養護老人ホーム組合議会議員の選挙(4名) 第9 伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙(8名) 第10 散会1 本日の会議に付した事件 日程第1 市長の臨時会招集理由説明及び挨拶 日程第2 臨時議長の紹介 日程第3 開会宣告 日程第4 仮議席の指定 日程第5 議長の選挙    (その2) 日程第1 副議長の選挙 日程第2 議席の指定 日程第3 会議録署名議員の指名 日程第4 会期の決定┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤│ │13│火│本会議│   (議事日程のとおり)           │    ││5├─┼─┼───┼────────────────────────┤午前10時││ │14│水│本会議│   (議事日程のとおり)           │    │└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘ 日程第5 常任委員会委員の選任 日程第6 議会運営委員会委員の選任 日程第7 伊万里・北松地域広域市町村圏組合議会議員の選挙(1名) 日程第8 伊万里・有田地区特別養護老人ホーム組合議会議員の選挙(4名) 日程第9 伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙(8名) 日程第10 散会 1.会議の顛末                 (午前10時 開会) △日程第1 市長の臨時会招集理由説明及び挨拶 ◎議会事務局長(田中健志)  おはようございます。本会議が開かれます前に、塚部市長から今期臨時会の招集理由の説明とごあいさつがなされます。塚部市長、お願いいたします。 ◎市長(塚部芳和) (登壇)  皆さんおはようございます。平成15年伊万里市議会第1回臨時会の開会に当たりまして、4月27日に行われました市議会議員選挙後の議員皆様の今任期における初議会でありますので、お祝いを兼ね、ごあいさつを申し上げます。  まずもって議員皆様におかれましては、御当選まことにおめでとうございます。市民の期待を背に、めでたく御当選されましたことに心からお喜びを申し上げる次第でございます。  伊万里市は市制施行以来、間もなく50年を迎えようとしておりますが、この間、伊万里湾の開発を初め、産業基盤や都市基盤の整備、教育や福祉の充実など市政全般にわたり堅実な発展を遂げてまいりましたことは、市議会の諸先輩各位の御協力によるものであります。このたび御当選されました議員の皆様におかれましても、市民福祉のさらなる向上と市政発展のため、格別の御指導と御協力を賜りますようお願いを申し上げます。  さて、本市の平成15年度における市政の方針につきましては、3月の第1回定例会で御説明申し上げましたところでございますが、再度この機会に今年度の施策の対応について申し述べたいと思います。  私は昨年4月に市長に就任させていただいて以来、さわやか市政を提唱し、市民と同じ目線に立った、市民本位、成果重視の自治体経営に邁進してまいりました。現在、国においてはさまざまな分野において構造的な改革が推進されており、特に地方分権改革においては税源配分等について見直しが進められているとともに、市町村合併が積極的に推進されるなど、真の地方分権の実現を目指した自主的、自立的な行財政運営を地方に対し強く求めております。しかしながら、税財源に乏しい多くの地方自治体の財政は危機的な状況にあり、本市においても例外ではなく、この極めて厳しい状況を乗り切るため、住民ニーズや課題の把握に努め、取り組む事業を厳選し、重点的に実施するとともに、民間でできるものは民間にゆだねるなど、簡素で効率的な自治体を構築していかなければなりません。  今日、本市においては少子・高齢化や人口の減少、地域経済の停滞、財政の硬直化など、政策課題が山積しており、それぞれの課題がすぐに解決できるものではございませんが、私は決して課題解決を先送りすることなく、個性豊かで魅力ある地域の創造に努めてまいる覚悟でございます。  初めに、市政運営に関する基本的な考えを申し上げましたが、私は21世紀を開く交流と創造の市民都市の実現を目指し、安心、活力、発展の三つの視点をもとに各政策分野において施策を展開してまいります。  その一つは、安心の伊万里市づくりであります。  今日における本市の重要課題であります少子・高齢化への対応として、子供を安心して産み育てることのできる社会環境の整備を推進するとともに、高齢者に対しては新たな老人保健福祉計画をもとに基幹型在宅介護支援センターを設置し、関係機関との連携により、多様なサービスを総合的に調整し提供するなど、高齢者の保健福祉の充実に努めてまいります。  また、多様化、高度化する市民の医療ニーズへの対応を検討するため、地域医療対策懇話会において本市における地域医療の将来像を描くとともに、健康診断や保健指導の充実に加え、予防事業への取り組みを強化するなど、保健サービスの向上に努めてまいります。
     一方、近々の課題として、5月24日からの一時休診を余儀なくされている市民病院小児科については、一日も早い診療の再開に努めます。  さらに、近年の情報技術の高度化により、個人情報の乱用やプライバシーの侵害といった危険性が増大していることから、個人情報保護条例の適正な運用により、個人情報の保護に努めてまいります。  このほかハザードマップの作成や新田川の改修などによる防災対策を初め、交通安全施設の整備、資源リサイクルの工場や下水道等の整備など、安全で豊かな自然と共生した潤いと安らぎのある生活環境の整備を進めてまいります。  二つ目は、活力のある伊万里づくりであります。  長引く景気の低迷や社会構造の急激な変化などによる将来に対する不安から、市民生活に閉塞感が漂いつつある中、今こそあすに夢が持てる活力を沸き起こさせる元気な産業の育成を図るなど、豊かな地域社会を築いていかなければなりません。基幹産業である農業については、さらなる効率化やブランド化、販売戦略の見直しなどにより、安定した農業経営の確立を急ぐとともに、伝統産業である窯業については、観光と結びつけた事業の展開や中心市街地の活性化については、固有の歴史や地域資源を活用したまちづくりによって、商店街への集客が図られないか検討を進めてまいります。  また、厳しい経済環境ではありますが、地域の活力を高めるため、地場企業の育成とともに、企業誘致に積極的に取り組み、若者が伊万里に定着できる働く場所の確保に努めてまいります。  このほか個性ある人材の育成やコミュニティー、ボランティア活動の活性化など、各分野において活力を創造する施策を展開し、市民一人一人が生き生きと豊かな生活が送られる地域社会の形成に努めてまいります。  三つ目は、発展の伊万里づくりであります。  21世紀において豊かな地域を築くためには、市町村合併により強固な行政基盤を構築する必要があります。このため、有田町、西有田町とともに設置しております任意合併協議会において議論を深めるとともに、新市の将来構想など、市民にわかりやすい情報の提供を行うなど、合併の是非を初めとした合併に関する市民の意識の高揚に努めてまいります。  一方、本市が発展していくための最大の地域資源は伊万里湾であります。現在、コンテナ貨物を中心に国際物流港としての地位を築きつつあり、臨海部においては伊万里湾大橋の開通を初め、我が国を代表するような優良企業の誘致も進んでおりますので、引き続き中国等との新規航路の開設や港湾機能の拡充とあわせ、西九州自動車道などの基幹交通網の整備を促進し、伊万里湾を魅力ある人、物、情報の交流拠点として発展させていきたいと考えております。  さらに、佐賀大学の海洋エネルギー研究センターを核として、構造改革特区としての指定を初め、関連する研究機関や企業の集積による地的基盤の形成を佐賀大学や地域振興整備公団、佐賀県等と連携し推進をしてまいります。  このほか都市ブランドの構築として、歴史に根ざした文化や伝統など、隠れた地域資源を見直し魅力を引き出すとともに、積極的に情報を発信するなど、最大限に活用することで、一度は訪れたいと思われる都市として市民が誇りを持てる品格ある都市としての伊万里ブランドの確立を目指してまいります。  また、自治体を経営するという観点から、行政評価を中心に民間企業の経営理念や経営手法を導入した行政マネジメントシステムを構築し、効率的な行財政運営を推進するなど、自立した地域として21世紀において持続的に発展していくための礎を築いてまいります。  以上、私のまちづくりの基本的な考え方を御説明申し上げましたが、本市の財政状況は長引く景気の低迷により、歳入の根幹をなす市税収入の大幅な落ち込みや地方交付税の減少が見込まれるなど、極めて厳しい状況にあり、この難局を乗り越え、将来にわたり財政の健全性を確保していくためには、低成長、右肩下がりの時代に対応した行財政構造に早急に転換していかなければなりません。市政運営に当たっては、重要性や緊急度を考慮し、実施する事業を厳選する必要があり、少なからず市民生活への影響も伴いますが、市民との協同をさらに推進し、職員はもとより、市民の皆さんと一丸となってすべての英知を結集し、伊万里で暮らしたい、暮らしてよかったと思える魅力あるまちづくりを進めてまいります。  どうか議員の皆様におかれましては、市政に対し忌憚のない御意見を賜り、市政発展のため格段の御指導、御協力を賜りますよう、重ねてお願いを申し上げまして、臨時会の開会に当たり、御当選のお祝いを兼ね、私のあいさつとさせていただきます。  どうもありがとうございました。 △日程第2 臨時議長の紹介 ◎議会事務局長(田中健志)  それでは、ここで臨時議長の紹介をさせていただきます。  今期臨時会は、一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されますまでは地方自治法第 107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。出席議員中、下平議員が年長の議員でありますので、御紹介申し上げます。  下平議員、議長席へ着席ください。     〔下平議員議長席に着く〕 △日程第3 開会宣告 ○臨時議長(下平美代)  皆さんおはようございます。ただいま紹介がありました下平美代でございます。臨時議長の職務を務めさせていただきますので、何とぞよろしくお願いいたします。  定刻定足数に達しておりますので、ただいまから平成15年伊万里市議会第1回臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。 △日程第4 仮議席の指定  ここで仮議席を指定いたします。仮議席は、ただいま御着席の議席を指定いたします。したがいまして、発言を求める場合は、各議員は議席番号を告げ、発言の指名を受けてから行っていただきますようお願いいたします。  18番盛議員。 ◆18番(盛泰子)  ここで休憩をとっていただきたいと動議を申し上げたいと思います。  本日の日程の中に議長の選挙がございますけれども、やはりそのことに当たりましては、4年前のこの場面でも申し上げたことですけれども、議長を志す方の所信を明らかにしていただく必要があると思うからです。  これまでは全員協議会の場で行われてきましたが、私は市長以下、執行部の皆さんもいらっしゃる本会議場で本当はしてほしいと強く思っております。しかし、平成3年、1991年5月の臨時会の折に、江頭議員の提案に対して、当時の川本事務局長がおっしゃっていますように、それはちょっとかなわないようでございますから、今回は譲るといたしましても、執行部の皆さんへも公開の形でぜひそれをしていただきたいと思います。  また、もう一点、本日は人事のみが議題ですので、執行部の皆さんへ出席要請を解除することも協議していただきたいと思います。地方自治法第 121条の趣旨からしても、本日は説明を要する案件はないわけですから、お互いの時間を有効に使うためにも、先日、佐賀市議会がなされたように、新たな方法が検討できないかと思います。  以上、2点について協議するための休憩をお願いいたしたく動議といたします。  以上です。 ○臨時議長(下平美代)  ただいま盛議員から休憩の動議が提出されました。  休憩動議に賛成の方の挙手を求めます。     〔賛成者挙手〕  この動議は所定の賛成者がありますので、成立いたしました。  それでは、休憩の動議を議題として採決します。採決は起立で行います。  この動議に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕  起立多数であります。よって、休憩することの動議は可決されました。  それでは、しばらく休憩いたします。                (午前10時16分 休憩)                (午前11時30分 再開) △日程第5 議長の選挙 ○臨時議長(下平美代)  会議を再開いたします。  これより議長選挙を行います。  ここでお諮りいたします。御承知のとおり議会における選挙の方法には、地方自治法第  118条の規定により単記無記名投票の方法と指名推選の方法がございます。したがいまして、いずれの方法により選挙するかお諮りいたします。  18番。 ◆18番(盛泰子)  単記無記名投票の方法でお願いいたしたいと思います。 ○臨時議長(下平美代)  ただいま投票という発言があっておりますが、投票の方法によることで御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議ありませんので、投票による方法で議長の選挙を行います。  準備をさせますので、しばらくお待ちください。  ただいまから議長の選挙を行います。  選挙は投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。     〔議場閉鎖〕  ただいまの出席議員数は28人であります。投票用紙を配付させます。     〔投票用紙配付〕  投票用紙の配付漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。     〔投票箱点検〕  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名1名を記載所で記載の上、1番議員から順次投票をお願いします。  なお、同姓議員がいる場合の氏だけの記載は無効票となります。  それでは、投票を始めてください。     〔投  票〕  投票漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。     〔議場開鎖〕  開票を行います。  お諮りいたします。会議規則第29条第2項の規定により、立会人に3番山田議員、13番前田儀三郎議員、23番岩本議員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  異議なしと認めます。よって、山田議員、前田儀三郎議員、岩本議員を指名いたします。  それでは、立会人の立会をお願いいたします。     〔開  票〕  それでは、選挙の結果を報告いたします。  投票総数28票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。  そのうち、   有効投票28票   無効投票0票  有効投票中、   黒川議員16票   田中議員12票  以上のとおりであります。
     この選挙の法定得票数は7票であります。よって、黒川議員が議長に当選されました。  ただいま議長に当選されました黒川議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により、当選の告知をいたします。  黒川議員、議長の当選承諾及びあいさつをお願いします。演壇席にどうぞ。 ○議長(黒川通信) (登壇)  一言ごあいさつを申し上げたいと思います。  先ほど議長選の投票の結果、浅学非才な私が議長として当選、また臨時議長より告知を受けました。非常に緊張感のもとに、私自身両肩に議会に対する責任の重さ、これを痛感しているのがただいまの心境でございます。  今日、2003年、21世紀の初頭において、国、県、市も混迷する経済、あるいは社会情勢の中において、今後我々が愛するこの伊万里市がどう方向を持っていくのか、このことにつきましても、市長、あるいは執行部の方針、それに対しまして議会での定例会、それぞれの場において私たちの市民から負託を受けた責任の重大さを重んじながら、今後、議会を運営していく次第でございます。  そういう中で、市民の立場に立った、広めた深い議論ができるかどうか、あるいは市民の負託にこたえて、その議論を深め、広めて、そして、我々が切磋琢磨しながら、この21世紀初頭の伊万里市の行く末を我々は責任を持って遂行していかなければなりません。  そういう中で、案内のように、市町村合併が重要な課題になっております。あるいはまた、市の行政におきましても、伊万里湾開発を中心にして、いよいよ芽吹くときの伊万里市がやってまいりました。昔の均衡ある発展から特色ある地方の発展に政府も切りかえているのが現況でございます。私たちは議会として、唐津、あるいは武雄、佐世保と地域間の競争に打ち勝っていかねばなりません。そういう中で、私たちがいかに議論をして、そしてやっていくか。私、議長といたしまして、今後、議会の活発な、あるいはまた、議会の改革を続けながら、市民の負託にこたえていきたい。しかしながら、これには議員諸公の格別な御協力と御支援を高いところからでございますが、よろしく申し上げたい、このように思っております。  議会運営につきましても、投票でございましたけれども、透明性のある公正な、そして誠を通す、信なくば立たず、そういう形で私たちは一緒になって市民の社会福祉向上のために手を取り合って頑張っていきたい、そういう所存でございます。  どうか議員の皆様、私に対しましても御協力、御協調をお願い申し上げ、そして執行部とも車の両輪となって、あるいは場合によっては、近からず、遠からずの議会の立場として議論を深めようじゃございませんか。どうか皆さん方の御支援、御協力を、また執行部の皆さん方の御支援を得ながら、私の議長就任受諾のごあいさつと御礼にかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手) ○臨時議長(下平美代)  おかげさまで無事に私の任務は終わりましたので、退席させていただきます。  御協力ありがとうございました。(拍手)     〔臨時議長、議長と交代〕 ○議長(黒川通信)  それでは、次の日程に入ります前に、ここでしばらく休憩いたします。                (午前11時53分 休憩)                (午後2時30分 再開) △日程第1 副議長の選挙 ○議長(黒川通信)  会議を再開いたします。  それでは、日程の順序に従いまして、日程第1の副議長の選挙を行います。  ここでお諮りいたします。御承知のとおり議会における選挙の方法には、地方自治法第  118条の規定により単記無記名投票の方法と指名推選の方法があります。したがいまして、いずれの方法により選挙するかお諮りいたします。18番。 ◆18番(盛泰子)  単記無記名投票でお願いいたします。 ○議長(黒川通信)  ただいま投票という発言があっておりますが、投票の方法によることで御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議ありませんので、投票による方法で副議長の選挙を行います。  準備をいたさせますので、しばらくお待ちください。  ただいまから副議長の選挙を行います。選挙は投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。     〔議場閉鎖〕  ただいまの出席議員数は28人であります。投票用紙を配付させます。     〔投票用紙配付〕  投票用紙の配付漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。     〔投票箱点検〕  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名1名を記載所で記載の上、1番議員から順次投票をお願いします。  なお、同姓議員がいる場合の氏だけの記載は無効票となります。  それでは、投票を始めてください。どうぞ。     〔投  票〕  投票漏れはありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。     〔議場開鎖〕  開票を行います。  お諮りいたします。会議規則第29条第2項の規定により、立会人に4番樋渡雅純議員、14番笠原議員、24番満江議員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、4番樋渡雅純議員、14番笠原議員、24番満江議員を指名いたします。  それでは、立会人の立会をお願いいたします。     〔開  票〕  それでは、選挙結果の報告をいたします。  投票総数28票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。  そのうち、   有効投票27票   無効投票1票  有効投票中、   岩橋議員11票   福田議員8票   前田教一議員7票   下平議員1票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は7票であります。よって、岩橋議員が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました岩橋議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により、当選の告知をいたします。  岩橋議員、副議長の当選承諾及びあいさつをお願いします。演壇席にどうぞ。 ○副議長(岩橋紀行) (登壇)  ただいま名誉ある副議長ということで、皆さんの御理解を得まして当選させていただきまして、本当にありがとうございました。  先ほど私、全協の場で私の心情を申し上げました。執行部と議会、いわゆる行政と立法の立場で政治のあり方を考えていきたいということを皆さん方に申し上げたと思います。行政においては、市民本位の地方分権の確立ということでございますし、立法においては、市民一人一人の日々の満足度を信条としていきたいと思いますということを申し上げました。このことを自分に課して、これから伊万里市議会の発展のために、そして、議長とともに皆さんとともに、この伊万里市議会が発展するように一生懸命頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。  どうもありがとうございました。(拍手) △日程第2 議席の指定 ○議長(黒川通信)  次に、日程第2.議席の指定を行います。  議員の議席は、会議規則第4条で、一般選挙後、最初の会議において議長がくじで定めることになっておりますが、従来からの申し合わせにより、議席は1番を議長、2番を副議長とし、以下、在職期間が短い議員から順次指定するものとし、在職期間が同じ者については抽せんで定めるものとされております。今回の場合もそのように指定したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、指定する議席を事務局長に発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(田中健志)  それでは、御報告申し上げます。  1番黒川議員、2番岩橋議員、3番山﨑議員、4番草野議員、5番山田議員、6番樋渡  雅純議員、7番渡邊議員、8番前田久年議員、9番貞方議員、10番川内議員、11番堀議員、12番高木議員、13番前田教一議員、14番岡口議員、15番前田儀三郎議員、16番笠原議員、  17番島田議員、18番内山議員、19番占野議員、20番盛議員、21番樋渡伊助議員、22番原口議員、23番田中議員、24番岩本議員、25番満江議員、26番福田議員、27番下平議員、28番浜野議員。  以上でございます。 △日程第3 会議録署名議員の指名 △日程第4 会期の決定 △日程第5 常任委員会委員の選任 ○議長(黒川通信)  以上、議会事務局長が発表しましたとおり議席の指定を行います。  それでは、恐れ入りますが、議席名札を抜き取り、指定の議席へ移っていただきますようお願いいたします。     〔議 席 移 動〕  これより発言を求められる場合は、ただいま御着席の議席番号を告げ、発言していただきますようお願いいたします。  それでは、日程第3.会議録署名議員の指名を行います  会議規則第 108条の規定により、3番山﨑議員、4番樋渡雅純議員(16ページで訂正)を指名いたします。両名の方、よろしくお願いいたします。  次に、日程第4.会期の決定を議題とします。
     今期臨時会の会期は、5月6日の全員協議会の決定どおり、本日より明日14日までの2日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日より14日までの2日間と決定いたしました。(発言する者あり)  失礼いたしました。先ほど、会議録署名議員の指名で、4番樋渡雅純議員と申し上げましたが、4番草野議員に訂正し、指名いたします。草野議員よろしくお願いいたします。  次に、日程第5.常任委員会委員の選任を行います。  常任委員会の委員の定数は、伊万里市議会委員会条例第2条の規定により、総務委員会7人、文教厚生委員会7人、産業経済委員会7人、建設委員会7人となっており、委員は委員会条例第7条の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。  なお、委員会条例第3条の規定により、常任委員の任期は2年であります。各委員を選考するため、しばらく休憩いたします。                (午後2時55分 休憩)                (午後4時35分 再開) ○議長(黒川通信)  会議を再開いたします。  ここであらかじめ時間を延長しておきます。  しばらく休憩いたします。                (午後4時36分 休憩)                (午後5時15分 再開) ○議長(黒川通信)  会議を再開いたします。  それでは、ただいまから各常任委員会の委員を事務局長から発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(田中健志)  それでは、発表いたします。  〔総務委員会委員〕黒川議員、山﨑議員、草野議員、渡邊議員、前田教一議員、占野議員、盛議員。  以上であります。  〔文教厚生委員会委員〕岩橋議員、樋渡雅純議員、前田儀三郎議員、笠原議員、内山議員、満江議員、下平議員。  以上でございます。  〔産業経済委員会委員〕前田久年議員、川内議員、岡口議員、樋渡伊助議員、原口議員、田中議員、福田議員。  以上であります。  〔建設委員会委員〕山田議員、貞方議員、堀議員、高木議員、島田議員、岩本議員、浜野議員。  以上でございます。 ○議長(黒川通信)  以上、事務局長の発表どおり選任し、委員会条例第7条の規定により指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、常任委員会委員は発表のとおり決定いたします。  常任委員会の編成が終わりましたので、直ちに各常任委員会を開催していただき、それぞれ正副委員長の互選をお願いいたします。  それでは、ここでしばらく休憩いたします。                (午後5時17分 休憩)                (午後6時35分 再開) △日程第6 議会運営委員会委員の選任 ○議長(黒川通信)  会議を再開いたします。  それでは、各常任委員会の委員長及び副委員長の互選結果を報告いたします。  総務委員会委員長・前田教一議員、副委員長・占野議員。  文教厚生委員会委員長・内山議員、副委員長・前田儀三郎議員。  産業経済委員会委員長・岡口議員、副委員長・川内議員。  建設委員会委員長・島田議員、副委員長・堀議員。  以上のとおりであります。  次に、日程第6.議会運営委員会委員の選任を行います。  各常任委員会より選任いただいておりますので、委員の氏名を事務局長に発表させます。議会事務局長。 ◎議会事務局長(田中健志)  発表いたします。  樋渡雅純議員、渡邊議員、貞方議員、高木議員、盛議員、樋渡伊助議員、田中議員、満江議員。  以上でございます。 ○議長(黒川通信)  ただいま事務局長から発表しましたとおり、委員会条例第7条の規定により指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員は発表のとおり決定いたします。  それでは、正副委員長を互選していただくため、しばらく休憩いたします。                (午後6時37分 休憩)                (午後7時5分 再開) △日程第7 伊万里・北松地域広域市町村圏組合議会議員の選挙 △日程第8 伊万里・有田地区特別養護老人ホーム組合議会議員の選挙 △日程第9 伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙 ○議長(黒川通信)  会議を再開いたします。  休憩中に議会運営委員会の正副委員長を互選していただきましたので、その結果を報告いたします。  議会運営委員会委員長・田中議員、副委員長・盛議員。  以上のとおりであります。  ここでお諮りいたします。ただいま議会運営委員会が構成されましたが、議会運営に関する会期、議事日程、議案の取り扱い等の事務調査については、必要の都度、閉会中においても審査することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会は閉会中においても、必要の都度、議会運営に関する事務調査について審査することに決定いたしました。  次に、日程第7.伊万里・北松地域広域市町村圏組合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。指名については議長から指名をいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。指名については従来からの先例により、議長を推薦することになっており、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。それでは、私がお引き受けいたします。まことにありがとうございました。  次に、日程第8.伊万里・有田地区特別養護老人ホーム組合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。指名については議長から指名いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。それでは、議長から指名いたします。  草野議員、下平議員、福田議員、岩本議員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。以上4名の方が伊万里・有田地区特別養護老人ホーム組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました草野議員、下平議員、福田議員、岩本議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により当選の告知をいたします。  次に、日程第9.伊万里・有田地区衛生組合議会議員の選挙を行います。  選挙の方法については、指名推選によりいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。指名については議長から指名をいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。それでは、議長から指名いたします。  黒川議員、山﨑議員、笠原議員、満江議員、樋渡伊助議員、田中議員、高木議員、浜野議員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  御異議なしと認めます。以上8名の方が伊万里・有田地区衛生組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました黒川議員、山﨑議員、笠原議員、満江議員、樋渡伊助議員、田中議員、高木議員、浜野議員が議場におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により、当選の告知をいたします。  以上で本日の日程をすべて終了いたしましたので、これをもちまして散会いたします。                (午後7時9分 散会)
    ...