運営者 Bitlet 姉妹サービス
いの町議会 > 2014-03-03 >
いの町議会 平成26年第1回( 3月)定例会-03月03日−01号
いの町議会 平成26年第1回( 3月)定例会-03月03日−01号

いの町議会 2014-03-03
いの町議会 平成26年第1回( 3月)定例会-03月03日−01号


取得元: いの町議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. DiscussNetPremium いの町議会 平成26年第1回( 3月)定例会 - 03月03日-01号 いの町議会 平成26年第1回( 3月)定例会 - 03月03日-01号 いの町議会 平成26年第1回( 3月)定例会            平成26年第1回いの町定例会会議録 招集年月日  平成26年3月3日(月曜日) 場   所  い の 町 議 事 堂 出席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名1番高  橋  幸 十 郎11番伊  東  尚  毅2番森  田  千 鶴 子12番尾  崎  敏  明3番森     幹  夫13番岡  田  竜  平4番片  岡  聖  盛14番筒  井  公  二5番大  原  孝  弘17番井  上  正  臣6番森  本  節  子18番森  木  昭  雄7番山  崎  き  よ19番土  居  豊  榮8番山  岡     勉20番井  上  敏  雄9番久  武  啓  士  10番池  沢  紀  子   欠席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名15番筒  井  一  水  16番筒  井  幹  夫           事務職員出席者 事務局長山  中  貴  恵書記山  崎  康  正 説明のため出席した者 町  長塩  田     始副 町 長筒  井  正  典教 育 長藤  岡  孝  雄 吾北総合支所長市  川  賢  仁環境課長久  松  隆  雄本川総合支所長堀  地     正上下水道課長和  食  龍  男会計管理者壬  生  憲  一税務課長西  村  正  信吾北総合支所次長高  橋  正  代町民課長中  嶋  隆  司本川総合支所次長山  中  靖  一ほけん福祉課長筒  井  誠  人総務課長山  崎  豊  久森林政策課長野  村  考  宏技術監理課長濵  田  孝  男偕楽荘所長吉  良  高  秀建設課長井  上  正  男仁淀病院事務長岡  林  正  憲産業経済課長川  崎  信  一             平成26年第1回定例会議事日程(第1号)           平成26年3月3日(月曜日)午前10時開議            第1 会議録署名議員の指名            第2 会 期 の 決 定               (議会運営委員会委員長報告)            第3 議案第1号から議案第37号まで一括上程               (町長提案理由の説明)            第4 請願・陳情の付託       開会 10時5分 ○議長(井上敏雄君) ただいまから平成26年第1回いの町議会定例会を開会します。  本日の会議を開きます。  ご報告します。  15番、筒井一水議員、16番、筒井幹夫議員から本日欠席の届け出がありました。  諸般の報告について、監査委員から出納検査の報告並びに議員より議員派遣の件の報告の写しをそれぞれお手元にお配りしてありますので、ご了承願います。  平成25年第4回いの町議会定例会において議決されました子ども・子育て支援新制度をすべての幼い子どもの育ちを支える制度とするための意見書は、平成25年12月19日、関係大臣消費者庁長官及び衆参議院議長に、地方自治体の臨時・非常勤職員の待遇改善と雇用安定のための法改正に関する意見書は、平成25年12月19日、関係大臣に、家族従業者の人権保障のため「所得税法第56条の廃止を求める」意見書は、平成25年12月19日、関係大臣に、環太平洋経済連携協定(TPP協定交渉参加から直ちに撤退することを求める意見書は、平成25年12月19日、関係大臣及び衆参議院議長にそれぞれ送付しましたので、ご報告をします。  次に、議会運営及び地域振興発展のため尽力された功績が極めて大であり、このたび全国町村議会議長会会長より町村議会議員特別表彰を受けられました土居豊榮君並びに多年にわたり地域の振興発展に寄与した功績により在職15年表彰を受けられました伊東尚毅君、土居豊榮君、森木昭雄君、山岡勉君の伝達式を行いたいと思います。  なお、謝辞につきましては祝賀会でお願いをいたします。  暫時休憩します。       休憩 10時8分       開議 10時12分 ○議長(井上敏雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  これで伝達を終わります。  これより日程に入ります。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(井上敏雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第126条の規定によって、7番、山崎きよ君、13番、岡田竜平君を指名します。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(井上敏雄君) 日程第2、会期決定の件を議題とします。  本件について委員長の報告を求めます。議会運営委員長、池沢紀子君。10番。       〔議会運営委員長 池沢紀子君登壇〕 ◎議会運営委員長(池沢紀子君) おはようございます。  今期定例会の運営に関する議会運営委員会の協議結果について報告をいたします。  まず、会期日程案です。今期3月定例議会に上程されました議案は、いの町地域の元気臨時交付金基金条例議案などの条例議案が10件、平成25年度一般・特別会計補正予算11件、平成26年度一般・特別会計当初予算14件、そしていの町辺地総合整備計画の策定に関する議案のほか、報告案件がそれぞれ提案されていますが、お手元に配付されています会期日程案のとおり、本日3月3日月曜日から3月13日木曜日までの11日間と決定いたしました。  会期中の日程について説明させていただきます。  本日開会日は会期の決定を行った後、続いて議案第1号から議案第37号までを一括上程して、町長より提案理由の説明を受け、請願・陳情の付託を行った後、開会日は休会といたします。  合同審査はあした3月4日火曜日、3月5日水曜日の2日間、両日とも午前10時から終日の予定で行うことが確認されました。なお、上程議案の合同審査は、議案概要等説明を受けた後、各議員からの質問を受ける従前の方法で行いますが、一般会計当初予算案は予算書を用いて款別に概要説明を受けた後、質疑応答を行い、報告案件に関しては、従前の例に倣い概要説明を省略し、案件ごと質疑応答を行う議事運営とする旨、議会運営委員会で確認、了承されました。  次に、一般質問通告書に関する件ですが、本議会の一般質問通告書の提出期限は3月4日火曜日午後5時までとなります。  3月7日金曜日は会議を再開し、議案に対する質疑を行います。今議会の場合は、2日目の合同審査日の翌日3月6日木曜日は議案精査のため休会日とした議事日程で議案質疑を行うことといたしております。  そして、各議員から提出されます一般質問通告書要点の補足は、3月7日金曜日、質疑終了後5分以内まででお願いをすることとしましたので、議員各位にはあわせてご承知おきをお願いします。  さらに、3月7日質疑の日は、質疑終了後、一般質問発言順番の決定など事前に提案させていただいております各案件について、調整協議のための議会運営委員会を開催しますので、議会運営委員会の委員の方、各会派控室の皆様は、事前に提案しております意見集約の確認をお願いします。  今定例会での付託予定議案審査のための委員会審査日程ですが、会期日程資料にも提示してありますとおり、3常任委員会ともに付託予定議案がありますので、委員並びに説明員として出席していただく執行部の皆様は、3月10日月曜日に開催される常任委員会開始時間などのご確認をお願いします。  なお、議会広報特別委員会委員長から新年度に向けての議会だよりなどの協議のため、3月4日火曜日、合同審査が終了した後、特別委員会を開催する旨の連絡がありましたので、お知らせをいたします。  次に、今議会での一般質問については、3月11日火曜日に会議を再開し、12日、13日の3日間の予定で一般質問を行います。  以上のことから、3月13日最終日は、議案第1号から議案第37号までの上程議案のうち、まずは付託を受けた総務常任委員会建設産経常任委員会並びに民生環境常任委員会から付託議案に係る委員長報告を受け、委員長報告に対する質疑、討論、採決の後、議案番号順に上程議案につき討論、採決を行います。最後に、意見書議案のほかあらかじめ提案させていただいております諸案件や議員派遣の件を議題とし、それぞれ討論、採決を行いまして、各常任委員会、各特別委員会並びに議会運営委員会の閉会中の審査、事務調査の件を議題とし、決定をいただき、閉会となります。  以上が議会運営委員会での協議結果概要です。平成26年度いの町一般会計予算議定に関する議案などなど数多くの重要案件を審議いたしますこの定例会が円滑に運営されますよう特段のご協力を承りますよう心からお願いをいたしまして報告といたします。  また、議員各位並びに執行部の皆さんにあわせて要請する事項ですが、議場内の発言録音に関しては、建物構造上の違いから、録音状態に支障を来すことがこれまで多々ありました。したがいまして、発言の際の協力要請事項として、特に各議席、執行部席での発言の際には、議席マイク方向を適宜変えていただくようご協力をお願いするとともに、議長の発言許可の後、発言を始められるよう重ねてお願いをいたします。  以上です。 ○議長(井上敏雄君) これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(井上敏雄君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。  お諮りします。本定例会の会期は、本日から3月13日までの11日間にしたいと思います。ご異議はありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(井上敏雄君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から3月13日までの11日間に決定しました。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(井上敏雄君) 日程第3、議案第1号から議案第37号までを一括議題とします。職員に議案を朗読させます。 ◎書記(山崎康正君)   議案第1号  いの町地域の元気臨時交付金基金条例議案   議案第2号  いの町振興計画審議会条例及びいの町環境審議会条例の一部を改正する条例議案   議案第3号  いの町地域活性化推進員条例の一部を改正する条例議案   議案第4号  いの町一般職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例議案   議案第5号  いの町国民健康保険条例の一部を改正する条例議案   議案第6号  いの町簡易水道事業等給水条例等の一部を改正する条例議案   議案第7号  いの町下水道条例等の一部を改正する条例議案   議案第8号  いの町農業委員会の選任による委員の団体推薦に関する条例の一部を改正する条例議案   議案第9号  いの町水道事業給水条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例議案   議案第10号  いの町公営企業の剰余金の処分等に関する条例の一部を改正する条例議案   議案第11号  平成25年度いの町一般会計補正予算(第5号)議定に関する議案   議案第12号  平成25年度いの町水資源対策特別会計補正予算(第1号)議定に関する議案   議案第13号  平成25年度いの町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)議定に関する議案   議案第14号  平成25年度いの町介護保険特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案
      議案第15号  平成25年度いの町特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第16号  平成25年度いの町下水道事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第17号  平成25年度いの町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)議定に関する議案   議案第18号  平成25年度いの町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第19号  平成25年度いの町天王地区汚水処理施設事業特別会計補正予算(第2号)議定に関する議案   議案第20号  平成25年度いの町水道事業会計補正予算(第4号)議定に関する議案   議案第21号  平成25年度いの町病院事業会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第22号  平成26年度いの町一般会計予算議定に関する議案   議案第23号  平成26年度いの町水資源対策特別会計予算議定に関する議案   議案第24号  平成26年度いの町墓地公園事業特別会計予算議定に関する議案   議案第25号  平成26年度いの町国民健康保険特別会計(事業勘定)予算議定に関する議案   議案第26号  平成26年度いの町国民健康保険特別会計(直診勘定)予算議定に関する議案   議案第27号  平成26年度いの町後期高齢者医療特別会計予算議定に関する議案   議案第28号  平成26年度いの町介護保険特別会計予算議定に関する議案   議案第29号  平成26年度いの町特別養護老人ホーム特別会計予算議定に関する議案   議案第30号  平成26年度いの町下水道事業特別会計予算議定に関する議案   議案第31号  平成26年度いの町農業集落排水事業特別会計予算議定に関する議案   議案第32号  平成26年度いの町簡易水道事業特別会計予算議定に関する議案   議案第33号  平成26年度いの町天王地区汚水処理施設事業特別会計予算議定に関する議案   議案第34号  平成26年度いの町水道事業会計予算議定に関する議案   議案第35号  平成26年度いの町病院事業会計予算議定に関する議案   議案第36号  いの町辺地総合整備計画の策定に関する議案   議案第37号  いの町土地開発公社解散について  以上でございます。 ○議長(井上敏雄君) 議案について提案理由の説明を求めます。塩田町長。       〔町長 塩田 始君登壇〕 ◎町長(塩田始君) 本日は平成26年第1回定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、何かとお忙しい中ご出席を賜り、本定例会が開催できますことを厚く御礼申し上げます。  今議会は、いの町地域の元気臨時交付金基金条例議案など37議案をご提案させていただいております。  議案説明の前に行政報告をさせていただきます。  まず、平成26年度いの町一般会計の予算概要についてでございます。  平成26年度地方財政計画では、地方が地域経済の活性化に取り組みつつ、安定的に財政運営を行うことができるよう、地方交付税等の一般財源総額について、社会保障の充実分等を含め、平成25年度の水準を相当程度上回る額を確保したとされております。しかし、見込まれている一般財源は企業の業績回復による税収等であり、地方ではまだまだ税収の回復については実感できる状況ではありません。また、地方交付税につきましても、臨時財政対策債も含め、前年度比約0.8兆円の減額となっていることや消費税の増税による交付金についても現段階での収入の伸びは見込めず、依然として財源の確保が厳しい状況に変わりはありません。  このような状況のもとで行った予算編成は、歳入では、地方自治体の根幹的収入である町税が1,400万円余り減額、地方交付税においても別枠加算の減少により1,500万円の減額となり、町債につきましても消防救急デジタル無線整備負担金事業の終了等により4億9,280万円の減額となりました。国県支出金につきましては、臨時福祉給付金給付事業や公共施設再生可能エネルギー等導入事業等により1億8,200万円余りの増、新本庁舎建設事業に活用する、ふるさとづくり基金等の繰入金も15億90万円余りの増額となりました。  一方、歳出では、義務的経費であります人件費、扶助費、公債費と繰出金は減少しましたが、その他の項目につきましては消費税率の改正の影響等により増加となりました。  目的別の歳出予算の特徴といたしましては、総務費では、最終年度となる新庁舎建設に係る経費や、中山間地域の活性化対策として地域活性化推進員の追加配置や集落支援センターの導入に係る経費、土地開発公社解散に伴う借入金の代位弁済金を計上いたしました。  また、引き続き地籍調査事業の計画的な推進を図ってまいります。  民生費では、消費増税対策として臨時福祉給付金給付事業に係る経費や児童手当の経費のほか、平成27年度から3カ年の障害福祉・高齢者保健福祉の両計画の策定経費、医療給付や介護給付費等の経費、各種保険事業に係る負担金、特別会計繰出金等を計上し、町民の福祉の増進を図ってまいります。  衛生費では、一般・特定健康診査事業・インフルエンザ等各種感染症予防接種助成や健康づくり団体育成事業や健康イベントによる健康意識の啓発等により町民の健康維持及び増進を図ってまいります。総合保健センターの改修として、会議室のプロジェクター・音響改修、太陽光発電設置工事に係る費用を計上し、利便性及び避難所としての機能の向上も図ります。  また、引き続き浄化槽設置整備事業補助や相生浄化施設の運転管理に係る費用を計上し、生活排水の水質改善、公共用水域の水質汚濁の防止を図ります。  労働費では、県の基金事業を引き続き活用し、緊急雇用創出臨時特例基金事業を行い、企業の雇用支援に努めます。  農林水産業費では、「仁淀川」山の手入れで元気モリモリ事業を拡充し、作業道整備・間伐事業を実施、また各種交付金事業等による林道開設・舗装事業、新規就農者の支援や農作物被害の軽減のための有害鳥獣対策を継続して行い、農林業の発展に努めます。  商工費では、3年に1度のトリエンナーレ展の開催や各種観光イベント、観光施設の運営、商工会や観光協会が実施する事業を支援し、商工業及び観光の振興に努めます。  土木費では、引き続き社会資本整備総合交付金・道整備交付金事業等の道路基盤整備を計上し、中山間の道路整備や高知西バイパス周辺整備に努めます。  また、地域の安全で安心な生活空間の確保を図ります。  消防費では、波川、天王地区等に防災行政無線の屋外子局を増設、神谷分団鹿敷部、三瀬分団勝賀瀬班に小型動力ポンプ付積載車を、上八川分団3班に屯所と車両を、本川中野川地区に防火水槽を整備し、消防・防災力の向上を図ります。  また、保存食や毛布等の災害用備蓄品を計画的に備えていきます。  教育費では、安全・安心な教育環境の整備を進めるため、枝川小学校耐震補強、川内小学校、伊野中学校の耐震設計、本川中学校寄宿舎、運動場の整備改修に要する経費を計上いたしました。  また、特別支援教育支援員、教育指導員、スクールカウンセラー等の人員を配置し、学び環境づくりや、不安や心配を抱える児童・生徒、保護者、教職員に寄り添える事業を実施し、さまざまな教育場面におけるサポートを引き続き行います。  災害復旧費では、過年度災害分の経費と台風災害の応急対応のための経費を一定額確保いたしました。  公債費では、償還の終了等により、前年度に比べ1,831万円余りの減額となりました。  その結果、歳出予算総額は137億9,790万円となり、前年度より11億5,080万円、9.1%の増額となり、財源不足額6億6,060万円を財政調整的な基金から繰り入れることとなります。  なお、平成26年度末の財政調整的な基金の残高見込みは約37億4,000万円となります。  今後も長引く不況により財源確保が難しくなることが予想されることから、行政改革大綱及び集中改革プランに沿った行財政改革を引き続き推進し、財政健全化に向け取り組んでまいります。  次に、土佐電気鉄道への補助金についてでございます。  本年1月29日に、予算執行を凍結されておりました土佐電気鉄道株式会社などへの県補助金が、経営陣一新に対する評価や公共交通の安全性を確保する観点から解除されております。また、2月19日には高知市におきましても予算執行保留が解除されておりますことから、本町におきましても県、高知市などと同様に補助金の執行保留を解除し、今後補助金の支出に向けた手続を進めてまいります。  次に、新庁舎建設工事の進捗状況についてでございます。  現在の進捗状況は、新本庁舎棟につきましては、基礎工事が終了し、1階のスラブ工事を行っております。立体駐車場につきましては、基礎工事を行っている状況でございます。新本庁舎及び立体駐車場の完成につきましては、本年の11月末が工期となっておりますが、県内で深刻化する作業員不足、特に鉄筋工、型枠工などの職人不足や資材不足の影響でおくれる見込みとなっています。設計の変更等で工期の短縮を図ってみますが、完成は来年の末ごろになる見込みでございます。  伊野幼稚園・伊野小学校改築工事の進捗状況についてでございます。  伊野幼稚園・伊野小学校の改築工事に伴います建物配置につきましては、現在までに工事検討委員会において、その方向性が確認されているところでございます。  また、近隣地域の皆様方には予定されております建物配置や日陰の影響につきましてもご理解をいただき、今後は家屋事前調査や地質調査に取りかかっていくところでございます。  今後におきましては、建物の詳細設計や現在の配置計画におけます諸問題につきまして、幼稚園・小学校PTAとも対話を重ねながら、町執行部での協議や議会の皆様のご助言をいただき、検討委員会と協議し、学力向上や心身ともに成長できる園舎・校舎の建設に向けての作業に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、いの町災害時医療救護計画についてでございます。  南海トラフ地震やその他局地災害を想定し、本町医療救護体制と活動内容を明記したいの町災害時医療救護計画を本年2月に策定いたしました。この計画は、町の地域防災計画や県の医療救護計画との整合性を図り、いの町災害時医療救護検討委員会でご検討いただいたもので、町民の皆様に広く計画の概要をお知らせするとともに、この計画のもと、定期的な救護訓練や関係施設の設備機器、器具等の整備を実施してまいります。  次に、第2期いの町健康増進計画・第1期いの町食育推進計画の策定についてでございます。  本計画は、町民の皆様が日々の生活の中で健康や食に関心を持ちながら、「健康づくり」や「食育」に取り組み、そして「人とのふれあいを大切にし、元気でいきいきと暮らせる」、「いい町に暮らしているという実感ができる」ことを目指す指針として、健康増進計画と食育推進計画を一体的に策定いたしました。計画期間は、平成26年度から平成30年度までの5カ年としております。策定に当たっては、策定委員会及び作業部会を組織し、それぞれの立場でご協議いただきました。  今後は町民の皆様、関係する団体などのご協力を得て、ますますの連携を図りながら、子どもから高齢者まで全ての町民の皆様が「元気でいきいきと暮らせるまちづくり」の実現に向けて、施策や事業の推進に努めてまいります。  災害医療救護訓練につきましてでございます。  本年1月26日に、仁淀病院におきまして、高知県中央西福祉保健所管内の市町村職員消防職員医療関係者、県職員等、約200名が参加し、南海トラフ地震を想定した災害医療救護訓練を実施しました。当日は仁淀病院敷地内に医療救護所を設営し、関係機関間の通信連絡訓練、医療救護所における負傷者のトリアージ訓練、救護病院及び災害拠点病院に指定されている仁淀病院での患者受け入れ訓練、仁淀消防署、土佐市消防署による重症患者の広域搬送訓練等を実施し、災害時における関係機関の役割について再認識いたしました。  今後におきましても、南海トラフ地震等の大規模災害に備え、定期的に訓練を実施していくよう考えているところでございます。  次に、臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特例給付金給付事業についてでございます。  平成26年4月から消費税率が8%に引き上げられることに伴い、低所得者や子育て世帯に対して、負担の影響を緩和するとともに、消費の下支えを図る観点から、臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特例給付金の2つの臨時的な給付措置が行われます。  給付の対象者は、平成26年度分町民税均等割非課税者、この中で町民税均等割課税者の扶養親族は除きます。それと、児童手当支給対象児童で、給付額は1人につき1万円となります。  また、臨時福祉給付金の給付対象者の中で、老齢基礎年金児童扶養手当等の年金手当を受給されている方には、1人につき5,000円が加算されます。  給付時期等につきましては、平成26年度の課税額確定後となりますので、事前に事業概要、申請方法につきまして、町広報紙や町ホームページ等で周知していきたいと考えているところでございます。  小・中学生の医療費の助成についてでございます。  小・中学生医療費の助成につきましては、その財源として消費税率の改正によるものを充てることで実施したい旨、議会で答弁してきたところでございます。所得制限を設けないものとしての対象者は約1,500人、1年間の経費は医療費助成額や諸経費等を含めて約4,500万円と試算しております。この事業の実施に向けては担当課でさまざまな検討を重ねているところでございますが、環境等が整えば本年6月議会に必要な条例の改正や補正予算を提案し、可決されましたら、10月から実施していきたいと考えているところでございます。  次に、伊野上水道の施設耐震化事業についてでございます。  現在伊野地区上水道のうち、公園町取水池を水源としています大国山配水区と北山配水区におきましては、送配水管及び配水池が築造より40年以上が経過しており、南海トラフ地震に備えて耐震化を図らなければならない状況でございます。そこで、伊野地区の配水区分を見直し、大国山、北山配水池の統合を含めた水道施設の耐震化を平成26年度より本格的に進め、安全・安心な水道水の安定供給を図っていきたいと考えております。  次に、商店街を中心とした地域の活性化についてでございます。  平成24年12月2日から、いの町商工会が暮らしのかけ橋交流館なないろを運営しております。商工業者と住民がつながりやすい場をつくり、修理等の相談や交流スペースにおける健康講座などで、平成24年12月から平成25年10月末の実績で延べ4,455人の利用がありました。  また、今年度には地域住民、農商工業者、商工会、観光協会、町、県が連携して、商店街を中心とした地域活性化のための計画づくりを行いました。今後、計画の実施に向けて活動していきます。町としても、引き続き支援してまいりたいと考えているところでございます。  次に、集落活動センターについてでございます。  小川柳野地区では、集落活動センターにつきまして、一昨年より住民の方が主体となって検討してまいりました。現在、平成26年度の集落活動センター立ち上げに向けて詳細を協議中ということで、町といたしましても、高知県集落活動センター推進事業の導入を予定しまして、各種施設のハード整備への支援や、高知ふるさと応援隊事業による集落支援活動により、ソフト面からもサポートしてまいりたいと考えているところでございます。  次に、森林経営計画作成支援の推進についてでございます。  昨年8月に稼働しました高知おおとよ製材株式会社などへの原木供給のため、町内におきましては搬出間伐のみならず皆伐についても今後増加することが予想されます。このため、今年度新たに創設しました森林政策課におきましては、効率的かつ計画的な森林施業に必要な森林経営計画の作成支援を推進し、そのエリアを中心に再造林の補助率を高めることといたしました。このことによりまして森林所有者などの方々の意欲を喚起し、水源涵養、国土保全、二酸化炭素吸収といった森林の有する公益的機能の維持増進、さらには持続的な森林経営の推進にも資することが期待されるところでございます。  次に、越裏門、寺川地区での大学生による住民調査についてでございます。  昨年8月から、中山間地域の集落の活性化を支援する高知県結プロジェクト推進事業を地域から要望のあった越裏門、寺川地区で実施いたしました。高知大、愛媛大の学生、合わせて17人が、家族や友人関係のこと、仕事、買い物、食事健康など、ふだんの暮らしのこと、集落の資源や将来のことなど、調査を実施いたしました。学生にとっては高知市や松山市から遠い未知の場所であり、標高の高さ、思いも寄らぬ8月の暑さと2月の雪など、厳しい自然環境に驚いたようでございます。そのような中、調査を通じてほかにはない歴史や文化、生活の工夫や知恵を知り、人の魅力にも接してくれました。  また、交流会では地域の食材を使ったおいしい手料理も用意され、そのことも強く印象に残ったようでございます。  学生からは、「ゆったりとした時間や休校施設、ふだんの生活そのものに魅力がある。都市部に住む若者にも興味がある人がきっといる」など、住民の皆様が気づかない提案も報告会で出されております。これをきっかけにしてファンになった大学生が再度訪れたり、次の世代の学生が地域に来るような、継続した取り組みを大学に働きかけて、集落活動の活性化につなげていきたいと考えているところでございます。  次に、腹腔鏡の購入についてでございます。  仁淀病院では、腹腔鏡の購入につきまして、昨年12月26日、4業者を指名し、入札を実施した結果、四国医療株式会社が1,279万4,250円で落札をいたしました。購入までは医療機器業者より借用した腹腔鏡を使用し、大腸がん3件、胆のう摘出2件の手術を実施しておりましたが、購入後は2月末までに大腸がん1件、胃がん2件、胆のう摘出2件の手術を実施し、患者の負担の軽減につながっているところでございます。  次に、ノロウイルス感染防止対策についてでございます。  本年1月29日に、吾北給食センター並びに本川中学校給食調理場に勤務する調理従事者からノロウイルスの感染が確認され、ノロウイルス感染防止対策本部を2月5日まで設置しました。その期間中、1月29日夜から2月4日まで本川中学校みどり寮の寮食及び本川地区の給食を、30日より2月3日まで吾北地区の学校給食を停止いたしました。停止期間中は対策本部を中心に感染の拡大防止に全力で取り組み、安全な給食を提供できることを確認した上で再開いたしました。  今後におきましては、調理従事者及び調理場における衛生管理の徹底を図り、これまで以上に安全・安心な給食の提供をしていきたいと考えております。  最後に、直轄砂防事業及び本川地区地籍調査の再調査事業についてでございます。  国土交通省が行う直轄砂防事業につきましては、越裏門地区の東谷堰堤は、今年度に引き続き平成26年度も早期完成を目指し、鋭意工事を進めるとお聞きしております。  また、大森地区で計画されておりますアゼチ谷堰堤は、本年度に事業箇所の地籍再調査に係る登記が完了したことを受け、平成26年度に用地買収へ着手し、同地区のウルシ谷堰堤は、平成26年度に砂防指定地に関する手続に着手するとお聞きしております。  次に、国の補助事業で進める本川地区地籍調査の再調査事業につきましては、引き続き地区要望のある大森地区の一部と新規に地区要望をいただいております寺川地区の一部におきまして、今年度に関係者の方々から事業実施に対する同意を得ることができましたので、再調査として平成26年度より実施したいと考えております。  また、町単独事業の再調査は、これまで不動産登記法に準じ実施してきましたが、法務局及び高知県と協議し、平成26年度より国土調査法による再調査が可能となりましたので、長沢地区の一部におきまして、県道石鎚公園線改良事業及び防災事業に伴う再調査を実施したいと考えております。  以上が行政報告でございます。 ○議長(井上敏雄君) 以上で行政報告を終わります。
     暫時休憩をします。11時10分に再開します。       休憩 10時56分       開議 11時10分 ○議長(井上敏雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議案について提案理由の説明を求めます。塩田町長。       〔町長 塩田 始君登壇〕 ◎町長(塩田始君) 次に、本日提案いたしております議案第1号から議案第37号について提案理由の説明をさせていただきます。  議案第1号いの町地域の元気臨時交付金基金条例議案でございます。  本議案は、国から交付される地域の元気臨時交付金の対象となる事業の円滑な実施に資するため、いの町地域の元気臨時交付金基金条例を制定するものでございます。  議案第2号いの町振興計画審議会条例及びいの町環境審議会条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、いの町審議会等委員選任基準において、法令に定めがある者及び特別の事情がある者を除くほか、町議会議員からは審議会等委員を選出しないものとするとした方針を加味し、所要の改正を行うものでございます。  議案第3号いの町地域活性化推進員条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、地域の実情や時代に対応した集落の維持、活性化対策の推進を目的に集落支援員を設置するため、所要の改正を行うものでございます。  議案第4号いの町一般職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、医師を除く職員の給与について、平成18年度の給与構造改革における経過措置額の段階的廃止及び55歳を超える職員の昇級基準の変更を行うものでございます。  議案第5号いの町国民健康保険条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、国民健康保険保険者の減少や収入が少なくなる一方、高齢化に加え、国民健康保険医療費の伸びにより、実質単年度収支が平成19年度から連年の赤字となり、この状態が継続されると数年後には財政調整基金が枯渇することが予想されることから、税率を改正するものでございます。  なお、改正に際して急激な上昇を緩和するため、赤字見込み額約5,350万円の2分の1を被保険者にご負担いただき、残り2分の1は財政調整基金を活用するものでございます。  議案第6号いの町簡易水道事業等給水条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、上八川・思地簡易水道施設統合整備事業の完成に伴い、思地簡易水道を廃止し、上八川簡易水道の給水区域とするものでございます。  また、消費税の引き上げに伴う経過措置として、平成26年4月1日の前から継続して給水されており、平成26年4月1日から平成26年4月30日までの間に使用料が確定するものについては、従前の消費税率とするものでございます。  議案第7号いの町下水道条例等の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、公共下水道の使用開始等の届け出後、不正な使用態様の変更を防止する観点から、下水道の使用開始後において使用の態様の変化が起きたときに遅滞なく届け出る旨を新たに規定するものでございます。  また、消費税の引き上げに伴う経過措置として、平成26年4月1日の前から継続して公共下水道を使用している者に係る使用料であって、平成26年4月1日から平成26年4月30日までの間に使用料が確定するものにつきましては、従前の消費税率とするものでございます。  議案第8号いの町農業委員会の選任による委員の団体推薦に関する条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、団体推薦元の中央農業共済組合が、県内全ての農業共済組合と平成26年4月1日に合併し、県域1組合となり、名称が高知県農業共済組合と変更されることに伴い、所要の改正を行うものでございます。  議案第9号いの町水道事業給水条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、消費税の引き上げに伴う経過措置として、平成26年4月1日の前から継続して給水されており、平成26年4月1日から平成26年4月30日までの間に使用料が確定するものについては、従前の消費税率とするものでございます。  議案第10号いの町公営企業の剰余金の処分等に関する条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、平成26年4月1日からの新会計基準の適用に伴う所要の改正を行うものでございます。  議案第11号平成25年度いの町一般会計補正予算(第5号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ7,590万円を追加し、累計予算総額を139億20万円とするものでございます。  歳入の主なものは、水資源対策特別会計繰入金等の繰入金を7,147万8,000円、合併特例事業債等の町債を6,710万円それぞれ減額し、町民税等の町税を5,600万円、社会資本整備総合交付金、道整備交付金等の国庫支出金を1億1,100万7,000円、町有地売り払い等の財産収入を2,904万9,000円、市町村振興協会交付金等の諸収入を1,799万円それぞれ増額するものでございます。  歳出では、義務的経費は、審議会委員等の人件費を146万6,000円、介護給付費等の扶助費を6,979万5,000円それぞれ減額し、投資的経費は、新本庁舎建設事業等に伴う普通建設事業費を8,816万2,000円、林業施設等の災害復旧事業費を188万7,000円それぞれ減額するものでございます。  その他の経費は、子宮頸がん等ワクチン接種事業等の物件費を3,277万8,000円、後期高齢者医療給付負担金等の補助費等を8,163万1,000円、下水道事業特別会計等への繰出金2,923万6,000円をそれぞれ減額し、町営住宅等の維持修繕費を271万5,000円、減債基金等への積立金を3億7,814万円それぞれ増額するものでございます。  議案第12号平成25年度いの町水資源対策特別会計補正予算(第1号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ5,294万6,000円を減額し、累計予算総額を1億5,211万3,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、財産貸付収入現年度分17万円を増額し、水資源対策基金繰入金5,311万8,000円を減額するものでございます。  歳出の主なものは、一般会計繰出金5,157万8,000円を減額するものでございます。  議案第13号平成25年度いの町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ86万5,000円を減額し、累計予算額を3億6,534万1,000円とするものでございます。  歳入は、後期高齢者医療保険料636万9,000円、繰入金181万2,000円を減額し、繰越金731万6,000円を増額するものでございます。  歳出は、後期高齢者医療広域連合納付金86万5,000円を減額するものでございます。  議案第14号平成25年度いの町介護保険特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ1,777万1,000円を減額し、累計予算総額を27億5,846万1,000円とするものでございます。  歳入は、保険料1,060万円、国庫支出金13万4,000円を増額し、支払基金交付金442万円、県支出金216万8,000円、繰入金1,895万9,000円、諸収入295万8,000円を減額するものでございます。  歳出は、総務費49万3,000円、保険給付費1,500万円、地域支援事業費137万7,000円、指定介護予防支援事業費90万1,000円を減額するものでございます。  議案第15号平成25年度いの町特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ578万5,000円を減額し、累計予算総額を4億119万9,000円とするものでございます。  歳入は、サービス収入180万円、県支出金76万円、繰入金308万2,000円、諸収入14万3,000円を減額するものでございます。  歳出は、総務費157万3,000円、事業費271万2,000円、予備費150万円を減額するものでございます。  議案第16号平成25年度いの町下水道事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ8,909万7,000円を追加し、累計予算総額を4億7,874万円とするものでございます。  歳入の主なものは、下水道使用料775万5,000円、国庫補助金4,820万円、町債4,950万円を増額し、一般会計からの繰入金を2,045万円減額するものでございます。  歳出の主なものは、雨水ポンプ場改築事業として1億円を増額するものでございます。  議案第17号平成25年度いの町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ59万4,000円を減額し、累計予算総額を4,447万3,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、農業集落排水施設使用料87万円を増額し、一般会計からの繰入金156万4,000円を減額するものでございます。  歳出の主なものは、施設管理費委託料を59万4,000円減額するものでございます。  議案第18号平成25年度いの町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ1,081万円を減額し、累計予算総額を2億2,396万6,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、上八川・思地簡易水道統合整備事業の国庫支出金を285万6,000円、町債を630万円、一般会計繰入金を387万8,000円それぞれ減額するものでございます。  歳出は、負担金補助及び交付金を25万6,000円、水質検査料を114万円、簡易水道建設費の工事請負費用941万4,000円それぞれ減額するものでございます。  議案第19号平成25年度いの町天王地区汚水処理施設事業特別会計補正予算(第2号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ339万4,000円を追加し、累計予算総額を5,266万3,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、汚水処理施設利用加入金23万円、汚水処理施設使用料316万3,000円を増額するものでございます。  歳出の主なものは、基金への積立金709万4,000円を増額し、施設管理費修繕料370万円を減額するものでございます。  議案第20号平成25年度いの町水道事業会計補正予算(第4号)議定に関する議案でございます。  本議案は、水道事業運営に係る収入及び支出について補正するものでございます。  収益的収支では、収益額を490万円減額し、収益総額2億7,887万1,000円、費用額を580万円減額し、費用総額2億8,613万2,000円とし、差し引き726万1,000円の当年度純損失となる見込みでございます。  資本的収支では、収入額を1,285万1,000円減額し、収入総額5,620万円、支出額を915万円減額し、支出総額を1億8,723万2,000円とするものでございます。  資本的収入が支出に対して不足する額1億3,103万2,000円は、損益勘定留保資金で補填するものでございます。  議案第21号平成25年度いの町病院事業会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、病院事業運営に係る収益的収支並びに資本的収支について補正するものでございます。  収益的収支では、病院事業収益を1,867万6,000円減額し、収益総額を19億239万5,000円、病院事業支出を36万8,000円増額し、支出総額を20億1,101万6,000円とするものでございます。  資本的収支では、収入額を54万2,000円減額し、収入総額を1億636万1,000円、支出額を26万円減額し、支出総額を1億7,511万4,000円とするものでございます。  資本的収入が支出に対して不足する額6,875万3,000円につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填するものでございます。  議案第22号平成26年度いの町一般会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、一般会計予算総額を歳入歳出それぞれ137億9,400万円とするもので、対前年比9.07%、11億4,690万円の増額となっております。  歳入予算の概要について、一般財源では、町税で1,405万8,000円、地方交付税及び臨時財政対策債で5,110万円それぞれ減額となりましたが、地方譲与税等650万円、減債基金等の繰入金で4億8,080万円それぞれ増額となり、全体で前年度比4.99%、4億2,557万5,000円の増額となっているところでございます。  また、特定財源では、保育所運営費負担金等の減額により、分担金及び負担金で640万円、水道事業受託収入の皆減により、諸収入が2,348万2,000円、合併特例事業債の町債が4億5,670万円それぞれ減額となりましたが、臨時福祉給付金給付事業等により国庫支出金が1億85万2,000円、新本庁舎建設事業に伴うふるさとづくり基金等の取り崩しにより繰入金が10億1,624万9,000円それぞれ増額となり、全体で前年比17.52%、7億2,132万5,000円の増額となっております。  歳出予算について、性質別では、義務的経費の人件費が対前年比2.03%、扶助費は障害福祉費、保育所費等の減額により前年比5.19%、公債費は前年比1.07%それぞれ減少となり、予算総額の36.30%に当たる50億666万8,000円、前年比2.59%、1億3,293万4,000円の減額となっております。  投資的経費は、消防救急デジタル無線整備負担金事業等で減となりましたが、新庁舎建設事業等の増により、予算総額の22.02%に当たる30億3,794万7,000円、前年比19.77%、5億137万1,000円の増額となっております。  その他の経費につきましては、庁舎の移転費用や備品購入費、道路台帳補正業務等の物件費が前年比13.96%、土地開発公社解散に伴う借入金の代位弁済金、臨時福祉給付金給付事業等の補助費等が前年比27.92%それぞれ増となり、予算総額の41.32%に当たる56億9,938万5,000円、前年比15.82%、7億7,846万3,000円の増額となっているところでございます。  議案第23号平成26年度いの町水資源対策特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ2億866万5,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、水資源対策基金繰入金を1億3,234万4,000円、高知市納付金7,529万円でございます。  歳出の主なものは、仁淀川環境保全対策協議会の委員報酬50万2,000円、委員旅費35万8,000円、仁淀川沿川伏流水等の調査委託料370万3,000円、元金積立金7,529万円、一般会計繰出金1億2,772万5,000円でございます。  議案第24号平成26年度いの町墓地公園事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ277万5,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、利子及び配当金255万7,000円でございます。  歳出の主なものは、委託料95万1,000円、利子積み立て92万1,000円でございます。  議案第25号平成26年度いの町国民健康保険特別会計(事業勘定)予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ33億5,484万9,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、国民健康保険税5億2,520万円、国庫支出金7億1,876万6,000円、県支出金1億4,865万3,000円、前期高齢者交付金10億9,768万4,000円及び一般会計からの繰入金2億4,474万1,000円でございます。  歳出の主なものは、保険給付費24億2,786万6,000円、後期高齢者支援金等3億5,267万2,000円及び介護納付金1億5,056万2,000円でございます。  議案第26号平成26年度いの町国民健康保険特別会計(直診勘定)予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ7,624万1,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、診療収入3,762万2,000円、県支出金172万7,000円、繰入金3,387万円、諸収入112万1,000円、町債170万円でございます。  歳出の主なものは、総務費4,546万2,000円、医業費2,573万3,000円、公債費474万6,000円でございます。
     議案第27号平成26年度いの町後期高齢者医療特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ3億6,072万3,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、後期高齢者医療保険料2億5,645万円、一般会計からの繰入金1億378万3,000円でございます。  歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合納付金3億5,816万円でございます。  議案第28号平成26年度いの町介護保険特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ27億7,724万7,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、保険料4億7,330万円、国庫支出金7億181万5,000円、支払基金交付金7億7,657万円、県支出金4億719万1,000円、繰入金4億1,095万4,000円でございます。  歳出の主なものは、総務費3,037万4,000円、保険給付費26億6,540万円、地域支援事業費5,108万8,000円、指定介護予防支援事業費1,985万4,000円でございます。  議案第29号平成26年度いの町特別養護老人ホーム特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ3億9,987万7,000円とするものでございます。 歳入の主なものは、サービス収入3億4,667万1,000円、繰入金5,216万9,000円、諸収入88万3,000円でございます。  歳出の主なものは、総務費2億8,515万6,000円、事業費1億1,257万1,000円、予備費200万円でございます。  議案第30号平成26年度いの町下水道事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ4億1,954万9,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、受益者負担金255万円、下水道使用料5,519万1,000円、下水道費国庫補助金4,261万6,000円、一般会計繰入金2億8,480万7,000円、下水道建設費に係る町債3,420万円でございます。  歳出の主なものは、処理場管理費6,208万8,000円、管渠布設工事費4,325万7,000円、公債費1億9,610万8,000円でございます。  議案第31号平成26年度いの町農業集落排水事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ5,156万3,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、農業集落排水施設使用料690万2,000円、一般会計繰入金3,960万6,000円でございます。  歳出の主なものは、処理場施設管理費2,044万2,000円及び公債費2,299万1,000円でございます。  議案第32号平成26年度いの町簡易水道事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ1億9,300万円とするものでございます。  歳入の主なものは、衛生使用料2,454万4,000円、衛生費国庫補助金2,221万2,000円、一般会計繰入金9,876万7,000円、簡易水道事業債4,710万円でございます。  歳出の主なものは、総務費34万6,000円、簡易水道維持管理費3,892万5,000円、簡易水道建設費7,387万2,000円、公債費7,955万7,000円でございます。  議案第33号平成26年度いの町天王地区汚水処理施設事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を歳入歳出それぞれ4,723万8,000円とするものでございます。  歳入の主なものは、汚水処理施設使用料4,640万2,000円、基金利子44万4,000円でございます。  歳出の主なものは、積立金1,441万5,000円、処理場施設管理費2,917万9,000円でございます。  議案第34号平成26年度いの町水道事業会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、平成26年度の業務の予定量並びにこれに関する収入及び支出の大綱を定めるものでございます。  平成26年度の業務予定量は、上水道簡易水道合わせて給水戸数8,196戸、1日平均給水量7,346立方メートルを予定しております。  収益的収支の収益額では3億5,040万9,000円、費用額は3億3,053万3,000円で、差し引き1,987万6,000円の当年度純利益となる見込みでございます。  資本的収支の収入では、一般会計補助金等で総額2,996万円、支出では建設改良費1億2,562万1,000円、企業債償還金7,039万3,000円により、合計1億9,601万4,000円となります。  なお、資本的収入が支出に対して不足する額1億6,605万4,000円は、損益勘定留保資金で補填するものでございます。  議案第35号平成26年度いの町病院事業会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、平成26年度の業務の予定量並びにこれに関する収入及び支出の大綱を定めるものでございます。  平成26年度の業務予定量は、1日平均の一般病棟入院患者数55人、外来患者数200人、吾北診療所外来患者数13人、介護療養型医療施設利用者数38人、介護老人保健施設利用者数87人、居宅介護事業利用者数20人、一月平均の居宅介護支援事業支援者数78名、訪問看護事業訪問者数314人を予定しております。  収益的収支の収入額では27億2,574万2,000円、支出額は30億5,839万円で、差し引きは3億3,264万8,000円の当年度純損失となる見込みですが、この主な要因は、地方公営企業会計の見直しにより、退職給付費や賞与引当金を計上することになったことによるものでございます。  資本的収支の収入では、企業債8,490万円、他会計負担金8,835万8,000円、合計で1億7,325万8,000円、支出では、建設改良費9,232万1,000円、企業債償還金1億4,723万9,000円で、合計2億3,956万円とするものでございます。  資本的収入が支出に対して不足する額6,630万2,000円につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填するものでございます。  議案第36号いの町辺地総合整備計画策定に関する議案でございます。  本議案は、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律に基づき、辺地とその他の地域との生活文化水準の格差是正を図るために策定するものでございます。  今回提案しております整備計画は、前計画に引き続きまして、中追、成山辺地で、平成26年度から平成30年度までの間、町道、林道の新設、改良及び舗装事業を計画するものでございます。  議案第37号いの町土地開発公社解散に関する議案でございます。  本議案は、いの町土地開発公社解散するに当たり、平成26年2月6日にいの町土地開発公社理事会において解散に関する議決を得たため、公有地の拡大の推進に関する法律第22条第1項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。  以上でございますので、ご審議のほどよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(井上敏雄君) これで提案理由の説明を終わります。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(井上敏雄君) 日程第4、請願・陳情の付託を行います。  本日までに受理した請願並びに陳情は、お手元に配付いたしました請願・陳情文書表のとおりであり、陳情は全議員に陳情の写しを配付することにとどめることにいたしましたので、ご了承願います。  以上で本日の日程は全部終了しました。  お諮りします。3月4日、3月5日は合同審査のため、3月6日は議案精査研究のため休会とし、3月7日再開したいと思います。ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(井上敏雄君) 異議なしと認めます。したがって、3月4日から3月6日まで休会とし、3月7日午前10時再開することに決定しました。  本日はこれで散会します。       散会 11時49分