運営者 Bitlet 姉妹サービス
いの町議会 > 2008-06-09 >
いの町議会 平成20年第2回( 6月)定例会-06月09日−01号
いの町議会 平成20年第2回( 6月)定例会-06月09日−01号

いの町議会 2008-06-09
いの町議会 平成20年第2回( 6月)定例会-06月09日−01号


取得元: いの町議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. DiscussNetPremium いの町議会 平成20年第2回( 6月)定例会 - 06月09日-01号 いの町議会 平成20年第2回( 6月)定例会 - 06月09日-01号 いの町議会 平成20年第2回( 6月)定例会            平成20年第2回いの町定例会会議録 招集年月日  平成20年6月9日(月曜日) 場   所  い の 町 議 事 堂 出席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名1番伊  藤  隆  茂13番筒  井  幹  夫2番池  沢  紀  子14番畑  山  博  行3番筒  井  三 千 代15番森     幹  夫4番井  上  敏  雄16番永  野  和  雄5番伊  藤  浩  市17番筒  井  公  二6番久  武  啓  士18番筒  井  一  水7番大  原  孝  弘19番西  内  淳  補8番北  岡  義  彦20番松  木  健  二9番高  橋  幸 十 郎21番森  木  昭  雄10番筒  井  鷹  雄22番森  田  千 鶴 子11番川  村  隆  通23番山  岡     勉12番伊  東  尚  毅24番土  居  豊  榮 欠席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名                                                                                                 事務局職員出席者 事務局長藤  岡  孝  雄書記山  中  貴  恵 説明のため出席した者 町  長塩  田     始副 町 長小  松  保  喜教 育 長濱  田     啓 吾北総合支所長筒  井  正  典産業経済課長川  崎  信  一本川総合支所長本  山  博  文環境課長尾  崎  都  男会計管理者青  木  利  実上下水道課長尾  崎  和  敏吾北総合支所次長高  橋  惠  助税務課長伊  藤  孝  造本川総合支所次長松  本  健  市町民課長吉  良  正  道総務課長岡  林  正  憲ほけん課長山  本  千  賀企画課長山  崎  豊  久福祉課長和  田  守  正技術監理課長濵  田  孝  男偕楽荘所長堀  地  省  三建設課長井  上  正  男仁淀病院事務長山  中  浩  之教育次長中  澤  一  也                         平成20年第2回定例会議事日程(第1号)           平成20年6月9日(月曜日)午前10時開議            第1 会議録署名議員の指名            第2 会 期 の 決 定               (議会運営委員会委員長報告)            第3 議案第51号から議案第60号まで一括上程               (町長提案理由の説明)       開会 10時3分 ○議長(土居豊榮君) ただいまから平成20年第2回いの町議会定例会を開会します。  本日の会議を開きます。  諸般の報告については、監査委員から平成19年度定期監査結果報告及び出納検査の報告並びに議員より議員派遣の件の報告があり、その写しをそれぞれお手元にお配りしてありますので、ご了承願います。  次に、平成20年第1回いの町議会定例会において議決されました補助金等で整備した施設の有効活用を求める意見書、食糧の海外依存を自粛し、フードマイレージ(地産地消)の促進を求める意見書、地方の道路整備の財源確保に関する意見書並びに後期高齢者医療制度の見直しを求める意見書は、平成20年3月19日関係大臣にそれぞれ送付いたしましたので、ご報告します。  これより日程に入ります。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土居豊榮君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、6番、久武啓士君、18番、筒井一水君を指名します。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土居豊榮君) 日程第2、会期決定の件を議題にします。  本件について委員長の報告を求めます。議会運営委員会委員長、北岡義彦君。       〔議会運営委員長 北岡義彦君登壇〕 ◎議会運営委員長(北岡義彦君) おはようございます。  平成20年第2回いの町議会定例会会期日程等につきまして、6月5日木曜日午前10時から議会運営委員会を開催をいたしまして協議をいたしました。その結果についてご報告いたします。  まず、会期日程案といたしまして、お手元に配付されております会期日程案のとおり、本日6月9日月曜日から6月18日水曜日までの10日間と決定をいたしました。  会期中の日程につきましてご説明をいたしますと、本日開会日は会期の決定を行い、続いて議案第51号から議案第60号を一括上程して、町長より提案理由の説明を受けた後に休会といたしまして、合同審査を明日6月10日火曜日午前10時から行うことが確認されました。  なお、上程議案の合同審査は、議案概要等説明を受けた後に、各議員からのご質問を受ける従前の方法で行いますが、報告第3号から報告第13号までの自治法や法律の規定により報告を義務づけられている案件につきましては、従前の例に倣い、概要説明を省略して報告案件番号順に質疑応答を行う議事運営とする旨議会運営委員会で確認、了承をされました。  次に、一般質問通告書に関する件でございますが、今議会の一般質問通告書の提出期限は、6月10日火曜日午後5時までとなります。そして、要点の補足は6月12日木曜日、質疑終了後5分以内までにお願いすることといたしましたので、議員各位にはあわせてご承知おき願います。  6月12日木曜日は会議を再開し、議案に対する質疑を行いますが、前日の6月11日は議案質疑に対する議員各位の質問内容を整理するため、休会日を挟むことといたしました。さらに、6月12日質疑の日は、質疑終了後一般質問発言順番の決定、意見書の取り扱い等を事前にご提案申し上げてあります各案件につきまして調整協議のための議会運営委員会を開催をいたしますので、委員の方はよろしくお願いをいたします。  今定例会での付託予定議案審査のための委員会審査日程でございますが、会期日程資料にもご提示してありますとおり、議案第56号児童公園議案を建設産経常任委員会へ付託予定となっておりますので、委員並びに説明員として出席される執行部の皆様は日程のご確認をお願いをいたします。  なお、議会広報特別委員長から、6月10日火曜日合同審査終了後に特別委員会を行う旨の連絡がございましたので、お知らせをいたします。  こうした日程によりまして、6月13日金曜日は付託条例議案に対する常任委員会審査日、6月14日土曜日、6月15日日曜日は一般質問準備、休日として、それぞれ休会といたします。  また、今議会での一般質問につきましては、6月16日月曜日に会議を再開し、6月17日、18日の3日間の予定で一般質問を行います。  6月18日最終日は、以上の結果、議案第51号から議案第60号までの上程議案のうち、まずは建設産経常任委員会に付託された議案第56号の委員長報告を受け、委員長報告に対する質疑、討論、採決の後に、議案番号順に上程議案につき討論、採決を行います。  続いて、議員提出の意見書議案のほか議員派遣の件を議題とし、それぞれ討論、採決を行いまして、最後に請願・陳情の付託、各常任委員会、各特別委員会並びに議会運営委員会の閉会中の審査、事務調査の件を議題とし、ご決定いただき閉会となります。  会期並びに日程案といたしましては以上でございます。事務局からの連絡事項でありますが、毎議会ごとに会議録等々申込書が各議員のお手元に配付されているところでありますので、期日までに議会事務局へのご提出をお願いを申し上げます。  なお最後に、議会運営委員会から、円滑かつ能率的な議事運営を図るための議事運営協力要請の件でございますが、過去に開催をされました議員協議会の際に配付された発言の取り消し、訂正に加えまして、新たに議事進行の発言に係る議員必携からの記述を引用した資料を配付させていただいておりますので、それぞれの記述内容をご確認いただき、今後の議会運営の参考としていただくとともに、会議ルールに従った節度ある発言にご注意、ご協力をお願いを申し上げます。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) これから委員長報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。  お諮りします。本定例会会期は、本日から6月18日までの10日間にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から6月18日までの10日間に決定しました。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土居豊榮君) 日程第3、議案第51号から議案第60号までを一括議題とします。職員に議案を朗読させます。 ◎書記(山中貴恵君)    議案第51号  いの町税条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案   議案第52号  いの町国民健康保険条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案   議案第53号  いの町手数料条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案   議案第54号  平成19年度いの町一般会計補正予算(第5号)の専決処分の報告及び承認に関する議案   議案第55号  平成19年度いの町国民健康保険特別会計(直診勘定)補正予算(第3号)の専決処分の報告及び承認に関する議案   議案第56号  いの町児童公園条例の一部を改正する条例議案   議案第57号  平成20年度いの町一般会計補正予算(第1号)議定に関する議案   議案第58号  町道の路線廃止に関する議案   議案第59号  町道の路線認定に関する議案   議案第60号  いの町が当事者である訴えの提起に関する議案  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、議案について提案理由の説明を求めます。塩田町長。       〔町長 塩田 始君登壇〕 ◎町長(塩田始君) 本日は平成20年度第2回定例会を招集しましたところ、議員の皆様方におかれましては、何かとお忙しいところご出席を賜り、本定例会が開催できますことを厚く御礼申し上げます。  今議会は、いの町税条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案を初め、多くの重要案件についてご提案させていただいておるところでございます。  それでは、議案説明に入ります前に、行政報告をさせていただきます。  まず、平成19年度の決算見込みについてでございます。  平成19年度いの町の一般会計の決算見込みは、歳入総額約128億9,000万円、歳出総額約127億4,000万円となり、歳入歳出差し引き額は約1億5,000万円となります。翌年度繰越財源約5,000万円を控除しますと、実質収支は約1億円の黒字となる模様でございます。  なお、その他の特別会計財政諸比率等を含め集計精査し、9月定例議会において確定のご報告をさせていただきます。  また、基金残高につきましては、平成20年度末見込みで財政調整・減債基金合わせて約12億7,000万円、一般会計所管の全基金合計で約61億3,000万円となる予定でございます。  次に、国道194号災害についてでございます。  4月19日午後9時30分ごろ発生しました県管理の国道194号の災害につきましては、発生が夜間であり、二次災害のおそれもあったことにより、4月20日早朝から現地の被災状況を調査していただき、被災現場下方にある人家の住民の方々への自主避難をお願いし、人家への落石防止のための大型土のうを設置していただきました。  当初の崩壊規模につきましては、高さ60メートル、幅60メートル、崩壊土量は約7,000立米とお伺いしております。  早急な仮復旧が望まれることから、国土交通省より4月22日には無人掘削機を2台投入していただき、崩土の除去作業、また24日には夜間作業に備えて、本川側、吾北側に照明車を配置していただきました。  現地におきましては、のり面上部が絶えず動いており、最終的には道路面からのり面最上部までの高さは76メートルとなっております。残土量につきましては、上部切り直し及び安定勾配までの掘削で約1万7,000立米とお聞きしているところでございます。  土木事務所担当課の皆さん、請け負われた事業者の方々のご努力によりまして、5月23日正午には無事片側交互通行が可能となっております。  また、緊急時の通行用として応急に整備しました旧大森トンネルの利用につきましては、いの警察署、仁淀消防署合わせまして延べ10回と報告を受けているところでございます。
     今後の取り組みといたしましては、6月16日の週に予定されております災害査定により、安全・安心の道路となりますようお願いしてまいります。  次に、道路特定財源につきまして、昨年度より国会において議論されておりました道路財源の暫定税率を含む税制関連改正法が4月30日に再可決され、歳入欠陥の拡大に歯どめがかけられ、道路整備への深刻な影響は回避されました。  この道路特定財源が今後どのように取り扱われるかによって、国道33号高知西バイパス、県道及び町道の整備に大きな影響が生じますので、いの町といたしまして、5月12日に道路整備促進期成同盟会高知県地方協議会主催による道路整備費財源特例法の早期成立を求める高知県大会に参加いたしました。  5月13日には、道路特定財源を2008年度以降10年間維持する道路整備費財源特例法が再可決され、国道33号高知西バイパス、県道及び町道の整備に係る地方道路交付金事業の実施が可能となりました。  この地方道路交付金事業につきましては、5月15日に補助金の内示がありましたが、要望額4億7,000万円に対して、内示額は3億4,000万円となっており、1億3,000万円減額となっているところでございます。今後は、変更認可申請時に当初要望額まで増額していただけるように要望していく予定でございます。  また、この特例法が再可決される前に、道路特定財源を2009年度から一般財源化する基本方針が閣議決定されており、道路行政を取り巻く非常に厳しい状況はまだまだ続くのではないかと考えられます。  このような状況ですので、道路交通公共交通手段とするいの町にとって、道路は命の道であり、福祉の道であるため、当町といたしましても、地方道路交付金事業等が後退することにより道整備における地域格差が広がらないよう、今後も引き続き道路財源堅持の取り組みを続けてまいりたいと考えております。  次に、ブロードバンド化の推進についてでございます。  町内でのブロードバンド、いわゆる高速情報通信網の未整備のNTT勝賀瀬、吾北小川、本川局管内につきましては、ADSL誘致のため住民アンケートを実施いたしましたが、誘致が実現できるだけの希望者を確保することができず、ADSLにつきましては断念せざるを得ない状況でした。  しかしながら、若年層を中心とした住民の皆さんや商工業の皆さんからも要望があり、総務省によるブロードバンドゼロ地域の解消といった観点を踏まえ、また旧3町村の情報格差を是正するためにも、この3局管内のブロードバンド化を実現できる方策を検討した結果、高知県新情報ハイウェイを活用し、電波の届く範囲という制約があるものの、無線LANによるブロードバンド化を県の補助事業を導入した上で公設民営方式で推進することといたしました。  これにより、距離や既存の設備上の問題等、やむを得ない場合を除き、NTT局単位では一定ブロードバンド化されることになります。  また、旧伊野町の市街地における光インターネットサービスにつきましては、アンケートによる住民ニーズ調査を踏まえた誘致活動の結果、株式会社STネットによるピカラ光サービスの提供が実現し、現在枝川地区から順次開通しつつあるところでございます。ただ、現在のエリアは、すこやかセンター周辺部以東となっておりますので、今後はより西へのサービスが拡大されるよう事業者への要望を続けてまいります。  次に、日本スポーツマスターズ2008高知大会についてでございます。  日本スポーツマスターズ2008高知大会は、県内9市町村34会場で9月19日から26日まで繰り広げられます。スポーツ愛好者の中で競技志向の高い35歳以上の中高齢者を対象としたスポーツの祭典であり、参加者がお互いに競い合いながらスポーツを楽しむことにより、生涯スポーツのより一層の普及、振興を図り、あわせて生きがいのある社会の形成と健全な心身の維持向上に寄与することを目的としています。  日本スポーツマスターズは、13競技に約6,000人が参加し、国民体育大会に次ぐ大規模な大会でございます。  いの町では、いの町総合運動場野球場で9月20日、21日に軟式野球が開催されます。また、高知県立青少年体育館で9月20日に男子バレーボールが開催され、協賛事業として9月22日にパワーリフティングが開催されるところでございます。  この大会へいの町商工会等がいの町の特産品などを出店販売します。いの町の特産品をアピールできる絶好の機会ではないかと考えているところでございます。  次に、特別養護老人ホームについてでございます。  特別養護老人ホーム吾北荘におきまして、平成19年度に北棟、中棟の耐震2次診断を行った結果、中棟である東西に長い棟におきまして構造耐震判定指標を満足しておらず、耐震補強の必要ありとの結果が出たところでございます。  現在診断結果を受け、耐震補強計画及び耐震補強診断委託業務を発注したところですが、今後本年度中には補正予算を計上させていただき、補強工事を行いたいと考えております。  また、民営化につきましては、平成18年3月に答申を受けましたいの町行政改革大綱やいの町行政集中改革プランに基づき、公立の各施設につきまして民間活力を生かした施設の運営委託を進めているところでございます。  このような状況のもと、吾北荘につきましても、旧吾北村時代から検討されており、また行政改革の一環として、さらには長期的な展望に立ち、民営化を進めるための検討、協議を重ねているところでございます。  今後、入所者及び家族や職員との協議を進めながら、準備が整い次第民営化への移行を進めてまいります。  次に、いの町観光協会についてでございます。  平成18年4月1日に設立されてから2年数カ月が経過し、観光やイベントの情報を提供しているホームページへのアクセス数は、月平均約4,700件で、増加傾向にあるところでございます。  設立時の目標は、自立した観光協会であり、そのためにも収益事業の拡大を図るべく、今後はインターネット販売といった分野にも業務を展開し、収益の向上を図り、補助団体のまま推移しないように、自立に向けた活動を推進していく必要があると考えております。  そのためには、経営に関する経験と識見を有する人材が必要であり、現在人材の確保に努めているところでございます。  次に、債権回収の推進でございます。  債権回収につきましては、税務課を初めとして各担当部署で鋭意努力しているところでございます。  今議会で議案として提案させていただいておりますが、いの町の差し押さえ処分に対して、第三債務者がその取り立てに応じないことから、法律に基づき訴訟の提起をしなければならない事例が発生いたしました。  差し押さえ処分に応じないなどということは到底許されることではなく、いの町としてまことに遺憾で残念なことでございます。  また、公平公正な行政を執行する責任者として、債権回収を推進していく上でどうしても最終的には訴訟等の手続が必要となってまいります。  このため、今後におきましては、債権回収を迅速かつ円滑に行うため、議会の皆様のご理解、ご協力を得たいと考えているところでございます。  次に、仁淀病院関係についてでございます。  病院改築に係る基本設計につきましては、昨年12月に発注を行い、毎週水曜日の夜間を中心に設計事業者と病院職員による13回の打合会を経て、3月下旬に完了したところでございます。  現在は実施設計に入っており、本年11月末までに設計業務を完了させたいと考えております。  基本設計は、改築委員会のご意見も反映させながら、基本計画に基づいて、建築規模は6,027平米、病床数は100床をもとに設計を行っていますが、鉄骨等資材の大幅な上昇などにより、現時点で14%程度の建設費アップとなっているところでございます。  今後、さらに資材等のアップも懸念されますが、実施設計に当たっては、可能な限り上昇率を抑えた建設費となるよう指示をしているところでございます。  近隣地域への改築計画に関する説明会につきましては、20-5区及び27区の一部の地域にお住まいの方に対しまして、去る6月4日に開催し、ご理解、ご協力をお願い申し上げたところでございます。  次に、給食業務の委託でございますが、4月1日から委託先であります富士産業株式会社による食事の提供を開始しておるところでございます。移行に当たっては大きな混乱もなく、まずは順調にスタートできたと考えているところでございます。  次に、吾北山村開発センターについてでございます。  吾北山村開発センターいわゆる吾北むささび温泉指定管理者につきましては、本年3月議会で議決をいただき、四国環境管理センターがその業務を行ってきたところでございますが、平成20年5月30日付で同社より、原油価格の上昇によりガソリンが値上がりし、来客が減少するだけでなく、電気代、ガス代、食料品、日用品などの値上げを通じ、吾北山村開発センターの運営経営が困難となったとして、期日を6月30日で指定管理者の取り消しのお願い文書が提出されました。  町といたしましては、現在の社会情勢等を総合的に判断し、同社と協議の上、指定の取り消しを行うことといたしました。  現在新たな指定管理者を指定するため、町内の公共的団体と協議をしているところでございます。  いずれにいたしましても、地域や利用者の皆さんが引き続き安心して利用できるよう取り組んでまいります。  次に、高知西バイパスの状況についてでございます。  工事関係につきましては、既に発注されております天神高架橋上部工事は、現在、昨年度完成しています新仁淀川橋2径間の上部を工事ヤードとし、橋げたの製作が行われております。また、残る4径間の延長333メートルの新仁淀川橋上部工事につきましても、鋼製橋げたの工場製作が行われているとお聞きしております。  一方、用地関係につきましては、道路特定財源の問題で予算執行が一時ストップ状態でしたが、鎌田から西浦地区までは引き続き個別の用地交渉を進めることができるようになりました。  枝川地区につきましては、天神ヶ谷川改修が伴いますので、現在県と国との負担割合のための協定を結ぶ協議を行っているところとお聞きしています。  鎌田インターから波川地区につきましては、昨年7月の説明会から、仮幅ぐい設置、現地協議と、非常に短い期間内に地元の皆様のご協力のもと事業が進んできました。  これに伴い、地元の相談窓口でもあります高知西バイパス波川地区連絡協議会も設立していただくことができました。  また、鎌田から波川間の周辺整備事業の協議も調い、高知西バイパスの事実上の合意となります周辺整備事業の覚書につきまして、協議会、県、町、国で調印を行いました。これにより、いの町をエリアとします高知西バイパスⅡ期区間であります枝川から波川間5.5キロメートル設計協議がすべて調うこととなりました。  今後の道路行政は厳しい状況が考えられますが、早期の高知西バイパス全区間完成に向け、町としても引き続き強く要望を続けていきたいと考えております。  次に、直轄砂防の状況についてでございます。  国土交通省の直轄砂防区域であります本川地区におきまして、現在砂防堰堤3カ所、事業の推進を行っていただいております。  まず、脇ノ山の在所谷第2堰堤は、町営住宅脇ノ山荘の上流に位置し、高さ12メートル、幅48メートルの砂防堰堤を1基、垂直壁工が2基、流路工を80メートル計画しており、平成19年度に地権者のご理解をいただき用地買収が完了しております。本年度より工事に着手し、平成21年度を完成目標として事業を進めていただいております。  次に、長沢の境小谷堰堤は、本川総合支所北側に位置し、高さ10メートル、幅26メートルの砂防堰堤を1基、垂直壁工が5基、水路工を80メートル計画しており、平成19年度に地権者の同意が得られましたので、本年度に用地買収、工事に着手し、平成21年度を完成目標として事業を進めていただいております。  次に、越裏門の東谷堰堤は、国指定重要文化財山中家住宅の東側に位置し、高さ15メートル、幅82メートルの砂防堰堤を1基、垂直壁工が2基、水路工を90メートル計画しており、平成19年度に現地測量、詳細設計が完了し、本年度用地調査を実施すると伺っております。用地調査が完了次第、用地買収に着手し、平成23年度を完成目標として事業を進めていただいております。  町といたしましても、今後も住民の方々の生命財産を守り、地域の皆様が安全で安心に生活できるよう、直轄砂防事業の推進に全面的に協力していくとともに、早期完成に向け国に強く要望していきたいと考えているところでございます。  次に、本日提案しております議案第51号から第60号について、提案理由説明をさせていただきます。  議案第51号いの町税条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案でございます。  本議案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成20年4月30日に衆議院で再可決、成立し、同日公布施行され、住民税の寄附金控除の拡充、新築住宅に対する固定資産税の減額特例の延長、住民税を公的年金から特別徴収する制度等の創設がなされたことにより、いの町税条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認を求めるものでございます。  議案第52号いの町国民健康保険条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案でございます。  本議案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成20年4月30日に衆議院で再可決、成立し、同日公布施行され、国民健康保険税の課税額に後期高齢者医療支援金等課税額が創設されたことに伴い、最高限度額の見直し、保険税減免制度の拡充がなされたことにより、いの町国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認を求めるものでございます。  議案第53号いの町手数料条例の一部を改正する条例の専決処分の報告及び承認に関する議案でございます。  本議案は、戸籍法の一部を改正する法律が平成20年5月1日から施行されたことに伴い、地方公共団体の手数料の標準に関する政令において引用している戸籍法の規定が変更され、いの町手数料条例の一部を改正する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認を求めるものでございます。  議案第54号平成19年度いの町一般会計補正予算(第5号)の専決処分の報告及び承認に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ2,050万円を追加し、累計予算総額を128億6,710万円とするものでございます。  この主な内容は、歳入では、地方譲与税、地方交付税、地方債等の額の決定によるもので、歳出では、決算見込みにおける不用額の減額及び減債基金への積み立てでございます。  地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、ご承認を求めるものでございます。  議案第55号平成19年度いの町国民健康保険特別会計(直診勘定)補正予算(第3号)の専決処分の報告及び承認に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ549万8,000円を減額し、累計予算総額を8,580万4,000円とするものでございます。  この内容は、繰入金のうち一般会計繰入金が不用となることの確定等によるものでございます。一般会計繰入金の減額の主な要因といたしましては、医業費336万6,000円の減額です。疾病状況や検査回数、受診回数等により変動いたしますが、医薬品衛生材料費の減額が大きく影響しているところでございます。  地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。  議案第56号いの町児童公園条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、沖田地区においていの町土地開発公社が都市計画法第33条第2項の規定により設置した広場を、同法第39条の規定により公園としていの町が管理するため譲与を受けましたので、所要の改正を行うものでございます。  議案第57号平成20年度いの町一般会計補正予算(第1号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ8,090万円を追加し、累計予算総額を124億4,670万円とするものでございます。  歳入の主なものは、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金等国庫支出金を938万4,000円、高知県元気のでる市町村総合補助金等の県支出金を2,113万4,000円、減債基金繰入金を1,878万5,000円、バス購入に係る日本宝くじ協会助成事業等諸収入を529万7,000円、合併特例事業債等の町債を2,630万円それぞれ増額するものでございます。  歳出では、投資的経費は、ブロードバンド整備事業等に係る普通建設事業費を5,005万4,000円、国道194号県工事負担金の災害復旧事業費を2,075万円をそれぞれ増額し、その他の経費は、移住・交流受入システム支援事業等物件費を639万8,000円、羽根都計住宅解体工事等の維持修繕費を329万3,000円、国庫返還金等の補助費等を40万5,000円それぞれ増額するものでございます。  議案第58号町道の路線廃止に関する議案でございます。  本議案は、天神ヶ谷川河川改修工事に伴い、町道としての機能を一部喪失し、路線の起点の変更があったため、道路法第10条第3項の規定に基づき廃止しようとするものでございます。  議案第59号町道の路線認定に関する議案でございます。  本議案は、国道194号のバイパス一部供用、農道の町道への転用、天神ヶ谷川河川改修工事に伴う起点の変更についてそれぞれ路線の認定を受けようとするものです。  議案第60号いの町が当事者である訴えの提起に関する議案でございます。  本議案は、滞納者の給与財産を差し押さえるため、平成20年1月8日債権差し押さえ通知書を送達したところ、給与支払い者である株式会社ひなた電設工業がいの町への支払いをしなかったので、本来の差し押さえ金額月額12万2,000円、2月から5月までの合計額48万8,000円の取り立て訴訟を提起することにつき、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。  以上でございますので、ご審議のほどよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(土居豊榮君) 以上で提案理由の説明は終わりました。  以上で本日の日程は全部終了しました。  お諮りします。6月10日は合同審査のため、6月11日は議案精査、研究のため休会とし、6月12日再開したいと思いますが、ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。6月10日から6月11日までを休会として、6月12日午前10時に再開することに決定しました。  本日はこれで散会いたします。       散会 10時44分