運営者 Bitlet 姉妹サービス
いの町議会 > 2006-03-09 >
いの町議会 平成18年第1回( 3月)定例会-03月09日−02号
いの町議会 平成18年第1回( 3月)定例会-03月09日−02号

ツイート シェア
  1. いの町議会 2006-03-09
    いの町議会 平成18年第1回( 3月)定例会-03月09日−02号


    取得元: いの町議会公式サイト
    最終取得日: -
    DiscussNetPremium いの町議会 平成18年第1回( 3月)定例会 - 03月09日-02号 いの町議会 平成18年第1回( 3月)定例会 - 03月09日-02号 いの町議会 平成18年第1回( 3月)定例会            平成18年第1回いの町定例会会議録 招集年月日  平成18年3月9日(木曜日) 場   所  い の 町 議 事 堂 出席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名1番伊  藤  隆  茂13番筒  井  幹  夫2番池  沢  紀  子14番畑  山  博  行3番筒  井  三 千 代15番森     幹  夫4番井  上  敏  雄16番永  野  和  雄5番伊  藤  浩  市17番筒  井  公  二6番久  武  啓  士18番筒  井  一  水7番大  原  孝  弘19番西  内  淳  補8番北  岡  義  彦20番松  木  健  二9番高  橋  幸 十 郎21番森  木  昭  雄10番筒  井  鷹  雄22番森  田  千 鶴 子11番川  村  隆  通23番山  岡     勉12番伊  東  尚  毅24番土  居  豊  榮 欠席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名                                                                                                 事務局職員出席者 事務局長藤  岡  孝  雄書  記山  中  貴  恵 説明のため出席した者 町  長塩  田     始助  役小  松  保  喜教 育 長濱  田     啓 吾北総合支所長筒  井  正  典環境課長伊  藤  孝  造本川総合支所長本  山  博  文上下水道課長矢  野  哲  男出納室長上  田  敬  介税務課長補佐中  嶋  隆  司吾北総合支所次長田  岡     徹町民課長堀  地  省  三本川総合支所次長松  本  健  市ほけん課長吉  良  正  道総務課長岡  林  正  憲福祉課長高  橋  雅  英企画課長中  澤  一  也偕楽荘所長尾  崎  和  敏技術監理課長濵  田  孝  男仁淀病院事務長山  中  浩  之建設課長井  上  正  男教育次長青  木  利  実産業経済課長山  崎  豊  久            
              平成18年第1回定例会議事日程(第2号)           平成18年3月9日(木曜日)午前10時開議            第1 議案第1号から議案第64号まで質疑            第2 議案第65号 いの町福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例議案               (町長の提案理由説明、合同審査、質疑)            第3 議案の付託               (一般質問の補足は議事日程終了後5分以内)       開議 10時0分 ○議長(土居豊榮君) これから本日の会議を開きます。  今日執行部から議案第65号が追加提出され、お手元にお配りしてありますので、ご報告します。  なお、議事の都合上、追加議案に係る議案の朗読、提案理由の説明、合同審査並びに質疑は、議案第64号までの質疑を終えた後に行いますので、ご了承願います。  日程に入ります前に、合同審査において議案並びに参考資料についての訂正説明がありましたので、本日本会議正場において改めて訂正説明を求めます。  発言を許します。伊藤環境課長。 ◎環境課長(伊藤孝造君) おはようございます。  議案第3号の訂正をお願いいたします。  議案第3号いの町ポイ捨て及びふん害防止条例の第3条第2項第3号「その他環境美化に必要と認める事項。」とありますけれども、「。」句点を削除願います。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、中澤企画課長。 ◎企画課長(中澤一也君) おはようございます。  議案第40号予算説明書の34ページをお願いします。  「天王行きバス運行1,211万7,000円」を「池ノ内天王行きバス運行770万7,000円、代替バス運行441万円」に訂正をお願いします。  続きまして、同じく34ページ、18節「池ノ内行きバス500万円」を「池ノ内天王行きバス」、同じく500万円ですが、に訂正をお願いします。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 今日お手元へお配りしておりますように、平成18年度の一般会計所属別当初予算の特徴、主要施策の概要につきまして、合同審査でもお願いしましたように、この表のとおり訂正をお願いしたいと思います。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 一般会計所属別当初予算の特徴、主要施策の概要でございますけれども、その中の町民課関係で、下の端でございますけれども、支給対象者児童数「1,100人」を「1,560人」に訂正させていただきます。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、吉良ほけん課長。 ◎ほけん課長(吉良正道君) 議案第40号の参考資料であります平成18年度一般会計所属別当初予算の特徴、主要施策の概要の6ページでございます。正誤表のとおり、下段、下から4段目、「4,941万9,000円」を「4,934万2,000円」に訂正お願いします。  そして、その最下段でございます。当初予算計上額を、「986万2,000円」を「908万3,000円」に訂正をお願いいたします。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、濵田技術監理課長。 ◎技術監理課長(濵田孝男君) 同じく、主要施策の概要、18年度の一般会計の主要施策の概要の11ページでございますが、下の表の当初予算計上額、上から3番目の74万5,000円とその下の「69万6,000円」が入れかわってましたので、訂正をお願いをいたします。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、濱田教育長。 ◎教育長(濱田啓君) 教育委員会の訂正をお願いいたします。  吾北教育事務所の主要概要の項目でございます学校給食施設の数字「2億1,358万2,000円」を「2億1,366万2,000円」に、そして詳細、効果等の項目などに掲載してあります、委員会開催費の「58万2,000円」を「66万2,000円」に訂正させていただきます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、山中仁淀病院事務長。 ◎仁淀病院事務長(山中浩之君) 昨日の合同審査の中で訂正をお願いいたしました議案第53号でございますが、お手元に配付をしています正誤表のとおり訂正をよろしくお願いいたします。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 続きまして、山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 議案第59号でございますが、変更計画概要書の2ページ、一番上の行でございまして、「二級河川の勝賀瀬川」とありますが、「二級河川の」という5文字を削除していただきたいと思います。  それと、あと3行下に「ブラジルへの移住者多いこと」となっておりますが、「ブラジルへの移住者が多いこと」ということで、1字「が」という字を「移住者」の次に挿入をしていただきたいと思います。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 以上で議案及び参考資料に係る訂正説明が終わりました。  お諮りします。議案第3号いの町ポイ捨て及びふん害防止条例議案は、ただいまの訂正説明のとおり議案を訂正することにご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、議案第3号いの町ポイ捨て及びふん害防止条例議案は、ただいまの訂正説明のとおり議案を訂正することに決定しました。  次に、議案第40号についてお諮りします。議案第40号平成18年度いの町一般会計予算議定に関する議案は、ただいまの訂正説明のとおり予算説明書並びに参考資料を訂正することにご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、議案第40号平成18年度いの町一般会計予算議定に関する議案は、ただいまの訂正説明のとおり予算説明書並びに参考資料を訂正することに決定しました。  次に、議案第53号についてお諮りします。議案第53号平成18年度いの町病院事業会計予算議定に関する議案は、ただいまの訂正説明のとおり議案を訂正することにご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、議案第53号平成18年度いの町病院事業会計予算議定に関する議案は、ただいまの訂正説明のとおり議案を訂正することに決定しました。  次に、議案第59号についてお諮りします。議案第59号いの町営土地改良事業の変更に関する議案は、ただいまの訂正説明のとおり変更計画概要書を訂正することにご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、議案第59号いの町営土地改良事業の変更に関する議案は、ただいまの訂正説明のとおり変更計画概要書を訂正することに決定しました。  これより日程に入ります。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土居豊榮君) 日程第1、議案第1号から議案第64号までを一括議題とします。  これから質疑を行います。  議案第1号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 合併協議会とかでも、見落とすといったら言葉が悪いですけれども、そういったことも考えられるので、合併前後なんですけれども、後いろんなところで広域の行政組合も含めまして、もう少し連携といいますか、職員さんのコミュニケーションも含めてそういったところが大事じゃないかと思いますけれども、以後そういったことに気をつけていく必要があるのではないかと思い、質問します。助役でしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 小松助役。 ◎助役(小松保喜君) 2番議員さんのご質問にお答え申し上げたいと思います。  この件につきましては、12月議会におきまして、5町村の議会へもお願いし、また再度こうしてお願いしておりますが、大変申し訳なく思っておるところでございます。  理由といたしましては、全体の5町村の事務を嶺北広域の事務組合が総括してやっておられると、これまでもすべての事務をやってこられておりましたので、それに余りにも信用し過ぎたかな、お任せし過ぎた点もあったんじゃないか、そのように思います。  また、仁淀と、あるいはいの町と、あるいは嶺北とのこれまでの事務処理の進め方の違いというものに対する認識が少し不足しておったと、このように考えますし、嶺北の方から協議前にいただきました財産の台帳の写し等につきましても、もう少し抜けていることに気がつくべきであった、このようにも思います。  ご指摘のとおり、それぞれの合併協議におきましてもそれぞれの事務組合との協議もなされてきているところでございます。今後におきましても、このようなことがないように十分職員等も気をつけてまいりたい、このように思います。よろしくお願い申し上げます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第1号の質疑を終わります。  議案第2号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第2号の質疑を終わります。  議案第3号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 第10条について、立入調査なんですけれども、町長はこの条例の施行に必要な限度において指定した職員に次の各号に上げる行為をさせることができるということですが、この指定した職員ということは担当部署に当たるかとか思いますけれども、そこの調査権って言ったら語弊があるかもしれませんけれども、どれだけの権限を持たせるのか、罰則も入っておりますので、そういったことをどこまで詰めているのか、お伺いします。 ○議長(土居豊榮君) 伊藤環境課長。 ◎環境課長(伊藤孝造君) 池沢議員のご質問にお答えします。  条例10条の立入調査につきましては、職員につきましては、立入調査証という証明書を発行してその職員が立ち入るということになります。ごみが散乱されている土地とか自動販売機が設置されている土地にということでございますので、現実にそういう部分は余り出てこないんじゃないかとは思いますけれども、そのまんま放置されている場合は、調査証を提示して調査をして当事者に理解を求めていくということで、そのまま放置しておく訳にはいきませんので、立入調査もできるという規定を設けているところでございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第3号の質疑を終わります。  議案第4号の質疑に入ります。質疑はありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 議案第4号いの町国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例議案ということですが、歴史の歯車、また歴史は繰り返されるというような言葉がちょっと頭をよぎる訳ですが、この条例の制定が何ゆえに必要やと思われたんでしょうか、町長にお伺いをいたします。何ゆえに今議会にこの条例を提案されたのか、お伺いをいたします。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 山岡議員のご質問にお答えいたします。  まず第1点は、法律で設置義務が課せられておることが1点。  第2点目、いの町町長としても町民を守っていくといった責務でございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。
    ◆23番(山岡勉君) それと、もう一つお伺いしておきますけど、現在町内でいわゆる自主防災組織が順次組織されておる訳ですが、この自主防災組織と何かリンクする部分は少なからずあるんでしょうか、ないんでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 武力攻撃を受けたときの自主防災組織といったものは、リンクするというのは考えておりません。  ただ、後の復旧といった面についてはリンクしていただきたいというふうに考えております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) ということは、町長、こういった条例議案は県下市町村全部で3月の今出てきていると、全国も一斉に提出されているということですか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 池沢議員のご質問にお答えします。  県の方からの指示としましては、一応この本年度中に策定してほしいという要望がありましたのでいの町は出しましたが、多分県のそういう依頼のもとに県下の市町村についてもこの3月議会へ上程しておるものと考えております。 ○議長(土居豊榮君) 22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) 国民保護法ですけど、国民保護法には計画の作成期限はなくって、それで基本指針等は法令ではないと思いますけれども、ですから計画の不作成は法令違反にはならないと私は思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 森田議員のご質問にお答えいたします。  計画の作成が期限がないので法令違反ではないんじゃないかといったご質問がございました。山岡議員にもお答えいたしましたとおり、いの町として町民を守っていくといった決意でこの条例を提案させていただいておるところでございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質問はありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 町長、先ほどの答弁では、いわゆるこの条例の制定が法律で義務づけられたからというてご答弁されてなかったですか。それやと今のご答弁とはちょっと矛盾するんで、22番議員も言いゆうように、これは別にこの条例を制定しなくても、法律でこういうことが義務づけられてないというたしか質問やったと思うんですので、そこら辺きちんと整理しといてください。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 山岡議員のご質問にお答えします。  この武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第35条の中で、市町村の国民の保護に関する計画ということで、市町村長は都道府県の国民の保護に関する計画に基づき国民の保護に関する計画を作成しなければならないと法でうたわれておりますんで、当然つくっていかないかんというふうに考えております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにございませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第4号の質疑を終わります。  議案第5号の質疑に入ります。質疑はありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 同じく、この条例の制定が何ゆえに必要やと思われて提案されたんでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 山岡議員のご質問にお答えします。  これも先ほどの法律の中で、第39条で協議会の設置が義務づけられておりまして、それに基づいて協議会を置くということでございます。  それで、この協議会の中で、その保護の計画とかを諮問して協議会に諮らなくてはならないということも決まっておりますので、そのための協議会ということになります。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 第2条の協議会の委員の定数は20人以内とするということで、どういった方が委員に選ばれるのかと質問を合同審査でもいたしましたけれども、この中での、言葉が悪いかもしれませんけれども、有識者が何人かって説明がありましたけれども、そこの有識者のところをもうちょっと詳しく、一般といいますか、町民の方の、例えば有識者としてのくくりがちょっといま一つ理解できない部分があったので、再度お尋ねします。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 池沢議員のご質問にお答えをいたします。  この保護協議会の委員につきましては、これも法の中でこういう者の中から選ばなくてはならないというくくりがございまして、その中で、国民の保護のための措置に関する知識または経験を有する者ということになっております。この者の中からも任命をしたいというふうに考えております。まだ具体的な人選については決まっておりません。具体的には、そういう自衛隊のOBさんでありますとか警察のOBさんでありますとかという方がこの方に該当するものだと思われます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) ということは、全員が町の職員、町の職員さんになるのかな、こないだの合同審査でしたら、職員さんと自衛隊の人と県の職員さんと助役、教育長、消防長、消防団長、公共機関で四国電力、それプラスの有識者ってたしか言われたと思いますけれども、その有識者が自衛隊のOBの方も入る。そしたら、いわゆる、例えば主婦とかそういう本当に一般、普通に、普通に生活、語弊がありますね、どう言うたらええん、いろんな世の中には考え方があって、いろんな仕事を経験していって考え方ができてくる訳ですけれども、合同審査と今のお話を聞いておったら、考え方といいますか、広くみんなが生きてる訳ですけれども、そういったところで考え方の偏りが危惧されはしないかというような状況に陥るようなメンバーではないやろうかという危惧があるんですけれども、そういったところの解消策っていうのはなされない訳ですか。だから、主婦とかあるいはそういったメンバーは全く除外されるというような法のくくりですか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 池沢議員のご質問にお答えいたします。  この知識または経験を有する者というのは、やっぱりこの武力攻撃事態のこの法律に基づいてその計画を練るための知識を有する者ということになりますので、一般の主婦とかそういう方についてはそれほど知識を有する者とは考えられませんので、やっぱりそれなりのこの件に関して特に知識を有する者というふうなことの中から選ぶのではないだろうかというふうに考えております。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 攻撃を受けるときの知識を有する者、攻撃を受けた後のフォローする知識を有する者、両方で考えなくてはならないと思います。つまり、先ほど自主防災組織といった話がありましたけど、自主防災組織のトップであるとか、例えば自衛隊OBであるとか、そういった受けた後のフォローの知識を有する人もこの中に入ってくるものと認識しております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質問はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 今総務課長の答えがあったんで何かぐちゃぐちゃと言われたんですが、そういったことを言われると、また余計にちょっとどうかなというようなところもありましたけれども、平たく言えば、強権的に周りをというか私たちを押しつけられるようなことを協議されやしないかとかというような懸念があって、偏ったという言葉も悪いかもしれませんけれども、ある一面性を持った人たちの特定のメンバーで全体を画一的に、画一的な対応といいますか、そういう感じで縛られやしないかという懸念があったもので質問をさせていただいておりますが、私が安心するような答えを求めます。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 池沢議員の言われるとおり、行政といたしましても有識者の選任につきましては十分配慮を行ってまいりたいと考えております。 ○議長(土居豊榮君) 22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) 非常にあいまいだと思うので、住民の命と安全を守るのは本当に行政の長の本来の役目だと思いますけれども、それやったらもっと災害とか、今町民に求められているのは、南海地震などに備えて自然災害に万全の準備をすることが今私は町民に求められているのではないかと思います。そして、それを国民保護、こんなんつくってですよ、もし、もしですよ、来て、これがあって、町民の保護を町長はこれをつくって守ることができるとお考えになりまか。ちょっとこれを出すのは、私時期が早いと思うのですけど、撤回されるお考えはないでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) まずは、結論から申しますと、撤回する意思はございません。  そして、町民の皆さんが今本当に望んでおるのは、森田議員の言われるとおり、防災面のことが本当に今望んでおられると思います。そのために、いの町の防災計画も立ち上げまして、自主防災組織でも支援をし、みずからの地域はみずからで守るといった意識の高揚を図っているところでございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかに。20番、松木健二君。 ◆20番(松木健二君) 今、2番議員さんの質問を聞いてまして、何か協議会の委員さんは個人的に選ぶというような何かやりとりがあったような気するんですけども、この第5条、幹事という項目に、幹事は委員の属する機関の職員のうちから町長が任命するというような項目があるんですけれども、私これを読む限りでは、委員さん個人というよりは団体を主体にしてるんじゃ、ある部分団体、電力さんとか自衛隊も含めて、団体を委員というような考え方で選んでるんじゃないかと理解するんですけれども、これについて正しいのか、間違ってるのか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 松木議員のご質問にお答えします。  確かにこの委員の構成というのは、国の職員、それと自衛隊の職員、県の職員、それから市町村の助役でありますとか教育長でありますとか町の職員とかそういう、あとそれから指定公共機関の職員ということで電力さんが入りますが、こういう団体もありますし、それともう一つ知識及び経験を有する者と個人を指している委員もおるということです。  ここで言いますこの幹事さんというのは、先ほど言いました知識及び経験を有する者以外の団体の中の職員ということを指して幹事さんということになってます。幹事さんというのは、ここで言います15名というのは、委員の属する機関の職員のうちからということになりますので、団体の中の職員ということになりますので、この下の端の、先ほど言いました知識及び経験を有する者、これはもう個人になりますので、それ以外のところの団体から幹事さんを選ぶということになります。 ○議長(土居豊榮君) 20番、松木健二君。 ◆20番(松木健二君) それは書いてあるとおりでわかるんですけれども、その個人の委員さんは別にして、15名幹事を選ぶということは15団体ある訳よね。そやなかったら幹事を選べん訳ですから、個人やったら、奥さんを選ぶ訳にいかん訳ですから。だから、そういうふうに見てとったら、大半は団体をこの協議会のメンバーにある程度加味していると考えていいのかどうかということを聞きよる。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 松木議員のご質問にお答えします。  15名以内ということでございまして、1つの団体から幹事を1人ということではございません、2人選んでも構いませんので。そういうことで、この団体数イコール幹事の数ということではありません。1つの例えば団体の中から2人の幹事さんが出てくる場合もあります。そういうことでございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。8番、北岡義彦君。 ◆8番(北岡義彦君) 議論されておりますが、この法律に基づいて対策本部をつくって、それから協議会も設置すると、そういうことになれば、財政的な支援というものがどのようなものが考えられるか、その辺についてはいかがですか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 北岡議員のご質問にお答えします。  今のこの協議会をつくるとかそういうものについては財政的な支援はありません。ただ、復旧とか、仮に武力攻撃がありまして、復旧するというときにつきましては、国の方からの支援があると、このように聞いております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 8番、北岡義彦君。 ◆8番(北岡義彦君) この支援というのは、今まで従来にも災害復旧のための支援がある訳で、その程度の支援ということですか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 北岡議員のご質問にお答えします。  今聞いておるのは、その程度ということで、詳しくは、例えばこういうことがあった場合についてどこまでやるというふうなことまでは、詳細についてはまだ私どもの方は聞いておりません。 ○議長(土居豊榮君) 23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 議論の中で、武力攻撃、武力攻撃と言って、そういう言葉が出てくるんですが、実際にじゃあ今の世界情勢、アジア情勢、そういったものを考えて、どういった武力攻撃を頭の中に置かれておるんでしょうか、ちょっと是非教えてほしいんですけど。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) まず、ミサイルであるとか、いわゆる兵隊が押し寄せてくるとか、それと細菌ですね、菌の攻撃であるとか、そういったものを想定しております。 ○議長(土居豊榮君) 16番、永野和雄君。 ◆16番(永野和雄君) この条例化をしていくということはやむを得ないかもわかりません、今の国、県の流れからして。私はやむを得ないという、非常にこういう条例を策定せないかんこと自体が非常に悲しいことだと思っておる訳です。次期総理になろうとしておる人たちがこの間うち言っておるのは、あの第二次世界大戦は侵略戦争であったとはっきり言っておる人もおられる、そうじゃなかったということを言われておる。先ほど総務課長から、この委員を選ぶのに、皆こうこうした者とか選ぶとか言われておりますけど、私どもはあの高知空襲に遭っとるんです、直接。これは大変なことで、これはどうやって指揮をとるじゃいうことは全くできないし、私ら小学校から復旧には各学校へ勤労奉仕に行ったんですよ。こんなことを見てみたら、是非もう武力という、こんなことを国が想定して将来、近い将来にこういうことがあるだろうということでこういう法とか条例をつくらないかんというのは非常に悲しいことですから。しかし、こうやって出てきちゅう以上は否定はしませんけれども、生命、財産、大切なことがあります。非常に悲しいことであるということを私はこの議場で声を大きくして言っておきたいことです。  以上。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 本当に私もこの条例を策定して、町民が相手に向かって戦うといったことは考えておりません。あくまで避難、要するに身体の安全といったものを最優先で考えておりますので、当然町民であれだれであれ、武力なしに武器なしに戦うというのはできないことでありますので、あくまでメインは避難、そして国の支援を要請するといったところをメインに置いてるところでございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) 私が調べたことと総務課長の答弁とはちょっと食い違っておりますけれども、私はこの基本指針、制作の作成期限はなくって、基本指針は法令ではありませんから、計画の不作成は法令違反には当たらないというふうに調べている訳ですけれども、そこらあたり法令違反になるのか。実際、これをつくらずに国連の条約のもとに平和都市宣言をしている都市も日本の国には国立市をはじめ幾つかありますが、これをつくってというか、それをつくらす、私もはっきりはわかりませんけれども、やっぱりもう少し議論を進める、深めるべきではないか。この議会ではちょっと早過ぎて時期尚早ではないかと思いますけれども、町長、いかがでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) お答えします。  この保護法の35条でこういう文句がうたわれております。市町村長は、都道府県の国民の保護に関する計画に基づき国民の保護に関する計画を作成しなければならない。この中で、作成をいたしましたら、市町村長はその国民の保護に関する計画を策定したら、速やかにこれを議会に報告するとともに公表しなければならないと、こういうこともうたわれておりますので、当然作成しましたら、議会へも報告し、住民の皆様へも公表するということがこの35条でありますので、これに基づき策定せないかんものというふうに考えております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第5号の質疑を終わります。  議案第6号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第6号の質疑を終わります。  議案第7号の質疑に入ります。質疑はありませんか。4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) 議案第7号の質疑をします。  新しい条例の改正によりますと、福祉課に対して事務が非常に重なってるといいますか、福祉課の事務が大分増しておりますし、ほけん課が保健衛生に関することと、こうなっておりますけれども、これを見ますと、やっぱり事務の配分の均衡からいってもやっぱりこれちょっとどうかと思うんですが。現在の構造改革からいえば、こういうことになれば、やはりスリム化ということで前のようにほけん福祉課に戻すべきじゃないかと、そのように考えておりますけれど。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 井上議員のおっしゃられるとおり、スリム化を優先するならば、2課を1課に統合するのが行政の、私の方針の役割だと思うんですけど、今私の方も保健という予防といった面に力を入れておる時期でございます。もう少し保健といった仕事を幅広くやらせていただきたいと思い、この議案を提案させていただきました。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 4番、井上敏雄君。
    ◆4番(井上敏雄君) これが可決されますと施行されるんですが、そしたら4月1日からの施行ということになると思いますけど、そうすると住民に徹底する時間とか、そういうふうに住民に周知するということについてはどのように考えておるのか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 住民の皆さんが保健であるとか福祉であるとかといったときに、たまたま同じ建物の中で同じフロアの中で業務をやっておりますので、そんなに混乱はないというように理解はしております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 先ほど町長は、介護予防事業にこれから重点を置いていきたいというようにおっしゃられた訳ですが、その介護予防事業に重点を置くことが、いわゆる今までのほけん課の担当から福祉課へ移ることとどういう正当な理由があるんでしょうか。今までどおり、ほけん課の方で介護予防事業に力を入れてやっていくということではだめなんでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 山岡議員のご質問にお答えいたします。  私は、介護予防といった発言はしてなかったと思うんですけど、そのようにとられてもやむを得ないと思うんです。ただ、介護といった業務を今ほけん課と福祉課で両方でやっておるんです。介護保険法が改正になって、要支援、それから介護度1の2分割化とかといった問題があり、一元化することによって業務がスムーズにいくのではないかと考えております。これは、担当課長とも話をしながら進めておるもので、私のデスク上の企画ではないということはご理解願いたいと思います。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 介護保険に関することについて、携わっている正職員の数と、臨時職員さんがいらっしゃればその数は何人ですか。 ○議長(土居豊榮君) 吉良ほけん課長。 ◎ほけん課長(吉良正道君) 介護保険の係は、係長ほか3名でございます。そして、ほけん課の中では、それと調査員3名臨時の方ですが、調査員として3名雇用しております。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありますか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 確認します。正職が3人で、臨時の調査員が3人でよろしいですか。 ○議長(土居豊榮君) 吉良ほけん課長。 ◎ほけん課長(吉良正道君) 正職が係として4人、そして臨時の調査員が3名。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありますか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第7号の質疑を終わります。  議案第8号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第8号の質疑を終わります。  議案第9号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第9号の質疑を終わります。  議案第10号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) いの町病院事業の設置等に関する条例の一部改正の条例議案ですけれども、合同審査でお答えがありましたように、現在の町立の訪問看護ステーションには2人の正職員の方と2人の臨時職員の方。それで、この条例の改正によって2人の正職員の方と2人の臨時職員の方ですかね。それで、前から質問をしておりましたけれども、仁淀病院の方と連携、こうなったときに、この改正によって、なったら、24時間対応ができるとかという話も聞いておりますけれども、その勤務体制といいますか、そういったことはどうなるのかお尋ねします。 ○議長(土居豊榮君) 山中仁淀病院事務長。 ◎仁淀病院事務長(山中浩之君) 池沢議員にお答えをいたします。  正規の職員につきましては、現行の2名体制を当面は続けたいというふうに考えております。  さらに、今後高齢者の在宅が奨励されてくるということはございますので、来年度の予算につきましては、理学療法士を、臨時ではありますけれども、配置をしたい。約2分の1程度の配置になろうかと思いますけれども、そういうふうに増員も図りながら対応していきたいというふうに思っているところでございますが、その24時間体制ということにつきましては、すぐに始めるということは難しいかなというふうに思っておりますが、今後そういう方向に持っていきたいという考えはございます。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第10号の質疑を終わります。  議案第11号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第11号の質疑を終わります。  議案第12号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第12号の質疑を終わります。  議案第13号の質疑に入ります。質疑はありませんか。4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) いの町一般職員の給与に関する条例の一部を改正する条例議案の第3条ですが、職員の昇給は規則に定めると云々とありまして、その者の勤務成績に応じて行うものとするということですが、昨日合同審査で町長の答弁では、課長がその勤務成績の状況を判断すると。しかし、課長によって温度差があるだろうと、だから課長が冷静、適切な判断ができるまでに2年間程度要するんじゃないかという答弁がございました。それは全くそのとおりであって、課長の適切な判断がなければ、勤務成績が良好とあるいは良好でないという判断ができないと思いますが、今までの過程においては、一律大体良好ということで給料の査定をしたと思いますけれども、果たしてそれで、それだけに課長が冷静、適切な判断ができるようにするためには課長にどのような教育をするのか、あるいは課長の今後人選においては、やはり重責を持ってやらなければならないと思うんですが、その点課長選任に当たっても、あるいは現在の課長をどのように指導していくのか、町長にお聞きします。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 井上議員のご質問にお答えをいたします。  課長の能力を高めるといったものが住民サービスの利益の向上につながるのは、考えは同じでございます。そういった意味から、こうち人づくりといった研修システムがございます。そういったものへの研修の機会を増やしてまいりたいと考えていますし、当然課長という一人だけの評価でなくして、課長補佐、あと一段階、二段階の評価でも評価をしていく必要もある。なかなか人事評価、考課といったものは難しい面がございますが、課長を評価するシステムであるとか、例えば下から上を評価するであるとか、助役、教育長、町長がその課長のレベルがどれくらい、レベルというのは失礼ですけど、厳しい査定なのか甘い査定なのか、そこで大分違ってきますので、そういった評価の仕方についても、人事評価採用については勉強していきたいというふうに考えております。  なお、今までただ公務員だから、1年たったら1号給上がっておるといった話が取り上げられましたが、号給は上がっていますが、職務職階級制ではそういったものは一定評価をしていると。 ○議長(土居豊榮君) 4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) 民間会社のように、給料を査定して、給料を支払う者に対してはいわゆる命令が行き渡るということで、そして民間であればその実績がはっきりと出る訳ですが、公務員の場合、非常にそれが出にくいということになりますと、やはり判断基準、きちんとしたマニュアルをつくって、そして課長あるいは課長補佐等できちんと判断ができるようにすべきじゃないか。それには町長が最終的に査定をするとかというふうにするべきじゃないかと考えますけど、それについて。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 井上議員のご質問にお答えします。  言われるとおり、例えば建設課の用地担当の職員が用地を的確に購入してくる、一方出納室において出納の事務を行っておる、見た目では派手さがやはり建設課の方にあると思います。そういったものの比較をするためのやはりマニュアルであるとかといったものは、今後作成していかなくてはならないというふうに考えております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) この人を評価するというのは大変難しいことやと思います。それで、町職員さんのその仕事とか能力とか、いろんな行政サービスに携わっている訳ですから、最終的に判断するのは町民やと思います。それで、今のことにちょっと関連しましたら、課長とかそういう上司が部下を評価するっていうのは本当に難しいなあと思いますけれども、そこにおいて、どういった人に、自分がもう働く者の立場になったら評価されるのかっていうのがあってきて、例えばその判断基準なんですけれども、課長も自分の都合のいいような、自分とその価値基準が似ている人を高く評価する可能性もあるかもしれません。そういったことをやっぱり基準づくりといいますか、必要じゃなかろうかとも思いますし。  それと、大変言いにくいことなんですけれども、よく課を回ったりしますけれども、そしたら上司はパソコンの前で固まってると。それで、何をするのかなって妙に暇ですねって言ったら、いや言い訳してらっしゃいましたけれども。そしたら、同じ部署におる職員さん、部下ですよね、忙しそうにいろいろやってますわ、電話に出たりとか、机の上の何か書類とか。書類をいっぱいにしてるから仕事をしてるかどうかっていうことはないかもしれませんけれども、やはりたくさんの書類を机の上に広げて、電話応対をするわ、いろんなことをされてる職員さんの傍らで、上司が暇そうに腕組みしよっても仕方がないんじゃないですかね。それは、すごく町民が評価してますよ。  そういった部下で一生懸命頑張って仕事をせられてる人が正当に、正当という言葉はおかしいかもしれませんけれども、評価をして、それに見合った給料も当然もらわないかんと思っておりますけれども、また民間と公務員の給与の話はまた別ですけれども、そういったことが果たしてできてるかどうか、これからできていくかどうかというのは、もうすごくこの条例改正ありますし、これから先大変大事になってくると思います。  町長の方が異動については決定権を持ってる訳ですから、よく判断されて、合併をしましたので、それぞれの地域性もあるかとは思いますが、本当に町民から見て公平公正な職員さんの評価ができるように思いますが、いかがでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 池沢議員のご質問にお答えいたします。  評価そのものが、相対的評価と絶対的評価がございます。そういったものを考慮しながら、例えば何月何日、だれそれにこういった指示をしたとか、何月何日にだれそれがこういったことをしていたとか、そういった記録も必要ではないかと考えているところでございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第13号の質疑を終わります。  議案第14号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第14号の質疑を終わります。  議案第15号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第15号の質疑を終わります。  議案第16号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 済みません。いの町職員特殊勤務手当の支給等に関する条例の一部を改正する条例議案、済みません、済んだと言わないでください、ごめんなさい。大変細かいことを聞いて申し訳ないですけれども、本川のみどり寮の職員さんの特殊勤務手当の1泊500円、これは、済みません、どなたに聞いたらええのか、1泊500円ということでしたですね、ちょっと確認を1回目にさせていただきたいんですけれども。 ○議長(土居豊榮君) 本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 1泊500円です。 ○議長(土居豊榮君) 2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) そしたら、拘束時間等勤務体系を見させていただきましたところ、午前の10時から、10時半でしたかね、4時半ぐらいまでは空白、勤務時間外です。そしたら、次に4時半ぐらいから泊まりに入って11時ぐらいまでは勤務時間、次の朝6時半ぐらいまではまた勤務時間外、それで次の日が6時半ぐらいから10時半ぐらいまで勤務して、またその日が昼間おらんかって、4時半ぐらいから泊まりに入ると。たまには、週のを見たら丸々休むところもあると。2人体制でしてると。それで、その方は正職員の方ですか。泊まりという体制に組み込まれている方は正職員2人だけですか。 ○議長(土居豊榮君) 本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 業務としては2人だけです。それ以外に、舎監、指導員ですかね、が1名。それから、学校の先生が9名おいでるんですが、その方にもお願いをして1名。男性が2名と寮母が2名。男性が2名と寮母が1名、宿泊をしております。 ○議長(土居豊榮君) 2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) ちょっと待ってください。泊まりのそのローテーションといいますか、2人しかいないからそういうふうな、普通に泊まりっていったら、県やったら1週間に1回しか泊まれんとかそういう基準があるんじゃなかろうかと、県立の養護学校の寮母さんの場合はあったんじゃなかろうかと思いますけれども、これは町の職員さんの正職員さんですよね。もし仮に、泊まり体制に入る人がいるんだと、いる訳ですか、泊まりの体制に。夜間の泊まりの体制に参加できる人員がほかにいる訳ですか。 ○議長(土居豊榮君) 本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 泊まりの体制は、正職員は寮母の2名だけです。それ以外に指導員の先生がおりますので、その先生が、これは臨時ですが、1名と。それから、学校の先生にもお願いをしてありますので、学校の先生が1名。役場の職員としては寮母2名だけが宿泊体制をとっております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 3回目。 ○議長(土居豊榮君) ああ、4回目になりますので。 ◆2番(池沢紀子君) ごめんなさい。そしたら、休憩で確認をしたいんですけど。 ○議長(土居豊榮君) 暫時休憩します。       休憩 11時3分       開議 11時15分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議案第16号の質疑を継続しますが、ほかに質疑はありませんか。執行部答弁。本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 2番議員さんにお答えします。  資料をそろえて、後ほど明確に説明させていただきますので、よろしくお願いします。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第16号の質疑を終わります。  議案第17号の質疑に入ります。質疑はありませんか。3番、筒井三千代君。 ◆3番(筒井三千代君) 参考資料の介護保険料段階説明の中で、2段階を2段階、3段階と分けております。この2段階の方、2万8,700円に下がっています。第5段階の方は8万1,700円から4,500円上がって8万6,200円。合同審査のときにも質問された議員さんがおいでますけれど、この中間で3段階、4段階を両方とも4段階に分けて徴収するようになってますけれど、この2段階の、下段2段階の方と5段階の方が6段階になった方、どうしてこれを振り分けなかったか。急に2段階の方は4万800円から2万8,700円に下がっています、金額が。下段の3段階の方は4万3,100円と。これ極端に変わっているところは2段階の、下段2段階変更後の2万円8,700円に下がっている分と、5段階から6段階へ移った場合の8万1,700円から8万6,200円、4,500円の誤差があると。片や4,500円上げ、片や幾らになります、1万2,100円、これが急に下がっていると。これってやっぱり不公平な分があるんやないかと考えますけれど、下がる方はありがたい話ですけど、上がる方にしたら、なぜこちらを下げて、こちらを急に上げちゅうということになりはせんかと私はそれを心配しますけれど、いかがでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 中嶋税務課長補佐。
    ◎税務課長補佐(中嶋隆司君) 筒井議員さんにお答えします。  まず、旧の2段階、上の方の2段階が2段階と3段階に分かれたというのは、新の2段階というの、これは新たに追加された分でございます。ここのあたりで収入の少ない方についての一定の措置をここでしたものと考えております。  それと、旧の5段階が6段階になる、これについては本人が住民税課税で合計所得200万円以上というこの見方は全く変わっておりません。この部分については経過措置がございませんので、基準額が上がれば、それに伴ってこの分は上がってくると、母数が上がれば上がるということになっております。それと、4段階、5段階は、あくまでも本則では、例えば上の3段階が仮に4段階へ来たとしても本則の金額は上がっております。もう一つ、4段階が5段階に、上下で見れば変わってる、これも本則の金額は変わっております。あくまでも本則ですが、平成18年度の税制改正による激変緩和の措置としてこの経過措置が発生したものでございまして、激変緩和の措置でございましたので、3年後、要は平成20年度になれば金額はふえているというふうになっておりますし、またこの激変緩和措置の対象にならない方については、そのまま本則どおりの金額になっております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 昨日も申し上げましたとおり、この制度の財源負担割合が、今のままでいくと、いわゆる介護給付費や、それからグループホームが町内にも増えておりまして、どうしてもこうなる、こうせざるを得んというところも分からんでもないがですよ。  ただ、町民の皆さんの悲鳴、高齢者の方の悲鳴、そういう負託のもとに私質問する訳ですが、前第5段階のときのいわゆる保険料の基準額ですね、これは月額約4,541円で、新しい第3期事業期間の第6段階の保険料の基準額、これが第4段階になる訳ですが、この基準額が4,792円で、前5段階の基準額と新6段階の基準額では、これ250円ぐらいしか違わんがですよ。それで、そういう面では保険料のアップ率を抑えたというようにこれは表面的には見えるんですが、ただ第2段階の方が平成17年12月31日現在で3,885人から2,561人にこれ減っておる訳で、段階が上へ上がった方がたくさん出てる訳で、これは町民の皆さんまたは高齢者の皆さんの暮らしを考えたときに、本当に暮らしが成り立っていくんか、立ち行かん人が出てくるんじゃないかということで非常に心配をする訳ですが、国の制度です、町長が合同審査でもおっしゃったように、国の制度だから仕方がないとは思うんですが、保険者たる町長が国の制度やから仕方がないとおっしゃらずに、保険者として町民の皆さんの暮らしを守るためにいろいろ低減の方策も考えると、こういうふうにおっしゃってほしい訳です。国の制度やから仕方がないと一言でひとつ片づけないように。これはこの介護保険制度、介護保険料だけやなくて、17年度の地方税法の改正によって、今まで市町村民税が非課税やった方が、新たに課税される方がたくさん出てる訳で、さらに国保税まで上がるんですよ、その税法の改正によって。それはまさに本当にトリプルパンチ、私に言わせますと。  そこで、基準額としては250円しか上がっていないが、段階が自動的に上がった方がこんだけたくさんおる訳でございまして、いろんなほかの施策ともあわせて、やっぱり住民の皆さんの暮らし応援という、そういった町の施策もひとつ是非考えていただきたいなと思います。  これ、私は一般質問でも通告をしちゅう訳ですが、今度の第3期事業期間から65歳以上の方の財源負担割合が、また18%から19%に上がっちゅうんです。老人医療の改悪、これも進められておりまして、そういったものをすべて考えていくと、非常に町民の皆さんの暮らしが成り立っていかんような、そういう状況がたくさんこれから出てくるんじゃないかな、そういうところを大いに危惧するんですが、町長、国の制度やから仕方がないと言わずに、保険者としていろいろこれから検討していきたいというように是非おっしゃっていただけませんか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 山岡議員のご質問にお答えいたします。  私は、国の制度だから仕方がないということは一言も言っておりません。合同審査のときでも、こういった山岡議員との思いは一緒であるといったお答えをしたはずでございます。つまり、前津野議員のときからも、措置から支援に変わったときに、国の補助率が50%から25に下がった。そういったときから、私の思いも、町民の皆さん方の介護に対する負担は増えてきておるといった思いがございます。逆に申しますと、山岡さんの所属する党でも国の方で頑張っていただきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) 先ほど山岡議員の言われたことに加えまして、私はこの新第2段階の方が1,504人おいでますけれども、この第1段階の生活保護の受給者の方135名は、介護保険料はこの生活保護費の中に上乗せされる訳ですけれども、この新第2段階の方、この方で本人、世帯ともに住民税非課税かつ年金収入額プラス合計所得金額が80万円以下と書いて、世帯の方と一緒に暮らしている方はいいですけれども、ひとり暮らしの高齢者の方で年金収入額が80万円で生活保護費と同じくらいの水準で生活をなさっている方が、いの町にどれだけおいでるかちょっとわかりませんけど、かなり私おられるのではないかと思いますけど、そこの方がうんと心配されます。そんなに2万7,200円から1,500円の微増で済んでいるといえばそれですけれども、そこのあたりの人は本当に1,500円のアップでも大変な思いであろうと思いますけれども、人数がわかれば教えてもらいたいですけれども。 ○議長(土居豊榮君) 中嶋税務課長補佐。 ◎税務課長補佐(中嶋隆司君) 森田議員さんにお答えします。  第1段階で、この中の生活保護者というのが大体120人ぐらいです。残りは、老齢福祉年金等での受給者でというふうに、聞いてもらったら大体15人ぐらいということです。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 町長、この前の合同審査で、国の制度やから仕方がないとおっしゃってなかったら私の聞き間違いでございますので、大変失礼をいたしました。  それから、ちょっとさっき私この議案の中で国保税も上がるというて言うてしもたんですが、これ年金控除が140万円から120万円になってことで国保税も上がるんでしょう。済みません、町民課長、もしつい私関連して言うてしもたんで。 ○議長(土居豊榮君) 中嶋税務課長補佐。 ◎税務課長補佐(中嶋隆司君) 山岡議員にお答えします。  先ほど140万円が、控除額が120万円になったということですので、所得の割合が国保の場合はたしか7.3%やったと思いますので、20万円控除が少のうなるということは、わずかであるかと思いますけど、上がるというふうに試算しております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第17号の質疑を終わります。  議案第18号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第18号の質疑を終わります。  議案第19号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第19号の質疑を終わります。  議案第20号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第20号の質疑を終わります。  議案第21号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 合同審査でもちょっとお尋ねしたんですけれども、その別表の方の温泉入浴の件でこだわってごめんなさい。入浴にこだわったんですけれども、この木の香の場合は県外愛媛からの利用者が大体80%か、85って言われましたかね、ごめんなさい、多いので、割引とかは考えてなかった、今までも、これからもっていうお話だったんですけれども。合併して、町民から見ましたら、やはり町内にある、町内でそう入浴をする場合には、統一されていた方がいいのかなあというのもありますので、運用として高齢者とかの割引も考えてはどうかと思いますが、いかがですか、町内に限ります、町内の人に限るんですけれども。 ○議長(土居豊榮君) 本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 指定管理者に協定書を結ぶときに、協定書の中でそういうことをある一定、障害者については30%まではしてもらいたいとか、そういうなことの取り決めをしたいと考えております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ないようですので、これで議案第21号の質疑を終わります。  議案第22号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第22号の質疑を終わります。  議案第23号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第23号の質疑を終わります。  議案第24号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第24号の質疑を終わります。  議案第25号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第25号の質疑を終わります。  議案第26号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第26号の質疑を終わります。  議案第27号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第27号の質疑を終わります。  議案第28号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 議案第28号平成17年度いの町一般会計補正予算(第6号)議定に関する議案についてお尋ねします。  予算説明書の方です。15ページ、歳出の総務費の6の財産管理費、14の使用料及び賃借料のこの減額1万7,000円、NHK受信料、これはどこの部分でしょうか。  それと、15の工事請負費の減額140万円の八代2区集会所解体工事ですけれども、これは解体されましたらなくなりますが、その後どのようになるのか、地区としての考えが上がってると思いますが、お尋ねします。  それと、26ページ、款6農林水産業費の中の2農業総務費、節区分19負担金補助及び交付金、JAコスモス行政営農振興協議会の減額1万6,000円について、なぜ減額されるのか、どういった理由での減額か。  それと、27ページの同じく4畜産業費のJAコスモス乳肉用牛生産者交流大会負担金も、同じく当初5万円でしたが2万円の減額になっていると思います。この減額の理由を説明してください。  それと、32ページ、款8土木費、4都市下水路費の13委託料363万円の調査の減額、十分聞き取れなかった分があって申し訳ないんですけれども、調査が必要なしでの減額とお答えがあったのではないかと記憶しておりますけれども、どういった内容の調査、場所とかの説明をお願いします。  それと、教育長にお尋ねします。  37ページ、教育費、5番青少年対策費、これもこだわって申し訳ないですけれども、少年育成センター運営審議会委員、減額6万5,000円で、当初も6万5,000円で開かれなかったと。合同審査の中で、配置の人員といいますか、その方たちが非常に忙しくてそういった審議会を開くいとまがないということのような説明があったと思いますけれども、私もちょっと勢いで、それならばやめたらどうですかと質問をしてしまいましたところ、当初予算では本当に見事にそういった少年育成センター運営審議会、それがなくなってるんじゃないでしょうか。思いますが、これだけその青少年対策というのが非常に大事な時期に、この運営審議会、そういったものが開かれなくなるというのは非常に理解ができない一面があるんですけれども、私としては少年育成センターの人員を増やす方が必要なことではないかと思いましたら、そういった人員がいないのでこういう審議会も開かれないのでって言うんで。開かれない審議会の方がなくなってしまったという結果になるのかなあと思うのは非常に残念なところがあるんですけれども、教育長に再度お尋ねします。結局人員配置もされずに、私が言いましたことのあれなんですけれども、人員配置もなく、この審議会も開かれないような、ごめんなさい、18年度当初という意味だったんですけど、そういうことでどうですか。  以上、お尋ねします。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 池沢議員のご質問にお答えします。  15ページの使用料及び賃借料のNHK受信料、これは吾北地区の分が1台減になっております。  それと、その下の工事請負費ですが、これ当初八代2区の公民館を地主の方がもう返してくれというお話でございましたが、その後地元の議員さん等に非常にお世話になりまして、もう少し継続をさせていただけるということで、解体をしなくなったということで今回減額をさせていただいたものでございます。 ○議長(土居豊榮君) 田岡吾北総合支所次長。 ◎吾北総合支所次長(田岡徹君) ご質問にお答えいたします。  26ページ、6款1項2目の19JAコスモス行政営農振興協議会費、減額1万6,000円でございますが、これ農産物の共同出荷に基づく残留農薬の検体をやってございます。その中で、当初6検体を計画しておりましたけれども、検体数が1検体減ったというようなことから、1万6,000円の減額でございます。  それから、10ページの畜産振興費の中で、JAコスモス乳肉用牛生産者交流大会の負担金2万円の減額ですが、これにつきましては、JAコスモスが管内において各それぞれの町村が乳肉用牛の生産者の交流大会をやってございますが、ちょうど平成17年度におきましてはちょうど大会終了後、経費が5万円予定しておりましたけれども、結果的に3万円で経費がはまったというようなことから2万円の減額ということになりました。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 矢野上下水道課長。 ◎上下水道課長(矢野哲男君) お答えします。  32ページの款8、項4、目が4、節が13の委託料△の353万円の調査のものでございますが、これは高規格道路関連周辺整備事業に伴う家屋調査、事業拡大によって減額でございます。 ○議長(土居豊榮君) 濱田教育長。 ◎教育長(濱田啓君) 2番、池沢議員のご質問にお答えいたします。  少年育成センターの運営審議会の委員の財源の問題でございます。合同審査でも私ちょっと述べさせていただきました。育成センターの業務は、先ほど委員さん言われたように、今現在のいろんな事案に対する処理というか対応に日々追われているのが実態でございます。それと、この少年育成運営審議会の本来の目的はなんであったかということが一番ポイントになるかと思います。過去には、運営審議会の委員さんの方から、こういうことについてやるべきじゃないかと、諮問とか、そういうもんをいただいて、行政としてどう取り組んでいくか。どこも審議会の委員さんの役割はそうではなかろうかと思っておりますけれども、ややもすると、どうもそこらの分野は十分機能してなかった、そういったことの反省点を踏まえまして、17年度もなかなかそういう会を開くいとまがなかったということもございます。そういうことで、17年度は当初より計上されまして、開かん状態で補正で削減をするという事態になりました。  18年度もそういった反省点を踏まえまして、18年度当初にはこの審議会委員の報酬を組んでおりません。ただ、これをどうしていくかということが今後大きな課題でございます。一応社会教育全般の事業の中に青少年育成という観点のいろんな事業を取り込んでおります。そういった中で、この運営審議会委員さんの本来の役割がどういうもんか、そこらあたりのちょっと精査した中で、やはり町民の代表の方々から推挙されておりますので、率直な青少年の今の問題についてご意見いただいて、行政として主体性を持ってそれで取り組んでいく、やっぱりそういう組織の再編成も必要じゃなかろうかと思っております。18年度中にある程度のその方向性を見出して、また19年あたり、新年度あたりからやはり一定そういう観点で、この審議会のあり方も含めて、機能できる、中身のある会を組織していきたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。16番、永野和雄君。 ◆16番(永野和雄君) 先ほど2番議員からJAコスモスの残留農薬の検体の減額の質問がありましたけれども、18年度の当初予算にも11万円だったですか、組まれておりますわね、予算化されて、JAコスモス行政営農、63ページにありますが、この残留農薬の検体については、園芸連の方で行われておる訳です。これは、生産者と農協とが話し合いでどちらがもつかと、1件当たり何万円か要る訳ですので、1万5,000円か2万円まで要る訳です。旧伊野町については、JA伊野と生産者とで払っております。したがって、合併しましたので、そこな辺ももう統一するように、18年度はそれとして、19年度は統一するようにしていただいたらよろしいかと思います。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 田岡吾北総合支所次長。 ◎吾北総合支所次長(田岡徹君) お答えいたします。  そういう合併してまだ間もないという状況で、零細な中山間部の助成という形で今まで長く取り組んできた経過がございます。激減緩和というような程度で、今後永野議員の言われるように、当然統一していかないかん問題だと受けとめてございますので、そういうような取り計らいをしてまいりたいということです。よろしくお願いします。 ○議長(土居豊榮君) ほかに。20番、松木健二君。 ◆20番(松木健二君) 22ページ、民生費の保育所費、需用費でガスメーター取りかえ10万8,000円、34ページの教育費の中の学校管理費の需用費でガスメーター取りかえ29万7,000円、次のページにも学校管理費の需用費でガスメーター取りかえ10万4,000円、合計53万9,000円、ガスメーターの取りかえ費が要っておるんですけれども、それで質問するんですけれども、普通このガスメーター、メーター類というのは業者の方が負担するのが世間の常識じゃないかと私は思うんですけど、一般家庭はすべて行っておると思いますし、電気にしろ水道にしろ、メーター類は全部業者といいますか、提供者の方が負担を普通はしてる訳なんですけれども、公共施設についてはどういう話し合いになっておるのか、ここのところをちょっとお聞きしたいんです。  わからなければ、後からもっと調べてもろたらいいんですけれども、ただ私の1つ言いたいことは、個人やったら、これ十何万円の取りかえ賃が要るいうて業者に言われたらびっくりする訳ですよね。ただ、この公共施設の場合は、自分のお金やないから、請求書が来たらそのまま払うというような気持ちが少しでもあれば、これはちょっとおかしなことやと思いますんで、そこのところをよく調べてまた報告していただくというように。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 松木議員にお答えします。
     また、後で調査をさせていただきまして、後刻報告をさせていただきます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) その15ページのNHK受信料の減額の1万7,000円は吾北のどこですか。これによってテレビが1台取りやめになったということですか。 ○議長(土居豊榮君) 筒井吾北総合支所長。 ◎吾北総合支所長(筒井正典君) どこの場所かちょっと確認できておりませんので、確認して後でお答えをさせていただきます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 1つだけお願いします。10款の教育費、説明書の35ページ、目教育振興費の区分扶助費、就学援助費が47万円減額補正になっておるんですけど、これは就学援助費については17年4月1日から一般財源化された訳ですけど、いわゆるその一般財源化されたことによって、支給額なり支給基準なり、何か変わったことがあれば教えていただきたいんですが。 ○議長(土居豊榮君) 濱田教育長。 ◎教育長(濱田啓君) 山岡議員のご質問にお答えいたします。  この就学援助費につきましては、国の補助裏が目減りしてきて一財対応という状況が生じてきております。従前、今までの取り組みは、一つの所得とかいろんなルールの中でこれを決めてきた経緯がございます。議員さんご指摘のように、今後は一財化ということになれば、やはりその運用の認定の仕方、特に所得というのが一つのポイントになろうかと思うんですけれども、所得については前年度所得という分を一つのルールにしておりますので、1年前と今の現在とは実態がそぐわない場合も出てまいります。一概にその数字だけにとらわれることはどうかなあと。やはり今の現実をしっかり見据えた中で、要保護、準要保護の対応をしていかなくてはならないと思います。  それから、いろんな母子家庭とかひとつのルール、それから今までの手続の中では地域の民生委員さんの証明とか、そういうものがいろいろございました。けれども、それが一律的に今の社会ニーズの中でそういう認定のあり方が適合しているか、ここを慎重に吟味せんといかんと思っております。これも残念な話、いろんな民生委員さんに対してもいろんなご意見が私の耳に入ってくることもございます。けれども、民生委員さんは民生委員さんで守秘義務という観点の中で、地域の方々のそういう生活実態を踏まえた中で、こういう就学援助費については、学校の方から民生委員さんへお願いして、それを疎明書類として認定していることがあるんですけれども、やはり今後は教育委員会の方を主体に現実の踏査を入れさせていただいて、何かの組織、いろんな資料を持ち寄った中で認定委員会みたいなものをやって、それで初めて受給認定を決定するとか、いろんな方策があろうかと思いますけれども。今私の頭の中には、ちょっとそれ18年度はどうするやということを聞かれた場合、まだちょっと頭の整理ができておりません。ただけんど、やっぱりそういう今の実態を踏まえて、子どもさんがどういう状況に置かれているか、ここをしっかり見据えた中で公的な税金をつぎ込んでいく必要がありはせんかな、そのように思っております。お答えにはならんかと思いますけれど、今もうそういう心境でございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質問はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ほかに質問がないようですので、2番と20番さんの質問は後から報告するということで、これで第28号議案の質疑は終わってよろしいですかね。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) それでは、以上で議案第28号の質疑を終わります。  ただいま12時の前です。ただいまから昼食のため1時まで休憩にします。       休憩 11時58分       開議 13時2分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  ご報告します。濱田教育長は所用で欠席するため、教育長代行として青木教育次長が説明員として出席いたしますので、ご了承願います。  ご紹介します。青木教育次長。 ◎教育次長(青木利実君) 教育次長の青木といいます。どうかよろしくお願いします。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 議案第28号の松木議員からの質問につきまして、保留しておりました分についてお答えをいたします。  ガスメーターの件なんでございますが、通常一般の家庭については、基本料の中へガスメーター分を含めてガス屋さんの方で取りかえをするというのが基本だということでございまして、ただいの町の場合は、当初からのガス屋さんとの契約のもとに、基本料を1,300円、通常、一般家庭の場合、業者によりまして1,600円のところと1,500円のところがあるということでございますが、それを1,300円にしていただいて、ガスのメーターについては町の方で取りかえるという協定を結んでおるようでございまして、この分についてはこれからも町の方で取りかえをしていかないかんということらしいです。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 筒井吾北総合支所長。 ◎吾北総合支所長(筒井正典君) 議案第28号の2番議員さんのご質問にお答えをいたします。  15ページ、2款総務費、6目財産管理費の使用料及び賃借料1万7,000円のNHKの受信料でございますけれども、これは年契約を結んでおりますNHKの受信料で、吾北の庁舎の中の議会の分がなくなったのでその分が減額でしたけれども、予算の減額が抜かっておりまして残額となった分でございます。 ○議長(土居豊榮君) 以上で保留されておりました議案第28号の答弁をすべて終わります。  議案第29号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第29号の質疑を終わります。  議案第30号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第30号の質疑を終わります。  議案第31号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第31号の質疑を終わります。  議案第32号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第32号の質疑を終わります。  議案第33号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第33号の質疑を終わります。  議案第34号に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第34号の質疑を終わります。  議案第35号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第35号の質疑を終わります。  議案第36号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第36号の質疑を終わります。  議案第37号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第37号の質疑を終わります。  議案第38号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第38号の質疑を終わります。  議案第39号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第39号の質疑を終わります。  議案第40号の質疑に入ります。質疑はありませんか。4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) 基金ですけども、財政調整基金、減債基金の合併前のそれぞれの旧町村別の基金と現在の基金残高をお伺いをします。 ○議長(土居豊榮君) 上田出納室長。 ◎出納室長(上田敬介君) 4番議員にお答えをいたします。  合併時点、平成16年10月1日現在でございますが、財政調整基金でございますが、旧の町村ごとに申し上げます。財政調整基金、旧伊野町でございますが、1億4,533万9,000円です。1,000円単位で申し上げます。次に、旧吾北村です、5億3,133万円、旧本川村1億2,052万3,000円。減債基金でございますが、旧伊野町7億4,447万1,000円、旧吾北村3億5,325万1,000円、旧本川村1億7,921万1,000円でございます。  現在の基金残高でございますが、財政調整基金4億9,248万7,000円、減債基金9億4,708万3,000円でございます。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 議案第40号です。ほかに質疑はありませんか。11番、川村隆通君。 ◆11番(川村隆通君) 当初予算の説明書の30ページですが、財産造成費の工事請負費で間伐事業でお尋ねをいたします。この間伐事業を実施するのに当たって、入札といいますか、発注方法は、本川地域、そして吾北地域、旧伊野町、同じような方法で契約をされておりますか。どのような見積もり等でやるのか、入札等でやるのか、お伺いをいたします。 ○議長(土居豊榮君) 執行部答弁はどなたがしてくれますかね。岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 川村議員のご質問にお答えします。  伊野地区の間伐でございますが、見積もりをとりまして、中央森林組合の方へお願いをしております。 ○議長(土居豊榮君) 筒井吾北総合支所長。 ◎吾北総合支所長(筒井正典君) 吾北地区も伊野と同じでございます。 ○議長(土居豊榮君) 本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 本川地区も見積もりをとってやっておりますので、森林組合が高かったので、民間の業者がやるように、本川の場合はなりました。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 国の地方財政計画というのは、地方にとって年々厳しいもんになってきておると思う訳です。それで、具体的に18年度のいの町の地方交付税とその交付税の振り替えと言われる臨時財政対策債を合計したもんが、対前年度比どれぐらいになっておるのか。これどっかへ書いてくださっちゅうかわかりませんが、私この行政報告とかいろいろ議案の提案理由書とか見るけど、対前年度比何%の減になっておるのか、それをまずお伺いをいたします。  それから、2点目です。18年度一般会計予算説明書の4款衛生費、説明書のこれ56ページです。節区分19負担金補助及び交付金、合併処理浄化槽設置整備事業として4,203万6,000円が計上されておる訳ですが、これは河川の水質の浄化とかそういう面においては大変な効果を上げる事業で、どんどんこの事業は進めていくべきやと思います。ただ、これとこの平成18年度一般会計所属別当初予算の特徴、主要施策の概要、これの企画課の中に環境マネジメント、町に見合ったシステムを構築し19年度認証取得を目指すと、すばらしい計画がある訳です。これは多分ISOの14001の認証取得を目指すということだと思うんですが、19年認証取得を目指す、これは実際もしこういう目標でいくんであれば、もう現在既に、例えばごみの減量化にしても、それからごみの分別等にしても、また各公共機関や学校現場における紙の消費の減量にしても、もう具体的にかなり進みよらんと、なかなかこれは19年度へ向けては難しいことで、やっぱり同時に住民の皆さんの意識づけ、こういったところからやっぱり手順を踏んでやっていく訳で、これ19年に取得を目指すというてぶち上げられてしまいますと、これはなかなかとても難しいもんだというように考えてしまうんですが。そこら辺で、何か担当課として具体的にこういうふうに進めていくんだというもう既に計画があれば、是非お示しをいただきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 山岡議員のご質問にお答えします。  普通交付税ですが、17年度の現在の確定額から言いましたら4.1%の減額の予算となっております。それと、臨財債でございますが、これにつきましては9.8%の減額ということで予算化をさせていただいております。 ○議長(土居豊榮君) 中澤企画課長。 ◎企画課長(中澤一也君) 23番、山岡議員の環境マネジメントシステムの件につきましてお答えいたします。  19年度取得ということで、本年度17年度は職員研修を行いました。18年度において、本庁及び総合支所、吾北、本川を含めての環境マネジメントシステムを構築していきたいと考えております。  ただし、ISO14001及びエコアクション21に代表されるマネジメントシステムがございますが、そのどちらかを選び、認証取得を考えておる次第でございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) 18年度の地方交付税は、対前年度比4.1%の減、それから交付税の振り替えの臨財債は9.8%の減ということですが、これかなりの減ですね。これは今度の、例えば行政報告なりあるいは議案の提案理由書の中、それからそういった関連の資料の中へこれ数字は打ち込んでおりましたか。  それと、企画課長にお伺いしますけど、あくまで19年度認証を目指して進めていく訳ですね。それはもう議会も本当に両輪になってやっていかないかん訳ですから、その心意気で是非頑張っていただきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 山岡議員にお答えします。  まず、この町長のどっかの提案理由かなんかに入っておったかということでございます。提案理由の説明の中へ、臨時財政対策債については4,100万円の減、地方交付税1億4,000万円の減ということで、対前年度の予算から比べた部分を書いております。  ただ、私が先ほど申し上げましたところにつきましては、実績額、当初の予算からじゃなくて、この普通交付税につきましては確定をしておりますので、特別交付税が3月の確定となりますので、普通交付税だけの部分を確定した額から今回の予算、当初予算に対しての割合を申し上げましたということでございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。19番、西内淳補君。
    ◆19番(西内淳補君) 1点だけお伺いいたします。  56ページ、環境対策費の中の委託料、これ伊野中学校の運動場の下、水水浄化施設の汚泥処分、水水浄化施設の点検、水水浄化施設の水質分析、これで合計727万円ぐらいの予算が入ってます。これ課長、実際に機能を発揮してるのかどうか。上流の水質といわゆるこの下流の、施設のある下流の水質っていうのがどれだけ変化があるのか、そういったことをちゃんと調べてますでしょうか。というのは、今度またルネッサンス21で仁淀川に新しい施設ができようとしとる訳ですけれども、これ実際に本当に浄化に機能を発揮するならば、町のあれでやっていってもええ訳ですけれども、やっぱりこういうの施設をつくって、町がそのまままた運営管理費をしていくということについてのそういうことで、これ本当に機能を発揮してるのかどうか、どのように考えておるのか、ちょっとお聞きします。 ○議長(土居豊榮君) 伊藤環境課長。 ◎環境課長(伊藤孝造君) 今ここに数値は持っておりませんけども、その数値の測定も、流入と放流という分で数値をはかっておりますので、その結果は効果が出ているというふうに認識してございます。 ○議長(土居豊榮君) 19番、西内淳補君。 ◆19番(西内淳補君) そしたら、資料をまたいただきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 伊藤環境課長。 ◎環境課長(伊藤孝造君) 資料をお渡しいたしますので。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) ごめんなさい。今環境課長に、私この合併処理浄化槽設置整備事業の4,203万6,000円ですかね。これ事業概要が、要するに合併浄化槽113基分というようにここへ示されておる訳ですが、この内訳ですよね、人槽別の内訳、これ聞かざったね、今。これを聞いちゃろかと思いよったがやけど。これを済みません。 ○議長(土居豊榮君) 答弁はありますか。伊藤環境課長。 ◎環境課長(伊藤孝造君) 5人槽が83基、7人槽が27基、10人槽が3基でございます。       (23番山岡 勉君「まだそれより大きいのはありますか」の声)  は、ありません。       (23番山岡 勉君「ありませんか、はい」の声) ○議長(土居豊榮君) ほかに。10番、筒井鷹雄君。 ◆10番(筒井鷹雄君) 説明書の58ページ、2番の林業振興費、「仁淀川」山の手入れで元気モリモリ事業、これは18年度分として旧吾北にも拡大をさせておる訳でございます。私は、この点につきまして、保育間伐に限りちょっとお尋ねしてみたいと思います。  18年の予算といたしましては、旧伊野町分、内訳といたしまして3,000万円余りと、それから吾北が6,000万円余りですが、提示をされ、9,240万円というような提示をされておる訳でございますが、17年度の実績を見た場合、その予算の全部が消化されてないと、このようなことが見受けられ、大変私は残念に思う訳でございますが、仮に18年度といたしまして、吾北地区あるいは伊野地区、どちらかが全部よう消化されない、こういう事態が出た場合に、それならよう消化しない分の予算を回すことができるかどうか。仮に、吾北がようせざったら伊野へ回すことができるか。伊野がようせざったら吾北へ回すことができるか、これを確認しておきたいと思います、とりあえず。 ○議長(土居豊榮君) 山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 筒井議員のご質問にお答えをいたします。  68ページの林業振興費の「仁淀川」山の手入れで元気モリモリ事業についてのお尋ねでございますけれども、現在旧伊野で間伐150ヘクタール、そして吾北で470ヘクタールを計画しておる訳でございますが、同じいの町の予算でございますので、どちらかが減ってどちらかが増えるといったような事態には、揺り動かしは当然可能でございますので、ご承知していただきたいと思います。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。11番、川村隆通君。 ◆11番(川村隆通君) 済みませんが、もう一度確認の意味でお伺いをしたいんですが、先ほどわかりましたということで済ましましたが、もう一度お伺いをいたします。30ページの財産造成費の工事請負費でございます。旧吾北、旧伊野町は見積書によって中央森林組合へということですが、この場合、他の業者等からも相見積もり等はとっておりますか。森林組合だけのものですか。そして、本川地域は、ちょっと聞き違いかもわかりませんが、支所長の答弁では森林組合がないので民間にというように聞こえたんですが、その点。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 川村議員の2回目のご質問にお答えします。  旧の伊野町の場合は、ほかに間伐をやる業者がいないということで、森林組合さんだけの1社の見積もりでやっております。 ○議長(土居豊榮君) 筒井吾北総合支所長。 ◎吾北総合支所長(筒井正典君) 吾北地区も同じでございます。 ○議長(土居豊榮君) 本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 本川支所の場合は、森林組合が高かったので、民間の業者の安い方に施行していただいたということでございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。13番、筒井幹夫君。 ◆13番(筒井幹夫君) 23番の山岡議員の質問に関連しますけれども、環境マネジメントのISOの取得に関してですが、19年度取得を目指すということで、その以降の経費、更新料といいますか、そういうものはたしか要る訳なんで、1年とったらもう後は要らんというもんではないと、こういうふうに理解をしておりますが、後々の経費についてどのようにお考えしておるのか、またどれぐらい要るのか、お聞きしたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 中澤企画課長。 ◎企画課長(中澤一也君) 筒井議員のご質問にお答えします。  取得する内容によりまして金額も違ってこようかとは思いますが、ISOの場合は高額なもんだと考えております。エコアクションの場合は10分の1の経費で今のところ事業費も抑えられているということをお聞きしてます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 13番、筒井幹夫君。 ◆13番(筒井幹夫君) 金額的に更新料として次の年から100万円要るとか、50万円要るとか、そこら辺は把握してないですか。  というのは、農業公社でISO取得いたしておりますが、今年の当初予算ですか、100万円、金額ははっきりわからない、かなりの金額が要って更新せないかん。3年間の更新でもええし、けれども毎年やらないかんと、そのようでございますけれども、そこら辺の金額の把握をしておりますか。 ○議長(土居豊榮君) 中澤企画課長。 ◎企画課長(中澤一也君) 筒井議員さんの2回目のご質問にお答えします。  ただいま申し上げましたように、ISOとエコアクションによりまして金額の相違がございますし、環境も分野によりまして金額の違いが出てこようかと思います。したがって、取得する内容によりまして金額が全く違ってくる関係上、今ここでお答えする訳にはちょっと難しいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 13番、筒井幹夫君。 ◆13番(筒井幹夫君) 環境問題というのはもう世界的な問題で、当然取り組むべき事項ではあると思うんですが、費用対効果の問題からいいまして、端的に町財政を考えたときに、若干その後の経費というもんを考えたときには、非常に疑問視する見解を持つ方もおられる訳なんですが、そこら辺は慎重に、取り組む姿はすばらしいと思いますけれども、そういうこともあるということは認識し、取り組んで、今後の環境の面に配慮していただきたい、このように思います。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑は。19番、西内淳補君。 ◆19番(西内淳補君) 73ページ、観光費、19のいの町観光協会922万7,000円ということと、この説明書の中で、紙のこいのぼり、ダイワ鮎オープンに296万5,000円というあれが載ってます。ご承知のとおり、今波川の河原は昨年の9月6日の大水で大変荒れてまして、全く駐車場に使えん状況にあるんだと。この整備費はこのやっぱり中から出すんですか。いかがでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 西内議員のご質問にお答えいたします。  紙のこいのぼりの仁淀川の河原の整地費につきましてお尋ねがございましたけれども、整地費につきましては、この中に含まっております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 19番、西内淳補君。 ◆19番(西内淳補君) ということは、大体どのくらいに。 ○議長(土居豊榮君) 4回目。       (19番西内淳補君「あっ、4回目、あっ、そうか」の声)  ほかにありませんか。3番、筒井三千代君。 ◆3番(筒井三千代君) 18年度のいの町一般会計予算の中の12ページ、第3表地方債の中の利率の問題ですけれども、ちょっと私事務手続等仕事をしておりますので、見た場合、5%というのがすごく高く思いまして、先輩議員に聞きましたところ、地方債は高いと、レートが高いということを聞きました。しかしながら、この中に5%以内という言葉がありましたので、その丸の後にただし書きとして、利率見直し方式で借り入れる資金について、利率の見直しを行った後においては当該見直し後の利率と書いてあります。ということは、上がることもあるということか、下がるならばどのくらい下げていただけるのか、その交渉とか、どういうふうにしているのかということをお聞きします。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 筒井議員のご質問にお答えします。  最高限度額ということでこの率を出させていただいておりまして、実際は1.25とか、借り入れる条件にもよりますが、大体そういう1%台で借っております。それで、それ以上、最高限度額であって、それから高くなることは絶対ありません。普通借るのは1%台で今推移しゆうというのが今の借り入れの状況です。 ○議長(土居豊榮君) 3番、筒井三千代君。 ◆3番(筒井三千代君) 平均して1.25%ぐらいということですか。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 平均して1.25というのはなかなかお答えできませんけど、短期で0.85とか、10年もんで1.75とか、いろんな場合がありますので、平均してではなかなか難しい。ただ、この5%という比率につきましては、以前3%に落としていた経過があります。16年あたりまでは、3%、ちょっと金利の変動がある、ひょっと3%を超えたらいかんよということでまたもとの5%へ戻した経過があることをご承知おき願います。 ○議長(土居豊榮君) 3番、筒井三千代君。3回目です。 ◆3番(筒井三千代君) そしたら、その短期、長期の内訳というか、そういうものをお聞かせ願いたいです。 ○議長(土居豊榮君) 答弁の資料を準備する間、ほかに質疑はありませんか。22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) 一般会計予算説明書の42ページの民生費の中で、昨日ふれあいまちづくり事業300万円とかボランティアセンター事業111万3,000円、下の在宅福祉実践まちづくり事業補助金86万円、このページで3つ社協へ委託とか補助金とか事業をということを言われましたけれども、そのほかに社会福祉協議会に委託とされている事業が全部わかりましたら。  それから、112ページの給与費明細書の町長ですけど、町長と2名、助役と町長ですわね、それのその他の手当というところが全然空欄ですけど、町長、助役はその他の手当がないのでしょうか。といいますのは、ちょっとよその市町村のを見とってちょっと突き合わせておりましたら、別のかなりの額がその他の手当が入っている町村もあるのですけれど、町長と助役とはその他の手当が一円もないのでしょうか、お聞きします。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 森田議員のご質問にお答えいたします。  残念ながらありません。何か数字が載ってくればいいと思っております。 ○議長(土居豊榮君) 高橋福祉課長。 ◎福祉課長(高橋雅英君) 森田議員さんにお答えします。  先ほど42ページですが、委託料でまず第1、ふれあいのまちづくり事業の300万円と、そして下へ19負担金補助及び交付金ですが、一番上の心配事相談事業補助金14万4,000円が吾北の社会福祉協議会の支所へ14万4,000円委託です。そして、下へ行きまして、屋内ゲートボール場管理費57万7,000円が、吾北の同じく社協の支所へ委託となっております。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。20番、松木健二君。 ◆20番(松木健二君) 観光協会の委託費の関連質問ですけれども、19番議員が申しました波川の河原、かなり土砂が堆積して、あれを駐車場にするのはかなりの費用を要するという感じもするんですけれども、この委託費の中に含まれているということなんですけども、予算をどれくらいに見込んでおるのか、ちょっとお聞きしたい。  それともう一点は、観光協会が今後取り組んでいく方向性、当初はイベントなどでも観光協会で行うというようなことらしいんですけれども、今回委託費を見てみますと、いろいろ町民祭はまた別の従来どおりでやるような予算書になってますし、将来的にどのような方向で実施を考えているのか、ちょっとお聞きしたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 松木議員の観光費の中で観光協会に関するご質問にお答えいたします。  まず、こいのぼりの整地でございますけれども、西内議員からの質問が途切れましたけれども、一応予定ではこの中に20万円の整地費を含めております。できれば、昨年も予算残が残りまして、事前に一度整地をして、なおかつ4月新年度になり整地をしましたけれども、本年度もできればそのようなことで対応していきたいなと考えております。  2点目の観光協会の今後の方向性でございますけれども、観光協会につきましては、商品の開発事業とか、19年度につきましては修学旅行の誘致にも取り組んでまいります。そして、いろんな事業を行っていく訳でございますけれども、将来的には独立採算ということを考えておりまして、今補助金で900万円程度予算を計上させていただいておりますが、これは年々減って限りなくゼロに近づくといったような方向で進んでいきたいというふうに考えております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 筒井議員のご質問にお答えします。  現在の政府資金の借り入れの利率です。5年以内の部分が、償還期間が0.8%、それで10年、これが1.4%です。20年以内、これが1.8%。それで、このただし書きということで、これは20年の場合いうたら10年で借りかえの場合ということでございますが、その場合については今の利率が1.6%ということになります。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 高橋福祉課長。 ◎福祉課長(高橋雅英君) 先ほどの森田議員さんの答弁に1点漏れておりましたので、追加させて答弁させていただきます。  42ページですが、19負担金補助及び交付金の中で真ん中のあたりにありますボランティアセンター事業111万3,000円が抜かっておりましたので、追加させていただきます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 何点か質問します。ゆっくりいたしますが、まず全体的なことですが、行政報告の中で、町長の地域間の格差解消事業としては合併協議会で猶予期間を設けたものを除いて旧町村間で対象や基準に格差のある事業の統一化を図りましたとありますけれども、具体的にどのようなものか、この予算の中で説明をしてください。それが、全体的なところで1つ。  それと、説明書の歳入で4ページ、町民税の関係になりますが、これを見ますと、1の町税で個人と法人は前年度と比べて両方とも増額になってますよね。で、次の下の町税の固定資産税と保有資産等所在市町村交付金及び納付金、これが固定資産税減額になっておりますよね。この上の個人と法人が増えたんだけれども、固定資産税は減ったと。この減った、かなり6,386万3,000円と多いんですが、この主な要因の内容というもの、それについてお尋ねします。  それと、ごめんなさい、全体でちょっと済みません、1点抜かっておりました。全体的な関係で、町の職員さんの給与というのは、人事院勧告の影響もあってだんだんだんだん下がってきつつありますけれども、じゃあ全体的に町職員給与費は、17年度と比べてこの18年度の当初予算で全体的にどれだけの減額の見込みの予算計上になっているのか、お尋ねします。  それと、予算説明書に戻って、順番にページでいきます、ページに従って。  まず、44ページ、合同審査でもお尋ねしましたが、ちょっとわかりにくいところもありましたので再度お尋ねします。この敬老会、敬老会関連に出す経費、この当初予算から支出として出されている経費について、17年度当初とこの18年度当初の金額総額についてお尋ねします。  それと次に、52ページ、民生費の中の2保育所費の中の負担金補助及び交付金で、ここにあります乳児保育促進事業補助と時間延長保育事業と一時保育事業、障害児保育事業補助とありますが、ここに上げてる金額の根拠となる数字、何人かの対象があってこういう予算計上になっていると思いますけれども、実際に17年度で乳児保育全体で何人受け入れているという実数があると思いますので、その実数についてお尋ねします。それぞれ乳児保育、時間延長、一時保育、障害児保育、どれだけの実数があるのかお尋ねします。  それと、63ページの農林水産業費の中の農業総務費の15工事請負費、合同審査でもありましたけれども、163万2,000円の柳瀬直販所改修工事、これについては、やはり課長が言われたとおり補正計上なりすべきであったんではなかろうかと思いまして、この指定管理者制度導入後といいますか、ここでこの当初予算計上というのはおかしい。合併して3地区が一緒にやってきておりますので、どこの地区においても公平公正にやる必要がありますので、こういったことを特別に認めることがちょっと難しいんですけれども、いかがですか。  それに関連しまして、柳瀬直販所に関連しまして、借地料が合同審査で話題になりましたけれども、そしたらその借地料の高いとか低いとかがありましたよね。それで、全体的なことになりますが、この予算書に借地料で使用料としての収入が上がってきているとは思いますが、現在においてその借地料が平米幾らとかというので統一されているのか、地域性もあると思いますが、どのようになっているのか、現状をお尋ねします。  それと、この柳瀬直売所の高いと言われている借地料が、高いと言われているから高いんでしょうか、どれだけ高いのかちょっと知りたいところもありますので、お尋ねします。
     それと、済みません、ちょっと前へ戻って56ページなんですが、環境課長にお尋ねします。衛生費の中で環境対策費があって、備品購入費で排水型生ごみ処理機283万5,000円で、すこやかセンターで出たごみということでしたが、その中には1階には民間の業者も入っている訳ですよね。喫茶とあいの、JA伊野町の組合興産の分ですけれども、そこからのごみも20から30キロ出てると。そういうことになりましたら、何らかの負担、負担金、使用料なり何かをもらっているのかもらっていないのか、もらっているとしたら幾らか、お尋ねします。  それと、あと総務課長は忙しそうですね、87ページの消防費の中の、合同審査でお聞きしましたこの防災行政無線固定系設備の件なんですけれども、図面をいただきましたが、これですべての住民にそれを放送といいますか、届くのかどうかというところが1点心配されますが、例えばなんですが、西浦のことになってしまって大変申し訳ないんですけれども、例えばこれは多分公民館とか集会所のところが中心になっているのかちょっとわからないんですけれども、この図面書でちょっと説明をしてください。  それと、あとは教育長がいらっしゃらないんで教育次長になりますが、何点かお尋ねします。  90ページの教育費の教育振興費の中の体験留学受け入れ補助金21万円というのが見当たらない、17年度にありましたが18年度にありませんが、その理由をお尋ねします。  それと、同じく90ページの目4教育研究所費についてお尋ねします。421万2,000円という額が計上されていますが、これは旧伊野地区にあったものと思いますが、本川、吾北にあったのかどうか。そして、この内容的にはどういうことを打ち出しているのか、どこにあるのか、体制はどうなのかといったことをお尋ねします。  それと、91ページ、教育相談所費についてお尋ねします。この中で、合同審査のときに教育長は教育支援センター運営、これはのぞみ教室のところやということで、そこがそうなるけんど、名前ののぞみは残すと言われました。そして、その報償費の中に、待ってくださいよ、それで91ページの賃金ではのぞみ教室指導員、下の報償費で適応指導教室所長ってあって、こののぞみ教室と適応指導教室とは別ですか。大変いろんな名前が上がってきてわかりにくいんですけれども、教育支援センターに室長はいなくて、そのあたりを説明してください。  1回目の質問を終わります。 ○議長(土居豊榮君) ちょっと議長の方から2番議員さんに質問しますが、質問内容はそれですべてですかね。ありましたら、すべて出しておいていただいた方が、ちょっと質問の時間が非常に考えながら質問されているような時間がありますので、非常に貴重な時間を費やしてる関係で、ありましたら今出しておいていただいたら、また答弁するのに具体的に出ると思いますので。 ◆2番(池沢紀子君) はい、わかりました。 ○議長(土居豊榮君) 2番議員さんに対しての答弁ですが、今ちょっとお諮りします。執行部の方にも具体的に2番議員さんの質問に的確な答弁をしてもらう意味もありまして、ただいまから休憩したいと思いますが、いかがでしょう。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 15分まで休憩にします。       休憩 13時58分       開議 14時15分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  執行部は順次答弁願います。岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 池沢議員のご質問にお答えします。  まず、予算の中でどういうところを旧町村を統一したかというご質問がございました。これにつきましては、まず鳥獣対策費の有害鳥獣の捕獲報償費、これを1点統一しました。それと、補助金の関係で見直しをやりまして、同一類似団体の部分については一つの、例えばいの町婦人会でありますとか、そういう部分の統一。それと、吾北と本川でやっておりました集落活性化事業、これの分の補助率を統一しました。それと、これ役場の中の話になりますが、臨時職員の賃金の統一、それと火災保険について、本川地区については掛ける保険会社が違っておりまして、すべてその町村会の方へ統一をしております。それと、あと敬老会の補助でございますが、17年度までは食糧費であったりとかで出ておった地区もありますが、すべて補助金の方へ統一しまして、3,000円ということで統一をしております。主なものが大体そういうふうなことでございます。  それで次に、人件費に関しまして、17と18とどれぐらいになっているかということで、18年度は17年度に比べて減額になっておりまして、職員のこれは給与関係でございますが、職員の分だけでございますが、1億1,631万1,000円の減額、これは一般会計の当初予算の分です。  それと、あと防災対策費の中の行政防災無線の分でございますが、これにつきましては、今年枝川地区で7カ所の屋外スピーカーをつけるいうことで、これにつきましては、つける位置につきましては大体の部分を図面に表示しておりまして、すべて公共用地へ設置したいと考えております。  それで、平たん部につきましてはこのトランペット放送でカバーできますが、山の上にある一軒家とか二軒家、そういうところについてはカバーできませんので、そういうところについては個別のスピーカーをつけないかんのじゃないろうかというふうに思っております。今年の分につきましては、屋外のスピーカーということで計画しておるところでございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 中嶋税務課長補佐。 ◎税務課長補佐(中嶋隆司君) 池沢議員のご質問にお答えします。  予算の説明書の4ページの歳入、町税、いわゆる住民税と固定資産税があって、固定資産税の方は減額してると、大幅なということで、その要因はということですが、これは3年に1回予定されてます評価替えの作業におきまして、家屋等が減額されるということが見込まれますので、その分の減額ということになっております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 高橋福祉課長。 ◎福祉課長(高橋雅英君) 2番、池沢議員さんにお答えいたします。  敬老会に関する経費でございますが、まず平成18年度当初予算の方から順番にご説明申し上げます。  11の需用費の中で11万7,000円、総額で構いませんか。       (2番池沢紀子君「議長、休憩」の声) ○議長(土居豊榮君) 暫時休憩します。       休憩 14時20分       開議 14時20分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  高橋福祉課長。 ◎福祉課長(高橋雅英君) 総額でございますが、平成18年度が1,186万1,000円です。そして、17年度でございますが、1,196万4,000円です。補助金の関係が、19節、先ほど総務課長がご説明いたしましたが、そこへ3町村とも一括で1,152万6,000円計上させていただきました。  予算書で計上させてもらっております1,152万6,000円です。失礼いたしました。  そして、52ページの保育所費の乳児保育促進事業補助の関係で、人数でございますが221人、その下の時間延長保育事業427人、そして一時保育事業、延べの人数でございますが、1,556人、そして障害児保育事業補助4人です、人数。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 池沢議員のご質問にお答えいたします。  63ページの農業総務費の工事請負費、柳瀬直販所の改修工事でお尋ねがございました。合同審査でも申し上げましたように、この直販所につきましては、中山間地域の農業振興を目的といたしまして国の補助によりまして設置したものでございまして、昨年会計検査、また総務省の行政評価事務所から費用対効果につきましてご指摘も受けておりました。その対策として、昼にレストランでお客様が入れなくて帰られておるといったような実態もございましたので、仁淀川の川の方にテラスをつけまして、少しでも集客力をアップするというような工事でございまして、28人の生産者のグループもございます。そういったようなことで工事を行う訳でございまして、議員がおっしゃられたように、指定管理者の指定の前にということでございましたが、補正でやればこのようなことはなかったと思いますけど、時期が遅れたといったようなことでございます。  それから、借地料についてもご質問がございました。統一されているのか、現状をと、それから高いと言われておるがといったようなことでございますが、これも合同審査でお話ししましたように、当初農地から宅地に変わったといったことで、固定資産のアップといったようなことで坪単価が1,700円ということになっておりますが、この1,700円につきましても教育委員会が、つまり学校の用地を借地しておりましたけれども、最終的にはその単価に落ちついたという話を伺っております。借地料につきましては、それぞれ単価は異なっております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 伊藤環境課長。 ◎環境課長(伊藤孝造君) 池沢議員のご質問にお答えいたします。  56ページの排水型生ごみ処理機の備品購入の件でございますけれども、民間の事業所が入ってるが、負担金をもらっているのかということでございますけれども、負担金をもらう計画になっておりません。今後の保守料は負担をしていただくということになろうかと思います。 ○議長(土居豊榮君) 青木教育次長。 ◎教育次長(青木利実君) 池沢議員さんにお答えいたします。  教育振興費の関係で、90ページです、体験留学の件ですけれども、これはモンゴルからの留学生を受け入れておりましたけれども、一度受け入れていましたが、もう受け入れ先もなくなったということもあり、それから一定の効果もあったということで、もう17年度も受け入れしませんでしたし、18年度以降も当分は受け入れる予定はございません。  それから次に、教育研究所についてですが、どこにあるかということですけども、現在伊野小学校の北舎の3階の西の端の部屋をお借りして研究所を置いております。吾北と本川には、今まで教育研究所は合併まではありませんでした。  それで、教育研究所の体制ですけれども、非常勤の所長とそれから県費負担の教育職員のうち2名が交代で来ております。それに、教育指導員も同じ非常勤ですけれども、初任者研修等の指導で入っております。  それから、内容というか、目的につきましては、主として教職員の研修と研究活動の推進を図って町の教育の振興と充実に努めるということを目的としてまして、特に学力面の向上を目指した学習指導等の改善というものに取り組んでいます。それで、具体的には県費負担教職員の2名が研究主事として自主研究の活動を行い、また学校現場へ出かけて教職員に対して指導とか助言を行っています。  そのほか、グループ研究として、先生方がグループを組んで、理科の研究とか教育相談の研究とか、そういった個人研究にも先生が活動を行っています。  それから次に、教育支援センターの関係です。これは91ページですが、現在は教育支援センターの中にのぞみ教室と教育相談をする場所を構えておりまして、総称して教育支援センターと呼んでいます。そして、その中で報償費の中へ、これは支援センターの所長の給与です、賃金になりますが、報償になりますが、この分につきましては、ちょっと補助絡みの関係がありまして、県から補助をいただいている関係もありましてこの適応指導という名前を現在残しておりますが、もう名称自体は教育支援センターに現在なっております。のぞみ教室の名称はそのまま残っております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 教育次長にお尋ねしますが、のぞみ教室の名称が残っちゅうということは、でも同じことをしているのにそれだけ名称が違っているということではないですか。名称とかいろんなことも統一してはどうかと思ってお尋ねしてるんですけれども。  それと、その90ページの教育研究所費なんですけれども、これだけ421万2,000円も予算を使っているということで、その効果があらわれているのかどうかというのでお尋ねしているんですけれども、新聞、テレビで教職員の不祥事、町内において、そういうことも報道されまして、説明会も学校であった訳なんですけれども、詳しくは聞きませんけれども、そういったところの学力向上と言われましたよね、教職員の研究が、それも大事ですけれども、そういった教職員の質といいますか、資質、人間性に対する研究なんかの指導はここの場所ではどのように考えられているのか。町単位で教育研究所を置いた旧伊野なんですけれども、この旧伊野の伊野地区においてこの教育研究所を置いたという、当時余り県下ではそういった事例がなかったように聞いておりますけれども、それだけの目的と効果を目指してこれだけの予算をずうっと今までつけてきた訳ですから、やっぱり効果があったらいいと思っておりますけれども、最近の町内の現状を見たらどうかなっていう疑問がありましたのでお尋ねしましたが、この教育研究所の所長とかというのは一体どのような方がなられているのか、お尋ねいたします。  それと、借地料のその統一性といいますか、町の方に貸している地権者から見たときの公平公正性も必要とされておって、合併して伊野地区、本川、吾北地区の統一性も必要でありますでしょうし、そういった柳瀬に見られるようなことなんかの統一性も見られると思いますけれども、現在の借地料というのは、各地区でまた課ごとに違っている状況にあるかどうかっていう具体的な数字は知らないですが、後でよろしいですので、そういったものを一覧表なりにして、こちらがわかるような状況に提示していただきたいと思います。そして、そういったものを議会なり委員会なりで構いませんので、私たち議員がわかるように町民に対して説明責任が果たせるようにしていただけないでしょうか、お尋ねします。 ○議長(土居豊榮君) 執行部答弁はどなたですかね。青木教育次長。 ◎教育次長(青木利実君) 最初ののぞみ教室の件ですけど、名前の統一をということで問われました。現在は、その教育支援センターのぞみ教室という形で、支援センターの中にそののぞみ教室と、それから教育相談活動をする場所があるということです。将来ずっとこの方法で統一していきたいと考えております。  それから次に、研究所の問題ですけれども、最近の教職員の不祥事等があって、まことに申し訳ないと考えていますが、その問題に関して研究所の効果といいますか、につきましては、教育指導員さんの先生を中心に、それから教育委員会の事務局にも指導員の先生がおりまして、先生のメンタル面についてもご指導くださっています。そのため、今後においても、どうしても先生の資質と言いますか、を向上させていくための努力は研究所はもちろん、教育委員会全体で取り組んでいかなければならないと考えています。  それから、研究所の所長さんの件ですけれども、もとは校長先生をなさっていた方です。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 岡林総務課長。 ◎総務課長(岡林正憲君) 池沢議員のご質問にお答えします。  町が借っておる借地料の一覧表でございますが、ちょっと時間をいただきましたら、後ほどまた提出させていただきます。 ○議長(土居豊榮君) 2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 3回目します。  そしたら、教育研究所の所長は何年も続いてですか。任期といいますか、済みません、そういったものがあるのかどうか、今の所長は何年ぐらいになっているのか、お尋ねします、1点。 ○議長(土居豊榮君) 青木教育次長。 ◎教育次長(青木利実君) 任期といいますか、1年交代で雇用を更新する形でさせています。在任は2年です。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はございませんか。  ちょっと本山本川総合支所長から追加説明します。本山本川総合支所長。 ◎本川総合支所長(本山博文君) 11番議員さんの、30ページですが、財産造成費の工事請負費の発注の仕方についてというところで、少し説明不足がありますので、補足をさせていただきます。  旧本川村が契約をしてきた方法は法令に抵触すると監査の際に指導を受けましたので、17年度からは間伐を業とする業者が本川地区には複数おりますので、それぞれ見積書を徴収して、安価な業者に発注をいたしております。  以上です。       (2番池沢紀子君「議長、済みません、私への答弁抜かりがあります」の声) ○議長(土居豊榮君) 松本本川総合支所次長。 ◎本川総合支所次長(松本健市君) 1つ抜かっておりますが、短期山村留学生の経費がどこにあるかちょっとわからないというお尋ねがあったと思いますが、言いましたかね、そしたら下げます。 ○議長(土居豊榮君) 暫時休憩します。       休憩 14時38分       開議 14時38分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  8番、北岡義彦君。 ◆8番(北岡義彦君) 1つだけお聞きしておきたいと思いますが、説明書の34ページの池ノ内天王行きのバスの備品購入の件についてですが、最近どことも公共交通機関の乗客がおらんということが大きな問題ですが、この天王行きのバスにつきましても、資料をいただきまして、1カ月平均したら500人から600人前後というふうな乗客の利用のようでございますが、1日に平均をするとやっぱり20人ぐらい。ということは、1日に5便、5往復ですか、5往復やったら1便で1人か2人と、こういうふうなことになりますが。  そこで、もっとPRをする必要もあるんじゃないかと思いますが、このバスがだれでも乗れる路線バスということの認識があるかどうかということが考えられます。これは、イベントの日に乗ってくれ言いましても、やっぱりこのバスがそうかというところの認識もないかもわかりませんし、買い替えるに何か斬新的な発想ができないものかというふうにも考えますが、この電車、バスをアンパンマン電車とか、飛行機にしてもディズニーの塗装をして子どもに乗ってもらうというようなこともありました。こういうなことも考える必要もあるのではと思いまして。また、そこのJRの線路の下、伊野郵便局の近くの、あそこへ壁画を子どもがかいたというふうなこともありましたが、そういうふうなことも考えて、今度29人乗りから15人乗りになったら、そういうふうな余地があるかどうかは私もわかりませんが、そういうふうなことも考えてみてはどうかというふうにも思います。  そういうふうな、バスを利用してPRをするとか、また行き先表示も小さい表示で天王行きと、そういうふうな小さい表示でしたが、そういうふうなことで、一目で大体わかるような、そういうふうな表示の仕方はないもんかどうかというふうにも考えますし、何か考えを改めて考えてみてはどうかというふうにも思いますが、その辺について、企画課長でも構いませんが、言われんかね。町長でも構いません。どなたか、いろいろと考えられておる課長がおりましたら、その辺についても聞いておきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 中澤企画課長。 ◎企画課長(中澤一也君) 8番、北岡議員さんの質問にお答えいたします。  4月から公共交通検討委員会も立ち上げるというふうな運びになっておりますので、議員からいただいた意見等も出していただきまして、バス交通のイメージ一新を図ってまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 実は、構想としましては、19年の4月に中沢塔ノ向線から農道ルートオープンします。そうなれば、一方通行でぐるりんバスになる。そのときには、先ほど課長が言いましたように、料金体系であるとかそういったもんも一緒に検討していただきたいと思っておりますし、そして広報紙で収入を上げられないかといった議員さんからもいろいろ提案をされております。例えばバスの横へのコマーシャルであるとか、例えば前面はいの町のマークであるとか、正面は、何かそんなことも考えながらやっていきたいと思いますが、まずは当面は今改造の経費を組んでおりませんので、課長が言いました検討委員会の中での提案をいただきながら検討していきたいと考えております。 ○議長(土居豊榮君) 7番、大原孝弘君。 ◆7番(大原孝弘君) 63ページ、農林水産業費の6の農業総務費なんですが、19土佐春野いの農業振興連絡協議会伊野部会というのがあるんですが、これはどこにありましてということと、今3市町村はそれぞれ別の方向に行くようなことにもなっておりますし、農業ですから一緒のところも当然ございます。私が一度産経の委員長であったときに、議長と二人で須崎に出向きまして連絡会があったんですが、そのとき県の方も部長さんも来られていましたが、協議連絡会というのは余り実務的なことをようしていないもんで休止にしようじゃないかという話になりまして、その後やまっております。これも必要なら当然やっていただいて結構なんですが、そこのところ、どのようになっておるかをお聞きしたいんですが。 ○議長(土居豊榮君) 山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 大原議員のご質問にお答えいたします。
     土佐春野いの農業振興連絡協議会の伊野部会でございますけれども、これにつきましては、事務局が高知県の農業中央西農業振興センターがやっていただいております。この中で、土佐市、春野、いのにつきましていろんな農業の情報交換とかというようなことを行っておりまして、必要である協議会であると私は考えております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第40号の質疑を終わります。  議案第41号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第41号の質疑を終わります。  議案第42号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第42号の質疑を終わります。  議案第43号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第43号の質疑を終わります。  議案第44号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) この議案説明書にもありますように、この案件については、国保運営協議会が開催されて、そのときに全会一致で承認されておりますとかある訳なんですけれども、そこにはなかなか詳しい資料が提出されていたのではないかと思いますけれども、なぜこの議会にも同じようにそういった資料の提出、参考資料として提出されなかったのか、お尋ねします。ほかの議案につきましては、いろいろ詳しい参考資料を執行部におかれましてはつけてくださることが今回できたんですけれども、この議案に限ってはそういったものがついてないということが1点疑問に思いますので、お尋ねいたします。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 2番、池沢議員にお答えいたします。  国保運営協議会へ諮問してお渡しした資料と今回の議会へ提出させていただいた資料については、内容自体は変わってない、資料も変わってないと思うんですけれども。それで、ほかの資料。特に協議会に対して別の資料を提示した覚えはない訳ですが。 ○議長(土居豊榮君) 2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) それでしたら、平成17年度第1回いの町国民健康保険運営協議会、すこやかセンター伊野で18年2月16日午後6時30分から行われています。その中には、平成17年度いの町国民健康保険特別会計の補正予算事業勘定、直診勘定、平成18年度いの町国民健康保険事業計画、この議案ですよね、とかこうある訳です、議事として。この中で平成18年度いの町国民健康保険事業計画案というもの、こういったものも、議員の中でも委員になって出席されてる方もいらっしゃいますけれども、4人ほど。それで、基本方針とか重点項目の具体的な取り組みとかある訳なんですよ。こういったものがこの議会へ添付されておりましたら、参考資料として大変勉強になると私は考えますが、覚えがないと言ったのは私にとっては納得できませんが、どうですか。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 2番、池沢議員のご質問にお答えいたします。  確かに、申し訳ございません、保険事業計画につきましての資料はこの議会へ提出されておる中では提出されておりませんので、それは申し訳ないと思います。 ○議長(土居豊榮君) 2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 前から思ってたんですよ、この提案理由説明書を読んで、国保運営協議会で承認されたって、議会の議員は全員一致とか全会一致で了承されますとかあるでしょ、承認されましたって、ですが議会は議会で別なんですよね。そしたら、運営協議会へは詳しく資料もつけて説明するけんど、議会に対しては説明せんととれるんですよ。ほんで、議員としては、やはり住民を代表として選ばれてここに来ている訳ですから、十分な説明を受けて議論をしたいというのが私にはあります。私と同じように思っている議員も多数おると思います。そういった面でずうっと言い続けてきて、やっとほかの議案につきましては詳しい資料をつけていただくことに至って、本当に職員さんにおかれましてはご苦労やったと思っております。おかげさまで、ちょっと私がこんなに時間的に長くなっているところもありますけれども、やはり職員さんが一丸となって同じようにしていただかないと、説明責任を十分果たしているとは私は思えないのじゃないかと思っております。  それで、今後こういったものをつける必要があると思います。つけるかつけないか答えてください。  それと、覚えがないと言われてましたので、あれなんですけれども、18年度基本方針の中で、(1)医療適正化対策、(2)適用適正化対策、(3)収納率向上対策が上げられておりますが、その中の擬制世帯への分析ということはどういうことかお尋ねします。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 2番、池沢議員にお答えします。  まず、国保運営協議会へお諮りした資料を今度議会へも出すかという考えがあるのかという質問でございますけれども、まずほかの審議会等もございまして、ほかの協議でもそういうことをお話しして検討をしてみたい、こんなに思います。  それと、擬制世帯につきましては、家族の被保険者の中で擬制世帯とそうでない世帯とのはっきりした仕分けをするためのその適用には応じていきたいと、このように考えております。       (2番池沢紀子君「議長、休憩」の声) ○議長(土居豊榮君) 暫時休憩します。       休憩 14時53分       開議 14時55分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議案第44号でほかに質疑はありませんか。4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) 11ページです。6保健事業費の1保健衛生普及費の節8報償費、この説明の中の健康優良者等記念品、この中で入湯券ということでしたかね、400円が3枚と、これ1人に対して1,200円ですか、これが記念品として渡されるということですが、町内の各3つの、薬草の湯を入れて3つですか、そうしますと、これ600円から700円。       (「5つ」の声)  5つあるんですか、失礼。5つあるそうですけれども、そうすると400円でいけるとすれば、これは旧吾北の歩行浴がいけるどうかわからんですけれども、金額的に温泉に入るとすれば半端であるし、歩行浴が400円なら3回ということで、さらに歩行浴に行って、将来続けていって健康増進するためにこのように入湯券を配布するようなったのか、そこら辺をお聞きしたいんですが。3回ぐらいで健康が増進するとも思わないんですが、きっかけとしてはいいかもわからんのですけど、この辺についてお聞きしたいんですけど。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 4番、井上議員のご質問にお答えいたします。  一応1,200円ということでございまして、400円の券であれば3枚ということでございまして、町内の5カ所の施設でそれをみんなに助成するということで、中には高い入湯料金があると思いますけれども、そこで400円の券で、あとは自己負担になる訳ですけれども、していただくというような形の入湯券を交付したいと思いますし、この入湯券を出すことによって健康増進を図っていただいたら、こんなに思ってます。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 井上議員のご質問にお答えします。  基本は、1,200円でなくして一番安いところの入湯料で、だから600円のところは200円負担して行ってくださいということで、あとは2回になるか3回になるかという議論の中で、2回でなしに、より多く予算の許す限りということで、健康増進事業として、起爆剤としてするから思い切って予算化した訳でございます。 ○議長(土居豊榮君) 22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) 先ほど出ましたけれども、今回昨年のこの議会のことを思いますと、本当に資料も整っておって、職員さんも苦労されてつけてくれたと思いますけれども、先ほど池沢議員も言いましたけれども、これ国保の審議会のその性格と、それからもう一つ介護保険の関係で福祉計画が出されておったと思いますけど、それの資料がついておったら本当によかったのではないかと私も思っております。  それで、この国保ですけど、国保の会計、財政どこの市町村も赤字に悩んでおりまして、そのようなあれですけれども、いの町は4億円近い資金があって、安定した資金があって、国保料が本当に高いし、下げてもらいたい、国保料が下げれないかという声もある訳ですけれども、今回1億7,600万円ですか、基金の積み立てを切り崩して入れられて、改めて問いますけど、積立基金の残額は幾らになったでしょうか。  それと、健康増進のために入浴券を配られるということが、これは本当に国保の加入者にしたらうれしいことだと私は思いますけれども。  それともう一点、高額医療費の負担、高額医療ですけど、これはどのくらいの方、何名くらいの方を見込んでおりますでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 22番、森田議員のご質問にお答えいたします。  まず、基金の残高はというご質問があったんですけど、まず今現在基金自体が、基金は4億9,053万6,357円ある訳でございますけれども、当初予算では、このうち1億7,657万円取り崩すということと、昨日の合同審査のとき、ちょっと抜かっておりましたけれども、平成17年度にも一応予算上7,730万6,000円を繰り入れるということになっておりますので、これを控除いたしますと、残高は一応予算上数値でございますけども、2億3,696万357円というふうになります。  次に、高額医療に関する医療費の支給算定に当たっては、対象者は何名かというご質問だったと思いますけれども、高額医療の対象者でございますけれども、一部負担金以上のものが返ってくる方がどれぐらい見込んでおるかということだったと思いますけれども、一般被保険者の高額療養費におきましては1,970人程度、それと退職被保険者等におきましては570人の一応そういう方がおるであろうというもとに、今までの実績とか16年度実績、17年度の見込み等をもとに予算を計上ということです。       (町長塩田 始君「議長、休憩」の声) ○議長(土居豊榮君) 暫時休憩します。       休憩 15時3分       開議 15時4分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ないようですので、これで議案第44号の質疑を終わります。  議案第45号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第45号の質疑を終わります。  議案第46号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第46号の質疑を終わります。  議案第47号の質疑に入ります。第47号の質疑はありませんか。22番、森田千鶴子君。 ◆22番(森田千鶴子君) この介護保険ですが、7ページの8報償費、地域密着型サービス運営費、これは6名ということでして、2回の6万5,000円というようなことですけれども、この地域密着型サービスは今回新しくできて、市町村が事業主体の指定など大きな権限を持つことになって、市町村は地域の実情に応じて、指定基準と介護報酬を変更することも可能になったと。なお、これらの指定、指導、監督が公平公正に行われるように、各市町村に地域密着型サービス運営委員会が設けられ、そしてそこには地域住民や保健・医療・福祉関係者、経営者などの参加が保障されることになっておりますというふうにこの法にはなっているがですけれども、6名では少ない、それにたった2回で少ないことではないでしょうか。これは、同じことがもう一つの地域包括支援センター運営協議会の委員にも言えると思いますけれども、先ほど言いよった公共交通検討会ですか、比較はできないかもしれませんけれども、7,700円が15名で6回、69万3,000円という予算が組まれておりますけど、こちらの地域密着型サービス運営委員会とか、この大事な大変会になろうと思いますし、公募委員も入れるというような方向で検討してもらいたいんですが、6名だけでええがですか。 ○議長(土居豊榮君) 吉良ほけん課長。 ◎ほけん課長(吉良正道君) 森田議員にお答えします。  特に6名でしなければいけないとかということにはなっておらないようになっておりまして、国からの一つの要綱の案が出ておりますが、それでは8名以内ぐらいが適当である。そして、委員につきましても、現在あります介護保険の作業部会の委員を部会を充てることも可能だし、それと介護について詳しい人たちを、それを母体にしてから入れるというふうなことも可能だということで言われておりますので、6名が少ないかどうかはちょっと、多いか少ないかということは特には感じておりません。6名ぐらいでもいいんじゃないかというふうに私は思ってます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) いや、課長、その6名とか7名とか8名とか、多い少ないの問題じゃなくて、やっぱりこの地域密着型サービス運営委員会ですか、それから先ほど言いよった地域包括支援センター運営協議会、これへやっぱり地域住民が参加するような協議会にしていくということがすごく大事なことですよ。これはよその自治体なんかは、実際に地域住民を入れて、こういう協議会の立ち上げに向けて具体的に作業を進めゆう自治体もたくさんありますよ。それがすごく大事なことやと思うんですけど。 ○議長(土居豊榮君) 吉良ほけん課長。 ◎ほけん課長(吉良正道君) 山岡議員にお答えします。  このメンバーの中に、1号被保険者あるいは2号被保険者の代表という項目もありますので、またそういうことも考えてみてみます。 ○議長(土居豊榮君) ほかに。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ないようですので、これで議案第47号の質疑を終わります。  議案第48号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 議案第48号平成18年度いの町特別養護老人ホーム特別会計予算議定に関する議案についてお尋ねいたします。  説明書の10ページの事業費の1施設介護サービス事業費の中の、この歯科衛生士62万7,000円についてお尋ねいたします。これは、町内の歯科衛生士の方が来られているのかどうか、現在。お尋ねしたいと思います。  それと、その下の14使用料及び賃借料なんですけれども、この熱帯魚借上料22万7,000円と観葉植物借上料15万2,000円がありますが、これは吾北荘ですか、偕楽荘ですか、両方でしょうか、お尋ねいたします。  それと、14ページになって、給料及び職員手当の増減額の明細がついておりますけれども、採用と退職の状況についてお尋ねいたします。平成16年度は、採用なしの退職が1人、平成17年度は採用2人の退職が2人、平成18年度は採用1人で退職がなしということだったんですけれども、今年18年、結局この職員さんの増減について、偕楽荘、それから吾北荘におきまして、増減が正職員さんの配置なんですけれども、変わっているのか変わっていないのか、お尋ねします。  それと、17ページで、キの特殊勤務手当で、代表的な特殊勤務手当の名称が死体処理ってあるんですけど、妙にこの書き方が死体処理って微妙なところがありまして、こういうに決まっているから死体処理って書かれてるんでしょうか。ちょっとそれをお尋ねいたします。 ○議長(土居豊榮君) 尾崎偕楽荘所長。 ◎偕楽荘所長(尾崎和敏君) 2番、池沢議員にお答えいたします。  歯科衛生士の方ですが、これは町内の方で、下のすこやかなんかでよくお世話してくださってる方にお願いをいたしております。  それから、観葉植物と熱帯魚ですが、これはすべて偕楽荘でございます。  それから、14ページの採用の分、採用退職の状況でございますけれども、これは今回採用1名となっておりますのは、再任用の方1名ということでございますので、そのほかはありません。  それから、死体処理というのは、特殊勤務手当の中の名前が死体処理手当という形になっておりますので、こういう表現をさせていただいております。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありますか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 確かにそうですね、特殊勤務手当のあれがそうでしたね。ただ、ちょっとこう見たときに、初めその死体処理についてどんなんですかっていうたら、猫とか犬とか動物のような感じで行われてきたんですが、確かに偕楽荘じゃないですけど、特老が町の施設としてあるし、仁淀病院もありますし、そのときに処理という言葉が適当かどうかといったらちょっと疑問もありましたので、お尋ねしました。  それと、その10ページの熱帯魚の借上料と観葉植物借上料、年間合わせて37万9,000円、約40万円、この経費節減が言われておる中でちょっと高いかなと思っておりますけれども、これが偕楽荘と吾北荘という2つの特老が町内にできた訳です。両方ある意味いろんなとこでも整合性っていいますか、持たせないかんと私は思っておりますのでお尋ねしたんですけれども、一方にあって一方にない、そしたら両方に同じように置けと。ただ、こういったものについては、例えば入所利用者などが花を植えたりいろいろしております。そういったものを荘内に飾ったりすることもできますし、果たしてそれが絶対的に必要かといったら、吾北荘においてはしてないということですので、そうでもないんじゃなかろうかと思います。財政的な余裕があるときならいいかもしれませんが、こういったないときにはまた検討する余地があるのではないかと思いお尋ねしますが、どうですか。 ○議長(土居豊榮君) 尾崎偕楽荘所長。
    ◎偕楽荘所長(尾崎和敏君) 池沢議員にお答えいたします。  確かに本当に予算厳しいときでございます。ただ、観葉植物等につきましては、やっぱり心をちょっとなごますというふうな効果もございますので、今現在本当に厳しい状態ですので、そういうことと、先ほど言いましたなごますという部分とあわせまして検討させていただきたいというふうに思います。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ないようですので、これで議案第48号の質疑を終わりまして、ただいまから3時30分まで休憩にします。       休憩 15時15分       開議 15時30分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を再開します。  議案第49号の質疑に入ります。質疑はありませんか。23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) ちょっと1件だけお伺いします。  18年度いの町下水道事業特別会計、これは説明書の5ページ、1款下水道費、区分13委託料、下水道台帳1,134万円計上されておりますが、この下水道の台帳というのは、これは毎年毎年整理しゆうんでしょうか、何年かに一回整理しゆうんでしょうか、どういうやり方をしゆうんでしょうか。 ○議長(土居豊榮君) 矢野上下水道課長。 ◎上下水道課長(矢野哲男君) お答えします。  下水道台帳は、一応毎年整理するようにはなっておりますが、今回の委託料の1,134万円、これについては一般会計の下水道の特徴の中でも申し上げましたとおり、目的といいますか、使途といいますか、そういうふうな形で今年度平成18年度はやるようになっております。基本的には毎年整理することになっておりますが、今回については、まずこういう形で整理していくということでございます。 ○議長(土居豊榮君) 23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) いや、よくわかりました。いや、課長、この整理の仕方というのは、例えば本管が順次布設されていきますよね。それから、水洗化しますよね、接続しますよね。そういうのを接続した住宅の部分をずうっとこう整理していく訳でしょ。そういう整理の仕方ですよね。  それと、ちなみにこれは、こういうのは大体どこへ委託するんですか。 ○議長(土居豊榮君) 矢野上下水道課長。 ◎上下水道課長(矢野哲男君) お答えします。  今、当初予算の方でこれをやるということで計上しておりますが、今の段階としては、まだ具体的には決めておりませんが、いの町の実情がわかっているところにお願いしたいと。今のところ、お答えはそれ以上勘弁していただきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) 23番、山岡勉君。 ◆23番(山岡勉君) これは、下水道事業がとりかかってもう何十年もたっちゅう訳ですので、今までも何回かこれ台帳の整理してきた訳でしょ。ということは、整理するたんびに委託先が変わりよったら、いろんなまた不都合も発生するんじゃないかと思うんですけども、いつも同じところでやりゆうやない。 ○議長(土居豊榮君) 矢野上下水道課長。 ◎上下水道課長(矢野哲男君) お答えします。  私の答弁の中では、毎年整備するべきものの内容のお答えをしました。いろいろ財政的に厳しいというふうなことで今回こういう形でやっていくと。当然に先ほど言われたように、今までにお願いしているところになるようになるかもわかりませんが、まだその辺の予算が通った後で十分検討してやっていきたいと思います。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) 質問と答弁とがちょっとちぐはぐとしとったり、聞きよってこういったのがどういったのかわからないですので、きちんと、お構いなければ答弁をしていただきたいので、町長に振ってはいけないかもしれませんが、お尋ねします。 ○議長(土居豊榮君) 塩田町長。 ◎町長(塩田始君) 下水道台帳につきましては、実はすべてができていないのが現状でございます。単年度でできないっていうのも現状でございます。それで、複数年に分けて整備をしながら、最近では工事の施工図、施工後の図面、そういったものが町の方にございますので、そういったデータをもとに下水道の配管図というものを作成してもらうということで、つまりデータがありますので、入札にかけてやるということなんです。  また、今後におきましては、そういったデータに入力できるような成果品を持ってくるような入札での条件をつけていくといったところも今下水道と協議をしているところでございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ないようですので、これで議案第49号の質疑を終わります。  議案第50号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第50号の質疑を終わります。  議案第51号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第51号の質疑を終わります。  議案第52号の質疑に入ります。質疑はありませんか。21番、森木昭雄君。 ◆21番(森木昭雄君) 24ページの資本的支出、建設改良費のこの工事請負費、八田地区の配水管の布設替え工事の件ですが、ここの長畝という集落ですが、ここには一般家庭の中に瞬間湯沸かし器をつけておりましたら、水圧が低いために時々消えている。あるいは、1階のタンクに水をためて、2階に定期的に水をポンプアップしているような状況があります。そこへ追い打ちをかける訳ではありませんが、現在一般住宅が地域につくられている状況でありますが。さて、ここで水道管の布設工事の完了時期、これは予定がありますなら、大体おおむねそれをお知らせいただきたい、1つと。  それから、町長ご存じだと思いますが、三、四年ほど前にこの地区で住宅火災が発生をしまして、消防団が難儀をした経緯がありまして、理由が近くに頼りにしているその奥田川の水がほとんどなかったといいますか、非常に少なかったときで、消火活動で困難を来したと。消火栓をつける、その辺のお考えがあるかどうか、これ合ってるかどうか、その辺も。 ○議長(土居豊榮君) 矢野上下水道課長。 ◎上下水道課長(矢野哲男君) 森木議員のご質問にお答えします。  お手元の資料の24ページの資本的支出、資本支出、1建設改良費、2の簡易水道事業、節の20の工事請負費、八田地区配水管布設替え工事、これの工事でございます。それで、消火栓の質問がありましたが、消火栓も含めてやるように今計画をしております。  なお、この事業につきましては、県とも今協議をしております。  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 21番、森木昭雄君。 ◆21番(森木昭雄君) 大体おおむねいつごろまでということだけを僕は聞きたいがです。 ○議長(土居豊榮君) 矢野上下水道課長。 ◎上下水道課長(矢野哲男君) お答えします。  この事業については、いろいろと町の水道の方も早くするようにせないかんということで、今それに取りかかって、当初、4月に入ればすぐにそれに取りかかり、4月末を目標にやっていきたいと、今のところ考えております。  以上です。       (21番森木昭雄君「ありがとうございました。よくわかりました」の声) ○議長(土居豊榮君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第52号の質疑を終わります。  議案第53号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第53号の質疑を終わります。  議案第54号の質疑に入ります。質疑はありませんか。15番、森幹夫君。 ◆15番(森幹夫君) 54号、55号、56号は同じような指定管理者関係の議案ということになりますので、町長あるいは助役の方でご答弁をお願いしたいと思っております。  まず、指定管理者を指定しようというときは公募することになっておりますが、今回は指定管理者の公募から選考までの経過というものが参考資料として添付されておりませんが、どうしてなのでしょうかということです。  それから、指定管理者が決まってからの町と指定管理者との施設の管理分野といいましょうか、それの費用分野というのか、その施設の管理等について、協定書あるいは契約書なんかで決められると思いますが、こんなときには、このときの費用はいの町と、こんな分のときには指定管理者という判断基準というのはどういうふうになっておるのか。例えば、災害なんかが起こった場合なんかは町が見ますよと、あるいは増改築なんかのときには指定管理者が行いますよとかというふうな、はっきりしたことはどうかわかりませんが、大体そういうふうな基準はどういうふうになっているか、教えていただきたい。  それからいま一つは、これ9月までですよね、これから後の9月までにどのような施設を指定管理者制度に導入していくのか、その3点をお願いします。 ○議長(土居豊榮君) 小松助役。 ◎助役(小松保喜君) 選定委員もやらせていただきましたので、私の方より森議員の質問にお答えをさせていただきたいと思います。  一般的に第54号についての今質疑ですが、お答えをさせていただきます。公募団体につきましては、第54号につきましては公共団体が管理しておりましたので、公募せずに従来の管理団体、ここにお願いをしております。ですから、管理団体に現在までもお願いをしてあるところについては、向こうとの話し合いの上で管理団体にお願いできるところはするということになろうかと思います。  それで、一般の営利企業でお願いを現在でもしておりましたところ、例えばこれから出てきますが、木の香のようなところにつきましては今後、今後ってこれもやりますが、公募して、応募を見て選定委員会で決定してまいりたいと、このように思っております。  次に、選定の中身、内容でございますが、その施設を使用することにより消耗等で破損あるいは故障、これが発生した場合には、管理者の負担として直していただくということでございます。災害等により施設が損傷した場合には、町で負担をし、その他施設の老朽化あるいは修繕が必要になってきたという場合につきましては、原則として10万円を境に、10万円以上につきましては町が見ると、10万円以下については管理者においてお願いをするということになっております。これも話し合いの上で、内容によっては変更してくるんじゃないかな、このように思います。  施設の増改築については、町の方の許可があれば、管理者の負担によって実施していただいて結構だということでございます。  それから、9月まででございますので、予定はということでございましたが、これからの予定、これを指定管理者として頼むか頼まないか、そこらあたりからも検討の必要もありますが、現在3地区を予定しております。本川地区にあります山荘しらさ、吾北地区にありますグリーンパークほどの、それと吾北の育苗研修センター、この3カ所を予定しておりますが、これまでに本川地区の山荘しらさにつきまして公募をかけました。しかし、応募が一件もございませんので、今後これの取り扱いをどのようにするかということも含めて検討してまいりたい、このように思っております。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 第54号、ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第54号の質疑を終わります。  議案第55号の質疑に入ります。質疑はありませんか。15番、森幹夫君。 ◆15番(森幹夫君) 今度は、先ほどは公共の団体と言った、今度は、また同じようなことを聞かないかんようになりますが、第55号ですので、この第55号に関しましては公募から選考までの経過をご説明をお願いします。 ○議長(土居豊榮君) 小松助役。 ◎助役(小松保喜君) 第55号につきましては公募しておりません。公共団体に今までもお願いしておりましたので、そこにお願いするということになります。 ○議長(土居豊榮君) 15番、森幹夫君。 ◆15番(森幹夫君) それと、指定管理者を指定しようとするときは公募することとなっております。というふうな要綱とか何か決め事があるんじゃないでしょうかね。その公募の仕方は、広報で公募しますとかというふうに。一緒のとこの。 ○議長(土居豊榮君) 質問の要旨はわかりましたか。山崎産業経済課長。 ◎産業経済課長(山崎豊久君) 森議員のご質問にお答えいたします。  今回指定管理者の指定議案でございますけれども、有限会社633美の里でございまして、これに関しましては、町が出資しておる団体でございまして、いの町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の第5条に公募によらない指定管理者の候補者の選定等という中で、本町が出資している法人または公共団体もしくは公共的団体を指定管理者の候補者として選定することができるという文言がございまして、いわゆるこの条例に基づきまして公募は行っていないということでございます。 ○議長(土居豊榮君) 15番、森幹夫君。 ◆15番(森幹夫君) ご面倒ですが、前回の工芸村関連あるいは七彩館のときの参考資料を見てみますとそのように載っておりましたので、是非その条例のコピー、後でちょっとお願いします。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) ないようですので、これで議案第55号の質疑を終わります。  議案第56号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第56号の質疑を終わります。  議案第57号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第57号の質疑を終わります。  議案第58号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第58号の質疑を終わります。
     議案第59号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第59号の質疑を終わります。  議案第60号の質疑に入ります。質疑はありませんか。4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) 指名業者が6ということになっておりますけれども、近年ご存じのように公共工事が非常に減少しておりまして、まず技術が伴いますけれども、その工事に関する技術管理ができる業者であれば、まず町内業者と、それから県内業者と。それもできなければ県外大手という地元要望が全国的にわき上がっておりますけれども、この中で高知支店という落札した会社があるんですけど、高知支店ということは、本社はこれは高知に置いておるのかいないのか。それで、高知に置いてない県外業者であれば、さらに高知県内業者の中で指名ができなかったものかどうか、その点もお伺いします。 ○議長(土居豊榮君) 濵田技術監理課長。 ◎技術監理課長(濵田孝男君) 井上議員にお答えいたします。  本社は東京でございます。それで、工事内容がボーリング、アンカー工という特殊な工事、削井工ということで5,000万円以上の工事でございますので、経審が700点以上ということでこの業者を、県内の6社を指名をして入札をいたしました。 ○議長(土居豊榮君) 4番、井上敏雄君。 ◆4番(井上敏雄君) 東京に本社があるということは、まさか天下りの指名ちゅう訳じゃないでしょうね。社長等が国交省等からの天下りで、そういう人たちが会社に存在しちゅう訳ではないでしょうね。  それと、もう県内業者にはそしたら県内はこの5社ですか、700点というて言いましたかね、経審が、これはもうそしたら5社しかないという訳ですか。そこお聞きします。 ○議長(土居豊榮君) 濵田技術監理課長。 ◎技術監理課長(濵田孝男君) この落札業者が天下りということはございません。  それと、削井と言いましたが、とび土工のAということで全部拾いまして、指名を行われてます業者を選びましてA級を選んだ、そういうことです。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第60号の質疑を終わります。  議案第61号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第61号の質疑を終わります。  議案第62号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第62号の質疑を終わります。  議案第63号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第63号の質疑を終わります。  議案第64号の質疑に入ります。質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 質疑なしと認めます。これで議案第64号の質疑を終わります。これで質疑を終わります。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土居豊榮君) 次に日程第2、議案第65号いの町福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例議案を議題とします。  職員に追加議案を朗読させます。 ◎書記(山中貴恵君)   議案第65号  いの町福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例議案  以上でございます。 ○議長(土居豊榮君) 追加議案について提案理由の説明を求めます。塩田町長。       〔町長 塩田 始君登壇〕 ◎町長(塩田始君) 議案第65号いの町福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、高知県重度心身障害児・者医療費助成事業実施要綱が本年4月1日から改正されることに伴い、所要の見直しを行うものでございます。  内容につきましては、市町村に住所を有している者のうち障害者施設入所者については、所在地の市町村で医療費を助成するのではなく、施設支援の決定を行った市町村で医療費を助成するよう改正を行うものでございます。  以上です。 ○議長(土居豊榮君) 以上で提案理由の説明を終わります。  ただいまから暫時休憩します。       休憩 15時53分       開議 16時1分 ○議長(土居豊榮君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議案第65号の質疑に入ります。質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) ちょっと私誤解してるのかもしれません。ということは、いの町に住所があって町外で利用してる、町外で利用している人のことだけなんですね。後で、この施設支援の決定を行った市町村というのは、例えばいの町に住んでる人が高知市の施設を利用した場合の施設支援の決定を行った市町村はいのになりますか、高知市になりますか。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 決定を行ったのはいの町が決定をして、高知市の施設へ入れば、高知市の施設に入ってそこで医療を受けても、いの町が支払いをすると医療費の支払いは。       (「住所を高知市へ移すけど、移したら今までは高知市が払いよった」の声)  そういうことです。       (「今度は」の声)  国保でいう住所地特例という形に当たりますけれども、住所はいのからほかの市町村へ移しても、国保でいう、いの町が医療費の面倒を見ているということ。 ○議長(土居豊榮君) 2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) いの町で一回住みよって、いの町が、いの町に住みよって高知市の施設を利用しとっても、いの町が決定したから、いの町が今後高知市の施設を利用しとってどこへ住所を変えようと、高知市へ引っ越していって、高知市の利用してもいの町。その人が、今度はよそへ行っても、2回行っても、すべていの町のときに決定しとったら全部いの町がずうっと負担せないかんということ。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) 池沢議員にお答えいたします。  受給者証を、例えばこういう身体とか、それを発行しておる、いの町が発行したらいの町がもう見るということで、いの町が見ます。そうせんと、施設のあるところの費用が非常に大きくなるということがございまして。 ○議長(土居豊榮君) 16番、永野和雄君。 ◆16番(永野和雄君) 追加議案になった理由を教えてください。言うたらこれ議会に出す必要はないのでしょう。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) この福祉医療の改正は、県との補助が2分の1受けてやるわけですけど。県の方からの通知が、正式な通知が2月28日に来まして、定例会がすぐ来まして、よう作成しなかったということで追加議案となりました。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。2番、池沢紀子君。 ◆2番(池沢紀子君) そしたら、現在いの町内の施設を利用している場合っていうことが考えられますが、そういったいの町内の施設、対象の施設って現在あります。 ○議長(土居豊榮君) 堀地町民課長。 ◎町民課長(堀地省三君) お答えいたします。  いの町内はありませんので、町外ですので。町外で、例えば大方には誠心園とか、そういう施設。       (「いのにはない」の声)  いのにはございません、施設は。 ○議長(土居豊榮君) ほかに質疑はありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) これで議案第65号の質疑を終わります。             ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(土居豊榮君) 日程第3、議案の付託を行います。  お諮りします。ただいま議題となっております議案のうち、議案第2号、議案第3号、議案第9号、議案第10号、議案第11号、議案第14号、議案第17号、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第65号は民生環境常任委員会に、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第8号、議案第12号、議案第13号、議案第15号、議案第16号、議案第25号は総務文教常任委員会に、議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第26号、議案第27号は建設産経常任委員会にそれぞれ付託することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、ただいま議題となっております議案のうち、議案第2号、議案第3号、議案第9号、議案第10号、議案第11号、議案第14号、議案第17号、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第65号は民生環境常任委員会に、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第8号、議案第12号、議案第13号、議案第15号、議案第16号、議案第25号は総務文教常任委員会に、議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第26号、議案第27号は建設産経常任委員会にそれぞれ付託することに決定しました。  各常任委員会は3月13日までに審査を終わるようにお願いします。  以上で本日の日程は全部終了しました。  お諮りします。3月10日は委員会付託議案審査のため、なお午後1時30分から民生環境常任委員会を開催の予定です。3月11日、12日は休日のため、3月13日は委員会付託議案審査のため休会とし、3月14日再開したいと思います。ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○議長(土居豊榮君) 異議なしと認めます。したがって、3月10日から3月13日まで休会とし、3月14日午前10時再開することに決定しました。  なお、一般質問登壇順序決定のための議会運営委員会を本日、ただいま4時10分前ですが、4時20分より開催いたしますので、委員の皆様のご協力をお願いします。  ただいまの時刻は4時9分です。一般質問に関する補足は、これより5分以内になっておりますのでお気をつけください。  本日はこれで散会します。       散会 16時9分