運営者 Bitlet 姉妹サービス
いの町議会 > 2001-03-12 >
伊野町議会 平成13年第1回( 3月)定例会-03月12日−01号

ツイート シェア
  1. いの町議会 2001-03-12
    伊野町議会 平成13年第1回( 3月)定例会-03月12日−01号


    取得元: いの町議会公式サイト
    最終取得日: -
    DiscussNetPremium 伊野町議会 平成13年第1回( 3月)定例会 − 03月12日−01号 伊野町議会 平成13年第1回( 3月)定例会 − 03月12日−01号 伊野町議会 平成13年第1回( 3月)定例会            平成13年第1回伊野町定例会会議録 招集年月日  平成13年3月12日(月曜日) 場   所  伊 野 町 議 事 堂 出席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名1番宮  地  隆  三11番別  役  博  明2番土  居  豊  榮12番畑  山  博  行3番森  木  昭  雄13番浜  田  孝  介4番勝 賀 瀬  英  章14番吉  良  正  雄5番西  内  淳  補15番長  崎     譲6番近  内  敏  弘16番永  野  和  雄7番浜  田  重 三 郎17番大  原  孝  弘8番井  上  敏  雄18番北  岡  義  彦9番津  野  成  助19番池  沢  紀  子10番山  岡     勉               欠席議員 議席番号氏     名議席番号氏     名20番西  川  か ず 子                                                                                                   事務局職員出席者 事務局長藤  岡  孝  雄書記森  田  里  香書記森  本  由 美 子               説明のため出席した者 町長伊  藤  建  男助役上  田  周  五収入役中  嶋  裕  明教育長濱  田     啓
    総務課長岡  林  正  憲税務課長堀  地  省  三企画財政課長西  村     脩住民課長森     幹  夫建設課長上  田  敬  介水道課長森  木  祥  夫環境対策課長伊  藤  孝  造偕楽荘所長補佐大  塚  豊  久産業経済課長尾  崎  都  男紙の博物館長町  田  好  徳ほけん福祉課長吉  良  正  道国体担当参事山  崎  豊  久           平成13年第1回定例会議事日程(第1号)           平成13年3月12日(月曜日)午前10時開議            第1 会議録署名議員の指名            第2 会期の決定               (議会運営委員会委員長報告)            第3 平成12年請願第1号 「加田町道山手線一部拡張工事について」の取下げの件            第4 議案第2号から議案第28号まで一括上程               (町長提案理由の説明)            第5 請願・陳情の付託       開会 10時3分 ○副議長(宮地隆三君) ただいまから平成13年第1回伊野町議会定例会を開会します。  本日の会議を開きます。  ご報告いたします。20番西川かず子議員から欠席、19番池沢紀子議員から遅刻の届出がそれぞれありましたので、ご報告いたします。  続きまして、建設産経常任委員会から閉会中における委員会の審査の結果報告並びに監査委員から出納検査の報告があり、その写しをお手元にお配りしてありますので、ご了承願います。  平成12年第4回伊野町議会定例会において議決されました公共事業の生活密着型への転換を国に要請する意見書、特別間伐事業を創設する意見書、保育料の保護者負担軽減のために国の財政措置の拡充を求める意見書、保育所の最低基準抜本的改善を求める意見書、音楽療法士の国家資格制度創設等を求める意見書は、平成12年12月25日関係大臣並びに衆・参議院議長に送付いたしましたので、ご報告いたします。  次に、地方自治発展のために尽力をされた功績が極めて大であり、このたび全国町村議会議長会会長より特別功労の表彰を受けられました北岡義彦君、在職30年の表彰を受けられました長崎譲君、在職15年の表彰受けられました西川かず子君、以上3名の伝達式を行いたいと思います。  暫時休憩します。       休憩 10時5分       開議 10時8分 ○副議長(宮地隆三君) 休憩前に引き続き会議をいたします。  これで伝達を終わります。  これより日程に入ります。             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○副議長(宮地隆三君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第119条の規定によって、3番森木昭雄君、18番北岡義彦君を指名します。             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○副議長(宮地隆三君) 日程第2、会期の決定の件を議題とします。  本件については、委員長の報告を求めます。議会運営委員会委員長、長崎譲君。15番。       〔議会運営委員長 長崎 譲君登壇〕 ◎議会運営委員長(長崎譲君) おはようございます。  議会運営委員会の委員長報告を行いたいと思います。  平成13年第1回定例会期日程等につきましては、3月9日金曜日午前10時より全委員出席のもと議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果についてご報告いたします。  まず、会期日程案といたしまして、本日3月12日月曜日から3月23日金曜日までの12日間と決定いたしました。  本日開会日は、会期の決定後、継続審査となっておりました請願1号「加田町道山手線一部拡張工事について」の取下げの件を議題といたします。  続いて、議案第2号から議案第28号まで一括上程し、町長より提案理由の説明を受けます。  明日3月13日火曜日は休会とし、議案について合同審査を行います。なお、一般質問通告書の提出は、3月13日午後5時までとなります。  3月14日水曜日、会議を再開し、議案に対する質疑、議案の付託を行います。質疑終了後、一般質問発言順番の決定、意見書の取り扱いについて議会運営委員会を開催しますので、委員の方はよろしくお願いをいたします。なお、一般質問要点の補足については、質疑終了後5分以内となっております。  3月15日木曜日は、町内中学校卒業式のため休会とし、3月16日金曜日に委員会審査を開催します。  3月17日、3月18日は休日のため休会とし、3月19日月曜日会議を再開し、3月21日、3月23日までの3日間で一般質問を行います。なお、3月20日、3月22日はそれぞれ祝日、町内小学校卒業式のため休会といたします。  3月23日、一般質問終了後、議案第2号から議案第28号までを一括議題とし、まず付託議案の委員長報告、質疑、討論、採決を行った後、その他の議案について討論、採決を行います。続いて、請願、陳情の付託、各常任委員会、各特別委員会並びに議会運営委員会の閉会中の審査、事務調査の件を議題とし、ご決定いただき、閉会となります。  会期並びに日程案といたしましては以上でございます。 ○副議長(宮地隆三君) これから委員長報告に対する質疑を行います。  質疑はありませんか。10番。 ◆10番(山岡勉君) 私、この議案書の配付から開会までの時間的なものについて少しお伺いしたいんですが、さきの議会等でも、これ各議員からいろんな要望が出てるわけです。議案書の配付については開会3日前と言わずに、もう少し時間を持った配付ができないかというような要望がこれ上がってるわけですが、また議運においても、これは議案書が配付されてから開会までの時間の、やはり議員それぞれが議案書を十分精査できるような時間をとるような、そういった会期の検討の仕方というのは、これはございませんですかね。  以上、お伺いします。 ◎議会運営委員長(長崎譲君) それについては議会運営委員会の中で話もございましたけれども、これは3月9日開催をされた議運の中で議会運営等に関する申し合わせ事項、これについて再確認をいただく意味からお手元に今配付をさしていただいておりますが、11月16日に昨年の、議会運営委員会で各会派から出ております議会運営委員会の中で、お手元に配付をしておりますような内容の申し合わせをしております。それをどうも守られてないということもあって、再確認の意味で議会運営等に関する申し合わせ事項としてお手元に配付をしておりますので、それの徹底方をお願いをしたいと、こういうことです。 ○副議長(宮地隆三君) ほかにありませんか。       〔「質疑なし」の声〕 ○副議長(宮地隆三君) これで質疑を終わります。  お諮りします。本定例会の会期は、本日から3月23日までの12日間としたいと思います。ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○副議長(宮地隆三君) 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から3月23日までの12日間と決定いたしました。             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○副議長(宮地隆三君) 日程第3、平成12年請願第1号「加田町道山手線一部拡張工事について」の取下げの件を議題といたします。  本日受理しました請願の取り下げの申出書は、お手元にお配りしてあるとおりです。  お諮りします。ただいま議題となっています平成12年請願第1号「加田町道山手線一部拡張工事について」の取下げの件を許可することにご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○副議長(宮地隆三君) 異議なしと認めます。したがって、平成12年請願第1号「加田町道山手線一部拡張工事について」の取下げの件を許可することに決定しました。             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○副議長(宮地隆三君) 日程第4、議案第2号から議案第28号までを一括議題といたします。職員に議案を朗読させます。 ◎書記(森本由美子君)   議案第2号  伊野町情報公開条例議案   議案第3号  伊野町個人情報保護条例議案   議案第4号  地方自治法第203条の規定による者の報酬及び費用弁償の額並びにその支給方法条例の一部を改正する条例議案   議案第5号  伊野町水資源対策基金条例の一部を改正する条例議案   議案第6号  伊野町税条例の一部を改正する条例議案   議案第7号  平成12年度伊野町一般会計補正予算(第5号)議定に関する議案   議案第8号  平成12年度伊野町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第9号  平成12年度伊野町下水道事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第10号  平成12年度伊野町介護保険特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第11号  平成12年度伊野町製紙工業振興特別会計補正予算(第1号)議定に関する議案   議案第12号  平成12年度伊野町水資源対策特別会計補正予算(第2号)議定に関する議案   議案第13号  平成12年度伊野町訪問看護事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第14号  平成12年度伊野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案   議案第15号  平成13年度伊野町一般会計予算議定に関する議案   議案第16号  平成13年度伊野町特別養護老人ホーム特別会計予算議定に関する議案   議案第17号  平成13年度伊野町国民健康保険特別会計予算議定に関する議案   議案第18号  平成13年度伊野町老人保健特別会計予算議定に関する議案   議案第19号  平成13年度伊野町下水道事業特別会計予算議定に関する議案   議案第20号  平成13年度伊野町介護保険特別会計予算議定に関する議案   議案第21号  平成13年度伊野町製紙工業振興特別会計予算議定に関する議案   議案第22号  平成13年度伊野町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算議定に関する議案   議案第23号  平成13年度伊野町水資源対策特別会計予算議定に関する議案   議案第24号  平成13年度伊野町訪問看護事業特別会計予算議定に関する議案   議案第25号  平成13年度伊野町農業集落排水事業特別会計予算議定に関する議案   議案第26号  平成13年度伊野町水道事業会計予算議定に関する議案
      議案第27号  町道の認定に関する議案   議案第28号  財産の取得に関する議案  以上です。 ○副議長(宮地隆三君) 議案について提案理由の説明を求めます。町長。       〔町長 伊藤建男君登壇〕 ◎町長(伊藤建男君) おはようございます。  先ほどは全国町村議会議長会長賞から北岡議員さん、長崎議員さん、西川議員さん、議会、また町政発展のためのご尽力いただいたことで表彰されました。心からお喜び申し上げますとともに、今後とも町政の発展のためにご尽力いただきたいと思います。  それでは、行政報告を行います。  まず、新宇治川放水路の状況についてでございます。  新宇治川放水路の状況につきましては、平成7年度に事業採択され6年を経過し、地権者並びに関係地区の皆様方の事業への格別のご理解とご協力をいただきまして約70%の用地買収と放水路トンネル通過4地区との地下水等の事前対策を前提とした建設同意をいただき、工事着工に向けて確実に前進をしております。  また、新宇治川放水路建設工事は、平成12年12月28日付で土地収用法の規定による事業認定の告示(建設省告示2497号)がなされております。  吐口については、収用または使用の手続を保留していましたが、平成13年2月23日付で堤内側について収用または使用の手続を開始(高知県告示103号)しております。  内容としましては、手続が開始される土地。収用の手続が開始される土地、吾川郡伊野町八田字井流ノウラ地内。使用の手続が開始される土地、吾川郡伊野町八田字ホキロ及び字井流ノウラ地内としております。  このように新宇治川放水路建設事業は、地権者や関係者の皆様方はもちろんですが、議員の皆様方を初め多くの町民の皆様方のご協力をいただきまして、工事着工に向けて一歩一歩着実に前進しております。  しかし、事業認定後の用地交渉においても、八田地区の一部の地権者の方々にはどうしてもご理解をいただけない状況であり、立木トラストや土地の共有化等の根強い反対運動が続けられております。  今後とも誠意を持って対応し、少しでも多くの皆さん方にご理解、ご協力をいただきながら最善の努力をしていきたいと考えております。  続きまして、高知西バイパスの推進の状況でございます。  高知西バイパスの2期区間であります枝川から波川間の延長5.5キロの状況につきましては、去る2月5日から7日にかけまして天神地区と鎌田地区で都市計画変更及び設計説明会を、また8日には、是友地区で都市計画変更の説明会をそれぞれ開催いたしました。その後、地権者並びに地元関係者のご協力のもと、天神、鎌田地区で仮幅ぐいの設置を行い、今月6日から7日にかけまして現地での関係者の皆様に説明を行ったところでございます。  今後は、関係する地区で地元対策協議会等を設置していただき、関係する皆様方と設計案につきまして協議を進めてまいります。  町といたしましても、国土交通省、高知県と一体となりまして推進に取組んでまいります。  続きまして、加田地区農業集落排水事業でございます。  平成10年度末に加田地区農業集落排水事業推進協議会が設立され、それを受けて平成11年度には協議会役員及び地区全体を対象とした説明会を開催しております。地区では女性の会も設立され、水に関する意識向上を目的としたアンケート調査や水質調査に取組んでいただきました。また、協議会を中心として事業同意書の徴収もしていただきました。  平成12年度は、地区の活動として協議会を中心とした先進地視察研修を行い、また女性の会の活動としては、供用開始後の快適な住環境を得るための住宅設備の視察研修や小学生を交えての水質調査等に取組んでいただきました。そのほかでは、県協議会主催の研修会等にも積極的に参加していただきました。  今後の予定といたしましては、平成12年度に実施した基本設計をもととして平成13年度に全体設計を行い、平成15年度にかけて処理施設、管路施設、中継ポンプ施設の工事を実施し、平成16年度供用開始に向けて順次取組んでいく予定でございます。  続きまして、八田の県営土地改良総合整備事業でございます。  八田の県営土地改良総合整備事業、集約農業型でございますが、八田地区の奥田川右岸側21.2ヘクタールの農業用排水路施設を整備し、そして左岸側16.5ヘクタールの圃場整備を実施するものであります。現在、圃場整備事業の同意は92名中の89名で、同意率96.7%でありまして、平成13年1月に県により事業実施了承が得られ、八田土地改良区設立認可申請書提出に向けて準備をしている段階であります。  今後の予定としては、3月中に改良区設立申請人との会を行い、4月には設立申請人により高知県に提出、認可決定の受理(約5カ月ぐらいかかると聞いております)までに事務局の体制整備をし、9月総会に向けて準備を行ってる段階でございます。  廃止路線代替バスについてでございます。  伊野町の生活路線確保としまして、現在伊野−天王間を運行しております廃止路線代替バスにつきまして、教育委員会並びに沿線の伊野幼稚園の保護者から要望あり、検討した結果、4月から始発を池ノ内とし、1便増便するとともに、遠距離料金が割高となっていた料金を見直すことといたしております。また、小野−伊野間代替バスの運行につきましても、地域の実情を勘案し、検討しまして生活路線の拡充に向けて取組んでまいります。  なお、平成13年度中に乗り合いバスの規制緩和が行われますが、伊野町におきましては現在のところで運行廃止路線はないと聞いております。  また、高齢化の進む中、公共交通の果たす役割が日常生活と密着したものとなってまいりますことを考慮しながら、今後も生活路線の維持、充実に向けて検討してまいりたいと考えております。  それでは、平成13年第1回定例会議案提案理由を説明さしていただきます。  議案第2号伊野町情報公開条例議案でございます。  本議案は、行政情報を公開することにより、行政を身近なものと感じ、施策に対する理解が深まり、町民と行政が協働してさらなる町政発展につながるように情報公開制度を創設し、その行政情報の公開等の手続を明らかにしようとするものでございます。  議案第3号伊野町個人情報保護条例議案でございます。  本議案は、情報化の進展により情報の価値が高まる中、これら個人情報の取り扱いに関し個人情報保護制度を創設し、町民の個人の権利利益を保護するための適正な取り扱いに関する基準、手続等を定め、町民の行政への信頼をさらに高めようとするものでございます。  議案第4号地方自治法第203条の規定による者の報酬及び費用弁償の額並びにその支給方法条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、情報公開条例及び個人情報保護条例施行に伴い、実施機関から諮問があった場合の審査等を行うため、それぞれの審査会委員の報酬等を定めるものでございます。  議案第5号伊野町水資源対策基金条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、仁淀川高知取水に関する協定に基づき、高知市からの金員を積み立てている伊野町水資源対策基金を地元対策費及び仁淀川水質等環境保全対策費にするものです。  なお、本議案の内容については、2月7日に伊野町仁淀川環境保全対策協議会において、全会一致でご承認をいただいております。  議案第6号伊野町税条例の一部を改正する条例議案でございます。  本議案は、町税条例附則で規定されていた内容が、地方税法の改正に伴い、同じ内容が規定されることになっことにより必要な改正を行うものであります。  議案第7号平成12年度伊野町一般会計補正予算(第5号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ5億2,653万2,000円を追加し、累計予算総額を94億4,991万8,000円とするものです。  歳入の財源別では、一般財源は特別交付税8,000万円、利子割交付金4,000万円をそれぞれ増額、町税が1,521万9,000円、減債基金繰入金が2,911万3,000円の減額等で、合計8,336万4,000円の増額となります。  一方、特定財源は、老人保護措置費等の国庫支出金が1,415万8,000円減額、介護予防拠点整備事業の3,999万7,000円が増額となっているものの、中山間地域直接支払交付金等の減額により、県支出金が5,225万3,000円の減額、その他の水資源対策特別会計繰入金等、繰入金が4億4,341万4,000円増額で、合計4億4,316万8,000円の増額となっております。  次に、歳出の性質別に、義務的経費では、報酬等の人件費が618万7,000円減額、福祉医療費等の扶助費が4,362万2,000円減額、繰上償還により公債費が3億3,333万5,000円の増額で、合計2億8,352万6,000円の増額となっております。投資的経費は、製紙工業排水処理施設整備補助で4,666万6,000円の減額、大内工業団地測量設計調査及び開発申請業務で8,100万円減額などが主なもので、合計1億8,573万8,000円の減額となっております。その他の経費は、水資源分の減債基金積み立て金が3億1,960万円の増額、介護保険円滑導入基金分の介護保険特別会計への繰出金が2億345万1,000円の増額、物件費が不用額により7,520万1,000円の減額などが主なもので、合計4億2,874万4,000円の増額となっております。  次に、議案第8号平成12年度伊野町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ707万8,000円を追加し、累計予算総額を20億6,802万4,000円とするものです。  歳入の主なものは、国民健康保険税670万円、国庫支出金176万5,000円を増額し、繰入金136万7,000円を減額をするものです。  歳出の主なものは、保険給付費469万5,000円、諸支出金95万1,000円、予備費311万4,000円を増額し、総務費91万7,000円を減額するものでございます。  議案第9号平成12年度伊野町下水道事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ719万7,000円を減額し、累計予算総額を4億6,745万5,000円とするものです。  歳入の主なものは、下水道受益者負担金及び下水道使用料476万1,000円を増額し、事業費確定による一般会計繰入金800万円を減額するものです。  歳出の主なものは、歳入と同様に事業費確定による経費の配分見直し及び不用額を減額するものでございます。  議案第10号平成12年度伊野町介護保険特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ1億8,360万5,000円を追加し、累計予算総額を14億9,946万1,000円とするものです。  補正予算の主な内容は、介護保険円滑導入基金を一般会計から介護保険特別会計へ振替えるもの、総務費、保険給付費を減額するものです。  歳入は、保険料250万円、繰入金2億716万5,000円を増額し、国庫支出金923万3,000円、支払基金交付金594万3,000円、県支出金225万1,000円、町債901万円を減額するものです。  歳出は、基金積立金2億345万1,000円を増額し、総務費339万1,000円、保険給付費1,800万円を減額するものです。  議案第11号平成12年度伊野町製紙工業振興特別会計補正予算(第1号)議定に関する議案です。  本議案は、製紙工業振興基金利子の確定に伴い、歳入歳出それぞれ2万9,000円を増額し、累計予算総額を9万2,000円とするものでございます。  議案第12号平成12年度伊野町水資源対策特別会計補正予算(第2号)議定に関する議案です。  本議案は、歳入歳出それぞれ2億5,444万円を増額し、累計予算総額を5億717万1,000円とするものです。  補正の主なものは、繰越明許費を7,500万円とするもので、この内容は製紙工場排水処理施設整備事業分です。  歳入は、水資源対策基金繰入金2億5,461万1,000円を増額し、利子及び配当金17万1,000円を減額するものです。  歳出の主なものは、一般会計繰出金の協力金3億1,960万円を増額し、製紙工場排水処理施設整備分及び合併処理浄化槽設置整備分を5,052万4,000円、委託料及び工事請負費1,381万6,000円をそれぞれ減額するものでございます。  議案第13号平成12年度伊野町訪問看護事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案です。  本議案は、歳入歳出それぞれ485万6,000円を減額し、累計予算総額を2,730万5,000円とするのもです。  歳入は、収益事業収入388万7,000円、使用料及び手数料96万9,000円を減額するものです。  歳出は、衛生費485万6,000円を減額するものでございます。  続きまして、議案第14号平成12年度伊野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)議定に関する議案です。  本議案は、歳入歳出それぞれ77万9,000円を減額し、累計予算総額を2,615万5,000円とするものです。  歳入の主なものは、一般会計繰入金38万9,000円、農業集落排水事業分担金20万円、農業集落排水施設使用料20万5,000円を減額するものです。  歳出の主なものは、八代地区処理施設脱臭塔用活性炭交換手数料52万5,000円を減額するものでございます。  議案第15号平成13年度伊野町一般会計予算議定に関する議案でございます。  21世紀となる平成13年度においては、地方分権が進み自立した地方自治が求められます。しかし、地方経済は依然として回復が期待できず、景気対策等による地方債の増発などで借入金残高が急増しており、その償還が将来の大きな負担となることは必至でございます。  高知県においても事態は切迫しており、第2次財政構造改革が平成12年度に着手されています。自立した県づくりを目指した取組みが求められ、また低迷する県経済の対応を初めよさこい高知国体や子ども対策、情報化への取組みなど、当面するさまざまな課題への待ったなしの対応が迫られています。  本町においても、相次ぐ箱物建設の結果、増発した地方債の償還が財政を圧迫しつつあります。さらに、当面する重要課題である新宇治川放水路及び高知西バイパス等の事業進捗に伴う関連事業経費などを初め財政需要は今後ますます増大することが予想され、自主財源が乏しい本町は財源の多くを国、県に依存している現状から、財源の確保が極めて困難となっています。  こうした中、平成13年度の予算編成に当たっては、当面する重要課題である新宇治川放水路、高知西バイパス関連事業等を最優先しつつ、伊野町第3次振興計画に沿いながら後年度負担を考慮し、財政の一層の健全化を図り、全庁全職員を挙げ、一般経常経費の削減に努めた予算編成に努めました。  この結果、一般会計予算総額は83億4,570万円となり、対前年度比5億2,020万円、6.6%の増額となっております。  次に、歳入予算の概要について、一般財源の骨格となります町税においては、長引く不況の影響もあり、全体で2,127万1,000円の減額となっています。一方、地方財政は平成6年度より多額の財源不足が続き、国と地方の責任分担関係の明確化等を図るため、財源不足のうち財源対策債等を除いた残余について国と地方が折半し、地方負担分については臨時財政対策債により補てん措置を講じる国の制度改正の実施に当たり、地方交付税は前年度比1億円の減額計上となっております。  また、特定財源は、農林関係の各事業の廃止及び事業費の減による県支出金の減、都市下水路事業の事業費の減に伴う国県支出金が減少しております。その結果、一般財源は予算総額の79%に当たる65億9,239万8,000円となり、残り17億5,330万2,000円が特定財源となっております。  歳出予算については、義務的経費、いわゆる人件費、公債費の増加は避けがたい部分がありますが、その他一般行政経費の抑制、節減に留意し、限られた財源の中で投資的経費及び環境整備、福祉関連経費に重点配分を行っています。  その概要について性質別にご説明しますと、人件費、扶助費、公債費から成る義務的経費は、予算総額の38%に当たる31億7,242万円となっています。主なものとしては、乳児医療費の拡大措置として扶助費で3歳未満児までの通院医療費の無料化及び就学前児童の入院費の無料化に伴う経費を計上しております。  投資的経費については、新規事業として八田コミュニティーセンター新築事業、伊野南小学校太陽光発電設置事業、伊野南小学校プール新築事業等を、継続事業として臨時地方道整備事業や諸枝是友線の地方特定道路整備事業、町単独道路改良事業等をそれぞれ計上し、合わせて予算総額の22.1%に当たる18億4,118万8,000円となっております。  その他の経費については、新規事業としてIT関連事業では、庁舎内の関連機器の整備及び一般住民を対象としたIT講習推進事業、戸籍の電算化に伴う経費、福祉関係では徘徊高齢者家族支援サービス事業、短期入所振替え利用支援事業、地域子育て支援事業など。また、農林関係では、八田土地改良区関連事業費を計上。また、平成14年度開催のよさこい高知国体に向けてリハーサル大会開催運営経費を増額計上するなど、合わせて予算総額の39.5%に当たる33億209万2,000円となっております。  議案第16号平成13年度伊野町特別養護老人ホーム特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を3億5,715万2,000円とするもので、対前年度当初比は102%となっております。  歳入の主なものは、サービス収入3億5,341万5,000円、諸収入373万5,000円です。  歳出の主なものは、総務費2億6,335万6,000円、事業費9,179万6,000円となっております。  議案第17号平成13年度伊野町国民健康保険特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、歳入歳出それぞれ20億6,729万7,000円とするものです。  歳入の主なものは、国民健康保険税6億216万3,000円、国庫支出金8億8,979万9,000円、療養給付費交付金2億9,313万7,000円、連合会支出金714万9,000円、財産収入7,292万2,000円、繰入金1億4,867万2,000円、諸収入3,315万2,000円です。  歳出の主なものは、総務費1,522万7,000円、保険給付費11億2,475万2,000円、老人保健拠出金7億5,399万7,000円、介護給付費納付金7,726万9,000円、共同事業拠出金1,056万円、保健事業費703万5,000円となっております。  なお、本議案の内容は、2月21日伊野町国民健康保険運営協議会にお諮りし、全会一致で承認をいただいております。  議案第18号平成13年度伊野町老人保健特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を33億4,902万5,000円とするものです。  歳入は、支払基金交付金23億4,341万5,000円、国庫支出金6億6,663万2,000円、県支出金1億6,665万8,000円、一般会計繰入金1億7,131万4,000円、繰越金1,000円、諸収入100万5,000円です。
     歳出は、医療諸費33億4,452万2,000円、その他450万3,000円となっております。  議案第19号平成13年度伊野町下水道事業特別会計予算議定に関する議案です。  本議案は、予算総額を5億6,198万7,000円とするものです。  歳入の主なものは、一般会計繰入金2億6,400万円、下水道普及促進を目指す管渠布設工事及び処理場増設工事に伴う国庫支出金及び町債2億4,540万円、平成12年度までの供用開始区域及び平成13年度供用開始予定区域に係る受益者負担金及び下水道使用料4,902万円です。  歳出の主なものは、公債費が2億1,423万8,000円、管渠布設工事及び処理場増設工事2億2,496万8,000円、処理場維持管理に要する経費5,204万6,000円となっております。  議案第20号平成13年度伊野町介護保険特別会計予算議定に関する議案です。  本議案は、予算総額を13億7,756万1,000円とするものです。  歳入の主なものは、保険料1億5,478万2,000円、国庫支出金3億7,051万1,000円、支払基金交付金4億4,345万5,000円です。  歳出の主なものは、総務費2,620万9,000円、保険給付費13億4,380万円となっております。  議案第21号平成13年度伊野町製紙工業振興特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を8万9,000円とするものです。  歳入の主なものは、財産運用収入で7万8,000円と前年度からの繰越金1万円でございます。  歳出の主なものは、伊野町水利協会への補助金となっております。  議案第22号平成13年度伊野町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を73万5,000円とするものです。  歳入の主なものは、県支出金9万6,000円、繰入金6万円、諸収入57万円です。  歳出の主なものは、公債費73万3,000円となっております。  議案第23号平成13年度伊野町水資源対策特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を1億1,687万9,000円とするものです。  歳入の内訳は、基金利子に伴う財産収入が464万9,000円、水資源対策基金からの繰入金が3,340万5,000円、繰越金が50万円、高知市からの納付金及び町預金利子より構成されます諸収入は7,832万5,000円です。  歳出の主なものは、積立金が地元対策費と環境保全対策費、合わせて8,240万円、伏流水等調査等委託料が1,323万4,000円、水源涵養林整備費等工事請負費が604万7,000円、一般会計への繰出金が、人件費相当分500万円、水水浄化施設維持管理費分として700万2,000円、河川愛護団体への補助金分として100万円となっております。  議案第24号平成13年度伊野町訪問看護事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を2,262万円とするものです。  歳入の主なものは、収益事業収入1,698万5,000円、使用料及び手数料185万2,000円です。  歳出は、衛生費2,242万円、予備費20万円となっております。  議案第25号平成13年度伊野町農業集落排水事業特別会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、予算総額を8,909万1,000円とするものです。  歳入予算の主なものは、使用料457万8,000円、加田地区農業集落排水事業開始に伴う県補助金及び県交付金3,432万円、下水道事業債3,400万円及び一般会計からの繰入金1,534万円となっております。  歳出予算の主なものは、加田地区処理場及び管路施設測量設計費3,351万円、八代地区施設管理費796万2,000円、起債の元利償還金1,453万1,000円となっております。  議案第26号平成13年度伊野町水道事業会計予算議定に関する議案でございます。  本議案は、平成13年度の業務の予定量並びにこれに関する収入及び支出の大綱を定めるものです。  平成13年度の業務予定量は、上水道、簡易水道合わせて給水戸数8,000戸、1日平均給水量8,986立方メートルを予定しております。  収益的収入は、対前年比0.2%、78万1,000円の減で、収入総額は3億3,030万9,000円です。支出は、対前年比4%、1,260万9,000円の増で、支出総額3億2,990万4,000円、差し引き40万5,000円の当年度純利益となる見込みでございます。  資本的収入は、工事負担金、一般会計補助金等で、合計1億7,694万5,000円です。支出は、上水道配水管布設工事、下水道工事に伴う配水管移設工事、神谷統合簡易水道事業等建設改良費2億3,658万4,000円、企業債償還金6,396万9,000円、合計3億55万3,000円となります。差し引き1億2,360万8,000円不足となり、損益勘定留保資金で補てんするものでございます。  議案第27号町道の路線認定に関する議案説明でございます。  本議案は、旧県道の町道への移管に伴う路線について認定を受けようとするものでございます。  議案第28号財産の取得に関する議案説明でございます。  本議案は、平成12年度に交付決定を受けました文部科学省の補助事業であるIT設備整備推進事業に関連するパソコン及びプリンターの購入に関するものであります。  購入については、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定に基づき3社から見積もりを徴収した結果、四国情報管理センター株式会社を相手方として、購入金額1,205万4,000円で売買契約を締結するに当たり議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。  以上をもって提案理由及び行政報告を終わらしていただきます。どうもありがとうございました。 ○副議長(宮地隆三君) 以上で提案理由の説明は終わりました。             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○副議長(宮地隆三君) 日程第5、請願・陳情の付託を行います。  本日までに受理した請願は、お手元にお配りしました請願・陳情文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたしますので、ご了承願います。  以上で本日の日程は全部終了しました。  お諮りします。3月13日は合同審査のため休会とし、3月14日再開したいと思います。ご異議ありませんか。       〔「異議なし」の声〕 ○副議長(宮地隆三君) 異議なしと認めます。したがって、3月13日は休会とし、3月14日午前10時に再開することに決定いたしました。  本日はこれにて散会いたします。  どうもご苦労さんでございます。       散会 10時57分