運営者 Bitlet 姉妹サービス
土佐市議会 > 2017-12-05 >
平成29年  第4回定例会(12月)-12月05日−01号

ツイート シェア
  1. 土佐市議会 2017-12-05
    平成29年  第4回定例会(12月)-12月05日−01号


    取得元: 土佐市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-03-18
    DiscussNetPremium 平成29年  第4回定例会(12月) − 12月05日−01号 平成29年  第4回定例会(12月) − 12月05日−01号 平成29年  第4回定例会(12月) 平成29年第4回土佐市議会定例会会議録(第1号) 平成29年12月5日第4回土佐市議会定例会が土佐市議会議場に招集された。1 出席議員は次のとおりである。 1番 大森  陽子    2番 村上  信夫    3番 糸矢  幸吉 4番 黒木   茂    5番 野村  昌枝    6番 森田  邦明 7番 戸田  宗崇    8番 浜田  太蔵    9番 西原  泰介10番 中田  勝利   11番 山脇  義人   12番 森本  耕吉13番 江渕 土佐生   14番 田村  隆彦   15番 久保  直和16番 三本 富士夫2 欠席議員は次のとおりである。  な し3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。市     長  板原  啓文    副  市  長  田中  和徳教  育  長  中内  一臣総 務 課 長  高松  大介    改 革 推進課長  西原  正人防 災 対策課長  山本  文昭    税 務 課 長  合田  尚洋市 民 課 長  井上  洋孝    戸 波 総合市民  中平  雅仁                   セ ン ター所長USAくろしお  小田  順一    建 設 課 長  片山  淳哉セ ン ター所長建設課波介川・  伊藤  幸裕    用 地 課 長  野中  正明水 資 源 対 策担 当 参 事都 市 環境課長  松岡  章彦    福 祉 事務所長  岡林   輝北 原 クリーン  横田  琢也    健康づくり課長  森本  悦郎セ ン ター所長長 寿 政策課長  岡本   久    農林業振興課長  石元  一成未来づくり課長  有藤  芳生    水 産 課 長  森田  浩司会 計 管 理 者  山崎   敦    生 涯 学習課長  中平  勝也少 年 育 成  井上  卓哉    学 校 教育課長  国見  佳延セ ン ター所長幼 保 支援課長  高橋 智恵子    学 校 給 食  中桐   剛                   セ ン ター所長水道局業務課長  高橋  修一    消  防  長  岡林   均病院事業管理者  西村  武史    病院局事務長兼  横川  克也                   総 務 課 長4 本会の書記は次のとおりである。議 会 事務局長  國澤  和吉    議会事務局次長  小松  和加5 議事日程平成29年12月5日(火曜日)午前10時開議   第1 会議録署名議員の指名   第2 会期決定の件   第3 議案第1号から第13号まで、諮問第1号      (提案理由説明・諮問第1号分離議決)                             開会 午前10時 0分  ○議長(黒木茂君) ただいまより、平成29年第4回土佐市議会定例会を開会いたします。   現在の出席議員数16名、よって会議は成立いたしました。   直ちに、本日の会議を開きます。   この際、日程に先立ちまして、諸報告をいたします。   諸報告は、お手元に配付の報告書のとおりであります。   これより、日程に入ります。   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、11番山脇義人君、13番江渕土佐生君を指名いたします。   よろしくお願いいたします。   日程第2、会期決定の件を議題といたします。   本件に関しては、昨日、議会運営委員会を開いていただき、御協議願いましたので、議会運営委員長の報告を求めます。   議会運営委員長。 ◎議会運営委員長(森本耕吉君) おはようございます。
      昨日、議会運営委員会を開催しまして、今期定例会の会期並びに運営につきまして、次のとおり決定したので、報告いたします。   会期につきましては、本日から19日までの15日間とし、議案審議は、人事に関する諮問1件を本日の本会議で行い、その他の案件は、各常任委員会に付託して審査することといたしました。   会期中の総括日程について説明しますと、本日、全議案を上程し、市長の提案理由の説明を受け、直ちに諮問第1号を委員会付託、質疑、討論を省略し、分離議決し、散会といたします。   明6日から10日までの5日間を休会とし、11日に本会議を再開いたしまして、当日から13日までの3日間を議案に対する質疑並びに一般質問とし、それが終結し次第、各常任委員会へ議案を付託して、委員会審査に入っていただきます。   委員会審査は、15日までに終わっていただき、16日から18日までを休会とし、19日の本会議において、委員長報告、質疑、討論、採決、請願、陳情、意見書案等全ての処理を行い、閉会といたします。   なお、議案に対する質疑並びに一般質問の通告は、本日、市長の提案理由説明終了から、7日の午後5時までと決定いたしました。   以上です。   お手元に会期の文書を置いてありますので、御検討ください。 ○議長(黒木茂君) 議会運営委員長の報告が終わりました。   お諮りいたします。   ただいま、議会運営委員長から報告のありましたとおり、今期定例会の会期は、本日から12月19日までの15日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり)   御異議なしと認めます。   よって、今期定例会の会期は、本日から12月19日までの15日間と決定いたしました。   なお、今会期中の総括日程は、お手元に御通知のとおりであります。   議案に対する質疑並びに一般質問の通告は、ただいまの委員長報告のとおり、本日、市長の提案理由説明終了から、7日午後5時までであります。   よろしくお願いいたします。   市長から議案が提出されましたので、局長に朗読させます。   議会事務局長。 ◎議会事務局長(國澤和吉君) 朗読いたします。 ┌───────────────────────────────────────┐│                            29土総務第1708号││                            平成29年12月5日 ││    土佐市議会議長                             ││     黒木 茂 様                            ││                             土佐市長 板原 啓文 ││議案の送付について                              ││ 平成29年第4回土佐市議会定例会に提案する議案を別紙のとおり送付しますので付││議してください。                               ││                 目  次                  ││ 議 案                                   ││  第 1 号 土佐市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について      ││  第 2 号 土佐市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について     ││  第 3 号 土佐市立病院診療報酬等徴収条例の一部改正について        ││  第 4 号 高知市及び土佐市におけるれんけいこうち広域都市圏形成に係る連携協││        約の締結について                        ││   第 5 号 平成29年度土佐市一般会計補正予算(第4回)          ││  第 6 号 平成29年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)    ││   第 7 号 平成29年度土佐市住宅新築資金等特別会計補正予算(第1回)   ││   第 8 号 平成29年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第3回)      ││   第 9 号 平成29年度土佐市土地取得特別会計補正予算(第1回)      ││   第10号 平成29年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第2回)      ││   第11号 平成29年度土佐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1回)   ││  第12号 平成29年度土佐市水道事業会計補正予算(第1回)        ││   第13号 平成29年度土佐市病院事業会計補正予算(第1回)        ││ 諮 問                                   ││   第 1 号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて        │└───────────────────────────────────────┘   以上です。 ○議長(黒木茂君) 局長の朗読が終わりました。   市長の提案理由の説明要旨を配付いたします間、休憩いたします。       休憩 午前10時 7分       正場 午前10時 8分 ○議長(黒木茂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。   日程第3、議案第1号から第13号まで、諮問第1号、以上14件を一括議題といたします。   ただいま、議題となりました議案について、提案理由の説明を求めます。   板原市長。 ◎市長(板原啓文君) おはようございます。   本日、ここに平成29年第4回土佐市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用の中御参集をいただき、開会の運びとなりましたことを厚くお礼申し上げます。   はじめに、用石地区の導流堤防拡幅・河道掘削事業につきまして報告申し上げます。   国土交通省四国地方整備局では、平成25年に策定されました、仁淀川水系河川整備計画に基づき、計画に沿った堤防・護岸の整備や河道掘削等の対策を実施しているところであります。   用石地区におきましては、導流堤防(波介川左岸堤防)の大部分が、断面積の不足するぜい弱なものとなっておりまして、洪水時には堤防の決壊とそれに伴う甚大な水害の発生が懸念されているところであり、このため、堤防を拡幅し、断面積の確保や漏水対策が必要となるものでございます。加えて、近年の台風等の洪水に対応するための流下能力の向上を図るため、河道の掘削も重要となるものでございます。   これらの対策のため必要となる用地としまして、用石地区の堤外地の用地を、平成28年度から平成30年度までの3カ年で買収する予定であります。   当地区におきましては、土地所有者等の関係者は約100名、土地面積21万平米の買収が必要となっており、この用地買収に係る業務につきましては、四国地方整備局から市が受託し、本年度末までの進捗は約95%となる見込みでございます。これもひとえに、地権者の方々の御理解、御協力のたまものであると大変感謝申し上げるものでございます。   今後の予定といたしましては、用地の御協力をいただきました箇所から順次、国土交通省において工事が実施されると伺っております。議員各位におかれましては、引き続き御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。   続きまして、土佐市複合文化施設建設に向けての進捗状況につきまして報告申し上げます。   複合文化施設につきましては、10月27日に県から建築基準法に基づく確認済証が交付され、実施設計業務、そして建設予定地の中央公民館と社会福祉センターの解体工事も完成し、いよいよ施設の建設を行っていく段階となっております。   施設建設につきましては、一般競争入札によりまして建設業者の決定を行っていくこととし、去る11月10日付けで一般競争入札公告を行ったところでございます。なお、建設工期は平成31年8月31日までと設定し、入札日は来年1月11日を予定しております。   今後におきましても、施設の完成に向けて、着実に歩みを進めてまいりたいと考えておりますので、御支援賜りますようお願い申し上げます。   続きまして、土佐市ドラゴンバスにつきまして報告申し上げます。   先の平成29年第1回土佐市議会臨時会でも報告しましたとおり、平成30年10月以降の運行につきましては、現在の運行事業者であります、とさでん交通株式会社から、参入が困難である旨の報告があったところでございます。   このような状況を踏まえ、土佐市地域公共交通会議におきまして、平成30年10月以降のドラゴンバス運行に関する方向性について、公募型プロポーザル方式での業者選定や市町村による自家用有償運送等の様々な選択肢について議論していただきました。その結果、公共交通会議としましては、公募型プロポーザル方式での業者選定を行うこととの結論に至っております。この答申を受けまして、本市といたしましても会議での意見を尊重し、公募型プロポーザル方式での業者選定を行うことといたしました。   今後につきましても、平成30年10月以降のドラゴンバスの運行に関する検討内容について、議員各位へ適時説明し、御意見等も伺いながら、土佐市における公共交通の確保、維持に努めてまいりたいと考えておりますので、御理解と御協力をお願い申し上げます。   続きまして、平成30年度の予算編成方針につきまして、若干の説明を申し上げます。   国の経済状況につきましては、内閣府の平成29年11月の月例経済報告によりますと、景気は、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある、とされております。   また、政府は、経済財政運営と改革の基本方針2017の中で、経済・財政再生計画の枠組みの中で引き続き歳出改革への取組を進めつつ、人材への投資を通じた生産性の向上に向けた働き方改革や人材投資・教育等の実現、成長戦略の加速、消費の活性化等の施策により、経済の成長と分配の循環を拡大させるための予算の重点化を進めることとしております。   このような状況の下で、本市においては、平成30年度は、後期基本計画の4年目、人口減少・少子高齢化に歯止めをかける取組として策定した、土佐市まち・ひと・しごと創生総合戦略の実質3年目に当たり、計画に掲げた施策の着実な進捗を図るとともに、持続可能な事業の構築に努める必要があります。複合文化施設や新庁舎建設などの大型事業が進み始めており、財政的な懸念はありますが、引き続き、命の安全・あんしん、暮らしのあんしん、将来のあんしん、この三つの実現を基本理念として、土佐市の魅力と活力を高め、人を呼び込む住みたいまちを目指し、特に防災・減災対策による安全・安心の確保、子供を中心とした健康づくり、定住人口増加、地場産業・観光の振興及び雇用の場確保について重点的に取組んでまいります。   それでは、提出いたしております議案等につきまして説明申し上げます。   本定例会に提出しておりますのは、条例案3件、行政案1件、予算案9件、諮問1件の合計14件となっております。   議案第1号「土佐市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について」は、児童福祉法等の一部を改正する法律及び雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、条例の一部を改正するものであります。   主な改正内容といたしましては、育児休業期間の再度の延長ができる特別な事情についての明文化、非常勤職員の育児休業期間を最長2年までとするよう条項の追加、その他文言の整理を行うものであります。   議案第2号「土佐市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について」は、本年11月17日に閣議決定されました、人事院勧告に基づく国家公務員の一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律を基礎として、給料表及び勤勉手当率の改正を行うものであります。   給料表の改正につきましては、国家公務員行政職(一)と同じ給料表に置き換えるものであり、国家公務員の給与改正にあわせて4月に遡って適用することとしております。また、勤勉手当率の改正につきましても、国家公務員の勤勉手当にあわせて6月期、12月期それぞれ0.05月分、合計で0.1月分を増率する改正としており、6月期分及び12月期分につきまして遡って適用することとしております。   議案第3号「土佐市立病院診療報酬等徴収条例の一部改正について」は、10月1日から、婦人科に常勤医師が着任したことに伴い、妊婦健診及び人工妊娠中絶術の施行が可能となったことから、別表第2特殊診療料金を追加するものであります。   なお、人工妊娠中絶に係る料金は、近隣公的病院と同等の金額を設定しております。   議案第4号「高知市及び土佐市におけるれんけいこうち広域都市圏形成に係る連携協約の締結について」は、人口減少・少子高齢化社会においても一定の人口を有し、活力ある社会経済を維持するための圏域を形成することを目的とし、高知市を中心として県内の全市町村で、れんけいこうち広域都市圏を形成するために、県内33市町村と高知市との間で統一的に協約を締結しようとするものであります。   これまで、県内の有識者で構成する圏域ビジョン策定懇談会を6回開催するとともに、高知市と市町村の事業担当課との間で連携事業について協議を行い、本年9月には中心市である高知市の連携中枢都市宣言を経て、10月からはビジョン案のパブリックコメントを全市町村で実施し、様々な意見を集約・ビジョン案への反映を経て取組んでまいりました。8月の議員協議会で説明させていただいたとおり本市といたしましては、現時点でメリットとして、産業振興・観光面、人材育成等で可能性が見出せるレベルではあるものの、デメリットは考えられず、本市の場合特に地の利を生かした発展の可能性が高いものと判断しております。したがいまして本市といたしましても都市機能、経済の集積する高知市との連携協約による県全体での横形の連携は、今後の発展に不可欠でありますことから、地方自治法第252条の2第1項の規定により、連携協約を締結することについて、同条第3項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。   議案第5号から議案第13号までは、平成29年度の一般会計、特別会計、事業会計の各補正予算であります。   今回の補正は、人事院勧告に基づく給与と賞与の変更及び職員の新陳代謝等による人件費の調整を行っております。また、物件費などの実績見込みによる整理を行うとともに、行政執行上早期に予算化が必要となった経費を補正いたしております。   それでは、議案第5号「平成29年度土佐市一般会計補正予算(第4回)」から、順次補正の主な内容を説明申し上げます。   議会費におきましては、職員人件費を補正いたしております。   総務費におきましては、職員人件費のほか、総務管理費の一般管理費で印刷機器の消耗品費等の経費を、人事管理費で勧奨退職者の退職手当等を、情報管理費でインターネット回線の変更と社会保障・税番号システムの整備に係る経費を、交通安全対策費で交通安全指導員の報酬等を、福祉金庫事業費で来年度の新入学児童に配付する交通安全帽子に係る経費を、人権啓発費で高岡市民館の電気料等の実績見込みによる追加経費を、地域防災対策費で津波一時避難場所の避難路整備の経費等を、施設管理費でUSAくろしおセンターの電気料の実績見込みによる追加経費を、徴税費で市税の還付金を、選挙費で平成30年度に予定されている市議会議員選挙ポスター掲示板の経費を補正いたしております。   民生費におきましては、職員人件費のほか、社会福祉費で国民健康保険特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計への繰出金を、児童福祉費であかつき保育園の措置委託の実績見込みによる追加等を、児童福祉施設費で戸波児童センターの電気料等の実績見込みによる追加経費を、生活保護費で制度改正に伴うシステム改修経費を補正いたしております。   衛生費におきましては、職員人件費のほか、保健衛生費で保健福祉センターの電気料の実績見込みによる追加経費を補正いたしております。   労働費におきましては、職員人件費を補正いたしております。   農林水産業費におきましては、職員人件費のほか、農業費で農道の改修経費や農地の賃借への交付金等を補正いたしております。   商工費におきましては、職員人件費のほか、ドラゴン広場の電気料等の実績見込みによる追加経費及びエアコンの改修経費等を補正いたしております。   土木費におきましては、職員人件費のほか、道路橋梁費で社会資本整備総合交付金事業の進捗状況による予算組替えを、河川費で維持管理工事の経費等を、住宅費で漁民住宅建て替えに係る追加経費の補正をいたしております。   消防費におきましては、職員人件費を補正いたしております。   教育費におきましては、職員人件費のほか、教育総務費で市内小中学校の電気料等の実績見込みによる追加経費を、小学校費及び中学校費で要修繕箇所に係る経費及び戸波中学校の特別支援学級の整備に係る経費、保健体育費で戸波小学校グラウンドの夜間照明整備に係る追加経費等を補正いたしております。   災害復旧費におきましては、職員人件費を補正いたしております。   これらの歳出を賄う財源といたしましては、地方交付税、国庫支出金、県支出金、特定目的基金繰入金、諸収入及び市債をそれぞれ計上し、行政振興基金で調整いたしております。   以上の結果、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億1,871万1,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を171億6,596万3,000円とするものであります。   議案第6号「平成29年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第3回)」は、歳出におきましては、職員人件費のほか、特定健診に係る臨時職員の賃金の実績見込みによる追加と、国民健康保険税の還付金を補正し、歳入におきましては、一般会計繰入金で調整いたしております。   議案第7号「平成29年度土佐市住宅新築資金等特別会計補正予算(第1回)」は、歳出におきましては職員人件費を補正し、歳入におきましては繰越金で調整いたしております。   議案第8号「平成29年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第3回)」は、歳出におきましては職員人件費を補正し、歳入におきましては一般会計繰入金で調整いたしております。   議案第9号「平成29年度土佐市土地取得特別会計補正予算(第1回)」は、歳出におきましては職員人件費を補正し、歳入におきましては一般会計繰入金で調整いたしております。   議案第10号「平成29年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第2回)」は、歳出におきましては、職員人件費のほか、実績見込みによる保険給付費の追加や介護保険料還付金、社会福祉協議会からの出向職員への負担金の追加等を補正し、歳入におきましては、介護保険料、国庫支出金、支払基金交付金、県支出金、諸収入を補正し、一般会計繰入金と行政振興基金繰入金で調整いたしております。   議案第11号「平成29年度土佐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1回)」は、歳出におきましては、郵便料及び後期高齢者健診に係る臨時職員の賃金の実績見込みによる追加分を補正し、歳入におきましては、繰越金と諸収入で調整いたしております。   議案第12号「平成29年度土佐市水道事業会計補正予算(第1回)」は、水道事業費用及び資本的支出におきまして、職員人件費を補正いたしております。   議案第13号「平成29年度土佐市病院事業会計補正予算(第1回)」は、収益的収入におきまして、医師の増員等に伴う入院・外来収益の実績から増収が見込まれるため、医業収益の増額補正をするものであります。   収益的支出におきましては、給与費について、人事院勧告に伴う調整及び実績予測の結果、予算不足が生じる見込みとなったため、不足費目について増額補正をするものであります。   内容といたしましては、医師給・医師手当・医師賃金・医療技術員給・法定福利費など、年度中途に職員が増員となったことが主な要因となりますが、いずれも収益の増加分により吸収される見込みとなっております。   続きまして、諮問第1号「人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて」は、平成27年4月から本市人権擁護委員として活躍していただいております、戸田雅威氏の任期が平成30年3月31日をもって満了いたしますので、同氏を引き続き委員として推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものであります。   戸田氏は長きにわたり高知県公立学校教員として勤務され、特に土佐市立戸波中学校には22年間勤務していただき、土佐市の教育現場で精励されました。退職後は須崎市人権交流センターで人権教育指導委員を務められ、平成27年5月からは高知県人権教育研究協議会代表理事に就任し、県下の人権教育において最前線で指揮を取られています。また、高知大学の非常勤講師として教育学部の学生に同和教育論を教えるなど、同和問題をはじめあらゆる人権問題に対して豊富な知識と経験があり、人格、識見ともに高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護委員として適任であると考え、議会の意見を求めるものであります。   以上が、議案に関しましての説明でありますが、詳細につきましては、審議の過程で説明申し上げたいと存じますので、御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げます。   平成29年12月5日   土佐市長 板原 啓文。 ○議長(黒木茂君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。   これより、諮問第1号「人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて」の審議に入ります。   本件は、人事に関する案件でありますので、議会運営委員長の報告のとおり、委員会付託、質疑、討論を省略して、直ちに採決を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり)   御異議なしと認めます。   よって、そのように取り扱うことに決しました。   これより、諮問第1号の採決を行います。   諮問第1号、本件を原案のとおり推薦することを適当と認める方の起立を求めます。       (賛成者起立)
      起立全員であります。   よって、諮問第1号は、原案のとおり推薦することを適当と認めることに決しました。   以上で、本日の日程は、終了いたしました。   明6日から10日までを休会といたします。   なお、次の会議は、12月11日午前10時開議、日程は、議案に対する質疑並びに一般質問であります。   定刻の御参集をお願いいたします。   本日は、これにて散会いたします。                                散会 午前10時32分...