運営者 Bitlet 姉妹サービス
土佐市議会 > 2017-09-05 >
平成29年  第3回定例会(9 月)-目次
平成29年  第3回定例会(9 月)-09月05日−01号

ツイート シェア
  1. 土佐市議会 2017-09-05
    平成29年  第3回定例会(9 月)-09月05日−01号


    取得元: 土佐市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-14
    DiscussNetPremium 平成29年  第3回定例会(9 月) − 09月05日−01号 平成29年  第3回定例会(9 月) − 09月05日−01号 平成29年  第3回定例会(9 月)         平成29年第3回土佐市議会定例会会議録(第1号) 平成29年9月5日第3回土佐市議会定例会が土佐市議会議場に招集された。1 出席議員は次のとおりである。 1番 大森  陽子    2番 村上  信夫    3番 糸矢  幸吉 4番 黒木   茂    5番 野村  昌枝    6番 森田  邦明 7番 戸田  宗崇    8番 浜田  太蔵    9番 西原  泰介10番 中田  勝利   11番 山脇  義人   12番 森本  耕吉13番 江渕 土佐生   14番 田村  隆彦   15番 久保  直和16番 三本 富士夫2 欠席議員は次のとおりである。  な し3 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。市     長  板原  啓文    副  市  長  田中  和徳教  育  長  中内  一臣総 務 課 長  高松  大介    改 革 推進課長  西原  正人防 災 対策課長  山本  文昭    税 務 課 長  合田  尚洋市 民 課 長  井上  洋孝    戸 波 総合市民  中平  雅仁                   セ ン ター所長USAくろしお  小田  順一    建 設 課 長  片山  淳哉セ ン ター所長建設課波介川・  伊藤  幸裕    用 地 課 長  野中  正明水 資 源 対 策担 当 参 事都 市 環境課長  松岡  章彦    福 祉 事務所長  岡林   輝北 原 クリーン  横田  琢也    健康づくり課長  森本  悦郎セ ン ター所長長 寿 政策課長  岡本   久    農林業振興課長  石元  一成未来づくり課長  有藤  芳生    水 産 課 長  森田  浩司会 計 管 理 者  山崎   敦    生 涯 学習課長  中平  勝也少 年 育 成  井上  卓哉    学 校 教育課長  国見  佳延セ ン ター所長幼 保 支援課長  高橋 智恵子    学 校 給 食  中桐   剛                   セ ン ター所長水道局業務課長  高橋  修一    消  防  長  岡林   均病院事業管理者  西村  武史    病院局事務長兼  横川  克也                   総 務 課 長4 本会の書記は次のとおりである。議 会 事務局長  國澤  和吉    議会事務局次長  小松  和加5 議事日程平成29年9月5日(火曜日)午前10時開議   第1 会議録署名議員の指名   第2 会期決定の件   第3 議案第1号から第9号まで、報告第1号、認定第1号から第11号まで      (提案理由説明)                               開会 午前10時 0分  ○議長(黒木茂君) ただいまより、平成29年第3回土佐市議会定例会を開会いたします。   現在の出席議員数16名、よって会議は成立いたしました。   直ちに、本日の会議を開きます。   この際、日程に先立ちまして、諸報告をいたします。   諸報告は、お手元に配付の報告書のとおりであります。   これより、日程に入ります。   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。   会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、2番村上信夫君、9番西原泰介君を指名いたします。   よろしくお願いいたします。   日程第2、会期決定の件を議題といたします。   本件に関しては、昨日、議会運営委員会を開いていただき、御協議願いましたので、議会運営委員長の報告を求めます。   議会運営委員長。 ◎議会運営委員長(森本耕吉君) おはようございます。
      昨日、議会運営委員会を開き、今期定例会の会期並びに運営について、次のとおり決定したので、報告いたします。   会期につきましては、本日から20日までの16日間とし、議案審議は、各常任委員会に付託して審査することといたしました。   会期中の総括日程について説明しますと、本日、全議案を上程し、市長の提案理由の説明を受け、散会といたします。   明6日から10日までの5日間を休会とし、11日に本会議を再開して、当日から13日までの3日間を議案に対する質疑並びに一般質問とし、それが終結し次第、各常任委員会へ議案を付託して、委員会審査に入っていただきます。   委員会審査は、15日までに終わっていただき、16日から19日までを休会とし、20日の本会議において、委員長報告、質疑、討論、採決、請願、陳情、意見書案等全ての処理を行い、閉会といたします。   なお、議案に対する質疑並びに一般質問の通告は、本日、市長の提案理由説明終了から、7日午後5時までと決定いたしました。お手元に日程表を配付しておりますので、御覧いただきたいと思います。   以上でございます。 ○議長(黒木茂君) 議会運営委員長の報告が終わりました。   お諮りいたします。   ただいま、議会運営委員長から報告のありましたとおり、今期定例会の会期は、本日から9月20日までの16日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり)   御異議なしと認めます。   よって、今期定例会の会期は、本日から9月20日までの16日間と決定をいたしました。   なお、今会期中の総括日程は、お手元に御通知のとおりであります。   議案に対する質疑並びに一般質問の通告は、ただいまの委員長報告のとおり、本日、市長の提案理由説明終了から、7日午後5時までであります。   よろしくお願いいたします。   市長から議案が提出されましたので、局長に朗読させます。   議会事務局長。 ◎議会事務局長(國澤和吉君) 朗読いたします。 ┌───────────────────────────────────────┐│                            29土総務第1159号││                            平成29年9月5日  ││    土佐市議会議長                             ││     黒木 茂 様                            ││                             土佐市長 板原 啓文 ││               議案の送付について               ││ 平成29年第3回土佐市議会定例会に提案する議案を別紙のとおり送付しますので付││議してください。                               ││                 目  次                  ││ 議 案                                   ││   第 1 号 土佐市地区計画等の案の作成手続に関する条例の制定について    ││   第 2 号 土佐市税条例の一部改正について                 ││   第 3 号 土佐市在宅介護手当支給条例の一部改正について          ││   第 4 号 土佐市給水条例の一部改正について                ││   第 5 号 土佐市防災会議条例の一部改正について              ││   第 6 号 平成29年度土佐市一般会計補正予算(第2回)          ││  第 7 号 平成29年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第2回)    ││   第 8 号 平成29年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第2回)      ││  第 9 号 平成29年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第1回)      ││ 報 告                                   ││   第 1 号 専決処分の報告及び承認を求めることについて           ││        (平成29年度土佐市学校給食特別会計補正予算・第1回)     ││ 認 定                                   ││  第 1 号 平成28年度土佐市一般会計歳入歳出決算の認定について      ││  第 2 号 平成28年度土佐市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について││  第 3 号 平成28年度土佐市製紙工業振興基金特別会計歳入歳出決算の認定につ││       いて                              ││  第 4 号 平成28年度土佐市住宅新築資金等特別会計歳入歳出決算の認定につい││       て                               ││  第 5 号 平成28年度土佐市学校給食特別会計歳入歳出決算の認定について  ││  第 6 号 平成28年度土佐市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について  ││  第 7 号 平成28年度土佐市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定につ││       いて                              ││  第 8 号 平成28年度土佐市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について  ││   第 9 号 平成28年度土佐市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定につい││       て                               ││  第10号 平成28年度土佐市水道事業決算の認定について          ││  第11号 平成28年度土佐市病院事業決算の認定について          │└───────────────────────────────────────┘   以上です。 ○議長(黒木茂君) 局長の朗読が終わりました。   市長の提案理由の説明要旨を配付いたします間、休憩いたします。       休憩 午前10時 7分       正場 午前10時 8分 ○議長(黒木茂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。   日程第3、議案第1号から第9号まで、報告第1号、認定第1号から第11号まで、以上21件を一括議題といたします。   ただいま、議題となりました議案について、提案理由の説明を求めます。   板原市長。 ◎市長(板原啓文君) おはようございます。   本日、ここに平成29年第3回土佐市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用の中御参集をいただき、開会の運びとなりましたことを厚くお礼申し上げます。   はじめに、複合文化施設整備に係る進捗状況につきまして報告申し上げます。   複合文化施設関係の事業計画につきましては、高岡中心地区都市再生整備計画として国土交通省の社会資本整備総合交付金を活用し、昨年度から平成32年度までの5カ年計画事業として取組を進めております。   現在の進捗状況といたしましては、施設の実施設計案に関する、中間層免震構造の国土交通大臣認定取得に向けた審査や高知県との建築確認申請の事前協議などを行っている段階となっております。   実施設計業務に関しましては、現在のところ、当初のスケジュールどおり、来月10月末の完成を予定しており、実施設計完成後は速やかに入札に取り掛かる予定としております。   また、8月上旬から中央公民館と社会福祉センターの建物解体工事に取り掛かっております。   次に、現在の教育委員会等の事務所移転につきましては、広報等でお知らせしましたとおり、複合文化施設の建設に伴い、中央公民館と社会福祉センターの閉館後、中央公民館の業務は、現中央公民館の県道を挟んだ場所に立地している山崎ビルに移し、土佐市社会福祉協議会は、旧JAとさし高岡支所の事務所に移転を行っております。   なお、現在は学校教育課、生涯学習課も山崎ビルに移転し、業務を行っております。   今後におきましても、議員各位へは適時説明し、御意見等も伺いながら、施設の完成に向けて、着実に歩みを進めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。   続きまして、土佐市ママ・サポート119につきまして報告申し上げます。   出産間近の妊婦が、腹部の激しい痛みや出血、また、破水など出産の兆候、腹部に強い張りがあるなど緊急を要し救急車による救急搬送が必要な場合には、その妊婦の情報があれば、よりスムーズな救急搬送が行えます。   このような、妊婦の緊急時におきまして迅速な対応を可能とする制度は、県外では消防署と連携した取組として、情報提供の同意をいただいた妊婦の住所、かかっている医療機関等の情報を事前に登録し、緊急時における救急車の到着時間の短縮、医療機関への連絡の迅速化が図られることにより、妊婦及び胎児の命を守ること、そして、妊婦並びにその家族の不安を和らげることを目的に実施されております。   本市におきましても土佐市ママ・サポート119制度として、子育て世代包括支援センターと消防署が連携して取組んでいくよう担当所管であります健康づくり課におきまして準備を進めているところでございます。なお、消防署からは全面的な協力が得られており、また、担当所管内での事務の整理が一定整いましたので、本年10月1日から命の安全あんしん、そして、妊娠期からの切れ目のない支援の一環として開始したいと考えております。議員各位におかれましては、御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。   続きまして、高知リハビリテーション学院の大学化に関する件につきまして報告申し上げます。   高知リハビリテーション学院では、現在、平成31年4月の大学開設に向け準備を進めているところであるとお聞きしておりまして、開設されましたら四国では初めての理学療法学、作業療法学、言語聴覚学の3分野がそろう専門職大学になるとのことでございます。御承知のとおり、本市が誘致した当学院は、市の様々な事業の実施に当たりましても多大な支援をいただいておりまして、地域の活性化にも寄与していただいております。市といたしましても大学開設に向け、できる限りの支援を行いたいと考えておりますので、議員各位におかれましても、御協力を賜りますようお願い申し上げます。   続きまして、ふるさと寄付条例に基づく、ふるさと納税の運用状況につきまして報告申し上げます。   昨年度は2,816件、3,728万5,100円の寄附をいただき、これをまごころ応援基金に積み立てております。   詳細につきましては、机上に配付いたしております報告書のとおりであります。今後寄付者の御意向に沿った事業に活用してまいりたいと考えておりますので、御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。   続きまして、地方公共団体の財政の健全化に資することを目的とします、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、平成28年度決算に基づく健全化判断比率及び公営企業の資金不足比率につきまして報告申し上げます。   まず、個々の比率で説明申し上げます。実質赤字比率及び連結実質赤字比率につきましては、国民健康保険特別会計におきまして実質収支が赤字となりましたが、比率算出には一般会計、その他特別会計及び公営企業会計を加算し算出することから赤字比率は算定されませんでした。   実質公債費比率につきましては、早期健全化基準は25%でありますが、本市は9.9%となっております。   また、将来負担比率につきましては、早期健全化基準は350%でありますが、本市は36.8%となっております。   次に、資金不足比率でございますが、病院事業、水道事業、農業集落排水事業のいずれの会計におきましても、資金不足を生じておりませんので、資金不足比率は算定されませんでした。   総括としまして、健全化判断比率及び資金不足比率全ての指標値におきまして、各基準値を下回っており、健全団体の範囲内に位置付けられておりますが、今後におきましても、健全団体の堅持、更なる財政健全化に努力してまいりたいと存じます。   それでは、議案等につきまして説明申し上げます。   本定例会に提出しております議案等は、条例案5件、予算案4件、報告1件、認定11件の合計21件となっております。   議案第1号「土佐市地区計画等の案の作成手続に関する条例の制定について」は、都市計画法第16条第2項の規定に基づき、地区計画作成のための意見の提出方法等について条例で定めるものであります。   現在、地震により倒れるおそれのあるブロック塀の耐震化による安全対策を進めておりますが、建築基準法により現在よりも住宅側に引かなければ塀を建設できない、いわゆるセットバックの必要があり、セットバックすれば家屋自体を引くことが必要な区域があるという問題が出てきております。   このことにつきまして、国からも指導をいただきながら県と協議をしてきた結果、都市計画法に基づく地区計画を作成することにより対応するという案が提案されました。   地区計画とは、都市計画法第12条の4第1項第1号に規定されている地区独自のまちづくりの手法で地区の道路や公園といった施設の配置や規模、建築物の形態や用途等について地区の住民が話し合い、課題を抽出し目指すべき将来像を設定し、その実現に向けて都市計画に位置付けてまちづくりを進めていくものであります。   本市におきましては、将来発生の可能性が徐々に高まっております南海トラフ地震に対応するため、防災に重点をおいた地区計画を目指すこととしており、作成準備を進めております。具体的には、各地区における避難ルートを設定し、避難のための各道路の役割を位置付けて将来どのような整備をしていくか定めていくとともに、公園等区域内の都市施設についても防災上の役割を位置付けていくことを想定しております。この地区計画作成に当たりましては、地区の住民の同意とともに、都市計画法上の一連の手続が必要であり、これに係る条例を制定するものであります。   今後におきましては、本条例制定後宇佐地区全体の防災のまちづくりの考え方や地区計画作成を進めていくに当たっての方向性を示した全体計画を作成の上、モデル地区として1地区を選定し、本年度末をめどに地区計画案を作成、来年度以降は順次他の地区の計画作成に取組んでいきたいと考えております。   議案第2号「土佐市税条例の一部改正について」は、本年3月31日に公布されました地方税法の一部を改正する法律、地方税法施行令の一部を改正する政令等のうち、平成31年1月1日及び平成31年10月1日施行となる改正規定に基づき、土佐市税条例につきましても一部改正を行うものであります。   主な改正内容としましては、個人住民税の控除対象配偶者の定義変更に伴い、控除対象配偶者から同一生計配偶者に名称変更するもの、軽自動車税環境性能割創設に伴い、現行の軽自動車税を軽自動車税種別割とし、区分表現を修正するものとなっております。   議案第3号「土佐市在宅介護手当支給条例の一部改正について」は、引用されている法律の廃止、改正による法令名の変更等による文言の整理及び受給資格喪失条件を在宅介護の現状に即した内容に改正するものであります。   議案第4号「土佐市給水条例の一部改正について」は、今後の水道事業において、給水収益の増加が見込めない中、次第に老朽化が進んでいる水道施設の更新や南海トラフ地震に備えた耐震化などの整備を実施していく必要があり、より一層の経費削減や経営努力に取組んでいるところではありますが、今後の厳しい経営状況予測に対して抜本的な解決に至っていない状況であります。   こうした中、土佐市水道事業経営審議会において水道事業の効率的な経営の健全化について御審議をお願いし、答申をいただいております。   水道事業は、運営に必要な経費は料金収入をもって充てるという独立採算が原則でありまして、答申内容を基に検討した結果、平成30年4月1日からの水道料金改定について提案するものであります。   議案第5号「土佐市防災会議条例の一部改正について」は、土佐市地域防災計画の作成や、計画に掲げた事業の推進、防災に関する重要事項等を審議する会として平成19年に防災対策基本法に基づき土佐市防災会議を設置しております。現在の防災会議の委員定数は市職員を含め32名以内としておりますが、機構改革により新たに設置した課の長を任命するため、定数を3名増員して35名以内に改正するものであります。   議案第6号から第9号までは、平成29年度の一般会計、特別会計の各補正予算であります。   今回の補正は、新規に取組む事業や事業内容の見直しによる追加、変更を行った事業等、行政執行上早期に予算化が必要となった経費を補正いたしております。   それでは、議案第6号「平成29年度土佐市一般会計補正予算(第2回)」から順次補正の主な内容を説明申し上げます。   総務費におきましては、総務管理費の財産管理費で現庁舎の解体工事の延期に伴う減額と新庁舎建設に係る用地購入、仮庁舎整備に係る経費を、情報管理費でマイナンバー制度及び市税等コンビニ収納導入に係るシステム改修に係る経費を、諸費で平成28年度の国・県等の補助事業の精算による返還金を、企画費で市制60周年記念誌作成事業に係る経費を、地域防災対策費で高台移転整備事業に係る用地購入、住宅耐震改修対策促進事業に係る経費などを補正いたしております。   民生費におきましては、社会福祉費で国民健康保険特別会計、介護保険特別会計への繰出金を補正いたしております。   農林水産業費におきましては、林業費で緊急間伐総合支援事業に係る経費を、水産業費で今年度の全国豊かな海づくり大会プレ大会及び来年度の同大会本大会の開催に向けた現地視察のための経費を補正いたしております。   商工費におきましては、高知リハビリテーション学院関連用地確保に係る調査費などを補正いたしております。   土木費におきましては、道路橋梁費で橋梁の整備に伴う用地購入経費と市道橋田灘線道路整備事業の補助事業採択による減額を、河川費で樋門の修繕と入沢川の浚渫に係る経費を、都市計画費で防災まちづくりに資する地区計画の作成経費及び児童遊具の整備に係る補助金を補正いたしております。   消防費におきましては、消防団員の退職報償費を補正いたしております。   教育費におきましては、教育総務費で小学校教材である土佐市のくらしの購入経費などを、小学校費で高岡第一小学校のパントリー建設に係る経費などを、保健体育費で仁淀川ふれあいマラソンに係る経費を、学校給食費で学校給食特別会計への繰出金を補正いたしております。   これらの歳出を賄う財源といたしましては、国庫支出金、県支出金、特定目的基金繰入金、繰越金、諸収入及び市債をそれぞれ計上し、行政振興基金で調整いたしております。   以上の結果、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3億9,607万1,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を169億2,510万5,000円とするものであります。   議案第7号「平成29年度土佐市国民健康保険特別会計補正予算(第2回)」は、歳出におきましては、諸支出金で国県の支出金返還金を、また前年度繰上充用金の確定に伴う減額を補正し、歳入におきましては、繰入金で一般会計からの事務費繰入金を、諸収入で歳入欠かん補填収入の減額を補正いたしております。   議案第8号「平成29年度土佐市学校給食特別会計補正予算(第2回)」は、歳出におきましては、総務費の総務管理費で学校給食センターの配送車購入の経費を補正し、歳入におきましては、繰越金、市債を補正し、一般会計繰入金で調整いたしております。   議案第9号「平成29年度土佐市介護保険特別会計補正予算(第1回)」は、歳出におきましては、総務費で介護保険制度改正に伴うシステム改修に係る経費及び認定調査員に係る経費を、地域支援事業費で在宅医療・介護連携事業に係る経費を、諸支出金で平成28年度の国・県等の介護給付費負担金及び地域支援事業交付金の確定に伴う返還金を補正し、歳入におきましては、国庫支出金、県支出金、繰越金を補正し、一般会計繰入金と行政振興基金繰入金で調整いたしております。   続きまして、報告第1号「専決処分の報告及び承認を求めることについて」(平成29年度土佐市学校給食特別会計補正予算・第1回)は、現在建替工事中の学校給食センター建設に合わせて実施する、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業に係る債務負担行為の設定について、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしましたことから、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求めるものであります。   省エネ推進の補助事業であります平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業につきましては、本年5月の1次募集に申請を行いましたが、要件の齟齬により不採択となりました。   その後、7月の2次募集においては、要項の改訂があったため再度申請をし、現在審査中でございます。   しかしながら、本事業は本年度の単年事業として予定していたところですが、2次募集での対応となり、本年度の事業完了が見込めなくなった上、本体事業部分の繰越しができない事業であるため、当該事業内容に関しては本年度と来年度の2カ年事業としての実施が必要な状況となっております。   そのため、本事業は当初予定しておりました単年事業から2カ年事業へ変更を余儀なくなったわけですが、補助申請時点で事業実施上全体の予算確保が必要となったことから、早急に平成30年度分といたしまして、8,077万2,000円の債務負担行為設定が必要となったものでございます。   認定第1号から第11号までは、平成28年度土佐市一般会計及び各特別会計の決算であります。   この案件につきましては、監査委員の決算審査意見書を添えて提出いたしておりますので、御審査を賜りますようお願い申し上げます。   以上が、議案に関しましての説明でありますが、詳細につきましては、御審議の過程で説明申し上げたいと存じますので、御審議の上、適切な決定を賜りますようお願い申し上げます。   なお、土佐市私債権の管理に関する条例に基づく私債権放棄の詳細につきまして、机上に配付いたしておりますので、よろしくお願い申し上げます。   平成29年9月5日   土佐市長 板原 啓文。   以上でございます。 ○議長(黒木茂君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。   以上で、本日の日程は、終了いたしました。   明6日から10日までを休会といたします。   なお、次の会議は、9月11日午前10時開議、日程は、議案に対する質疑並びに一般質問であります。
      定刻の御参集をお願いいたします。   本日は、これにて散会いたします。                                散会 午前10時32分...