宇和島市議会 > 2020-09-04 >
09月04日-01号

ツイート シェア
  1. 宇和島市議会 2020-09-04
    09月04日-01号


    取得元: 宇和島市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-21
    令和 元年  9月 定例会令和元年9月宇和島市議会定例会議事日程第1号令和元年9月4日(水)午前10時開議会議録署名人指名会期の決定について諸般報告監査報告 宇監報告第3号、宇監報告第4号、宇監報告第5号、宇監報告第6号、宇監報告第7号、宇監報告第8号、宇監報告第9号報告第14号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率報告第15号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく資金不足比率報告第16号 専決処分した事件の報告について 専決第7号 宇和島市情報公開条例の一部を改正する条例 専決第8号 車両物損事故の和解について 専決第9号 車両物損事故の和解について 専決第10号 損害賠償の額の決定及び和解することについて 専決第11号 損害賠償の額の決定及び和解することについて 専決第12号 宇和島市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例 専決第13号 車両接触事故の和解について 専決第14号 物損事故の和解について報告第17号 専決処分した事件の報告について 専決第15号 物損事故の和解について 専決第16号 車両物損事故の和解について議会報告第1号 平成30年7月豪雨災害対策特別委員会の最終報告について   (報告)議案第19号 宇和島市印鑑条例の一部を改正する条例議案第20号 宇和島市コミュニティバスの設置及び管理運営等に関する条例の一部を改正する条例議案第21号 宇和島市集会所設置条例の一部を改正する条例議案第22号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例議案第23号 宇和島市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例議案第24号 宇和島市税賦課徴収条例の一部を改正する条例議案第25号 宇和島市立学校設置条例等の一部を改正する条例議案第26号 宇和島市立公民館設置条例及び宇和島市立公民館使用条例の一部を改正する条例議案第27号 宇和島市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例議案第28号 宇和島市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例議案第29号 宇和島市建築関係手数料条例の一部を改正する条例議案第30号 宇和島市病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例議案第31号 宇和島市水道局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例議案第32号 宇和島市消防団条例の一部を改正する条例議案第33号 平成31年度宇和島市一般会計補正予算(第2号)議案第34号 平成31年度宇和島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)議案第35号 平成31年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第2号)議案第36号 平成30年度宇和島市水道事業会計その他未処分利益剰余金変動額の処分について議案第37号 財産の処分について議案第38号 財産の処分について議案第39号 工事施行協定の締結について議案第40号 工事請負契約について議案第41号 工事請負契約について議案第42号 工事請負契約について議案第43号 工事請負契約について議案第44号 工事請負契約について議案第45号 工事請負契約について議案第46号 工事請負契約について議案第47号 工事請負契約について議案第48号 財産の取得について   (理事者提案説明)認定第1号 平成30年度宇和島市一般会計及び特別会計決算の認定について認定第2号 平成30年度宇和島市公営企業会計決算の認定について   (決算認定提案説明)-----------------------------------本日の会議に付した事件     議事日程のとおり-----------------------------------出席議員(24名) 1番    田中秀忠君 2番    山本定彦君 3番    畠山博文君 4番    佐々木宣夫君 5番    山瀬忠弘君 6番    椙山三也君 7番    浅田美幸君 8番    川口晴代君 9番    中平政志君10番    武田元介君11番    浅野修一君12番    赤松孝寛君13番    安岡義一君14番    三曳重郎君15番    石崎大樹君16番    岩城泰基君17番    福島朗伯君18番    我妻正三君19番    坂尾 眞君20番    清家康生君21番    上田富久君22番    松本 孔君23番    福本義和君24番    泉 雄二君-----------------------------------欠席議員    なし-----------------------------------説明のため出席した者の職氏名市長         岡原文彰君副市長        玉田光彦君総務部長       藤田 良君教育長        金瀬 聡君病院事業管理者    市川幹郎君市民環境部長     田邑高浩君保健福祉部長     岡田一代君産業経済部長     楠 憲雄君農業復興統括官    前田安正君建設部長       藤堂勝男君教育部長       上田益也君水道局長       石丸孔士君病院医療行政管理部長 西本能尚君市長公室長      大宿昌生君総務課長       森田孝嗣君財政課長       片山治彦君-----------------------------------会議に出席した議会事務局職員局長         古谷輝生君次長         木原義文君次長補佐       酒井宏治君議事法制係長     毛利泰三君専門員        矢野明美君主査         中村太郎君~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     午前10時00分 開会 ○議長(清家康生君) ただいまの出席議員は24名であります。 定足数に達しておりますので、これより令和元年9月第70回宇和島市議会定例会を開会いたします。 それでは、岡原市長から今定例会招集の挨拶があります。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 岡原市長。     〔市長岡原文彰君登壇〕 ◎市長(岡原文彰君) おはようございます。 本日ここに、令和元年9月第70回宇和島市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多用の中、御参集いただきましてまことにありがとうございました。 先週、九州北部地方において大雨特別警報が発表される記録的な豪雨により、3名のとうとい命が失われるとともに、多くの浸水被害が発生いたしました。お亡くなりになられた方々に対し心より御冥福をお祈りいたしますとともに、被災された全ての皆様にお見舞いを申し上げます。 さて、昨年の豪雨災害から早くも1年2カ月が経過いたしますが、全国各地で豪雨災害が頻発する中、本市におきましては何よりも人命を守ることを最優先に、吉田地区及び高光地区の一部においては、緊急警戒区域として避難勧告等の発令基準を1段階早めた運用をしているところでございます。 また、市内各所でいまだに災害の爪跡が残っていることから、出水期対策として大型土のうやブルーシートの設置等のハード面での対策に取り組むとともに、広報紙等を通じた防災意識の向上、防災ラジオの点検、防災資機材の充実等のソフト対策などにも取り組んでいるところでございます。 心配された先日の台風10号では、幸いにも大きな被害は発生しませんでしたが、今後も台風の発生、襲来が予想されており、引き続き気を引き締めて防災対策に取り組んでまいる所存でございますので、市民の皆様、そして議員各位におかれましても御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。 一方、明るいニュースといたしましては、宇和島東高等学校野球部が9年ぶりに甲子園に出場し、私も応援団の一員としてアルプススタンドで声を枯らすとともに、地元でもパフィオうわじまでパブリックビューイングが開催されるなど、地域に元気を与えていただき、特に子供たちにとっては夢と希望につながりました。改めて同校野球部の皆様に心より感謝いたしますとともに、来春の選抜につきましても、この地宇和島からの高校が出場されることを御期待申し上げる次第でございます。 さて、今定例会におきましては、復興対策や防災・減災対策などに係る予算を初め、ことし10月1日からスタートする幼児教育・保育の無償化に伴う条例等の一部改正、本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修工事工事請負契約の締結などを提案しております。 議案の内容等につきましては、この後、各部長から説明いたしますので、よろしく御審議いただき、御決定、御承認を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(清家康生君) これより本日の会議を開きます。 本日の会議は、議事日程第1号により進めます。 本日の会議録署名人に松本 孔君、佐々木宣夫君を指名いたします。 次に、本定例会の会期の決定についてを議題といたします。 お諮りいたします。 本定例会の会期は、お手元に配付の審議日程のとおり、本日から9月26日までの23日間といたします。 これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 異議なしと認めます。 よって、会期は23日間と決定いたしました。 次に、お手元に配付いたしております諸般報告のうち、主なものを報告いたします。 8月21日に西条市で開催されました愛媛県市議会観光振興議員連盟によります定期総会及び広域観光推進研修会に、他の議員12名と参加いたしました。研修会では、「起業特化型地域おこし協力隊運営とNCL西条の観光事業」と題しました講演を拝聴し、研さんを深めました。また、石鎚クライミングパークSAIJO及び西条市アウトドアオアシス石鎚を現地視察いたしました。 そのほかにつきましては、報告書のとおりであります。 以上で諸般報告を終わります。 次に、監査委員から監査報告として、「宇監報告第3号」ないし「宇監報告第9号」までの7件が提出されております。また、理事者から会計報告として「報告第14号」及び「報告第15号」が、報告案件として「報告第16号」、「専決第7号」ないし「報告第17号」、「専決第16号」までの合わせて12件が提出され、お手元に配付いたしておりますので報告しておきます。 次に、「議会報告第1号・平成30年7月豪雨災害対策特別委員会の最終報告について」を議題といたします。 本件に関し、当該特別委員会委員長の報告を求めます。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 中平政志君。     〔平成30年7月豪雨災害対策特別委員会委員長中平政志君登壇〕 ◆平成30年7月豪雨災害対策特別委員会委員長(中平政志君) それでは、平成30年7月豪雨災害対策特別委員会最終報告をさせていただきます。 当委員会は、平成30年7月31日の臨時会において設置され、激甚災害に指定された平成30年7月豪雨災害に対する迅速な対応及び的確な復旧・復興による市民の皆様の安全・安心の確保を目的として、災害の検証はもとより国・県への要望など、議会として何ができるのかを調査研究を重ね、これまで9回にわたる特別委員会を開催いたしました。 完全な復興にはいまだ道半ばではございますが、発災から1年余りが経過し、被災された市民の皆様方におかれましては、少しずつではありますが、もとの生活を取り戻しつつあります。また、一層の防災・減災対策の充実強化を図るため、先般、宇和島市地域防災計画も見直されたことから、当委員会としても今定例会初日をもって特別委員会の役割を終えることを決し、最終報告をさせていただきます。 なお、さきの平成30年12月定例会におきまして、第4回特別委員会までの経過等の中間報告をさせていただきましたことから、本日は中間報告以降の調査の経過を含め御報告を申し上げます。 初めに、平成30年12月21日、定例会最終日におきまして、豪雨災害からの復興に関し、国及び県からのさらなる支援策について要望する意見書を全会一致で可決し、国の関係機関へ提出した後、翌年1月10日に愛媛県知事へ持参し、2月5日には同内容の要望書を愛媛県議会議長に持参いたしました。 そして、第5回目の委員会では、理事者から復旧・復興に関する市民アンケート調査報告書及び宇和島市復興計画(案)の説明を受け、質疑を行いました。また、現在議会が大規模災害に対してどのように対応していくのかが問題となっている中、当市においても特別委員会設置までに発災から20日余りを要したことを受け、委員より発災後議会として速やかに活動することが可能となる要綱等の制定を今後協議すべきとの提案がなされました。 その後、2月28日には、第3回の委員会において、えひめ南農業協同組合、吉田三間商工会、吉田町漁業協同組合からいただいておりました要望書に対する回答を取りまとめ、それぞれ現地へ持参いたしました。 第6回の委員会では、前回提案のあった議会としての災害対策にかかわる要綱等につきまして、宇和島市議会災害対策会議設置要綱(案)及び宇和島市議会災害対策方針(案)を提示し検討していくことといたしました。また、理事者においても宇和島市地域防災計画が修正されることから、この件につきましても当委員会で調査研究を行うことといたしました。 第7回目の委員会では、危機管理課が宇和島市地域防災計画(案)の説明を受けるとともに、前回提示されました災害対策会議設置要綱(案)及び災害対応方針(案)の協議を行い、全会一致で承認された後、議会運営委員会で最終決定し、先般8月2日に施行されたところであります。 第8回目の委員会では、宇和島市地域防災計画の総括と修正された計画(案)の再説明がなされ、後日、計画(案)に対する意見、要望を集約し提出することといたしました。 そして、最後の第9回目の委員会では、地域防災計画(案)への議会からの意見に対する回答がなされるとともに、建設課、農林課から現在の復旧・復興の状況報告を受けました。 建設課からの現状報告では、8月9日時点での河川、道路の公共土木施設災害復旧工事の発生状況について、愛媛県委託分も合わせた災害件数338件のうち、入札手続を行ったものが124件、そのうち発注済み件数が90件、不落件数が34件という説明でありました。 また、市の発注工事における入札区分ごとの発注状況については、通常一般競争入札で行っているが、災害復旧工事の入札においては応札者なしによる不調不落が生じたことから、受注の促進を図るため、6月26日開札分より災害復旧工事にかかわる工事と業務委託に限り指名競争入札を導入したが、指名競争入札導入後においても、入札辞退による不調不落が相当数発生しているのが現状との説明がありました。この要因は、業者の手持ち工事量が多く工期が非常に厳しい、技術者が不足している、遠隔地の工事は作業効率が悪いということであり、担当理事者としては工期の延長や発注ロットを変更して再度入札を行うなど、既に取り組んでいることに加え、複数回不落となった案件や緊急を要する案件については、今後財政課とも協議の上、特命随契も視野に入れて検討していきたいとの説明を受けました。 次に、農林課において1番懸案されている農地・農業用地施設の災害復旧工事についてでございますが、測量設計が終わった箇所から順次工事を発注する予定であり、今年度末までに設計を完了し、令和2年度末完工を目標としており、不調不落防止のため県と連携し、建設業協会や関係機関へのヒアリングを参考に、幅広く参加できるよう発注ロット数の調整や事業の周知を図りたいと考えているとの説明を受けました。理事者におかれましては国や県との連携をさらに強化し、業務を迅速に遂行されますよう申し添えておきます。 災害から1年以上が経過した中、これまで国及び県を初め、多くの方々から多大なる御支援をいただきながら現在復旧・復興に全力で取り組んできておりますが、復興への道のりはまだまだこれからであります。議会としても、引き続き豪雨災害での対応をしっかりと検証し、市民の皆様の平穏な暮らしが一日も早く取り戻せるよう、一丸となって取り組んでいく所存でありますので、この場をおかりいたしましてより一層の御理解と御協力をいただきますようお願いを申し上げます。 以上をもちまして、平成30年7月豪雨災害対策特別委員会の最終報告とさせていただきます。 ○議長(清家康生君) 以上で報告が終わりました。 続きまして、「議案第19号・宇和島市印鑑条例の一部を改正する条例」以下、日程記載の順を追い、「認定第2号・平成30年度宇和島市公営企業会計決算の認定について」までの32件を便宜一括議題といたします。 これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 異議なしと認め、議案第19号ないし認定第2号までの全案件につきましては便宜一括議題といたします。 各担当理事者の説明を求めます。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 藤田総務部長。     〔総務部長藤田 良君登壇〕 ◎総務部長(藤田良君) ただいま上程されました各案件のうち、総務部に係る議案について御説明をいたします。 まず、条例議案について御説明いたします。 「議案第20号・宇和島市コミュニティバスの設置及び管理運営等に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、吉田地区におけるコミュニティバスの路線のうち、中浦線を大浦地区まで延伸することに伴い条例の一部を改正しようとするもので、令和元年10月1日から施行しようとするものであります。 「議案第21号・宇和島市集会所設置条例の一部を改正する条例」につきましては、荒巻集会所を地元自治会所有として改築することに伴い、同集会所を条例の規定から削除しようとするもので、公布の日から施行しようとするものであります。 「議案第22号・地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例」につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律が施行されたこと等に伴い、会計年度任用職員制度の導入及び成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等について関係条例の規定を整備しようとするもので、原則令和2年4月1日から施行しようとするものであります。 「議案第23号・宇和島市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例」につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関し必要な事項を定めるため新たに条例を制定しようとするもので、令和2年4月1日から施行しようとするものであります。 「議案第32号・宇和島市消防団条例の一部を改正する条例」につきましては、消防団員の資格要件を改めること等に伴い条例の一部を改正しようとするもので、公布の日から施行しようとするものであります。 次に、予算議案について御説明をいたします。 「議案第33号・平成31年度宇和島市一般会計補正予算(第2号)」について御説明をいたします。 今回の補正予算は、平成30年7月豪雨災害への対応として、災害廃棄物の処理に要する経費のほか、防災・減災対策として災害情報伝達設備の強化や崖崩れ防災対策の拡充を図るための経費に加え、高齢者等の交通安全や臨港道路整備の推進に要する経費などを中心に計上をしております。 まず、第1条は、予算の総額に歳入歳出それぞれ9億2,171万6,000円を追加し、総額を492億774万7,000円としようとするものです。 第2条、債務負担行為の補正は、障害児等通所支援事業施設あけぼの園の指定管理料について債務負担行為をすることができる期間、限度額を設定するものです。 第3条、地方債の補正では、本年度に事業を計画し、その財源に予定している市債の限度額を変更しようとするものです。 それでは、予算の概要を御説明いたします。 まず、歳入予算につきましては、第15款国庫支出金、第16款県支出金、第17款財産収入、第22款市債などを計上し、主に補助事業の採択見通しに合わせて補正を行おうとするものです。 次に、歳出予算につきまして御説明をいたします。 第2款総務費は3,220万7,000円の追加で、災害情報伝達設備の強化や高齢者等交通安全の推進を図るために必要な経費などを計上し、第3款民生費は4,145万3,000円の追加で、民間事業者が行う障害者福祉施設の整備や旧九島診療所を活用した地域交流拠点施設の整備に対する支援に要する経費などを計上しております。 第4款衛生費は4億7,737万4,000円の追加で、がれき等の災害廃棄物の処理に要する経費などを計上し、第6款農林水産業費は1,828万6,000円の追加で、畜産関連施設の整備に対する支援に要する経費などを計上しております。 第7款商工費は2,400万円の追加で、宇和島圏域で推進するインバウンド対策に要する経費のほか、津島やすらぎの里の源泉ポンプの取りかえに要する経費などを計上し、第8款土木費は2億9,867万6,000円の追加で、愛媛県が進める新樺崎1号線臨港道路橋梁整備事業を後押しするために必要な経費のほか、崖崩れ防災対策の拡充に要する経費などを計上しております。 第10款教育費は2,972万円の追加で、スポーツ交流センタークライミングホールに観客席を設置するために必要な経費などを計上しております。 続きまして、特別会計の補正予算について御説明をいたします。 「議案第34号・平成31年度宇和島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」につきましては、事業勘定の予算の総額に2,267万9,000円を追加するもので、前年度の事業費の精算に伴う県支出金の返還金などを計上しております。 「議案第35号・平成31年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第2号)」につきましては、保険事業勘定の予算の総額に1億6,271万6,000円を追加するもので、前年度の事業費の精算に伴う基金への積立金や国庫支出金の返還金などを計上しております。 次に、一般議案について御説明をいたします。 「議案第40号」から「議案第43号」までの「工事請負契約について」につきましては、相関連しておりますので一括して御説明をいたします。 「議案第40号」から「議案第43号」までにつきましては、本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修工事を施行するための工事請負契約を締結するに当たり、「議案第40号」は建築工事について、一般競争入札により、本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修工事(建築)熊谷・二宮・古田共同企業体が23億3,928万円で落札し、「議案第41号」は電気設備工事について、一般競争入札により、本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修工事(電気)四E・小関電工特定建設工事共同企業体が6億2,919万7,200円で落札、「議案第42号」は空気調和設備工事について、一般競争入札により、本庁舎新低層棟建設・高層棟耐震改修工事(空調)菱和・重松共同企業体が5億2,920万円で落札、そして「議案第43号」は給排水衛生設備工事について、一般競争入札により株式会社明成が1億5,242万4,720万円で落札したもので、いずれも地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。 「議案第44号・工事請負契約について」につきましては、津島支所本館建設工事を施行するため建築工事に係る工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。一般競争入札により、有限会社ヤマナカが2億6,028万円で落札をいたしました。 「議案第48号・財産の取得について」につきましては、消防団において機能性、視認性及び安全性の向上を図るため消防団員用活動服を取得しようとするもので、地方自治法第96条第1項第8号の規定によって議会の議決を求めるものであります。契約の方法は指名競争入札で、取得の相手方は喜多商事株式会社、取得価格は2,223万3,852円であります。 次に、認定議案について御説明をいたします。 「認定第1号・平成30年度宇和島市一般会計及び特別会計決算の認定について」につきましては、平成30年度の一般会計及び国民健康保険特別会計ほか7つの特別会計の決算の認定に関するもので、「認定第2号・平成30年度宇和島市公営企業会計決算の認定について」につきましては、平成30年度の病院事業会計介護老人保健施設事業会計及び水道事業会計の各企業会計の決算の認定に関するものであります。それぞれ法律の規定に基づき、監査委員の審査に付し、その意見と定められた書類を添付しております。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 田邑市民環境部長。     〔市民環境部長田邑高浩君登壇〕 ◎市民環境部長(田邑高浩君) ただいま上程されました各案件のうち、市民環境部に係る議案について御説明をいたします。 まず、条例議案について御説明いたします。 「議案第19号・宇和島市印鑑条例の一部を改正する条例」につきましては、住民基本台帳法施行令の一部が改正されたことなどに伴い、印鑑登録証明書の記載事項として旧氏を追加し、また、同証明書の記載事項から男女の別を削除するため条例の一部を改正しようとするもので、令和元年11月5日から施行しようとするものであります。 「議案第24号・宇和島市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」につきましては、軽自動車税の環境性能割に係る非課税の対象範囲について、愛媛県と同一の取り扱いとすることに伴い条例の一部を改正しようとするもので、令和元年10月1日から施行しようとするものであります。 次に、一般議案について御説明いたします。 「議案第45号・工事請負契約について」につきましては、吉田町一般廃棄物処理施設の解体をするため工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。一般競争入札により株式会社ヤマタカが1億2,897万3,600円で落札いたしました。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いします。 ○議長(清家康生君) 岡田保健福祉部長。     〔保健福祉部長岡田一代君登壇〕 ◎保健福祉部長(岡田一代君) ただいま上程されました各案件のうち、保健福祉部に係る議案について御説明いたします。 「議案第25号・宇和島市立学校設置条例等の一部を改正する条例」につきましては、幼児教育・保育の無償化に伴い、3歳以上の教育認定子供、保育認定子供及び3歳未満の保育認定子供のうち、市民税非課税世帯の子供に係る利用者負担額をゼロにするため関係条例の規定を整備しようとするもので、令和元年10月1日から施行しようとするものであります。 「議案第27号・宇和島市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」につきましては、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部が改正されたこと等に伴い、家庭的保育事業等による卒園後の受け皿の提供を行う連携施設の確保に関する基準の緩和並びに自園調理の原則の適用を猶予する経過措置の対象範囲の拡大及び連携施設を確保しないことができる経過措置の期限延長を行うため条例の一部を改正しようとするもので、公布の日から施行しようとするものであります。 「議案第28号・宇和島市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」につきましては、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準の一部が改正されたこと等に伴い、特定地域型保育事業者による卒園後の受け皿の提供を行う連携施設の確保に関する基準の緩和及び連携施設を確保しないことができる経過措置の基準延長を行うため条例の一部を改正しようとするもので、公布の日から施行しようとするものであります。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 楠産業経済部長。     〔産業経済部長楠 憲雄君登壇〕 ◎産業経済部長(楠憲雄君) ただいま上程されました各案件のうち、産業経済部に係る議案について御説明をいたします。 「議案第37号・財産の処分について」につきましては、宇和島市保田の市有地を産業用地として売却処分しようとするに当たり、地方自治法第96条第1項第8号の規定によって議会の議決を求めるものであります。土地の所在は宇和島市保田字大幡甲1908番5ほか3筆、地目は宅地、売却面積は2,481.32平方メートル、処分価格は3,050万円で、処分の相手方は有限会社中浩運輸であります。 「議案第38号・財産の処分について」につきましては、宇和島市保田の市有地を産業用地として売却処分しようとするに当たり、地方自治法第96条第1項第8号の規定によって議会の議決を求めるものであります。土地の所在は、宇和島市保田字大幡甲1908番10ほか1筆、地目は宅地、売却面積は1,266.99平方メートル、処分価格は1,350万円で、処分の相手方は今井 博氏であります。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 藤堂建設部長。     〔建設部長藤堂勝男君登壇〕 ◎建設部長(藤堂勝男君) ただいま上程されました各案件のうち、建設部に係る議案について御説明いたします。 まず、条例議案について御説明いたします。 「議案第29号・宇和島市建築関係手数料条例の一部を改正する条例」につきましては、建築確認申請手数料等を改定するため並びに建築基準法の一部が改正されたことに伴い、用途変更にかかわる全体計画の認定及び既存建築物の用途を変更して一時的に他の用途の建築物として使用する場合の許可について、手数料を新たに規定するため条例の一部を改正しようとするもので、令和元年10月1日から施行しようとするものであります。 次に、一般議案について御説明いたします。 「議案第39号・工事施行協定の締結について」につきましては、宇和島市公共下水道浄化センター建築設備の建設工事を実施するに当たり、日本下水道事業団と協定を締結し、当該工事の施工を委託することに関して、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。協定の方法は随意契約で、協定金額は2億2,340万円であります。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(清家康生君) 上田教育部長。     〔教育部長上田益也君登壇〕 ◎教育部長(上田益也君) ただいま上程されました各案件のうち、教育委員会に係る議案について御説明いたします。 まず、条例議案について御説明いたします。 「議案第26号・宇和島市立公民館設置条例及び宇和島市立公民館使用条例の一部を改正する条例」につきましては、和霊公民館を移転することに伴い、同公民館の位置及び使用料の改定を行うため条例の一部を改正しようとするもので、教育委員会規則で定める日から施行しようとするものであります。 次に、一般議案について御説明いたします。 「議案第46号・工事請負契約について」につきましては、城南中学校プール建設工事を施行するため、建築工事に係る工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。一般競争入札により、株式会社二宮工務店が1億7,258万4,000円で落札いたしました。 次に、「議案第47号・工事請負契約について」につきましては、岩松小学校プール建設工事を施行するため、建築工事に係る工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。一般競争入札により、兵頭住建株式会社が2億3,868万円で落札いたしました。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 西本病院医療行政管理部長。     〔病院医療行政管理部長西本能尚君登壇〕 ◎病院医療行政管理部長(西本能尚君) ただいま上程されました各案件のうち、病院局に係る議案について御説明いたします。 「議案第30号・宇和島市病院局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行により、会計年度任用職員として任用される企業職員の給与に関し、必要な事項を定めること等に伴い条例の一部を改正するもので、原則令和2年4月1日から施行しようとするものであります。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(清家康生君) 石丸水道局長。     〔水道局長石丸孔士君登壇〕 ◎水道局長(石丸孔士君) ただいま上程されました各案件のうち、水道局に係る議案について御説明いたします。 まず、条例議案について御説明いたします。 「議案第31号・宇和島市水道局企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行により、会計年度任用職員として任用される企業職員の給与に関し、必要な事項を定めること等に伴い条例の一部を改正するもので、原則令和2年4月1日から施行しようとするものであります。 次に、一般議案について御説明いたします。 「議案第36号・平成30年度宇和島市水道事業会計その他未処分利益剰余金変動額の処分について」につきましては、平成30年度決算により生じましたその他未処分利益剰余金変動額2億7,544万3,963円を資本金に組み入れることにつきまして、地方公営企業法第32条第2項の規定によって議会の議決を求めるものであります。 以上で説明を終わります。御承認くださいますようよろしくお願いいたします。 ○議長(清家康生君) 以上で説明が終わりました。 ただいま上程されました各案件は、後日、議案質疑の上、各委員会に付託予定であります。 これをもちまして本日の日程は全て終了いたしました。 この際、議員の皆さんにお知らせをいたします。 一般質問の発言通告は本日午後5時までといたします。 本日はこれにて散会いたします。     午前10時42分 散会----------------------------------- 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。   宇和島市議会 議長  清家康生          議員  松本 孔          議員  佐々木宣夫...