宇和島市議会 > 2011-09-09 >
平成23年  9月 定例会-09月09日−01号

ツイート シェア
  1. 宇和島市議会 2011-09-09
    平成23年  9月 定例会-09月09日−01号


    取得元: 宇和島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-13
    DiscussNetPremium 平成23年  9月 定例会 − 09月09日−01号 平成23年  9月 定例会 − 09月09日−01号 平成23年  9月 定例会 平成23年9月宇和島市議会定例会 議事日程第1号 平成23年9月9日(金)午前10時開議 会議録署名人指名 会期の決定について 諸般報告 監査報告 監査報告第4号、監査報告第5号、監査報告第6号、監査報告第7号、監査報告第8号、監査報告第9号、監査報告第10号、監査報告第11号 報告第7号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率 報告第8号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく資金不足比率 報告第9号 宇和島市土地開発公社経営状況報告書 報告第10号 株式会社うわじま産業振興公社経営状況報告書 報告第11号 専決処分した事件の報告について  専決第8号 市有緑地における事故の和解について  専決第9号 市有地樹木落下事故の和解について  専決第11号 市道における事故の和解について  専決第12号 貸室明渡等請求の調停申立について  専決第13号 貸室明渡等請求の調停申立について
     専決第14号 貸室明渡等請求の調停申立について  専決第15号 貸室明渡等請求の調停申立について  専決第16号 車両接触事故の和解について 報告第12号 専決処分した事件の承認について  専決第10号 平成23年度宇和島市一般会計補正予算(第2号) 議案第65号 宇和島市地域情報ネットワーク施設設置条例の一部を改正する条例 議案第66号 宇和島市暴力団排除条例 議案第67号 宇和島市税賦課徴収条例等の一部を改正する条例 議案第68号 宇和島市行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部を改正する条例 議案第69号 宇和島市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例 議案第70号 平成23年度宇和島市一般会計補正予算(第3号) 議案第71号 平成23年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第1号) 議案第72号 平成23年度宇和島市病院事業会計補正予算(第1号) 議案第73号 工事請負契約について 議案第74号 市道路線の廃止について 議案第75号 市道路線の認定について 議案第76号 宇和島市観光交流宿泊施設の指定管理者の指定について 議案第77号 宇和島地区広域事務組合規約の変更について 認定第1号 平成22年度宇和島市公営企業会計決算の認定について 認定第2号 平成22年度宇和島市一般会計及び特別会計決算の認定について      (理事者提案説明) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 本日の会議に付した事件      議事日程のとおり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員(27名)  1番    正木健三君  2番    赤松孝寛君  3番    安岡義一君  4番    三曳重郎君  5番    椙山義将君  6番    石崎大樹君  7番    大窪美代子君  8番    清家康生君  9番    岩城泰基君 10番    坂尾 眞君 11番    我妻正三君 12番    松本 孔君 13番    木下善二郎君 14番    福島朗伯君 15番    上田富久君 16番    薬師寺三行君 17番        君 18番    兵頭司博君 19番    山下良征君 20番    赤松与一君 21番    赤岡盛壽君 22番    藤堂武継君 23番    福本義和君 24番    小清水千明君 25番    三好貞夫君 26番    土居秀徳君 27番    泉 雄二君 28番    浅田良治君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 欠席議員     なし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 説明のため出席した者の職氏名 市長             石橋寛久君 副市長            岡野 昇君 教育長            明神崇彦君 病院事業管理者        市川幹郎君 総務部長           村上登志雄君 市民環境部長         山本弥須弘君 保健福祉部長         山本金利君 産業経済部長         神應幸男君 建設部長           水口明彦君 教育部長           中原一嘉君 水道局長           末廣通正君 病院医療行政管理部長     岡崎恵一君 総務課長           泉 秀文君 財政課長           松田公彦君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 会議に出席した議会事務局職員 局長             渡辺邦夫君 次長             後藤 稔君 次長補佐           藤田 良君 議事法制係長         土居広典君 主任             上甲由美子君 主査             崎山泰慶君 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜     午前10時00分 開会 ○議長(福本義和君) ただいまの出席議員は27名であります。  定足数に達しておりますので、これより平成23年9月第30回宇和島市議会定例会を開会いたします。  会議に先立ちまして、御報告を申し上げます。  去る7月9日、山内秀樹議員が御逝去されました。まことに痛惜の悼みにたえません。私も葬儀に参列し、深甚なる弔意をあらわしたところでございます。  故山内秀樹議員の生前をしのぶとともに、故人の功績をたたえ、追悼を行いたいと思います。  なお、本日、大変お忙しい中にもかかわらず、御遺族の方々においでをいただいております。 ◎事務局長(渡辺邦夫君) ただいまから、今は亡き山内秀樹議員の御冥福をお祈り申し上げ、黙祷をささげたいと思います。  故山内秀樹議員の席には遺影と献花を掲げておりますので、議員及び理事者並びに傍聴席の皆様方はその席に向かい、御起立をお願いいたします。     〔全員起立〕 ◎事務局長(渡辺邦夫君) 黙祷。     〔黙祷〕 ◎事務局長(渡辺邦夫君) 黙祷を終わります。お座りください。     〔全員着席〕 ○議長(福本義和君) 次に、故山内秀樹議員に対しまして追悼をあらわすため、山下良征君の発言を許します。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 山下良征君。     〔19番議員山下良征君登壇〕
    ◆19番議員(山下良征君) 山内秀樹君に追悼の言葉をささげたいと思います。  追悼の言葉。  宇和島市市議会全議員を代表いたしまして、追悼の言葉を述べさせていただきます。  山内秀樹君は61歳という余りにも早い逝去に、言葉もありません。  あなたはあれほど好きだったたばこもやめられ、健康に気を使われていたやさき、「ちょっと検査入院してくらい。四、五日したら戻ってくるけん」と控室から明るく手を振って出ていかれました。そのわずか数日のうちに帰らぬ人となりましたことは、痛恨のきわみにたえません。残された御家族の皆様方の胸中に思いをはせるときに、悲しみはいかばかりか、お察しをいたします。  山内君の人柄については、今さら私が改めて申し上げるまでもございません。皆様御承知のとおり、だれに対しましても温和な笑顔で接し、優しく、争わず、敵をつくらず、本当にそばにいるだけで温かい気持ちになることができました。  平成11年に市議会議員に初当選以来12年、宇和島市のために汗を流され、副議長を初め多くの要職につかれ、その業績を挙げればいとまもないことであります。  特に、九島島民の悲願であります宇和島の大事業である九島架橋の実現に向け、あなたはだれよりも情熱をささげ、文字どおり寝食を忘れて努力をされました。それがようやく着工を間近に控え、完成を心待ちしていたことと拝察をいたします。その志は我々が引き継ぎ、あなたの夢をかなえるべく精いっぱい努めてまいる所存であります。  完成した九島架橋を好きな酒を飲んで千鳥足で渡られる姿が見えるようでございます。あのポケットに手を突っ込み、口笛を吹きながら、少しがにまたで歩くある日の姿が思い浮かんでまいります。  天があなたに幾ばくかの寿命を与えたならば、宇和島市のために、また議会活動のために、なお一層のお力添えをいただいたであろうと思うと、ただただ残念な思いであります。あなたがひたむきに誠実に全力で生き抜かれたことは、残された私たちの大きな励みであり、これからの生きる道しるべとなることと思います。  もうゆっくり休んでください。そして、あなたの愛した御家族と宇和島市を守ってください。  さよなら、秀樹ちゃん。  平成23年9月9日。  宇和島市議会。 ○議長(福本義和君) 以上をもちまして、故山内秀樹議員への追悼を終わります。  ここで、遺族の方からごあいさつがあります。  議員及び理事者は傍聴席に向かって御起立をお願いいたします。     〔全員起立〕 ◎御遺族 遺族を代表しましてお礼のごあいさつをさせていただきたいと思います。  本日はお忙しい中、父山内秀樹のために貴重なお時間をいただき、まことにありがとうございました。  父が亡くなって、本日でちょうど2カ月がたったんだということを思うと、私たち遺族にとっては大変短い夏でした。生前、父はお祭りの参加や、本日この場に出てくることを大変希望しておりました。夏がこんなに短いんであれば、せめて生きていてほしかったというのが我々遺族の希望ではありました。  しかし、もともと楽しいことが大好きな父でした。そんな父が、とまることなくこの宇和島市議会議員という仕事を誇りに思い続けてこられたのも、大好きな皆様、お仲間の方々のおかげだと大変感謝をしております。  夏も終盤を迎え、朝夕涼しくなってきておりますが、ここ、この場所はこれからだんだん熱くなってくると思います。ぜひ父の分まで楽しく過ごしていただきたいと思います。  本日は本当にありがとうございました。 ○議長(福本義和君) 御遺族の方々が退席をされますので、お見送りをいたしたいと思います。     〔御遺族退場〕 ○議長(福本義和君) ありがとうございました。着席を願います。     〔全員着席〕 ○議長(福本義和君) それでは、石橋市長から今定例会招集のあいさつがあります。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 石橋市長。     〔市長石橋寛久君登壇〕 ◎市長(石橋寛久君) 皆さん、おはようございます。  本日ここに平成23年9月第30回宇和島市議会定例会が開催されるに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。  議員の皆様におかれましては、御多忙の中御参集いただき、まことにありがとうございます。心からお礼を申し上げたいと思います。  まず初めに、先ほども全員で黙祷させていただきましたが、故山内秀樹氏におかれましては、これまで宇和島市の発展のために奔走され、多大な御貢献を賜り、また今後も宇和島市の明るい未来のためそのお力をいただきたかったところでありますが、御逝去されたことは大変残念でなりません。改めて哀悼の意を表し、心より御冥福をお祈りいたしたいと思います。  また、8月1日に本市職員が覚せい剤使用容疑で逮捕され、同月22日起訴されるという前代未聞の不祥事を起こしました。市民の皆様の信頼を損なうことになりましたことはまことに申しわけなく、深くおわび申し上げます。今後は、二度とこのような事態が起きることのないよう改めて綱紀粛正に努め、全職員一丸となって市民の皆様の信頼回復に努めてまいります。  さて、御承知のとおり東日本大震災の影響で全国的に電力不足が心配され、日本じゅうで節電に努めた夏であったと思います。伊方原子力発電所におきましても、安全確保に万全を期すため、3号機に引き続き、9月4日より1号機も原子炉の運転をとめて、およそ3カ月の定期点検に入りました。自家発電設備を持つ企業から電力を買い取る等の対応により、この秋も電力の安定供給が可能であるということですが、市民の皆様方におかれましては、引き続き積極的に節電に取り組んでいただきますようお願い申し上げます。  また、東日本大震災の復興が急がれる中、8月29日に民主党代表選挙が行われ、野田佳彦氏が党代表に選出され、9月2日に第95代内閣総理大臣に就任されました。  現在の日本には、震災復興を初め、外交問題、長引く不況への対応や雇用対策、財政問題など、早急に対応すべき課題が山積しております。私たち国民も一人一人が、日本がどのような国を目指すのかを真剣に考えていかなければならない時期に来ていると思っております。  現在、地域主権改革が推進されており、地域のことは地域に住む住民が責任を持って決めることが求められております。私といたしましても、宇和島から変えていけるところは今後ともしっかりと国に対し要望や提言を行っていき、少しでも宇和島市がよりよい方向へ進んでいけますよう全力で取り組んでまいりたいと考えておりますので、議員各位のより一層の御理解、御協力、絶大なる御支援を賜りますようお願い申し上げます。  今定例会におきましては、報告案件が6件、条例案件が5件、予算案件が3件、その他の案件が5件、認定いただくものが2件、合わせて21件となっております。  議案の内容等につきましては各部長から説明いたしますので、よろしく御審議いただき、御決定、御承認を賜りますようお願い申し上げまして、招集のごあいさつといたします。 ○議長(福本義和君) これより本日の会議を開きます。  本日の会議は、議事日程第1号により進めます。  本日の会議録署名人に、赤松与一君、赤岡盛壽君を指名いたします。  次に、本定例会の会期の決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会の会期は、お手元に配付の審議日程のとおり、本日から9月27日までの19日間といたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 御異議なしと認めます。  よって、会期は19日間と決定いたしました。  次に、お手元に配付いたしております諸般報告のうち、主なものを御報告いたします。  8月10日に東京都で開催されました四国縦貫・横断自動車道路建設促進並びに一般国道56号一本松・宇和島間整備促進中央要望及び九島架橋事業整備促進中央要望について、市長とともに、要望事項の早期実現のために国の関係機関に要望いたしました。  そのほかにつきましては、別紙のとおりであります。  以上で諸般報告を終わります。  次に、監査委員から監査報告として、「監査報告第4号」ないし「監査報告第11号」までの8件が提出されております。  また、理事者から会計報告として「報告第7号」ないし「報告第10号」までの4件及び報告案件として「報告第11号」「専決第8号」ないし「専決第16号」までの8件が提出され、お手元に配付いたしておりますので、御報告しておきます。  それでは、「報告第12号」「専決第10号・平成23年度宇和島市一般会計補正予算(第2号)」以下、日程記載の順を追い、「認定第2号・平成22年度宇和島市一般会計及び特別会計決算の認定について」までの全案件を便宜一括議題といたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 異議なしと認め、「報告第12号」「専決第10号」以下、日程記載の順を追い、「認定第2号」までの全案件につきましては、便宜一括議題といたします。  各担当理事者の説明を願います。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 村上総務部長。     〔総務部長村上登志雄君登壇〕 ◎総務部長(村上登志雄君) ただいま上程されました各案件のうち、総務部に係る議案につきまして御説明いたします。  「専決第10号・平成23年度宇和島市一般会計補正予算(第2号)」につきましては、歳入歳出予算にそれぞれ3,050万円を追加するものです。  先般の梅雨前線豪雨などにより被災した施設の復旧に要する経費を計上しております。特に緊急を要しましたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分させていただきました。  次に、条例議案を御説明いたします。  「議案第65号・宇和島市地域情報ネットワーク施設設置条例の一部を改正する条例」につきましては、放送法等の一部を改正する法律の施行により、有線テレビジョン放送法が廃止され、放送法に統合されたことから、所定の規定の整備をすることに伴う改正で、公布の日から施行しようとするものであります。  次に、「議案第66号・宇和島市暴力団排除条例」につきましては、宇和島市からの暴力団の排除を推進し、市民が安全に安心して暮らせる社会の確保、社会経済活動の健全な発展に寄与するため、新たに条例を制定しようとするもので、公布の日から施行しようとするものであります。  続きまして、「議案第68号・宇和島市行政財産の目的外使用に係る使用料条例の一部を改正する条例」につきましては、市の施設に勤務する者が当該施設等に通勤用自家用車を駐車する場合の行政財産の使用料について規定することに伴う改正で、平成24年4月1日から施行しようとするものであります。  次に、予算議案を御説明いたします。  「議案第70号・平成23年度宇和島市一般会計補正予算(第3号)」について御説明いたします。  今回の補正予算は、梅雨前線豪雨や台風6号により被災した施設などの復旧に要する経費のほか、住宅リフォーム補助金の追加計上など、地域経済の下支えや振興に係る予算などを計上しております。  第1条は、予算の総額に歳入歳出それぞれ4億3,643万3,000円を追加し、総額を422億6,518万1,000円にしようとするものです。  第2条、債務負担行為の補正は、小・中学校施設の耐震補強を実施していくための耐震2次診断及び補強設計の委託業務について、債務負担行為をすることができる期間、限度額を設定するものであります。  第3条は地方債の補正です。ここでは本年度に事業を計画し、その財源に予定しております市債の限度額を変更しようとするものであります。  それでは、予算の概要を御説明いたします。  まず、歳入予算は、10款地方交付税、14款国庫支出金、15款県支出金、19款繰越金、21款市債などを追加する一方で、9款地方特例交付金、18款繰入金などを減額しております。  国庫支出金、県支出金、市債などの特定財源につきましては、災害復旧などの事業を実施することに伴い見込まれるものを計上いたしました。  次に、歳出予算について各款ごとに主な内容を御説明いたします。  第2款総務費は、1,947万6,000円の追加で、震災への対策として実施することといたしました総合行政システムのサーバ移設に要する経費や集会所の改修に対する補助金などを計上しております。  第3款民生費は、1億1,242万9,000円の追加で、甘崎保育園の改築に要する経費などを計上しております。  第4款衛生費は、5,618万5,000円の追加で、静愁苑の通夜室等の整備に要する経費、ごみ処理施設の精密機能検査に要する経費などを計上しております。  第5款労働費は、816万1,000円の追加で、厳しい雇用情勢への対応として、緊急雇用対策に要する経費を計上しております。  第6款農林水産業費は、1,224万1,000円の追加で、真珠母貝の種苗生産施設の改修や高性能林業機械の導入に対する補助金などを計上しております。  第7款商工費は、50万円の追加で、商店街活性化の取り組みに対する補助金を計上しております。  第8款土木費は、5,808万4,000円の追加で、住宅のリフォームに対する補助金や道路改良に要する経費などを計上しております。  第9款消防費は、5,321万6,000円の追加で、消防団員等の公務災害補償に係る掛金の追加負担の計上です。  第10款教育費は、5,314万1,000円の追加で、小・中学校施設の耐震2次診断や補強設計に要する経費などを計上しております。  第11款災害復旧費は、6,300万円の追加で、先般の梅雨前線豪雨や台風6号により被災した施設の復旧費を計上しております。  続きまして、特別会計の補正予算について御説明いたします。  「議案第71号・平成23年度宇和島市介護保険特別会計補正予算(第1号)」につきましては、保険事業勘定の予算の総額に1,901万4,000円を追加するもので、平成22年度事業費の精算に伴う支払基金等への返還金を計上しております。  次に、一般議案を御説明いたします。  「議案第77号・宇和島地区広域事務組合規約の変更について」につきましては、宇和島地区広域事務組合が、熱回収施設及び同施設に併設するリサイクルセンター並びに汚泥再生処理センターの管理運営に係る分賦金割合を定める規約変更をすることについて、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。  次に、認定議案につきまして御説明いたします。  「認定第1号・平成22年度宇和島市公営企業会計決算の認定について」につきましては、平成22年度の宇和島市病院事業会計、水道事業会計、介護老人保健施設事業会計の各企業会計の決算の認定、「認定第2号・平成22年度宇和島市一般会計及び特別会計決算の認定について」につきましては、一般会計及び国民健康保険特別会計外12の特別会計の決算の認定に関するものです。それぞれ法律の規定に基づき、監査委員の審査に付し、その意見と、定められた書類を添付しております。
     以上で説明を終わります。御承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 山本市民環境部長。     〔市民環境部長山本弥須弘君登壇〕 ◎市民環境部長(山本弥須弘君) ただいま上程されました各案件のうち、市民環境部に係る議案につきまして御説明いたします。  「議案第67号・宇和島市税賦課徴収条例等の一部を改正する条例」につきまして、現下の厳しい経済状況に対応した税制の整備を図るため、地方税法の改正に伴うものであります。  改正内容につきましては、寄附金制度の拡充、国税の罰則の見直しに伴う規定の見直し、一般投資家の株式の配当及び譲渡に係る税率の期限延長、税負担の軽減を図る観点から、肉用牛の売却に係る市民税の課税の特例措置の変更に係るもので、原則公布の日から施行するものであります。  なお、罰則の規定につきましては、公布の日から2カ月経過した日から施行しようとするものであります。  以上で説明を終わります。御承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 山本保健福祉部長。     〔保健福祉部長山本金利君登壇〕 ◎保健福祉部長(山本金利君) ただいま上程されました各案件のうち、保健福祉部に係る議案につきまして御説明いたします。  「議案第69号・宇和島市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、東日本大震災の被害の甚大さ等にかんがみ、災害弔慰金の支給等に関する法律が改正されたことに伴い、災害弔慰金の支給対象となる遺族の範囲に、配偶者、子、父母、孫または祖父母のいずれもが存在しない場合に限り、死亡した者の死亡当時その者と同居し、または生計を同じくしていた兄弟姉妹を加える改正で、公布の日から施行し、平成23年3月11日以後に生じた災害に係る災害弔慰金について適用しようとするものであります。  以上で説明を終わります。御承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 神應産業経済部長。     〔産業経済部長神應幸男君登壇〕 ◎産業経済部長(神應幸男君) ただいま上程されました各案件のうち、産業経済部に係る議案につきまして御説明をいたします。  「議案第73号・工事請負契約について」につきましては、日振島喜路漁港の港内静穏度を確保し、安全かつ効率的な漁業地域の形成を図るため、防波堤を整備する喜路漁港水産生産基盤整備工事(分割の1)の請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定によって議会の議決を求めるものであります。  8月12日に一般競争入札を行い、JFEエンジニアリング株式会社大阪支店が2億4,675万円で落札をいたしました。竣工予定日は平成24年3月31日であります。  続きまして、「議案第76号・宇和島市観光交流宿泊施設の指定管理者の指定について」につきましては、木屋旅館の管理及び運営を効果的かつ効率的に行わせるため、合同会社きさいや宇和島、代表社員新津昌雄、宇和島市丸之内5丁目4番7号を、指定期間平成23年10月1日から平成27年3月31日まで指定管理者として指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定によりまして議会の議決を求めるものであります。  以上で説明を終わります。御承認くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 水口建設部長。     〔建設部長水口明彦君登壇〕 ◎建設部長(水口明彦君) ただいま上程されました各案件のうち、建設部に係る議案につきまして御説明いたします。  「議案第74号・市道路線の廃止について」及び「議案第75号・市道路線の認定について」につきましては、相関連いたしておりますので、一括して御説明いたします。  両議案のうち、下高串線につきましては、高速自動車道周辺整備対策事業により終点に変更が生じることに伴い、議案第74号により路線を廃止し、議案第75号により路線の認定をしようとするものです。  また、岩松上線及び町頭線につきましては、岩松橋及び花本橋の完成による市道整理に伴い、議案第74号により両路線を廃止し、議案第75号により、旧岩松上線と旧町頭線の一部を統合した新たな岩松上線を認定しようとするものです。  議案第74号については道路法第10条第3項、議案第75号については同法第8条第2項の規定によって、それぞれ議会の議決を求めようとするものであります。  以上で説明を終わります。御承認くださいますよう、よろしくお願いいたします。     〔「議長」と呼ぶ者あり〕 ○議長(福本義和君) 岡崎医療行政管理部長。     〔病院医療行政管理部長岡崎恵一君登壇〕 ◎病院医療行政管理部長(岡崎恵一君) 「議案第72号・平成23年度宇和島市病院事業会計補正予算(第1号)」について御説明いたします。  今回の補正予算につきましては、市立宇和島病院における医療救護班活動支援事業費の計上に伴うものが主なものでございます。  第3条、収益的収入につきましては、県補助金177万円の増額を行う一方、支出につきましては、総額として330万8,000円の増額を行っております。支出の主なものとしては、東日本大震災で災害派遣を行った際の活動費として、薬剤、交通費、人件費等151万8,000円を計上いたしました。  第4条、資本的収入につきましては、県補助金3,463万5,000円を増額、また支出につきましては、総額として9,080万円の追加計上を行っております。支出の主なものとしては、災害派遣医療チーム、いわゆるDMAT派遣に必要な専用車購入費480万円と、MRI室への非常用電源回路を増設するため改良工事費として1,000万円を計上しております。また、退職給与金については、看護師の普通退職分として7,000万円を計上いたしました。  最後に、医療行政管理部に係る予算につきましては、今年度からの新たな取り組みとして動いております看護学生への奨学貸付金として、当初は10名分を見込み600万円を計上しておりましたが、予想を上回り、現在18名の学生に貸与しております。今後も随時募集をしてまいりますので、25名まで増加することを想定し、今回さらに600万円を追加計上するものでございます。  以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御承認いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長(福本義和君) 以上で説明が終わりました。  ただいま上程されました各案件は、後日、議案質疑の上、各委員会に付託予定であります。  これにて、本日の日程は全部終了いたしました。  この際、議員の皆さんにお知らせをいたします。  代表・一般質問の発言通告は、本日午後5時までといたします。  本日はこれにて散会いたします。     午前10時40分 散会 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。    宇和島市議会 議長 福本義和           議員 赤松与一           議員 赤岡盛壽...