運営者 Bitlet 姉妹サービス
東かがわ市議会 > 2014-09-02 >
平成26年第3回定例会(第1日目) 名簿 開催日:2014年09月02日
平成26年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2014年09月02日

東かがわ市議会 2014-09-02
平成26年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2014年09月02日


取得元: 東かがわ市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1            (午前 9時30分 開会) ◯橋本議長 皆さん、おはようございます。  全国各地で猛威を振るった集中豪雨で亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。また、いまだに行方不明になっております皆様の一刻も早い発見をお祈り申し上げます。さらに、避難を余儀なくされております皆さん方に心からお見舞いを申し上げます。  香川県は災害の少ない地域でありますが、それでも平成16年の台風災害がありました。災害に強いまちづくりのために、執行部ともども努力しなければならないと存じます。もうすぐ新庁舎での執務が始まるわけでございます。市長以下、職員の皆さんも張り切っておられることと思いますが、私ども議会人として一層の研鑽を重ねてまいらなければならないと存じます。  さて、ただいまの出席議員は定足数に達しております。よって、平成26年第3回東かがわ市議会定例会は成立いたしました。  本定例会につきましては、7月25日、8月27日に議会運営委員会が開かれ、今期定例会の会期日程、議事日程について審査がなされ、お手元に配付のとおりと決定いたしましたので、それに基づきまして議事を進めてまいりたいと思います。  開会の宣言をいたします。  ただいまから、平成26年第3回東かがわ市議会定例会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。  日程第1 会議録署名議員の指名についてを行います。  会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、議長において、4番 大田稔子議員、5番 渡邉堅次議員を指名いたします。  日程第2 会期の決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  今期定例会の会期は、本日より22日までの21日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 2 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日より22日までの21日間と決定いたしました。  日程第3 諸般の報告を行います。  監査委員より、例月出納検査の5月から7月までの結果について、総務建設経済、民生文教の各常任委員長より、閉会中の所管事務調査についての報告を受理しております。その報告書等の写しと、その他の諸般の報告については、お手元に配付しております資料のとおりでございます。朗読を省略させていただき、御報告といたします。  日程第4 行政報告を求めます。  市長。 3 ◯藤井市長 皆さん、おはようございます。  9月定例会の開会に当たり、ごあいさつを申し上げます。  この夏は天候が不順で、台風11号や局地的集中豪雨により、全国各地で土砂災害や河川の氾濫による被害が相次ぎ、多くの尊い生命と貴重な財産が奪われました。被災して亡くなられた皆様方の御冥福を心からお祈りし、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。また、迅速な復旧を願ってやみません。  本市におきましても、台風11号の接近により全域に避難勧告を発令し警戒いたしましたが、幸いにも人的被害はありませんでした。しかしながら、これからが台風シーズンであります。引き続き、災害対策のレベルアップと市民の皆様の防災意識が高まるための努力、啓発を行ってまいります。  さて、今年度から、本市の幼稚園、小中学校では、夏休みを1週間短縮し、8月25日から2学期が始まりました。学力や体力の向上と学校生活にゆとりと潤いをもたらすことが目的であり、各学校において有意義に利用していただけると期待をしております。  また、子どもたちの教育、子育てに関して、本定例会において子ども・子育て支援新制度に関する議案を多く上程することになります。新制度は質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供、地域の子ども・子育て支援の充実を図ろうとするものであり、保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識のもとに、しっかりと定着させていく所存でございます。  さて、本日、ここに平成26年第3回東かがわ市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては大変お忙しい中御出席をいただき、心から感謝申し上げます。また、議員各位には常日頃から議会活動に御精励いただいておりますことについても、改めて敬意を表する次第でございます。  今定例会に提案し、御審議賜りますのは26案件で、条例制定、改正が10議案、平成26年度補正予算に関するもの3議案、平成25年度決算認定9件、報告が4件でございます。  何とぞ慎重なる御審議の上、御賛同くださるようお願いを申し上げます。  それでは、行政報告を申し上げます。  まず、1点目は、ハローワークと本市のふるさと就職推進センターが実施する三本松高校生就職ガイダンスについてであります。  9月10日に県立三本松高校において、同校の1・2年生346名を対象に開催いたします。将来の進路を考え始める1・2年生のうちに地域の企業から直接話を聞く機会を設けることによって、地域の産業や企業の実態を十分に知ってもらい、職業意識の形成が図れるように、また進路選択の一助になればと期待をしております。  2点目は、市防災訓練についてであります。  9月7日に市民参加の避難訓練を実施いたします。今回は大型台風の接近により、本市に大雨・洪水警報が発表されたとの想定で、豪雨により発生した浸水や土砂災害から市民を守ることを主眼とし、サイレン吹鳴や告知放送による情報伝達、各地域の自主防災組織の災害対策能力の向上と防災意識の高揚、防災諸活動の習熟を目的として実施し、市民の皆様の防災・減災意識を一層喚起できるよう取り組んでまいります。  具体的には、市民の皆様には、自治会や自主防災組織で事前に決めた避難所へ避難していただきます。このとき、各組織で決められた避難行動の再確認や情報伝達の訓練をいたします。また、高齢者や障がい者などで自分1人で避難できない方に対しての避難支援の訓練も行います。  市の災害対策本部では、避難所に職員を配置し、本部への情報伝達訓練を実施いたします。  また、市消防団は、国土交通省から招いた防災エキスパートの指導により、ロープワークや土嚢づくりなどの水防工法訓練を行い、団員の技術向上を図ってまいります。  最後に、統合庁舎の整備についてであります。  新庁舎につきましては、本年10月末の完成を目標に工事を進めているところであります。工事完成後の11月22日からの3連休を利用して、引田庁舎及び大内庁舎からの引っ越し作業を行い、11月25日から新しい庁舎で業務を開始する予定であります。なお、教育委員会部局は、北棟の改修工事の後、来年5月に移転の予定であります。  また、新庁舎の完成に伴い開庁式を行う予定であり、後日改めて御案内を申し上げます。  以上、開会に当たってのあいさつと行政報告といたします。 4 ◯橋本議長 日程第5 報告第1号 地方自治法第180条第1項の規定による市長の専決処分の報告についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 5 ◯藤井市長 報告第1号 地方自治法第180条第1項の規定による議会において指定されている事項に基づき専決処分をした損害賠償額の決定2件と、議会の議決を得た工事請負契約の変更契約2件について報告を申し上げます。  まず、損害賠償額の決定についてであります。  1件目は、平成26年3月24日、本市黒羽の市道ひけた新橋線において、総務課臨時職員が庁用車で西へ走行し、農道黒羽11号線との交差点を通過しようとした際、当該農道を南進してきた相手方車両と接触し、損傷したものであります。  本件事故につきましては、過失割合を2対8とし、損傷を受けた相手方車両の修理に要した費用の過失割合分を本市が賠償することで専決処分書のとおり和解をし、賠償額を5万9,980円と決定したものであります。  この賠償額については、任意保険で全額補填されております。  次に、平成26年7月9日、市役所大内庁舎北側駐車場において、学校教育職員が運転する庁用車を駐車させようとした際、既に駐車していた相手方車両に接触し損傷させたものであります。  本件事故につきましては、職員の不注意により発生した事故であることから、過失割合を10対ゼロとし、損傷を受けた相手方車両の修理費及び代車料を本市が賠償することで専決処分書のとおり和解をし、賠償額を17万8,200円と決定したものであります。  この賠償額については、任意保険で全額補填されております。  なお、当該職員に対しましては、今後における安全運転の励行を安全運転管理者を通じて指導いたしておりますので、御理解を賜りたいと存じます。  続いて、工事請負契約の変更契約についてであります。  専決処分をいたしましたのは、平成25年第4回東かがわ市議会臨時会において工事請負契約の締結を議決いただきました平成25年度東かがわ市統合庁舎建築工事及び平成25年度東かがわ市統合庁舎設備工事についての2件でございます。  建築工事につきましては、当初契約金額6億5,100万円に1,404万円を追加し、契約金額を6億6,504万円に変更する専決処分、また設備工事につきましては、当初契約金額2億6,250万円に1,393万2,000円を追加し、契約金額を2億7,643万2,000円とする専決処分を、本年8月22日にいたしました。  変更の主な内容につきましては、建築工事につきましては、移動式書架の追加、撤去コンクリート量の増加など、設備工事につきましては、改正省エネ法に基づく高圧受電設備の仕様の変更などであります。また、電算室の移転作業を年末としたことから、工期を平成27年3月20日までとする工期の延長を行ったものであります。  以上、報告第1号についての説明といたします。 6 ◯橋本議長 それでは、報告第1号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  以上、報告第1号については、これにて報告済みといたします。  お諮りいたします。日程第6 報告第2号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定による健全化判断比率の報告について、日程第7 報告第3号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定による資金不足比率の報告についての2議案を一括議題といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 7 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、日程第6 報告第2号、日程第7 報告第3号の2議案を一括議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 8 ◯藤井市長 報告第2号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定による健全化判断比率の報告について及び報告第3号 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定による資金不足比率の報告についてを一括して報告申し上げます。  まず、健全化判断比率については、普通会計の赤字割合を示す実質赤字比率は無し、一般会計、全特別会計及び水道事業会計を合算した赤字割合を示す連結実質赤字比率も無しであります。  次に、地方公共団体の公債費の大きさをその地方公共団体の財政規模に対する割合で示す実質公債費比率は11.1パーセントと昨年度に比べ数値が低下いたしました。  また、地方公共団体が現在抱えている地方債などの負債の大きさをその地方公共団体の財政規模に対する割合で示す将来負担比率も、昨年度同様、無しであります。  次に、資金不足比率についてでございますが、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計並びに水道事業会計のいずれも、資金不足比率は無しであります。  以上、報告第2号及び報告第3号についての説明といたします。 9 ◯橋本議長 それでは、報告第2号、報告第3号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  以上、報告第2号、報告第3号については、これにて報告済みといたします。  日程第8 報告第4号 東かがわ市教育委員会事務の点検及び評価についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  教育長。 10 ◯竹田教育長 おはようございます。  報告第4号 東かがわ市教育委員会事務の点検及び評価について、御説明を申し上げます。  教育委員会は、毎年その権限に属する事務の管理及び執行の状況について客観性を確保するため、学識経験者の知見を活用しながら、点検及び評価を行い、その結果に関する報告書を作成し、議会へ提出するとともに公表することとされています。  このことを受け、平成25年度の教育に関する事務の管理及び執行状況について点検と評価を行いました。学識経験者からは、前年度の点検評価をいかした施策・事業が随所に見られるなど、良好で成果が上がっているとの評価を受けておりますが、今回いただいた御意見、御提言等を今後の教育行政の推進にいかしてまいりたいと考えております。  なお、この報告書につきましては、市のウェブページに掲載するなど、市民の皆様に公表してまいります。  以上、教育委員会事務の点検及び評価についての説明といたします。 11 ◯橋本議長 それでは、報告第4号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  以上、報告第4号については、これにて報告済みといたします。  お諮りいたします。  日程第9 認定第1号 平成25年度東かがわ市一般会計歳入歳出決算の認定について、日程第10 認定第2号 平成25年度東かがわ市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第11 認定第3号 平成25年度東かがわ市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第12 認定第4号 平成25年度東かがわ市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第13 認定第5号 平成25年度東かがわ市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第14 認定第6号 平成25年度東かがわ市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第15 認定第7号 平成25年度東かがわ市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第16 認定第8号 平成25年度東かがわ市商品券事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第17 認定第9号 平成25年度東かがわ市水道事業会計決算の認定についての9議案を一括議題といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 12 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、日程第9 認定第1号から日程第17 認定第9号までの9議案を一括議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 13 ◯藤井市長 認定第1号から認定第9号までの平成25年度一般会計決算、各特別会計及び水道事業会計の決算の認定について、一括して説明を申し上げます。  平成25年度の各会計決算につきまして、監査委員の審査に付したところ、審査意見書のとおりでありましたので、議会の認定をお願い申し上げるものでございます。  まず、一般会計歳入歳出決算の概要について、平成25年度決算は、歳入総額153億3,640万4,000円、前年度比18.2パーセントの減、歳出総額146億9,605万5,000円、前年度比18.2パーセントの減となり、歳入総額から歳出総額を差し引いた額は6億4,034万9,000円の黒字となりました。  歳入につきましては、市税が総額37億3,141万2,000円の収入で、法人市民税の減収等により、市税全体では1億9,987万円の減、前年度比5.1パーセントの減となりました。  そのほか、平成24年度で大川中学校区学校再編事業が終了したことによる反動により、国庫支出金が4億4,650万2,000円、前年度比27.3パーセントの減、市債が12億360万円、前年度比44.7パーセントの減となったほか、繰入金が4億1,202万8,000円、前年度比77.7パーセントの減、繰越金が9億6,500万8,000円、前年度比55.4パーセントの減となり、歳入全体では34億743万4,000円の減となっております。  歳出の性質別では、市債の繰上償還の減により、公債費が6億1,281万6,000円、前年度比26.3パーセントの減、平成24年度で大川中学校区学校再編事業やクリーンセンター整備事業が終了したことが要因となり、普通建設事業費が23億6,877万9,000円、前年度比47パーセントの減で、歳出全体では32億7,058万円の減となりました。  市債の残高は、普通建設事業費の減少に伴い127億6,118万7,000円、前年度から9,172万4,000円の減額となりました。  また、財政調整基金と減債基金を合わせた基金の残高は43億6,173万5,000円、前年度から2億5,068万8,000円の増額となっております。  なお、各特別会計並びに水道事業会計決算につきましては、お手元の決算書並びに主要施策の成果と決算概要をもって説明に代えますので、御了承願います。  以上、よろしく御審議いただき、認定賜りますようお願いを申し上げます。
    14 ◯橋本議長 それでは、認定第1号から認定第9号までの質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本件につきましては、15名の委員をもって構成する平成25年度決算審査特別委員会を設置し、付託の上、閉会中の継続審査といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 15 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、本件につきましては、15名の委員をもって構成する平成25年度決算審査特別委員会を設置し、付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定しました。  お諮りいたします。  ただいま設置されました平成25年度決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、1番 滝川俊一議員、3番 中川利雄議員、4番 大田稔子議員、5番 渡邉堅次議員、6番 鏡原慎一郎議員、7番 鈴江代志子議員、8番 東本政行議員、9番 大森忠明議員、10番 田中貞男議員、11番 矢野昭男議員、12番 木村ゆみ議員、13番 石橋英雄議員、14番 大藪雅史議員、15番 井上弘志議員、17番 池田正美議員の15名を指名いたします。  これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 16 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました15名を平成25年度決算審査特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。本特別委員会の正副委員長互選のため、暫時休憩いたします。            (午前 9時57分 休憩)            (午前 9時58分 再開) 17 ◯橋本議長 再開いたします。  この際、報告を申し上げます。  委員会条例第9条第2項の規定により、平成25年度決算審査特別委員会の正副委員長互選の結果、委員長に9番 大森忠明委員、副委員長に1番 滝川俊一委員でございます。  以上で報告を終わります。  平成25年度決算審査特別委員会委員長に、就任のあいさつをお願いいたします。  平成25年度決算審査特別委員会、大森忠明委員長、執行部側演壇でお願いいたします。  大森委員長。 18 ◯大森決算審査特別委員長 この度、平成25年度決算審査特別委員会委員長になりました大森忠明でございます。よろしくお願いいたします。  決算審査は、皆さん御存じのように、予算審議し議決した予算を執行した予算でございますので、あまり大きな問題は無いと思っておりますけれども、私は平成27年度の新年度予算にいかした審議をお願いしたらと思っております。  また、執行部におかれましては、議員から出ました質疑に対して的確なる答弁をいただきますようお願い申し上げまして、簡単ではございますけれども、ごあいさつとさせていただきます。  ありがとうございました。 19 ◯橋本議長 日程第18 議案第1号 東かがわ市附属機関設置条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 20 ◯藤井市長 議案第1号 東かがわ市附属機関設置条例の制定について、説明を申し上げます。  普通地方公共団体は、地方自治法第138条の4第3項の規定に基づき、法律または条例の定めるところにより、附属機関として審議会等の機関を置くことができることとなっております。この度、本市において要綱により開催していた審議会等について見直しを行い、本条例において附属機関として一括して規定し、設置するものであります。  なお、施行期日は公布日としております。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 21 ◯橋本議長 それでは、議案第1号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第1号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 22 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第1号については、委員会付託を省略することに決定しました。  これより議案第1号の討論に入りますが、討論の通告はありません。よって、これをもって討論を終結いたします。  これより、議案第1号 東かがわ市附属機関設置条例の制定についてを採決いたします。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。            (賛成者起立) 23 ◯橋本議長 御着席ください。  起立全員であります。  よって、議案第1号 東かがわ市附属機関設置条例の制定については、原案のとおり可決されました。  日程第19 議案第2号 東かがわ市健やか子ども基金条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 24 ◯藤井市長 議案第2号 東かがわ市健やか子ども基金条例の制定について、説明を申し上げます。  県において、かがわ健やか子ども基金補助金制度が創設されたことに伴い、基金を設置して事業を実施しようとするものであります。  補助金目的は、結婚から妊娠・出産を経て、子育てまで切れ目の無い支援を総合的に推進するため、中長期的な視点で計画的に地域ごとのニーズに応じた事業を実施できるようにするものであり、今年度から5年間にわたり補助金が交付される予定であります。  平成26年度新規事業に充てることも可能なことから、縁むすび事業を対象とするほか、来年度以降は関係各課間で協議しながら、子ども・子育て支援事業計画と併せて事業化いたしたいと考えております。  なお、施行期日は公布の日とし、平成32年3月31日限りで効力を失うものといたします。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 25 ◯橋本議長 それでは、議案第2号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第2号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 26 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第2号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第20 議案第3号 東かがわ市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 27 ◯藤井市長 議案第3号 東かがわ市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について、説明を申し上げます。  児童福祉法の改正により、子ども・子育て支援新制度に基づく家庭的保育事業、小規模保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業を実施しようとする場合は、地域型保育給付を受けるために市町村の認可が必要となりました。このため、本市における当該事業の認可基準となる条例を定めるものであります。条例制定に当たっては、厚生労働省令により従うべき基準及び参酌基準が示されており、本市においては国の基準と同様の定めといたしました。  施行期日は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行の日といたします。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 28 ◯橋本議長 それでは、議案第3号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第3号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 29 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第3号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第21 議案第4号 東かがわ市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 30 ◯藤井市長 議案第4号 東かがわ市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について、説明を申し上げます。  平成27年4月から施行予定の子ども・子育て支援新制度において、子どもが教育・保育を受けた場合、市町村の確認を受けた特定教育・保育施設や特定地域型保育事業に対して、市町村が施設型給付費や地域型保育給付費を支払うこととされております。  また、特定教育・保育施設の設置者や特定地域型保育事業者については、子ども・子育て支援法第34条第2項及び第46条第2項においては、内閣府令で定められた従うべき基準または参酌すべき基準を勘案し、市町村が条例で定める特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準に従い、特定教育・保育を提供しなければならないとされております。  本条例内閣府令を勘案し、本市における特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を条例で定めようとするものであります。  施行期日は、子ども・子育て支援法施行の日といたします。なお、本件については、先月教育委員会承認を得たところでございます。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 31 ◯橋本議長 それでは、議案第4号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第4号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 32 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第4号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第22 議案第5号 東かがわ市保育の必要性の認定に関する条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 33 ◯藤井市長 議案第5号 東かがわ市保育の必要性の認定に関する条例の制定について、説明を申し上げます。  平成27年4月から施行予定の子ども・子育て支援新制度への移行に伴い、保育の必要性の認定基準が変わることから、現行の保育の実施に関する条例を廃止し、改めて本条例を制定しようとするものであります。子ども・子育て支援法第20条の規定に基づく教育・保育給付の支給認定に必要な事項については、内閣府令を勘案し定めることといたします。  施行期日は子ども・子育て支援法施行の日といたします。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 34 ◯橋本議長 それでは、議案第5号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第5号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 35 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第5号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第23 議案第6号 東かがわ市認定こども園条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 36 ◯藤井市長 議案第6号 東かがわ市認定こども園条例の制定について、説明を申し上げます。  就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律、通称認定こども園法の一部改正により、学校教育法に基づく学校と児童福祉法に基づく児童福祉施設の両方の法的位置付けを持つ単一の認可施設として、幼保連携型認定こども園が創設されることとなります。  本条例は、同法に基づく幼保連携型認定こども園として、平成27年4月に開園予定の大内地区幼保一元化施設大内こども園の設置に関し、必要な事項を定めようとするものであります。
     施行期日は認定こども園法の一部を改正する法律の施行の日といたします。なお、本件においては、先月に教育委員会承認を得たところでございます。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 37 ◯橋本議長 それでは、議案第6号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第6号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 38 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第6号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第24 議案第7号 東かがわ市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 39 ◯藤井市長 議案第7号 東かがわ市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について、説明を申し上げます。  児童福祉法の改正により、放課後児童クラブの最低基準については市町村の条例で定めることとなりました。条例制定に当たっては、厚生労働省令により従うべき基準及び参酌基準が示されており、本市においては国の基準と同様の定めといたしました。  施行期日は子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行の日といたします。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願い申し上げます。 40 ◯橋本議長 それでは、議案第7号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第7号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 41 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第7号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第25 議案第8号 東かがわ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 42 ◯藤井市長 議案第8号 東かがわ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について、説明申し上げます。  市では、地方自治法第203条の2及び東かがわ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例に基づき、附属機関の委員に対し報酬を支払っております。この度の附属機関に係る見直しに併せて、本条例の別表における附属機関の追加、削除等を行うものであります。  また、補助機関では、現在各要綱において委嘱、任命しております身体障がい者相談員、知的障がい者相談員及び介護相談員について、本条例に記載が無いことから、補助機関として追加する改正を行います。さらに、母子及び寡婦福祉法の改正により、母子自立支援員の名称を母子・父子自立支援員に変更する改正を行うものであります。  施行期日は附属機関に係る改正及び補助機関の追加に係る改正の規定については公布の日とし、母子自立支援員の名称を母子・父子自立支援員に改正する規定については、法律の施行に併せて平成26年10月1日としております。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 43 ◯橋本議長 それでは、議案第8号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第8号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 44 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第8号については、委員会付託を省略することに決定しました。  これより議案第8号の討論に入りますが、討論の通告はありません。よって、これをもって討論を終結いたします。  これより、議案第8号 東かがわ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。            (賛成者起立) 45 ◯橋本議長 御着席ください。  起立全員であります。  よって、議案第8号 東かがわ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。  日程第26 議案第9号 東かがわ市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 46 ◯藤井市長 議案第9号 東かがわ市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例について、説明を申し上げます。  放課後児童クラブにつきましては、児童福祉法の改正により対象児童がおおむね10歳未満だったものが、小学校6年生まで受け入れることが可能となりました。そこで、今後の受入れ等については子ども・子育て会議にて検討した結果、平成27年度は小学校4年生以上の受入れを特別支援学級在籍若しくは特別支援の対象または兄弟のいる児童に限定し、平成28年度から保育の必要な全ての児童を受け入れられるよう、環境整備や職員配置などの体制を整えていくことといたしました。  また、現在、午後6時までの開設時間を必要に応じて午後7時まで延長できることとし、その際の利用料は1回500円、上限をひと月に付き7,500円に設定しようとするものであります。  なお、施行期日は平成27年4月1日としております。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 47 ◯橋本議長 それでは、議案第9号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第9号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 48 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第9号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第27 議案第10号 東かがわ市地域啓発人権推進委員設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 49 ◯藤井市長 議案第10号 東かがわ市地域啓発人権推進委員設置条例の一部を改正する条例について、説明を申し上げます。  過去の人権啓発推進事業では、小中学校の教職員を地域啓発人権推進委員に任命し、市職員とともに啓発を行っていましたが、現在は啓発の手法が変わり、市民の方々が講師として参加していただけております。  今般、実態に即した市民の講師陣を委員に委嘱するため、東かがわ市地域啓発人権推進委員設置条例の一部を改正しようとするものであります。  なお、施行期日は平成26年10月1日としております。  よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 50 ◯橋本議長 それでは、議案第10号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第10号については、委員会付託区分表のとおり民生文教常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 51 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第10号については、民生文教常任委員会に付託することに決定いたしました。  お諮りいたします。  日程第28 議案第11号 平成26年度東かがわ市一般会計補正予算(第2号)について、日程第29 議案第12号 平成26年度東かがわ市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について、日程第30 議案第13号 平成26年度東かがわ市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)についての3議案を一括議題といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 52 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、日程第28 議案第11号から日程第30 議案第13号までの3議案を一括議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  市長。 53 ◯藤井市長 議案第11号 平成26年度東かがわ市一般会計補正予算(第2号)についてから、議案第13号 平成26年度東かがわ市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)についてまで、3議案を一括して説明申し上げます。  最初に、議案第11号 平成26年度東かがわ市一般会計補正予算(第2号)について、説明を申し上げます。  この度の補正は、歳入歳出共に10億7,143万6,000円を追加し、補正後の予算総額を164億7,669万3,000円とするものであります。  歳出補正額の大部分を占めるのは、総務費の減債基金積立金2億8,117万1,000円と、公債費の長期債繰上償還元金6億1,675万円であります。このほか、総務費では統合庁舎移転後の大内窓口仮事務所に係る経費、社会保障・税番号制度への対応に向けた住民税及び住基システムの修正に係る経費等を計上しております。  民生費では、来年度から施行される生活困窮者自立支援法に伴う円滑化特別対策事業として、相談支援費の設置など包括的な支援体制づくりに係る経費や、受給対象者の再算定に伴う臨時福祉給付金を追加計上したほか、今年度創設された県のかがわ健やか子ども基金事業に伴う健やか子ども基金積立金を計上し、結婚から子育てまで切れ目の無い支援を総合的に推進するための施策に充てていくこととしております。  衛生費では、予防接種法施行令等の改正に伴い、水痘及び成人用肺炎球菌の定期予防接種化に係る経費を計上しております。  農林水産業費では、県の事業採択に伴う農業振興に係る経費や多面的機能支払交付金事業について、活動組織の増加により対象区域の図面作成委託料を追加計上しております。また、修繕が必要となった土地改良施設の工事請負費を追加計上しております。  土木費では、市道維持修繕工事に係る経費及び市道橋修繕工事に係る経費を追加計上しております。  消防費では、防災倉庫設置事業費補助金を追加計上しており、教育費では大内小学校スクールバスの老朽化に伴う新規購入費用や、国・県の事業採択に伴う小中学校の備品購入費を計上しております。  また、全体を通して現状の職員配置に合わせた職員人件費の組替え及び報酬関連条例の見直しに伴う予算の組替えを行っております。  歳入については、事業実施に伴う国・県補助金、基金繰入金、前年度繰越金等を計上し、歳出に対する財源といたしました。  また、債務負担行為として、中川排水機場施設整備事業、給食センター調理・配送等業務委託料を追加補正しております。  次に、議案第12号 平成26年度東かがわ市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、説明を申し上げます。  歳入歳出それぞれ5,223万円を追加し、歳入歳出予算の総額を38億8,557万円とするものであります。  主な補正内容は、歳出では平成25年度の地域支援事業費の確定に伴う返還金の合計649万1,000円と、介護保険給付費・事務費及び地域支援事業費の繰入金超過分を一般会計へ返還するために1,457万1,000円を追加し、繰越金等3,116万8,000円を財政調整基金に積み立てることとしております。  これらの歳出に対応する歳入として、前年度繰越金、介護給付費国・県負担金及び支払い基金交付金を財源充当するものであります。  最後に、議案第13号 平成26年度東かがわ市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、説明を申し上げます。  歳入歳出それぞれ252万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を3,233万5,000円とするものであります。  補正内容は、平成25年度決算による繰越金252万6,000円を一般会計へ繰り出すものであります。  以上、議案第11号から議案第13号まで、平成26年度東かがわ市一般会計補正予算(第2号)ほか2件の特別会計補正予算について、説明を申し上げました。  これらはいずれも緊急やむを得ないものと考えておりますので、よろしく御審議、御決定賜りますよう、お願いを申し上げます。 54 ◯橋本議長 それでは、議案第11号から議案第13号の質疑に入りますが、質疑の通告はありません。よって、これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第11号から議案第13号については、委員会付託区分表のとおり、予算審査常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 55 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、議案第11号から議案第13号については、予算審査常任委員会に付託することに決定いたしました。  日程第31 発議第1号 東かがわ市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  田中議員執行部側演壇でお願いします。
     田中議員。 56 ◯田中議員 発議第1号 東かがわ市議会委員会条例の一部を改正する条例についての提案理由を御説明申し上げます。  本案は、統合庁舎整備に伴う組織編成により、東かがわ市議会委員会条例第2条第2項の総務建設経済常任委員会の所管である出納室の名称が会計課に変更されることに伴う改正であります。  なお、施行期日は執行部の施行日に合わせることから、確定した日を議長規則で定めることといたしました。  以上、提案理由の説明とさせていただきます。  議員各位には御賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 57 ◯橋本議長 これより、発議第1号の質疑を行います。  質疑ありませんか。            (「なし」の声あり) 58 ◯橋本議長 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております発議第1号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 59 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、発議第1号については、委員会付託を省略することに決定いたしました。  これより、発議第1号の討論を行います。  討論ありませんか。            (「なし」の声あり) 60 ◯橋本議長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  これより、発議第1号 東かがわ市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。            (賛成者起立) 61 ◯橋本議長 御着席ください。  起立全員であります。  よって、発議第1号 東かがわ市議会委員会条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。  日程第32 発議第2号 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  田中議員執行部側演壇でお願いします。  田中議員。 62 ◯田中議員 発議第2号 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書についての提案理由の御説明を申し上げます。  現在、国が実施している現行の医療費助成の対象はウイルス性肝炎患者に対するインターフェロン・核酸アナログ製剤を中心とする一定の抗ウイルス療法に限定されており、これら治療法に該当しない肝硬変、肝がん患者の入院、手術費は高額に上るのにもかかわらず助成の対象外となっていることから、就業不能の方も多く生活に困難を来している状況である。また、肝硬変を中心とする肝疾患も身体障害者福祉法上の障害認定の対象とされているものの、医学上の認定基準が極めて厳しいため、亡くなる直前でなければ認定されていないなど、現在の制度は肝炎患者に対する生活支援の実効性を発揮していないとの指摘がなされているところであります。  よって、本市議会は、肝硬変、肝がん患者に対する医療費助成を含む生活支援について、新たな制度の創設と身体障害者福祉法上のウイルス性肝機能障害による障害認定の基準を緩和し、患者の実態に応じた認定制度にするための意見書を国に対して強く要望するものであります。  以上、提案理由の説明とさせていただきます。  議員各位には御賛同賜りますよう、よろしくお願いをいたします。 63 ◯橋本議長 これより、発議第2号の質疑を行います。  質疑ありませんか。            (「なし」の声あり) 64 ◯橋本議長 質疑なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております発議第2号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            (「異議なし」の声あり) 65 ◯橋本議長 御異議なしと認めます。よって、発議第2号については、委員会付託を省略することに決定いたしました。  これより、発議第2号の討論を行います。  討論ありませんか。            (「なし」の声あり) 66 ◯橋本議長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  これより、発議第2号 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書についてを採決いたします。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。            (賛成者起立) 67 ◯橋本議長 御着席ください。  起立全員であります。  よって、発議第2号 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書については、原案のとおり可決されました。  以上で本日の日程は全て終了いたしました。  なお、明日3日から16日まで委員会審査等のため休会いたします。  委員会審査の日程についてはお手元に配付のとおりでございます。  次回は、17日の午前9時30分より本会議を開きますので、定刻までに御参集ください。  本日はこれにて散会いたします。            (午前10時36分 散会)  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。    東かがわ市議会議長 橋 本   守      署 名 議 員 大 田 稔 子      署 名 議 員 渡 邉 堅 次 Copyright (c) HIGASHIKAGAWA CITY ASSEMBLY All rights reserved.