徳島県議会 > 1993-12-02 >
12月02日-01号

ツイート シェア
  1. 徳島県議会 1993-12-02
    12月02日-01号


    取得元: 徳島県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-01-04
    平成 5年12月定例会   平成五年十二月徳島県議会定例会会議録(第一号) 徳島県告示第八百七十七号  平成五年十二月徳島県議会定例会を次のとおり招集する。   平成五年十一月二十五日            徳島県知事  圓 藤 寿 穂  一 期日 平成五年十二月二日  二 場所 徳島市 徳島県庁   ────────────────────────   議 員 席 次     一  番     森  本  尚  樹 君     二  番     福  山     守 君     三  番     西  沢  貴  朗 君     四  番     吉  田  忠  志 君     五  番     樫  本     孝 君     六  番     来  代  正  文 君     七  番     猿  瀧     勝 君     八  番     竹  内  資  浩 君     九  番     北  島  勝  也 君     十  番     杉  本  直  樹 君     十一 番     久 次 米  圭 一 郎 君     十二 番     長  尾  哲  見 君     十三 番     佐  藤  圭  甫 君     十四 番     児  島     勝 君     十五 番     川 真 田  哲  哉 君     十六 番     宮  城     覺 君     十七 番     北  岡  秀  二 君     十八 番     亀  井  俊  明 君     十九 番     堺        廣 君     二十 番     遠  藤  一  美 君     二十一番     原     秀  樹 君     二十二番     大  田     正 君     二十三番     榊     武  夫 君     二十四番     板  東  敬  二 君     二十五番     平  岡  一  美 君     二十六番     四  宮     肇 君     二十七番     近  藤  政  雄 君     二十八番     湊     庄  市 君     二十九番     木  村     正 君     三十 番     元  木     宏 君     三十一番     俵     徹 太 郎 君     三十二番     松  田  一  郎 君     三十三番     松  本     弘 君     三十四番     服  部  昭  子 君     三十五番     小  倉  祐  輔 君     三十六番     中  谷  浩  治 君     三十七番     大  西     仁 君     三十八番     原  田  弘  也 君     三十九番     阿  川  利  量 君     四十 番     谷  口     修 君     四十一番     木  内  信  恭 君     四十三番     日  下  久  次 君   ──────────────────────── 平成五年十二月二日    午前十時三十五分開会      出席議員計三十六名          (その番号・氏名左のとおりである)     一  番     森  本  尚  樹 君     二  番     福  山     守 君     三  番     西  沢  貴  朗 君     四  番     吉  田  忠  志 君     五  番     樫  本     孝 君     六  番     来  代  正  文 君     七  番     猿  瀧     勝 君     九  番     北  島  勝  也 君     十一 番     久 次 米  圭 一 郎 君     十二 番     長  尾  哲  見 君     十三 番     佐  藤  圭  甫 君     十四 番     児  島     勝 君     十五 番     川 真 田  哲  哉 君     十六 番     宮  城     覺 君     十七 番     北  岡  秀  二 君     十八 番     亀  井  俊  明 君     十九 番     堺        廣 君     二十 番     遠  藤  一  美 君     二十一番     原     秀  樹 君     二十二番     大  田     正 君     二十三番     榊     武  夫 君     二十五番     平  岡  一  美 君     二十六番     四  宮     肇 君     二十七番     近  藤  政  雄 君     二十八番     湊     庄  市 君     二十九番     木  村     正 君     三十 番     元  木     宏 君     三十一番     俵     徹 太 郎 君     三十三番     松  本     弘 君     三十四番     服  部  昭  子 君     三十五番     小  倉  祐  輔 君     三十七番     大  西     仁 君     三十八番     原  田  弘  也 君     四十 番     谷  口     修 君     四十一番     木  内  信  恭 君     四十三番     日  下  久  次 君   ────────────────────────  出席職員職氏名     事務局長     市  原     実 君     次長       西  本  辰 年 男 君     議事課長     鈴  木  行  雄 君     調査課長     佐  藤     功 君     議事課課長補佐  大  竹  将  夫 君     調査課課長補佐  大  西  完  治 君     議事係長     森  本  哲  生 君     委員会係長    板  谷  充  顕 君     企画調査係長   木  村  輝  行 君     事務主任     日  関     実 君     主事       山  口  久  文 君     同        佐  光  正  夫 君     同        四  宮  哲  也 君   ────────────────────────  列席者職氏名     知事       圓  藤  寿  穂 君     副知事      松  田  研  一 君     出納長      折  野  國  男 君     企業局長職務代理者企業局次長              江  川  徹  也 君     総務部長     富  田  辰  郎 君     企画調整部長   三  好  勝  則 君     福祉生活部長   古  川  文  雄 君     保健環境部長   内  藤  康  博 君     商工労働部長   宮  本     清 君     農林水産部長   安  丸  徳  広 君     土木部長     山  中     敦 君     国体局長     坂  本  松  雄 君     財政課長     河  内     隆 君     財政課課長補佐  高  岡  茂  樹 君   ────────────────────────     教育委員長    脇        健 君     教育長      近  藤  通  弘 君   ────────────────────────     人事委員長    大 久 保  久  夫 君     人事委員会事務局長齋  藤  喜  良 君   ────────────────────────     公安委員長    細  井  宇  八 君     警察本部長    栗  本  英  雄 君   ────────────────────────     代表監査委員   藤  井     格 君     監査事務局長   三  澤  暢  男 君   ────────────────────────  議 事 日 程   第一号   平成五年十二月二日(木曜日)午前十時三十分開会 第一 会議録署名者指名          (三   名) 第二 会期決定の件             (十六日間) 第三 議案自第一号至十九号、計十九件   (提出者説明)   ──────────────────────── ○議長元木宏君) ただいまより、平成五年十二月徳島県議会定例会開会いたします。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) これより本日の会議を開きます。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) 日程に入るに先立ち、諸般報告をいたします。 まず、土木委員長の互選結果についてであります。 委員長中谷浩治君が互選された旨、報告がありましたので、御報告いたしておきます。 次に、議長会関係等について申し上げます。 去る十一月二十五日、東京都において開催された第二国土軸推進県議会議長連絡協議会総会等の諸会合に出席いたしましたので、御報告いたしておきます。 次に、監査委員から、本年十月に実施した現金出納検査の結果について、議長あて報告書提出されておりますので、御報告いたしておきます。 次に、知事から、お手元に御配布のとおり、議案等提出通知がありましたので、御報告いたしておきます。   ──────────────────────── △財第378号  (参照)                          財第378号                      平成5年12月2日 徳島県議会議長 元 木   宏 殿                徳島県知事 圓 藤 寿 穂   平成5年12月徳島県議会定例会議案について(提出)  このことについて,別添のとおり提出します。   ────────────────────────      平成5年12月徳島県議会定例会提出議案 第 1 号 町の境界変更について 第 2 号 平成5年度県営土地改良事業費に対する受益市町村負担金について 第 3 号 平成5年度農地保全に係る地すべり防止事業費に対する受益町村負担金について 第 4 号 平成5年度県営林道開設事業費に対する受益町村負担金について 第 5 号 平成5年度漁港修築事業費等に対する受益市町負担金について 第 6 号 平成5年度県単独砂防事業費等に対する受益市町村負担金について 第 7 号 平成5年度県単独道路事業費に対する受益市町村負担金について 第 8 号 平成5年度県営都市計画事業費に対する受益市町負担金について 第 9 号 平成5年度港湾建設事業費に対する受益市町負担金について 第 10 号 町村道海川出原線市町村道整備代行工事星越トンネル請負契約について 第 11 号 一般国道193号道路改良工事中野トンネル請負契約変更請負契約について 第 12 号 一般国道193号道路改築工事立トンネル請負契約について 第 13 号 徳島北灘線道路改築工事矢応神橋上部工第2分割請負契約について 第 14 号 徳島北灘線道路改築工事矢応神橋上部工第3分割請負契約について 第 15 号 漁港修築工事志和岐トンネル請負契約変更請負契約について 第 16 号 不動産取得出島地区開発計画推進事業)について 第 17 号 不動産取得沖洲流通港湾建設事業)について 第 18 号 不動産処分について 第 19 号 平成4年度徳島一般会計歳入歳出決算並びに各特別会計歳入歳出決算の認定について 報告第1号 徳島継続費精算報告書について 報告第2号 損害賠償交通事故)の額の決定及び和解に係る専決処分報告について   ──────────────────────── ○議長元木宏君) 次に、知事教育委員長人事委員長公安委員長及び代表監査委員から、お手元に御配布のとおり、説明者委任通知がありましたので、御報告いたしておきます。   ──────────────────────── △財第377号  (参照)                          財第377号                      平成5年12月2日 徳島県議会議長 元 木   宏 殿                徳島県知事 圓 藤 寿 穂        説明者委任について(通知)  平成5年12月徳島県議会定例会説明のため出席することを,次の者に委任したので通知します。        副知事      松  田  研  一        出納長      折  野  國  男        企業局長職務代理者企業局次長                 江  川  徹  也        総務部長     富  田  辰  郎        企画調整部長   三  好  勝  則        福祉生活部長   古  川  文  雄        保健環境部長   内  藤  康  博        商工労働部長   宮  本     清        農林水産部長   安  丸  徳  広        土木部長     山  中     敦        国体局長     坂  本  松  雄        財政課長     河  内     隆        財政課課長補佐  高  岡  茂  樹   ──────────────────────── △教総第676号                          教総第676号                      平成5年12月2日 徳島県議会議長 元 木   宏 殿          徳島教育委員会委員長 脇     健        説明者委任について(通知)  平成5年12月2日開会徳島県議会定例会出席して説明する者を,次の者に委任しました。        教育長      近  藤  通  弘   ──────────────────────── △人委第682号                          人委第682号                      平成5年12月2日 徳島県議会議長 元 木   宏 殿          徳島人事委員会委員長 大久保 久 夫        説明者委任について(通知)  平成5年12月2日開会徳島県議会定例会説明のため出席することを,次の者に委任したので通知します。        事務局長     齋  藤  喜  良   ──────────────────────── △徳公委第63号                         徳公委第63号                      平成5年12月2日 徳島県議会議長 元 木   宏 殿          徳島公安委員会委員長 細 井 宇 八        説明者委任について  平成5年12月2日開会定例県議会出席して説明する者を,次のとおり委任したので通知します。        警察本部長    栗  本  英  雄   ──────────────────────── △徳監第225号                          徳監第225号                      平成5年12月2日 徳島県議会議長 元 木   宏 殿            徳島代表監査委員 藤 井   格        説明者委任について(通知)  平成5年12月2日開会徳島県議会定例会出席して説明する者を,次のとおり委任しましたので通知します。        監査事務局長   三  澤  暢  男   ──────────────────────── ○議長元木宏君) 諸般報告は、以上であります。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) これより本日の日程に入ります。 日程第一、「会議録署名者指名」を行います。 会議録署名者は、議長において、     近  藤  政  雄  君     川 真 田  哲  哉  君     木  内  信  恭  君の三君を指名いたします。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) 次に、日程第二、「会期決定の件」を議題といたします。 お諮りいたします。 今期定例会会期は、本日から十二月十七日までの十六日間といたしたいと思います。 これより本件を起立により、採決いたします。 今期定例会会期は、本日から十二月十七日までの十六日間と決定することに御賛成の方は、御起立を願います。   (賛成者起立) ○議長元木宏君) 起立多数であります。 よって、会期は、本日から十二月十七日までの十六日間と決定いたしました。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) 次に、日程第三、「議案第一号・町の境界変更についてより第十九号に至る十九件」を議題といたします。 以上の十九件について、提出者説明を求めます。 圓藤知事。   (圓藤知事登壇) ◎知事圓藤寿穂君) 本日、十二月県議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、御多忙中にもかかわりませず御出席をいただき、まことにありがとうございます。 提出案件の御説明に先立ち、県政における最近の状況について御報告申し上げます。 まず、四国横断自動車道についてであります。 四国横断自動車道鳴門─津田間の三十六キロメートルにつきましては、平成三年十二月に整備計画区間に格上げされた後、早期施行命令が出されるよう関係市町及び関係団体ともども、建設省や日本道路公団等に対し、あらゆる機会をとらえて要望してまいりましたところ、去る十一月十九日に建設大臣から日本道路公団に対し、施行命令が出されました。 この施行命令により、本県四国横断自動車道整備に向けて大きく前進したものと言えます。 今後は、一日も早く路線発表がなされるよう、日本道路公団に対し、引き続き強く要望してまいります。 また、路線発表後においては、日本道路公団が行う事業説明設計協議等作業が円滑に進むよう、関係市町ともども積極的に協力し、地元関係者方々の御理解を得ながら、事業の促進に向けて最大限努力をしてまいりたいと考えております。 さらに、鳴門以南につきましても、今後、早期整備計画区間へ格上げされるよう努力し、高速道路を中心とした広域交通ネットワーク形成に努めてまいります。 次に、細川内ダム建設計画についてであります。 去る十一月十八日、私自身が木頭村を訪問し、ダム問題について村長話し合いを行うとともに、あわせてダム建設予定地を視察した後、村議会議長、副議長を初め村議会方々の御意見をも伺ったところであります。 この話し合いの中で、これまでダム問題について双方が話し合う場がほとんどなく、お互いの主張に十分耳を傾けることができなかったことはまことに残念であり、双方が率直な意見を出し合う民主的で理性的な議論の場を持つことが、何よりも重要であるとの私の提案に対し、村長及び村議会方々から御賛同を得るなど、今回の木頭村訪問は、今後の話し合いの糸口ができたという意味において、大変有意義なものであったと考えております。 今後、できるだけ早い機会に村との具体的な話し合いを開始したいと考えております。 ダム問題の解決に至るまでには、多くの困難な課題が山積しておりますが、幅広く地元方々の御意見をお聞きし、また一方では、ダム計画に対する県の考え方をも説明する中で、本問題の円満解決に向けて、最大限努力を重ねてまいります。 次に、徳島東部地方拠点都市地域整備についてであります。 本年四月に地域指定を行いました徳島東部地方拠点都市地域基本計画につきましては、関係十三市町村からの申請に基づき、去る十一月二十九日に承認をいたしました。 新しい地方時代に対応し、地方がその真価と実力を遺憾なく発揮していくためには、地域の特性を生かした個性的な魅力ある地域づくりを進めていくことが何よりも大切であり、架橋新時代を迎える本県にとって、四国玄関にふさわしい発展拠点づくりが急務となっております。 今回承認いたしました基本計画は、地域の将来の発展方向を「水と緑が映える四国玄関都市地域」ととらえ、関係市町村創意工夫を凝らして作成したものであり、若者が希望を持ち、魅力を感じる豊かな都市空間の創造を目指した計画となっており、県土の均衡ある発展の核となる自立的な地方拠点都市地域形成を目指すものとなっております。 いわゆる地方拠点法に基づく基本計画計画期間とされている今後十年間は、四国玄関を目指す本県にとって、極めて重要な期間でありますので、この法律に基づく諸制度を有効に活用することにより、計画が円滑に推進されるよう、県といたしましても、支援してまいりたいと考えております。 次に、第二十九全国身体障害者スポーツ大会についてであります。 昭和六十三年十二月に本県での単独開催決定されて以来、八十三万県民を挙げて、その準備に取り組んでまいりました躍動のうずしお大会は、去る十一月六日、七日の開・閉会式及び後夜祭、十一月八日の各県選手団の視察及び新町川水際公園におけますふれあい交流ゾーンなどの行事をもちまして、成功裏に無事、競技日程及び関連行事のすべてを終了することができました。 これもひとえに、県議会関係市町村関係団体を初め県民皆様方の多大の御支援、御尽力のたまものであると、心から感謝を申し上げる次第でございます。 また、大会とあわせて行いました各種行事においても、各県選手団を初め多くの県民皆様方の御参加をいただき、温かい交流を各所で繰り広げることができました。 今後は、この大会を通じて得られた多くの成果を本県福祉の向上に生かしてまいりたいと考えております。 次に、来年度の予算編成をめぐる状況について申し上げます。 現在、国におきましては、来年度の予算編成作業が進められております。厳しい状況に直面している我が国の経済情勢のもと、国の財政は依然として構造的な厳しさが続いておりますが、これに加え、平成四年度決算において、税収が戦後初めて二年連続して減少するというまことに深刻な状況に立ち至っております。 各省庁の概算要求基準は、投資的経費について原則五%増とするものの、従来措置されていた公共投資充実臨時特別措置生活関連重点化枠などが全廃されるとともに、経常的経費については原則一〇%の削減とされるなど、国においては厳しい予算編成がなされるものと考えられます。 一方、本県財政は、県税収入が二年連続で前年度決算額を下回る見込みであり、さらに来年度においても、税収減少傾向を示すものと予想され、国と同様、極めて厳しい状況に置かれております。 しかも、県税等自主財源の乏しい本県財政構造は、国の予算の影響を受ける度合いが非常に大きく、来年度予算も厳しい編成を余儀なくされるものと考えております。 このように厳しい財政環境下ではありますが、今、徳島県は、大きく変貌しつつある社会経済情勢に的確に対応しながら、二十一世紀へ向けて活力あふれる徳島時代の実現を目指す必要があります。 したがいまして、今後の国の予算編成及び地方財政対策動向等を十分見きわめながら、行財政全般にわたる見直しや経費節減合理化に努め、限られた財源計画的かつ重点的に配分することにより、新しい環境時代の中で、「いきいきとした徳島」、「あたたかい徳島」、「個性のある徳島」を築くための予算編成に知恵を絞り、汗を流してまいりたいと考えております。 また、本県発展の基盤となる明石海峡大橋建設事業四国縦貫自動車道建設事業等について国の予算を確保するため、本県選出国会議員の御協力を得るとともに、私みずからが陣頭に立って、予算獲得に全力で取り組んでまいります。 議員各位におかれましても、格別の御支援、御協力をお願い申し上げます。 次に、今回提出いたしました案件のうち、主なものについて御説明申し上げます。 第一号議案は、町の境界変更について議決を経るものであります。 第二号議案から第九号議案までは、各種県営事業に対する受益市町村の負担金について議決を経るものであります。 第十号議案、第十二号議案、第十三号議案及び第十四号議案は、工事の請負契約について、第十一号議案及び第十五号議案は、工事の変更請負契約について、第十六号議案及び第十七号議案は、不動産取得について、第十八号議案は、不動産処分について、それぞれ議決を経るものであります。 以上、概略御説明申し上げましたが、その詳細につきましては、お手元説明書等を御参照願うこととし、また御審議を通じまして御説明申し上げたいと存じます。 十分御審議くださいまして、原案どおり御賛同賜りますようお願い申し上げます。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。   ──────────────────────── ○議長元木宏君) お諮りいたします。 明十二月三日及び十二月六日の両日は、議案調査のため、休会といたしたいと思います。 これに御異議ございませんか。   (「異議なし」と言う者あり) ○議長元木宏君) 御異議なしと認めます。 よって、さよう決定いたしました。 十二月四日及び十二月五日の両日は県の休日のため休会、十二月七日再開いたします。   ────────────────────────
    議長元木宏君) 本日は、これをもって散会いたします。      午前十時四十九分散会   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...