ツイート シェア
  1. 光市議会 2010-11-16
    2010.11.16 平成22年第5回臨時会(第1日目) 本文


    取得元: 光市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-08
    2010.11.16 : 平成22年第5回臨時会(第1日目) 本文 ( 130 発言中 0 件ヒット) ▼最初の箇所へ(全 0 箇所) - この発言をダウンロード - 全発言をダウンロード ※ヒット箇所をクリックすると、次のヒット箇所へジャンプします。 :                  午前10時0分開会   開  会 ◯議長(中本 和行君) 改めておはようございます。ただいまから平成22年第5回光市議会臨時会を開会いたします。       ───────────・────・────────────   開  議 ◯議長(中本 和行君) 直ちに本日の会議を開きます。       ───────────・────・────────────   議事日程 ◯議長(中本 和行君) 本日の議事日程はお手元に配付いたしておりますとおりでございます。       ───────────・────・────────────   日程第1.会議録署名議員の指名 ◯議長(中本 和行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、縄重議員、大樂議員、笹井議員、以上3名の方を指名いたします。  議事参与員はお手元に配付いたしておりますとおりでございますので御了承願います。       ───────────・────・────────────   日程第2.会期の決定
    ◯議長(中本 和行君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。この度の臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、この度の臨時会の会期は、本日1日と決しました。       ───────────・────・────────────   日程第3.諸般の報告 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第3、諸般の報告に入ります。  市長より報告の申し出がありましたので、この際これを許可いたします。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) 皆さん、おはようございます。それでは、お許しをいただきましたので、この度の臨時会の御審議に先立ちまして、諸般の報告をさせていただきます。  まず、職業訓練法人周南コンピュータ・カレッジの施設譲渡の受け入れについてであります。本校の運営につきましては、独立行政法人雇用・能力開発機構が平成22年度末をもって廃止されることに伴い、機構の業務としては廃止し、機構が所有する建物は地方に譲渡するとの方針が平成21年6月に示されたところであります。  譲渡の方法につきましては、当初有償が前提とされておりましたことから、これまで国や機構に対しまして、負担軽減に向けた積極的な要望活動を展開してまいりました。こうした取り組みの結果、この度機構から無償での建物の譲渡案が示され、本年11月末を期限とする譲り受けの意向確認を求められましたので、この条件による施設譲渡を受け入れることとし、近く所要の手続を行うことといたしました。  なお、周南コンピュータ・カレッジは来年度も45名の学生が在籍する見通しでありますので、雇用情勢が大変厳しい中ではありますが、引き続き学生の資格取得や就職支援に全力で取り組んでまいりたいと考えております。  次に、ひかりソフトパークの用地分譲についてであります。ひかりソフトパークへの企業誘致につきましては、長引く景気の低迷に加えて、平成19年に施行された都市計画法の改正の影響などから困難さを増しておりますが、当団地への企業誘致は、本市の重要課題の1つでありますことから、鋭意努力を重ねてきたところであります。  こうした中、平成20年から当団地に進出をしておられる株式会社フジテクノより、同社所有地に隣接する2,500平方メートルの用地取得の申し出があり、県及び県土地開発公社等との分譲に向けた協議が整いましたので、近く契約締結の運びとなっているところであります。同社では現在事業が好調でありますことから、規模拡大を図るために用地を取得し、平成25年までに建屋の完成を目指したいとのお話をお伺いいたしているところであります。市といたしましては、今後とも皆様方からの御提言や御教示をいただきながら、社会経済情勢の変化や企業等の動向を注視しつつ、ひかりソフトパークへの企業誘致に努力してまいりたいと考えておりますので、引き続き御支援、御理解を賜りたいと存じております。お願いいたします。  以上をもちまして、諸般の報告を終わります。 ◯議長(中本 和行君) 報告は終わりました。ただいまの報告に対し、質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  以上で諸般の報告を終わります。       ───────────・────・────────────   日程第4.議案第79号及び議案第80号 ◯議長(中本 和行君) これより日程第4、議案第79号及び議案第80号の2件を一括議題といたします。  本件について、提案者の説明を求めます。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) 議案第79号、光市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例は、国家公務員等の給与改定方針に準じて、議会の議員に支給する期末手当の額を本年度から0.15カ月引き下げようとするものであります。  議案第80号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、国家公務員等の給与改定方針に準じて、一般職の職員の給料を平均で0.1%引き下げるとともに、期末手当、勤勉手当を本年度から合計で0.2カ月分引き下げようとするものであります。  よろしく御審議の上、御議決賜りますようにお願い申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 説明は終わりました。これらの議案に対する質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  これらの議案は、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、総務文教委員会に付託し、審査をお願いいたします。  なお、この後、休憩をいたしますが、この休憩中にこれらの事件について総務文教委員会を開催し、審査をお願いいたします。委員会の会場につきましては、第1委員会室で開催していただきますようお願いいたします。  なお、委員会審査終了後、議事の報告の整理がつき次第再開をしたいと思いますので、御協力をよろしくお願いいたします。  それでは、ここで暫時休憩をいたします。再開は振鈴をもってお知らせをいたします。                  午前10時5分休憩       ……………………………………………………………………………                  午前11時16分再開 ◯議長(中本 和行君) 休憩前に引き続き会議を再開します。  引き続き、日程第4、議案第79号及び議案第80号の2件を一括議題といたします。  これらの事件につきましては、先ほどの休憩中に総務文教委員会において審査されておられますので、その概要と結果について総務文教委員長より報告をお願いいたします。西村総務文教委員長。 ◯19番(西村 憲治君) 先ほど本会議の休憩中、全委員出席のもと総務文教委員会を開催し、本会議から付託を受けました2件の事件につきまして審査をいたしました。その結果と概要につきまして御報告申し上げます。  まず、最初に議案第79号、光市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について、執行部からの詳細な説明を了とし、質疑・討論はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第80号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、執行部からの詳細な説明の後質疑に入り、委員より、人事院勧告のあり方や平成14年度からの連続する公務員の給与、期末手当などの引き下げ額や率などについて数点の質問がありました。質疑終結後、討論において、職員数が減少する中で、時間外労働が増えるなど労働条件が悪化し、度重なる年収減になっている。給与引き下げによって地域経済にも悪影響を及ぼしている。人事院勧告制度そのものについて、ゆがみがあることなどから反対であるとの反対討論がございました。採決の結果、議案第80号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上が総務文教委員会の審査の概要と結果でございます。 ◯議長(中本 和行君) ただいまの報告に対し、質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  以上で委員長報告は終わりました。  続いて討論に入ります。  まず、議案第79号につきまして討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第79号につきましては、先ほどの総務文教委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第79号については、委員長報告のとおり可決されました。  次に、議案第80号につきまして、討論がありましたら御発言を願います。四浦議員。 ◯9番(四浦 順一郎君) 議案第80号、光市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例に、日本共産党を代表して反対の討論を行います。  反対する理由の第1は、人事院勧告に盲目的に追随して自主性がないからであります。  公務員は労働基本権であるストライキ権を奪われて、人事院勧告制度で民間と公務員の給与、これの引下競争をさせるという構図になっていますが、これに無批判にくみするものとなっています。しかも、人事院勧告制度の中身は、4年前の自公政権のもとで打ち出された骨太方針2006による公務員人件費抑制方針に従って、官民比較の対象である民間企業を従来の従業員100人以上から、給与が低い従業員50人以上に引き下げられました。民主党を中心とする政権に代わったけれども、この方針と制度は全くそのままになっています。その上、民間企業の給与調査対象企業は1万1,100社のうち、従業員500人未満の中小企業が過半数を占めているという始末であります。  第2は、富の偏りと逆立ち経済のますますの加速について指摘したいと思います。  失われた10年などと言われておりますが、ここ10年、大企業の利益は約2.1倍に伸びました。そして、昔から隠し利益などとも言われておりました内部留保は1.6倍に伸び、逆に労働者の賃金は、派遣だとかパートだとかアルバイトという非正規雇用が増えるに伴って、逆に10年間で5.1%の下落、引き下がっているという始末であります。大企業への富の蓄積と国民の貧しさの加速、格差と貧困の進み方が国民の暮らしを苦しくしています。雇用と賃金アップで、輸出主導型の経済から内需主導型に切り替えていくことが求められています。  第3に、こうした人事院勧告制度に基づくいびつな制度のもとで、職員の収入が大幅に落ち込み、生活が脅かされていることであります。  8年前の平成14年からことしまで、人事院勧告制度に基づく給与の引き下げが繰り返され、光市職員では8年間で総額44万円も年収が引き下げられてきました。特に昨年は最大規模の年収減でありました。ことしの場合は年収7万6,000円も引き下げられるという状況にあります。3年間で職員数が26人も減らされ、時間外労働は昨年度で126時間でありました。この1年間で27時間、時間外労働が増え、頑張る職員に冷水を浴びせかけるという措置であると言わなければなりません。  第4は、言うまでもなく、光市における光市職員の規模という点でいうならば、2大企業にほぼ匹敵するといっても過言ではありません。ここの懐を冷やすということは、地域経済、まちの御商売をやられる方達などの営業にも大きな悪影響をもたらすという点も指摘して、私の反対討論を閉じたいと思います。 ◯議長(中本 和行君) ほかにありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第80号につきましては、先ほどの総務文教委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。                   〔賛成者起立〕 ◯議長(中本 和行君) 起立多数と認めます。  よって、議案題80号については委員長報告のとおり可決されました。  ここで暫時休憩をいたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。                  午前11時28分休憩       ……………………………………………………………………………                  午前11時35分再開 ◯副議長(磯部 登志恵君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。       ───────────・────・────────────   日程第5.許可第1号 ◯副議長(磯部 登志恵君) 日程第5、許可第1号、光市議会議長の辞職についてを議題といたします。  地方自治法第117条の規定により、中本議長の退席を求めます。                〔中本 和行君 退席〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) それでは、まず提出された辞職願を事務局より朗読いたさせます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) 辞職願。  今般一身上の都合により、平成22年11月16日をもって、光市議会議長を辞職したいので、地方自治法第108条の規定により許可されるよう願い出ます。  平成22年11月2日  光市議会議長 中本和行  光市議会副議長 磯部登志恵様  以上でございます。 ◯副議長(磯部 登志恵君) お諮りいたします。中本和行議員の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) 御異議なしと認めます。よって、許可第1号、中本和行議員の議長の辞職を許可することに決しました。  ここで、着席したまま休憩といたします。                  午前11時40分休憩       ……………………………………………………………………………                  午前11時47分再開 ◯副議長(磯部 登志恵君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。       ───────────・────・────────────   日程第6.選挙第1号 ◯副議長(磯部 登志恵君) ただいま、議長が欠員となっております。  これより日程第6、選挙第1号、光市議会議長の選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。
                      〔議場閉鎖〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) ただいまの出席議員数は21人であります。  投票用紙を配付いたさせます。                  〔投票用紙配付〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) 投票用紙の配付漏れはございませんでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。                  〔投票箱点検〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) 異常なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて、順次投票願います。  点呼を命じます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) それでは、議席番号と氏名を若い番号から申し上げます。              〔議会事務局次長点呼、議員投票〕       ……………………………………………………………………………      1 番  大 樂 俊 明 君      2 番  笹 井   琢 君      3 番  森 重 明 美 君      4 番  中 本 和 行 君      5 番  木 村 則 夫 君      6 番  加 藤 正 道 君      7 番  大 田 敏 司 君      8 番  木 村 信 秀 君      9 番  四 浦 順一郎 君      10番  森 戸 芳 史 君      11番  森 重 定 昌 君      12番  笠 井 弥太郎 君      13番  磯 部 登志恵 君      14番  加賀美 允 彦 君      15番  熊 野 庄 悟 君      16番  阿 部 克 己 君      17番  松 本 修 二 君      19番  西 村 憲 治 君      20番  林   節 子 君      21番  中 村 賢 道 君      22番  縄 重   進 君       …………………………………………………………………………… ◯副議長(磯部 登志恵君) 投票漏れはございませんでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  開票を行います。  光市議会会議規則第31条第2項の規定により、立会人に森重明美議員並びに笹井議員を指名いたします。よって、両議員の立会いを願います。                    〔開票〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) 選挙の結果を御報告いたします。  投票総数21票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。  そのうち、有効投票数19票、無効投票数2票。  有効投票中、中本議員19票。  以上のとおりでございます。  この選挙の法定得票数は4.75票であります。よって、中本議員が議長に当選されました。  議場の閉鎖を解きます。                 〔議場の閉鎖の解除〕 ◯副議長(磯部 登志恵君) ただいま議長に当選されました中本議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。  それでは、ここで議長に当選されました中本議員より御挨拶をお受けしたいと思います。新議長、御挨拶よろしくお願いいたします。 ◯議長(中本 和行君) このままで失礼いたします。ただいま議員の皆さん方から絶大なる御推挙をいただきまして、伝統ある光市議会の議長を拝命いたすことになりました。今はその責任の重大さと緊張感でいっぱいであります。本当に皆さんに心から感謝を申し上げたいと思います。  今非常に経済状況が悪い中で、地方自治体のあり方、役割、さらには地方議会の役割等がいろいろ叫ばれております。私達地方自治体は、今二元代表制をとっておりまして、執行部と私達は対等であります。さらには今からその緊張感を保ちながら、議会の機能を十分発揮して、いろんな諸課題に対応してまいらなければなりません。その役割を皆さんとともに一緒に協力しながら、誠心誠意努力していきたいと思いますので、さらなる御支援、御指導を賜りますようお願いを申し上げまして挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手) ◯副議長(磯部 登志恵君) 以上で挨拶は終わりました。  ここで暫時休憩いたします。再開は1時を予定しておりますのでよろしくお願いいたします。                  午後0時0分休憩       ……………………………………………………………………………                  午後1時5分再開 ◯議長(中本 和行君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。       ───────────・────・────────────   日程第7.許可第2号 ◯議長(中本 和行君) 日程第7、許可第2号、光市議会副議長の辞職についてを議題といたします。  地方自治法第117条の規定により、磯部副議長の退席を求めます。                〔磯部 登志恵君 退席〕 ◯議長(中本 和行君) それでは、まず提出された辞職願を事務局より朗読させます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) 辞職願。  今般一身上の都合により、平成22年11月16日をもって、光市議会副議長を辞職したいので、地方自治法第108条の規定により許可されるよう願い出ます。  平成22年11月2日  光市議会副議長 磯部登志恵  光市議会議長 中本和行様  以上でございます。 ◯議長(中本 和行君) お諮りいたします。磯部登志恵議員の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、許可第2号、磯部登志恵副議長の辞職を許可することに決しました。       ───────────・────・────────────   日程第8.選挙第2号 ◯議長(中本 和行君) ただいま副議長が欠員となりました。  これより日程第8、選挙第2号、光市議会副議長の選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。                   〔議場閉鎖〕 ◯議長(中本 和行君) ただいまの出席議員数は21人であります。  投票用紙を配付いたさせます。                  〔投票用紙配付〕 ◯議長(中本 和行君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。                  〔投票箱点検〕 ◯議長(中本 和行君) 異常なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて、順次投票願います。  点呼を命じます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) それでは、議席番号と氏名を若い番号から申し上げます。              〔議会事務局次長点呼、議員投票〕       ……………………………………………………………………………      1 番  大 樂 俊 明 君      2 番  笹 井   琢 君      3 番  森 重 明 美 君      4 番  中 本 和 行 君      5 番  木 村 則 夫 君      6 番  加 藤 正 道 君      7 番  大 田 敏 司 君      8 番  木 村 信 秀 君      9 番  四 浦 順一郎 君      10番  森 戸 芳 史 君      11番  森 重 定 昌 君      12番  笠 井 弥太郎 君      13番  磯 部 登志恵 君      14番  加賀美 允 彦 君      15番  熊 野 庄 悟 君      16番  阿 部 克 己 君      17番  松 本 修 二 君      19番  西 村 憲 治 君      20番  林   節 子 君      21番  中 村 賢 道 君      22番  縄 重   進 君       …………………………………………………………………………… ◯議長(中本 和行君) 投票漏れはありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  開票を行います。  光市議会会議規則第31条第2項の規定により、立会人に森重明美議員並びに笹井議員を指名いたします。よって、両議員の立会いを願います。                    〔開票〕 ◯議長(中本 和行君) 選挙の結果を報告いたします。  投票総数21票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。  そのうち、有効投票19票、無効投票2票。  有効投票中、松本議員19票。  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は4.75票であります。よって、松本議員が副議長に当選されました。  議場の閉鎖を解きます。                 〔議場の閉鎖の解除〕 ◯議長(中本 和行君) ただいま副議長に当選されました松本議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。  それでは、ここで副議長に当選されました松本議員より御挨拶をお受けいたしたいと思います。新副議長、御挨拶をお願いいたします。 ◯副議長(松本 修二君) ただいま皆様方のお力添えによりまして、副議長に当選させていただきました。身に余る光栄であり、これから一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、中本議長をバックアップしながら、皆様方と協力しながら、光市の発展のため、また、議会の発展のために全力で取り組む決意でございますので、どうか皆様方の力強い御支援をお願い申し上げまして、お礼の御挨拶に代えさせていただきます。ありがとうございました。(拍手) ◯議長(中本 和行君) 以上で挨拶は終わりました。  ここで暫時休憩をいたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。                  午後1時20分休憩       ……………………………………………………………………………                  午後5時47分再開 ◯議長(中本 和行君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。       ───────────・────・────────────   日程第9.議席の変更について ◯議長(中本 和行君) 日程第9、議席の変更を議題といたします。  お諮りいたします。議席につきましては、お手元に配付しております議席表のとおり変更することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。  ただいま申し上げました議席表のとおり議席を変更することに決しました。  議席表のとおり、ただいま御着席の議席を指定いたします。       ───────────・────・────────────   日程第10.選任第1号 ◯議長(中本 和行君) 日程第10、選任第1号、光市議会議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。  先に議会運営委員会の委員全員の方から辞任願いが提出されましたので、光市議会委員会条例第14条の規定により、これを許可いたしました。  それでは、議会運営委員会委員について、光市議会委員会条例第8条第1項の規定により、阿部議員、加賀美議員、笹井議員、大樂議員、土橋議員、中村議員、西村議員、森重定昌議員、以上8名の方を指名いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員に選任いたすことに決しました。  なお、この後、休憩いたしますが、この休憩中に、ただいま指名いたしました議会運営委員会の方々で正副委員長を互選していただきたいと思います。互選会場につきましては、第2委員会室でお願いいたします。  それでは暫時休憩いたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。                  午後5時50分休憩       ……………………………………………………………………………                  午後6時8分再開 ◯議長(中本 和行君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。  先ほどの休憩中に議会運営委員会において、正副委員長の互選をしていただきましたので、この際事務局より報告をいたさせます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) それでは報告いたします。  議会運営委員会の委員長、西村議員、同副委員長、加賀美議員。  以上でございます。 ◯議長(中本 和行君) ただいま報告いたさせましたとおりでございます。  これにて議会運営委員会の正副委員長の報告を終わります。       ───────────・────・────────────   日程第11.選任第2号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第11、選任第2号、光市議会常任委員会委員の選任を行います。  それぞれの常任委員会所属につきまして、事務局より報告いたさせます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) それでは、3つの常任委員会の委員の名前を50音順で申し上げます。  総務文教委員会、大田議員、笠井議員、加藤議員、木村信秀議員、笹井議員、土橋議員、中村議員、森重定昌議員、以上8名でございます。  市民福祉委員会、阿部議員、加賀美議員、熊野議員、中本議長、西村議員、森重明美議員、四浦議員、以上7名でございます。  環境経済委員会、磯部議員、木村則夫議員、大樂議員、縄重議員、林議員、松本副議長、森戸議員、以上7名でございます。 ◯議長(中本 和行君) お諮りいたします。ただいま報告いたしましたとおり、それぞれ常任委員に指名いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、常任委員に選任いたすことに決しました。  なお、この後休憩といたしますが、この休憩中に、ただいま指名いたしました各常任委員会の方々で正副委員長を互選していただきたいと思います。  それでは、各委員会の互選会場を申し上げます。総務文教委員会は第1委員会室、市民福祉委員会は第2委員会室、環境経済委員会は第3委員会室、以上の場所において、それぞれ正副委員長並びに議会選出各種委員のうち所管委員会から選出すべき委員について互選をしていただきますようお願いいたします。  それでは、ここで暫時休憩いたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。                  午後6時11分休憩       ……………………………………………………………………………                  午後6時31分再開 ◯議長(中本 和行君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。  先ほどの休憩中に、各常任委員会においてそれぞれ正副委員長を互選していただいておりますので、この際事務局より報告をいたさせます。蔵下事務局次長。 ◯議会事務局次長(蔵下 敏幸君) それでは、総務文教委員会の委員長から申し上げます。  総務文教委員会の委員長、木村信秀議員、同副委員長、加藤議員。  市民福祉委員会の委員長、加賀美議員、同副委員長、森重明美議員。  環境経済委員会の委員長、森戸議員、同副委員長、林議員。  以上でございます。 ◯議長(中本 和行君) 以上、報告いたさせましたとおりでございます。  これにて光市議会常任委員会委員の選任及び各常任委員会で互選された正副委員長についての報告を終わります。       ───────────・────・────────────   日程第12.選挙第3号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第12、選挙第3号、光地区消防組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思いますが、これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  ここで暫時休憩いたします。                  午後6時32分休憩       ……………………………………………………………………………                  午後6時45分再開 ◯議長(中本 和行君) 大変失礼をいたしました。休憩前に引き続き会議を再開いたします。  それでは、光地区消防組合議会議員に松本副議長、加藤議員、笹井議員、森重定昌議員及び私中本、以上5名を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました松本副議長、加藤議員、笹井議員、森重定昌議員及び私中本、以上5名を光地区消防組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました松本副議長、加藤議員、笹井議員、森重定昌議員及び私中本、以上5名が光地区消防組合議会議員に当選されました。  ただいま光地区消防組合議会議員に当選されました松本副議長、加藤議員、笹井議員、森重定昌議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。私も謹んで光地区消防組合議会議員の任をお受けいたします。  以上で選挙第3号、光地区消防組合議会議員の選挙は終わりました。       ───────────・────・────────────   日程第13.選挙第4号
    ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第13、選挙第4号、周南地区衛生施設組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  それでは、周南地区衛生施設組合議会議員に大樂議員を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました大樂議員を周南地区衛生施設組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大樂議員が周南地区衛生施設組合議会議員に当選されました。  ただいま周南地区衛生施設組合議会議員に当選されました大樂議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。  以上で選挙第4号、周南地区衛生施設組合議会議員の選挙は終わりました。       ───────────・────・────────────   日程第14.選挙第5号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第14、選挙第5号、周南地区食肉センター組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  それでは、周南地区食肉センター組合議会議員に加賀美議員を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました加賀美議員を周南地区食肉センター組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました加賀美議員が周南地区食肉センター組合議会議員に当選されました。  ただいま周南地区食肉センター組合議会議員に当選されました加賀美議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。  以上で選挙第5号、周南地区食肉センター組合議会議員の選挙は終わりました。       ───────────・────・────────────   日程第15.選挙第6号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第15、選挙第6号、周南東部環境施設組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  それでは、周南東部環境施設組合議会議員に大田議員、笠井議員、土橋議員を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました大田議員、笠井議員、土橋議員を周南東部環境施設組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大田議員、笠井議員、土橋議員が周南東部環境施設組合議会議員に当選されました。  ただいま周南東部環境施設組合議会議員に当選されました大田議員、笠井議員、土橋議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。大変失礼いたしました。土橋議員が議場におられませんがよろしくお願いいたします。  以上で選挙第6号、周南東部環境施設組合議会議員の選挙は終わりました。       ───────────・────・────────────   日程第16.選挙第7号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第16、選挙第7号、光地域広域水道企業団議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  それでは、光地域広域水道企業団議会議員に阿部議員、笹井議員、大樂議員及び私中本の4名を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました阿部議員、笹井議員、大樂議員及び私中本4名を光地域広域水道企業団議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました阿部議員、笹井議員、大樂議員及び私中本4名が光地域広域水道企業団議会議員に当選されました。  ただいま光地域広域水道企業団議会議員に当選されました阿部議員、笹井議員、大樂議員が議場におられますので、本席から光市議会会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。私も謹んで光地域広域水道企業団議会議員の任をお受けいたします。  以上で選挙第7号、光地域広域水道企業団議会議員の選挙は終わりました。       ───────────・────・────────────   日程第17.議案第81号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第17、議案第81号を議題といたします。  地方自治法第117条の規定により、中村議員の退場を求めます。                〔中村 賢道君 退席〕 ◯議長(中本 和行君) この議案について、市長の説明を求めます。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) 議案第81号は、光市監査委員の選任についてお諮りをするものであります。これは、議員のうちから選任をしている監査委員の松本修二氏から辞職の申し出があり、これを承認したので、後任の委員として中村賢道氏を選任しようとするものであります。  よろしく御審議の上、御同意賜りますようにお願いを申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 以上で説明は終わりました。この議案に対する質疑がありましたらお願いいたします。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  お諮りいたします。この議案は委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、この議案は委員会付託を省略いたすことに決しました。  続いて討論に入ります。討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第81号につきまして、同意いたすことに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第81号につきましては同意されました。       ───────────・────・────────────   日程第18.議案第82号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第18、議案第82号を議題といたします。  本件について、市長の説明を求めます。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) 議案第82号は、光市公平委員会委員の選任についてお諮りをするものであります。これは、現委員の矢倉茂生氏の任期が平成22年11月24日をもって満了いたしますので、後任の委員として、引き続き同氏を選任しようとするものであります。  よろしく御審議の上、御同意賜りますようにお願い申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 説明は終わりました。この議案に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  お諮りいたします。この議案につきましては委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、この議案は委員会付託を省略いたすことに決しました。  続いて討論に入ります。討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第82号につきましては同意いたすことに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第82号につきましては同意されました。       ───────────・────・────────────   日程第19.議案第83号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第19、議案第83号を議題といたします。  本件について、市長の説明を求めます。市川市長。
    ◯市長(市川  熙君) 議案第83号は、光市固定資産評価審査委員会委員の選任についてお諮りをするものであります。これは現委員全員の任期が平成22年11月24日をもって満了いたしますので、後任の委員として、引き続き大木強史氏、高木健守氏、中野隆氏、久保田肇氏、龍角信夫氏、石丸志伸氏を選任しようとするものであります。  よろしく御審議の上、御同意賜りますようにお願い申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 説明は終わりました。この議案に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  お諮りいたします。この議案につきましては委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、この議案は委員会付託を省略いたすことに決しました。  続いて討論に入ります。討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第83号につきましては同意いたすことに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第83号につきましては同意されました。       ───────────・────・────────────   日程第20.議案第84号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第20、議案第84号を議題といたします。  本件について、市長の説明を求めます。市川市長。 ◯市長(市川  熙君) 議案第84号は、光市教育委員会委員の任命についてお諮りをするものであります。これは現委員の河村博明氏の任期が平成22年11月24日をもって満了いたしますので、後任の委員として、引き続き同氏を任命しようとするものであります。  よろしく御審議の上、御同意賜りますようにお願い申し上げます。 ◯議長(中本 和行君) 説明は終わりました。ただいまの議案に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ質疑を終結いたします。  お諮りいたします。この議案につきましては委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、この議案は委員会付託を省略いたすことに決しました。  続いて討論に入ります。討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。議案第84号につきましては同意いたすことに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、議案第84号につきましては同意されました。       ───────────・────・────────────   日程第21.推薦第1号 ◯議長(中本 和行君) 次に、日程第21、推薦第1号を議題といたします。  地方自治法第117条の規定により、磯部議員の退場を求めます。                〔磯部 登志恵君 退席〕 ◯議長(中本 和行君) お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、光市農業委員会委員に磯部議員を推薦いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(中本 和行君) 御異議なしと認めます。よって、光市農業委員会委員に磯部議員を推薦いたすことに決しました。       ───────────・────・────────────   閉  会 ◯議長(中本 和行君) 大変議事進行に不手際がありましたことをおわび申し上げます。  以上で本日の日程はすべて終了いたしました。  これをもちまして、平成22年第5回光市議会臨時会を閉会いたします。  本日は大変お疲れさまでございました。                  午後7時3分閉会       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。                     光市議会議長   中 本 和 行                     光市議会副議長  磯 部 登志恵                     光市議会議員   縄 重   進                     光市議会議員   大 樂 俊 明                     光市議会議員   笹 井   琢...