光市議会 > 2007-06-29 >
2007.06.29 平成19年第2回定例会(第5日目) 本文
2007.06.29 平成19年第2回定例会(第5日目) 名簿

ツイート シェア
  1. 光市議会 2007-06-29
    2007.06.29 平成19年第2回定例会(第5日目) 本文


    取得元: 光市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-08
    2007.06.29 : 平成19年第2回定例会(第5日目) 本文 ( 30 発言中 0 件ヒット) ▼最初の箇所へ(全 0 箇所) - この発言をダウンロード - 全発言をダウンロード ※ヒット箇所をクリックすると、次のヒット箇所へジャンプします。 :                  午前10時0分開議   開  議 ◯議長(市川  熙君) 皆さん、おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。       ───────────・────・────────────   議事日程 ◯議長(市川  熙君) 本日の議事日程はお手元に配付いたしておりますとおりでございます。       ───────────・────・────────────   日程第1.会議録署名議員の指名 ◯議長(市川  熙君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、松本議員、林議員、中村議員、以上3名の方を指名いたします。       ───────────・────・────────────   日程第2.議案第74号〜議案84号・平成17年請願第1号 ◯議長(市川  熙君) 日程第2、議案第74号から議案第84号まで並びに平成17年請願第1号の12件を一括議題といたします。  これらの事件につきましては、昨日までの休会中に、それぞれの常任委員会において審査されていますので、その概要と結果について、各常任委員長より順次御報告を願います。  まず、環境民生委員長よりお願いいたします。中村環境民生委員長。 ◯13番(中村 賢道君) 皆さん、おはようございます。
     では、早速ですけど、環境民生委員会の報告をいたします。  休会中の去る6月21日、環境民生委員会を開催し、付託事件について審査を行いましたので、御報告いたします。  最初に、病院局所管分について御報告いたします。  今回付託事件はありませんでしたが、その他所管事務調査において、1、平成18年度光市病院事業決算の概要、2、光市病院事業整備計画の概要の2件の報告がありました。  続きまして、福祉保健部所管分について御報告いたします。  まず、議案第80号、光市牛島診療所条例の一部を改正する条例を議題とし、執行部より詳細な説明の後、委員より数件の質疑がありましたので、主なものを御報告いたします。  牛島診療所の利用者数と人口数の問いに対し、平成18年度実質診療日は193日で、延べ診療人数は2,871人であり、1日平均14人から15人である。人口は約74から75人ぐらいとの答弁があり、また、医師及び看護師の雇用形態や、不在時の緊急対応について質したのに対し、医師は非常勤での雇用、看護師は引続き雇用し、当直もお願いしている。緊急時は、医師、看護師に連絡をとりながら、状況に応じ消防署等に連絡をし、救急車の配備等の対応に努めるとの答弁があり、討論はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、福祉保健部所管分及び議案第78号、平成19年度光市介護保険特別会計補正予算(第1号)をそれぞれ議題とし、執行部より詳細な説明を了とし、質疑、討論はなく、採決の結果、議案第74号のうち福祉保健部所管分及び議案第78号については、それぞれ全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  続きまして、市民部所管分について御報告いたします。  まず、議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、税務課及び地域づくり推進課を除く市民部所管部分を議題とし、執行部より説明の後、委員より、後期高齢者医療制度の進捗状況についての問いに対し、平成20年4月に創設される後期高齢者医療制度については、広域連合が中心となり、様々な準備作業や取組事項などの検討、協議を行っている。給付、資格、電算の3分野については、広域連合と市、町職員で構成するワーキンググループを立ち上げ、各市、町の実態や意見を聞きながら、決められるものから決めている段階である。保険料率や、支援金の算出方法は、11月の広域連合議会で決定の予定。また、新制度発足に伴う被保険者データの移行や処理などが円滑に行われるよう、電算システムの構築、改修等の準備を進めている状況であるとの答弁があり、委員より、今後議会に経過報告をされるようにとの要望があり、討論はなく、採決の結果、議案第74号のうち、税務課及び地域づくり推進課を除く市民部所管分については、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第75号、平成19年度光市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)及び議案第77号、平成19年度光市老人保健特別会計補正予算(第2号)をそれぞれ議題とし、執行部よりの説明を了とし、質疑、討論はなく、採決の結果、議案第75号及び議案第77号については、それぞれ全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、環境部所管分についてですが、今回、付託事件はありませんでした。  以上が、環境民生委員会における付託事件審査の概要と結果です。  以上で報告を終わります。 ◯議長(市川  熙君) ただいまの報告に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) なければ質疑を終結いたします。  次に、建設経済委員長よりお願いいたします。磯部建設経済委員長。 ◯6番(磯部 登志恵君) それでは御報告申し上げます。  休会中の去る6月22日、建設経済委員会を開催し、付託されました議案の審査を行いましたので、その概要と結果について御報告申し上げます。  まず、水道局関係の審査ですが、議案第76号、平成19年度光市簡易水道特別会計補正予算(第1号)を議題といたしました。執行部の説明の後、委員より前年度繰越金の内訳についての問いに対し、内容は、予備費の400万円と、その他は経費削減によるもので、合計600万円となるとの答弁がございました。その後、質疑を終結し、討論はなく、全会一致で議案第76号、平成19年度光市簡易水道特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決すべきものと決しました。  続きまして、建設部及び環境部の一部、下水道課関係の審査に入り、議案第83号、市道路線の廃止について及び議案第84号、市道路線の認定についてを関連があるため一括議題といたしました。執行部の詳細な説明の後、委員より1点目、旧市道から新たな認定となる路線で全く廃止される箇所がある旧鶴羽山線の接続部分の草刈り等維持管理は今後どうするのかと質したのに対し、歩道橋は虹ケ丘森ケ峠線の道路施設として、また、草刈り等の維持管理についても市の方で行うとの答弁がありました。2点目、栄下線について、終点側にある1件のために道路新設となるのはどうなのか。受益者がやるべき箇所ではないのか。市内には、救急車両等が入らない市道もかなり残っている中、なぜかと質したのに対し、将来、ソフトパークから中村町を結ぶ道路と接合していく計画があるためであるとの答弁がありました。それに対し、災害対応の拡幅が必要な道路が数多く残っている中で、このような計画がいいのか、さらに受益者一人が対象となるような箇所は、幅員3メートルでも良い箇所と思われるので、認定から工事に入る前に見直してもらいたいとの要望がありました。3点目、大和地域の道路の現状の調査及び整備計画の取組みについて、3月議会においても質したがその後の対応はどうかと質したのに対し、旧光市において市道認定基準は4メートルであるが、旧大和町においては認定基準が幅員3メートルであったため、まずは道路環境施設調査を行った。現在、市道認定されている大和地域の道路は202路線あるが、そのうち、4メートル以上が47路線、それ以下が155路線であった。この155路線について、受益戸数、道路の現状把握を行うとともに、将来の交通予測や、今後整備すること等を視野に入れての調査を行ったとの答弁がございました。将来、大和地域は、光地域に比べて道路整備が必要であるのでお願いしたいとの要望がありました。さらに、安全管理等が確認できるよう、土地利用図の専門的な図面を閲覧できるようにしてほしいとの要望もありました。質疑を終結し、討論はなく、全会一致で議案第83号、市道路線の廃止について及び議案第84号、市道路線の認定についての2件は、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。  その他、所管事務調査の項で、平成19年度県営事業工事計画箇所一覧表及び冠山総合公園次期整備基本計画等の報告がありました。  次に、経済部関係の審査に入り、議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、経済部所管分を議題といたしました。執行部の説明の後、質疑、討論はなく、全会一致で議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、経済部所管分は、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上が、建設経済委員会の審査の概要と結果でございます。 ◯議長(市川  熙君) ただいまの報告に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) なければ質疑を終結いたします。  最後に、総務文教委員長よりお願いいたします。松本総務文教委員長。 ◯11番(松本 修二君) おはようございます。それでは、御報告申し上げます。  休会中の去る6月25日、総務文教委員会を開催し、本会議から付託を受けました事件につきまして審査を行いましたので、その概要と結果につきまして御報告申し上げます。  まず、教育委員会所管分から申し上げます。  議案第82号、損害賠償の額を定め、和解を行うことについて、執行部からの説明の後、委員から、公共施設に設置の遊具等の安全管理面において、本件の今後の教訓として、その対策に当たられたいとの要望がありましたが、討論はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、教育委員会所管分を議題とし、執行部からの説明の後、質疑に入り、委員から、歳入と歳出に係る補正予算の差額についての問いに対しては、医療費自己負担分に関わるもので、既に支払ったものであるとの答弁、質疑終結後、討論はなく、採決の結果、議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、教育委員会所管分については、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、総務部及び消防担当部所管分について申し上げます。議案第79号、光市非常勤職員の報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第81号、光市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例及び議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、総務部及び消防担当部所管分については、いずれも執行部の説明を了とし、質疑、討論はなく、採決の結果、議案第79号、光市非常勤職員の報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第81号、光市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例、及び議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、総務部及び消防担当部所管分の3件は、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、政策企画部及び市民部の一部所管分について申し上げます。  議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、政策企画部所管分についてでありますが、執行部からの説明を了とし、質疑、討論はなく、採決の結果、議案第74号、平成19年度光市一般会計補正予算(第1号)のうち、政策企画部所管分は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、継続審査事件であります平成17年度請願第1号、上関原発建設反対を求める請願書を議題とし、関係所管から3月定例会以降の原発に関する動向報告の後、討議に入り、3月定例会以降わずか3カ月の間に、原発に関わる事故やデータ改ざん、隠ぺい等々多々生じていることにも見られるが、こうしたことは原発を取り巻く企業体質そのものであり、これを何とかするためにも採択を望む。2番目としまして、地元上関町の今後の動向も視野に入れた上での判断が必要であり、引き続き調査をしたい。3番目、原発問題は、絶対安全が前提であるが、こと重要な課題であり、慎重に対処し、継続して勉強する必要があるといった意見提出がありました。複数委員から継続して審査の動議を諮ったところ、全員異議なく、継続審査とすることに決しました。よって、会議規則第104条の規定に基づき、その旨、議長に申し出たところであります。  以上が本委員会における審査の概要と結果であります。  以上です。 ◯議長(市川  熙君) ただいまの報告に対し質疑がありましたら御発言願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) なければ質疑を終結いたします。  以上で常任委員長報告を終わります。  ただいま、総務文教委員長からの報告にありましたように、平成17年請願第1号につきましては、光市議会会議規則第104条の規定に基づき、継続審査の申出がありました。よって、お諮りをいたします。平成17年請願第1号については、総務文教委員長からの申出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) 御異議なしと認めます。よって、平成17年請願第1号につきましては、総務文教委員長からの申出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。  次に、先ほど継続審査に付することに決しました平成17年請願第1号を除く、議案第74号から議案第84号までの11件につきましては、いずれも討論の通告はありませんので、討論を終結し、これより一括して採決をいたします。  お諮りいたします。議案第74号から議案第84号までの11件につきましては、各常任委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) 御異議なしと認めます。よって、議案第74号から議案第84号までの11件については、各常任委員長報告のとおり可決されました。       ───────────・────・────────────   日程第3.意見書案第6号 ◯議長(市川  熙君) 次に、日程第3、意見書案第6号を議題といたします。  この議案について、提出者の説明を求めます。中本議員。 ◯24番(中本 和行君) それでは、意見書案第6号につきまして御提案申し上げます。  意見書案第6号は、異常気象による災害対策や地球温暖化対策の強化・拡充を求める意見書についてであります。  このところ異常気象が頻発し、温帯低気圧が台風並みに猛威を振るい、さらには集中豪雨や竜巻の頻発などにより多くの人命が失われ、家屋や農産物にも甚大な被害をもたらしております。このような状況下、環境立国を目指す日本は、確実に地球環境をむしばんでいる地球温暖化を防止するための抜本的な施策を講ずべきであり、以上の観点から、1つ、集中豪雨等による災害に強い堤防や、道路等の基盤整備や、海岸浸食対策の積極的推進。2つ、集中豪雨や竜巻等の局地予報体制の充実を図るとともに、緊急避難が無事できるような体制の確立。3つ、学校施設や事務所等の屋上緑化、壁面緑化等、環境に優しいエコスクールの推進、自然エネルギーの積極的活用など5項目について、政府に強く要望するものであります。  以上、御提案申し上げますので、御賛同賜りますようよろしくお願いいたします。 ◯議長(市川  熙君) 説明は終わりました。  ただいまの説明に対し質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) なければ質疑を終結いたします。  お諮りいたします。この議案につきましては委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) 御異議なしと認めます。よって、この議案は、委員会付託を省略いたすことに決しました。  続いて討論に入ります。討論がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) なければ討論を終結し、これより採決をいたします。  お諮りいたします。意見書案第6号は、原案のとおり可決いたすことに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) 御異議なしと認めます。よって、意見書案第6号は原案のとおり可決されました。       ───────────・────・────────────   日程第4.第8回山口県市議会議員研修会における議員派遣について ◯議長(市川  熙君) 次に、日程第4、第8回山口県市議会議員研修会における議員派遣についてを議題といたします。  これは、8月28日、長門市において全議員参加の下、議員研修を受講するものであります。  お諮りいたします。この研修会は、光市議会会議規則第159条の規定による議員派遣といたすことに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) 御異議なしと認めます。よって、この研修会は、光市議会会議規則第159条の規定による議員派遣といたすことに決しました。  お諮りいたします。ただいま、市長より報告第12号が追加提出されました。これを日程に追加し、追加日程第5として議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) 御異議なしと認めます。よって、報告第12号を日程に追加し、追加日程第5として議題といたすことに決しました。       ───────────・────・────────────   追加日程第5.報告第12号 ◯議長(市川  熙君) 追加日程第5、報告第12号を議題といたします。  本件について、市長の説明を求めます。末岡市長。 ◯市長(末岡 泰義君) 報告第12号、自動車事故に係る損害賠償の額を定める専決処分の報告については、平成19年5月20日午後3時頃、周南市の国道2号桜木町交差点上り車線を、本市経済部職員が公用車で運転中、過失により、信号待ちの前方の車の後部バンパーに追突をし、損害を与えたことによる市の過失割合を10割とし、その損害賠償の額を19万2,198円と定め、平成19年6月12日に専決処分したことを御報告するものであります。御理解を賜りますようお願い申し上げます。 ◯議長(市川  熙君) 説明は終わりました。  この報告について質疑がありましたら御発言を願います。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(市川  熙君) なければ質疑を終結いたします。  以上で報告第12号を終わります。       ───────────・────・────────────   閉  会 ◯議長(市川  熙君) 以上で本日の日程は全て終了いたしました。  これをもちまして、平成19年第2回光市議会定例会を閉会いたします。  御協力ありがとうございました。                  午前10時25分閉会       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。                     光市議会議長   市 川   熙                     光市議会議員   松 本 修 二                     光市議会議員   林   節 子                     光市議会議員   中 村 賢 道...