光市議会 > 2002-06-24 >
2002.06.24 平成14年第3回定例会(第4日目) 名簿
2002.06.24 平成14年第3回定例会(第4日目) 本文

ツイート シェア
  1. 光市議会 2002-06-24
    2002.06.24 平成14年第3回定例会(第4日目) 名簿


    取得元: 光市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-08
    2002.06.24 : 平成14年第3回定例会(第4日目) 名簿 ( 1 発言中 0 件ヒット) ▼最初の箇所へ(全 0 箇所) - この発言をダウンロード - 全発言をダウンロード ※ヒット箇所をクリックすると、次のヒット箇所へジャンプします。 : 6月24日  (月)                  会   議   録 ○ 開議・休憩・再開・閉会の時間       開議  午前10時00分      再開  午前10時35分       休憩  午前10時20分      閉会  午前10時40分                        本会議時間  25分 ○ 出席議員及び欠席議員の氏名  ・ 出席議員(18名)      1 番  四 浦 順一郎 君       2 番  森 重 明 美 君      3 番  中 村 賢 道 君       4 番  中 本 和 行 君      5 番  磯 部 登志恵 君       6 番  縄 重   進 君      7 番  守 田   勉 君       8 番  今 村 鐵 雄 君      9 番  松 本 修 二 君       10番  阿 部 克 己 君
         11番  河 村 龍 男 君       12番  市 川   熙 君      13番  国 広 忠 司 君       14番  泉 屋   孝 君      15番  藤 田 一 司 君       16番  森 永 教 文 君      17番  稗 田 泰 久 君       18番  西 村 憲 治 君  ・ 欠席議員(なし)  ・ 欠  員(なし) ○ 説明のため出席した者の職氏名    市   長    末 岡 泰 義 君    助   役    重 岡 靖 彦 君    収 入 役    田 中 治 之 君    教 育 長    吉 田 師 郎 君    水道局長     松 岡 一 孝 君    消防担当部長   中 村 直 美 君    企画情報部長   杉 村 博 三 君    総務部長     津 村 秀 雄 君    環境市民部長   木 本 政 和 君    福祉保健部長   大久保 宏 也 君    経済部長     久 保 勝 史 君    建設部長     松 浦 邦 弘 君    下水道担当次長  藤 井 健 治 君    教育次長     高 光 之 夫 君    市立病院事務局長 田 中   修 君    企画課長     大 川 博 幸 君    総務課長     山 本 茂 利 君    財政課長     前 田 桂 志 君 ○ 出席した事務局職員の職氏名    局   長    岡 村 峻 司 君    次   長    上 田 雅 美 君 ○ 議事日程・会議に付した事件名    日程第1 会議録署名議員の指名    日程第2 議案第37号 平成14年度光市一般会計補正予算(第1号)         議案第38号 平成14年度光市下水道事業特別会計補正予算(第1号)         議案第39号 平成14年度光市老人保健特別会計補正予算(第1号)         議案第40号 平成14年度光市介護保険特別会計補正予算(第1号)         議案第41号 光市職員退職年金条例等の一部を改正する条例等の一部を改正す               る条例         議案第42号 光市都市公園条例の一部を改正する条例         議案第43号 光市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正               する条例         議案第44号 光市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例         議案第45号 市道路線の認定について    日程第3 議員提出議案第4号 光市議会常任委員会等の調査事項について    日程第4 議員提出議案第5号 合併調査特別委員会の設置について    日程第5 意見書案第2号 「自然再生推進法(仮称)」の早期制定を求める意見書の件                 について         決議案第1号 市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議について    日程第6 第3回山口県市議会議員研修会における議員派遣の件について ○ その他    会議の次第は次のとおりである。...