尾道市議会 > 2016-03-15 >
平成28年 3月15日 議会運営委員会

ツイート シェア
  1. 尾道市議会 2016-03-15
    平成28年 3月15日 議会運営委員会


    取得元: 尾道市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-16
    平成28年 3月15日 議会運営委員会             議 会 運 営 委 員 会 会 議 録               平成28年3月15日〇本日の会議に付した事件 議会の運営に関する事項〇出席委員 〔◎委員長  〇副委員長〕     ◎ 柿 本 和 彦            〇 城 間 和 行       二 宮   仁              岡 野 斉 也       加 納 康 平              岡 野 長 寿       山 根 信 行              宇根本   茂       巻 幡 伸 一              杉 原 孝一郎〇欠席委員 なし〇委員外出席者       高 本 訓 司              山 戸 重 治       宮 地 寛 行              星 野 光 男       大 崎 延 次              石 森 啓 司       吉 和   宏              田 頭 敬 康       福 原 謙 二              魚 谷   悟       前 田 孝 人              吉 田 尚 徳       新 田 賢 慈              飯 田 照 男       檀 上 正 光              荒 川 京 子〇説明員    総務部長兼参事(庁舎整備担当)    総務課長    中 津 康 徳            大 崎 多久司〇事務局出席者    事務局長    田 房 宏 友    事務局次長   小 林 巨 樹    事務局次長補佐兼議事調査係長     議事調査係主任 谷 川 瑞 佳            加 來 正 和    議事調査係主任 森 本 祥 子  ────────────────── *──────────────────                午前10時0分 開議 ○委員長(柿本和彦) 皆さんおはようございます。 委員の皆様おそろいですので、ただいまより議会運営委員会を開議いたします。 お手元にお配りをしております資料に沿って進めさせていただきます。 1、議事日程について。 本日の議事日程につきましては、別紙議事日程第7号をお配りしているかと思いますが、委員の皆様、この日程でよろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) それでは、そのように決定いたします。 2、日程第1(人権擁護委員の候補者の推薦)について。 (1)議案第104号人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を聞くことについて、(2)議案第105号同じく、(3)議案第106号同じく、(4)議案第107号同じく、(5)議案第108号同じく、(6)議案第109号同じくであります。日程第1の人権擁護委員の候補者の推薦について、各会派の態度を確認いたしたいと思います。 なお、態度表明の方法につきましては一括挙手にて行いたいと思いますが、よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) それでは、6案に賛成の委員の挙手を求めます。                〔賛成者挙手〕 ○委員長(柿本和彦) ありがとうございます。全会一致の賛成を確認いたしました。 続いて、6案に対する質疑はございますか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なしということで確認をいたします。 次に、6案に対する討論はございますか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なしということで確認をいたします。 次に、採決方法につきましては一括簡易ということでよろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) それでは、そのようにさせていただきます。 3、修正案について。 (1)議案第28号平成28年度尾道市一般会計予算に対する修正案。 前回の議会運営委員会におきまして修正案のほうが提案説明されましたが、まず前回確認をしておりませんが、提案者はどなたにされますでしょうか。 杉原委員。 ◆杉原孝一郎委員 前田議員が行います。 ○委員長(柿本和彦) それでは、提案者は前田議員ということで確認をさせていただきます。 ただいまの議案第28号平成28年度尾道市一般会計予算に対する修正案について、各会派の態度を確認したいと思います。 なお、態度表明の方法につきましては挙手にて行いたいと思いますが、よろしいでしょうか。 巻幡委員。 ◆巻幡伸一委員 済いません。うちの創生会は、現段階においてはまだ会派としての態度は決まっておりませんので、本会議場においてその態度をあらわすということになるかもわかりません。 ○委員長(柿本和彦) ただいま創生会のほうにそういった御発言がございましたので、他の会派につきまして、順次態度を確認をしたいと思います。 それでは、誠友会、二宮委員。 ◆二宮仁委員 誠友会は修正案に反対をいたします。 ○委員長(柿本和彦) 親和会、山根委員。 ◆山根信行委員 親和会も反対でございます。 ○委員長(柿本和彦) 公明党、加納委員。 ◆加納康平委員 私のほうも修正案については反対をさせていただきます。 ○委員長(柿本和彦) 市民連合、城間委員。 ◆城間和行委員 反対です。 ○委員長(柿本和彦) 日本共産党、岡野長寿委員。 ◆岡野長寿委員 修正案に賛成します。 ○委員長(柿本和彦) 次に、本修正案に対する質疑はございますでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 それでは、ないということで確認をさせていただきます。 続いて、本修正案に対する討論はございますか。 山根委員。
    ◆山根信行委員 親和会は討論を、宮地議員が行います。 ○委員長(柿本和彦) ほかに討論はございますか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 それでは、討論につきましては、親和会宮地議員が行うということで確認をさせていただきます。 次に、採決方法につきましては、起立ということでよろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) なお、この採決方法につきましては、後ほど4のところで詳細に説明をさせていただきます。 4、日程第2(新年度各会計予算及び関連議案等76案)について、確認をさせていただきます。 委員長報告に対する質疑はなし、討論につきましては、日本共産党の魚谷議員、誠友会の吉和議員、尾道未来クラブの前田議員、先ほど親和会の宮地議員のほうで修正案に対する討論ということがございましたので、続いて親和会の宮地議員、続いて市民連合の檀上議員の順で行います。皆様よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) 次に、採決方法につきましては、別紙をお配りしていると思います。別紙1、別紙2で確認をさせていただきます。 それでは、別紙1をまずごらんください。 日程第2の補正予算、条例案等76案の議事進行につきまして御説明をさせていただきます。 まず最初に、議長より議題が宣告され、予算特別委員長より委員長報告が行われます。その後、修正案について議長より提出者に説明を求められ、提出者より提案理由の説明がされ、委員長報告及び修正案に対する質疑になります。 質疑が終結しますと次は討論となりますが、この討論につきましては原案76案と修正案に対する一括討論になります。討論が終結いたしますと採決に入るわけですが、次の6に記載してありますように、まず議案第28号を起立採決、続いて7に記載してありますように議案第40号、議案第80号、議案第81号、議案第101号、議案第102号、議案第103号を一括起立採決し、最後に残り69案を一括簡易で採決することになります。 議案第28号の採決方法につきましては、別紙2で御説明をさせていただきます。別紙2をごらんください。 まず、修正案を起立で採決しますが、この場合、修正案に賛成の方が起立、反対の方は着席のままとなります。 次に、修正案が可決された場合と否決された場合で変わってきますが、まず修正案が可決された場合を説明いたしますと、原案について修正可決された部分を除く部分を簡易採決いたします。一方、修正案が否決された場合は、原案全体を起立で採決いたします。 以上が日程第2の議事進行となりますので、よろしくお願いいたします。 委員の皆様、以上でよろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) それでは、そのようにお願いいたします。 5、陳情要望について。 別紙お配りしていると思います。一覧表のとおり、1件の要望と3件の陳情がございましたので、本会議で報告することでよろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) それでは、そのようにさせていただきます。 6、日程第3(意見書案)について確認をさせていただきます。 (1)建第2号議案奨学金制度の充実を求める意見書(案)につきましては、提出者が城間議員、賛成者は各会派代表者。 (2)建第3号議案ヘイトスピーチを禁止する法律の制定等の対策強化を求める意見書(案)につきましては、提出者が檀上議員、賛成者は市民連合が城間議員、他の会派につきましては賛成された各会派の代表者となります。 (3)建第4号議案軽減税率の円滑な導入に向け事業者支援の強化などを求める意見書(案)につきましては、提出者が福原議員、賛成者は公明党が加納議員、他の会派におかれましては賛成された各会派代表者。 (4)建第5号議案児童虐待防止対策の抜本強化を求める意見書(案)につきましては、提出者が荒川議員、賛成者は賛成された各会派代表者となります。 以上、一括上程後、質疑につきましては建第4号議案におきまして日本共産党の岡野長寿議員が行い、討論は建第4号議案について日本共産党の岡野長寿議員が同じく行われます。 採決方法は、最初に建第3号議案を起立採決、次に建第4号議案を起立採決、次に建第5号議案を起立採決後、最後に建第2号議案を簡易採決いたしたいと思いますが、委員の皆様、よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) それでは、そのようにお願いいたします。 7、その他。 私からは特にございませんが、委員の皆様で何かございますか。 杉原委員。 ◆杉原孝一郎委員 ちょっと問題提起なんですが、本来議員の意思決定は討論を聞いてそこで行うというのが議会のあり方だろうと思うんです。討論を聞いた上で各議員がどういう意思決定をするかと。ところが、今までもそうです、きょうもそうですけれども、討論を聞く前に各会派で賛否の意思決定を先に求めるというのが、本来の議会のあり方でいいのかどうかということを考えて、今まではこれであったからということで今流れとると思うんですが、今一連の聞きながら、例えば修正議案についてもどういう内容で話されるのかわからない、どういうことを言われるかわからないまま、先にもう自分たちの態度は決めてるんだと言えば、討論というのはこれは形骸化というか、全く意味をなさないという、単なるセレモニーになってしまうという。その点を我々議員は一人一人がどういう場であるかということをもう一度考えないと、せっかく議会改革ということで漸進的な条例案をつくりましたけれども、全く中身が伴っていないということにもなりかねんのんで、あえてこの場で提議をして、今後早い機会にそういったものも、この議運なら議運でも結構ですから、議題にのぼらせてどういうあり方が一番ベスト、ベターであるかをやっていただきたいと思います。そういうぐあいに、議論する前に意思決定するというのは本来のあり方ではないということを申し上げておきます。 ○委員長(柿本和彦) ただいまの杉原委員の発言に対して。 山根委員。 ◆山根信行委員 ちょっと確認をさせてください。 今、杉原委員さんのほうから御提案があった件について、確認をして会派としても持ち帰ってお話をしときたいと思うんですが、提案理由の説明が既に行われておりますよね。書面も出ております。そういうことで、一応提案されとる案件について、事件については我々も承知をいたしたところで、あえて本会議場で討論を、逐一聞くのが大変望ましいことでしょうが、あくまでも討論というのは賛成を促す、提案者から議案に対して賛成を促すという意味が含まれているそうでございますので、非常にわかりやすい提出をされておりますので、私はこの件につきまして、あえて討論をお聞きしなくても十分に意思が伝わっておりますので、我が会派としてはそういう態度を表明しておりますということをつけ加えておきます。ありがとうございました。 ○委員長(柿本和彦) 杉原委員。 ◆杉原孝一郎委員 私が言ったのは、本件に限らずという意味で。ほんで、議会のしおりにもあるように、そこの欄をお読みになったらわかると思うんですが、討論を聞いて意思決定するということにちゃんとうたわれております。だから、それを尊重していくんが我々の本来のあり方じゃないかということを申し上げているんです。 以上です。 ○委員長(柿本和彦) 何かほか御意見ございますでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 それでは、ただいま杉原委員のほうよりいただいた問題提起につきましては、今後どのように取り扱っていくか、また議長、副議長とも相談して、今後の議会運営委員会のほうで報告をさせていただきたいというふうに思いますが、よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(柿本和彦) ほか、皆様のほうで何かございますか。 二宮委員。 ◆二宮仁委員 確認をしたいことがあります。ちょっと休憩をしていただきたい。 ○委員長(柿本和彦) それでは、暫時休憩いたします。                午前10時16分 休憩  ────────────────── *──────────────────                午前10時16分 再開 ○委員長(柿本和彦) 引き続き会議を続行いたします。 ほか、何か委員の皆様ございますか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ないようですので、以上をもちまして議会運営委員会を散会いたします。御苦労さまでした。                午前10時16分 散会  ────────────────── *──────────────────   尾道市議会委員会条例第28条の規定によりここに署名又は記名押印する。     尾道市議会議会運営委員会委員長...