運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 尾道市議会 2007-09-14
    平成19年 9月14日 議会運営委員会


    取得元: 尾道市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-16
    平成19年 9月14日 議会運営委員会             議 会 運 営 委 員 会 会 議 録               平成19年9月14日〇本日の会議に付した事件 議会の運営に関する事項〇出席委員 〔◎委員長  〇副委員長〕     ◎ 杉 原 孝一郎            〇 吉 田 尚 徳       岡 野 孝 志              吉 和   宏       飯 田 照 男              村 上 弘 二       山 戸 重 治              魚 谷   悟       加 納 康 平              三 浦 幸 広〇欠席委員 なし〇委員外出席者       井 上 文 伸              田 頭 弘 美       宮 地 寛 行              佐々木 智 朗       内 海 龍 吉              福 原 謙 二       三 木 郁 子              山 根 信 行       新 田 隆 雄              高 本 訓 司       新 田 賢 慈              山 中 善 和       城 間 和 行              檀 上 正 光       奥 田 徳 康              荒 川 京 子〇説明員    総務部長    細 谷 正 男    総務課長    井 上 俊 郎〇事務局出席者    事務局長    門 田 昭一郎    事務局次長   山 本 英 明    議事調査係長  西 原 利 昭    議事調査係主任 村 上 真由美    議事調査係主事 森 本 祐 二  ────────────────── *──────────────────                午後3時40分 開議 ○委員長(杉原孝一郎) 委員がそろいました。皆さん、きょう大変お疲れでしょうが、もう一仕事よろしくお願いします。 それでは、ただいまより議会運営委員会を開議いたします。 まず最初に、請願についてお尋ねします。 割賦販売法の抜本的改正についての請願につきましては、まず各会派の態度確認いたしたいと思います。 なお、態度表明の方法につきましては、挙手にて行いたいと思いますが、よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) それでは、本請願に賛成の委員の挙手を求めます。                〔賛成者挙手〕 ○委員長(杉原孝一郎) はい、全員ですね。はい、全員賛成ということで。 続きまして、委員長報告は省略といたしたいと思いますが、よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) 次に、質疑はございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なし。 討論は。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なし。 それでは次に、採決方法は簡易ということでよろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) じゃ、そういうことで進めさせていただきます。 次に、2番目に意見書案、これの追加について求めます。 割賦販売法の抜本的改正を求める意見書(案)、これにつきましては、先ほどこの意見書提出を求める請願の態度を確認しておりますので、追加することといたしますが、よろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) じゃ、まず先ほど追加されました割賦販売法の抜本的改正を求める意見書につきまして確認したいと思いますが、提出者はどなたでございましょうか。 あ、吉田委員さん。はい、ほいじゃ、提出者は吉田委員さんということで。 次に、賛成者については、請願に賛成された会派の代表者ということでよろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) じゃ、質疑、これについてございますか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 はい。 討論は。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なし。 採決方法については、同様、簡易ということでよろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) はい、お願いします。 次に、請願の2番目になります子どもの医療費助成自治体への国庫負担金の減額措置の廃止を求める意見書(案)ですが、これは9月7日の議会運営委員会で趣旨説明を受けております。各会派に検討をお願いしておりました4件の意見書について、これは1件ずつ確認していきたいと思います。 まず、先ほど申し上げました子どもの医療費助成自治体への国庫負担金の減額措置の廃止を求める意見書(案)につきまして、まず各会派の態度を確認したいと思います。 なお、態度表明の方法につきましては、挙手にて行いたいと思いますが、よろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) それでは、この意見書に賛成の委員の挙手を求めます。                〔賛成者挙手〕 ○委員長(杉原孝一郎) ほいじゃ、全員、全会一致ということで。 それじゃ、挙手、全会派一致ということです。 提出者の確認をしたいと思いますが、提出者はどなた。魚谷委員。 ◆魚谷悟委員 差し支えなければ、私どもの会派で提出しましたんで、これ魚谷が行います。 ○委員長(杉原孝一郎) はい。差し支えはございませんよ。 次に、賛成者については、全員賛成されてますんで、先ほどと同様、各会派の代表者ということでよろしゅうございますね。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) はい。 質疑はございますか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 討論は。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 はい。 じゃ、採決方法については簡易ということでお願いします。 次に、消費税の増税を行わないよう求める意見書(案)につきまして、賛成委員の挙手を求めます。                〔賛成者挙手〕 ○委員長(杉原孝一郎) 挙手少数ですので、議運の申し合わせにより提出しないということにいたします。 次に、次期定数改善計画の実施と義務教育費国庫負担制の堅持を求める意見書(案)につきまして、賛成の委員の挙手を求めます。                〔賛成者挙手〕 ○委員長(杉原孝一郎) これも挙手少数ですので、先ほどと同様、提出しないことにいたします。 次に、テロ特措法の延長に反対する意見書につきまして、賛成委員の挙手を求めます。                〔賛成者挙手〕 ○委員長(杉原孝一郎) 挙手少数ですので、これも提出しないこととさせていただきます。 次に、補正予算、条例案等15案につきましては、まず各会派の態度を確認したいと思います。 なお、態度表明の方法につきましては、各会派ごとにお願いしたいと思いますが、よろしいでしょうか。 よろしいですね。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) はい。ほいじゃ、まず誠友会。 ◆吉和宏委員 誠友会は全議案に賛成でございます。 ○委員長(杉原孝一郎) 次、新政会。
    ◆三浦幸広委員 新政会も賛成といたします。 ○委員長(杉原孝一郎) 次に、市民連合。 ◆山戸重治委員 全議案に賛成をいたします。 ○委員長(杉原孝一郎) 次に、公明党。 ◆加納康平委員 同様に全議案に賛成いたします。 ○委員長(杉原孝一郎) 次、清風クラブ。 ◆村上弘二委員 議案に賛成いたします。 ○委員長(杉原孝一郎) 次、共産党。 ◆魚谷悟委員 全議案に賛成いたします。 ○委員長(杉原孝一郎) 次に、委員長報告に対する質疑はございますでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なし。 次に、討論ございますか。 ○委員長(杉原孝一郎) ほいじゃ、その討論の順序ですが、反対討論はないわけですから、順番でいきます。誠友会。 ◆吉和宏委員 誠友会は内海議員が賛成討論を行います。 ○委員長(杉原孝一郎) 新政会。 ◆三浦幸広委員 新政会は杉原議員です。 ○委員長(杉原孝一郎) 私、はい。 市民連合。 ◆山戸重治委員 三木議員が行います。 ○委員長(杉原孝一郎) 公明党。 ◆加納康平委員 公明党は福原議員が行います。 ○委員長(杉原孝一郎) はい、福原議員。 清風クラブ。 ◆村上弘二委員 清風クラブは村上泰通議員が行います。 ○委員長(杉原孝一郎) はい、泰通議員ね、はい。 日本共産党は。 ◆魚谷悟委員 寺本議員が行います。 ○委員長(杉原孝一郎) ほいじゃ、確認します。 誠友会内海議員、新政会、私杉原、市民連合三木議員、公明党福原議員、清風クラブ村上泰通議員、日本共産党寺本議員、以上こういう順番で、順番も今読み上げたとおりでお願いしたいと存じます。 次に、採決方法については、一括簡易ということでよろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) はい。ほいじゃ、一括簡易ということでお願いします。 それから、5番目に閉会中の継続審査、各企業会計決算について、採決方法については、これも簡易ということでよろしいでございましょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) 次に、専決事項の指定の見直しについて、これは別紙をちょっとごらんになっていただけますでしょうか。お手元に皆配ってると思いますが。 先般、市長から議長に対して専決事項の指定についての申し入れがされています。議長より本委員会に対し諮問を本件について受けております。このことについて、議会として十分協議、検討しての結論を出していかなければならないと思います。 そこで、協議、検討するための検討会議を開いて、その中で意見等出し合い、最終的には議会運営委員会で決定してはどうかと思いますが、委員の皆さんいかがでしょうか。 よろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) それでは、この検討会議の構成については、議運の委員全員で構成すればいいと思っておりますが、いかがいたしましょうか。 それでよろしゅうございます。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) はい。ほいじゃ、委員全員が参加していただくということにいたします。 それでは、議長より諮問を受けておりますこの件については、議運で構成する全議員で検討会議を開いて、その中で協議、検討し、最終的には議運の場で決定するということにいたしたいと思いますので、よろしくお願いします。 なお、検討会議の開催日につきましては、第1回目を本日、この議運を閉じた後、すぐに開いて、理事者から、申し入れ内容についての説明を受けてはどうかと思うんですが、いかがでしょうか。 よろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) ほいじゃ、その件よろしくお願いします。 大体どのぐらいかかります。 ◎総務部長(細谷正男) 10分ぐらいです。 ○委員長(杉原孝一郎) 10分ぐらいね。ということで、余り長くなりそうにありませんから、よろしくお願いします。 次に、インターネットによる議会中継についてですが、このことについて8月29日の議会運営委員会でお願いしておりましたが、まず各会派の態度を確認する前に御意見等があれば、これをちょうだいしたいと思います。 何かございますか。 吉和委員。 ◆吉和宏委員 我が会派でこの件につきまして検討をいろいろといたしました。 まず、私どもがちょっと調べました資料について、委員長に許可をいただいて、委員の皆さんにお配りをしていただきたいと思うんですが、よろしいでしょうか。 ○委員長(杉原孝一郎) どうぞ。 ◆吉和宏委員 先日、委員長より説明があったと思うんですけれども、広島県内では今インターネットによる議会を中継しているのが、広島市、福山市、そして庄原市、3市ということでありましたけれども、このアクセス数がどれぐらいあるかということについて事務局にお願いをして調べていただきました。今、皆さんのお手元に配っていただいたのは、これは庄原市の例なんですけども、これが一番詳しく調べてありますので、ちょっとそれを参考にしていただければというふうに思います。 下の2段目の議会中継、ライブの閲覧件数というところがあると思うんですけども、それを見ていただきたいんですけども、6月、9月、12月、3月と定例議会があるときは当然アクセス数がふえているわけでございますけれども、その内容について見ていただきますと、職員のパソコンというのがその中では圧倒的に多いということになっております。大体どの定例会が開かれてる月も約4分の3が職員のパソコン、住民のパソコンというのが約4分の1と、そういう割合になっているかというふうに思います。その中で、一番アクセス数が多いのが、一番右端にあります3月でありますけども、その3月を例にとりますと、職員のパソコンが300件、住民のパソコンが132件というふうになっておりまして、その役場の端末が5件ということで、計437件でありますけれども、これを、これ437件を全体の庄原市の世帯数から見ますと、約0.03%を切るぐらいの数字となります。これを尾道市の世帯数に当てはめますと、約1,700世帯ということになりますけれども、このうち住民のパソコンからということに限っていきますと、これを132件を尾道市に当てはめたとしますと、約500世帯ということになります。先日の委員長から提出されました案の中に費用対効果ということがあったわけですけれども、尾道市約6万3,000世帯のうちの500世帯という、この庄原市の例をとりますとそうなります。ちなみに詳しい、そこまで詳しい資料はないんですけども、広島市、福山市に至っては、全体のアクセス数、この庄原市の合計というとこになるんですけども、全体のアクセス数が広島市に至っては庄原市の10分の1、福山市も広島市の約倍ぐらいしかないということで、大都市になるほどアクセス数が減っているという状況があります。そういうところで、私ども賛成、反対という態度は今のところまだ皆さんがどのように考えておられるかわからないんですが、一応そういうことを前提に頭に入れて考えていただければということで、皆さん方に資料を出させていただきました。御検討をよろしくお願いします。 ○委員長(杉原孝一郎) ほかに意見。 村上委員。 ◆村上弘二委員 清風クラブなんですが、私どもは旧因島でございまして、尾道市にはケーブルテレビがあって、議会中継等いろんな情報がそれぞれ市民の皆さん方に提供できておると。しかし、瀬戸田、因島、こういったケーブルテレビもないわけでありまして、やはりこういったインターネットによって議会の中継をする、あるいは情報を開示をしていくということは、これからの時代においても大変大切なことではないかと、このように思っておりますから、ぜひこれは実施していただきたいと、このように考えております。 ○委員長(杉原孝一郎) ほかに委員の方で意見ございません。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なければ、ちょっと私も今度3分の2ですから、メンバーに入ってるんで、ちょっと吉和委員にお聞きしますが、今この表ではこれライブだけになってますが、今度尾道市が今取り組もうとしてるのは、あとパーシャルにでもということで、そこのデータございませんか。 吉和委員。 ◆吉和宏委員 この庄原市のデータはこれしかございません。ちなみに広島市、福山市の場合は、広島市の場合、ライブの約3分の1、ライブが月1回で1,400件ありますと、月に1,400件ありますと、広島市の場合ビデオでが500件というデータがあります。これが平成19年2月です。福山市の場合が、これはいろいろとばらつきがあるんですけども、8割、ライブの8割から、低いところで5割ぐらいのアクセスの件数というふうなデータがあります。 以上です。 ○委員長(杉原孝一郎) それともう一つ、ちょっとよく調べられとんでお聞きしたいんですが、庄原市、福山、広島の場合、パーシャルに自分が知りたい情報のとこだけを切り取って見れるようなことにしてるのか、ただずらずらっと上から最後まで出てるのか、そこはどうでした。もしわからなかったらいいですけど。 どうぞ。 ◆吉和宏委員 パーシャルというのは部分という意味ですか。 ○委員長(杉原孝一郎) ええ、質問の中でも、例えば1から7まであって、この部分について知りたいといったとき、そこへアクセスすると、そこの部分だけがピックアップできるような、そういったソフトになってるのか。 ◆吉和宏委員 そこまでは調べておりません。 ○委員長(杉原孝一郎) ああ、そうですか。はい、わかりました。 今の吉和委員の意見も参考にさせていただきたいと思います。 それでは、今の委員の意見も踏まえて、各会派の態度を確認したいと思いますが、態度表明の方法につきまして、これは挙手でもよろしゅうございますか、それとも各会派ごとの態度表明でしますか。 吉田委員どうぞ、副委員長。 ◆吉田尚徳委員 このアクセスのとかインターネットですかね、これのもこの場でやるんです、決めるわけですか、態度表明は。 ○委員長(杉原孝一郎) ええ、今のところそのつもりで、この場で受けて。 ◆吉田尚徳委員 ああ、そうですか。 ○委員長(杉原孝一郎) というのが、もし予算的なもので行政が対応できるとなったら、早目にやっていかないと、もう間に合わないと思うんです。ほいで、この前、この14日に態度表明をお願いしますということで了解を、きょう得とったもんですから。ちょっと休憩をとりましょうか。はい、ちょっと休憩とります。                午後4時0分 休憩  ────────────────── *──────────────────                午後4時15分 再開 ○委員長(杉原孝一郎) ほいじゃ、ちょっとややおくれましたが、再開してよろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) とんだハプニングがありましたが、それでは各会派の態度を確認することは、きょう確認することでよろしゅうございますね。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) それでは、挙手でお願いしたいと存じます。あるいは各会派ごとの態度表明でいきますか。                〔「態度表明」と叫ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) 態度表明ね。ほいじゃ、態度表明で参ります。 まず、誠友会から。 ◆吉和宏委員 誠友会といたしまして、いろいろと苦慮した点もありますけれども、賛成をいたします。 ただ、この件に関しまして、我が会派の意見を若干申し述べさせていただきますと、先ほど申しました費用対効果という点での我が会派の中でもいろいろと討論がありましたし、そしてもう一点、尾道市ケーブルテレビ、これに関しては旧市内に関しては整備というか配信ができる家庭がかなり多いということではありますけれども、編入合併をされた御調町、因島市、瀬戸田町においてはまだ全く未整備ということで、これに関しまして我が会派といたしましては、最終日の討論の中で内海議員に我が会派の態度を表明して意見を表明をさせていただきます。 ○委員長(杉原孝一郎) はい、わかりました。 次、新政会。 ◆三浦幸広委員 新政会は賛成でございます。 ○委員長(杉原孝一郎) はい。 次に、市民連合。 ◆山戸重治委員 賛成いたします。 ○委員長(杉原孝一郎) はい。 公明党。 ◆加納康平委員 公明党としましては、このインターネットによる議会及びその行政にかかわるものを広く、もともと広く情報公開するということにおいてインターネットの役割をここで発揮させて利用していこうというのがもともとありましたんで、これについてはいろんな費用対効果はもちろんありますが、そういう広く公平に情報を公開するという点において賛成をしたいと思います。 ○委員長(杉原孝一郎) はい、わかりました。 次、清風クラブ。 ◆村上弘二委員 先ほど申し上げた意見のとおりでございます。賛成をいたします。 ○委員長(杉原孝一郎) はい。 日本共産党。 ◆魚谷悟委員 るる賛成の意見を述べられてますが、言われたようなことも含めまして広く議会の情報を知らせると、これは費用対効果だけの問題ではなくて、そういう立場から賛成をいたします。 ○委員長(杉原孝一郎) それでは、全会派終わりましたね。全員の賛成ということで、私の方より議長に対し提言したいと思いますので、よろしくお願いします。ありがとうございました。 それから、その他の件でございますが、これは委員の皆さんへお願いです。 次回、議会運営委員会から委員会出席の際にはこの議会のしおりという、これ以前配付しとる、これを持参していただきたいと思いますので、急遽これ調べないけんことあるかもわかりませんので、よろしくお願いしたいと思います。 ほかに私の方からございませんが、委員の皆さん何かございますでしょうか。 魚谷委員。 ◆魚谷悟委員 市議会の改選前の3月の議会運営委員会で私提案をさせて、3月15日の議会運営委員会で提案をさせていただきましたが、議会活性化、これ今決算委員をどうするかという問題も幾らか議論をされました。それから、このインターネット、今議論をしたばかりのインターネットで議会の情報を知らせる、その他るる、今専決処分の問題もこれもあろうかと思いますが、議会の権能に関することなので。過去、1年半ぐらいかけて議会活性化の問題について総合的に各会派から提案をしてもらって、審議をしたことがありますが、それを参考資料としてプリントしてますので、各委員さんに回していただくことを許可いただければ回していただきたいと思うんですが、よろしいですか。 ○委員長(杉原孝一郎) はい、許可します。 ◆魚谷悟委員 今手元に配付していますのが、過去約1年半ぐらいかけて行った議会運営委員会での議会活性化の、最初のページが開催状況及び経過、それから次のページから5枚がそれぞれの項目、それから一番右が各会派から提案をしていただいたその会派名が書いてありますけれども、合併して定数も34名になりまして、まさに2市3町が合併して、定数も削減をされて、新たな出発ということになってると思いますので、こういうものも踏まえまして、ぜひ議会活性化というテーマで、これ議長からの諮問ということになろうかと思いますが、皆さんの方でよろしければ、そういうふうな形で今後検討すると。その方法等についても、またこの中で議論をするということになろうかと思いますが、次回ないしは適当な、いずれにしても今これから後ある専決処分の問題ありますから、これが済んでからということになろうと思いますが、各会派でお持ち帰りいただいて、中間の時点で、中間というか、その次の会に各会派での検討の模様なども意見交流しながら、第2回目ぐらいにやるかどうかという結論を出すということで進めていただいたらいかがかなというように思っておりますので、よろしければそのようにお取り計らいいただきたいと思います。 ○委員長(杉原孝一郎) 今、魚谷委員の提案につきまして、次回以降、この問題について各委員の皆様の御意見をお聞きしたいと思いますが、それでよろしゅうございますか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原孝一郎) ほいじゃ、本日はほかに意見がないようでしたら、これで議会運営委員会を散会します。                午後4時27分 散会  ────────────────── *──────────────────   尾道市議会委員会条例第28条の規定によりここに署名(記名・押印)する。     尾道市議会議会運営委員会委員長...