運営者 Bitlet 姉妹サービス
尾道市議会 > 2006-02-13 >
平成18年 2月13日 議会運営委員会

ツイート シェア
  1. 尾道市議会 2006-02-13
    平成18年 2月13日 議会運営委員会


    取得元: 尾道市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-16
    平成18年 2月13日 議会運営委員会             議 会 運 営 委 員 会 会 議 録               平成18年2月13日〇本日の会議に付した事件 議会の運営に関する事項〇出席委員 〔◎委員長  〇副委員長〕     ◎ 杉 原 璋 憲            〇 山 中 善 和       清 川 隆 信              奥 田 徳 康       山 根 信 行              植 田   稔       荒 川 京 子              杉 原 孝一郎       金 口   巖              魚 谷   悟〇欠席委員 なし〇委員外出席者       佐 藤 志 行              村 上 俊 昭       三 浦 幸 広              吉 和   宏       山 戸 重 治              檀 上 正 光       東 山 松 一              井 上 文 伸       新 田 賢 慈              越 智 征 士       永 田 明 光              住 田 哲 博       寺 本 真 一              吉 田 尚 徳       巻 幡 伸 一              岡 野 長 寿       村 上 弘 二              村 上 泰 通       田 頭 弘 美              飯 田 照 男〇説明員    助役      若 住 久 吾    総務部長    西 岡 伸 夫    総務課長    松 山   譲〇事務局出席者    事務局長    門 田 昭一郎    事務局次長   吉 原 敏 夫    議事調査係長  村 上 慶 弘    議事調査係専門員小 林 巨 樹    議事調査係主事 森 本 祐 二  ────────────────── *──────────────────                午前10時0分 開議 ○委員長(杉原璋憲) おはようございます。 委員の皆様おそろいでございますので、ただいまから議会運営委員会を開議いたします。 まず、委員会室のレイアウトですが、理事者側の方のお顔が見えないとかいろいろありまして、常任委員会も含めてですが委員長の方からもなかなか委員の皆さんのお顔が十分把握できにくいというような格好がありましたので、席を交代しましてこういう格好のレイアウトにさせていただきました。その点を一つ御了承をお願いしたいというふうに思います。 それでは、議題に入ります。 まず1番、審議日程についてでございますが、お手元に既に1月20日にお示しいたしております平成18年第1回定例会審議日程案につきまして、会期は29日、きょうが議会運営委員会ということで、22日が本会議、23日が予算特別委員会、27日が本会議、新年度予算のかかわります総体説明がございました後、3月8、9と本会議の総体質問、13日から予算特別委員会、22日に本会議で議了という会期29日間の日程でございますが、これについて質疑ございますでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 なければ、この日程によって決定させていただきます。 その予定の中に、21日が予算内示が10時ということになって通知が行っとると思いますが、また記入していただきたいというふうに思います。21日、10時からです。 それでは、2番の市長提出議案について説明を受けたいと思います。 助役。 ◎助役(若住久吾) 皆さんおはようございます。 暦は正直なものでございまして、日差しもいよいよ春めいてまいったということではないかと思います。委員、議員各位におかれましては、この間非常に御多用な、市政の調査に当たられまして大変御苦労でございます。 そういう中で、本日第1回の定例市議会が招集告示をされます。その付議案につきまして、概要を説明させていただきます。 まず、報告2件と議案59件でございます。 報告2件について御説明を申し上げますが、報告第1号は、昨年の7月23日午前8時ころに本市尾崎本町において発生した交通局の職員による交通事故について、この間相手方と交渉しておりましたが旧臘このことがまとまりましたので、その損害賠償の額を定める必要が生じました。議会の招集をするいとまがなかったので専決処分をしたものでございますが、これが承認を求めることについてお願いをいたしております。損害賠償の額は355万5,078円でございます。よくある頸椎捻挫ということで療養が異常に長引いたというのが率直な内容でございます。 報告第2号でございますが、これも専決処分をいたしましたものを御報告申し上げ、承認を求めることでございます。 昨年の3月、公立みつぎ総合病院におきまして、手術施行後の合併症によりまして患者さんが亡くなられた件でございます。旧臘早急に相手方と和解の交渉が進捗をいたしまして、双方合意に達し和解をしたものでございます。議会の招集するいとまがなかったので、専決処分をさせていただいたものでございます。解決金は1,350万円でございます。 この報告案件につきまして、和解条件の中で個人情報について開示を禁ずるという条項が設けられておりますので、そのような議案になっておることをあらかじめ御理解を賜っておきたいと思います。 それでは、議案第1号平成17年度尾道市一般会計補正予算(第8号)でございますが、505億5,922万2,000円と定めておりますが、7,757万8,000円を減額をして、504億8,164万4,000円に定めるものでございます。これは、御案内のとおり職員が全体で大勢になりましたが、あらかじめ予定をされる定年分は変更がございませんが、勧奨的退職などが意外と応募がありまして55人分、8億2,200万円ほど追加をする必要が生じております。 主なものを御紹介しておきますが、財政調整基金積立金を3億三千二百余万円、松永湾開発関係用地取得費用4億五千七百余万円、これは大方40年ぐらいになろうかと思いますが、長者ケ原の山林の用地取得費を今日まで土地開発公社にお願いをしておりましたが、この4億五千七百余万円をもって完了をするものでございます。全体が尾道市の市有財産に帰属をするということになっております。 それから次に、大きなものでは旧団体が一時借入金を予定をして12月にお願いをしましたが、これが瀬戸田町においては5,000万円が0円で済みました。因島分は3億五千余万円でありますが、5,000万円で間に合ったということで、この際3億五千五百余万円を減額をするものでございます。 そのほかに、合併による新しい組織に係る人件費の調整及び事業費が確定をしたことに伴いまして、それぞれ民生費、農林水産費、商工費、土木費、教育費、すべてを億単位の減額をさせていただいております。詳細につきましては、議案の御参照をお願いいたしますが、そのような内容をもって合計で7,757万8,000円の減額をお願いをしておるものでございます。 なお、債務負担行為にかかわりまして、指定管理者分追加を14件、変更が5件、そして繰越明許費が9件、1億9,459万円お願いをしておりますので、あわせて御了承をお願いしたいと思います。 議案第2号でございますが、17年度尾道市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)でございます。これは、一般の被保険者療養給付費が1億八千五百余万円増額を必要となります。そして、退職被保険者療養給付費が四千八百余万円減額を伴うと、このようなものが入っております。これは、さらに老人保健の拠出金が六千余万円減額というようなことになっておりまして、128億5,053万2,000円の現額を1億3,450万円減額して、127億1,603万2,000円に定めようとするものでございます。 議案第3号でございますが、駐車場事業特別会計補正予算(第2号)でございます。これは、現額1億8,834万2,000円を508万5,000円減額して、1億8,325万7,000円に定めるものでございます。 議案第4号でございますが、公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)でございます。これは、公共下水道の使用料収納委託料100万円余り、浄化センターの管理費も130万円余りというようなことで減額、事業の確定を見越して調整をいたしまして、364万3,000円を減額して18億7,657万5,000円に定めるものでございます。 次に、議案第5号でございますが、老人保健事業特別会計補正予算(第3号)でございます。現額179億9,175万9,000円でございますが、これを6,456万3,000円減じて179億2,719万6,000円に定めようとするものでございます。これは、一般会計の繰出金を5,866万2,000円予定しておりましたが、旧団体の打ち切り決算分が不用となりましたので、このことを丸々減額をして、179億2,719万6,000円に定めるものでございます。 次に、議案第6号介護保険事業特別会計補正予算(第5号)でございますが、現額93億5,909万6,000円を1億8,449万9,000円追加をお願いいたしまして、95億4,359万5,000円にするものでございます。事務費や認定審査会に要する費用につきましては、整理をいたしまして二千八百余万円を減額をしておりますが、居宅介護サービス給付費が2億2,404万3,000円ほど増額をお願いをしております。サービスの需要が旺盛であるということでございます。そして、施設介護サービス給付費でございますが、これも九千八百余万円増額をしなければならないというような内容になってございます。 次に、議案第7号大学事業特別会計補正予算(第4号)でございますが、これは事務局内の諸経費について整理をいたしまして、4,791万6,000円減額をし13億606万4,000円に変更を求めておるものでございます。 次の議案第8号でございますが、尾道市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、17万円ほど事業の全体を見越して整理をいたしまして、17万円ほど減額し7,504万3,000円に定めるものでございます。 次の議案第9号でございますが、救護施設事業特別会計補正予算(第3号)でございます。これも、施設内の事業費の全体整理をいたしまして、30万円の減額をし2億6,830万6,000円に変更をお願いしておるものでございます。 次の議案第10号特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございますが、事業の完了を見越して整理をし、742万2,000円を減額をお願いし3億2,041万5,000円に変更をいたすものでございます。 次に、議案第11号の渡船事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、諸般の内容の点検をし、82万1,000円増額が必要となりましたので、2,204万6,000円に変更をお願いしておるものでございます。 次の議案第12号でございますが、水道事業会計補正予算(第3号)でございます。2条予算を546万1,000円増額をして、4億2,778万6,000円に変更を求めておるものでございます。予算総額は、別途その関連だけ増額をお願いをしております。 議案第13号でございますが、病院事業会計補正予算(第3号)でございます。2病院ありますが、みつぎ総合病院分で事業収益1,657万3,000円を減額を立てまして、予算総額127億116万4,000円に変更をお願いしておるものでございます。要因につきましては、他会計の補助金が1,387万7,000円減額その他がございます。 次の議案第14号でございますが、過疎地域自立促進計画の変更についてお願いをするものでございます。これは、かねて御調町でこのようなことが生じましたが、瀬戸田町域につきましても過疎地域自立促進計画を定める必要が生じておりまして、このことを現年度から21年度までの計画として変更しようとするものでございます。内容については、紙数が大変多うございまして、委員、議員各位の方で御検証をお願いをしておきます。 次の議案第15号からは、かねて公の施設の指定管理者制度を導入することを各条例で御承認を賜っておりますが、この際その施設ごとに指定管理者の指定をしようとするものでございます。 議案第15号、議案第16号は、御調町のグリーンランド、向島町の立花自然活用村の施設、この2つでございますが、いずれも公募に基づいて選定をし、それぞれ民間事業者及びNPO法人を指定管理者に指定をするものでございます。 議案第17号から議案第25号まではそれぞれ設置条例で御承認をいただいておりますが、みつぎいこい会館あるいは因島の市民会館、御調グラウンド・ゴルフ場等々、それぞれ議案第25号までございますが、いずれもこれまで委託管理をお願いしておりました御調町の時代の自治振興事業団、因島市さんの自治振興事業団を、卓越した技能とそれから実績がありますから、この自治振興事業団を指定しようとするものでございます。 次の議案第26号でございますが、公の施設の指定管理者の指定、同じ議案でございますが、瀬戸田町における財団法人平山郁夫美術館が設置、管理をしております美術館について、この財団法人に指定しようとするものでございます。 議案第27号、議案第28号は、それぞれ地域との結びつきが強い施設でございますので、地元の団体を指定管理者に指定しようとするものでございます。 議案第29号、議案第30号も、それぞれ同じような理由で農事組合法人オーキッド向島に議案第29号については指定いたしますし、議案第30号につきましては向島漁業協同組合を指定しようとするものでございます。 議案第31号から議案第33号でございますが、いずれも実績のある社会福祉法人尾道市社会福祉協議会を指定管理者に指定しようとしております。 議案第34号につきましては、因島水軍城でございますが、この間経験をお持ちの社団法人因島観光協会を指定管理者として指定をしようとするものでございます。 議案第35号、議案第36号につきましては、いずれも因島分にあります細島ハウス、ふれあいプラザ両施設でございますが、地元の団体が指定管理者としてふさわしいということで指定をしようとするものでございます。 次の議案第37号でございますが、ゲートボール場すぱーく因島について、指定管理者の指定をしようとするものでございます。これは中庄町にありますが、これまで因島市ゲートボール協会が任されておったものでございまして、何かと経験をお持ちでございますから、指定管理者として指定しようとするものでございます。 議案第38号、議案第39号ですが、これは市立栗原保育園、市立吉和保育園、両案でございますが、これまで委託をしておりましたが、これをこの際指定管理者として指定をしようとするものでございます。いずれも社会福祉法人が母体でございます。 議案第40号から議案第50号まででございますが、これは11議案ありますが、いずれも瀬戸田町内における集会施設等の指定をしようとするものでございますが、指定管理者として、これまで実務上指定を受けておられた状態の地元組織にお願いをしようとしておるものでございます。 以上が公の施設の管理者指定の議案でございますが、次回の議運に応じて残り少しばかりありますが、そのことのお願いをする予定にしておりますので、お含みをいただきたいと思います。 次に、議案第51号、議案第52号でございますが、尾道市国民保護協議会条例、国民保護対策本部及び尾道市緊急対処事態対策本部条例案でございます。いずれも御承知のとおり、国民保護法が完全施行されて、我々に対しては本件を通じて、今後の備えについて視察がなされております。そのことを受けまして、条例制定をしようとするものでございます。 次に、議案第53号でございますが、みつぎ清風園施設整備基金条例案。これまで施設整備について基金を積んでおこうということを内々では御相談があったようでございますが、そのことが成立を見ておりませんで、今回決算を迎えるに当たりまして、この関係分について積み立てる必要もありますし、単独の基金条例として制定をしておこうというものでございます。 次に、飛びまして議案第56号でございますが、尾道市ゲートボール場設置及び管理条例案でございますが、先ほどの先議案の公共の施設の指定管理者の指定のところで出てまいりましたが、すぱーく因島、因島中庄町に存在をする屋内ゲートボール場でございます。このことを条例に位置づけまして設置をしようとするものでございます。 議案第57号、議案第58号はそれぞれ既に事業着手をしておりまして、かなりの進捗をいたしております市原地区のほ場整備事業の賦課基準を定めようとするものでございます。同じように、山方地区のほ場整備事業に要する賦課金の定めを、基準と徴収の時期及び方法について定めてまいろうというものでございます。 以上、59件につきまして概略的に説明を申し上げました。残る今議会の議案につきましては、27日の議運にお願いをする予定にいたしておりますので、そのこともあらかじめお含みおきの上、本日の議会運営委員会でのお取り計らいを何とぞどうぞよろしくお願いいたします。 以上でございます。 ○委員長(杉原璋憲) 今、助役さんの方から報告2件、議案59件の説明ございました。これに対する質疑はございませんですか。 ありませんですか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 はい。 それでは、3番の総体質問についてをお諮りいたします。 質問者及び順序でございますが、きょうこちらの方で3月8日の日は誠友会、おのみちクラブですか、午前中、午後はしまなみクラブ、政経クラブ、3月9日の午前、共産党、公明党、午後は市民連合、誠友会とこういう順序でお願いしたいと思いますが、よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原璋憲) それでは、質問者のお名前をお願いしたいと思います。 誠友会。 ◆奥田徳康委員 一番最初は杉原璋憲、最後が清川。 ○委員長(杉原璋憲) おのみちクラブ。 ◆金口巖委員 永田代表が行います。 ○委員長(杉原璋憲) しまなみクラブは議運に入っておりませんので、ちょっと後からお願いします。 政経クラブ。 ◆山中善和委員 山中です。 ○委員長(杉原璋憲) 共産党。 ◆魚谷悟委員 寺本議員が行う予定にしてます。 ○委員長(杉原璋憲) 公明党。 ◆荒川京子委員 荒川がやります。 ○委員長(杉原璋憲) 市民連合。 ◆植田稔委員 檀上議員が行います。 ○委員長(杉原璋憲) しまなみクラブは次の本会議で確定されますので委員外ということで、しまなみクラブさんの総体質問、どなたがされますか。 ◆巻幡伸一委員 巻幡が行います。 ○委員長(杉原璋憲) それでは、確認いたします。 3月8日、誠友会、杉原璋憲、おのみちクラブ、永田、しまなみクラブ、巻幡、政経クラブ、山中、3月9日、共産党、寺本、公明党、荒川、市民連合、檀上、誠友会、清川と、こういう順序で決定したいと思います。よろしいでしょうか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(杉原璋憲) 次に、4番陳情・要望についてでございますが、別紙一覧表のとおり、2月1日に陳情者、畑町内会会長中本照男ほか210人より場外舟券売場設置計画反対の陳情がなされておりますので、説明しときます。 5番のその他でございますが、私の方からは特にございませんが、委員の皆様何かありますでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ないようでしたら、これをもちまして議会運営委員会を散会いたします。御苦労さまでございました。                午前10時31分 散会  ────────────────── *──────────────────   尾道市議会委員会条例第28条の規定によりここに署名(記名・押印)する。     尾道市議会議会運営委員会委員長...