広島県議会 > 2012-10-18 >
2012-10-18 平成24年度決算特別委員会(第4日) 本文
2012-10-18 平成24年度決算特別委員会(第4日) 名簿

ツイート シェア
  1. 広島県議会 2012-10-18
    2012-10-18 平成24年度決算特別委員会(第4日) 本文


    取得元: 広島県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    2012年10月18日:平成24年度決算特別委員会(第4日) 本文 ▼最初のヒット個所へ(全 0 ヒット) 1 8 会議の概要  (1) 開会  午前10時33分  (2) 記録署名委員の指名        吉 井 清 介        佐々木 弘 司  (当局の説明に先立ち、会計管理者(兼)会計管理部長が平成23年度広島県歳入歳出決算審   査意見書の正誤について、別紙により説明した。)  (3) 会計管理者(兼)会計管理部長の説明に対する質疑・応答 ◯質疑(岩下委員) もともと予算流用額の内容については土木局のほうにお尋ねいたしまして、資料を受け取ったところ、どうも違っているということで今回の訂正につながったわけでありますけれども、まず、もともとの資料に書いてございますのは総額約39億円の流用額です。今回訂正になりましたのは47億6,000万円ほどで、差額が8億6,000万円ほどございます。かなりの金額ではないかと思われます。  私が一番心配しますのは、いろいろなトラブルがあって数字が違ったということですけれども、数字を集計していく上で、流用するというのはどういうことかというと、仕事の内容が変わったので流用が起きるわけです。流用するときにしっかりガバナンスがきいていて、しっかりした権限のもとに執行されていればいいわけですけれども、そのとおりに実行できているかどうかという疑義がございます。  その確認をするためにいろいろお願いしていたわけですけれども、8億6,000万円も違いが見つかったということになると、まず監査のほうでしっかり確認されていると思いますけれども、それが正しくできているかどうかというところにも問題があります。しかも、これは土木局の問題だけではないというような発言もありましたので、他の部分も含めてもう一度精査し直す必要があると思いますけれども、いかがでしょうか。 2 ◯答弁(会計管理者(兼)会計管理部長) 今おっしゃられたとおり、今回の原因については究明中ではございますが、予算流用を集計する部分のシステムのふぐあいを発端に起こったものだとは思っておりますけれども、ただ、その数字が出た後、そのシステム集計を過信して、依存し過ぎていた嫌いがあるのではないかと思っております。  それをもとに執行部サイドから監査のほうに数字を渡して審査していただいた経過もございますので、まず我々のほうとして、今回どうしてこういうことが起こったのか、先ほど申しましたように、少し時間をいただいて整理した上で、また改めて御説明、御報告させていただけたらと思っております。 3 ◯意見(岩下委員) 時間がかかりそうだということは十分予測できますけれども、このまま審議を続けていいかということについては、ほかの委員の方の意見も必要だと思います。 4 ◯意見(渡壁委員) 監査委員の意見を付して決算特別委員会で審議するということになっているわけです。それは、基本的な数字が間違いないということが大前提なのです。我々はそういうことを前提に審査しているわけです。その数字が違っているということになったら、審査できないです。  だから、最低限、監査委員で監査し直してもらって出してもらわないと、監査委員の意見そのものの真偽が問われているわけですから、どんな監査をしていたのかということになる。これは制度にかかわる問題です。このまま、はいそうですかと言うわけにはいかないのではないかと思います。  だから、最低限、監査委員の意見をもう一回聞き直すことをしないといけないのではないかと思いますが、皆さん、そうではないですか。(「異議なし」と言う者あり) 5 ◯委員長 今、渡壁委員のほうから今回の流用額調べの訂正に関しては、再度監査委員の意見を求めた後でないと我々の審査ができないのではないかという御発言がありましたが、ほかの委員の皆さん、いかがですか。(「異議なし」と言う者あり) 6 ◯意見(高山副委員長) まず、執行部を退室させてください。 7 ◯委員長 委員間討議をするということで、この場は暫時休憩としたいと思います。ほかの委員はよろしいですか。(「異議なし」という者あり)
     では、暫時休憩といたします。     休憩 午前10時41分     (休憩中に出席説明員は委員会室を退出し、再開前に入室した。)     再開 午前10時56分 8 ◯委員長 ただいま委員間討議をいたしまして、決算書類に不備があったということで、これ以上審査を続けられないということになりました。  事後の件につきましては、正副委員長のほうで議長と相談して、鋭意検討して、再度調整いたしますので、本日の委員会につきましては、これをもって閉会といたします。  (4) 閉会  午前10時57分 広島県議会...