ツイート シェア
  1. 広島県議会 1994-02-08
    平成6年2月定例会(第8日) 本文


    取得元: 広島県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    1994年03月11日:平成6年2月定例会(第8日) 本文 ▼最初のヒット個所へ(全 0 ヒット) 1         午後三時三分開議 ◯議長(檜山俊宏君) 出席議員六十四名であります。これより会議を開きます。  この場合、知事、行政委員会の長並びに説明員の出席を求めるに御異議ありませんか。         【「異議なし」と言う者あり】 2 ◯議長(檜山俊宏君) 御異議なしと認めます。よって、直ちに出席を要求いたします。         【知事、行政委員会委員長並びに各説明員出席】              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~         自第 一 追県第 一号議案         至第十四 追県第一四号議案 3 ◯議長(檜山俊宏君) これより日程に入ります。日程第一、追県第一号議案 平成五年度広島県一般会計補正予算から日程第十四、追県第一四号議案 広島県水道用水供給事業会計補正予算までの各案を一括上程議題といたします。         常任委員長報告 4 ◯議長(檜山俊宏君) ただいま上程の各案については、各常任委員会に審査を付託してありますので、この際、各常任委員長から審査の経過並びに結果について報告を求めます。  それでは、まず総務委員会の報告を求めます。総務委員長大曽根哲夫君。         【総務委員長大曽根哲夫君登壇】 5 ◯総務委員長(大曽根哲夫君) 総務委員会に付託されました議案中、追県第一号議案、追県第二号議案、追県第三号議案、追県第四号議案及び追県第五号議案の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。  審査に当たりましては、議案の内容について当局から詳細な説明を聴取するとともに、活発な論議が展開されました。審査の結果、付託議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査の過程におきまして各委員から指摘された事項のうち、その主要なものを申し上げますと  広域まちづくり補助金については、大幅な減額補正となっているが、年度当初に的確な見積もりを行うとともに、魅力ある制度となるよう、その周知徹底に努められたいこと。  その他、補助金等の補正の内容、NTT債の繰上償還金の予算上の取り扱い等について問いただされたところであります。  以上、簡単ではありますが、審査の概要を申し述べ、総務委員会の報告といたします。(拍手)
    6 ◯議長(檜山俊宏君) 次は生活福祉保健委員会の報告を求めます。生活福祉保健委員長山崎正博君。         【生活福祉保健委員長山崎正博君登壇】 7 ◯生活福祉保健委員長(山崎正博君) 生活福祉保健委員会に付託されました議案中、追県第一号議案及び追県第一一号議案の審査の結果について御報告申し上げます。  審査に当たりましては、議案の内容について当局から詳細な説明を聴取したところでありまして、審査の結果、付託議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、簡単ではありますが、審査の概要を申し述べ、生活福祉保健委員会の報告といたします。(拍手) 8 ◯議長(檜山俊宏君) 次は農林委員会の報告を求めます。農林委員長沖井 修君。         【農林委員長沖井 修君登壇】 9 ◯農林委員長(沖井 修君) 農林委員会に付託されました議案中、追県第一号議案、追県第七号議案及び追県第八号議案の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。  審査に当たりましては、議案の内容について当局から詳細な説明を聴取するとともに、活発な論議が展開されたところでありまして、審査の結果、付託議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査の過程におきまして各委員から指摘されました事項のうち、その主要なものを申し上げますと  今回の補正は、総合経済対策に基づく国の第三次補正予算に関連するもので、農業関係では、米の市場開放や乳製品などの関税化を内容としたガット・ウルグアイ・ラウンド農業合意後の新たな国境措置の導入に備え、低コスト生産の実現、中山間地域の活性化などを柱にした国際化対応緊急農業対策に呼応したものとなっている。  米については、六年間の関税化猶予期間があるとはいえ、本県生産基盤の立ちおくれ、担い手の高齢化の現状を考えると、早急な対策の実施が必要である。このため、圃場整備等生産基盤の積極的推進と多様な担い手の育成確保に全力で取り組まれたいこと。  このほか、単独建設事業の機動的な補正による総合的な経済対策の推進について問いただされたところであります。  以上、簡単ではありますが、審査の概要を申し述べ、農林委員会の報告といたします。(拍手) 10 ◯議長(檜山俊宏君) 次は建設委員会の報告を求めます。建設委員長平田修己君。         【建設委員長平田修己君登壇】 11 ◯建設委員長(平田修己君) 建設委員会に付託されました議案中、追県第一号議案、追県第九号議案、追県第一〇号議案、追県第一二号議案、追県第一三号議案及び追県第一四号議案の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。  審査に当たりましては、議案の内容について当局から詳細な説明を聴取するとともに、活発な論議が展開されたところでありまして、審査の結果、付託議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査の過程におきまして各委員から指摘された事項のうち、その主要なものを申し上げますと  第一に、依然として景気の状況が厳しい中で、相次ぐ国の経済対策により、公共事業の事業量も膨大なものとなっている。景気の下支えをしている公共投資を円滑かつ着実に進めるため、執行体制を充実させ、公共事業の執行に万全を期されたいこと。  第二に、公共投資の拡大が続く中で、地域によりセメント二次製品が不足していると言われているが、建設資材、労務などの面で支障が生じないよう十分配慮されたいこと。  第三に、これまで台風等の災害により沿岸部では多大の被害をこうむってきたところであるが、県民の生命と財産を守る海岸保全施設については、計画的かつ積極的に整備促進されたいこと。  以上、簡単ではありますが、審査の概要を申し述べ、建設委員会の報告といたします。(拍手) 12 ◯議長(檜山俊宏君) 次は文教委員会の報告を求めます。文教委員長長船元昭君。         【文教委員長長船元昭君登壇】 13 ◯文教委員長(長船元昭君) 文教委員会に付託されました議案中、追県第一号議案の審査の結果について御報告申し上げます。  審査に当たりましては、議案の内容について当局から詳細な説明を聴取したところでありまして、審査の結果、付託議案は、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、簡単ではありますが、審査の概要を申し述べ、文教委員会の報告といたします。(拍手) 14 ◯議長(檜山俊宏君) 次は警察商工労働委員会の報告を求めます。警察商工労働委員長吉野 彰君。         【警察商工労働委員長吉野 彰君登壇】 15 ◯警察商工労働委員長(吉野 彰君) 警察商工労働委員会に付託されました議案中、追県第一号議案及び追県第六号議案の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。  審査に当たりましては、議案の内容について当局から詳細な説明を聴取するとともに、活発な論議が展開されたところでありまして、審査の結果、付託議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査の過程におきまして委員から指摘された事項のうち、その主要なものを申し上げますと  長引く景気の低迷に伴い、ホワイトカラーを中心に、中高年齢者の雇用情勢が厳しくなっている。また、企業の採用抑制などにより、新規学卒者の採用も非常に厳しい状況にある。  ついては、中高年齢者の失業予防や離職者の再就職など、雇用の安定確保を図られるとともに、新規学卒者の就職についても、合同採用選考会の実施など、積極的に就職促進に努められたいこと。  以上、簡単ではありますが、審査の概要を申し述べ、警察商工労働委員会の報告といたします。(拍手) 16 ◯議長(檜山俊宏君) 以上をもちまして各常任委員長の報告は終わりました。  直ちに一括して採決いたします。上程中の各案は、各常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君は御起立願います。         【賛成者起立】 17 ◯議長(檜山俊宏君) 起立総員であります。よって、右各案は各常任委員長報告のとおり決しました。  お諮りいたします。三月十四日から二十四日までは、委員会審査等のため、本会議は休会とするに御異議ありませんか。         【「異議なし」と言う者あり】 18 ◯議長(檜山俊宏君) 御異議なしと認めます。よって、さよう決します。  次回の本会議は三月二十五日午前十時三十分から会議を開きます。  本日はこれをもって散会いたします。         午後三時十八分散会 広島県議会...