出雲市議会 > 2018-08-30 >
平成30年度第2回定例会(第1号 8月30日)

ツイート シェア
  1. 出雲市議会 2018-08-30
    平成30年度第2回定例会(第1号 8月30日)


    取得元: 出雲市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-14
    平成30年度第2回定例会(第1号 8月30日)        平成30年度(2018)第2回出雲市議会定例会)会議録        開 会 平成30年(2018)8月30日 午前10時00分        閉 会 平成30年(2018)9月27日 午後 0時15分 〇議事日程第1号           平成30年(2018)8月30日 午前10時開議 第1.会議録署名議員の指名 第2.会期の決定 第3.諸般の報告    (1)議員派遣の報告    (2)専決処分の報告    (3)平成29年度(2017)出雲市請願陳情処理状況報告書    (4)平成29年度(2017)出雲市一般会計特別会計事業別決算説明書    (5)平成29年度(2017)出雲市継続費精算報告書    (6)平成29年度(2017)財産に関する調書    (7)平成29年度(2017)出雲市土地開発基金運用状況調書    (8)平成29年度(2017)健全化判断比率報告書及び資金不足比率報告書    (9)平成29年度(2017)非強制徴収債権放棄報告書
      (10)例月現金出納検査結果報告書 第4.議第 14号 平成30年度(2018)出雲市一般会計第2回補正予算    議第 15号 平成30年度(2018)出雲市国民健康保険事業特別会計第           1回補正予算    議第 16号 平成30年度(2018)出雲市介護保険事業特別会計第1回補           正予算    議第 17号 平成30年度(2018)出雲市病院事業会計第1回補正予算    議第 18号 地域の振興を促進するための固定資産税の課税免除等に関す           る条例の一部を改正する条例    議第 19号 出雲市手数料条例の一部を改正する条例    議第 20号 出雲市介護保険条例の一部を改正する条例    議第 21号 出雲市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定め           る条例の一部を改正する条例    議第 22号 出雲市ご縁広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正す           る条例    議第 23号 出雲市立保育所設置条例及び出雲市立幼稚園条例の一部を改           正する条例    議第 24号 出雲市湖陵デイサービスセンターの設置及び管理に関する条           例を廃止する条例    議第 25号 出雲市多伎いちじく温泉運営基金設置条例及び出雲市多伎い           ちじく温泉利用施設の設置及び管理に関する条例を廃止する           条例    議第 26号 工事請負契約締結について(次期可燃ごみ処理施設建設工           事)    議第 27号 工事請負契約締結について(古志86号線外道路改良工事           (3工区))    議第 28号 工事請負契約締結について(古志86号線外道路改良工事           (6工区))    議第 29号 備品の取得について(小型動力ポンプ普通積載車)    議第 30号 備品の取得について(小型動力ポンプ軽積載車)    議第 31号 建物の減額譲渡について(多伎いちじく温泉)    議第 32号 平成29年度(2017)出雲市水道事業会計未処分利益剰余金           の処分について    議第 33号 市道路線の廃止について    議第 34号 市道路線の認定について 第5.認第  1号 平成29年度(2017)出雲市一般会計歳入歳出決算認定につ           いて    認第  2号 平成29年度(2017)出雲市国民健康保険事業特別会計歳入           歳出決算認定について    認第  3号 平成29年度(2017)出雲市国民健康保険橋波診療所事業特           別会計歳入歳出決算認定について    認第  4号 平成29年度(2017)出雲市診療所事業特別会計歳入歳出決           算認定について    認第  5号 平成29年度(2017)出雲市後期高齢者医療事業特別会計歳           入歳出決算認定について    認第  6号 平成29年度(2017)出雲市介護保険事業特別会計歳入歳出           決算認定について    認第  7号 平成29年度(2017)出雲市下水道事業特別会計歳入歳出決           算認定について    認第  8号 平成29年度(2017)出雲市農業漁業集落排水事業特別会           計歳入歳出決算認定について    認第  9号 平成29年度(2017)出雲市浄化槽設置事業特別会計歳入歳           出決算認定について    認第 10号 平成29年度(2017)出雲市風力発電事業特別会計歳入歳出           決算認定について    認第 11号 平成29年度(2017)出雲市ご縁ネット事業特別会計歳入歳           出決算認定について    認第 12号 平成29年度(2017)出雲市住宅新築資金等貸付事業特別会           計歳入歳出決算認定について    認第 13号 平成29年度(2017)出雲市高野令一育英奨学事業特別会計           歳入歳出決算認定について    認第 14号 平成29年度(2017)出雲市廃棄物発電事業特別会計歳入歳           出決算認定について    認第 15号 平成29年度(2017)出雲市水道事業会計決算認定について    認第 16号 平成29年度(2017)出雲市病院事業会計決算認定について 第6.決算特別委員会の設置 第7.諸般の報告    (1)決算特別委員会正副委員長の報告 第8.諮第  1号 人権擁護委員候補者につき意見を求めることについて 第9.議員の派遣について                  会議に付した事件 第1.会議録署名議員の指名 第2.会期の決定 第3.諸般の報告    (1)議員派遣の報告    (2)専決処分の報告    (3)平成29年度(2017)出雲市請願陳情処理状況報告書    (4)平成29年度(2017)出雲市一般会計特別会計事業別決算説明書    (5)平成29年度(2017)出雲市継続費精算報告書    (6)平成29年度(2017)財産に関する調書    (7)平成29年度(2017)出雲市土地開発基金運用状況調書    (8)平成29年度(2017)健全化判断比率報告書及び資金不足比率報告書    (9)平成29年度(2017)非強制徴収債権放棄報告書   (10)例月現金出納検査結果報告書 第4.議第 14号 平成30年度(2018)出雲市一般会計第2回補正予算    議第 15号 平成30年度(2018)出雲市国民健康保険事業特別会計第           1回補正予算    議第 16号 平成30年度(2018)出雲市介護保険事業特別会計第1回補           正予算    議第 17号 平成30年度(2018)出雲市病院事業会計第1回補正予算    議第 18号 地域の振興を促進するための固定資産税の課税免除等に関す           る条例の一部を改正する条例    議第 19号 出雲市手数料条例の一部を改正する条例    議第 20号 出雲市介護保険条例の一部を改正する条例    議第 21号 出雲市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定め           る条例の一部を改正する条例    議第 22号 出雲市ご縁広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正す           る条例    議第 23号 出雲市立保育所設置条例及び出雲市立幼稚園条例の一部を改
              正する条例    議第 24号 出雲市湖陵デイサービスセンターの設置及び管理に関する条           例を廃止する条例    議第 25号 出雲市多伎いちじく温泉運営基金設置条例及び出雲市多伎い           ちじく温泉利用施設の設置及び管理に関する条例を廃止する           条例    議第 26号 工事請負契約締結について(次期可燃ごみ処理施設建設工           事)    議第 27号 工事請負契約締結について(古志86号線外道路改良工事           (3工区))    議第 28号 工事請負契約締結について(古志86号線外道路改良工事           (6工区))    議第 29号 備品の取得について(小型動力ポンプ普通積載車)    議第 30号 備品の取得について(小型動力ポンプ軽積載車)    議第 31号 建物の減額譲渡について(多伎いちじく温泉)    議第 32号 平成29年度(2017)出雲市水道事業会計未処分利益剰余金           の処分について    議第 33号 市道路線の廃止について    議第 34号 市道路線の認定について 第5.認第  1号 平成29年度(2017)出雲市一般会計歳入歳出決算認定につ           いて    認第  2号 平成29年度(2017)出雲市国民健康保険事業特別会計歳入           歳出決算認定について    認第  3号 平成29年度(2017)出雲市国民健康保険橋波診療所事業特           別会計歳入歳出決算認定について    認第  4号 平成29年度(2017)出雲市診療所事業特別会計歳入歳出決           算認定について    認第  5号 平成29年度(2017)出雲市後期高齢者医療事業特別会計歳           入歳出決算認定について    認第  6号 平成29年度(2017)出雲市介護保険事業特別会計歳入歳出           決算認定について    認第  7号 平成29年度(2017)出雲市下水道事業特別会計歳入歳出決           算認定について    認第  8号 平成29年度(2017)出雲市農業漁業集落排水事業特別会           計歳入歳出決算認定について    認第  9号 平成29年度(2017)出雲市浄化槽設置事業特別会計歳入歳           出決算認定について    認第 10号 平成29年度(2017)出雲市風力発電事業特別会計歳入歳出           決算認定について    認第 11号 平成29年度(2017)出雲市ご縁ネット事業特別会計歳入歳           出決算認定について    認第 12号 平成29年度(2017)出雲市住宅新築資金等貸付事業特別会           計歳入歳出決算認定について    認第 13号 平成29年度(2017)出雲市高野令一育英奨学事業特別会計           歳入歳出決算認定について    認第 14号 平成29年度(2017)出雲市廃棄物発電事業特別会計歳入歳           出決算認定について    認第 15号 平成29年度(2017)出雲市水道事業会計決算認定について    認第 16号 平成29年度(2017)出雲市病院事業会計決算認定について 第6.決算特別委員会の設置 第7.諸般の報告    (1)決算特別委員会正副委員長の報告 第8.諮第  1号 人権擁護委員候補者につき意見を求めることについて 第9.議員の派遣について                  出 席 議 員               1番 今 岡 真 治 君               2番 玉 木   満 君               3番 山 内 英 司 君               4番 後 藤 由 美 君               5番 川 光 秀 昭 君               6番 児 玉 俊 雄 君               7番 錦 織   稔 君               8番 本 田 一 勇 君               9番 大 谷 良 治 君              10番 岸   道 三 君              11番 湯 淺 啓 史 君              12番 神 門   至 君              13番 寺 本 淳 一 君              14番 渡 部   勝 君              15番 福 島 孝 雄 君              16番 原   正 雄 君              17番 西 村   亮 君              18番 大 場 利 信 君              19番 伊 藤 繁 満 君              20番 保 科 孝 充 君              21番 飯 塚 俊 之 君              22番 板 垣 成 二 君              23番 萬 代 輝 正 君              24番 板 倉 一 郎 君              25番 多々納 剛 人 君              26番 川 上 幸 博 君              27番 福 代 秀 洋 君              28番 板 倉 明 弘 君              29番 勝 部 順 子 君              30番 山 代 裕 始 君              31番 宮 本   享 君              32番 長 廻 利 行 君               欠 席 議 員                 な   し                説明のために出席した者           市長            長 岡 秀 人 君           副市長           伊 藤   功 君           副市長           藤 河 正 英 君           代表監査委員        周 藤   滋 君           教育長           槇 野 信 幸 君           病院事業管理者       雫   稔 弘 君           総合政策部長        石 田   武 君
              総務部長          小 瀧 昭 宏 君           防災安全担当部長      持 田 俊 司 君           財政部長          安 井 孝 治 君           健康福祉部長        馬 庭   隆 君           子ども未来部長       石 飛 幸 治 君           市民文化部長        永 瀨   学 君           経済環境部長        鐘 築 健 治 君           環境担当部長        赤 木 亮 一 君           農林水産部長        池 田   透 君           都市建設部長        長 見 康 弘 君           都市計画担当部長      森 脇 悦 朗 君           教育部長          植 田 義 久 君           上下水道局長        田 中 勤 一 君           消防長           平 井 孝 弥 君           総合医療センター事務局長  小 村 信 弘 君           会計管理者         森 広   智 君           監査委員事務局長      坂 本 純 夫 君           秘書課長          三 代   均 君           財政課長          安 井 政 幸 君                  議会事務局出席者           局長            今 岡 範 夫           次長            三 原 潤 哉           係長            加 村 光 夫           書記            足 立 朋 文                午前10時00分 開会 ○議 長(福代秀洋君) おはようございます。  これより平成30年度(2018)第2回出雲市議会定例会を開会いたします。  本日の出席議員は全員であります。  これより、本日の会議を開きます。  開会にあたり市長から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。  長岡市長。 ○市 長(長岡秀人君) 登壇 おはようございます。  平成30年度(2018)第2回出雲市議会定例会の開会にあたりまして、一言ご挨拶を申しあげます。  皆様ご承知のとおり、本年7月豪雨は、中四国地方を中心とした多くの地域に大きな被害を与えました。被災された皆様方に心からお見舞いを申しあげます。  被災された皆様が一刻も早く平穏な生活を取り戻されるよう、本市としても引き続き支援をしてまいります。被災された全ての地域の早期復興を心から願うものでございます。  また、今年の夏は、連日35度を超える災害級とまで言われる猛暑が続いているうえに、8月には台風が毎週のように発生するなど、例年になく不安定な天候が続いております。自然の脅威を感じるとともに、日ごろからの備えをしっかりしておくことの大切さを強く感じたところであります。  こうした中、今年も全国高校総体において、本市の若い力が躍動しました。陸上競技では男子走り幅跳びで出雲高校の永岡宗一郎さんが2位に入賞し、出雲農林高校カヌー部が男子カナディアンフォアにおいて、また出雲北陵高校がなぎなた女子団体において、それぞれ3位に入賞するなど、好成績を残しました。  また、出雲一中と出雲北陵高校が全日本吹奏楽コンクール中国大会において優秀な成績をおさめ、全国大会への出場を決めております。  さて、今議会でお諮りする案件は、人事案件が1件、予算案件が平成30年度(2018)出雲市一般会計第2回補正予算及び出雲市国民健康保険事業特別会計第1回補正予算、出雲市介護保険事業特別会計第1回補正予算、出雲市病院事業会計第1回補正予算の4件でございます。また、決算案件としては平成29年度(2017)出雲市一般会計歳入歳出決算認定など16件、条例案件としては、地域の振興を促進するための固定資産税の課税免除等に関する条例の一部を改正する条例など8件、単行議決案件が工事請負契約締結についてなど9件、専決処分の報告が4件、その他の報告関係が12件ございます。  詳細につきましては、それぞれ担当部長から説明させますので、議員の皆様方の適切なるご審議、ご決定をいただくようお願いを申しあげまして、開会にあたってのご挨拶とさせていただきます。 ○議 長(福代秀洋君) 本日の議事日程はお手元に配付いたしました議事日程のとおりであります。  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第85条の規定により議長において、9番、大谷良治議員、21番、飯塚俊之議員を指名いたします。  日程第2、会期の決定の件を議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会会期は、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日から9月27日までの29日間としたいと思います。  これにご異議ございませんか。               (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  よって、本定例会会期は、本日から9月27日までの29日間とすることに決定いたしました。  日程第3、諸般の報告を行います。  初めに、議員派遣の報告についてであります。  閉会中、議長においてお手元に配付した議員の派遣についてのとおり、議員の派遣を決定しましたので報告いたします。  次に、本日市長から、専決処分の報告、平成29年度(2017)出雲市請願陳情処理状況報告書、平成29年度(2017)出雲市一般会計特別会計事業別決算説明書、平成29年度(2017)出雲市継続費精算報告書、平成29年度(2017)財産に関する調書平成29年度(2017)出雲市土地開発基金運用状況調書平成29年度(2017)健全化判断比率報告書及び資金不足比率報告書及び平成29年度(2017)非強制徴収債権放棄報告書の提出がありました。  また、監査委員から、例月現金出納検査結果報告書の提出がありました。それぞれお手元にその写しを配付しておりますので、ご覧ください。  以上で諸般の報告を終了いたします。  日程第4、議第14号から議第34号まで及び日程第5、認第1号から認第16号までを一括議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  小瀧総務部長。 ○総務部長(小瀧昭宏君) 登壇 おはようございます。  ただいま上程されました議案のうち、予算並びに決算に関する案件を除く議案につきましてご説明を申しあげます。  お手元に配付いたしております議案書の目次をご覧いただきたいと思います。  まず、条例案件についてご説明いたします。  初めに、目次2ページ、議第18号は、地域再生法等の一部改正に伴い、地方活力向上地域として指定された区域における認定事業者に対する固定資産税の課税免除及び不均一課税について、所要の改正を行うものです。  次に、議第19号は、建築基準法の一部改正に伴い、同法の規定に基づく新たな事務に係る手数料を定めるため、議第20号は、介護保険施行令等の一部改正に伴い、条例で引用する政令の条項を改めるため、議第21号は、家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、家庭保育事業者等が提供する代替保育に関する連携施設基準等が規定されたため、それぞれ所要の改正を行うものです。  議第22号は、出雲市公共施設のあり方指針に基づき、民間事業者による当該施設の新たな利活用を進めるため、所要の改正を行うものです。  議第23号は、地方税法等の一部改正に伴い、保育所保育料及び幼稚園保育料の算出の基礎となる所得割額に関する規定を改めるなど、所要の改正を行うものでございます。  議第24号は、出雲市公共施設のあり方指針に基づき、本年10月31日をもって当該施設を廃止するため、本条例の廃止を行うものです。  議第25号は、出雲市公共施設のあり方指針に基づき、本年度末をもって当該施設を廃止し、4月1日に民間譲渡するため、関係条例の廃止を行うものでございます。  続いて、議第32号を除く単行議決案件についてご説明いたします。  初めに、議第26号から議第28号までは、次期可燃ごみ処理施設建設工事、古志86号線外道路改良工事(3工区)及び古志86号線外道路改良工事(6工区)の工事請負契約をそれぞれ締結することについて、次に、議第29号及び議第30号は、小型動力ポンプ普通積載車5台及び小型動力ポンプ軽積載車8台をそれぞれ購入することについて、議第31号は、多伎いちじく温泉を民間事業者に減額譲渡することについて、最後になりますが、議第33号及び議第34号は、宅地造成に伴い、1路線を廃止し、2路線を認定することについて、それぞれ議会議決を求めるものでございます。  以上、提案理由の説明といたします。よろしくお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 安井財政部長。 ○財政部長(安井孝治君) 登壇 ただいま上程されました議案のうち、予算に関係します議第14号から議第16号、並びに決算に関係します認第1号から認第14号について、ご説明をいたします。  初めに、予算についてでございます。  補正予算書の3ページ、平成30年度(2018)出雲市一般会計特別会計予算総括表をご覧ください。  今回は、一般会計と二つの特別会計を補正するものです。  補正額は、一般会計9億3,300万円の追加、特別会計は、国民健康保険事業2億1,700万円、介護保険事業1億3,040万円をそれぞれ追加し、合わせて12億8,040万円を追加するものです。  7ページをご覧ください。  議第14号、平成30年度(2018)出雲市一般会計第2回補正予算でございます。  歳入歳出予算の補正として9億3,300万円を追加し、予算の総額を783億2,600万円とするものです。  続いて、8ページをご覧ください。  歳入の主なものをご説明いたします。  国庫支出金及び県支出金は、介護保険施設整備費補助に伴う国・県補助金などを、寄附金は、地域福祉スポーツ振興に関する寄附金を、繰越金は、平成29年度(2017)決算に基づく剰余金の一部を、市債は、災害復旧事業などの財源として、所要額をそれぞれ計上しています。  次に、歳出の主なものをご説明いたします。  総務費は、平成29年度(2017)決算に伴う剰余金の一部の減債基金への積み立てや、平成31年(2019)5月1日の元号改正に向けての各種システム改修費などを、民生費は、介護保険施設整備に対する補助金などを、農林水産業費は、畜産競争力強化を目的とする堆肥舎整備に対する補助を、商工費は、出雲市中小企業・小規模企業振興計画に基づく企業実態調査費などを計上しています。  土木費は、除雪対策費及び合併処理浄化槽設置補助金の追加を、教育費は、急増する帰国・外国籍児童生徒に対する支援事業費の追加などを、災害復旧費は、本年7月の豪雨により被災した農地及び農業施設林道・市道の復旧費を計上しています。  次に、特別会計についてこ説明いたします。  31ページ以降に掲載しております国民健康保険事業及び介護保険事業の二つの特別会計は、ともに平成29年度(2017)事業費の確定に伴います国・県支払基金への返還金などを計上するものです。  次に、平成29年度(2017)の一般会計及び特別会計決算について、ご説明いたします。  歳入歳出決算書の4ページ、決算総括表をご覧ください。  認第1号から認第14号までの一般会計及び13の特別会計決算につきまして、この総括表でご説明をいたします。  一般会計につきましては、歳入決算額812億4,952万5,964円に対し、歳出決算額798億6,541万9,460円であり、この歳入歳出差引額から、さらに平成30年度(2018)へ繰り越した事業の財源1億1,461万9,385円を差し引いた残額12億6,948万7,119円が実質的な収支となっております。  なお、平成30年度(2018)へ繰り越した事業につきましては、特別会計も含めて本年6月議会に報告したところでございます。  次に、特別会計です。  まず、国民健康保険事業では、歳入決算額202億4,629万1,474円に対し、歳出決算額193億9,871万604円、差引残額8億4,758万870円となっております。  以下、特別会計ごとの差引残額は、国民健康保険橋波診療所事業0円、診療所事業762万219円、後期高齢者医療事業4,954万1,430円、介護保険事業1億6,044万9,410円、下水道事業、農業漁業集落排水事業、浄化槽設置事業は、いずれも0円、風力発電事業1,033万7,889円、ご縁ネット事業247万4,096円、住宅新築資金等貸付事業、高野令一育英奨学事業は、ともに0円、廃棄物発電事業は、208万1,356円となっております。  以上が、一般会計及び特別会計決算概要です。各会計における剰余金につきましては、平成30年度(2018)会計の歳入に繰越金として収入することとしております。
     以上、簡単でございますが、一般会計及び特別会計の補正予算並びに決算の提案理由の説明とさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 田中上下水道局長。 ○上下水道局長(田中勤一君) 登壇 それでは、ただいま上程されました水道事業の決算に関しまして、議第32号、平成29年度(2017)出雲市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について及び認第15号、平成29年度(2017)出雲市水道事業会計決算認定について、ご説明いたします。  議案書の順とは違いますけれども、決算状況の説明をした後、未処分利益剰余金の処分につきましてご説明いたします。  最初に、認第15号、平成29年度(2017)出雲市水道事業会計決算認定について、ご説明いたします。  平成29年度(2017)の水道事業は、全ての簡易水道事業を統合して初めての決算となりました。統合によりまして、給水人口や総配水量等の事業量、また料金収入等の収入及び管理費、減価償却費等の支出それぞれに前年度より大幅に増加したところでございます。  簡易水道事業の統合における影響といたしましては、料金収入の増加に比べ、維持管理費等の支出が多くなり、給水原価が供給単価を上回る状況になっております。また、一方で給水人口の大きな減少はないものの、一人当たりの使用量が減少する傾向にありまして、収入に大きな伸びがなく、一方で維持管理費及び施設更新費が増高する状況にあります。今後とも経営環境は厳しくなるものと想定しているところでございます。  それでは、平成29年度(2017)出雲市水道事業会計決算書4ページから5ページをご覧ください。  1.収益的収入及び支出についてです。  収入につきましては、事業収益の決算額が34億8,205万8,895円となりました。この主なものは、営業収益の水道料金が27億3,934万4,910円、営業外収益は長期前受金戻入で4億1,995万5,887円、加入金が8,962万9,200円です。  支出につきましては、決算額が32億4,002万9,263円となりました。主なものといたしましては、営業費用の運転管理費4億3,883万1,867円、職員給与費3億1,539万3,777円、減価償却費14億9,815万8,584円。  営業外費用では、企業債利息2億3,088万6,757円です。  次に、6ページから7ページが資本収入及び支出についてです。  収入につきましては、決算額は8億8,166万8,140円となりました。主なものは、企業債3億円、国庫支出金2,136万6,000円、工事負担金1億3,455万5,147円です。  支出につきましては、決算額が22億3,531万6,609円。内容といたしましては、建設改良費14億8,362万2,079円、企業債償還金7億5,169万4,530円です。  収入総額でございます8億8,166万8,140円から支出総額でございます22億3,531万6,609円を差し引きました13億5,364万8,469円につきましては、そのページの欄外に記載しておりますように、損益勘定留保資金などで補填したところでございます。  続きまして、8ページ及び9ページでございます。特例的収入及び支出です。  これは、平成29年(2017)4月1日から簡易水道を統合いたしました。平成28年度(2016)の簡易水道事業が打ち切り決算となることから、簡易水道事業の未収金及び未払金の決算額でございます。未収金収入決算額は料金収入等で3,515万6,296円、未払金は3月分の料金、また委託料等で支出決算額が3,262万1,914円となりました。  次に、財務諸表についてでございます。  13ページ、損益計算書をご覧ください。平成29年度(2017)の税抜き収支でございます。  平成29年度(2017)の純利益は、1億8,108万1,269円となりました。平成28年度(2016)の決算に比べて約4億円の減額となったところでございます。これは、料金等の収入増に比べ、管理費や減価償却費の増高が大きな原因となったところでございます。  なお、純利益に剰余金変動額3億7,000万円を加えました5億5,108万1,269円が当年度未処分利益剰余金となります。  このほかの財務諸表として貸借対照表を17ページから、附属資料といたしまして事業報告書等を23ページから添付しておりますので、後ほどご覧ください。  以上、平成29年度(2017)水道事業会計決算についての説明といたします。  続きまして、議案書41ページ、議第32号、平成29年度(2017)出雲市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、ご説明いたします。  地方公営企業法第32条第2項の規定によりまして、毎事業年度に生じました利益の処分につきましては、議会議決を経て行うこととなっております。  平成29年度(2017)の純利益1億8,108万1,269円を含みます出雲市水道事業会計未処分利益剰余金5億5,108万1,269円につきましては、1億8,108万1,269円を建設改良積立金に積み立て、3億7,000万円を資本金へ組み入れる処分について、議会議決を求めるものでございます。  以上、説明といたします。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 小村総合医療センター事務局長。 ○総合医療センター事務局長(小村信弘君) 登壇 上程されました病院事業について、ご説明いたします。  まず、議第17号、平成30年度(2018)出雲市病院事業会計第1回補正予算について、ご説明申しあげます。  今回の補正は、平成31年度(2019)当初から発生する委託業務について、入札事務等の執行期間を確保するため、債務負担行為を設定するものであります。  病院事業会計補正予算書の3ページをご覧ください。  第1条は総則、第2条債務負担行為は給食業務の委託に要する経費について、平成31年度(2019)から平成35年度(2023)までの5年を期間とし、限度額を5億円と設定するものであります。  なお、5ページ以降に、予算に関する説明資料を添付しておりますので、後ほどご覧いただきたいと思います。  以上、病院事業会計補正予算の説明といたします。  続きまして、認第16号、平成29年度(2017)出雲市病院事業会計決算認定についてご説明いたします。  病院事業会計決算書の19ページをご覧ください。  まず、概況でございます。  平成29年度(2017)は、平成28年(2016)12月に策定いたしました出雲市立総合医療センター新改革プランに基づく収支改善の基本目標である現金収支の黒字化の維持、内部留保資金の確保の達成に向け、経営改善に努め、島根県が策定した地域医療構想を踏まえ、改革プランに掲げる当センターの役割を果たすため、平成29年(2017)2月に行った病床機能転換による地域包括ケア病棟50床を含む一般病床147床、医療型療養病床52床の計199床により診療を行いました。  患者数につきましては、常勤医師2名の退職の影響もあり、外来では、前年度に比べ延べ患者数で1,389人の減、一日平均6.9人の減、入院では、延べ患者数で3,213人の減、一日平均で8.8人の減となり、病床利用率は、78.2%で、前年度を4.4ポイント下回る結果となりました。  次に、収支状況でありますが、決算書の4ページ、5ページをご覧いただきたいと思います。  収益的収入は、前年度に比べ約6,214万円減の31億461万4,502円の決算額となりました。  主な要因といたしましては、入院患者数の減などにより医業収益が約2,074万円減となったほか、前年度に特別利益として計上した退職手当組合積立金の超過積立金3,800万円の皆減などによるものでございます。  一方、収益的支出は、前年度に比べ約2,098万円増の32億2,771万7,287円の決算額となりました。  主な要因としては、給与費などは減額となりましたが、減価償却費が増となったことと、先ほど収入でご説明しました退職手当組合積立金について、退職給付債務との差額が前年度と比べ下回った額、約6,770万円を特別損失として計上したことなどによるものでございます。  この結果、現金収支では、前年度に比べ2,130万円余り増の約1億3,004万円の黒字となりました。  次に、6ページ、7ページをご覧ください。  資本的収支でございますが、収入総額は、2億2,094万9,234円で、主な内訳は企業債及び他会計負担金であります。  支出総額は、3億2,894万637円で、主な内訳は建設改良費及び企業債償還金であります。  収支差し引き1億799万1,403円の不足につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補填いたしました。  この結果、損益勘定留保資金は、収益的収支における現金収支から資本的収支補填額を差し引きまして2,205万円余りの黒字となり、年度末の損益勘定留保資金は8億3,153万25円となりました。  このほか9ページ以降には、財務諸表として損益計算書、剰余金計算書、貸借対照表を、17ページ以降には、附属書類として事業報告書、キャッシュ・フロー計算書などを記載しておりますので、後ほどご覧いただきたいと思います。  以上、平成29年度(2017)出雲市病院事業会計決算の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 以上で、各議案の提案理由の説明を終わります。  次に、認第1号から認第16号までに関し、監査委員決算審査意見について発言を許可いたします。  周藤代表監査委員。 ○代表監査委員(周藤 滋君) 登壇 皆さん、おはようございます。代表監査委員の周藤でございます。  平成29年度(2017)の一般会計特別会計の歳入歳出決算土地開発基金運用状況、水道事業会計病院事業会計決算並びに健全化判断比率及び資金不足比率について、吾郷紘一委員及び萬代輝正委員と審査を行いまして、合議により審査意見を決定しましたので、その結果についてご報告いたします。  まず、一般会計特別会計についてです。  決算書及び関係書類等について調査照合するとともに、予算の執行効率と事務処理の適否等について審査した結果、決算書ほか関係書類は、地方自治法施行規則に定められた様式を備えており、計数は関係帳簿と符合し、正確であると認めました。  決算状況等につきましては、先ほど執行部から説明がありましたので割愛し、審査意見を申し述べます。  出雲市一般会計特別会計歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書、これの22ページをご覧ください。  平成29年度(2017)の決算において、実質収支は引き続き黒字を維持しております。  また、出雲市財政計画の目標への達成状況を見ると、地方債現在高、実質公債費比率、将来負担比率とも着実に改善が進んでおり、財政の健全化を目指し、継続して努力された成果があらわれております。  歳入については、債権管理の適正化と債権回収が進められた結果、平成28年度(2016)に引き続き収入未済額は減少しているところであります。  普通交付税も減少する中、自主財源の確保は重要であり、引き続き収納率の向上に努めていただきたいと考えます。  歳出については、次期可燃ごみ処理施設整備の進捗などに加え、扶助費等の増加も続いており、今まで以上に事業の選択と集中が求められております。引き続き行財政改革の取組みや、歳出全般にわたる経費節減により、歳出規模の適正化に努められるよう望みます。  次に、土地開発基金の運用状況審査についてであります。  先ほどの出雲市一般会計特別会計、それから、基金運用状況の意見書、それの26ページをご覧いただけますか。  基金の運用状況に関する調書ほかにおいて、計数の正確性を確認するとともに、基金の趣旨に沿った運用が行われているか審査した結果、調書の計数は関係帳簿と符合し、正確であると認めました。  また、基金は、設置目的に従い、確実かつ効率的に運用され、その手続及び財産管理事務は概ね適正であると認めました。  今後も公有地取得に係る事業の進捗状況を把握され、市全体の財政計画も勘案しながら、基金設置の趣旨に沿った適切な運用に努められるよう望みます。  続きまして、水道事業会計及び病院事業会計決算審査結果について報告いたします。  二つの会計決算書及び附属書類について、調査照合するとともに、計数や主要指標の年度間比較等により審査をした結果、決算書及び附属書類は、関係法令に準拠して作成されており、計数的にも正確に処理され、経営成績及び財政状態を適正に表示しているものと認めました。  また、いずれの事業とも経済性の発揮及び公共の福祉の増進という公営企業経営の基本原則に沿って運営されておりまして、その経営努力を認めます。  そのうえで、さらなる経営健全化に向けての審査意見を申し述べます。  まず、出雲市水道事業会計決算審査意見書34ページでございます。  平成29年度(2017)の水道事業は、簡易水道事業統合の影響を受け、純利益が減少するとともに、各種経営分析指標も全て減少しました。  しかし、費用の節減、堅実な水道料金等の収入確保により、予算見込みを上回る純利益を確保されたことから、水道事業統合の経営への影響を最小限にとどめるための努力を認めることができました。  今後も給水人口の減少や水需要の減少など、厳しい経営が想定されるところですが、災害対策、安定的な事業運営に向けた費用縮減、適正な水準の給水収益の確保、「水道事業ビジョン」をはじめとする各種計画策定などに取組まれ、引き続き安全で安定した経営を目指していただきたいと考えます。  次に、出雲市病院事業会計決算審査意見書、これの29ページをご覧いただけますか。  平成29年度(2017)の病院事業は、常勤医師の退職による影響を最小限にとどめるため、現有の医師・スタッフの懸命な努力により運営・経営がなされ、出雲市立総合医療センター新改革プランにおける収支改善の基本指標である現金収支の黒字化の維持、内部留保資金の確保を目指されたものと認めることができました。  医師及び医療スタッフ確保、患者確保、費用節減に努められ、引き続き新改革プランに掲げた目標の達成、そして、あるべき総合医療センターの姿を目指していただくことを望みます。  続きまして、健全化判断比率及び資金不足比率の審査についてであります。  これも平成29年度(2017)健全化判断比率及び資金不足比率審査意見書、それをご覧いただけますか。  一般会計歳入歳出決算等に係る実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率並びに公営企業会計2件、特別会計6件の資金不足比率について、その算定の基礎となる事項を記載した書類に基づき、計数の確認及び適否を審査した結果、関係書類はいずれも計数に誤りはなく、正確に算定されていると認めました。  また、健全化判断比率に係る実質公債費比率及び将来負担比率は、いずれも早期健全化基準を下回っていること、資金不足比率は、いずれの会計も資金の不足額がないため、算定されないことを認めました。  さて、最後になりますが、本市の財政状況は、出雲市財政計画の目標を上回る改善傾向を引き続き示しているものの、依然として厳しい状況にあると言えます。  こうした状況の中、財政健全化に向けてさらなる努力をされるとともに、雇用創出、定住促進、結婚・出産・子育て支援など、市民に元気を与える施策の重点的な実施により、「げんき、やさしさ、しあわせあふれる縁結びのまち出雲」の実現を目指していただくことをお願いし、審査意見の報告といたします。  ご清聴ありがとうございました。 ○議 長(福代秀洋君) 以上で、決算案件に対する監査委員決算審査意見についての報告は終了いたしました。  ただいま議題となっております各議案につきましては、本日は提案理由の説明までにとどめ、質疑等は後日改めて議事日程に上げることといたします。  日程第6、決算特別委員会の設置を議題といたします。  お諮りいたします。  平成29年度(2017)出雲市一般会計特別会計及び企業会計に関する決算認定案件及び決算関連議案についての審査のため、委員15名で構成する決算特別委員会を設置いたしたいと思います。  これにご異議ございませんか。               (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  よって、委員15人をもって構成する決算特別委員会を設置することに決定いたしました。
     ただいま設置されました決算特別委員会委員の選任につきましては、議長においてお手元に配付いたしております名簿記載のとおり選任いたします。  ここでしばらく休憩いたします。  直ちに決算特別委員会が開催されますので、関係の皆様は委員会室にお集まりください。  また、決算特別委員会終了後、全員協議会を開催いたしますので、関係の皆様はお集まりください。                午前10時46分 休憩                午前11時03分 再開 ○議 長(福代秀洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第7、諸般の報告を行います。  先ほど決算特別委員会が開催され、正副委員長が互選により決定いたしましたのでご報告いたします。  委員長は板垣成二委員、副委員長は神門 至委員がそれぞれ選任されましたので報告いたします。  日程第8、諮第1号、人権擁護委員候補者につき意見を求めることについてを議題といたします。  お諮りいたします。  諮第1号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託及び討論を省略して採決を行いたいと思います。  これにご異議ございませんか。               (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  よって、諮第1号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託及び討論を省略して採決を行うことに決定いたしました。  これより採決いたします。  まずは、出席ボタンのみを押してください。                  (出 席 確 認) ○議 長(福代秀洋君) 諮第1号、人権擁護委員候補者につき意見を求めることについて、議案書に記載のとおり、これに同意することの賛否について、投票ボタンを押してください。                    (投  票) ○議 長(福代秀洋君) これにて投票を終了いたします。  投票結果を報告いたします。  投票総数31人、賛成31人。  賛成全員であります。  よって、諮第1号は出雲市下古志町1206番地1 木村智江氏、出雲市湖陵町大池1266番地3 若築俊寿氏、出雲市斐川町直江1411番地 上代恵子氏、出雲市今市町911番地 竹原晃彦氏、出雲市姫原町3丁目6番地6 金山孝治氏、出雲市佐田町原田134番地1 板垣正樹氏、出雲市佐田町一窪田2269番地1 安食博文氏、出雲市斐川町中洲445番地 藤岡由理子氏の推薦に同意することに決定いたしました。  日程第9、議員の派遣についてを議題といたします。  お諮りいたします。  議員の派遣については、質疑、委員会付託、討論を省略したいと思います。  これにご異議ございませんか。               (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  よって、議員の派遣については、質疑、委員会付託、討論を省略することに決定いたしました。  これより採決いたします。  お諮りいたします。  本件について、お手元に配付しておりますとおり、議員を派遣したいと思います。  これにご異議ございませんか。               (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  よって、お手元に配付いたしました議員の派遣についてに記載のとおり、議員を派遣することに決定いたしました。  お諮りいたします。  ただいま議員の派遣について議決されましたが、派遣場所、派遣期間等に変更があった場合、その決定については議長委任されたいと思います。  これにご異議ございませんか。               (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(福代秀洋君) 異議なしと認めます。  よって、派遣場所、派遣期間等に変更があった場合、その決定については議長委任することに決定いたしました。  以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。  なお、この後11時10分から全員協議会を開会いたしますので、関係者は全員協議会室にお集まりください。  本日は、これをもって散会といたします。  お疲れさまでした。               午前11時08分 散会    地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。               出雲市議会議長    福 代 秀 洋               出雲市議会議員    大 谷 良 治               出雲市議会議員    飯 塚 俊 之...