運営者 Bitlet 姉妹サービス
浜田市議会 > 2016-12-01 >
平成28年12月 予算決算委員会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2016-12-01
    平成28年12月 予算決算委員会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    平成28年12月 予算決算委員会     平成28年12月浜田市議会予算決算委員会会議録(第1号)1. 日  時  平成28年12月15日(木)午前9時58分開議2. 場  所  全員協議会室        ────────────────────────── 出席委員(23名) 1番  足  立     豪           2番  岡  野  克  俊 3番  柳  楽  真 智 子           4番  串  崎  利  行 5番  小  川  稔  宏           6番  森  谷  公  昭 7番  野  藤     薫           8番  上  野     茂 9番  飛  野  弘  二          10番  笹  田     卓11番  布  施  賢  司          12番  岡  本  正  友13番  芦  谷  英  夫          14番  佐 々 木  豊  治15番  道  下  文  男          16番  田  畑  敬  二17番  平  石     誠          19番  澁  谷  幹  雄20番  西  村     健          21番  江  角  敏  和22番  牛  尾  博  美          23番  原  田  義  則24番  牛  尾     昭        ────────────────────────── 議長出席18番  西  田  清  久        ────────────────────────── 欠席委員(0名)        ────────────────────────── 説明のため出席した者副市長     近 重 哲 夫          教育長     石 本 一 夫総務部長    植 田 和 広          地域政策部長  砂 川   明財務部長    塙   邦 彦          健康福祉部長  川 崎 功 二市民生活部長  宮 崎 良 一          産業経済部長  中 村 俊 二産業経済部参事 田 村 洋 二          都市建設部長  下 垣 博 史教育部長    山 本   博          消防長     藤 井 哲 二上下水道部長  河 野 正 雄          金城支所長   吉 永 靖 司旭支所長    田 村 邦 麿          弥栄支所長   細 川 良 彦三隅支所長   斎 藤 友 昭          人事課長    古 森 義 明財政課長    草 刈 健 司          地域福祉課長  杉 本 治 幸子育て支援課長 有 福   修          医療保険課長  三 浦 博 道産業政策課長  村 武   潔          観光交流課長  岡 本 好 明建設整備課長  吉 川 直 哉          教育総務課長  佐々木 秀 樹        ────────────────────────── 事務局職員出席者事務局長    三 浦 直 生          次長      外 浦 和 夫主任主事    森 下 雅 美        ────────────────────────── 議事日程(第1号)第1 議案第125号 平成28年度浜田市一般会計補正予算(第3号)第2 議案第126号 平成28年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)第3 議案第127号 平成28年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)第4 議案第128号 平成28年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)第5 議案第129号 平成28年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)第6 議案第130号 平成28年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)第7 議案第131号 平成28年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)第8 議案第134号 平成28年度浜田市一般会計補正予算(第4号)第9 その他        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件議事日程(第1号)のとおり        ──────────────────────────            会       議            午前9時58分 開議 ○布施委員長 皆さん、おはようございます。 ただいま出席委員は23名で定足数に達しておりますので、直ちに予算決算委員会を開催いたします。 本日は、議案第125号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第3号)、議案第126号平成28年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議案第127号平成28年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)、議案第128号平成28年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第129号平成28年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第130号平成28年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第131号平成28年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)及び議案第134号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第4号)の8件の予算議案について審査を行います。 審査を行う前に、審査の方法について確認しておきたいと思います。 執行部から補足説明がある場合のみ説明をしていただきます。その後、審査を行います。順番は、まず歳入について全体に行い、次に歳出について会計ごとの事業番号順に行います。 質疑は一問一答方式とし、時間や回数に制限はありません。事業番号ごとに質疑の希望の方について挙手をお願いいたします。議席番号の若い順に発言を許可しますので、マイクを使用して発言してください。質疑終了後、挙手されなかった委員のうち、1人につき1件のみ発言を許可します。審査の方法については以上です。 委員の皆さんは、自席でマイクを使用して行ってください。 執行部の皆さんは、答弁される場合は、最初は挙手と同時に自分の職名をご発言ください。指名をいたしますので、マイクを使用し、答弁を始めてください。簡素明瞭、的確な答弁を行っていただきますようにお願い申し上げます。 それでは、これより付託議案の審査を行います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 議題1、議案第125号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。 所管の部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) それでは、これより質疑に入ります。 まず、説明資料2ページの歳入について質疑をされる方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 質疑なしと認め、歳入についての質疑を終了いたします。 続いて、歳出について質疑に入ります。 説明資料3ページ、議会費から審査を行います。事業番号ごとに質疑を行います。 1番について質疑をされる方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、2番の職員給与費について質疑される方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、3番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、4番について質疑をされる方、挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、5番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、6番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、7番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、8番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、9番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、10番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 単純に、この減額幅が非常に大きいと思いますけれども、この要因。減額の内容についてお聞かせをいただきたいと思います。 ○布施委員長 観光交流課長。 ◎岡本観光交流課長 この減額の理由ですけども、今年度予定されておりました浜田日中友好協会の訪中と、それから市内の観光会社のベトナムチャーター便の就航がそれぞれ中止になったということで、職員及び通訳として同行する国際交流員の訪問旅費、それから友好交流団体に対する補助金を減額したものでございます。 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 その中止になった理由というのは何でしょうか。 ◎岡本観光交流課長 中止の理由ですが、浜田日中友好協会の訪中につきましては、中国側との調整が整わなかったということと、それからベトナムチャーター便につきましては、その旅行会社のほうに確認をしました。国際民間航空機関というのがございまして、その中で消防カテゴリーという基準があると。それは、就航する航空機の規格、燃料積載量と乗客定員、これによって空港が11の等級に分けられている。ベトナム航空では、このうち8等級以上の空港は着陸できますが、萩・石見空港はその基準に達していないということで就航ができないということが理由ということを聞いております。その消防カテゴリーといいますのが、化学消防車配置台数とか機能とかによってそういう基準があるということでして、そうした基準に萩・石見空港が達していないということで就航ができないと聞いております。
    ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 ということは、ベトナムへの就航というのは、現状では来年も再来年も、それがクリアしないとできないということなんですね。 ◎岡本観光交流課長 はい、そのとおりでございます。 ○布施委員長 よろしいですか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、10番については終了いたします。 続きまして、11番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 12番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 13番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 14番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 15番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 16番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 17番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 18番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 19番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上で総務費については終了いたしますが、今まで挙手されなかった方の発言を1人1件のみ許可いたしますが、ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それじゃあ、総務費について終了いたします。 続きまして、民生費について質疑をお受けいたします。 20番、質疑される方は挙手お願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 21番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 22番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 23番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 24番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 25番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 足立委員。 ◆足立委員 放課後等デイサービスの利用増に伴う調整なんですけれども、数年前まで放課後等デイサービスがこの浜田市にはなかったと思っとるんですが、数年前からこれができ始めて、当初予算に計上されるように、それから途中の間、間で補正でも上がるようになってきて、この度も補正で上がってきたということで一気に利用者が増えているんですが、これは潜在的な需要があってその都度補正を上げているのか、それとも利用の中身、サービスの中身がとてもいいがために今まで江津のほうに通っておられた方々が利用の日数を増やした結果、ここに書いてあるように6.8から8.4になったのか、そのあたりの説明をお願いしたいと思います。 ○布施委員長 地域福祉課長。 ◎杉本地域福祉課長 事業所が新たに開設されたということで、当初予算でもその辺の増加は見込んでおるつもりでした。1人の平均の月の利用が6.8として、大体実人数でも40人ぐらいと見込んどったんですけれども、今の時点でももう50人を超えていると。月の1人当たりの利用も8.4ということで、週に2回ぐらいということですね。かなり当然、事業所増ということで予算的には増額したつもりではあったんですけれども、それ以上に利用のほうが、口コミも当然ありますでしょうし、各事業所さんのほうからの呼びかけもありますでしょうし、そうしたことで利用が増えているということだと思っております。 ○布施委員長 足立委員。 ◆足立委員 利用の日数が増えたという話は、今大体わかったんですが、あと夏休み、冬休みとか、あのあたり事業所によっては対応しているところとしていないところがあると思うんですけども、基本的には浜田にある、この新設も含めた事業所っていうのは夏休み、冬休み、春休みを含めて全て対応されているのかどうか、最後にお伺いしたいと思います。 ◎杉本地域福祉課長 7月、8月の利用実績のところも人数的には上がっておりますので、人数の多い、少ないはあろうかと思いますけども、受け入れはしてると思っております。 ○布施委員長 25番の質疑で西村委員。 ◆西村委員 当初予算では、内訳として三つ事業が上がっておりますので、この補正後の三つの事業費ごとに事業費を教えていただきたい。 ○布施委員長 地域福祉課長。 ◎杉本地域福祉課長 この度は、放課後等デイサービスのみの増額ということでの見込み額を、見込みの増を補正額としたものでございます。 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 わかりました。 先ほどもお話があったように、昨年度から急激に受け入れ施設も増えて、そのことが大きいんでしょうけども、利用が非常に大きく伸びてるということで、基本的にそれは結構なことだと思ってるんですが、予算を組むときにどう利用料を見込んでいらっしゃるのかなと思って。今回、また5割以上の補正だと思います。多額の補正になってますので、そこら辺どのように見込んでらっしゃるのか。まさか一人ひとりに聞くわけにいかないと思うんで、どのように見込んでいらっしゃるのかなと思って、そこだけ聞いて終わりたいと。 ◎杉本地域福祉課長 この予算を立てるにおいて、利用者数もそうなんですけれども、単価が障がい程度によってもまた違ってくるというとこがございまして、実際にどういった重度の障がい児童さんが利用されるかっていうことによっても大きく変わってきます。予算自体がもう1,000万円単位になってまして、予算としては余裕のある予算ということで計上すればいいわけですけれども、過大にまた予算化しますと何千万円も余ってしまうということがありまして、ある程度多目には見積もっとるんですけども、何とかぎりぎりというところでの予算化をしているところがある中で、どうしても増加傾向にあるということで年度中途でこういうふうに補正をせざるを得なかったというところでございます。 ○布施委員長 いいですか。 それでは、25番はそのほかありませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、この件については終了いたします。 続きまして、26番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 27番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 28番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 29番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 30番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 この新規の事業でありますけれども、ICT化を推進し、保育業務支援システム導入となっております。100万円あたりが一つの保育所というあんばいだろうと思いますが、これ一体どういうもんなんでしょうか。 ○布施委員長 子育て支援課長。 ◎有福子育て支援課長 事業内容でございますけれども、近年保育士不足ということが話題に上りましたけれども、その大きな要因といたしまして金銭面がまずございますけれども、それにあわせて業務が非常に多忙であるというところが保育士不足の一因ではないかと国のほうでも考えておられます。 そこで、保育士さん、子どもを保育するというのが一番の業務ではございますけれども、それに加えまして指導計画の作成、園児台帳の作成、管理といったようなもろもろの業務がございます。そういった業務につきましてICT化、パソコン等を使って業務を効率化することによって保育士さんの負担を軽くしようという事業でございます。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 今回の補正で、もっともっとICT化によって今の保育士の業務負担の軽減、これがもう十分足りるということにはならないと思うんですけれども、まだまだ補填するのにこのシステムのセットに、ほかにそういうものも要ると思うんですが、そのあたりはどうなんでしょうか。これで十分間に合うという考え方なんでしょうか。 ◎有福子育て支援課長 今回、この事業を実施するに当たりまして、各保育所のほうへ意向調査をいたしております。その中で、特にシステム化、保育業務支援システムの導入に関しましては、今浜田市26保育所ございますが、来年2園開園いたしますので28園のところで意向を聞きましたところ、24園が導入するということで実際に手を挙げられなかったのは3園でございます。 それで、各園とも限度額、ほぼ100万円近い要望を出しておられますので、ほぼこれによって各保育所にこういったシステムが導入される、大幅な業務の効率化が図られると考えております。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 先ほど言われた3園は、なぜ要らないんですか、これを断られたんですか。 ◎有福子育て支援課長 理由までは伺ってはおりませんけれども、小規模園が多うございます。失礼しました。今3園と申しましたが、申しわけございません、4園でした。訂正させていただきます。 小規模園であったりあるいは既に園のほうでこういったものを用意されていたりといったことではないかと思っております。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 最後になりますけれども、この補正でありますけれども、これもあれですか、国の2号補正なんですか。 ◎有福子育て支援課長 正確には平成27年度補正、昨年度の補正予算で繰り越しという形でございます。当初、この事業が始まったときには、ちょうどタイミング的に浜田市の当初予算がもう議会にかけるタイミングでございましたので、なかなか対応ができなかった。今回、追加の募集がございましたので、そのために今回補正で計上させていただいたということでございます。 ○布施委員長 続きまして、佐々木委員。 ◆佐々木委員 大体わかったんですが、ICT化、いろんな分野で今こういったICT化の推進が進められているそのうちの一つかとは思うんですが、これ27年度補正ということでしたが、全国的にもう一斉に各保育所がこういうシステムを導入するような流れとなるようなもんなんでしょうか。 ○布施委員長 子育て支援課長。 ◎有福子育て支援課長 国のほう全国ですので、ほぼ進んでいるのではないかと思います。ちなみに島根県のほうでは、一応浜田市を入れて7市が取り組んでいると聞いております。あと一市が今回の追加募集に応募されるかどうかは、確認はしておりません。 ○布施委員長 30番について、そのほか質疑される方おられますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、31番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、32番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、33番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、34番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上で民生費についてあらかじめ挙手をいただいておりました委員の質疑は終了いたします。 そのほかの委員の方で民生費について1人1件お受けいたしますけども、ありますでしょうか。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 平石委員。 ◆平石委員 おはようございます。 25番についてもうちょっとお聞かせ願いたいと思います。 この2,300万円については放課後デイサービスの関係の補正だということでございましたけど、当初予算で放課後デイサービスの関係3,100万円ほどついとったと思います。4事業所がその対応をされとるということですけど、この4事業所のこれまでの実績、それからこの2,300万円はどのように今後振り分けられるのか、それについて教えてください。 ○布施委員長 地域福祉課長。 ◎杉本地域福祉課長 浜田市内には4カ所なんですけれども、浜田市内の障がい児の方が利用されてるということで言いますと、お隣の江津のほうの施設、それから邑南町にももう一カ所ございまして、実は6カ所の利用があるということでございますけども、ほとんどが市内の新しくこの2年間でできた市内の4カ所の利用だということになっております。今年の3月、4月に新たにできた施設がありまして、それがどうしても当初でもかなり多目には見とったわけなんですけれども、そのところの利用の実人数も利用回数も多かったというところがございまして、今回の補正に至ったというところでございます。 各月によってばらばらなところがあるんですけれども、今9月、10月のところが最新の状況ということで手持ちにあるんですが、熱田にあるこなみという放課後等デイサービスの施設がございます。ここが9月が実人数23人で10月が17人というところでございました。ここが一番今多いところですね。 ○布施委員長 それでは、ほかにございませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、以上で民生費については審査を終わります。 続きまして、衛生費について審査に入ります。 35番について質疑される方はおられますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、36番について質疑される方、おられますでしょうか。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 笹田委員。 ◆笹田委員 36番の児童医療費助成事業ですけども、当初より1,000万円増額するということなんですが、見込みと乖離があるなと思ったんですけども、その増加理由がわかれば教えてください。 それと、あとこれ不思議と思ったんですけど、事業費が1,000万円ちょいで一般財源のほうが下がるんですよね。ここの地方債やらその他のところで補填すると思うんですけども、その辺の中身を教えてください。 ○布施委員長 医療保険課長。 ◎三浦医療保険課長 増額補正の理由でございます。2点あると考えておりまして、1点目はインフルエンザの流行時期です。昨年の冬は大体、通常インフルエンザの流行時期は12月から2月ぐらいが流行時期なんですが、この前の冬はずれまして、2月、3月、4月、その辺にずれたことによりまして、3月、4月が例年に比べましてかなり医療費が要ったと。これが28年度にかかってきます。それから、もう一点目は、入院が想定以上に多いかったということです。昨年と比較しますと月当たり小学生が1件、中学生が3件だったんですが、今年度に入りまして小学生が月平均で6件、中学生が4件、この入院医療費の増加分がかなり影響したと、この2点でございます。財源については、財政課長のほうから。 ○布施委員長 財政課長。 ◎草刈財政課長 財源につきまして、この事業に過疎債のソフト事業というのを充てておりまして、これ100%充当でありますので、そこのところの部分の最後の端数のところの処理の関係で一般財源のところが減額になったような形になっておるということです。 ○布施委員長 そのほかございませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、37番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、38番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、39番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、40番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、41番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上であらかじめ衛生費について質疑される方の質疑は終了いたしましたけども、そのほか委員の方から質疑ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、衛生費終了いたします。 続きまして、6番の農林水産業費審査に入ります。 42番について質疑される方、ございませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 43番について質疑される方はございませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、44番について質疑される方、挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 45番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、46番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、47番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、48番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、49番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、50番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、51番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、52番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、53番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 54番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、55番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、56番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、57番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、58番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○布施委員長 農林水産業費は質疑ありませんでしたので、これにて終了させていただきます。 続きまして7番、商工費について審査に入ります。 59番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 森谷委員。 ◆森谷委員 金額が大きいので質問しますが、この内容はどういう内容でしょうか。 ○布施委員長 人事課長。 ◎古森人事課長 職員給与費、商工総務費のところですけども、5,000万円の増については機構改革がまず一つの要因で、ふるさと寄附の推進室が総務費のほうから商工費のほうにかわってきたということで、現在4人の人件費をここで見ています。 それから、当初のときに想定をしてなかったですけども、12月に予算要求をする関係で産業経済部の参事というところのポジションが当初12月の、昨年12月に予算要求した段階では見込んでなかった分が1名、それから観光交流課のほうに県から派遣の職員が1人おりましたけども、その部分の人件費は県のほうが見ていた部分を人事異動の関係で市の職員が配置というところで6人分の人件費がここに集まったということで5,000万円の増額と。あとは、人事異動の関係で単価の違う人間が動いたというところでの金額の変動です。 ○布施委員長 森谷委員。 ◆森谷委員 大きくイメージしたいんですけども、職員はだんだん減ってるんですよね。職員の給与も減ってるんですよね。そこでここが増えてるっていうのが、大きな流れの中からいくと不思議でしょうがないんですけども、ここに職員が増えたり給与が金額が出てくるっていうことは、たしか大きな柱として子ども関係の柱と老人関係の柱と経済関係の柱があったと思うんですけども、ここは経済関係の柱の一つだと思うんですね、3本柱の。ここが大きく5,000万円も増えて、ほかのところも増えるんならいいんですけど、どっかが減ってるという認識しかできないんですよ、だんだん職員と給与も減ってるわけですから。3本柱があるのにここだけ増えてて、ほかのところがどうなってしわ寄せが来てるのかというのは、どこを見ればわかるんですか。 ◎古森人事課長 この補正予算だけで見たときにはなかなかわかりにくいとこはありますが、3ページの2番の一般管理費の職員給与ですね。これを見ていただくと3,700万円の減になってますけども、ここで先ほどふるさと寄附が当初組んであったところが減って、商工総務のほうに動いてる部分がまず2人は、これは単純に人事異動の関係です。それから、県の職員の配置の関係も、商工に配置していたものが今まちづくり推進課のほうに配置してますので、その部分が1人の異動、それ以外のところでは行財政改革推進課の職員を2人減らしたという部分がありまして、商工総務のほうに増えた6人の部分が総務費のほうで5人減っているというところが大きなしわ寄せといえばしわ寄せの部分、人数的なものはそういう影響です。 ○布施委員長 森谷委員。 ◆森谷委員 結局は、行革を減らして参事とか今までなかったようなポスト、企画監とかということ、行革にじゃあ余り熱心じゃないような予算編成に思えますね。そして、広島開拓室とか余りお金ばっかりかかってとかありますけども、そういうところに重視したということで経済ばっかりが大きくなってて、行革の部分が置いていかれとるという感じですね。全体の流れ見ましても行革は置いていかれてますね。 この予算編成っていうのは、大きな流れの中でいうと違うことになってるんじゃないかと思うんですよ、3本柱の中でですね。行革もやらなきゃいけない、再配置もやらなきゃいけないっていう中で、そこの行革、再配置関係の人を減らすっていうことは理解できないんですけども。それから、経済のほうを増やすというわけでしょう。今、人口減少で経済もっていうことで、守りで十分なところで攻めるとかっていう問題じゃないと思うんですよね。新しく来られた人だって、質問してもちゃんとまともに答えられないような人じゃないですか。これはよくわからないんですけどね。答えてもらえるかどうかは別として、大きな問題点だと思うんですけどね。割を食ったところがどうなるんですかね、注意されそうだからやめますけど。 ○布施委員長 森谷委員、人事部が答えられん部分ありますので。総務部長。 ◎植田総務部長 まず、今回の補正に係る人件費の調整につきましては、先ほど人事課長がお答えしましたように、今年度の当初に係る人件費については、昨年の人員配置を基準に予算をつけておりますので、その後4月1日の人事異動によって、機構の改編にも伴ってそれぞれの部署への人員配置等がかわりますので、その結果として該当する職員の人件費をもとに補正を組まさせていただいたということで、その点はご理解いただければと思います。 先ほど言われた人員配置についてですけれども、これも1月、今年度も今からするんですけれども、1月に管理職への人事ヒアリング等を行った結果、全体の正規職員の配置の中で人員配置をしていきます。確かに、今回総務の行革推進課、行財政改革推進課のところの正規職員の人数は減ってますけれども、これもいろいろと業務量を精査した段階で、市全体での業務量のバランスを見ながらしたということでありまして、かわりにそこには非正規の嘱託職員も配置しておりまして、全体のバランスの中で配置させていただいたということでございます。 ○布施委員長 よろしいですか。 そのほか59番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、60番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 最初の小売店等持続化支援事業補助金の2件でありますけれども、これは当初予算での弥栄と旭の小規模支援、あれの補足分ですかいね。まず、これからお伺いしたいと思います。 ○布施委員長 産業政策課長。 ◎村武産業政策課長 これにつきましては、新規の飲食業を出店される方への補助でございます。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 市全体のやつでどこに当たるんですか、浜田市内ですか。 ◎村武産業政策課長 これは、浜田市の駅前に出店をされる方でございます、2店ともですね。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 下の移動販売っていうのがあるんですが、これは旭のまんてん号でそのほかにですか、この1件はどこなんですか。 ◎村武産業政策課長 これにつきましては、新たに移動販売事業を計画されとる方の分でございます。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 それは浜田市内ですか。 ◎村武産業政策課長 はい、対象は浜田市内でございます。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 最後ですが、これは今の浜田市商業活性化支援事業、当初でありますわね、1,200万円あたりの。これの補足になるんですか。 ◎村武産業政策課長 はい。当初予算では足りなかったもので、追加で補正をさせていただくものでございます。よろしくお願いいたします。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 それは浜田市内のですか。 ◎村武産業政策課長 対象は全て浜田市内のものでございます。 ○布施委員長 続きまして、西村委員。 ◆西村委員 それぞれの事業の中身について、大体移動販売っていうのはイメージとしてわかるんですが、三つ上げられてますので、それぞれの事業の中身と、それから当初予算によりますと補助率も書いてありますので、家賃とか改修については3分の2とか3分の1とか。そこら辺の補助率もあわせてお答えいただきたいと思います。 ○布施委員長 産業政策課長。 ◎村武産業政策課長 まず、小売店等持続化支援事業の2件につきましては、店舗の改装、それと備品、それと1件につきましては、さらに家賃ですね。家賃の補助を予定しております。そして、次の移動販売支援事業補助金につきましては、この内容につきましては移動販売車の購入費でございます。それと、商業環境整備事業補助金につきましては、これは建物内のバリアフリー化のための補助でございます。具体的には、スロープをつけて、そしてトイレを和式から洋式にされるとお聞きしております。それに対する補助でございます。すいません、補助率につきましては、それぞれ2分の1でございます。 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 わかりました。 それで、先ほどお話が出ましたまんてんですよね。まんてんは別事業で移動支援何とか事業ということで100万円ぐらい上がってたと思うんですけども、この事業は、まんてんの事業はこの枠に入らないというのは、どういうくくりがあるんですか。そちらに聞くことじゃないのか、旭に聞くべきなのかもわかりません。 ◎村武産業政策課長 まんてんの事業につきましては、旭自治区のほうで独自にやられておられる事業であると認識しております。この枠に入らないというのは、移動販売の補助金の内容につきましては、車両の購入部分と、あと運営費を補助する部分がございます。それで、実際まんてんさんに適用するとした場合は運営費の部分になろうかと思いますが、運営費補助も事業の開始から、この補助金につきましては事業の開始から3年間しか補助ができませんもんで、該当いたしません。 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 いや、何か違うような気がしたんで。いや、それだったら最初は、ほれじゃあこれを使ったのかということになりますよ。使ってないような気がしたんで。いや、要するに、この対象から外れる事業なんではないのかなと、それを確認したかったんです。 ○布施委員長 旭支所長。 ◎田村旭支所長 まんてんの車両は、当時この事業も計画いたしました。ただ、平成22年10月ということで急遽スタートいたしました関係で、予算がないということで当時はもう旭の基金を活用させていただいて、ハードを整備させていただいたということが22年のスタートです。現在、移動販売支援事業というのは先ほどもありましたが、これは福祉との連携ということで声かけ、各世帯に安否確認ということで1世帯70円ということを基準にして100万円を上限にお支払いしているということで、メニュー的に違うということで、これは旭独自の取り組みとしてやらせていただいてる内容でございます。 ○布施委員長 よろしいですか。 それでは、60番について、そのほか質疑される方はおられませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、61番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 これは、減額理由をお尋ねしたいと思う。 ○布施委員長 観光交流課長。 ◎岡本観光交流課長 これの減額理由ですが、浜田市におけるツーリズムをさらに推進するためにツーリズムコーディネーターとして地域おこし協力隊を募集しました。ただ、4月1日採用ということにはならずに、実際には9月1日着任ということになりまして、4月から8月までの5カ月分の報酬ですとか社会保険料等、これを減額するものでございます。 ○布施委員長 よろしいですか。 そのほか、61番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 商工費の審査が終わります前に、質疑されなかった方の1人1件のみお受けいたしますけども、ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それじゃあ、商工費について審査を終了いたします。 では、8番の土木費について審査に入ります。 62番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 63番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 64番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、65番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、66番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、67番について質疑される方の挙手をお願いいたします。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 この久保田谷線ですか、ほか歩道整備事業になってますが、このことについてお尋ねしたいというよりは、事業間の、事業費の調整ということが今年度に入っても6月もありましたし、今回もあるということで非常に大きな、かなり事業の数としても多いので、出たり入ったりしとるんですよね。そこら辺がどういうことなのかよくわからないんで、わかりやすく説明をいただきたいということ。 ○布施委員長 建設整備課長。 ◎吉川建設整備課長 社交金事業が浜田市は四つのパッケージに対して交付額が決まっております。6月補正時にも交付決定があって、一度補正をしますが、事業が進む中で事業費が少しずつ精算して確定していく中で、そのパッケージ内の事業同士でしか組み替えができないということがあります。さらに、不用額についても極力少なくするようにということで、その事業間の中で調整しながらやっておりますので、こういったふうに一つを減額するとどれか社交金を有効に使うために増額して事業を進めるとか、そういったことでこういった組み替えが多くなっております。 ○布施委員長 もう一回。 ◎吉川建設整備課長 社交金事業が改良系のパッケージと、あと災害防除とかの維持系のパッケージ、それと橋梁長寿命化とか点検補修に特化したパッケージと、あと歩道整備、この四つのパッケージがあるんですが、この久保田谷線というのは歩道整備のパッケージ事業でして、これと一緒の同じ仲間になっとるのが71番の下来原66号線になります。この久保田谷線は今年度が最終年度でして、事業費がもう確定してしまいます。そういったところで、この部分については減額をしてほかの事業のほうに社交金を持ってって、ほかの継続しとる事業を少しでも早く進めていく、そういったことで社交金を有効に使っとることでこういった組み替えを行っております。 ○布施委員長 西村委員。 ◆西村委員 今のパッケージと言われるのは何となくわかりましたけれども、よくわからんなと思ったのは、当初がこの事業でいうと2,100万円で6月に1,500万円余りを増額補正をかけとるんですよ。今回は、逆に1,000万円余りを減額をするという、こういう流れがよくわからなくて、そんなにその事業費が動くわけないので、大体この辺に落ちつくだろうというのは、恐らくそんなに予測が難しいもんではないんではないかなと思うんだけども、実際に補正を組むときには大きな、多額の増減の補正がなされるというところがよくわからなかったんでお尋ねしたんですが、その点だけは私も今のご説明でも少しまだ腹入れができんなというところなんですけど。 ◎吉川建設整備課長 久保田谷線も前年度から繰り越しして、今年度に事業を持ってきておりまして、そのときにはもう既に当初予算を組んでおります。そういったところで繰り越した事業の中で、前倒しといいますか、今年度分の事業をやったりすることができますので、そういったところで減額とか、こういった補正が出てきております。 ○布施委員長 よろしいですか。 67番について、そのほか質疑ある方の挙手をお願いします。 森谷委員。 ◆森谷委員 社交金、社会資本整備総合交付金っていう分ですか。            (吉川直哉建設整備課長「はい」と呼ぶ) それにつきましては、私も今たまたま要綱を持ってて、条例も読み込んどるんですけども、今四つのパッケージがあるって言われましたけども、私の頭の中では基本っていうのと関連っていうのと大きく二つに分かれて、基本の中に関連が附属するっていう話で、それで基幹事業といっても1から16までありまして、さっきのパッケージと言われたのがいま一つぴんとこないんですけども、私がしゃべってるところと違う話でしょうか。 ○布施委員長 建設整備課長。 ◎吉川建設整備課長 今お持ちになってる資料の項目部分がわからないので、お答えができません。            (6番森谷公昭委員「要綱よ」と呼ぶ) 今私は理解しておりません。 ○布施委員長 じゃあ、後ほどその資料とつき合わせて報告はできますでしょうか。建設整備課長、できます。 ◎吉川建設整備課長 はい、報告します。 ○布施委員長 森谷委員、それでよろしいでしょうか。いいですか。            (6番森谷公昭委員「はい」と呼ぶ) 質疑がある場合は間を置いて、ない場合はなしということでお願いしたいと思います。スムーズな進行お願いいたします。 それでは、続きまして68番について質疑ある方、おられますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、69番について質疑ある方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、70番について質疑ある方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、71番について質疑される方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、72番について質疑される方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、73番について質疑される方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、74番について質疑される方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、75番について質疑される方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上で土木費は終わりますけども、事前に手を挙げられなかった方に限り1人1件のみ質疑をお受けいたしますけども、ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、以上で土木費の審査を終了いたします。 ここで暫時休憩に入りたいと思います。前の時計で11時10分といたします。            午前10時57分 休憩            午前11時7分 再開 ○布施委員長 休憩前に引き続いて審査に入ります。 それでは、9番の消防費について審査に入ります。 76番について質疑ある方はございませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上で消防費について審査を終了いたします。 続きまして、10番の教育費について審査に入ります。 77番について質疑ある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、78番について質疑ある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、79番について質疑ある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、80番について質疑ある方の挙手を求めます。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 足立委員。 ◆足立委員 これの工事の期間について、年度内に終わるのか、それとも半年程度かかるのか、そのあたりの事業の中身を教えていただきたいと思います。 ○布施委員長 教育総務課長。 ◎佐々木教育総務課長 これは、後ほど出てきますけども、繰り越しをして実施する予定としております。期間については、来年度のところで工事期間は4カ月程度を見込んでいるとこでございます。 ○布施委員長 足立委員。 ◆足立委員 あと、この内訳を見ると工事一式と送迎バス借り上げ料ってあるんですけど、それぞれの内訳を教えていただきたいと思います。 ◎佐々木教育総務課長 工事費につきまして、内訳ですけども2,516万4,000円が工事費、それから借り上げバスにつきましては、これは体育館4カ月使えませんので、それのバスの借り上げ料、これはスクールバスを基本的には使いたいと思ってはおりますけども、原井小学校、クラス数あるいは生徒数もありますので、スクールバス以外の例えば民間のバスの借り上げも含めて計上させていただいてるとこでございます。 ○布施委員長 足立委員。 ◆足立委員 となると、その2,516万4,000円を事業費から引いた130万円ぐらいですかね、それぐらいがバス借り上げ料と思ってよろしいでしょうか。 ◎佐々木教育総務課長 失礼しました。バスの借り上げ料は120万円です。2,516万4,000円と、それから事務費が1%ありますので、それを含めたものの3分の1が国の交付金という形になります。 ○布施委員長 足立委員。 ◆足立委員 最後にしますけど、この借りる別のところ、そこらあたりはどこなのか、そしてそことの調整に特に問題があるのかないのか、そのあたりを最後聞かせていただきたいと思います。
    ◎佐々木教育総務課長 まだ想定の段階ですけども、一応二中校区内の体育館をお借りする予定にしております。具体的に言いますと、第二中学校の体育館、それから松原小学校の体育館、それと原井にありますサンマリン浜田の体育館等を想定しております。これは、実際工事期間が定まったところで調整をさせていただくということになろうかと思います。 ○布施委員長 よろしいですか。 続きまして、岡本委員。 ◆岡本委員 今足立委員が聞かれましたので、私は2点聞きたいと思うんですが、この度のこの予算は、体育館の天井ということになってます。当然、体育館だけでなくて校舎のほうも何らかの形があるんではなかろうかと思うんですが、校舎についてはどのような考え方なのか、お聞きします。 ○布施委員長 教育総務課長。 ◎佐々木教育総務課長 市内の学校の校舎につきましては、既に耐震工事は済んでおりまして、体育館につきましては東日本大震災の後につり天井が落下するという事故があったということで、この度は体育館を対象として防災機能強化事業という国のメニューですけども、そういった形で対応していくということになっております。 ○布施委員長 岡本委員。 ◆岡本委員 わかりました。 そしたら、最後に聞きますけれども、先ほど代替えに松原小学校とか二中等々のお話がありましたが、この原井小学校は社会体育のほうでも利用されてます。この辺についての対応について、最後お尋ねして終わります。 ◎佐々木教育総務課長 当然、学校だけでなくて社会体育でも活用していただいておりますので、工事期間等が決まりましたら、事前にそうしたお知らせはしたいと考えております。 ○布施委員長 80番についてそのほかございませんでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 12ページに移りまして、続きまして81番について質疑のある方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔質疑希望者挙手〕 ○布施委員長 岡本委員。 ◆岡本委員 小学校の洋式トイレの改修という形で解釈してますが、まずこの松原小学校になったというか、初めにそれになった理由をお聞きしたいと思う。 ○布施委員長 教育総務課長。 ◎佐々木教育総務課長 市内には、洋式のトイレが少ない学校がたくさんありまして、中でも松原小学校は洋式トイレが一つしかございません。まずここで洋式トイレの便器の数をある程度確保したいということで、松原小を最初にやる予定にしております。 ○布施委員長 岡本委員。 ◆岡本委員 わかりました。 この便所改修工12カ所という12カ所の位置付けですよね。二つずつやるとか、いろんなその内容についてお聞きしたいと思います。 ◎佐々木教育総務課長 考え方としましては、各階、フロアごとにトイレがありますけども、ここに男女各二つずつ洋式に改修するということで考えております。したがいまして、1フロアに4カ所掛ける3階ということで12カ所のご提示をしております。 ○布施委員長 岡本委員。 ◆岡本委員 最後に確認しますが、今の洋式になる場合、いろんなところで公共施設もウォシュレットという洗浄機のついた形になるんですが、当然ここの分はないということで、確認だけしときます。 ◎佐々木教育総務課長 ウォシュレットまでは想定はしておりません。 ○布施委員長 よろしいですか。 続きまして、道下委員。 ◆道下委員 今後他校についての考え方をどのように考えておられますでしょうか。先ほどは一つしかないんだといったとこで松原小が選定されたということですが、その考え方を。 ○布施委員長 教育総務課長。 ◎佐々木教育総務課長 先ほども言いましたけども、各階に洋式トイレがない学校、ほかにもございます。今考えておりますのが、今後今福小学校、第二中学校、波佐小学校、金城中学校、旭中学校、これについては各階に必ずしも洋式便器があるという状態になっておりませんので、計画的に整備をしていきたいと考えております。 ○布施委員長 道下委員。 ◆道下委員 わかりました。 それから、学校が小・中学校ともに災害時の避難所に対応しておりますわね。そういうことも含めて、ああ、いいか、こりゃ。結構です。 ○布施委員長 終了ですね。 そのほか、81番について質疑ある方の挙手を求めます。ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、82番について質疑がある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、83番について質疑がある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、84番について質疑がある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 続きまして、85番について質疑がある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上で事前に教育費について挙手をされた方の質疑を終わります。 そのほかの委員の方で1人1件のみお受けいたしますが、ありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、教育費について審査は終わります。 続きまして、11番災害復旧費の審査に入ります。 86番について質疑がある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 以上で災害復旧費についての審査は終了いたします。 続いて、説明資料の13ページから15ページについての審査を行います。一括でいたしますけども、繰越明許費、債務負担行為補正、地方債補正について質疑される方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 三つ言いましたけども、いいですか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、繰越明許費、債務負担行為補正、地方債補正について終了いたします。 それでは、質疑なしで全て終わりまして、議案第125号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第3号)についての質疑を全て終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題2、議案第126号平成28年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。 所管部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) それでは、これより質疑に入ります。 質疑ある方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 質疑なしと認め、議題2、議案第126号平成28年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について質疑を終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題3、議案第127号平成28年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。 所管部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) それでは、質疑に入ります。 質疑ある方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、質疑なしと認め、議案第127号平成28年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)についての質疑を終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題4、議案第128号平成28年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。 所管部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) これより審査に入ります。 質疑ある方の挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 質疑なしと認め、議題4、議案第128号平成28年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑を終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題5、議案第129号平成28年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。 所管部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) それでは、これより質疑に入ります。 質疑がある方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、質疑なしと認め、議題5、議案第129号平成28年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑を終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題6、議案第130号平成28年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。 所管部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) それでは、これより質疑に入ります。 質疑ある方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、質疑なしと認め、議題6、議案第130号平成28年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑を終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題7、議案第131号平成28年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。 所管の部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) 質疑ある方の挙手を求めます。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、質疑なしと認め、議題7、議案第131号平成28年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についての質疑を終了いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続きまして、議題8、議案第134号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。 所管の部長から補足説明がありますでしょうか。            (「ございません」と呼ぶ者あり) それでは、質疑を求めます。質疑ある方は挙手をお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、質疑なしと認め、議題8、議案第134号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第4号)についての質疑を終了いたします。 以上をもちまして本委員会に付託されました議案の質疑は全て終了いたしました。 執行部の皆さんはここでご退席されて結構でございます。 ちょっとお待ちください。先ほどの補足、先ほどの森谷委員の。建設整備課長。 ◎吉川建設整備課長 社会資本整備総合交付金が平成22年度に創設されてまして、その中に基幹事業として今調べたところ、道路事業、港湾事業、河川事業、砂防事業、海岸事業、広域連合事業、都市公園事業、市街地事業、住宅事業、住環境整備事業等とされて、今私が見たのは等とされとって11項目ありまして、その中の今市がやってますのは基幹事業の道路事業で、その中にパッケージが11ある、そういったことになっております。パッケージが11あって、その中の4事業を市が今進めております。 ○布施委員長 森谷委員。 ◆森谷委員 私の資料には11じゃなくて16個ありまして、1番目は確かに道路事業で、それから補助率が2分の1って言われてたんですけども、道路を入れた場合には一体となって実施する場合はこの限りではないということだから、この限りでないということは2分の1より大きく補助があるんじゃないかなと思うんですけども、ここ検討されてるんですかね。 ◎吉川建設整備課長 補助率は60%です。いや、都市公園関係は2分の1ですが、道路事業は60%で除雪事業は3分の2になってます。 ○布施委員長 森谷委員。 ◆森谷委員 じゃあ、この限りでないの部分に当てはまっとって60%ということでいいんですか。 ◎吉川建設整備課長 この限りではないというところはわからないんですけども、それ社会資本整備交付金になってますか。私当初やってたころは社交金事業で社会資本整備交付金事業だったんですが。 ○布施委員長 後で確認をしてください。 よろしいですか。            (6番森谷公昭委員「はい」と呼ぶ) それでは、以上をもちまして本委員会に付託されました議案の質疑は全て終了いたしました。 執行部の皆さんはここでご退席されて結構でございます。大変お疲れさまでした。            〔執行部退場〕 ○布施委員長 それでは、委員の皆さん、引き続き採決に入りたいと思います。 委員からの皆さん、ご意見何かありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 それでは、これより採決を行います。 以下8議案について順次採決を行いますけども、挙手採決を行いますので、よろしくお願いいたします。 議案第125号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第3号)について、賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手多数です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 続きまして、議案第126号平成28年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 続きまして、議案第127号平成28年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 続きまして、議案第128号平成28年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 続きまして、議案第129号平成28年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 続きまして、議案第130号平成28年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 続きまして、議案第134号平成28年度浜田市一般会計補正予算(第4号)について、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上で予算決算委員会に付託を受けました議案の審査は全て終了いたしました。 すいません、飛ばしまして。今134号やりました、すいません。 追加いたします。 議案第131号平成28年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、原案に賛成の方の挙手をお願いいたします。            〔賛成者挙手〕 ○布施委員長 挙手全員です。原案のとおり可決すべきものと決しました。大変失礼いたしました。 議案第134号は、先ほど挙手全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上で予算決算委員会に付託を受けました議案の審査は全て終了いたしました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○布施委員長 続いて、議題9、その他を議題とします。 委員の皆さんから何かありますでしょうか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 なお、委員長報告についてですが、文案は正副委員長にご一任いただきまして、12月20日の朝、議席に配付させていただくことでよろしいでしょうか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○布施委員長 また、本日審査が終わりましたので、明日の12月16日の予算決算委員会は休会といたします。 それでは、ほかにないようですので、以上で予算決算委員会を終わります。皆さん、大変お疲れさまでした。            午前11時31分 閉議        ──────────────────────────                    記 浜田市議会委員会条例第65条第1項の規定により、ここに委員会記録を作成する。         予算決算委員会委員長  布 施 賢 司...