運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2007-09-01
    平成19年 9月定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    平成19年 9月定例会        平成19年9月浜田市議会定例会会議録(第6号)1. 日  時  平成19年9月21日(金)午前9時59分開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 出席議員(35名) 1番  佐 々 木  豊  治           2番  道  下  文  男 3番  平  石     誠           4番  西  田  清  久 5番  三  浦  保  法           6番  新  田  勝  己 7番  三  浦  美  穂           8番  山  崎     晃 9番  山  田  義  喜          10番  澁  谷  幹  雄11番  田  村  友  行          12番  三  浦  一  雄13番  西  村     健          14番  大  谷  弘  幸15番  角  田  勝  幸          16番  西  田     平17番  川  神  裕  司          18番  江  角  敏  和19番  岡  田  治  夫          20番  島  本  鎌  利21番  牛  尾  博  美          22番  鎌  原  ヤ シ ヱ24番  原  田  義  則          25番  下  隅  義  征26番  濵  松  三  男          27番  向     惇  雄28番  江  口  修  吾          29番  牛  尾     昭30番  中  村  建  二          31番  小  川  泰  昭32番  湯  浅     勝          33番  高  原  好  人34番  高  見  庄  平          35番  美  浦  美  樹36番  木  村  正  行        ────────────────────────── 欠席議員(1名)23番  吉  田  千  昭        ────────────────────────── 地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男          副市長     松 尾 紳 次収入役     佐々木 康 夫          教育委員長   梅 津 益 美教育長     山 田 洋 夫          監査委員    水 野 文 雄金城自治区長  澄 川 和 則          旭自治区長   花 本 博 文弥栄自治区長  串 崎 法 之          三隅自治区長  泉 川 晋 作総務部長    岡 田 昭 二          企画財政部長  大 谷 克 雄市民福祉部長  近 重 哲 夫          産業経済部長  服 部 二 郎建設部長    花 坂 義 夫          教育部長    浅 田   勇消防長     本 多   勇          水道部長    稲 葉 裕 男金城支所長   岡 本 利 道          旭支所長    岩 倉 初 喜弥栄支所長   賀 戸 重 幸          三隅支所長   玉 田 保 晴総務部次長   牛 尾 祐 治          企画財政部次長 長 尾 勝 彦市民福祉部次長 渡 部 恵 子          産業経済部次長(併任)農業委員会事務局長                                 河 内 治 夫教育部次長   山 崎   浩          建設部次長   平 川 隆 夫消防次長    釜 田 致 博          総合調整室長  砂 川   明人事課長    石 本 一 夫          総務課長    中 田 宏 之財政課長    宮 崎 良 一        ────────────────────────── 事務局職員出席者事務局長    湯屋口 初 實          事務局次長   長 野 昭 三議事係長    田 中 政 行          主任主事    勝 田   奨        ────────────────────────── 議事日程(第6号)第1 委員長報告 (総務文教委員会、産業経済委員会、建設都市委員会、予算審査委員会)   市長提出議案(討論・採決)第2 議案第 88号 浜田市手数料条例の一部を改正する条例について第3 議案第 89号 浜田市立図書館条例の一部を改正する条例について第4 議案第 90号 浜田市国民宿舎千畳苑条例の一部を改正する条例について第5 議案第 91号 浜田市都市下水路条例の一部を改正する条例について第6 議案第 93号 市道路線の廃止について(有福35号線)第7 議案第 94号 市道路線の認定について(有福58号線・追原旧県道2号線)第8 議案第 95号 財産の処分の議決事項の変更について(しまねお魚センター用地)第9 議案第 96号 平成19年度浜田市一般会計補正予算(第4号)第10 議案第 97号 平成19年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)第11 議案第 98号 平成19年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第12 議案第 99号 平成19年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計補正予算(第1号)第13 議案第100号 平成19年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)第14 議案第101号 平成19年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)第15 議案第102号 平成19年度浜田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)第16 議案第103号 平成19年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)第17 議案第104号 工事請負契約の締結について(ふるさと交流館(和紙の郷)建築主体工事)   請願(討論・採決)第18 請願第  9号 WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する請願について   議会追加提出議案(説明・質疑・討論・採決)第19 発議第  7号 有害鳥獣対策の抜本強化を求める意見書について   委員長申し出(決算特別委員長)第20         委員会の閉会中の継続審査について   議会提出案件第21         議員派遣について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件議事日程(第6号)のとおり議事日程追加分   議員追加提出議案(説明・質疑・討論・採決)第1 発議第  8号 WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する意見書について        ──────────────────────────            会       議            午前9時59分 開議 ○議長(牛尾昭) おはようございます。 ただいま出席議員は34名で定足数に達しております。これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略します。 9月7日に設置しました決算特別委員会の正・副委員長が決定しましたので報告します。 委員長に3番平石誠議員、副委員長に15番角田勝幸議員が選出されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第1、委員長報告です。 今期定例会において各所管常任委員会に審査を付託した議案第88号から議案第91号まで、議案第93号から議案第104号まで及び請願第9号を一括して議題とし、各所管委員会における審査の経過並びに結果について、それぞれ委員長の報告を求めます。総務文教委員長、10番澁谷幹雄議員。            〔澁谷幹雄総務文教委員長 登壇〕 ◆総務文教委員長(澁谷幹雄) おはようございます。 総務文教委員会に審査を付託されました2件の議案について、9月10日に委員会を開催し、審査した結果を報告いたします。 審査に当たっては、執行部から各議案の説明を受けた後、具体的な内容について質疑を行いました。 まず、議案第89号浜田市立図書館条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第95号しまねお魚センター用地に係る財産の処分の議決事項の変更についてでありますが、審査を行う中で、各委員からは、利息の軽減は契約違反になり民間では考えられないことである、市財政へ大きな影響を与えることになる、他の第三セクターで同様の事例が発生する可能性があるので、第三セクターに対する市の態度、処理の基本姿勢を明確にすべきである、特例は認められない、徹底した売り上げ対策が不足している、もっと緻密な経営状況の背景についての把握が必要である、市からの取締役派遣が最後は浜田市に頼めばよいというような安易な経営を招いている、第三セクターという経営形態そのものが過大投資と無責任経営に陥りやすく、経営が成り立ちにくいということをまず認識すべきである、第三セクターからの撤退について検討すべきである、経営者の常勤体制の構築などの経営改善対策が何ら取り組まれていないなど、厳しい意見が多数出たところであります。採決を行いました結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務文教委員長の報告といたします。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。産業経済委員長、16番西田平議員。            〔西田 平産業経済委員長 登壇〕 ◆産業経済委員長(西田平) 産業経済委員会に審査を付託されました議案について、9月12日に委員会を開催し、審査した結果を報告いたします。 まず、議案第90号浜田市国民宿舎千畳苑条例の一部を改正する条例についてであります。審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第104号工事請負契約の締結について(ふるさと交流館(和紙の郷)建築主体工事)であります。審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、請願第9号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する請願についてであります。審査を行い、採決の結果、全会一致で採択すべきものと決しました。以上、産業経済委員長の報告といたします。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。建設都市委員長、33番高原好人議員。            〔高原好人建設都市委員長 登壇〕 ◆建設都市委員長(高原好人) 建設都市委員会に審査を付託されました4件の議案について、9月13日に委員会を開催し、審査した結果を報告いたします。 まず、議案第88号浜田市手数料条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第91号浜田市都市下水路条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第93号市道路線の廃止についてでありますが、有福35号線の1路線について、現地を確認しながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第94号市道路線の認定についてでありますが、有福58号線及び追原旧県道2号線の2路線について、現地を確認しながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設都市委員長の報告といたします。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。予算審査委員長、34番高見庄平議員。            〔高見庄平予算審査委員長 登壇〕 ◆予算審査委員長(高見庄平) 予算審査委員会に審査を付託されました一般会計及び特別会計の補正予算計8件について、9月18日に予算審査委員会を開催し、審査いたしました経過並びに結果をご報告いたします。 審査に際しましては、冒頭、しまねお魚センター経営改善計画書の内容について、担当の部長及び課長から詳細な説明があり、その後、質疑に入りました。 議案第96号平成19年度浜田市一般会計補正予算(第4号)では、8人の委員から質疑があり、特に、歳入の財産収入における土地売払収入を減額する補正と、歳出の民生費における障害者自立支援特別対策事業について質疑が集中をいたしました。 土地売払収入の減額補正に関しましては、各委員から、このたびのしまねお魚センターの事例を踏まえ、浜田市が資本参加している他の第三セクターに対する基本的な考え方を、早期に、明確に打ち出すべきではないかなどの指摘があり、執行部からは、今後浜田市として早急に一定の基準を定めるなどの対応に努めるとの答弁がありました。 また、障害者自立支援特別対策事業につきましては、事業内容の確認や障害者支援に対する浜田市の基本的な考え方について質疑がありました。 それでは、委員会で審査いたしました結果をご報告いたします。 まず、議案第96号平成19年度浜田市一般会計補正予算(第4号)については、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第97号平成19年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)から議案第103号平成19年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)までの7件については、審査を行い、採決の結果、それぞれ全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、予算審査委員長の報告といたします。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより討論を行います。 議案第95号財産の処分の議決事項の変更について、討論の通告がありましたので、発言を許可します。36番木村正行議員。            〔36番 木村正行議員 登壇〕 ◆36番(木村正行) 36番木村正行でございます。 議案第95号財産の処分の議決事項の変更について反対討論を行います。 契約事項の変更理由は、ご案内のとおり、第三セクターしまねお魚センターの建っているあの市有地の売却代金2億円について、10月の支払い期限までの支払いが困難となって、契約の土地面積からロータリー部分を除外して500万円の減額、そして覚書に沿って締結した利息率を、平成4年にさかのぼって、現在の土地開発基金の変動利率を適用して7,000万円余の減額、合わせて7,560万円余の土地売却代金の減額変更を行おうとするものであります。 委員会審査の中で、先ほども委員長報告にございました、種々さまざまな論議等をしてきたわけであります。市の外郭団体や三セクなど、同様な要請がなされたときは、今後もこのような利率の見直しなどを行うことになるのか、こういう設問に、同様のケースであれば考えられる、こういうふうな答弁が1度なされました。そして、一たん休憩したその後に、今回は特異中の特異のケースであり同様には考えられない、公益性や地域振興を加味した個別の判断となるんだと、こういう統一的な見解が示されたところであります。 第三セクターには、組織形態や自治体のかかわり方もさまざまなものがあるわけですけれども、例え公益性が高く、事業の継続が必要、こういうために資金をつぎ込む、そういう場合であっても、一定のルール化、そして対処の基本となるものが必要ではないか、こういうふうに私は考えるところであります。 例えば、固定資産税相当額の助成については、助成金交付要綱を制定し、事業再生を行う事業者に対して助成する方向で検討する、こういうふうにされているわけでありますから、ゆうひパーク浜田に行った融資の限度額について、あるいは今、この議題であるお魚センターに行おうとする、この利息軽減の変更契約のあり方などについても、対処方針の整備というのは私は可能ではないかと考えるものであります。 自治体の外郭団体や三セクの多くが、公益性も地域産業振興に果たしているその役割も大変高いものがあります。個々の対応が公的資金の性格からも異なってはならないのではないか、そして特異中の特異のケースとか、浜田の顔だからとか、そういった抽象的な説明では、このことは律し切れないのではないかと考えます。 お魚センターの契約面積と利息軽減の変更、これは同センターの経営継続に必要であろうと、こういうふうに考えますけれども、私は三セクへの場当たり的な個別対応を重ねていては、公的資金の投入という性格からも、次々と問題が生ずるのではないかと懸念するものであります。 この対処策のルール化について、今議会の審議、審査を通じて、市方針の発展が見られたと私は考えております。特に、先ほどもありましたように、補正予算審査の中で、公的資金の投入という性格からも、対処の基本的な方針を早期に検討し示したい、こういうふうな明確な答弁がなされたことを、私は高く評価するものであります。だからといって、その基本的な対処方針が今示されていない段階での同議案には、私は賛同できないことを表明いたしまして、議案第95号への反対討論といたします。 ○議長(牛尾昭) 以上で議案第95号についての討論を終わります。 議案第88号から議案第91号まで、議案第93号から議案第94号まで、議案第96号から議案第104号まで及び請願第9号に対する討論の通告はありませんでした。よって、これら議案について討論なしと認め、討論を終わります。 これより、採決を行います。 日程第2、議案第88号浜田市手数料条例の一部を改正する条例についてを採決します。 議案第88号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第88号は原案のとおり可決されました。 日程第3、議案第89号浜田市立図書館条例の一部を改正する条例についてを採決します。 議案第89号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第89号は原案のとおり可決されました。 日程第4、議案第90号浜田市国民宿舎千畳苑条例の一部を改正する条例についてを採決します。 議案第90号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第90号は原案のとおり可決されました。 日程第5、議案第91号浜田市都市下水路条例の一部を改正する条例についてを採決します。 議案第91号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第91号は原案のとおり可決されました。 日程第6、議案第93号市道路線の廃止についてを採決します。 議案第93号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第93号は原案のとおり可決されました。 日程第7、議案第94号市道路線の認定についてを採決します。 議案第94号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第94号は原案のとおり可決されました。 日程第8、議案第95号財産の処分の議決事項の変更についてを採決します。 議案第95号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(牛尾昭) 挙手多数です。議案第95号は原案のとおり可決されました。 日程第9、議案第96号平成19年度浜田市一般会計補正予算(第4号)を採決します。 議案第96号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第96号は原案のとおり可決されました。 日程第10、議案第97号平成19年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第97号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第97号は原案のとおり可決されました。 日程第11、議案第98号平成19年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第98号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第98号は原案のとおり可決されました。 日程第12、議案第99号平成19年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第99号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第99号は原案のとおり可決されました。 日程第13、議案第100号平成19年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第100号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第100号は原案のとおり可決されました。 日程第14、議案第101号平成19年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第101号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第101号は原案のとおり可決されました。 日程第15、議案第102号平成19年度浜田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第102号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第102号は原案のとおり可決されました。 日程第16、議案第103号平成19年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。 議案第103号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第103号は原案のとおり可決されました。 日程第17、議案第104号工事請負契約の締結についてを採決します。 議案第104号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第104号は原案のとおり可決されました。 日程第18、請願第9号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する請願についてを採決します。 この請願に対する委員長の報告は採択です。請願第9号は委員長の報告のとおり採択とすることにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。請願第9号は採択とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第19、発議第7号有害鳥獣対策の抜本強化を求める意見書についてを議題とします。 提案者の説明を求めます。17番川神裕司議員。            〔17番 川神裕司議員 登壇〕 ◆17番(川神裕司) それでは、発議第7号有害鳥獣対策の抜本強化を求める意見書について提案説明を行います。 提出者は私川神です。賛成者はそれぞれお手元の議案に掲載のとおりであります。 それでは、意見書案の内容について説明を行います。 イノシシやクマなどによる人身及び農林作物被害が市街地付近においても発生しており、市民の生活に支障を来しており、農林業が面的産業である当市にとって、極めて厳しい深刻な状況となっていることから、国において有害鳥獣対策を抜本的に強化されるよう、次のとおり要請するものであります。 具体的には記載のとおりでありますので省略いたしますが、1、生息数等の的確な把握に基づく対策、2、広域的な被害防止対策、3、捕獲に関する規制緩和、4、専門家の育成、確保、5、財政負担の軽減、6、人と野生鳥獣のすみ分けの6点について、国及び関係機関に対して、地方自治法第99条の規定により意見書を提出するものであります。議員各位のご賛同をお願いし、提案説明とさせていただきます。 ○議長(牛尾昭) ただいまの説明について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより討論を行います。発議第7号に対する討論の通告はありませんでした。よって、討論なしと認め、討論を終わります。 お諮りします。本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長にご一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第20、委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。 決算特別委員長より審査中の議案について、委員会条例第40条の規定により、お手元の資料のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。 お諮りします。決算特別委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。決算特別委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第21、議員派遣についてを議題とします。 お諮りします。地方自治法第100条第12項及び会議規則第77条の規定により、お手元に配付のとおり第121回中国市議会議長会臨時総会に議員を派遣したいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。第121回中国市議会議長会臨時総会に議員を派遣することに決しました。 お諮りします。ただいま可決されました議員派遣の内容に今後変更を要するときは、その取り扱いを議長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認め、議長に一任されました。 お諮りします。ただいま発議第8号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する意見書についてが産業経済委員会から提出されました。これを日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。発議第8号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する意見書についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。 職員に議案を配付させますので、しばらくお待ちください。            〔職員、議案を配付〕 ○議長(牛尾昭) 配付漏れはありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 追加日程第1、発議第8号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する意見書についてを議題とします。 提案者の説明を求めます。産業経済委員長、16番西田平議員。            〔西田 平産業経済委員長 登壇〕 ◆産業経済委員長(西田平) 本案は、先に産業経済委員会でWTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する請願についてを採択すべきものと決したことに伴い、意見書案を提出することについて議決を行いましたので、会議規則第13条第2項の規定に基づき、委員会から議案を提出するものであります。 それでは、委員長の私から意見書案の内容について説明をいたします。 発議第8号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する意見書。 本案は、WTO、FTAなどにおける農業分野の交渉に当たって、国内の食料自給や農林水産業に影響を及ぼさないことを基本とした確固たる態度で対応するよう、下記のとおり要請するものです。 1、WTO農業交渉では、経済大国日本として、発展途上国等の世界的飢餓の拡大や温暖化、砂漠化等地球規模の環境悪化につながることのないよう、農林水産業の多面的機能の発揮や食糧自給能力の向上を各国の責任として位置付けるよう要求し、世界中の多様な農林水産業が共生、共存できる貿易ルールに改めるよう、リーダーシップをとり毅然とした姿勢で対応すること。 2、WTO農業交渉では、重要品目の上限関税設定への反対や適切な国境措置を確保する等、日本の従来の基本方針を堅持すること。 3、FTA、EPA交渉に当たっては、日本の食料支給や農林水産業、関連産業に多大な影響を及ぼさないことを基本として対応すること。特に、日豪EPA/FTA交渉では、米、小麦、牛肉、乳製品、砂糖等の重要品目を除外するとともに、農林水産物の関税撤廃とはならないよう、確固たる態度で対応すること。 4、WTO、FTA、EPA交渉についての情報公開を徹底し、食の安全保障を図るためにも、農業者や消費者を初めとする国民の声を反映すること。また、世界最大の食料輸入国である日本が、食糧自給率をさらに落とすことは世界中の食料配分バランスを大きく変えることを深く自覚して交渉に当たること。 以上の内容の意見書を地方自治法第99条の規定により提出することについて、議員各位のご賛同をお願いし、提案説明を終わります。 ○議長(牛尾昭) ただいまの発議第8号の説明について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより、発議第8号について討論を行います。 討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 討論なしと認め、討論を終わります。 お諮りします。発議第8号WTO及び日豪EPA/FTA交渉に対する意見書については原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。 以上をもちまして、今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了しました。 この際、市長から発言の申し出がありましたので、これを許可します。市長。            〔宇津徹男市長 登壇〕 ◎市長(宇津徹男) 平成19年9月浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。 今議会に提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決をいただき、厚く御礼を申し上げます。特に、しまねお魚センター用地に係る財産処分の議決事項の変更に関しましては、熱心にご審議いただき、貴重なご指摘、ご提言を数多くちょうだいしたところであります。市といたしましてはこれを踏まえ、しまねお魚センターが市内外の多くの皆さんから親しまれる地域振興の拠点施設としてきちんと機能するよう、経営改善計画の実現に向け、強く働きかけてまいります。 また、再生法制への対応につきましては、国の動向等が不透明な状況でありますが、早期健全化団体の指定回避に向け、地方債の繰り上げ償還を初め、あらゆる方策を講じてまいります。 なお、このたびの実質公債費比率25%という結果につきましては、これを単なる数値ととらえることなく、重く受けとめ、財政の健全化に向け、可能な限りの見直しを行いたいと考えております。 終わりに、議員の皆さんにおかれましては、健康に十分留意され、今後ますますご活躍されますことを祈念いたしまして、お礼のごあいさつといたします。 ○議長(牛尾昭) これをもちまして平成19年9月浜田市議会定例会を閉会します。 皆様、大変お疲れさまでした。ご苦労さまでした。            午前10時39分 閉会        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会議長         浜田市議会議員         浜田市議会議員        ──────────────────────────...