運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2006-06-01
    平成18年 6月定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    平成18年 6月定例会        平成18年6月浜田市議会定例会会議録(第6号)1. 日  時  平成18年6月21日(水)午前9時58分開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 出席議員(36名) 1番  佐 々 木  豊  治           2番  道  下  文  男 3番  平  石     誠           4番  西  田  清  久 5番  三  浦  保  法           6番  新  田  勝  己 7番  三  浦  美  穂           8番  山  崎     晃 9番  山  田  義  喜          10番  澁  谷  幹  雄11番  田  村  友  行          12番  三  浦  一  雄13番  西  村     健          14番  大  谷  弘  幸15番  角  田  勝  幸          16番  西  田     平17番  川  神  裕  司          18番  江  角  敏  和19番  岡  田  治  夫          20番  島  本  鎌  利21番  牛  尾  博  美          22番  鎌  原  ヤ シ ヱ23番  吉  田  千  昭          24番  原  田  義  則25番  下  隅  義  征          26番  濵  松  三  男27番  向     惇  雄          28番  江  口  修  吾29番  牛  尾     昭          30番  中  村  建  二31番  小  川  泰  昭          32番  湯  浅     勝33番  高  原  好  人          34番  高  見  庄  平35番  美  浦  美  樹          36番  木  村  正  行        ────────────────────────── 欠席議員(0名)        ────────────────────────── 地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男          助役      松 尾 紳 次収入役     佐々木 康 夫          教育委員長   領 家   務教育長     山 田 洋 夫          監査委員    水 野 文 雄金城自治区長  安 藤 美 文          旭自治区長   花 本 博 文弥栄自治区長  田野島 正 徳          三隅自治区長  泉 川 晋 作総務部長    岡 田 昭 二          企画財政部長  大 谷 克 雄市民福祉部長  福 原 稔 之          産業経済部長  服 部 二 郎建設部長    廣 瀬 虎 雄          教育部長    浅 田   勇消防長     濱 崎 洋 祐          水道部長    松 浦 三 男金城支所長   澄 川 和 則          旭支所長    岩 倉 初 喜弥栄支所長   串 崎 法 之          三隅支所長   玉 田 保 晴総務部次長   稲 葉 裕 男          企画財政部次長 長 尾 勝 彦市民福祉部調整室長                産業経済部調整室長        近 重 哲 夫                  河 内 治 夫産業経済部次長 湯屋口 初 實          建設部調整室長 平 川 隆 夫教育部次長   内 藤 大 拙          総合調整室長  砂 川   明消防次長    杉 浦 裕 正          総務課長    平 野 一 茂人事課長    牛 尾 祐 治          財政課長    宮 崎 良 一        ────────────────────────── 事務局職員出席者事務局長    天 野   孝          事務局次長   稲 垣 滋 久議事係長    田 中 政 行          主任主事    勝 田   奨        ────────────────────────── 議事日程(第6号)第1 委員長報告(総務文教委員会、建設都市委員会、予算審査特別委員会)   市長提出議案(討論・採決)第2 議案第103号 浜田市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について第3 議案第104号 浜田市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について第4 議案第105号 浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について第5 議案第106号 浜田市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について第6 議案第107号 工事請負契約の締結について(浜田学校給食センター)第7 議案第108号 財産の取得について(浜田学校給食センターのコンテナー消毒保管庫ほか)第8 議案第109号 財産の取得について(浜田学校給食センターの食器・トレー洗浄機ほか)第9 議案第110号 財産の取得について(浜田学校給食センターの連続式揚物機ほか)第10 議案第111号 財産の取得について(今福スポーツ広場施設用地)第11 議案第112号 財産の取得について(高機能消防指令センター機器)第12 議案第113号 財産の取得について(高機能消防指令センターの発信地表示システム)第13 議案第114号 市道路線の認定について第14 議案第115号 平成18年度浜田市一般会計補正予算(第1号)第15 議案第116号 平成18年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)第16 議案第117号 平成18年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)第17 議案第118号 平成18年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)第18 議案第119号 平成18年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)第19 議案第120号 平成18年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)第20 議案第121号 平成18年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)   議会報告案件第21         特別委員会の中間報告について(島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員会、行財政改革推進特別委員会)   議会提出案件第22         議員派遣について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件議事日程(第6号)のとおり        ──────────────────────────            会       議            午前9時58分 開議 ○議長(牛尾昭) おはようございます。 ただいま出席議員は36名で定足数に達しております。これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略します。 この際、金城自治区長及び企画財政部長より発言の申し出がありましたのでこれを許可します。金城自治区長。 ◎金城自治区長(安藤美文) 6月12日の平成18年度浜田市一般会計予算(第1号)の議案質疑に対しまして、10番澁谷幹雄議員のご質問に対しまして、税の問題については一体的なものとして処理するのが適当であるとの見解を持っているとお答えをしたところでございますが、私が市の方針を言う立場ではなく、市長の答弁されておりますように、全容が解明された後に最終的に市民の納得を得られるような判断が必要でありまして、市長が最終的に決定されました方針に従ってまいる所存でございます。 ここに、答弁の訂正に対しましておわびを申し上げる次第であります。よろしくお願い致します。 ○議長(牛尾昭) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(大谷克雄) 6月12日の議案第115号平成18年度浜田市一般会計補正予算(第1号)の議案質疑におきまして、18番江角議員のご質問の市税等不適正事務処理対策費に係る財源措置の考え方についての答弁で、賠償責任等がある場合を除き、共通経費(市税)で対応致しますとお答え致しましたが、市民感情に対する配慮が不足しておりましたので、答弁の訂正をお願いをするものであります。 財源措置の考え方と致しましては、今回の補正予算では新市として一般財源で対応しておりますが、全容の解明と関係経費全体の把握を最優先に取り組み、対応策について意思決定をする段階で、市民の理解が得られる方向で整理をしてまいります。 以上、訂正をお願い致します。よろしくお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第1、委員長報告です。 今期定例会において、各常任委員会及び予算審査特別委員会に審査を付託した議案第103号から議案第121号までを一括して議題とし、所管委員会における審査の経過並びに結果についてそれぞれ委員長の報告を求めます。総務文教委員長、10番澁谷幹雄君。            〔総務文教委員長 澁谷幹雄君 登壇〕 ◆総務文教委員長(澁谷幹雄) 総務文教委員会に付託されました案件10件について、審査しました結果について報告致します。 まず、議案第103号浜田市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例については、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第104号浜田市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例については、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第105号浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例については、団員数の推移や緊急出動への対応など執行部にただし、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第106号浜田市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例については、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第108号財産の取得について(浜田学校給食センターのコンテナー消毒保管庫ほか)は、設備の詳細、機種選定の経緯や入札の状況など執行部にただし、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第109号財産の取得について(浜田学校給食センターの食器・トレー洗浄機ほか)は、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第110号財産の取得について(浜田学校給食センターの連続式揚物機ほか)は、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第111号財産の取得について(今福スポーツ広場施設用地)は、取得の価格の根拠や施設の利用状況など執行部へただし、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第112号財産の取得について(高機能消防指令センター機器)は、設備の機能や保守管理方法など執行部へただし、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第113号財産の取得について(高機能消防指令センターの発信地表示システム)は、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務文教委員会に付託されました案件の審査の結果の報告を終わります。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。建設都市委員長、33番高原好人君。            〔建設都市委員長 高原好人君 登壇〕 ◆建設都市委員長(高原好人) 建設都市委員会に審査を付託されました議案について審査の結果を報告致します。 まず、議案第107号浜田学校給食センター移転改築に伴う建築主体工事に係る工事請負契約の締結についてであります。審査を行いました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第114号市道路線の認定についてでありますが、浜田538号線及び539号線の2路線、延長227.3mについて、現地を確認しながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設都市委員長の報告と致します。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。予算審査特別委員長、34番高見庄平君。            〔予算審査特別委員長 高見庄平君 登壇〕 ◆予算審査特別委員長(高見庄平) 予算審査特別委員会に付託をされました議案第115号平成18年度浜田市一般会計補正予算(第1号)及び議案第116号平成18年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)から議案第121号平成18年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)までの特別会計補正予算6件、合計7件について審査の経過並びに結果についてご報告を申し上げます。 審査日程については1日のみとし、審査方法につきましては事前通告をせず各議案ごとに質疑を行ったところであります。 審査に際しましては、一般会計補正予算(第1号)についての質疑が11名、平成18年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての質疑が1名の合計12名の委員の方から質疑がありました。 特に質疑が集中しました議案は、本会議でもただされました市税の不適正事務処理対策に要する調査費などで、職員の時間外勤務の実態や臨時職員の賃金等の事務費について、また中山間地域等直接支払交付金事業の不適正事務処理対策調査費で平成17年度事業に対する国・県補助金返還金などについてであります。採決の結果については一括してご報告させて頂きます。 まず、議案第115号平成18年度浜田市一般会計補正予算(第1号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 次に、議案第116号平成18年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 議案第117号平成18年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 議案第118号平成18年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 議案第119号平成18年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 議案第120号平成18年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 議案第121号平成18年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 最後に、審査に当たりましては委員並びに執行部の皆様方のご協力を賜りましたこと、深くお礼を申し上げ、予算審査特別委員長の報告と致します。ありがとうございました。 ○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより討論を行います。議案第103号より議案第121号までの議案に対する討論の通告はありませんでした。よって、これら議案について討論なしと認めます。 これより採決を行います。日程第2、議案第103号浜田市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。議案第103号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第103号は原案のとおり可決されました。 日程第3、議案第104号浜田市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。議案第104号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第104号は原案のとおり可決されました。 日程第4、議案第105号浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを採決します。議案第105号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第105号は原案のとおり可決されました。 日程第5、議案第106号浜田市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。議案第106号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第106号は原案のとおり可決されました。 日程第6、議案第107号工事請負契約の締結についてを採決します。議案第107号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第107号は原案のとおり可決されました。 日程第7、議案第108号財産の取得についてを採決します。議案第108号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第108号は原案のとおり可決されました。 日程第8、議案第109号財産の取得についてを採決します。議案第109号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第109号は原案のとおり可決されました。 日程第9、議案第110号財産の取得についてを採決します。議案第110号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第110号は原案のとおり可決されました。 日程第10、議案第111号財産の取得についてを採決します。議案第111号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第111号は原案のとおり可決されました。 日程第11、議案第112号財産の取得についてを採決します。議案第112号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第112号は原案のとおり可決されました。 日程第12、議案第113号財産の取得についてを採決します。議案第113号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第113号は原案のとおり可決されました。 日程第13、議案第114号市道路線の認定についてを採決します。議案第114号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第114号は原案のとおり可決されました。 日程第14、議案第115号平成18年度浜田市一般会計補正予算(第1号)を採決します。議案第115号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第115号は原案のとおり可決されました。 日程第15、議案第116号平成18年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を採決します。議案第116号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第116号は原案のとおり可決されました。 日程第16、議案第117号平成18年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)を採決します。議案第117号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第117号は原案のとおり可決されました。 日程第17、議案第118号平成18年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。議案第118号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第118号は原案のとおり可決されました。 日程第18、議案第119号平成18年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。議案第119号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第119号は原案のとおり可決されました。 日程第19、議案第120号平成18年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。議案第120号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第120号は原案のとおり可決されました。 日程第20、議案第121号平成18年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。議案第121号について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第121号は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第21、特別委員会の中間報告についてを議題とします。 島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員会並びに行財政改革推進特別委員会において調査中の事項について、会議規則第43条第2項の規定により中間報告をしたいと申し出がありますのでこれを許可します。島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員長、11番田村友行君。            〔島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員長 田村友行君 登壇〕 ◆島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員長(田村友行) 島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員会において調査致しました経過等についてご報告申し上げます。 当委員会は昨年12月に設置され、今日までに現地調査を含め4回の特別委員会を開催するとともに、旭町矯正施設建設促進協議会主催による尾道刑務支所への視察研修に、当特別委員会から3名を派遣し調査したところであります。調査に当たりましては、執行部から説明を受け、それに基づき調査をしてまいりました。その結果について報告申し上げます。 島根あさひ社会復帰促進センター誘致及び整備、運営計画等の概要についてであります。 平成17年3月25日、旭拠点工業団地を候補地とする犯罪傾向の進んでいない(A級)男子受刑者2,000人収容の刑務所建設が決定されました。翌4月には、旧旭町では矯正施設整備対策室を設置、島根県においては庁内推進会議や石見地域県地方機関連絡支援会議が立ち上がり、先行する山口県美祢市を視察し、翌6月には法務省が刑務所の名称を島根あさひ社会復帰促進センターに決定するとともに、整備、運営に関する実施方針が公表され、地域との共生による運営を目指すと明言。刑務作業に地域の農林水産業を生かすことなどが盛り込まれました。翌7月に、島根あさひ社会復帰促進センターの実施方針説明会が浜田市において開催され、全国から170社が参加、また旧旭町民を対象とした住民説明会と法務省調査官を招いた講演会が開催され、同センター建設に向け機運が高まってまいりました。翌8月には、島根県内の事業者147社が参加し、共同事業体島根あさひ社会復帰促進センター地域振興コンソーシアムが設立され、翌10月には法務省が入札説明書を公表したところであります。 この事業の背景は、我が国の刑務所は受刑者を一定の場所に拘束して社会から隔離し、その自由をはく奪するとともに、その更生及び円滑な社会復帰を図るという基本理念のもと、受刑者に対する処遇が行われております。しかしながら、最近の犯罪情勢の悪化等に伴い、刑務所や拘置所などの行刑施設には多くの被収容者が収容され、ほとんどの施設で著しく増加し、収容人員が収容定員を上回る過剰収容状態となっているのが現状であります。この傾向は、刑務所において特に顕著となっており、平成17年3月末現在の収容率は112%を超え、受刑者に対する適正な刑の執行と改善、更正のための処遇が極めて困難な状態となっております。この著しい過剰収容状態とそれに伴う処遇環境の悪化等を速やかに緩和、解消し、適正な収容状態を確保することは喫緊の課題となっていることから、法務省では山口県美祢市において我が国初のPFI、いわゆる民間の資金、経営能力、技術的能力を活用とする手法による刑務所の整備、運営事業を実施するほか、既存の刑務所等においても収容能力増強のための増改築工事が行われているところであります。 島根あさひ社会復帰促進センターを整備するに当たっては、山口県美祢市の刑務所PFI事業と同様、官民協働による運営を実現させ、施設運営の透明性の向上を図るとともに、市民に理解され、支えられる刑務所という基本理念のもと、刑務所の運営にも地域の人材や資源を積極的に活用するとともに、受刑者のしょく罪としても意義のある社会奉仕活動を地域で実施し、刑務所内に設置される診療所を地域住民に開放するなど、地域との共生による運営を目指すものとなっております。 また、本事業の実施に当たっては、施設の設計、建設のみならず、構造改革特区制度を活用することにより、施設の警備や受刑者の処遇の一部を含めて幅広く民間に委託することが可能であり、官製市場の開放による地域雇用機会の増大を期待でき、刑務作業、職業訓練に地場産業を積極的に取り入れることにより地域経済の振興と発展に大きな期待ができるものと考えられるものであります。 なお、今後の予定でありますが、構造改革特区制度の活用のために必要とする構造改革特別区域計画の認定申請については、今後島根県と浜田市において共同で申請される予定であります。また、今年4月21日に予定されておりました入札は、入札に参加しておりました企業が防衛施設庁の談合事件に絡み、入札が不調となり再度入札公告をすることになりました。このことに関し法務省が示した新たなスケジュールでは、5月1日に入札の公告が行われ、同じく5月8日に入札説明会、6月26日から7月25日の間に参加資格者の確認と資料の受け付けがなされ、9月中に入札書及び2次審査資料が提出、10月31日に開札、落札者が決定され、翌11月上旬に基本協定が締結される予定となっております。また、12月上旬にはSPC、いわゆる施設を建設、運営等を行う特別目的会社との事業契約が締結される予定となっております。 従いまして、平成20年4月に予定されておりました施設の供用開始が半年延期され平成20年10月1日、法務省が決定をしております管理運営年数20年間が実際には19年6カ月となり、平成38年3月31日が事業終了、その後国に移管される予定となっております。また、元旭町長の岩谷義夫氏を顧問として迎え、建設整備の円滑な推進を図っていくとともに、今後浜田市としては同センター建設地内に上水道及び下水道整備、道路整備等のインフラ整備を進めていくことになっております。 なお、調査に当たって委員より、1点目、新開団地から下府川に流れ込む水処理対策を講じる必要があるのではないか、2点目として受刑者の出所時のことを不安視する人の意見がある、3点目として合併して新浜田市になったことから、旧旭町以外での説明会の開催とPR活動を積極的に実施してほしい、4点目として入札参加予定者それぞれの考え方を入札前の段階で聞かせてもらえないか、5点目として事後計画の骨格、概要に対する市の方針、流れを早く市民に知らせてほしい等々の意見が出されました。しかしながら、現段階では入札前ということで情報を入手することは不可能であります。 新市まちづくり計画において主要事業の一つとなっており、本委員会としては引き続き当市議会に存続させ、今後の課題の解決に向けてこれまで以上に調査、検討の取り組みを進めていくことが必要であるということで意見が一致したところであります。 島根あさひ社会復帰促進センター建設決定に至るまでの経過と今後の予定等について述べさせて頂きました。 以上、島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員会の中間報告と致しますので、議員各位のご理解をお願いを致します。 ○議長(牛尾昭) ただいまの島根あさひ社会復帰促進センター調査特別委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 次に、行財政改革推進特別委員長、21番牛尾博美君。            〔行財政改革推進特別委員長 牛尾博美君 登壇〕 ◆行財政改革推進特別委員長(牛尾博美) 浜田市議会行財政改革推進特別委員会のこれまでの調査・研究の状況及び会議開催の経過につきまして報告致します。 地方分権が本格化する中、人口減少時代の到来、少子・高齢化の進展、住民ニーズの高度化、多様化などの社会経済情勢の変化に対して、地方自治体は今まで以上に一層適切に対応することが求められています。また、国においては地方交付税制度の抜本改革の中で、いわゆる新型交付税の導入が検討されるなど、行財政を取り巻く環境は今後も極めて厳しい状況が予想されることから、当市においても更に行財政改革を進めていくことが重要であります。 このような状況の中、浜田市議会は昨年12月定例会において議員提出議案として行財政改革推進特別委員会の設置を提案し、議決、設置致しました。設置目的を、市の行財政改革の推進に関する事項につき調査及び研究を行い、行財政改革推進本部に対して必要な意見または提言を行うこととしております。また、設置期間は目的達成のため調査及び研究が終了するまでの期間とし、閉会中も継続して調査及び研究を行うことができることとしております。 昨年12月12日には、選任されました9名の委員により第1回の委員会を開催し、正・副委員長の互選を行った結果、委員長に私牛尾博美、副委員長に下隅義征委員が選任され、今日まで10回の特別委員会を開催し、浜田市行財政改革大綱及び同実施計画など市の行財政改革の推進に関する事項について、集中的に議論を重ねてきたところであります。この間、本年3月16日及び4月28日には、全員協議会におきまして本特別委員会の会議の経過及び結果についてご報告したところであります。第2回特別委員会では、行財政改革推進本部から行財政改革推進体制について、推進委員会委員の公募、決定状況について、また今後のスケジュール、合併前の各市町村の行財政改革の取り組み状況などについての説明を受けました。各委員からは、フロンティアプロ21の位置付けなどわかりやすい推進体制の構築を求める意見や、旧那賀郡の行財政改革の取り組み状況に関する資料の再提出の要求など、さまざまな意見、質問がありました。また、第3回以降は行財政改革大綱(案)、同実施計画(案)について各項目ごとに具体的な提案説明を受け、個別に審査してまいりました。特に行財政改革大綱については、第6回特別委員会において議会の情報公開に関する項目を削除することについての申し入れを行いましたが、推進委員会からの答申のあった大綱どおり策定したい旨の市長の意向を理解し、特別委員会としてはこの申し入れを取り下げることとし、3月13日開催の第7回特別委員会において全会一致で浜田市行財政改革大綱を承認致しました。 その後、大綱に使用されている語句の表記について、本特別委員会や全員協議会において指摘したとおり、市民にわかりやすい表現に修正する旨の報告を受けたところであります。 行財政改革実施計画につきましては、計画期間を平成18年度から22年度までの5年間とするもので、先に承認致しました行財政改革大綱に掲げられた改革の具体的テーマに基づく実施計画として、各項目ごとに具体的な数値目標、金額、効果を挙げ、担当課、実施年度を明確にしたものであります。各委員からは福利厚生事業の見直し、職員の給与制度、給与水準の見直し、定員適正化計画の策定、管理と行政効率化のための組織、機構の見直しとの整合性、また行政評価制度による事務事業評価のあり方や外部評価の導入、効果的な資金の管理運用、民間委託、民営化の指針について、また実施計画自体の取りまとめ方など、多岐にわたりさまざまな質問、意見が出され、慎重に審議を重ねた結果、4月24日に開催致しました第10回特別委員会において出席議員の全会一致をもって行財政改革実施計画を承認すべきものと決しました。 また、行財政改革推進委員会から指摘されております議会改革、議会の活性化に関する取り組みについては、正・副議長、議会運営委員会で協議された結果、議長の諮問機関を設置され、議会運営のあり方を初めとする議会内部の改革と活性化の方針を調査・研究し議長に答申されることとなっているところであります。 当市の行財政改革につきましては、今後行財政改革大綱及び実施計画に基づき、毎年度、年次計画を策定し、具体的な改革の推進に努めなければなりません。当特別委員会と致しましても、今後策定されます年次計画について審議を行うなど、引き続き行財政改革の推進に向け調査・研究を進め、行財政改革推進本部に対し必要な意見や提言を行ってまいりたいと考えております。 最後になりましたが、委員を初め議員の皆様には今日まで活発なご議論を重ねて頂きましたことに対しまして、心よりお礼を申し上げ、行財政改革推進特別委員長の中間報告と致します。 ○議長(牛尾昭) ただいまの行財政改革推進特別委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(牛尾昭) 日程第22、議員派遣についてを議題とします。 お諮りします。地方自治法第100条第12項及び会議規則第77条の規定により、お手元に配付のとおり島根県市議会議長会議員研修会及び島根県市議会議長会秋季定期総会にそれぞれ議員を派遣したいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。島根県市議会議長会議員研修会及び島根県市議会議長会秋季定期総会にそれぞれ議員を派遣することに決しました。 次に、お諮りします。ただいま可決されました議員派遣の内容に今後変更を要する時はその取り扱いを議長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(牛尾昭) ご異議なしと認め、そのように決定しました。 以上をもちまして今期定例会に付議されました案件の審議は全て終了致しました。 この際、市長から発言の申し出がありましたので、これを許可します。市長。            〔市長 宇津徹男君 登壇〕 ◎市長(宇津徹男) 平成18年6月浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。 今議会に提案致しました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決を頂き、厚く御礼を申し上げます。今後の執行に当たりましては、本会議においてのご意見、更に委員長報告を尊重し、行政運営に取り組んでまいりたいと存じます。特に、一般質問で議員の皆さんから頂きました数多くの貴重なご提案、ご意見を大いに参考とさせて頂き、今後の市政運営を進めてまいりたいと考えております。 終わりに、いよいよ本格的な梅雨の時期を迎えました。幸いに当市域におきましては、昭和63年以来大きな災害は起きておりませんが、災害はいつ起きるかわかりません。去る11日に、新浜田市として初めての浜田市防災・水防訓練を挙行致しました。各自治区も含めた消防団、島根県防災航空隊、浜田警察署、浜田医療センター、自主防災会やボランティアなど参加を得まして官民一体で実施したところであります。今後も、防災対策には関係機関と協力し、万全を期してまいりたいと考えております。 これから梅雨明けまで、雨の多い蒸し暑い日々が続きますが、議員各位におかれましては健康に十分ご留意され、ご活躍されますことを祈念致しましてお礼のご挨拶と致します。 ○議長(牛尾昭) これをもちまして平成18年6月浜田市議会定例会を閉会します。 皆さんどうもご苦労さまでございました。            午前10時42分 閉会        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会議長         浜田市議会副議長         浜田市議会議員         浜田市議会議員        ──────────────────────────...