浜田市議会 > 2004-03-01 >
旧浜田市議会 平成16年第401回( 3月)定例会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2004-03-01
    旧浜田市議会 平成16年第401回( 3月)定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-28
    旧浜田市議会 平成16年第401回( 3月)定例会     第401回(平成16年3月)浜田市議会定例会会議録(第4号)1. 日  時  平成16年3月16日(火)午前10時開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 出席議員(26名) 1番  志  學  輝  翁 君       2番  新  田  勝  己 君 3番  三  浦  美  穂 君       4番  山  崎     晃 君 5番  澁  谷  幹  雄 君       6番  三  浦  一  雄 君 7番  西  村     健 君       8番  大  谷  弘  幸 君 9番  藤  原  芳  男 君      10番  川  神  裕  司 君11番  江  角  敏  和 君      12番  牛  尾  博  美 君13番  片  山     勲 君      14番  下  隅  義  征 君15番  濵  松  三  男 君      16番  佐 々 木  喜  久 君17番  山  本  富  彦 君      18番  向     惇  雄 君19番  小  池  史  朗 君      20番  江  口  修  吾 君21番  牛  尾     昭 君      22番  中  村  建  二 君23番  小  川  泰  昭 君      24番  湯  浅     勝 君25番  高  原  好  人 君      26番  高  見  庄  平 君        ────────────────────────── 欠席議員(0名)        ────────────────────────── 地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男 君      助役      坂 平 弘 昭 君収入役     小 谷 典 弘 君      教育委員長   齋 藤 紀 子 君教育長     竹 中 弘 忠 君      監査委員    牛 尾 公 介 君総務部長    小 川 明 夫 君      総務部次長   岡 田 昭 二 君企画財政部長  大 谷 克 雄 君      福祉環境部長  小松原 尚 宏 君福祉環境部次長 芦 谷 英 夫 君      経済部長    服 部 二 郎 君建設部長    廣 瀬 虎 雄 君      消防部長    山 本 晋 也 君水道部長    中 村 勝 久 君      教育部長    畑 岡 正 弘 君総務課長    天 野   孝 君      人事課長    牛 尾 祐 治 君財政課長    稲 葉 裕 男 君      地籍管理課長  田 野 正 幸 君消防庶務課長  濱 崎 洋 祐 君      水道部次長   恵美須   晃 君教育総務課長  浅 田   勇 君      生涯学習課長  細 川 靖 則 君文化振興課長  桑 田   巌 君      給食センター所長佐々木   章 君        ────────────────────────── 事務局職員出席者事務局長    沖 野 邦 男        事務局次長   山 崎   浩議事係長    江 木   弘        主幹      大 塚 隆 信        ────────────────────────── 議事日程(第4号)第1 選第  6号 浜田市選挙管理委員の選挙について第2 選第  7号 浜田市選挙管理委員補充員の選挙について第3 議第118号 指定管理者の指定について(浜田市石央文化ホール)第4 議第119号 指定管理者の指定について(浜田市世界こども美術館創作活動館)第5 議第120号 指定管理者の指定について(サンマリン浜田)第6 議第121号 指定管理者の指定について(サン・ビレッジ浜田)第7 議第122号 平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)第8 議第 73号 浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について第9 議第 74号 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例について第10 議第 75号 市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について第11 議第 76号 浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について第12 議第 77号 浜田市教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について第13 議第 78号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について第14 議第 79号 浜田市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について第15 議第 80号 浜田市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例について第16 議第 81号 浜田市有料駐車場条例の一部を改正する条例について第17 議第 82号 浜田市公共下水道事業財政調整基金条例の制定について第18 議第 88号 浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について第19 議第 89号 浜田市公設水産物仲買売場条例の一部を改正する条例について第20 議第 90号 浜田市公共下水道条例の制定について第21 議第 91号 浜田市公共下水道使用料条例の制定について第22 議第 92号 浜田市農業集落排水施設条例の制定について第23 議第 93号 浜田市農業集落排水施設使用料条例の制定について第24 議第 95号 財産の取得について第25 議第 96号 市道路線の認定及び廃止について第26 議第 97号 平成15年度浜田市一般会計補正予算(第11号)第27 議第 98号 平成15年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)第28 議第 99号 平成15年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)第29 議第100号 平成15年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計補正予算(第1号)第30 議第101号 平成15年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第4号)第31 議第102号 平成15年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)第32 議第103号 平成15年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)第33 議第104号 平成15年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)第34 議第105号 平成15年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)第35 議第106号 平成16年度浜田市一般会計予算第36 議第107号 平成16年度浜田市国民健康保険特別会計予算第37 議第108号 平成16年度浜田市駐車場事業特別会計予算第38 議第109号 平成16年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算第39 議第110号 平成16年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算第40 議第111号 平成16年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算第41 議第112号 平成16年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算第42 議第113号 平成16年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算第43 議第114号 平成16年度浜田市公共下水道事業特別会計予算第44 議第115号 平成16年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算第45 議第116号 平成16年度浜田市水道事業会計予算第46 請第  6号 県道一の瀬折居線、周布地峠のトンネル化による主要地方道浜田美都線への早期接続の実現について第47 意第  5号 65歳まで働ける雇用環境の整備を求める意見書について第48        委員会における閉会中の継続審査について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件日程第1選第6号浜田市選挙管理委員の選挙についてから日程第48委員会における閉会中の継続審査についてまで        ──────────────────────────            会       議            午前10時0分 開議 ○議長(中村建二君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。 ただいま出席議員は26名で会議は成立しています。 本日の議事日程はお手元に配付していますので、朗読は省略します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第1、選第6号浜田市選挙管理委員の選挙についてを議題とします。 これより選挙を行います。 お諮りします。 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選によることに決しました。 お諮りします。 指名の方法については、議長が指名したいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決しました。 浜田市選挙管理委員に、大谷坦君、濱崎松重君、佐々木哲郎君、中田ミヨ子君、以上4名を指名します。 お諮りします。 ただいま指名しました4名の方を浜田市選挙管理委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。ただいま指名いたしました4名の方が浜田市選挙管理委員に当選されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第2、選第7号浜田市選挙管理委員補充員の選挙についてを議題とします。 これより選挙を行います。 お諮りします。 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選によることに決しました。 お諮りします。 指名の方法については、議長が指名したいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。議長が指名することに決しました。 浜田市選挙管理委員補充員に、佐々木康夫君、天野幸男君、大舘茂夫君、新井和子君、以上4名を指名し、補充の順序はただいま申し上げました順序とします。 お諮りします。 ただいま指名いたしました4名の方を浜田市選挙管理委員補充員の当選人と定め、補充の順序はただいま申し上げました順序によることにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。ただいま指名いたしました4名の方が浜田市選挙管理委員補充員に当選されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第3、議第118号指定管理者の指定についてから日程第7、議第122号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)を一括議題とします。 本案は追加提案ですので、提案者の説明を求めます。 日程第3、議第118号指定管理者の指定について(浜田市石央文化ホール)、教育部長。 ◎教育部長(畑岡正弘君) 議第118号浜田市石央文化ホールの指定管理者の指定についてご提案申し上げます。 現在、浜田市石央文化ホールは株式会社浜田みらい二十一にその管理を委託しておりますが、同社は平成16年3月31日をもって解散となります。これは、浜田市行財政改革の基本的方針であります外郭団体の見直し統合の一環として類似施設の一元的管理を図るため、その管理を財団法人浜田市教育文化振興事業団に統合し、今後は同施設を教育関連施設と位置づけ、幅広く社会教育、生涯教育の振興を目指そうとするものでございます。 一方、公の施設の管理につきましては、昨年9月2日付で地方自治法第244条の2が改正され、地方自治体が指定する指定管理者に公の施設の管理を代行させるという指定管理者制度が創設をされ、公の施設の管理を代行させるためには、条例によりその旨及び手続等を定め、指定に際しては議会の議決を要することとなったものでございます。よって、ここに次の者を指定管理者として指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。 指定管理者に管理を行わせようとする施設の名称は、石央文化ホール。指定管理者となる団体は、住所、浜田市野原町859番地1、名称、財団法人浜田市教育文化振興事業団、代表者、理事長宇津徹男。指定の期間は、平成16年4月1日から平成18年3月31日まででございます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第4、議第119号指定管理者の指定について(浜田市世界こども美術館創作活動館)、教育部長。 ◎教育部長(畑岡正弘君) 議第119号浜田市世界こども美術館創作活動館の指定管理者の指定についてご提案申し上げます。 現在、浜田市世界こども美術館創作活動館は、管理委託制度によってその管理を財団法人浜田市教育文化振興事業団に委託をしているところであります。先ほど議第118号の石央文化ホール指定管理者の指定についてご提案申し上げました趣旨と同様に、このたび浜田市世界こども美術館創作活動館の指定管理者として次の者を指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。 指定管理者に管理を行わせようとする施設の名称は、浜田市世界こども美術館創作活動館。指定管理者となる団体は、住所、浜田市野原町859番地1、名称、財団法人浜田市教育文化振興事業団、代表者、理事長宇津徹男。指定の期間は、平成16年4月1日から平成18年3月31日まででございます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第5、議第120号指定管理者の指定について(サンマリン浜田)、教育部長。 ◎教育部長(畑岡正弘君) 議第120号サンマリン浜田の指定管理者の指定についてご提案申し上げます。 サンマリン浜田は、現在その管理を雇用能力開発機構から受託し、更に財団法人浜田市勤労者福祉センターに委託をしておりますが、平成16年3月31日をもって同施設が浜田市へ譲渡され、また同法人は解散となります。つきましては、議第118号でご提案申し上げました趣旨と同様に、サンマリン浜田の指定管理者として次の者を指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。 指定管理者に管理を行わせようとする施設の名称は、サンマリン浜田。指定管理者となる団体は、住所、浜田市野原町859番地1、名称、財団法人浜田市教育文化振興事業団、代表者、理事長宇津徹男。指定の期間は、平成16年4月1日から平成18年3月31日まででございます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第6、議第121号指定管理者の指定について(サン・ビレッジ浜田)、教育部長。 ◎教育部長(畑岡正弘君) 議第121号サン・ビレッジ浜田の指定管理者の指定についてご提案を申し上げます。 サン・ビレッジ浜田は、先ほど議第120号のサンマリン浜田の指定管理者の指定についてのご提案の中で説明をさせていただきましたように、平成16年3月31日をもって浜田市へ譲渡され、財団法人勤労者福祉センターは解散となります。つきましては、議第118号でご提案申し上げました趣旨と同様に、サン・ビレッジ浜田の指定管理者として次の者を指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。 指定管理者に管理を行わせようとする施設の名称は、サン・ビレッジ浜田。指定管理者となる団体は、住所、浜田市野原町859番地1、名称、財団法人浜田市教育文化振興事業団、代表者、理事長宇津徹男。指定の期間は、平成16年4月1日から平成18年3月31日まででございます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第7、議第122号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)、企画財政部長。 ◎企画財政部長(大谷克雄君) 議第122号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)についてご説明申し上げます。 まず、追加提案の理由及び概要等について説明いたしますので、資料としてお手元に配付しております平成14年(ワ)第143号債権者代位による報酬金等請求事件についてをご覧願います。 本件につきましては、平成5年9月に美川特別養護老人ホーム造成工事に係る不当利得返還等請求事件として住民訴訟が提起され、平成12年8月に原告勝訴の判決が確定し、業者から浜田市に対して容認額と遅延損害金として3,514万5,624円が支払われておりますが、この判決確定に伴い、地方自治法第242条の2第7項に基づく弁護士報酬相当額の支払いについて提訴されたものでございます。なお、地方自治法の当該条項では、「住民訴訟を提起した者が勝訴した場合において弁護士に報酬を支払うべきときは、普通地方公共団体に対しその報酬額の範囲内で相当と認められる額の支払いを請求することができる。」と定められております。 浜田市といたしましては、口頭弁論3回と弁論準備手続5回において、この訴訟提起は弁護士法及び信託法違反を基礎としているため、請求の無効及び請求先が違うこと、また請求額が他の事例と比べて高額である旨を主張してまいりましたが、平成16年3月10日で松江地方裁判所で資料裏面のとおりの判決が確定いたしました。判決は、弁護士報酬相当額の819万1,689円及びこれに対する請求書到達1か月後の平成12年10月3日から支払い日まで年5分割合による遅延損害金の支払いを命じたものであります。 今後の対応でございますが、当市の主張が認められなかったのは残念でありますが、主張立証を尽くした上での司法判断であり、また新たな書証、人証も期待できず、更に訴訟継続による遅延損害金増大等のリスクを考慮いたしましてこれ以上の控訴は断念するとの方針を決定いたしました。以上が本件についての経過概要及び方針決定でありますが、詳細については資料をご参照願います。 それでは、予算書の1ページをお開き願います。 第1条におきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ960万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を177億5,730万1,000円とするものでございます。 続きまして、2ページの第1表歳入歳出予算補正についてご説明を申し上げます。 歳入の繰入金は、今回の補正予算の財源として財政調整基金を充当するものでございます。 次に、4ページの歳出の諸支出金は、判決に基づく債権者代位による弁護士報酬相当額の819万1,689円と遅延損害金の141万5,029円の合計額で、遅延損害金については平成12年10月3日から平成16年3月17日までの期間としており、本日議決をいただければ明日支払う予定としております。詳細につきましては、7ページ以降に歳入歳出補正予算事項別明細書を添付しておりますので、ご参照の上、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
    ○議長(中村建二君) この際、暫時休憩します。再開は10時25分とし、質疑を行います。            午前10時14分 休憩            午前10時25分 再開 ○議長(中村建二君) 会議を再開します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第3、議第118号指定管理者の指定について(浜田市石央文化ホール)を議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は文教厚生委員会に付託します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第4、議第119号指定管理者の指定について(浜田市世界こども美術館創作活動館)を議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は文教厚生委員会に付託します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第5、議第120号指定管理者の指定について(サンマリン浜田)を議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は文教厚生委員会に付託します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第6、議第121号指定管理者の指定について(サン・ビレッジ浜田)を議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は文教厚生委員会に付託します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第7、議第122号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)を議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。9番藤原芳男君。 ◆9番(藤原芳男君) この問題につきまして2つほど質問をいたしますが、1つは、ここにも説明に書いてありますように、弁護士法及び信託法違反によってこれこれされたことはと書いてありますが、別件になるかもしれませんが、弁護士法違反あるいは信託法違反にかかわる問題について、これ今後どう対処する方針なのか、これあわせてお聞きしたいと思います。 それと2番目には、弁護士の報酬の請求先は、勝訴した場合には当該地方公共団体に支払いを請求することができるというのは自治法の242条の2にはっきり住民訴訟という項目で書いてあるから、当初から敗れた場合には浜田市が当然支払いを請求されたら支払わなきゃならんということはわかっていたはずでありますが、これが長引いたということは、2年間支払うつもりでおったが何もなかったと、ただこれだけの理由でいいんでしょうか。大体、敗訴は敗訴者の、被告の負担とするというこういう争いの通例になっておりますが、判決でもそのように出ておりまして、当然支払いをするということで2年間も放置されて、それだけの年間5分の利子が加算されたということがあるわけですが、返事がなかったから2年間放置しとったのも一つは私は問題じゃないかと見とるんですが、このようにして行政の費用を増大さしたという責任があるんじゃないかと思いますが、その辺どう思われてますか。2点について質問いたします。 ○議長(中村建二君) 地籍管理課長。 ◎地籍管理課長(田野正幸君) ただいまの藤原議員さんのご質問にお答えをします。 まず、1点目の浜田市の主張の部分で、弁護士法及び信託法違反ということで主張をしておりましたけども、経過に書いておりますように、経過の1番ですけども、住民訴訟の原告は当時松原町に在住していた浜田市民であるが、実際訴訟を起こした本人は、そこにありますように市外の業者が起こしたという背景がありました。そういったことで、今回の債権者代位による報酬金等請求事件については、浜田市としましてはそういった面で弁護士法違反あるいは信託法違反ということで主張しましたけども、それにつきましては今回の判決にありますように裁判所の方では浜田市側の主張は認められなかったということになりました。 それから、2点目の請求が来てから2年近く置いておったということでありますけども、確かに請求書は平成12年8月の末に届いておりますけども、そういったところでその請求書だけではなかなか市の公金を支払いするので、その請求書の内容についてもっと詳しいものが欲しいということで高橋弁護士の方には連絡をしておりました。その中で、浜田市としては、裁判所の費用確定処分の決定があれば支払う、それから余りにも請求金額が高額であるために、そういった面で通常の裁判費用に比べて高額であるので、その辺があるので裁判所の確定費用等決定の後、着手金等の領収書等の資料があれば送付してもらいたいということでお願いをしておりましたけども、その後、高橋弁護士の方からはそういった資料の提供もなく、2年後の一昨年ですか、訴状が届いたということになりました。 それで、弁護士法違反及び信託法違反の件で今後の対応ですけども、一応今回報告させてもらいましたように、浜田市の主張が認められなかったのは残念ですけども、今後は控訴をしないということで一応確認をしております。 ○議長(中村建二君) いや、そうじゃなくて、これから起こったら対応どうするかっていうこと。 ◎地籍管理課長(田野正幸君) 失礼しました。今後、こういった弁護士法違反あるいは信託法違反があった場合の対応でございますけども、そういった事例が見られれば、我々としましてもそういった案件があれば主義主張はしていきたいと思います。 ○議長(中村建二君) 9番藤原芳男君。 ◆9番(藤原芳男君) まず、1番目の質問と答弁を見てみますと、私が質問した趣旨を取り間違えられておるんか、答弁が違うんです。あなたが今述べたこと紙へ書いてあるんです。その書いてあることを聞いておるんじゃないんです。初めにここに書いてありますように、弁護士法及び信託法違反であり、その違反行為をもととした弁護士報酬の請求は無効であるんだということが書いてあるんですが、ほいじゃ弁護士法違反あるいは信託法違反になるような場合の件と請求とは別問題なんです、これは。そういう違反に基づく請求は支払いしないんだと言うと、裁判所はいやそうじゃない、支払えということを認めたわけですが、ここに書いてある弁護士法違反、信託法違反というのは別件なんです、内容から見れば。こういう問題は今後も主張されるんですか、今回の場合はまたどう対処するんですかということを聞いておるんです。弁護士法違反、信託法違反と言うんなら、これあんた益田市民であるのに例えば浜田市民だと偽ってやったじゃないかと、これはこうこうこういう法律違反じゃないかと、この問題を別に取り上げて主張すべきは主張せにゃいけんのじゃないですか。こういうことを今後やられたら認めていくんですか。控訴しないで認めていくという浜田市の方針なのか、これはこれとして主張すべきは主張するということを浜田市の姿勢というものを、考え方というものを明確に内外的にすべきじゃないんですか。そのことを1つ聞いとるんです。今後控訴しないというの、それは書いてあるからわかったことです。 2番目の問題ですが、自治法の242条の2に書いてありますように、当然この請求先は当該地方公共団体に請求することができるということですから、これはまあ請求してくるでしょう。それは当然払わなきゃならんというふうに方向はなると私は見ていたんですが、しかし高額なのでどうかとか、質問を出したけど2年間くれんかったとか、この2年間を、本当は催告状を出したり催促したりしないと5分の利子がつくわけです、放置しておいて2年も後にやってこられると。その間の行為をなぜ2年間も弁護士に出しておったが返事が来んからというてほうっといたんかということを聞いとるんです。その間5分の利子がついて多額の浜田市の税金を払わにゃやれんような、公金を払わにゃやれんようなことにいってしもうたでしょう。そこの責任をどう感じているんですかということを聞いておるんです。手続上、あれは弁護士が例えば期限を切って30日以内に、あるいは45日以内に返事をくれえと。くれん場合にはなぜくれんのですかとか、そういうことをしないと、ストップをかけないと、5分の利子がつく行為に対してストップを普通かけるんです。ストップをかけて利子がつかないようにして話し合いをする、争い事についてなるべく早く決着するようにすると、こういう行為を浜田市がしなきゃいけないのに、なぜそういうことをしないで2年間放置した後の行為に対してまで払うような姿勢を今示したんですかということを聞いとるんです。そこのところを説明してください。ここに書いてあること以外のことを説明してください。 ○議長(中村建二君) 建設部長。 ◎建設部長(廣瀬虎雄君) 2年間ほうっておいたということなんですが、利子5分というのは今回判決が出て5分でして、当初1,111万6,539円という請求が来ました。これについて、公金でございますので、これに対しての相手に根拠、それから疎明資料等の添付をしていただくようにお願いしておったと。それで、それに対しての回答もなく今回こういった訴訟が起こされたということで、その訴訟結果で5分という結果的なものが出たということでございまして、当初から5分と、支払いをせえということではなかったんで、その辺のところはご理解いただきたいと思います。 それと、弁護士法及び信託法の違反の件でございますが、結局この訴訟が出されましてそれの対応ということで、私どもこういった事例は余り例がありませんし、素人でございます。しかし、住民訴訟の経緯からしていろいろ内部で検討したところで、こういった問題があるんじゃないかということで反論をしたということでございます。今後のことにつきましては、なかなかこういった専門でございませんで、今後のことについては行政としてもいろいろ考えていかねばならないというように思っております。 ○議長(中村建二君) ほかにありませんか。21番牛尾昭君。 ◆21番(牛尾昭君) 説明を聞いとりましてわからないというか、はっきり見えてこないという部分があるんですけれども、ここに背景・経緯の3番です、先ほど同僚議員も指摘をされてましたが、高額であったから、公金であったからというようなことであるんでしょうけど、当然浜田市も弁護士さんがついて訴訟されたわけです。その点について、浜田市側の弁護士さんはちゃんとお仕事されたんかというような疑問もあるんですけれども、先ほど同僚議員が言われてた、相手先へ出向いていってでもこの辺については交渉するというか、そういうことを通常おやりになるという話も聞いてますし、弁護士同士で話がつくというようなこともあるように聞いておりますが、そういったことはこの過程の中でおやりになったんでしょうか。その辺についてお尋ねします。 ○議長(中村建二君) 建設部長。 ◎建設部長(廣瀬虎雄君) 今回のこの裁判につきましては、浜田市の方は弁護士を立てておりません。 ○議長(中村建二君) ほかにありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は総務委員会に付託します。 この際、暫時休憩とします。再開は午後1時半とします。            午前10時40分 休憩            午後1時28分 再開 ○議長(中村建二君) 会議を再開します。 教育部長から発言の申し出がありましたので、これを許可します。教育部長。 ◎教育部長(畑岡正弘君) 議第118号浜田市石央文化ホールの指定管理者の指定についての提案説明の中で、字句の訂正をお願いしたいと思います。 説明では、現在浜田市石央文化ホールは株式会社浜田みらい二十一にその管理を委託しておりますが、同社は平成16年3月31日をもって解散となりますと解散という表現を使いました。これは委託を解消するということでございますので、字句の訂正方よろしくお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第8、議第73号浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第73号浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、現在石央文化ホールは株式会社浜田みらい二十一に管理運営を委託し、石央文化ホール運営委員会を設置しておりますが、地方自治法の一部改正による公の施設の指定管理者制度の創設に伴い、新年度から指定管理者を選定し、管理を代行させる予定となっております。それに伴い、ホールの運営に関しても指定管理者において効率的、効果的な運営を行う必要があり、石央文化ホール運営委員会を廃止しようとするものであり、第2条の別表中、石央文化ホール運営委員会の項を削るものであります。 附則として、この条例は平成16年4月1日から施行するものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第9、議第74号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第74号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨ですが、浜田市においては市長、助役及び収入役の退職手当の算定に係る在職期間の取り扱いを年単位とし、在職期間が6か月以上1年未満の場合は1年とし、1年以上の場合は1年未満の端数は切り捨てて計算するよう規定されております。 本年4月1日から、浜田市、松江市、出雲市以外の県内全ての市町村から退職手当事務を委託されている島根県市町村総合事務組合が、在職期間の取り扱いを年単位から月単位に改定するよう条例の一部を改正されたものであります。 浜田市におきましても、島根県内における市長、助役及び収入役の退職手当の算定方法の均衡を図るために、在職期間の取り扱いを月単位とするよう規定の改正を行おうとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第10、議第75号市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第75号市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、平成9年7月1日から平成16年3月31日までの間、市長、助役、収入役の給与について、行財政改革の一環として給料月額の100分の10を減額してきましたが、引き続く厳しい財政状況の中、この期間を平成20年3月31日まで延長するよう規定の改正を行おうとするものであります。 また、給料月額の減額に伴い、給料月額を計算の基礎とする期末手当、退職手当及び共済費等についても給料月額と同様に10%減額することとなります。 延長の期間は4年間ですが、今後、市町村合併が実施された場合、旧市の条例は失効することから、減額措置についても失効することとなり、新たな条例が合併後の新市において制定されることとなります。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら、現市長任期を超える給与の削減について、問題はないのかただしながら慎重に審査いたしました。その結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第11、議第76号浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第76号浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、議第74号で提案、可決されました市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例と同様に、教育長の退職手当の算定に係る在職期間の取り扱いを月単位として計算するよう改正しようとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第12、議第77号浜田市教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第77号浜田市教育委員会教育長の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、議第75号で提案、可決されました市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例と同様に、教育長の給料月額の減額期間を平成20年3月31日まで延長するよう規定の改正を行おうとするものであります。 審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第13、議第78号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第78号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨でありますが、平成11年4月1日から国家公務員において55歳を超える職員は特別の場合を除き昇給しないものとする措置が施行されました。 これは、民間の給与体系が従来の年功序列型の賃金体系から、能力、実績及び職務を重視する方向に転換され、高齢者の給与水準の抑制と若年・中堅層職員に対して賃金の重点配分が行われる中、高齢者職員における官民給与のバランスをとるために施行されたものであります。 島根県においても平成15年4月1日から国に準じた措置が実施され、浜田市においても平成16年4月1日から、55歳を超える職員は当該年齢に達した翌年度以降は特別の場合を除き昇給しないこととする改正を行おうとするものであります。 経過措置として、平成16年4月1日において59歳を超えている職員については従前の例によることとし、権衡上必要があると認められるものとして市長が規則で定める職員については、55歳に達した日以降も昇給することができると規定しております。この規定による経過措置の期間は、平成16年度までの1年間となります。 審査に当たりましては、特別昇給についての評価のあり方など執行部に説明を求めながら慎重に審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第14、議第79号浜田市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第79号浜田市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、平成14年4月1日から平成16年3月31日までの間、行財政改革の一環として職員の給料月額を100分の3減額してまいりましたが、引き続く厳しい財政状況の中、今後も継続して給料月額の100分の3の減額措置を行うこととし、その期間を平成20年3月31日まで延長するよう規定の改正を行おうとするものであります。 また、給料月額の減額に伴い、給料月額を計算の基礎とする期末手当及び共済費等についても給料月額と同様に3%減額することとなります。 延長の期間は4年間ですが、今後、市町村合併が実施された場合、旧市の条例は失効することから、減額措置についても失効することとなり、新たな条例が合併後の新市において制定されることとなります。 審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第15、議第80号浜田市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第80号浜田市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、平成15年10月1日、国家公務員退職手当等の一部を改正する法律が施行され、民間企業退職金実態調査の結果を踏まえ、退職手当支給水準の官民格差の5.6%を解消するため、長期勤続者に対する退職手当の支給水準が100分の6ポイント引き下げられました。 その主な内容は、勤続20年以上で、定年、勧奨等の理由により退職した長期勤続者に対する退職手当について、退職手当法本則の規定により計算した額に乗じる、暫定的に講じている退職手当の調整措置による調整率100分の110を100分の104に引き下げ、平成15年10月1日から施行し、平成16年9月30日までの1年間は調整率を100分の107とする経過措置を定めることとするものでありました。 浜田市においても、国に準じて、勤続年数20年以上で定年、勧奨等の理由により退職した長期勤続者に対する退職手当について、退職手当法本則の規定により計算した額に乗じる、暫定的に講じている退職手当の調整措置による調整率100分の110を100分の104に引き下げ、これに伴う規定の整備を行おうとするものであります。 この条例は、平成16年4月1日から施行し、1年間調整率を100分の107とする経過措置を定めること等所要の規定を整備しようとするものであります。 審査に当たりましては、条例改正の内容について詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第16、議第81号浜田市有料駐車場条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第81号浜田市有料駐車場条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、株式会社浜田みらい二十一より駅前立体パーキングを買い取り、市営駐車場として管理をしようとするものであります。 条文中、新しく浜田市が管理する駐車場を浜田市道分山立体駐車場とし、追加表示をしております。 次に、利用券の発行について、現在は100円券を11枚組1,000円で販売しておりますが、利用者の利便性を考慮して新たに200円券、400円券を発行し、11枚組をそれぞれ2,000円、4,000円で販売しようとするものであります。 また、使用料については、別表に道分山立体駐車場の使用料を新たに追加し、普通駐車については駅前駐車場と同じ使用料体系としております。なお、定期駐車については現行と同じ額としているものであります。 審査に当たりましては、使用料引き下げの考え方、収支を安定させるため定期駐車台数の枠の拡大と定期駐車料金の引き下げ、障害者用駐車場の確保、施設の改善などについて執行部の考え方をただしながら審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第17、議第82号浜田市公共下水道事業財政調整基金条例の制定についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第82号浜田市公共下水道事業財政調整基金条例の制定について、審査いたしました結果を報告します。 この条例の制定理由は、剰余金を積み立てるときは自治法により基金条例を制定し積み立てることとなっておりますので、今年度より賦課徴収を開始されました公共下水道事業受益者負担金について、一括納付者が当初40%を見込んでいたものが結果的に63.7%と上回ったため、特別会計の収支で決算剰余金が発生することが確実となり、当該剰余金を後年度の建設財源等に充てるため新たに基金を設けようとするものであります。 条例は第1条から第7条までで成り立ち、その内容の主なものは、設置の目的、積み立て、管理、運用益金の処理、繰り替え運用、処分、その他で委任事項を定めており、附則として本条例は公布の日から施行することとしております。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第18、議第88号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第88号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、審査しました結果について報告します。 この条例改正は、葬祭費の支給額の改正と、地方税法等の一部改正により地方税法附則第35条の2の4が削除となりましたので、国民健康保険条例の引用部分を削除し、条文の整備を行うためのものです。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第19、議第89号浜田市公設水産物仲買売場条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。経済委員長、12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 経済委員会に審査を付託されました議第89号浜田市公設水産物仲買売場条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 一部改正の理由は、平成16年度より仲買売場から排出される汚水を浜田漁港排水浄化センターに接続することにより、この処理費用が新たにかかること。平成16年4月から消費税法の一部が改正され、事業者免税点が3,000万円から1,000万円に引き下げられ、消費税の納税義務が発生することから、使用料を3万円を3万3,000円に改めるものであります。また、仲買売場の位置の地番が確定していることから、今回の改正にあわせ浜田市原井町2794番地地先県有埋立地を浜田市原井町3025番地に改めるものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第20、議第90号浜田市公共下水道条例の制定についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第90号浜田市公共下水道条例の制定について、審査いたしました結果を報告します。 この条例の制定理由は、国府地区公共下水道事業の終末処理場が16年度に完成し、平成17年4月1日からの供用開始に伴い条例を制定するものであります。 条例は第1条から第34条までで成り立ち、その内容の主なものは、下水道法第25条の規定により法または法に基づき命令で定めるもののほか、浜田市公共下水道の設置及び使用その他の管理に関して必要な事項、下水道に接続するための排水設備の設置、公共下水道の使用、雑則及び罰則について定めており、附則として本条例は平成16年4月1日から施行することとしております。 本会議でただされた排水設備の設置や融資制度などに配慮しながら審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第21、議第91号浜田市公共下水道使用料条例の制定についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第91号浜田市公共下水道使用料条例の制定について、審査いたしました結果を報告します。 この条例を制定する理由は、下水道法第20条第1項及び、先ほど可決された議第90号浜田市公共下水道条例第15条の規定に基づき制定するものであります。 条例は第1条から第14条までで成り立ち、その内容の主なものは、公共下水道の使用にかかわる使用料の算定方法及び徴収に関し必要な事項、使用料算出の基礎となる汚水排除量の算定、使用料の額、使用料の徴収等、雑則及び罰則について定めており、附則として本条例は平成16年4月1日から施行するとしております。 本会議でただされた使用料の額や減免などに配慮しながら審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第22、議第92号浜田市農業集落排水施設条例の制定についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第92号浜田市農業集落排水施設条例の制定について、審査いたしました結果を報告します。 この条例の制定理由は、美川地区農業集落排水事業が16年度中ごろには供用開始となるため、地方自治法第244条の2の規定により条例を制定しようとするものであります。 条例は第1条から第15条までで成り立ち、その内容の主なものは、浜田市農業集落排水施設の設置及び管理について必要な事項、排水施設に接続するための排水設備の設置等、排除の制限、排水設備等の検査及び罰則について定めており、附則として本条例は平成16年4月1日から施行することとしております。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。
    ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第23、議第93号浜田市農業集落排水施設使用料条例の制定についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第93号浜田市農業集落排水施設使用料条例の制定について、審査いたしました結果を報告します。 この条例を制定する理由は、先ほど可決された議第92号浜田市農業集落排水施設条例第12条の規定に基づき制定するものであります。 条例は第1条から第13条までで成り立ち、その内容の主なものは、農業集落排水施設の使用にかかわる使用料の算定方法及び徴収に関し必要な事項、使用料算出の基礎となる汚水排除量の算定、使用料の額、使用料の徴収等、雑則及び罰則について定めており、附則として本条例は平成16年4月1日から施行するとしております。 審査しました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第24、議第95号財産の取得についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第95号財産の取得について、審査いたしました結果を報告いたします。 本議案につきましては、議第81号で提案、可決されました浜田市道分山立体駐車場に係る財産の取得について、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものであります。 取得する財産は、浜田市黒川町4181番地の鉄骨づくり陸屋根8階建ての駐車場で、床面積は6,458.44㎡であります。 取得の方法は売買によるもので、買収予定価格は2億8,060万円、買収の相手方は、浜田市黒川町4175番地、株式会社浜田みらい二十一、代表取締役宇津郁男であります。 今回取得する財産につきましては、株式会社浜田みらい二十一が平成2年に建設し、平成3年2月から営業してきた施設でありますが、このたび、行革による外郭団体の整理、統合及び経営改善の方針に基づき、浜田市有料駐車場として浜田市が管理をしようとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第25、議第96号市道路線の認定及び廃止についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第96号市道路線の認定及び廃止について、審査いたしました結果を報告します。 今回の認定路線は3路線で、認定延長は1,241.5mであります。認定理由としまして、浜田291号線は大型店立体駐車場整備に伴い、また石見北23号線は佐野地区ふるさと農道整備事業による農道区域の設定に伴い、起点が変更になるため再認定するものであります。浜田536号線は、開発行為に伴い整備されたもので、新規認定するものであります。 廃止路線は3路線で、廃止延長は2,758.3mであります。廃止理由としまして、石見北23号線は佐野地区ふるさと農道整備事業により起点が変更になるため廃止手続を行うもので、石見北39号線も同様、農道整備事業に伴い全線廃止手続を行うものであります。 市道浜田291号線の一部廃止は、昨年の12月議会において提案されましたが、代替市道の歩道整備工事及び高尾山排水路付け替え整備工事等が完成しておらず、条件成就がなされていないという理由により提案が見送られたものでありますが、本年1月末これらの代替施設が完成し条件が整ったため、再度提案されたものであります。本路線は港町の大型店北側に面し、反対側の駐車場に挟まれた形で、横断歩行者と駐車場利用の車両及び通過車両が錯綜し危険性の高い道路となっております。昨年、現在の店舗と市道を挟んだ駐車場及び民地を一体化して店舗及び立体駐車場を設置し、周辺道路の混雑緩和と利便性及び周辺環境の向上を図りたいとの申し入れがありました。立体駐車場の設置により収容台数の増加及び車両出入り口が一本化されることになり、また代替市道の歩道整備により周辺道路の安全性が向上し、更には排水路及び側溝整備により周辺環境の向上等が図られたことから、本路線の廃止再認定を行うものであります。 特に、市道浜田291号線の一部廃止については、本会議での質疑に配慮しながら、現地調査も含め時間をかけ、市道廃止の要件に適合するか慎重に審査をいたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。21番牛尾昭君。 ◆21番(牛尾昭君) 建設委員長に審議過程について、4点についてお尋ねをいたします。 今回の建設委員会の判断について、結果として一私企業に便宜供与を与える側面があるという市民の声が沸き上がると思われますが、その点について委員会で議論があったかどうか、お尋ねをいたします。 次に、今回の一私企業のための市道売却という行為は、行政財産が市民共有のものであるという観点からすれば、周辺住民だけの同意で済まされる問題ではないと思われますが、その点について議論がなされたのかどうか、お尋ねをいたします。また、その問題について行政不服訴訟に発展した場合の対応について議論がなされたかどうか、お尋ねをいたします。 次に、今回の問題について、町の東西バランスが崩れ、やがて商店街の崩壊につながると思われますが、そのような観点からの議論があったかどうか、お尋ねをいたします。 次に、今回の問題に関して、会議所の会頭より情報の開示と共有化、まちづくり条例の制定について提言がございましたが、議案審議の過程でその点について議論があったかどうか、お尋ねをいたします。以上、4点についてお尋ねをいたします。 ○議長(中村建二君) 11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) ただいまの21番牛尾昭議員の質問にお答えをいたします。 先ほど、この案件について審査をいたしました経過並びに結果については報告をしたとおりであります。その報告に対して、今4点の質問がありました。本会議でただされました点は、委員会でも執行部に再確認をいたしたところであります。ただいまの4点につきましては、いずれも市道廃止の審査外といいますか、所管外の内容でありますので、審議及び議論についてはしておりませんので、ご理解をいただきたいと思います。 ○議長(中村建二君) 1番志學輝翁君。 ◆1番(志學輝翁君) 続いて、議案質疑の過程の中で今の市道廃止に対し幾つか質問させていただきたいと思います。 先般の議案質疑の際にも言及しましたとおりなんですが、以下3点ほど大きくお聞きしたいと思います。 側道の部分が道幅4mに満たない状況で、物品の搬入作業等により車両が道をふさぐ形となりますが、一般車両の通行には配慮がなされているのか。そして、通学児童や高齢者、障害者が通行する際に危険防止策が講じられているか確認をとっておられるのか。 また、総菜製造に関する事業において、浄化槽工事に伴う工事の発生について、ごみ処理を行っておられますが、環境対策等の今後懸念される事柄について事前に検証された結論があるのかどうか。 緊急を有する車両に対し、その活動と安全面に考慮してあるか。 続いて、本会議でも了承されてからいろんな過程があると思うんですが、今現在我が道のように既に工事を進められており、工事に伴う案内文が各関係者へ送付されていることは、議会軽視だけでなく、浜田市全体のメンツを無視しているのではないかと感じますが、そのことについてお伺いしたいと思います。 そして、先ほどもありました住民説明というのが、これは先般の議案質疑のときに不十分であるとお話ししたんですが、その後何ら相手方から全く来てませんが、その確認はなされてるかどうか。以上、お聞きします。 ○議長(中村建二君) 1番議員にお尋ねしますが、今の質問は議題に沿った質問でよろしいですね。そういうことは議論されたということでいいですね。はい。11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 1番志學議員の質問にお答えします。 3点だったと思いますが、質問がございました。審査いたしましたのは、市道路線の一部廃止及びそれに伴う代替市道の周辺環境については慎重に、付託された案件でございますので、審査をいたしました。その他の付託されていない市道関連については、いわゆる周辺市道については審査対象外になっておりますので、審議についてはしておりませんのでご理解いただきたいと思います。 ○議長(中村建二君) ほかに質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(中村建二君) 挙手多数によって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第26、議第97号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第11号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第97号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第11号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億4,967万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を177億4,769万4,000円とするもので、これにあわせて債務負担行為の追加並びに地方債の追加及び変更をしようとするものであります。 この補正の主な内容は、国県補助事業の確定に伴う事業費の変更、退職者の追加に伴う職員退職金の追加、決算見込みにより現行予算に不足や不用額が生じる事業費及び税収等について調整しようとするものであります。 審査に当たりましては、固定資産税減収の原因、市債の減少の要因、バス路線運行維持補助金の補正についてなど執行部にただしながら審査いたしました結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第27、議第98号平成15年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第98号平成15年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、審査しました結果について報告します。 今回の補正は、決算見込みを想定して所要の予算措置を行うものであります。 第1条において、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,073万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億9,871万2,000円とするものであります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第28、議第99号平成15年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第99号平成15年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、決算見込みを想定して所要額の補正を行おうとするもので、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ50万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億9,833万9,000円とするものであります。 この補正の主な内容でありますが、歳入の50万円の増額は、使用料収入の増額による事業収入の増と、弁償金による雑収入の増であります。歳出は総務管理費の減が見込まれますことから、一般会計への繰り出しを増額させるものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第29、議第100号平成15年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計補正予算(第1号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。経済委員長、12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 経済委員会に審査を付託されました議第100号平成15年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ300万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,982万7,000円と定めるものであります。 この主な理由は、本年度実施しております施設改良事業に要する事業費の起債充当額が確定したことによる財源の組み替えを行うものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第30、議第101号平成15年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第4号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第101号平成15年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第4号)について、審査しました結果について報告します。 今回の補正は、当初予定しておりました総務費と医療諸費等に不足額が見込まれますので、所要の予算措置を講ずるものであります。 第1条において、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,307万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53億4,851万7,000円とするものであります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第31、議第102号平成15年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。経済委員長、12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 経済委員会に審査を付託されました議第102号平成15年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,503万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億6,229万7,000円と定めるものであります。 この主な理由は、冷夏や長引く景気低迷により、利用客数は昨年より微増ではあるものの、客単価の落ち込みなどの影響を受け、事業収入が当初より大きく下回ることが見込まれることから、公債費と事業収益の差額分を一般会計から繰り入れるものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はありませんか。9番藤原芳男君。 ◆9番(藤原芳男君) 今の経済委員長の報告の中に、審査いたしました結果、特に問題もなくということでしたが、この議案の審議に当たりまして本会議では随分と質問もありましたし、特に今後の経営の検討委員会を早急に立ち上げるということも答弁の中で当局から出ておりましたけれども、これは特に問題もなくという表現でええんですか。委員長にお伺いしますが、その辺はどのような議論をされましたか。 ○議長(中村建二君) 12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 検討委員会についての議論はこの常任委員会ではなされませんでした。 ○議長(中村建二君) 9番藤原芳男君。 ◆9番(藤原芳男君) 検討委員会のことについて議論はなかったということですが、本会議でありましたが、特に問題もなくという表現でいいんですか。そこの辺もう一回お聞きいたしますが、いろいろ質問があり、答弁があり、本会議で複数の議員からもありましたけれども、この辺について、問題がなくという表現が私はおかしいように感じるんですが、その辺議論はどうでしょうか。もう一回お答え願いたいと思います。 ○議長(中村建二君) 12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) いろいろ問題はこの議会の中でされましたが、結果的には問題なくということの結論を出させていただきました。 ○議長(中村建二君) ほかに質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第32、議第103号平成15年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました平成15年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、負担金の歳入追加、事業費の確定による不用額の減額、また議第82号で可決された浜田市公共下水道事業財政調整基金条例に基づき決算剰余金の一部を基金積み立てすることにより予算の調整をするものであります。 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ162万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億4,421万5,000円とするものです。 歳出につきましては、下水道費は総務管理費を167万9,000円、公債費は670万円それぞれ不用額を減額し、決算剰余金の一部を積み立てるために基金積立金を1,000万円追加するものであります。 歳入につきましては、受益者負担金の一括納付が見込みより多数となったため、負担金を162万1,000円増額するものです。繰越明許費として、翌年度に繰り越して使用することができる下水道費を1億4,293万円と定めるものであります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第33、議第104号平成15年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第104号平成15年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、分担金等の歳入の追加とそれに伴う財源振り替え、また事業費の確定による不用額の減額により予算の調整を行うものであります。 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ480万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を6億5,450万6,000円と定めるものであります。 歳出につきましては、農業集落排水事業費は徴収費を16万2,000円、公債費は464万6,000円それぞれ不用額を減額するものであります。 歳入につきましては、受益者負担金の一括納付が見込みより多数となったため分担金を1,184万円、消費税還付金の確定により雑入を386万2,000円それぞれ増額し、一般会計繰入金を1,641万円、市債を410万円それぞれ減額するものであります。 繰越明許費として、翌年度に繰り越して使用することができる農業集落排水事業費を8,971万円と定めるものであります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第34、議第105号平成15年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第105号平成15年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、決算見込みを想定し所要の予算措置を講ずるものと、移転補償費、大長見ダム管理費負担金等を増額するものであります。 第2条において、予算第3条に定めている収益的収支の水道事業収益の計を10億8,481万9,000円とし、水道事業費用の計を10億5,234万2,000円とするものであります。 第3条において、予算第4条、本文括弧書きの資本的収入額が資本的支出額に対して不足額を3億3,966万6,000円に改め、この補てんを当年度分消費税等資本的収支調整額4,036万1,000円、減債積立金1,245万3,000円、過年度損益勘定留保資金2億8,685万2,000円をもって補てんすることに改め、資本的収支の予定額を補正するものであります。資本的収入の計を10億4,837万4,000円とし、資本的支出の計を13億8,804万円とするものです。 第4条では、予算第5条に定めております起債の限度額を改め、第4期拡張事業について3億4,140万円とするものであります。 第5条では、予算第8条に定めています議会の議決を経なければ流用できない経費のうち、職員給与費の計を2億7,568万3,000円に改めるものであります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。 この際、暫時休憩いたします。なお、再開は14時45分とします。            午後2時32分 休憩            午後2時45分 再開 ○議長(中村建二君) 会議を再開します。 休憩前に引き続いて表決を行います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第35、議第106号平成16年度浜田市一般会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第106号平成16年度浜田市一般会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の当初予算は、長引く景気の低迷に伴う市税の減収に加え、国の三位一体の改革に伴う地方交付税の大幅縮減や国庫補助負担金の一般財源化など、地方にとってはかってない非常に厳しいものがある中、取り組まなければならない行政課題や懸案の諸事業が山積しており、浜田市の財政事情は極めて厳しい状況となっております。 こうした状況を踏まえ、学校給食センターの民間委託、長浜保育園と養護老人ホーム松風園の民営化など、行財政改革実施計画の決定事項を予算に反映するとともに、予算要求基準(シーリング)を設定し、歳出全般にわたる見直しや、特別職給与を初め管理職手当の一部カット、職員給与の3%カットの継続、平成16年度から職員退職手当の支給率の引き下げなど、人件費の削減にも努めております。 歳入歳出予算の総額は175億1,700万円で、前年度当初予算と比較して1.1%の減となっておりますが、平成16年度は4月が市長改選期に当たるため、義務的経費や継続事業を柱とした骨格予算であります。しかし、平成15年度から継続事業である原井小学校建設事業を初めとして、市町村合併推進費や子育て支援事業など、保健・福祉・医療・環境・教育関係経費に重点的に配分した予算編成となっております。 主な事業は、25歳までを対象とする嘱託員制度を継続し若年層の雇用創出を図るワークシェアリング推進事業、次世代育成支援推進事業、放課後児童クラブ未設置校における放課後児童居場所づくり推進事業、第3子以降保育料軽減事業、ごみ処理対策事業、新鮮力創造事業、原井小学校建設事業などであります。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら、国府中学校跡地の利用、市誌編さんの時期、美川、周布、長浜、国府の各連絡係の嘱託職員の職務内容、温泉源検討委員会の重点事項、更に凍結した場合の財産管理、市税の徴収率の見通し、消防団員の根本的な確保対策等について執行部の説明を聞くとともに、福祉環境部長等関係職員の出席を求め、ごみ処理対策事業について、ごみ袋選定の経緯、市内業者に対する対応、作製単価と財政について詳しく説明を求めるなど慎重に審査いたしました。 その結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第36、議第107号平成16年度浜田市国民健康保険特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第107号平成16年度浜田市国民健康保険特別会計予算について、審査しました結果について報告します。 第1条において、事業勘定の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億9,223万2,000円、直営診療施設勘定の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,268万6,000円と定め、第2条では、一時借入金の借入最高額を事業勘定7億円と定めるものであります。 第3条は、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用を定めるものであります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論の通告がありますので、発言を許可します。7番西村健君。            〔7番 西村 健君 登壇〕 ◆7番(西村健君) 平成16年度浜田市国民健康保険特別会計予算に対する反対討論を行います。 本予算に対する質疑において私は、療養給付費が対前年比で一般被保険者は減少し、逆に退職被保険者は増加している点や1人当たりの医療費の推移についての分析状況及び16年度保険料の算定に当たっての考え方についてただしました。 これに対し執行部は、前者については、医療制度の改正による診療報酬の引き下げや被保険者の対象年齢の変動による老人保健拠出金の減少、あるいは国保連合会からの資料をもとに1人当たりの医療費は一般被保険者27万4,000円、退職被保険者37万2,000円で算出し、それぞれ対前年比で約2万円から5万円の減少と予測していると答弁され、また保険料については、一般被保険者、退職被保険者それぞれ対前年比で4,000円から6,000円減額していると答弁されました。 私はこれまで、倒産やリストラによる失業者の増大や給与カットが広がる社会状況を反映し、ほかの税や料と連動する形で平成11年度以降下がり続ける保険料の徴収率と、それに反比例するように増加の一途をたどり、平成14年度末で7億7,000万円に達する基金の実態を示し、保険料引き下げの必要性と基金を取り崩せば保険料の大幅な引き下げが可能であることに繰り返し論及し、保険料の引き下げを要求してきました。 本予算では、保険料は医療分については確かに対前年比で減額となっています。しかし、国保運営協議会の資料によれば、介護分については対前年比7,000円以上の増額と予測され、財政調整基金から1,388万7,000円を繰り入れて、全体として保険料をほぼ前年度並みに設定されています。 保険料を引き上げないとする姿勢は一定評価できます。しかし、それはこれまでの枠を一歩も出ておらず、先に結論ありきであり、保険者としては不十分な姿勢であると断じざるを得ません。過去3か年の平均保険給付費の5%以上を積み立てよという国の過去の指導や、国保財政の基盤を安定強化する観点から、保険者の規模等に応じて安定的かつ十分な基金を積み立てられたいとする基金の趣旨に照らせば現在の基金は余りにも多額であり、私は基金は被保険者に早急に還元されるべきものと考えます。 また、昨年の9月議会における私の一般質問において、基金の保有額について、合併協議を重ねている他町村と比較し額の多少について言及されています。しかし、基金の多少はあくまでもその趣旨に照らして論ずるものであり、他町村との比較で論ずるべきものではないと考えます。仮に比較することを是とすれば、保育料の問題はどう考えればよいのでしょうか。保育料は他町村との比較の中で、子育て支援の観点から3か年にわたって引き下げが図られています。そのための浜田市の収入減は3年間で約4,000万円と想定されており、厳しい財政状況下にあっての英断と高く評価する者の一人です。要は、考え方の基本に何があるのかが問題なのです。先に国の指導があるのか。先に保険料の据え置きという結論があるのか。そうではありません。市民の生活実態はどうなのか、保険料はこれまでどおり据え置きでいいのか、この視点に立って市民の生活に直結する保険料について検討すべきではないでしょうか。 今、市民が求めているのは保険料の引き下げです。その財源となる基金は十分にあります。その視点から見て、本予算は財源がありながら市民の願いにこたえようとしない予算であることを重ねて指摘し、反対討論を終わります。 ○議長(中村建二君) これにて討論を終結します。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(中村建二君) 挙手多数によって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第37、議第108号平成16年度浜田市駐車場事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第108号平成16年度浜田市駐車場事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 本予算の内容は、浜田駅前駐車場と栄町駐車場、新年度より市で管理をする道分山立体駐車場の事業運営によって生じる事業収入及び諸収入を歳入とし、駐車場の管理運営費と職員1人分の人件費及び財政調整基金積立金として640万3,000円、道分山立体駐車場を取得した起債の償還分としての公債費2,456万9,000円などの合計額を歳出とし、歳入歳出予算の総額を5,553万7,000円とする予算編成となっております。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第38、議第109号平成16年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第109号平成16年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告します。 本予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ538万9,000円と定めるものであります。 歳出は538万9,000円で、内容は公債費であります。 歳入は、一般会計からの繰入金146万4,000円、貸付金元利収入392万5,000円であります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第39、議第110号平成16年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。経済委員長、12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 経済委員会に審査を付託されました議第110号平成16年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 この予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,723万2,000円と定めるものであります。 歳出予算の主なものは、管理委託料744万7,000円、土地の借上料204万8,000円、消費税法の改正により新たに公課費を82万1,000円、基金への積立金65万2,000円、公債費414万1,000円、予備費100万円であります。 歳入については、水産物仲買売り場の使用料と諸収入であります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については経済委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第40、議第111号平成16年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第111号平成16年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算について、審査しました結果について報告します。 第1条では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ49億498万8,000円と定めるものであります。 歳出は、総務費3,097万6,000円で、職員の人件費と事務費を計上し、医療諸費48億7,400万7,000円で、15年度の実績見込み額をもとに推計し、計上されたものです。 歳入は、支払基金から30億2,716万9,000円、国庫支出金から12億2,963万1,000円、県支出金から3億711万3,000円の交付を受け、残りの3億3,706万9,000円を一般会計から繰り入れるものであり、また繰越金は1,000円、諸収入は400万5,000円であります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第41、議第112号平成16年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第112号平成16年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 本予算の内容は、公共用地を先行取得するため発行した地方債の償還元金及び利子2,784万9,000円を歳出予算として計上し、その財源として一般会計からの繰入金2,784万9,000円を歳入予算に計上しているものであります。 この特別会計予算で取得した公共用地は、平成9年度に国鉄清算事業団から購入し、現在浜田駅前駐車場として利用しております面積2,033㎡の土地であります。 審査いたしました結果、特に問題となる点もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第42、議第113号平成16年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。経済委員長、12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 経済委員会に審査を付託されました議第113号平成16年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 この予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億8,872万7,000円と定めるものであります。 歳出予算の主なものは、島根県観光開発公社への委託費と役務費3億1,671万4,000円、公課費を150万円、公債費7,051万3,000円で、建設費として平成9年度、10年度借り入れた観光施設整備事業債の元金及び利子であります。 歳入の3億4,255万3,000円については、国民宿舎使用料と諸収入であります。 各委員からさまざまな意見が出される中で、検討委員会が立ち上がるということでもあり、審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第43、議第114号平成16年度浜田市公共下水道事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第114号平成16年度浜田市公共下水道事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告します。 本予算は、平成15年度に引き続き、終末処理場建設工事、下水管渠工事を行い、年度の後半には終末処理場の試運転を行おうとするものであります。 第1条は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億1,535万6,000円と定め、第2条は、地方債の起債の目的、限度額などについて定め、第2条は地方債の起債の目的、限度額などについて定め、第3条は一時借入金の借入最高額を2億円と定めるものであります。 歳出について、下水道費5億9,415万2,000円、基金積立金1,000円、公債費2,120万3,000円であり、下水道費の内容については、総務管理費6,516万5,000円、下水道建設費5億2,898万7,000円であります。 歳入について、分担金及び負担金873万6,000円、使用料及び手数料41万2,000円、国庫支出金2億3,000万円、財産収入1,000円、繰入金6,814万5,000円、繰越金1,000円、諸収入916万1,000円、市債2億9,890万円であります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第44、議第115号平成16年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第115号平成16年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告します。 本予算は、下水管路工事でマンホールポンプの設置工事の施工、終末処理場は試運転を行い、年度の中ごろには供用開始を行おうとするものです。 第1条は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億5,341万円と定め、第2条は地方債の起債の目的、限度額などについて定め、第3条は一時借入金の最高額を2億円と定めるものであります。 歳出については、農業集落排水事業費は2億4,171万5,000円、公債費は1,169万5,000円であり、農業集落排水事業費の内容は、総務管理費3,318万2,000円、農業集落排水建設費2億853万3,000円であります。 歳入については、分担金及び負担金510万円、使用料及び手数料67万5,000円、県支出金8,200万円、繰入金1,973万4,000円、諸収入1,200万1,000円、市債1億3,390万円であります。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第45、議第116号平成16年度浜田市水道事業会計予算を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第116号平成16年度浜田市水道事業会計予算について、審査いたしました結果を報告します。 本予算は、一般会計予算の編成方針に準じ収益的収支予算は年間予算とし、資本的収支予算は骨格予算として編成され、資本的収支の建設改良費等については次期補正時に肉付けすることを基本として、早期着工を要するもののみ計上となっております。 業務予定量として、給水戸数を2万760戸、年間総給水量を590万5,000m3、1日平均給水量を1万6,178m3と定めております。 収益的収支予算は、水道事業収益を10億3,195万9,000円に、水道事業費用を9億9,597万1,000円に定めようとするものであります。 資本的収支予算は、資本的収入を16億4,012万3,000円に、資本的支出を20億4,556万9,000円に定めようとするものであります。なお、資本的収支の不足額4億544万6,000円については、当年度分消費税等資本的収支調整額8,175万4,000円、減債積立金44万円、過年度分損益勘定留保資金3億2,325万2,000円をもって補てんするものであります。 また、企業債においては、第4期拡張事業の限度額を9億5,860万円、未普及地域解消事業の限度額を1億2,180万円と定めようとするものであります。更に、一時借入金の限度額を5億円に定めようとするものであります。 平成16年度において早期に着工を要する建設拡張事業拡張計画等について質疑を重ねながら慎重に審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第3、議第118号指定管理者の指定について(浜田市石央文化ホール)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第118号指定管理者の指定について(浜田市石央文化ホール)を審査しました結果について報告します。 これは、浜田市行財政改革の基本的方針であります外郭団体の見直し統合の一環として類似施設の一元的管理を図り、同施設を教育関連施設と位置づけ、幅広く社会教育・生涯教育の振興を目指そうとするもので、3月8日に可決されました議第83号及び84号により、指定管理者に管理を行わせるものであります。 指定管理者となる団体は、浜田市野原町859番地1、財団法人浜田市教育文化振興事業団で、代表者は、理事長宇津徹男であります。 指定の期間は、平成16年4月1日から平成18年3月31日までの2年間であります。 審査に当たっては、委員から、指定管理者の指定をする者と指定を受ける者との名前が同じということについて検討する必要がないかという意見に対して、今後検討していきたいという答弁がなされたところであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第4、議第119号指定管理者の指定について(浜田市世界こども美術館創作活動館)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第119号指定管理者の指定について(浜田市世界こども美術館創作活動館)を、審査しました結果について報告します。 これは、先ほど議第118号で可決された石央文化ホールの指定管理者の指定と同様に、3月8日に可決された議第83号及び85号により、指定管理者に管理を行わせるものであります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第5、議第120号指定管理者の指定について(サンマリン浜田)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第120号指定管理者の指定について(サンマリン浜田)を、審査しました結果について報告します。 これは、先ほど議第118号で可決された石央文化ホールの指定管理者の指定と同様に、3月8日に可決された議第83号及び86号により、指定管理者に管理を行わさせるものであります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第6、議第121号指定管理者の指定について(サン・ビレッジ浜田)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第121号指定管理者の指定について(サン・ビレッジ浜田)を、審査しました結果について報告します。 これは、先ほど議第118号で可決された石央文化ホールの指定管理者の指定と同様に、3月8日に可決された議第83号及び87号により指定管理者に管理を行わせるものであります。 審査しました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第7、議第122号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第122号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第12号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ960万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を177億5,730万1,000円とするもので、補正の財源としては財政調整基金からの繰入金により調整をしようとするものであります。 この補正の主な内容は、平成5年9月に美川特別養護老人ホームに係る不当利得返還等・請求事件として住民訴訟が提起され、12年8月に原告勝訴の判決が確定し、業者から浜田市に対して容認額と遅延損害金として3,514万5,624円が支払われておりますが、この判決確定に伴い地方自治法第242条の2第7項に基づく弁護士報酬相当額の支払いについて、提訴されたものであります。 浜田市といたしましては、この訴訟提起は弁護士法及び信託法違反を基礎としているため、請求の無効及び請求先が違うこと、また請求額が他の事例と比べて高額である旨を主張してきましたが、平成16年3月10日に松江地方裁判所において弁護士報酬相当額の819万1,689円及びこれに対する請求書到達1か月後の平成12年10月3日から支払い日まで、年5分の割合による遅延損害金の支払いを命ずる判決が確定したものであります。 歳出の諸支出金は、判決に基づく債権者代位による弁護士報酬相当額の819万1,689円と遅延損害金の141万5,029円の合計額で、遅延損害金については、平成12年10月3日から平成16年3月17日までの期間としております。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら執行部に答弁を求め、慎重に審査いたしました。その結果、やむを得ないものと認め、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第46、請第6号県道一の瀬折居線、周布地峠のトンネル化による主要地方道浜田美都線への早期接続の実現についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました請第6号県道一の瀬折居線、周布地峠のトンネル化による主要地方道浜田美都線への早期接続の実現についての請願について、審査いたしました結果を報告します。 本請願の趣旨は、地域住民にとって交通の難所である県道三隅井野長浜線と県道一の瀬折居線の重用区間である浜田市と三隅町の境界にある峠の部分をトンネル道として、至近の主要地方道浜田美都線に早期の接続を実現し、沿線地域住民の悲願である交通の安全と利便性の向上を図っていただきたいと請願されたものであります。 当委員会で現地調査を行い、審査に当たりましては、本請願の紹介議員が当委員会の佐々木委員でありますので除斥を要請し、その後、委員会として同委員を紹介議員として出席を求め質疑を行いました。 委員会では、今後も更に厳しい財政状況が予想されているが、市町村合併が論議されている中、関係市町村の連絡道として、他の事業との整合性に配慮しつつ、交通環境の向上手段についても検討を進め慎重に対処するようとの意見などありましたが、審査をいたしました結果、全会一致をもって採択すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本請願は建設委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本請願は建設委員長の報告のとおり採択することに決まりました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第47、意第5号65歳まで働ける雇用環境の整備を求める意見書についてを議題とします。 提案者の説明を求めます。13番片山勲君。 ◆13番(片山勲君) 意第5号65歳まで働ける雇用環境の整備を求める意見書について。 65歳まで働ける雇用環境の整備を求める意見書案を次のとおり浜田市議会会議規則第14条の規定により提出するものであります。平成16年3月16日。提出者、浜田市議会議員片山勲。賛成者、澁谷幹雄、大谷弘幸、江角敏和、下隅義征、山本富彦、小池史朗、以上の各議員であります。 それでは、意見書案の朗読をもって提案とさせていただきます。 65歳まで働ける雇用環境の整備を求める意見書(案)。 日本は、2007年には総人口の約3人に1人が、60歳以上の高齢者となることが見込まれている。我が国の経済社会の活力を維持するためには、意欲と能力がある限り年齢にかかわりなく働き続けることのできる社会の実現を図り、できるだけ多くの高齢者が経済社会の支え手としての役割を果たしていくことが必要不可欠となっている。しかしながら、我が国において、何らかの形で65歳まで働ける環境を確保している企業の割合は全体の約70%、そのうち希望者全員が65歳まで働ける場を確保している企業は全体の約30%にとどまっている。また、現下の厳しい雇用失業情勢では、中高年齢者は一たん離職すると再就職は大変に困難な状況にある。 国及び政府においては「団塊の世代」の高齢化や厚生年金の支給開始年齢の引き上げなどを踏まえ、高齢者が何らかの形で65歳まで働き続けることができるようにするため、下記のような定年年齢の引き上げや継続雇用制度の義務化を初めとする法的整備や再就職促進策などの高齢者の雇用環境整備等、所要の措置を講ずるよう強く求めるものである。 記 1 厚生年金の支給開始年齢引き上げを踏まえ、定年年齢の引き上げまたは原則希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入を企業に義務づけるように高年齢者雇用安定法の改正を行うこと。 2 厳しい経営環境等を考慮し、労使双方の意見に耳を傾け、これらの制度の導入に向けた事業主の取り組みに対する財政上の支援策を講じるなど、円滑な制度の導入・整備に努めること。 3 高齢期には、個々の労働者の意欲、体力等個人差が拡大し、その雇用・就業ニーズも多様化することから、多様なニーズに対応した雇用・就業機会が確保されるよう、短時間勤務の導入や多様就業型ワークシェアリングの導入について支援策を講じること。 4 ハローワークや民間団体、NPOとの連携を図りつつ、職業紹介等の就労に関する相談、就労機会の提供、情報提供等の総合的な就労支援を行う窓口として、シルバー人材センター等を活用し、高年齢者をサポートすること。以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。平成16年3月16日。議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(中村建二君) ただいまの説明について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第48、委員会における閉会中の継続審査についてを議題とします。 お手元に配付してあります資料のとおり、総務委員長から、委員会において審査中の事件について、会議規則第105条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。 お諮りいたします。 総務委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。よって、総務委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決しました。 これにて、今期定例会に付議されました案件の審議は全て終了しました。 この際、市長から発言の申し出がありましたので、許可します。市長。            〔市長 宇津徹男君 登壇〕 ◎市長(宇津徹男君) 第401回浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。 今議会に提案いたしました公の施設の指定管理者に関する条例、公共下水道等の関係条例など多くの議案を提案いたしました。本会議や委員会で貴重なご意見やご提言をいただき、慎重にご審議の上、全て可決いただき、心から御礼申し上げます。 さて、特別交付税につきましてご報告申し上げ、お礼を申し上げたいと思います。 去る12日に、平成15年度特別交付税の交付額について内示がありましたが、浜田市は8億4,625万2,000円であります。これは、前年度と比較いたしまして金額で4,181万9,000円の減で、率にいたしまして4.7%の減額となっております。しかしながら、私どもが予想しておりました金額以上の配分をいただきましたことは、ひとえに中村議長を初め議員の皆様方のご尽力のたまものであり、この場をかりまして心から御礼申し上げます。 さて、今議会が私の任期の最後の議会であります。この8年間、かってない厳しい財政状況のもと、市民の皆さんのご理解や職員の協力もあり行財政改革を推進することができました。しかしながら、今後も三位一体の改革による交付税の削減など、更に厳しい財政運営を迫られることになります。市町村合併協議も山場を迎えておりますが、今後とも議会と十分協議し、連携して進めてまいりたいと考えております。議員の皆様方の引き続きのご指導、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 また、既に明らかにしておりますように、議員各位を初め市民の皆さんのご支持が得られるなら、引き続き市政を担当し頑張りたいと思っております。初心を忘れず、渾身の努力を払ってまいりますので、一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。 終わりに当たり、これから年度末、年度初めと忙しい時期を迎えますが、どうか議員の皆様におかれましては健康に十分ご留意をされ、ご活躍されますことを祈念いたしまして、御礼のごあいさつといたします。大変ありがとうございました。 ○議長(中村建二君) これをもちまして第401回浜田市議会定例会を閉会します。 皆様ご苦労さまでございました。            午後3時36分 閉会        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会 議 長         浜田市議会副議長         浜田市議会 議 員         浜田市議会 議 員        ──────────────────────────...