運営者 Bitlet 姉妹サービス
浜田市議会 > 2003-12-01 >
旧浜田市議会 平成15年第400回(12月)定例会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2003-12-01
    旧浜田市議会 平成15年第400回(12月)定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    旧浜田市議会 平成15年第400回(12月)定例会     第400回(平成15年12月)浜田市議会定例会会議録(第5号)1. 日  時  平成15年12月15日(月)午前10時開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 出席議員(26名) 1番  志  學  輝  翁 君       2番  新  田  勝  己 君 3番  三  浦  美  穂 君       4番  山  崎     晃 君 5番  澁  谷  幹  雄 君       6番  三  浦  一  雄 君 7番  西  村     健 君       8番  大  谷  弘  幸 君 9番  藤  原  芳  男 君      10番  川  神  裕  司 君11番  江  角  敏  和 君      12番  牛  尾  博  美 君13番  片  山     勲 君      14番  下  隅  義  征 君15番  濵  松  三  男 君      16番  佐 々 木  喜  久 君17番  山  本  富  彦 君      18番  向     惇  雄 君19番  小  池  史  朗 君      20番  江  口  修  吾 君21番  牛  尾     昭 君      22番  中  村  建  二 君23番  小  川  泰  昭 君      24番  湯  浅     勝 君25番  高  原  好  人 君      26番  高  見  庄  平 君        ────────────────────────── 欠席議員(0名)        ────────────────────────── 地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男 君      助役      坂 平 弘 昭 君収入役     小 谷 典 弘 君      教育委員長   齋 藤 紀 子 君教育長     竹 中 弘 忠 君      監査委員    牛 尾 公 介 君総務部長    小 川 明 夫 君      総務部次長   岡 田 昭 二 君福祉環境部長  小松原 尚 宏 君      福祉環境部次長 芦 谷 英 夫 君経済部長    服 部 二 郎 君      建設部長    廣 瀬 虎 雄 君消防部長    山 本 晋 也 君      水道部長    中 村 勝 久 君教育部長    畑 岡 正 弘 君      総務課長    天 野   孝 君人事課長    牛 尾 祐 治 君      財政課長    稲 葉 裕 男 君消防庶務課長  濱 崎 洋 祐 君      水道部次長   恵美須   晃 君教育総務課長  浅 田   勇 君      生涯学習課長  細 川 靖 則 君文化振興課長  桑 田   巌 君      給食センター所長佐々木   章 君        ────────────────────────── 事務局職員出席者事務局長    沖 野 邦 男        事務局次長   山 崎   浩議事係長    江 木   弘        主幹      大 塚 隆 信        ────────────────────────── 議事日程(第5号)第1 議第68号 人権擁護委員候補者の推薦について第2 議第69号 浜田市教育委員会委員の任命について第3 議第70号 浜田市立老人ホーム条例を廃止する条例について第4 議第71号 財産の無償譲渡について第5 議第51号 平成14年度浜田市歳入歳出決算認定について第6 議第57号 浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について第7 議第58号 市道路線の認定及び廃止について第8 議第59号 工事請負契約の締結について第9 議第60号 浜田地区広域行政組合規約の変更について第10 議第61号 平成15年度浜田市一般会計補正予算(第10号)第11 議第62号 平成15年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)第12 議第63号 平成15年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)第13 議第64号 平成15年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)第14 議第65号 平成15年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)第15 議第66号 平成15年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)第16 議第67号 平成15年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)第17 請第 4号 じん肺罹患者の救済とトンネルじん肺根絶に関する意見書提出を求める請願について第18 意第 4号 じん肺罹患者の救済とトンネルじん肺根絶を求める意見書について第19       委員会における閉会中の継続審査について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件日程第1議第68号人権擁護委員候補者の推薦についてから日程第19委員会における閉会中の継続審査についてまで        ──────────────────────────            会       議            午前9時59分 開議 ○議長(中村建二君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。 ただいま出席議員は26名で議会は成立しています。 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第1、議第68号人権擁護委員候補者の推薦についてから日程第4、議第71号財産の無償譲渡についてを一括議題とします。 本案は追加提案ですので、提案者の説明を求めます。 日程第1、議第68号人権擁護委員候補者の推薦について。助役。 ◎助役(坂平弘昭君) 議第68号人権擁護委員候補者の推薦についてご説明を申し上げます。 人権擁護委員遠藤薫氏は平成15年11月30日をもって任期満了となっておりますので、後任の人権擁護委員候補者の推薦をいたしたく人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めるものでございます。次のページをお開きください。 意見を求める方は、住所、浜田市杉戸町2350番地11、職業、無職、氏名、井川善吉氏、生年月日、昭和12年7月22日生まれでございます。 任期は、同法第9条により3年ということになっております。 なお、ご本人の略歴につきましては、配付してございますので、ご参照いただきたいと思います。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(中村建二君) お諮りします。 本案は質疑を省略して採決を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。お諮りします。 本案はこれに同意することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案はこれに同意することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第2、議第69号浜田市教育委員会委員の任命について。助役。 ◎助役(坂平弘昭君) 議第69号浜田市教育委員会委員の任命についてご説明を申し上げます。 浜田市教育委員会委員藤田幸治氏は、来る12月24日をもって任期満了となりますので、後任の教育委員会委員を任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき議会の同意を求めるものでございます。次のページをお開きください。 同意を求める方は、住所、浜田市国分町632番地、職業、無職、氏名、藤田幸治氏、生年月日、昭和5年4月1日でございます。任期は、同法律第5条第1項により4年ということになっております。 なお、ご本人の略歴につきましては、配付してございますので、ご参照いただきたいと思います。よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(中村建二君) お諮りします。 本案は質疑を省略して採決を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。お諮りします。 本案はこれに同意することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案はこれに同意することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第3、議第70号浜田市立老人ホーム条例を廃止する条例について。福祉環境部長。 ◎福祉環境部長(小松原尚宏君) 議第70号浜田市立老人ホーム条例を廃止する条例についてご説明申し上げます。 浜田市行財政改革の実施方針に基づきまして施設を逐次民営化しておりますけども、今回浜田市立老人ホーム松風園を民営化することに伴いまして、この条例を廃止をするものでございます。6ページをお開き願います。 浜田市立老人ホーム条例は廃止する。 附則といたしまして、施行日を平成16年4月1日といたしております。以上、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第4、議第71号財産の無償譲渡について。福祉環境部長。 ◎福祉環境部長(小松原尚宏君) 議第71号財産の無償譲渡についてご説明申し上げます。 先ほど提案申し上げましたように、浜田市立老人ホーム松風園の施設を無償譲渡することにつきまして、地方自治法第96条第1項第6号の規定により議会の議決を求めるものでございます。それでは、8ページをお開き願います。 まず、1といたしまして、譲渡する財産及び数量は浜田市立松風園の建物で、所在地は浜田市西村町1031番地1外で、建築年度は昭和56年度、構造は鉄筋コンクリート造陸屋根2階建て、床面積は1階と2階で合計1,464.02㎡でございます。附属建物といたしまして物置と機械でございます。工作物として納骨堂1基でございます。 2の物件の評価額でございますが、これは固定資産税を課税した場合の評価額でございまして、附属建物を含んで8,805万5,446円でございます。 3、譲渡の条件といたしまして、譲り受け人は譲り受けた建物を老人福祉事業以外に使用しないことといたしております。 4、譲渡の相手方は、浜田市西村町1031番地1、社会福祉法人たいま山秀峰会理事長長元利三郎でございます。 なお、譲渡の期日は、先ほど言いましたように16年4月1日を予定をいたしております。以上、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(中村建二君) この際、暫時休憩します。再開は10時20分とします。            午前10時6分 休憩            午前10時19分 再開 ○議長(中村建二君) 会議を再開します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第3、議第70号浜田市立老人ホーム条例を廃止する条例についてを議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は文教厚生委員会に付託します。            ~~~~~~~~~~~~~~~
    ○議長(中村建二君) 日程第4、議第71号財産の無償譲渡についてを議題とします。 これより質疑を行います。質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 本案は文教厚生委員会に付託します。 この際、暫時休憩します。再開は1時とさせていただきます。            午前10時20分 休憩            午後1時14分 再開 ○議長(中村建二君) 会議を再開します。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第5、議第51号平成14年度浜田市歳入歳出決算認定についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。決算特別委員長、25番高原好人君。 ◆決算特別委員長(高原好人君) 決算特別委員会に付託されました議第51号平成14年度浜田市歳入歳出決算認定について、審査いたしました結果を報告いたします。 今議会において決算特別委員会委員に議長より指名されました8名は、審査に先立ち12月3日委員会を開催し、正副委員長の互選と審査日程の協議を行いました。その結果、委員長に私高原が、副委員長に下隅委員が選任され、審査日程を12月9日と10日の2日間とし、現地視察はしないことにしました。12月9日午後からの特別委員会を開会し、昨年度の決算特別委員会で指摘された5項目について執行部から取り組み状況の説明を受け、その後決算の審査に入り、翌日の午前中にかけて審査いたしました。 審査に当たりましては、歳入歳出決算等審査意見書を中心に、予算が議決の趣旨どおり法令に基づき合理的かつ効率的に執行されているかどうか、執行状況、また予算執行による行政効果の確保、更に予算執行による当初予算の財政構造の変化などに着眼し、関係諸帳簿や決算書を精査しながら執行部担当者に詳しい説明を求めながら厳正かつ慎重に審査いたしました。 その結果、決算特別委員会としては、次のとおり要望を付して全会一致で平成14年度浜田市歳入歳出決算を認定することに決しました。 第1点目、市税等の滞納整理については景気の低迷に伴い特に固定資産税、国民健康保険料などの不納欠損額及び収入未済額が累積して危機的状況にあり、徴収効果を上げるためには債権管理機構の構築、嘱託員に国税職員OBの採用、悪質滞納者の氏名公表など具体的な方策を立てて改善を図られたい。一方、市税等の減免に関しては、生活激変者に対する救済制度の拡充も必要であり、あわせて考えられたい。 2点目。人件費についてはラスパイレス指数100への改善、退職金の国家公務員に準じた支給、国家公務員に準じた行政第二表の導入などの改善を図り、市民の理解を得られるよう職員給与体系を構築されたい。 3点目。外郭団体の整理統合と補助金の適正化について基本的な方針が決定され、各関係団体と交渉中で努力は多とするも、職員共済会事業のあり方や設置場所の見直しなど、市民の理解が得られるよう結論を早急に出されるよう要望する。 4点目。職員のコスト意識の向上並びに人事評価の導入について、研修を通して職員のコスト意識の向上に努力されている。その努力した職員のやる気を維持させるためにも地方分権に対応できる人事評価の導入を要望する。 5点目といたしまして、遊休資産の管理活用について平成13年度にも要望事項として上がっているが、何ら改善されておらず引き続き改善に努力されたい。以上、5点の要望を付しましたが、それぞれの事項の改善に努められ危機的状況にある経常収支比率の一日も早い脱却に努められるよう提言し、委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの決算特別委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については決算特別委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第6、議第57号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第57号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の条例改正は、平成15年10月22日国民健康保険法施行令等の一部を改正する政令が公布施行されましたので、これに伴い浜田市国民健康保険条例の一部を改正するものであります。 本改正の趣旨は、地方税における商品先物取引に有価証券等先物取引の雑所得等が加えられるなど、雑所得等の課税の特例の改正に伴い、国民健康保険料の賦課等に関し規定の整備を行うものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第7、議第58号市道路線の認定及び廃止についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第58号市道路線の認定及び廃止について、審査いたしました結果を報告します。 今回の認定路線は2路線で、認定延長は4,236.8mです。認定理由として、大谷線及び大麻52号線は道路改良計画に伴い、再認定及び新規認定するものです。 廃止路線は1路線で、廃止延長は3,386.8mです。廃止理由としては道路改良計画に伴い、起点が変更されたことにより廃止手続を行うものです。 現地調査を行い審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第8、議第59号工事請負契約の締結についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第59号工事請負契約の締結について、審査いたしました結果を報告します。 本案の契約の目的は、平成15年度、16年度の継続事業として施行し、工期は平成17年2月25日とする浜田市立原井小学校の改築に伴う建築主体工事で、概要は校舎棟で鉄筋コンクリート造2階建て、延べ床面積は4,538㎡、屋根は石見瓦ぶきとし、普通教室部分と管理特別教室部分が連続配置してあります。 契約の方法は公募型指名競争入札による契約で、契約金額は8億1,375万円、契約の相手方は株式会社伊原組代表取締役伊原政勝と株式会社佐々木組代表取締役佐々木保との構成による伊原組・佐々木組特別共同企業体で、代表者は株式会社伊原組代表取締役伊原政勝です。 委員会として、工事の概要を初め関係課の出席を求め、入札の経過や、いわゆる談合情報への対応などについて詳細に説明を求めたところです。 特に、入札に関しての説明では、公正入札調査委員会を開き入札を延期する中で、発注者の立場で業者から事情聴取を行ったが談合の事実確認を明確にすることはできず、後日入札を執行した。 結果としては、5つの共同企業体での入札の中で情報にあった企業体の落札となったが、独占禁止法を所管している公正取引委員会へ通報を行い、また落札以降にあっても不正行為の事実関係が明らかになった場合は契約を解除するという確認のもとで入札が行われたとの報告がありました。 委員から、今後このような疑義を生じさせないように入札を行うにはどのような方法があるのかなどの意見も出され、本会議でただされた事項に配慮しながら慎重に審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第9、議第60号浜田地区広域行政組合規約の変更についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第60号浜田地区広域行政組合規約の変更について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の提案は、浜田地区広域行政組合規約を変更するため、地方自治法第286条第1項の規定により、関係市町村議会の議決を得て県知事の許可を受けようとするものであります。 変更する内容でありますが、浜田市生湯町内の第3処理場に併設しております現在の埋立処分地は、平成4年度に供用開始以来12年を経過しており、現段階での残余容量から推測すると平成19年度末に満杯となる見込みで、新たな埋立処分地施設を建設するに当たり、共同処理する事務及び関係市町村において規約の一部を変更しようとするものであります。 新しい施設は、現有施設の隣接地に浸出水・処理プラントを含む埋立処分地の建設が予定されており、建設スケジュールは平成16年度から17年度にかけて地権者や地元への説明会、測量及び地質調査、ごみ処理及び施設建設基本計画の策定、環境影響調査等を実施し、平成18年度から19年度の2か年継続事業として施設整備を行い、平成20年度に供用開始する計画となっております。 事業概要は、埋立容量が11万6,000m3、埋立計画期間は平成20年度から34年度の15年間で、総事業費は23億9,300万円となっております。 なお新施設の利用につきましては、現在三隅町が単独で設置している埋立処分施設が同時期に満杯になるため、三隅町から広域行政組合に対し当該事業に係る共同処理に加入したい旨の要望書が提出され、組合の理事会において現在の4市町村に三隅町を加え整備計画を進めることの方針が決定されております。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第10、議第61号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第10号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第61号平成15年度浜田市一般会計補正予算(第10号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,357万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を179億9,737万円とするもので、これにあわせて債務負担行為の追加及び変更並びに地方債の追加及び変更をしようとするものであります。 この補正の主な内容は、国県補助事業で追加や変更を要する事業、9月補正予算編成後に新たに生じた急を要する費用、現時点で事業費の確定等に伴い不用額が見込まれる事業について調整するもので、国の人事院勧告に伴う職員の人件費等についても減額しております。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら、職員の産休、育休、病休の状況、資源ごみ中間処理委託費の増の内容等執行部に詳しく説明を求め慎重に審査いたしました。 その結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第11、議第62号平成15年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第62号平成15年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、事業勘定では職員の給与改定に関する条例の一部改正に伴い人件費の調整を行い、所要額を補正するものであります。また、直営診療施設勘定では、外来収入の増加、医薬品衛生材料、長期債元金の所要額を補正するものであります。 第1条において、事業勘定では歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ111万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ41億3,944万6,000円とするものであります。また、直営診療施設勘定では歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ171万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,280万7,000円とするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第12、議第63号平成15年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。総務委員長、17番山本富彦君。 ◆総務委員長(山本富彦君) 総務委員会に審査を付託されました議第63号平成15年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億8,077万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億9,783万5,000円とするもので、これにあわせて地方債についても定めるものであります。 この補正の主な内容は、駅前立体駐車場の取得、平成14年度決算の確定に伴う繰越金の確定及び人事院勧告の実施に伴う人件費の補正等を行うもので、駅前立体駐車場の取得については、新浜田市行財政改革実施計画に掲げる外郭団体の整理統合に沿った株式会社浜田みらい二十一の整理解散の方針決定に伴い、同社の所有する立体駐車場を買い取るものであります。当該駐車場は駅前商店街等の振興を図る上で必要欠くべからざるものであり、公営化しようとするものであります。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら、駐車場の場所を示す看板の設置や今後の収入についてなど執行部に詳しく説明を求め慎重に審査いたしました。 その結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員会の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第13、議第64号平成15年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。 本案に関し文教厚生委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第64号平成15年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)について、審査しました結果を報告をいたします。 今回の補正は、職員の給与改定に関する条例の一部改正に伴って調整を行い、所要額を補正するものであります。 第1条において、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ19万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ52億3,544万4,000円とするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第14、議第65号平成15年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第65号平成15年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、議第56号で提案可決された浜田市職員の給与に関する条例の一部改正等に伴う人件費の調整と、受益者負担金を前納する者の増に伴う前納報奨金及び受益者負担金をそれぞれ追加、それに伴う財源振り替えによる予算の調整及び事業費の確定に伴う消費税還付金の追加を行うものです。 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ72万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億4,259万4,000円とするものです。 歳出につきましては、下水道費を72万2,000円増額するもので、内容につきましては総務管理費を1万1,000円減額し、徴収費を73万3,000円増額するものです。 歳入につきましては、負担金を2,503万4,000円、雑入を380万円それぞれ増額し、一般会計からの繰入金を1,641万2,000円、市債を1,170万円それぞれ減額するものです。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第15、議第66号平成15年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第66号平成15年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、議第56号で提案可決された浜田市職員の給与に関する条例の一部改正等に伴い、人件費の調整を行うものです。 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ29万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を6億5,931万4,000円とするものです。 歳出につきましては、農業集落排水事業費の総務管理費を29万9,000円減額するものです。 歳入については、一般会計からの繰入金を29万9,000円減額するもので、審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第16、議第67号平成15年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)を議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。建設委員長、11番江角敏和君。 ◆建設委員長(江角敏和君) 建設委員会に審査を付託されました議第67号平成15年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告します。 今回の補正は、議第56号で提案可決されました浜田市職員の給与に関する条例の一部改正に伴うものと、職員の異動によるもの及び職員の退職により人件費の調整を行い、所要額を補正するものです。 第2条において、支出の水道事業費用930万7,000円を減額し、その計を9億9,926万3,000円とするもので、その内訳は営業費用を930万7,000円減額するものです。 第3条において、資本的支出を290万7,000円減額し、その計を16億535万円とするもので、その内訳は建設改良費を290万7,000円減額するものです。 第4条において、職員給与費1,221万4,000円を減額し、その計を2億4,297万3,000円に改めるものです。 審査いたしました結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第3、議第70号浜田市立老人ホーム条例を廃止する条例についてを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第70号浜田市立老人ホーム条例を廃止する条例について、審査しました結果を報告いたします。 これは、浜田市行財政改革の実施方針に基づき、浜田市立老人ホーム松風園を平成16年4月1日から民営化することに伴い、この条例を廃止するものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第4、議第71号財産の無償譲渡について、これを議題とします。 本案に関し委員長の報告を求めます。文教厚生委員長、10番川神裕司君。 ◆文教厚生委員長(川神裕司君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第71号財産の無償譲渡について、審査しました結果を報告します。 これは、議第70号で可決いたしました老人ホーム松風園の条例廃止に伴い、財産を無償譲渡するものであります。 今回譲渡する財産及び数量については、浜田市西村町1031番地1外の松風園の建物で、建築年度は昭和56年、構造は鉄筋コンクリート造陸屋根2階建てであり、総床面積は1,464.02㎡であります。附属建物として物置そして機械室であります。工作物として納骨堂1基であります。附属建物を含んだ物件評価額は、固定資産税を課税した場合の評価額で8,805万5,446円であります。 譲渡の条件は、建物を老人福祉事業以外に使用しないこととし、譲渡の相手は浜田市西村町1031番地1、社会福祉法人たいま山秀峰会理事長長元利三郎であります。 譲渡の期日は、平成16年4月1日を予定しております。 審査に当たっては、福祉施設の民営化実施時における建物の譲渡の前例を執行部に説明を求めながら、あわせて委員からの質問も出される中、慎重に審査いたしました。委員からの意見としては、現在運営している松風園の住所と新規法人の住所が同一であることの正当性、また施設譲渡にかかわる改修に関して質問が行われました。 その結果、浜田市の行財政改革の実施方針に掲げられている民営化を進めるために、新規福祉法人の健全な運営が求められ、そのために財産の無償譲渡は理解できるものとして、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。 ただし、今回の審議に際し、委員から質問が出され、根拠法令等に関しては執行部からの答弁にかなりの時間がかかりました。執行部におかれては更に研修に取り組まれ、円滑な委員会が開催されるよう強く要望いたします。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決します。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第17、請第4号じん肺罹患者の救済とトンネルじん肺根絶に関する意見書提出を求める請願についてを議題とします。 本案に関し、委員長の報告を求めます。経済委員長、12番牛尾博美君。 ◆経済委員長(牛尾博美君) 経済委員会に審査を付託されました請第4号じん肺罹患者の救済とトンネルじん肺根絶に関する意見書提出を求める請願について、審査いたしました結果を報告いたします。 本請願の趣旨は、最大の職業病と言われるじん肺はトンネル労働者に多く発生し、2002年でじん肺新規労災認定対象者のうち2割がトンネル労働者であり、今なおトンネル工事において発生しております。このため、じん肺根絶のために抜本的な対策を求め、被害者問題解決のための対策を政府に実施されるよう意見書提出を求める請願であります。 各委員から意見を求め慎重に審査いたしました結果、罹患者に対して一日も早い対策が講じられるよう全会一致で採択すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(中村建二君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 これより本案を採決いたします。 本請願は経済委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本請願は経済委員長の報告のとおり採択することに決まりました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第18、意第4号じん肺罹患者の救済とトンネルじん肺根絶を求める意見書についてを議題とします。 提案者の説明を求めます。12番牛尾博美君。 ◆12番(牛尾博美君) じん肺罹患者の救済とトンネルじん肺根絶を求める意見書案を次のとおり浜田市議会会議規則第14条の規定により提出する。平成15年12月15日。提出者は浜田市議会議員牛尾博美。賛同者、下隅義征、片山勲、牛尾昭、小川泰昭、高見庄平、以上の各委員でございます。 それでは、意見書案の朗読をもちまして提案にかえさせていただきたいと思います。 じん肺は、最古にして最大の職業病といわれる職業病である。世界でも古代から知られ、日本では江戸時代に煙毒、ヨロケ、堀り倒れなどと鉱山などで恐れられていた。じん肺は、粉じんを吸入することによって肺が冒され、次第に呼吸機能を失うとともに気管支炎や結核、がんなどを併発し、死に至る恐ろしい病気である。現代においても最大の被害を生み出している職業病であり、かつその治療法は対症療法に限られ、じん肺そのものを治すことはできない。 我が国では、今でもなお1万人以上の労働者がじん肺と診断され、毎年新たに約1,000人が療養を要するとされ、毎年じん肺療養者1,000人前後が死亡している。中でも、トンネル工事において依然として多く発生している。2002年では、じん肺新規労災認定対象者956人、うちトンネル労働者は192人である。じん肺根絶のために抜本的対策が求められている。 じん肺発生の責任は第一に事業者にある。同時に、トンネル建設は日本経済の高度成長を促した国土建設の一環であり、公共事業である。その発注者として、また建設業者の監督官庁として、トンネルじん肺発生について政府、自治体の責任は重大である。 トンネルじん肺被害者約1,500人が全国トンネルじん肺補償請求団に結集して企業、業界、政府に対し救済とじん肺根絶を求めてきた。その運動の中で、厚生労働省が隧道等建設工事における粉じん対策にかかわるガイドラインを策定した。また、全国23の地方裁判所における和解によってトンネル受注企業のじん肺加害責任が明確にされ、企業は患者、遺族への謝罪と同ガイドラインを守ってじん肺防止に努力することを表明した。裁判所はまた、県や国に対して同ガイドラインが実行されるよう工事発注者として必要な措置を講じるよう要請したところである。ついては、トンネルじん肺予防と被害者問題解決の緊急対策として、次の3項目の早期実施を要請する。 1.トンネル建設工事において粉じん測定を義務づけ、じん肺を根絶するよう法律、規則を整備すること。 2.トンネル建設工事において労働者が粉じんにさらされる時間を短縮、制限すること。 3.じん肺に罹患したトンネル労働者に対し、補償する基金制度を設けること。以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。平成15年12月15日。浜田市議会。議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(中村建二君) ただいまの説明について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) 質疑なしと認め、質疑を終わります。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(中村建二君) 日程第19、委員会における閉会中の継続審査についてを議題とします。 お手元に配付してあります資料のとおり、総務委員長から、委員会において審査中の事件について、会議規則第105条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。 お諮りします。 総務委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(中村建二君) ご異議なしと認めます。総務委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決しました。 これにて、今期定例会に付議されました案件の審議は全て終了しました。 この際、市長から発言の申し出がありましたので、許可します。市長。            〔市長 宇津徹男君 登壇〕            ~~~~~~~~~~~~~~~ ◎市長(宇津徹男君) 第400回浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。 今議会に上程いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決を賜り、心から御礼を申し上げます。 今後の執行に当たりましては、本会議においてのご意見、更に委員長報告を尊重し、適正な行政運営に当たりたいと考えております。 この1年を振り返ってみれば、長引く経済不況下での雇用の不安が続く中、浜田市も大変厳しい1年でありました。そのような中、10月には天皇皇后両陛下をお迎えして第23回全国豊かな海づくり大会が開催できましたことは、浜田市にとって大きな喜びであり自信にもなりました。これもひとえに市議会、漁業関係者、市民の皆様のご支援、ご協力によるものと心から感謝申し上げます。 また、浜田高校出身のプロ野球福岡ダイエーホークス和田毅投手の活躍は、市民に大きな感動を与えてくれ、また浜田市立第三中学校の生徒による柔道、陸上の全国大会での活躍など明るい話題もありました。 さて、今議会において、議員各位を初め市民の多くのご支持がいただけるならば共創のまち浜田の実現に向け引き続き市政を担当し、市民の皆さんとともに頑張りたいとの決意を表明させていただいたところであります。 市町村合併、国立浜田病院の移転新築、公共下水道整備事業等多くの課題を抱えています。今後の浜田地域のまちづくりにとって重大かつ緊急な課題でもあり積極果敢に取り組みたいと考えております。初心を忘れず、市民の立場に立った市政を心がけ、渾身の努力を払ってまいりますので、議員各位の格別なるご指導をお願い申し上げます。 終わりに、ことしもあとわずかになりました。議員各位におかれましては、どうか健康に十分留意され、ご家族おそろいですばらしい新年を迎えられますよう祈念いたしまして、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。 ○議長(中村建二君) これをもちまして第400回浜田市議会定例会を閉会します。 ご苦労さまでした。            午後1時58分 閉会        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会 議 長         浜田市議会副議長         浜田市議会 議 員         浜田市議会 議 員        ──────────────────────────...