運営者 Bitlet 姉妹サービス
浜田市議会 > 2001-06-01 >
旧浜田市議会 平成13年第388回( 6月)定例会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2001-06-01
    旧浜田市議会 平成13年第388回( 6月)定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-28
    旧浜田市議会 平成13年第388回( 6月)定例会     第388回(平成13年6月)浜田市議会定例会会議録(第5号)1. 日  時  平成13年6月21日(木)午前10時開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 出席議員(26名) 1番  澁  谷  幹  雄 君       2番  三  浦  一  雄 君 3番  西  村     健 君       4番  大  谷  弘  幸 君 5番  川  神  裕  司 君       6番  江  角  敏  和 君 7番  牛  尾  博  美 君       8番  横  田  善  雄 君 9番  片  山     勲 君      10番  下  隅  義  征 君11番  濵  松  三  男 君      12番  佐 々 木  喜  久 君13番  山  本  富  彦 君      14番  向     惇  雄 君15番  小  池  史  朗 君      16番  徳  原  繁  一 君17番  江  口  修  吾 君      18番  牛  尾     昭 君19番  中  村  建  二 君      20番  小  川  泰  昭 君21番  湯  浅     勝 君      22番  高  原  好  人 君23番  土  井     博 君      24番  高  見  庄  平 君25番  坂  田  幸  男 君      26番  遠  藤  公  輝 君        ────────────────────────── 欠席議員(0名)        ────────────────────────── 地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男 君      助役      坂 平 弘 昭 君収入役     小 谷 典 弘 君      教育委員長   齋 藤 紀 子 君教育長     竹 中 弘 忠 君      監査委員    牛 尾 公 介 君総務部長    江 木   朗 君      企画財政部長  小 川 明 夫 君経済部長    服 部 二 郎 君      建設部長    松 本 宏 世 君福祉環境部長  小松原 尚 宏 君      消防部長    木 鷺 正 勝 君水道部長    三 浦 陸 雄 君      教育部長    畑 岡 正 弘 君福祉環境部次長 芦 谷 英 夫 君      総務課長    岡 田 昭 二 君人事課長    牛 尾 祐 治 君      財政課長    大 谷 克 雄 君地域政策課長  稲 葉 裕 男 君      総合調整室長  石 本 一 夫 君管財課長    佐 藤 正 藏 君      税務課長    天 野   孝 君市民課長    渡 部 恵 子 君      情報管理課長  近 重 哲 夫 君徴収課長    末 田   修 君      水産課長    石 井 信 孝 君豊かな海づくり大会推進室長          商工観光課長  湯屋口 初 實 君        勝 田 秀 幸 君農林課長    三 浦 和 成 君      都市計画課長  正連山   茂 君建設課長    廣 瀬 虎 雄 君      国県事業推進課長田 野 正 幸 君建築課長    花 坂 義 夫 君      下水道課長   柿 谷 恵 之 君介護保険課長  福 原 稔 之 君      いきいき福祉課長桑 本 春 美 君保健年金課長  東 條 克 巳 君      環境課長    小 澤 孝 子 君人権同和教育啓発センター所長         消防庶務課長  河 村 憲 治 君        佐々木   章 君消防警防課長  山 本 晋 也 君      教育総務課長  浅 田   勇 君水道部次長   中 村 勝 久 君      文化振興課長  桑 田   巌 君生涯学習課長  細 川 靖 則 君      給食センター所長大 下 俊 吾 君監査委員事務局長沖 野 邦 男 君      会計課長    塙   邦 彦 君        ────────────────────────── 事務局職員出席者事務局長    高 橋 正 弘        事務局次長   山 崎   浩議事係長    江 木   弘        主任主事    大 塚 隆 信        ────────────────────────── 議事日程(第5号)第1 議第 6号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について第2 議第 7号 浜田市職員退隠料、退職給与金、扶助料及び死亡給与金特例条例に基づく退隠料及び扶助料の年額を改定する条例の制定について第3 議第 8号 浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について第4 議第 9号 非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について第5 議第10号 市道路線の認定及び廃止について第6 議第11号 平成13年度浜田市一般会計補正予算(第1号)第7 議第12号 平成13年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)第8 議第13号 平成13年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第9 議第14号 平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)第10 議第15号 平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)第11 議第16号 平成13年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第1号)第12 議第17号 平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)第13 議第18号 平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)第14 請第10号 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について第15 請第11号 米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について第16 請第12号 山陰線高速化実施に対する問題点について県に対し見直し・改善の意見書提出を求める請願について第17 意第 1号 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書について第18 意第 2号 道路特定財源制度の堅持を求める意見書について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件第1 議第 6号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について第2 議第 7号 浜田市職員退隠料、退職給与金、扶助料及び死亡給与金特例条例に基づく退隠料及び扶助料の年額を改定する条例の制定について第3 議第 8号 浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について第4 議第 9号 非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について第5 議第10号 市道路線の認定及び廃止について第6 議第11号 平成13年度浜田市一般会計補正予算(第1号)第7 議第12号 平成13年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)第8 議第13号 平成13年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第9 議第14号 平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)第10 議第15号 平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)第11 議第16号 平成13年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第1号)第12 議第17号 平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)第13 議第18号 平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)第14 請第10号 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について第15 請第11号 米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について第16 請第12号 山陰線高速化実施に対する問題点について県に対し見直し・改善の意見書提出を求める請願について第17 意第 1号 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書について第18 意第 2号 道路特定財源制度の堅持を求める意見書について        ──────────────────────────            会       議            午前10時0分 開議 ○議長(湯浅勝君) おはようございます。 これより本日の会議を開きます。 ただいま出席議員は26名で議会は成立いたしております。 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第1、議第6号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第6号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、国家公務員の寒冷地手当に関する法律及び地方自治法に基づき、寒冷地手当を該当職員に支給するため改正しようとするものであります。 今年度、浜田市は島根県との職員相互交流を実施し、平成13年4月1日から平成15年3月31日まで1名の市職員を島根県へ派遣し、松江市の県庁に勤務していますが、浜田市ではこれまで職員が寒冷地に在勤した例がなく、今回寒冷地と定められている松江市に職員が在勤したため、新たに寒冷地手当を制定するものであります。 寒冷地手当の額及び支給方法は、職員が在勤する地方公共団体の例によるものとしており、基準日となる10月31日に寒冷地に在勤する職員に対して、年1回支給されるもので、松江市に在勤した場合、世帯主で扶養者のいない職員に対して1万9,800円が支給されるものであります。 審査をいたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第2、議第7号浜田市職員退隠料、退職給与金、扶助料及び死亡給与金特例条例に基づく退隠料及び扶助料の年額を改定する条例の制定について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第7号浜田市職員退隠料、退職給与金、扶助料及び死亡給与金の特例条例に基づく退隠料及び扶助料の年額を改定する条例の制定について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例の趣旨は、恩給法等の一部を改正する法律の例により、退隠料、扶助料の額を改定しようとするもので、最近の経済情勢等をかんがみ、普通恩給及び扶助料の最低保証額の一部の引き上げ等を行うことにより、恩給受給者に対する処遇の改善を図ろうとするものであります。 なお、今回の改正により浜田市において支給金額が変更される該当者はありません。 審査いたしました結果、本条例は法律の改正に準じて改正するもので、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第3、議第8号浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第8号浜田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、非常勤消防団員等にかかわる損害補償の基準を定める政令の一部が改正されたことに伴い、市町村消防団員等公務災害補償条例の例が改正されたので、これにあわせて改正しようとするものであります。 改正の内容としては、非常勤消防団員または一般の方で消防作業に従事した人がそのために死亡し、または負傷した場合、その扶養親族に対する補償基準額の加算を定めるもので、現行では配偶者を除いた扶養親族2人までの加算額を183円、その他の扶養親族は67円の加算となっているものを、それぞれ200円と100円に引き上げようとするものであります。 審査いたしました結果、政令どおりの改正であり、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第4、議第9号非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第9号非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成13年4月1日に施行されたことに伴い、非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の例が改正されたので、これにあわせて改正しようとするものであります。 改正の内容としては、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、退職報償金の改正を行うもので、改定額は議案に記載のとおりであります。 審査いたしました結果、政令どおりの改正であり、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第5、議第10号市道路線の認定及び廃止について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。14番向惇雄君。 ◆建設委員長(向惇雄君) 建設委員会に審査を付託されました議第10号市道路線の認定及び廃止について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の認定路線は4路線、廃止路線は2路線でございます。認定路線は、圃場整備工事及び河川改修工事による形状変更により起点または終点が変更になるため、石見北42号線及び石見北59号線の再認定、また民間宅地造成により新たに生活道路となる周布93号線と生活道路として美川北51号線の新規認定であります。廃止路線は、石見北42号線及び石見北59号線の再認定に伴い、廃止手続をしようとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第6、議第11号平成13年度浜田市一般会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第11号平成13年度浜田市一般会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,614万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を176億614万5,000円とするもので、あわせて債務負担行為の追加と地方債の追加並びに4月の人事異動に伴う職員の人件費等について調整するものであります。 この補正の主な内容は、1点目は国立浜田病院の移転新築を促進する支援組織の設置に伴う経費、2点目は沖合底びき網漁業者に対する漁業経営安定資金貸付金、3点目は南極観測船「しらせ」の浜田港寄港に伴う歓迎行事等の経費、4点目は3月の芸予地震で被災したため池の災害復旧費等であります。 補正の主な財源といたしましては、県支出金、諸収入などをもって充当し、あわせて交付税算入が有利な起債事業を活用するものであります。 審査に当たりましては、本会議で正された内容を含めて執行部から詳しい説明を聞くとともに、地方交付税の今後の見通しや駅前駐輪場の規模や管理等について質疑をいたしました。その結果、やむを得ないものとして認め、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第7、議第12号平成13年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番江口修吾君。 ◆文教厚生委員長(江口修吾君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第12号平成13年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、審査をいたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、人事異動等に伴う調整を行い、所要額を補正するものです。 まず、第1条において、事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ411万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ39億6,285万1,000円とするものです。 次に、歳入歳出予算補正において、歳出では、人員の異動等により総務管理費を411万5,000円増額し、歳入においては、この財源となります一般会計からの繰入金も同様に411万5,000円を増額するものです。 審査をいたしました結果、特に問題となる点もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第8、議第13号平成13年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第13号平成13年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、4月1日付の人事異動に伴う職員の給与等の調整に係るものであります。これに要する補正額は194万2,000円の増額となり、歳入歳出予算の総額を2,103万3,000円とするものであります。 審査をいたしました結果、問題となる点もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第9、議第14号平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番江口修吾君。 ◆文教厚生委員長(江口修吾君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第14号平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)について、審査をいたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、人事異動等に伴う所要額の調整と、平成12年度の事業実績に基づき、支払基金交付金及び国県負担金の精算を行うために補正をするものです。 まず、第1条において、事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,708万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ55億1,722万3,000円とするものです。 次に、歳入歳出予算補正において、歳出では、人員の異動等により総務管理費を64万1,000円増額するものです。 また、諸支出金の償還金4,644万5,000円につきましては、医療費の支払いに要する費用が支払基金から概算交付されていますが、平成12年度の医療費の事業実績に基づき精算を行った結果、超過交付となりましたので、返還するものです。 また、歳入の国庫負担金2,403万8,000円及び県負担金601万円の増額については、平成12年度の医療費の事業実績に基づき精算を行った結果、不足が生じたため、医療費に要する費用が追加交付となるものです。 繰入金につきましては、総務管理費の財源であります64万1,000円を一般会計から繰入金として増額するものです。 繰越金の1,639万7,000円は、精算による支払基金への償還の財源を繰り出すものです。 審査をいたしました結果、特に問題となる点もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第10、議第15号平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第15号平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,636万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億3,235万9,000円とするものであります。 歳入の財産収入は8,636万4,000円の追加で、駅前自転車等駐輪場の整備に伴う施設の敷地部分を一般会計に移管するため会計間の調整を行うもので、歳出の公債費も8,636万4,000円の追加で、駅前自転車等駐輪場の敷地部分を一般会計が取得するため、当該土地売却費相当額について繰上償還をするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第11、議第16号平成13年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番江口修吾君。 ◆文教厚生委員長(江口修吾君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第16号平成13年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、審査をいたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、人事異動等に伴う人件費及び事務費財源の見直しなどによる所要額の補正を行うものです。 まず、第1条において、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ240万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ23億4,474万2,000円とするものです。 次に、歳入歳出予算補正において、歳出の総務費240万3,000円の増額は、人員の異動による職員給与費及び認定調査件数の増加に対応するための臨時調査員補充等による認定調査費を増額するものです。 また、基金積立金は7万7,000円を減額し、575万6,000円とするものです。これは第1号被保険者還付金及び還付加算金の歳出増により積立金を取り崩すものです。 諸支出金は、基金積立金からの繰り入れ分として7万7,000円増額し、29万9,000円とするものです。 また、歳入の国庫支出金は、補助対象見直しによる事務費交付金増額分530万7,000円を追加し、5億8,225万6,000円とするものです。 繰入金は、人事異動に伴う給与費及び事務費交付金の見直し等による増額分290万4,000円を減額し、4億6,942万4,000円とするものです。 審査に当たりましては、改めて執行部より補足説明とあわせ、認定調査件数、関連として医師の意見書の遅れに対する改善策、新施設への入所状況など説明を求め、審査いたしました。 結果として、議案そのものへの問題はなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、委員長報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第12、議第17号平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。14番向惇雄君。 ◆建設委員長(向惇雄君) 建設委員会に審査を付託されました議第17号平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、4月の人事異動に伴う職員給与費について会計間の調整を行うもので、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ136万1,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ2億3,548万5,000円とするものでございます。 審査いたしました結果、職員の異動に伴うもので、特に問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第13、議第18号平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。14番向惇雄君。 ◆建設委員長(向惇雄君) 建設委員会に審査を付託されました議第18号平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、4月の人事異動に伴う職員給与費について会計間の調整を行うもので、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ1億8,092万5,000円とするものであります。 審査いたしました結果、職員の異動に伴うもので、特に問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上のとおりが建設委員長の報告でございます。 終わります。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第14、請第10号激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。 本請願は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。10番下隅義征君。 ◆経済委員長(下隅義征君) 経済委員会に審査を付託されました請第10号激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。 本請願は、第386回3月定例会において付託を受け、閉会中の継続審査すべきものとなった経過があります。このことを受け、4月下旬に暫定的なセーフガードが発動されることから、4月19日に、閉会中に委員会を開催し、審査しました。 結果としては、この請願は昨年12月に作成になっており、浜田市議会としての意見書提出は6月議会最終日になることから、この間約半年遅れるため、若干の字句修正をすることで、全会一致で採択すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願については経済委員長の報告のとおり採択することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は経済委員長の報告のとおり採択することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第15、請第11号米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。 本請願は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。10番下隅義征君。 ◆経済委員長(下隅義征君) 経済委員会に審査を付託されました請第11号米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。 本請願の趣旨は、日本農業の大黒柱である稲作を守るために、自主流通米の値幅制限を復活するよう政府、関係機関に対して意見書提出を求める請願であります。この請願も、先ほどの請願第10号と同様に、第386回3月定例会において継続審査となり、4月19日閉会中に委員会を開催しました。 審査に当たり、各議員からの意見を求めたところ、請願の趣旨は理解できるものの、市議会として意見書を提出するべきものとの結論には至らなかったことから、全会一致で趣旨採択すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願については経済委員長の報告のとおり趣旨採択とすることにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は経済委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第16、請第12号山陰線高速化実施に対する問題点について県に対し見直し・改善の意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。 本請願は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。10番下隅義征君。 ◆経済委員長(下隅義征君) 経済委員会に審査を付託されました請第12号山陰線高速化実施に対する問題点について県に対し見直し・改善の意見書提出を求める請願について、審査いたしました結果を報告いたします。 審査に当たりましては、各議員から意見を求め、慎重に審査しました結果、請願の趣旨は理解できるものの、問題点についてさらに検討する必要があるものと認め、全会一致で閉会中の継続審査とすべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。25番坂田幸男君。 ◆25番(坂田幸男君) 今の委員長報告に対して質問するわけでございますが、できるだけ早く、閉会中に提案者である私の考えなり、あるいは請願者、そういう人たちの意見をぜひ聞いてほしい。そうせんと、益田は採択をしておると思うんですし、浜田が採択せんというのはおかしい。そういうことを一応つけ加えておきたい。 ○議長(湯浅勝君) ほかに質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願については経済委員長の報告のとおり閉会中の継続審査とすることに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(湯浅勝君) 挙手多数であります。よって、本請願は経済委員長の報告のとおり閉会中の継続審査とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第17、意第1号激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。10番下隅義征君。 ◆10番(下隅義征君) 先ほど請第10号の採択をいただきました。に基づきまして、意見書の提出をするものであります。 朗読によって提案にかえさせていただきます。 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書について。 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書案を次のとおり浜田市議会会議規則第14条の規定により提出する。平成13年6月21日提出。提出者、浜田市会議員下隅義征。賛成者、市会議員徳原繁一、同じく市会議員澁谷幹雄、同じく市会議員片山勲、同じく市会議員土井博、同じく市会議員高見庄平。 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書(案)。 生鮮野菜の輸入は、1990年と99年の比較で352%も増え、トマト、タマネギ、ネギ属など軒並みに激増している。輸入野菜の激増によって野菜価格は10年来の最安値を記録している。この結果、生産費の回収さえできない品目が続出し、農家の経営を著しく圧迫している。野菜等の農産物価格の暴落は、農家への打撃だけにとどまらず、農業関連産業全体を危機に陥れ、長引く不況とも相まって地域経済にも深刻な影響をもたらしている。 WTO協定に基づき「緊急輸入制限」(セーフガード)は、輸入の増加が「国内生産に重大な損害を与え、または与えるおそれがある場合」は、特定の産品の輸入に対する「緊急輸入措置」をとることができると明確に定めている。WTO協定発足以降、韓国、アメリカ、チリなどで乳製品、豚肉、野菜、穀物などの輸入制限を行い、自国の農業を守っている。輸入野菜等の激増によって価格が暴落し、地域農家が根底から脅かされている事態にある今こそ、緊急輸入制限を発動することが急がれている。 よって、政府、関係機関は、輸入が激増する野菜等について緊急輸入制限(セーフガード)の発動をすべきである。以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成13年6月21日。浜田市議会。以上でございます。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの説明について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案については原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) ご異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては議長にご一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(湯浅勝君) 日程第18、意第2号道路特定財源制度の堅持を求める意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。9番片山勲君。 ◆9番(片山勲君) 道路特定財源制度の堅持を求める意見書について。 道路特定財源制度の堅持を求める意見書案を次のとおり浜田市議会会議規則第14条の規定により提出する。平成13年6月21日。提出者、片山勲。賛成者、議運の各メンバーであります。 それでは、意見書案につきましては、朗読をもってかえさせていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 道路特定財源制度の堅持を求める意見書(案)。 道路は、豊かな国民生活や活力ある経済、社会活動を支える最も基礎的な施設であるが、いまだその整備水準は地域住民の期待にほど遠い状況である。 一方、政府税制調査会において、「道路特定財源を一般財源化する」、「道路をつくることが環境破壊である」との論議がなされている。 こうした議論は、これまでの社会資本整備が大都市地域を優先して進められてきた結果、道路を初め生活基盤整備が大きく立ち遅れている地方の実情を無視したものであり、地方自治体にとって大きな影響を及ぼすものである。 よって、政府におかれては、国土と国民生活の均衡ある発展を図る上で必要不可欠な道路特定財源制度を堅持し、この財源を他に転用することなく、全額道路整備に充当し、今後とも地方道路整備が着実に進められることを強く求めるものである。以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成13年6月21日。浜田市議会。 各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(湯浅勝君) ただいまの説明について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(湯浅勝君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案については原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(湯浅勝君) 挙手多数であります。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては議長に一任願います。 これにて今期定例会に付議されました案件のすべては終了いたしました。 この際、市長から発言の申し出がありましたので、許可いたします。市長。            〔市長 宇津徹男君 登壇〕 ◎市長(宇津徹男君) 第388回浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。 今議会に上程いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決を賜り、心から御礼申し上げます。 今後の執行に当たりましては、本会議においてのご意見、さらには委員長報告を踏まえながら、より一層適正な人事管理に努めるとともに、議会と執行部は、車で言うならば、どちらが欠けてもならない両輪であることを念頭に置き、議会と執行部の機能分担を見極めながら、行政運営に当たりたいと考えております。議員の皆さんのさらなるご支援、ご協力をお願い申し上げます。 さて、先日、大阪府内において小学校児童と教員が校外から侵入した暴漢に殺傷されるという痛ましい事件が発生いたしました。犠牲になられました8名の児童に心からのご冥福と被害に遭遇された児童の一日も早いご回復と精神的な立ち直りをお祈りする次第であります。浜田市におきましても、このような事件が起きないよう、学校の安全管理に努めてまいりたいと存じます。 いよいよ本格的な梅雨の時期を迎えました。防災対策につきましては、特に初動体制を確立し、万全を期してまいりたいと思います。議員の皆さんのご協力をよろしくお願いを申し上げます。 これから夏に向かい、議員各位にはくれぐれも健康にご留意され、市政推進にさらなるご尽力を賜りますようお願い申し上げ、お礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。 ○議長(湯浅勝君) これをもちまして第388回浜田市議会定例会を閉会いたします。 ご苦労さまでございました。            午前10時47分 閉会        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会 議 長         浜田市議会副議長         浜田市議会 議 員         浜田市議会 議 員        ──────────────────────────...