浜田市議会 > 2001-03-01 >
旧浜田市議会 平成13年第386回( 3月)定例会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 2001-03-01
    旧浜田市議会 平成13年第386回( 3月)定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-28
    旧浜田市議会 平成13年第386回( 3月)定例会     第386回(平成13年3月)浜田市議会定例会会議録(第5号)1. 日  時  平成13年3月15日(木)午前10時開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 議事日程(第5号)第1 議第 70号 浜田市職員の再任用に関する条例の制定について第2 議第 71号 浜田市職員の再任用に関する条例の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について第3 議第 72号 浜田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について第4 議第 73号 浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について第5 議第 74号 浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について第6 議第 76号 浜田市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について第7 議第 77号 浜田市火葬場条例の一部を改正する条例について第8 議第 78号 浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について第9 議第 79号 浜田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例について第10 議第 80号 浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について第11 議第 81号 浜田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について第12 議第 82号 民事調停について第13 議第 85号 市道路線の認定及び廃止について第14 議第 86号 平成12年度浜田市一般会計補正予算(第8号)第15 議第 87号 平成12年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)第16 議第 88号 平成12年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)第17 議第 89号 平成12年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)第18 議第 90号 平成12年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第4号)第19 議第 91号 平成12年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)第20 議第 92号 平成12年度浜田市水道事業会計補正予算(第4号)第21 議第 93号 平成13年度浜田市一般会計予算第22 議第 94号 平成13年度浜田市国民健康保険特別会計予算第23 議第 95号 平成13年度浜田市駐車場事業特別会計予算第24 議第 96号 平成13年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算第25 議第 97号 平成13年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算第26 議第 98号 平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算第27 議第 99号 平成13年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算第28 議第100号 平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算第29 議第101号 平成13年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算第30 議第102号 平成13年度浜田市介護保険特別会計予算第31 議第103号 平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計予算第32 議第104号 平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算第33 議第105号 平成13年度浜田市水道事業会計予算第34 請第  9号 青少年健全育成基本法の制定を求める請願について第35 請第 10号 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について第36 請第 11号 米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について第37 意第  7号 鉄道線路及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書について第38 意第  8号 青少年健全育成のための法律を求める意見書について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件第1 議第 70号 浜田市職員の再任用に関する条例の制定について第2 議第 71号 浜田市職員の再任用に関する条例の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について第3 議第 72号 浜田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について第4 議第 73号 浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について第5 議第 74号 浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について第6 議第 76号 浜田市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について第7 議第 77号 浜田市火葬場条例の一部を改正する条例について第8 議第 78号 浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について第9 議第 79号 浜田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例について第10 議第 80号 浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について第11 議第 81号 浜田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について第12 議第 82号 民事調停について第13 議第 85号 市道路線の認定及び廃止について第14 議第 86号 平成12年度浜田市一般会計補正予算(第8号)第15 議第 87号 平成12年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)第16 議第 88号 平成12年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)第17 議第 89号 平成12年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)第18 議第 90号 平成12年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第4号)第19 議第 91号 平成12年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)第20 議第 92号 平成12年度浜田市水道事業会計補正予算(第4号)第21 議第 93号 平成13年度浜田市一般会計予算第22 議第 94号 平成13年度浜田市国民健康保険特別会計予算第23 議第 95号 平成13年度浜田市駐車場事業特別会計予算第24 議第 96号 平成13年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算第25 議第 97号 平成13年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算第26 議第 98号 平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算第27 議第 99号 平成13年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算第28 議第100号 平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算第29 議第101号 平成13年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算第30 議第102号 平成13年度浜田市介護保険特別会計予算第31 議第103号 平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計予算第32 議第104号 平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算第33 議第105号 平成13年度浜田市水道事業会計予算第34 請第  9号 青少年健全育成基本法の制定を求める請願について第35 請第 10号 激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について第36 請第 11号 米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について第37 意第  7号 鉄道線路及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書について第38 意第  8号 青少年健全育成のための法律を求める意見書について        ──────────────────────────            会       議            午前10時0分 開議 ○議長(高見庄平君) 皆さんおはようございます。 これより本日の会議を開きます。 ただいま出席議員は24名で議会は成立いたしております。 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第1、議第70号浜田市職員の再任用に関する条例の制定について及び日程第2、議第71号浜田市職員の再任用に関する条例の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、これを一括議題といたします。 本案2件については総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第70号浜田市職員の再任用に関する条例の制定について並びに議第71号浜田市職員の再任用に関する条例の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、極めて密接な関係がありますことから、一括議題として審査をいたしましたので、その結果を報告いたします。 議第70号浜田市職員の再任用に関する条例の制定の趣旨でありますが、平成6年、政府において高齢化社会における公的年金制度の見直しを図るため、年金の満額支給開始年齢を平成13年度以降から段階的に引き上げるための制度改正が行われたところであります。これに伴って、年金が満額受給できる満65歳までの間は、雇用と年金の連携により、生活を支えることとされたことから、高齢者の雇用を促進するため、平成11年7月地方公務員法の一部が改正され、新たに再任用制度が創設され、平成13年4月1日から施行することとされたものであります。この再任用制度の具体的な内容につきましては、議案並びに資料に記載のとおりであります。 次に、議第71号浜田市職員の再任用に関する条例の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定の趣旨でありますが、議第70号で提案されました職員の再任用に関し、その施行に際して必要な事項とされております定年の取り扱い、服務の宣誓、勤務時間、休日休暇、給与、諸手当等について定めるため、おのおのの関係条例の一部を改めようとするものであります。具体的内容につきましては、議案並びに資料に記載のとおりであります。 これらの議案の審査に当たりましては、本会議でただされた多くの事項に配慮しながら、厳しい姿勢を持って審査をいたしました。その中で、ほとんどの委員から多くの問題が強く指摘され、それに対する執行部からの答弁を得ながら、問題点に対する理解を深めたところであります。途中休憩を挟みながら、委員のみにて意見の応酬を続け、質疑を重ねたところであります。 そうした中で強く指摘し、主張いたしました事項といたしましては、①国の示す制度であるので、この導入については理解できるが、他市の状況を調査するに、3月議会に上程を見送った議会もかなりある。一定の運用上の基準が定められてから条例を提出すべきである。 ②本会議で今後、県下8市で給料表の格付などの運用基準ついて研究するとの答弁があったが、浜田市はそれと同様のものを定めなくてもよいではないか。もし定めるとした場合には、いつごろまでにするのか。 ③新たな給料表は、浜田市の財政状況に合わせて格付けるべきではないか。 ④本会議で国に準ずるとの答弁があったが、浜田市は独自の給料表を定めているので、国に準ずるとするのは問題がある。また、職員の給料表は国に準じて定めているとの答弁があったが、それならばなぜラスが100を超えているのか。公平ではなく、新規採用者よりも賃金コストが高くつく。 ⑤若い人を採用する方が組織の活性化につながる。 ⑥県下8市との協議についてはいつごろするのか。 ⑦毎年8月に広報紙で新規採用職員の公募が行われているが、再任用職員採用とのタイミングや公募までのスケジュールはどうするのか、といったものであります。 これに対して執行部側から、①地方公務員法の改正で本年4月1日からのこの制度が施行されるが、給料表の格付等の運用基準が決まってから議会に上程すべきではないかということについては、この運用基準は今県下8市で研究中であるので、その詰めまでにはしばらく時間がかかるので、国の方針どおりの内容で上程した。 ②給料表については、国から示された通達により、国に準じて定めるべきであるとされているので、準則に基づいて定めるものだ。 ③条例施行に伴う運用上の基準は、3月末日までには決めたいが、年度的にずれ込む可能性があるかもわからない。県は新年度当初に新規採用職員数の枠を公表するので、3月末日までには定められると思われる。 ④常勤勤務者を再任用すると、新規採用職員の定数が抑えられるので、その辺のバランスを考えていきたい。 ⑤新年度の新規職員の採用については、影響はある。ことしの6月ごろに退職希望の取りまとめをし、新規採用者とのバランスを考慮して、8月に広報紙で公募する計画でありますといった答弁があったが、委員会としては給料表の格付といった運用基準の問題点、基準上の問題と再任用職員のうち常時勤務者の再任用によって、若い人の新規採用者の枠が抑えられ、その結果、人口減少に歯どめができないといった二つの点が大きな問題として取り上げ、これらについてさらに厳しい態度で指示する中、複数の委員から強い姿勢で問題点について指摘がなされたところであります。 こうしたことから、運用基準策定のスケジュールについて明確な回答を強く求めました結果、6月に開催されます市議会には、運用基準を定めて提出する旨の発言がなされたところであります。 これを受けてさらに質疑をいたしました結果、再任用制度は法律の改正に基づくものでありますことから、理解はできますも、それに関連する細かい運用上の基準については、6月議会に提出する旨の確約を得ましたことから、この可否について諮りましたところ、複数の委員から承認しがたい旨の意見が述べられ、採決いたしました結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について、一括質疑を行います。 質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案2件について一括採決いたします。 お諮りいたします。 日程第1、議第70号浜田市職員の再任用に関する条例の制定について及び日程第2、議第71号浜田市職員の再任用に関する条例の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、総務委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(高見庄平君) 挙手多数であります。よって、本案の2件については原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第3、議第72号浜田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第72号浜田市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨でありますが、浜田市特別職報酬等審議会は不定期な開催とされており、ここ数年開催されていない状況にあります。全国の自治体の動向から見て、定期的に開催し、社会情勢に適用した答申を求める必要がありますことから、定期的に開催できるよう改めるものであります。 改正の内容といたしましては、審議会は毎年1回以上開催することを義務づけるとともに、委員の任期を2年とし、再任ができるようにするものであります。 審査いたしました結果、特に問題となる点はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第4、議第73号浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第73号浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨でありますが、現在教育長の退職金につきましては、退職時、期間を通算して支給するとされております。市長等三役の退職金につきましては、平成9年7月1日に各任期ごとに支給するよう条例改正が行われましたが、このとき教育長につきましては任期が中途でありますことから、改正が見送られたところであります。 本年12月18日をもって教育長の任期が満了となりますため、市長等三役と同様に任期ごとに退職金を支給できるよう改めるものであります。 審査いたしました結果、特に問題となる点はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告とします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第5、議第74号浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第74号浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、先ほど議第70号で提案、可決されました浜田市職員の再任用に関する条例に基づき、再任用職員に対する退職手当は支給しないとする旨の規定を定めるものであります。 また、雇用保険法の改正に伴って、失業者の退職手当が支給できる期間について、雇用保険と同様に改正を行うもので、これにあわせて条文の整備等を行うものであります。 審査いたしました結果、特に問題となる点はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第6、議第76号浜田市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第76号浜田市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果について報告いたします。 この制度は、重度心身障害者及び母子家庭に対して、医療費の自己負担分を助成し、容易に医療を受けられるようにすることによって、対象者の福祉の増進を図るためのものであります。 一部改正の主な理由は、1つには公費負担の適正化を図る観点から、高額所得者への助成を制限するために、資格要件に所得制限を設けること。 2つには、対象者の自立と社会参加の促進を図る観点から、負担と給付は基本の医療保険制度にのっとり、一定の負担を導入するものであります。 主な改正点といたしましては、助成の範囲を本人が本来負担すべき額、本人負担額から、医療機関ごとに1月につき500円を控除した額に改めるものであります。これにより、対象者は従来は医療費の自己負担を要しないで医療を受けられていましたが、改正後は医療機関ごとに1月につき500円を自己負担することとなるものであります。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項並びに執行部から詳しい説明を求め、浜田市としての主体的取り組みなどについて質問をしながら、慎重に審査いたしました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(高見庄平君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第7、議第77号浜田市火葬場条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第77号浜田市火葬場条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果について報告いたします。 この条例の改正は、現在市長が別に定めているものを今回条例で定めるものであります。内容は、金額等についての変更はありません。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第8、議第78号浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました議第78号浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 一部改正の理由は、漁港法の改正により船舶の移転命令等の手続が規定されたことに伴い改正するものと、新たに土砂採集料等の条文を追加するものであります。 法改正の趣旨は、近年全国的に漁港の区域内におけるプレジャーボート等の無秩序な放置等が漁港の保安上の問題となっている状況を踏まえ、漁港の適正な維持管理を図る観点から、新たに規定されたものであります。 また、監督処分に実効性を持たせるために、所有者が不明な場合には漁港管理者による簡易代執行が行えることも規定されました。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、経済委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第9、議第79号浜田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました議第79号浜田市工場設置奨励条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 この改正理由は、租税特別措置法施行令第6条の5の第2号に定める減価償却資産の合計が2,500万円を超えるものに改正されたためと、特定地域の振興を促進するための県税の課税免除に関する条例第2条に定める適用事業の表記にあわせるためであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、経済委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第10、議第80号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第80号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の改正理由は、公営住宅法施行例の一部が改正され、入居者資格に関する部分の条文配列が変更になりましたので、整合性を図るために一部改正するものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第11、議第81号浜田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第81号浜田市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果について報告します。 改正理由は、議第70号で提案、議決されました浜田市職員の再任用に関する条例に準拠し、企業職員についても同様に所要の措置を講ずるとともに、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、条例の一部を改正するものであります。 主な改正点は、第2条において「常時勤務を要する者」の次に「及び地方公務員法第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める者」を加え、第14条において雇用保険法等の一部改正に伴い、期間等について条文整備するものであります。 また、第19条は第18条の次に再任用職員についての適用除外を新たに定めるものであります。 なお、附則として、この条例は平成13年4月1日から施行されるものであります。 審査に当たり、本会議でただされた点や企業職員に今後どのように適用されるのか等つぶさに審査いたしました。 結果として、細部にわたる運用基準等の整理が今後の課題として残されており、今後委員の指摘事項に留意し、効果的な条例改正となるよう十分配慮されるよう意見を付して、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(高見庄平君) 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第12、議第82号民事調停について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第82号民事調停について、審査いたしました結果について報告いたします。 本案は、平成4年の美川地区特別養護老人ホーム建設用地造成工事の入札に係る行政訴訟の判決内容の履行に伴うもので、平成12年10月5日付で株式会社倉本組より、判決に基づき行為的損害金については支払い準備をしたが、遅延損害金については相当額の減免を求めたいとの調停申し立てが浜田簡易裁判所を通じてあり、その調停に応じ調停を成立しようとするものであります。 審査に当たり、調停条項それぞれをただし審査いたしました結果、やむを得ないものと全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第13、議第85号市道路線の認定及び廃止について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第85号市道路線の認定及び廃止について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の認定路線は11路線、廃止路線は2路線であります。認定路線の主なものは、一般国道江津道路新設工事及び県道浜田美都線の工事による起点、終点の変更に伴い再認定する国府190号線と有福42号線、下水道事業により新たに管理道路として新規認定する国府240号線、その他は浜田市長浜土地区画整理事業により整備する生活道路及び管理道路の新規認定であります。廃止路線は、国府190号線、有福42号線の再認定に伴い廃止手続をしようとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第14、議第86号平成12年度浜田市一般会計補正予算(第8号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第86号平成12年度浜田市一般会計補正予算(第8号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億5,306万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を171億5,425万8,000円とするもので、あわせて債務負担行為の追加、繰越明許費並びに地方債の補正を行うものであります。 この補正の主な内容は、1点目は国の補正予算に関連した事業費の追加。2点目は、職員退職予定者の増加に伴う退職金の追加。3点目は、決算見込みによる不用額の調整等であります。 審査に当たりましては、本会議でただされました事項に配慮しながら、石央文化ホールの委託料減額の内訳、消防団員退職報償金減額の根拠と退団者の人数、勤労者総合スポーツ施設サンビレッジの管理運営費が増加の傾向にあるが、緊縮財政の中もっときめ細かい対応をする考えはないのか。また、浜田港振興会の負担金が減額となっているが、新年度も同様の取り扱いをすることとなるのかなどについてただしながら、慎重に審査をいたしました。 その結果、特に問題となる点はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第15、議第87号平成12年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第87号平成12年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、決算見込みを想定し所要の予算措置を講ずるもので、事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,598万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億6,542万8,000円とするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第16、議第88号平成12年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第88号平成12年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、貸付金の滞納に伴う一般会計よりの繰入金の増額と貸付金元利収入の減額、また公金取扱手数料が一般会計支出となったため、一般管理費を減額するもので、第1条において歳入歳出それぞれ2,000円減額、その総額を599万8,000円とするものであります。 審査いたしました結果、滞納金の徴収に一層努められるよう意見を付し、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第17、議第89号平成12年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました議第89号平成12年度浜田市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ700万円を追加し、歳入歳出それぞれ4億2,301万円と定めるものであります。これは、施設利用者増が見込めることから追加するものであり、基金積立金に497万6,000円を増額するものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、経済委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第18、議第90号平成12年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第4号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第90号平成12年度浜田市介護保険特別会計補正予算(第4号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正は、決算見込みを想定し所要の予算措置を講ずるものであります。この補正に伴い、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,903万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億3,077万1,000円とするものであります。 審査に当たりましては、特に異論もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第19、議第91号平成12年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第91号平成12年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、国の内示変更に伴う事業費の追加で、終末処理場の用地買収、実施設計、造成工事を行おうとするものであります。 補正の内容は、第1条において歳入歳出予算の総額にそれぞれ2億5,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を3億6,819万3,000円と定め、第2条の繰越明許費は第2表の繰越明許費に、また第3条地方債変更は第3表の地方債補正によるものとするものであります。 審査いたしました結果、今回の補正は国の内示による事業費の追加で、特に問題もなく、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第20、議第92号平成12年度浜田市水道事業会計補正予算(第4号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第92号平成12年度浜田市水道事業会計補正予算(第4号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、決算見込みを想定し所要の予算措置を講ずるものと、周布川総合開発事業、大長見ダム建設事業の総事業費の変更と工期の延長に伴い、平成12年度以降の債務負担行為の期間及び限度額を定めるものであります。 補正の主な内容は、第2条において支出の水道事業費用に970万6,000円を追加し、その計を9億4,912万6,000円とするほか、第3条において収入の資本的収入を5,132万8,000円を減額し、その計を8億562万3,000円とし、支出の資本的支出を1億284万円を減額し、その計を10億6,291万4,000円とするものであります。 次に、第4条では、予算第4条の次に第4条の2を加え、債務負担行為をすることができる事項、期間、限度額を定め、第5条において予算第5条に定められている起債の目的及び限度額を議案に記載のとおり改めようとするものであります。 また、第6条は、予算第7条に定められている議会の議決を要する経費のうち、職員給与費を102万3,000円を減額し、その計を2億4,059万円に改め、補正しようとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第21、議第93号平成13年度浜田市一般会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第93号平成13年度浜田市一般会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 この当初予算は、厳しい財政状況が続いておりますことから、浜田市行財政改革実施計画に基づいて事務事業の見直しを図るとともに、新たな経常経費の抑制に努めながら、市民生活に直結した保健、福祉、医療、環境、経済、下水道、教育などの事業を中心とした予算編成となっております。 歳入歳出予算の総額は174億6,000万円で、前年度の市長改選後の5月補正予算と比較して、実質伸び率は2.4%となっています。主な事業は、地域情報化推進事業、住民基本台帳ネットワークシステム整備事業、大学を核としたまちづくり推進事業、障害者生活支援事業、豊かな海づくり大会推進事業、ふるさと農道整備助成事業、下水道処理施設周辺整備事業、佐野・後野・宇津井地区における水道未普及解消事業などであります。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら、企業誘致対策事務費の具体的内容及び中心市街地活性化基本計画推進事業の内容と、市税、交付税の今後の歳入見込み、総合振興計画の策定にかかわる今後のスケジュール及び策定状況の報告の要請、図書館開設100周年記念事業の具体的内容、さらに特別市民制度が今後とも行政主導型で推進を図れるかどうか、地域づくり振興助成事業の具体的内容及び要望によっては今後増額する考えがあるのかどうかと、また消防団員が減少傾向にある中、今後の定数の見直しの考え方について、本会議で質問のあった長浜土地区画整理事業に区域内用地取得費、長浜土地区画整理事業幹線道路用地取得事業、(仮称)市営西住宅用地取得事業によって取得しようとする用地の造成については、農地転用等で示威があるが、それを市が取得することについての問題点などについてただしながら、慎重に審査をいたしました。 中でも、特に長浜土地区画整理事業区域内用地の取得については、問題が大きいとする委員からの要請により農林課長、建設課長、都市計画課長の出席を求め、厳しい姿勢で質疑をいたしました。 採決いたしました結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(高見庄平君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第22、議第94号平成13年度浜田市国民健康保険特別会計予算、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第94号平成13年度浜田市国民健康保険特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 第1条では、事業勘定の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ39億5,873万6,000円、直営診療施設勘定の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,882万5,000円と定め、第2条では一時借入金の借入最高額を事業勘定6億円と定めるものであります。 歳出の主なものは、総務費が7,918万8,000円でやや減額となっておりますが、これは徴収費のうち国保料の嘱託徴収員の報酬を一般会計に組り替えたことによるものであります。 次に、保険給付費は24億6,734万円で、1億1,385万4,000円の増額となっておりますが、これは一般被保険者分の1人当たり医療費の伸び率を5.63%の増と見込んで積算しております。 老人保健拠出金は12億542万7,000円で、12年度比では2億8,000万円余りの増額となっております。 介護納付金は1億3,394万8,000円で、1,500万円余りの増額となっております。 歳入については、国民健康保険料は12億38万6,000円とし、前年度並みに据え置くこととしております。 国庫支出金は14億4,728万円で、そのうち国庫負担金、療養給付費や老人保健拠出金、介護納付金等の対象経費については、約40%を国が負担するものであります。 その他国庫補助金に4億1,263万1,000円、療養給付費交付金8億2,652万円、共同事業交付金1,846万1,000円などが計上されています。 次に、直営診療施設勘定の歳出の主なものは、総務費の2,233万8,000円、医療費の516万円、公債費122万7,000円であります。 一方、歳入の主なものは、診療収入として1,075万円、繰入金1,751万9,000円、事業勘定繰入金307万6,000円であります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第23、議第95号平成13年度浜田市駐車場事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第95号平成13年度浜田市駐車場事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 本予算の内容は、浜田駅前駐車場と栄町駐車場の事業運営によって生じる事業収入及び諸収入を歳入とし、駐車場の管理委託料、職員1人分の人件費及び予備費の合計額を歳出とし、歳入歳出予算の総額を1,909万1,000円とする予算編成となっております。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら審査いたしました結果、特に問題となる点はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第24、議第96号平成13年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第96号平成13年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について、審査いたしました結果について報告いたします。 本案は、平成13年度予算として歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ567万9,000円と定めようとするものであります。内容は、歳出合計567万9,000円のすべてが公債費で、それに見合う歳入は繰入金、貸付金元利収入と雑入を見込むものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第25、議第97号平成13年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました議第97号平成13年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 この予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,699万1,000円と定めるものであります。歳出予算の主たるものは、管理委託料652万3,000円、土地の借上料204万8,000円、公債費379万1,000円と財政調整基金への積立金257万2,000円であります。歳入については、水産物仲買売場の使用料と諸収入を充当するものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、経済委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第26、議第98号平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第98号平成13年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 この予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ54億7,013万7,000円と定めるものであります。歳出については、総務費2,902万7,000円は職員の人件費と事務費を計上し、医療諸費54億4,110万9,000円は12年度の実績見込み額に5%の伸び率を見込んで計上したものであります。 歳入については、支払基金から38億1,199万1,000円、国庫支出金から10億8,319万1,000円、県支出金から2億7,049万円の交付を受け、残りの2億9,845万9,000円を一般会計から繰り入れるものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第27、議第99号平成13年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第99号平成13年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算について、審査いたしました結果について報告いたします。 本案は、平成13年度当初予算として歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ1億4,453万6,000円と定めるもので、歳出合計1億4,453万6,000円の内容は、すべて公債費で、歳入において保留地売却による財産収入と繰越金を見込むものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第28、議第100号平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。11番濵松三男君。 ◆総務委員長(濵松三男君) 総務委員会に審査を付託されました議第100号平成13年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 本予算の内容は、公共用の用地を先行取得するため発行した地方債の償還元金及び利子4,599万5,000円を歳出予算として計上し、その財源として一般会計からの繰入金4,599万5,000円を歳入予算に計上しているものであります。 この特別会計予算で取得した公共用地は、平成5年度に国鉄精算事業団から購入し、現在浜田駅前駐車場として利用しております面積2,035.03平方メートルの土地であります。 審査いたしました結果、特に問題となる点がなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの総務委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第29、議第101号平成13年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました議第101号平成13年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算について、審査いたしました結果を報告いたします。 この予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億8,163万6,000円と定めるものであります。 歳出予算の主たるものは、島根県観光開発公社への委託費と役務費3億5,193万7,000円、基金積立金5万6,000円、公債費2,934万3,000円、予備費30万円であります。歳入については、国民宿舎使用料を充当するものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、経済委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第30、議第102号平成13年度浜田市介護保険特別会計予算、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第102号平成13年度浜田市介護保険特別会計予算について、審査いたしました結果について報告をいたします。 この予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ23億4,233万9,000円とし、一時借入金の借入最高額を5億円と定めるものであります。 歳出については、総務費は1億1,969万5,000円で、保険給付費は要介護者に対する給付を20億9,117万1,000円、要支援者に対する給付を9,213万3,000円と積算し、これに高額介護サービス費1,254万7,000円等を加え、保険給付費総額を21億9,997万6,000円とするものであります。 歳入については、介護保険料2億7,637万円、国庫支出金は5億7,694万9,000円であります。支払基金交付金7億2,599万3,000円は未納被保険者が負担する保険料が浜田市に交付されるもので、保険給付の33%に当たるものであります。県支出金は2億7,499万8,000円で、これは保険給付費の12.5%を県が負担するものであります。 審査いたしました結果、特に異論はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第31、議第103号平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第103号平成13年度浜田市公共下水道事業特別会計予算について、審査いたしました結果について報告いたします。 平成13年度予算概要は、処理場及び下水管渠の実施設計と幹線管渠の工事費が主なもので、第1条において歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,452万4,000円と定めるものであります。 第2条は地方債で、地方債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を第2表によるものとし、第3条は一時借入金の最高限度額を2億円と定めるものであります。 審査いたしました結果、平成12年度は国の内示変更に伴い、事業費の追加補正がなされたところでもあり、よりよい進捗が望まれ、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第32、議第104号平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第104号平成13年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算について、審査いたしました結果について報告いたします。 平成13年度は事業開始の年で、処理場の基本設計と下水管渠の実施設計を行うとともに、一部下水管渠の埋設工事に着手することが主な予算概要であります。 第1条において、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億8,092万2,000円と定め、第2条は地方債で、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を第2表地方債によるものとし、第3条では一時借入金の最高額を1億5,000万円と定めるものであります。 審査いたしました結果、本案は集落住民の悲願であり、速やかな事業着手が望まれるところで、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第33、議第105号平成13年度浜田市水道事業会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。21番湯淺勝君。 ◆建設委員長(湯淺勝君) 建設委員会に審査を付託されました議第105号平成13年度浜田市水道事業会計予算について、審査いたしました結果について報告いたします。 平成13年度予算は、まず第2条の業務予定量として給水戸数を1万9,500戸、年間総給水量を602万1,000立方メートル、1日平均給水量を1万6,490立方メートルと定め、これをもとに予算編成されております。 第3条の収益的収入及び支出の予定額は、収入で水道事業収益9億6,885万3,000円で、前年比1.9%の減。支出では水道事業費用9億3,981万円で、前年度比1.3%の減であります。 次に、第4条資本的収入及び支出の予定額は、資本的収入8億6,543万1,000円で、前年度比22.1%の増。資本的支出は11億5,003万6,000円で、前年度比19.2%の増となっております。この内訳の主なものは、改良費、拡張費等建設改良費が7億6,040万9,000円、大長見ダム建設費負担金1億6,800万円、企業債償還金2億2,162万7,000円等であります。 第5条は企業債で、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法が定められており、第6条において一時借入金の限度額を5億円と定めるものであります。 第7条は、議会の議決を経なければ流用できない経費で、職員給与費を2億7,300万2,000円、公債費10万5,000円とするもので、第8条は他会計からの補助金で、一般会計からの補助金3,914万5,000円。第9条は、棚卸資産の購入限度額を2,625万円と定めるものであります。 水道事業経営は、提案説明でもなされているように、長引く経済活動の低迷や人口減少など水道料金の伸びは期待できない状況にあり、取り巻く環境は依然と厳しい状況にあります。料金改定も問われる厳しい状況ながら、本年度も引き続き現行料金を維持し、経営の健全化を図り、安定した水の供給に努めていく基本姿勢のもとに予算化されております。 審査いたしました結果、厳しい経営ながらより一層の企業努力を要望し、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの建設委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案については、建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第34、請第9号青少年健全育成基本法の制定を求める請願について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。15番小池史朗君。 ◆文教厚生委員長(小池史朗君) 文教厚生委員会に審査を付託されました請第9号青少年健全育成基本法の制定を求める請願について、審査いたしました経過及び結果を報告いたします。 審査に当たりましては、本請願の紹介議員が当委員会の遠藤委員でありますので、除斥を要請し、その後6名をもっておのおのの意見を聞きながら、慎重に審査をいたしました。 その結果、請願の要旨及び項目については理解できるものの、請願項目の5項目については報道の自由への侵害やVチップ制度導入にかかわる消費者の負担増の問題などから、この部分を削除して、他は異議ないものとして、全会一致で本請願を採択すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願については、文教厚生委員長の報告のとおり採択することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は文教厚生委員長の報告のとおり採択することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第35、請第10号激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました請第10号激増する野菜等の緊急輸入制限(セーフガード)の発動に関する意見書提出を求める請願について、審査いたしました結果を報告いたします。 本請願の趣旨は、生鮮野菜の輸入増により、野菜等の農産物価格の暴落は農家の打撃だけにとどまらず、農業関連産業全体を危機に陥れ、地域経済にも深刻な影響をもたらしていることから、政府関係機関に対して緊急輸入制限の発動の意見書提出を求める請願であります。 委員会といたしましては、野菜が輸入自由化されて以降、国内野菜産地に多大な打撃を与えていることは十分認識しておりますが、浜田市における影響について現状を十分に把握するに至っておらず、現段階での判断は難しいことから、なお慎重な審査を要するものと認め、全会一致で閉会中の継続審査にすべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願については、経済委員長の報告のとおり閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は閉会中の継続審査とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第36、請第11号米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。9番片山勲君。 ◆経済委員長(片山勲君) 経済委員会に審査を付託されました請第11号米価の下落を抑えるため、自主流通米の値幅制限の復活に関する意見書提出を求める請願について、審査いたしました結果を報告いたします。 本請願の趣旨は、日本農業の大黒柱である稲作を守るために、自主流通米の値幅制限を復活するよう政府関係機関に対して意見書提出を求める請願であります。 各議員から意見を求め、慎重に審査いたしました結果、値幅制限を平成10年産米から撤廃するに当たっては、生産者側の要請を踏まえ、実施された経緯があることから、なお慎重な審査を要するものと認め、全会一致で閉会中の継続審査にすべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(高見庄平君) ただいまの経済委員長の報告について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願については、経済委員長の報告のとおり閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は閉会中の継続審査とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第37、意第7号鉄道線路及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。18番牛尾昭君。 ◆18番(牛尾昭君) 鉄道線路及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書案を次のとおり浜田市議会会議規則第14条の規定により提出するものであります。 なお、提出者は牛尾昭。賛成者、牛尾博美、小池史朗、江口修吾の各議員でございます。 それでは、読み上げて提案にかえさせていただきます。 鉄道線路及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書(案)。 去る1月26日にJR山手線新大久保駅で発生した、線路に落ちた人を助けるために飛び込んだ2人も含め、3人全員が電車にひかれ死亡した事故は、内外に深い沈痛とともに、大きな衝撃を与えたところである。 この事件において、見ず知らずの人のために、危険を顧みず飛び込んだ韓国の若い友人ら、この2人に対し、内外から多くの賞賛が寄せられているが、改めて線路やプラットホーム等の駅構内における安全対策を早急に考える必要がある。 新聞報道によれば、この事故を知った多くの身体障害者の方々は「また起きてしまったのか。安全対策が整っていたら、犠牲にならずに済んだのではないか」との感想を漏らされている。また、これまでも視覚障害者の方々が線路に落ちる事故が相次いでおり、「東京視力障害者の生活と権利を守る会」が昨年の4月にアンケートしたところ、3人に1人がホームに落ちた経験があり、94年12月以降、全国で11人の方が亡くなっていると報道されている。 近年、一部の駅舎等において、バリアフリー等の身体障害者や高齢者等のための安全対策が講ぜられつつあるものの、多くの駅舎等においてはまだまだ不十分である。特に、視覚障害者用の点字ブロックや手すり等が未整備であるとともに、特に今回の事故の現場となり、かつ事故原因ともなった線路内においては、転落検知マットや転落等の万が一の場合の避難場所が不備であるなど安全対策に多くの問題点がある。 交通バリアフリー法が制定され、今後、駅舎内や駅周辺のバリアフリー対策が漸次実施されていくことになっているが、あわせて線路、プラットホーム及び駅構内における安全対策の強化を図る必要がある。 政府においては、今後、こうした事故の再発を防ぐためにも、各鉄道経営者に対し、線路内及び駅構内の安全対策の総点検を行わせるとともに、できるだけ速やかな対策を講ずるよう強く求めていくべきである。 以上、地方自治法第99条の規定に基づいて、意見書を提出するものであります。 ○議長(高見庄平君) ただいまの提案説明について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては議長にご一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(高見庄平君) 日程第38、意第8号青少年健全育成のための法律を求める意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。15番小池史朗君。 ◆15番(小池史朗君) 青少年健全育成のための法律を求める意見書(案)。 提案者、文教委員の各位であります。 あすの社会を担う青少年の健全育成は、すべての国民の願いであります。 しかしながら、今日我が国の青少年の荒廃は深刻な事態に直面しています。青少年の荒廃は、家庭の問題、学校の問題、さらに地域社会においては、4兆円を上回る市場規模の性産業のはんらんの問題など、我々大人が「青少年を見守り、支援し、時に戒める」という義務を果たさなかったゆえの結果と言わざるを得ません。 これらの問題に対して、国は従来それぞれの分野における諸法規により対処してきましたが、いずれの法規も限られた分野における対処療法的な内容にとどまり、青少年の年齢定義すら法律によって異なるなど、一貫性に欠ける問題が指摘されています。また、全国民的課題である青少年問題について、各都道府県の条例でまちまちに対応するという限界性は以前から問題として指摘されています。 昨年7月22日発表された、青少年問題審議会の答申においても、「青少年育成基本法」の必要性について言及されているところです。 今、求められているのは、青少年の健全育成に対する基本理念や方針などを明確にし、これによる一貫性のある、包括的、体系的な法整備であります。 よって、政府においては、青少年の健全育成のために下記の内容を含めた「青少年健全育成法」を制定すべきであります。 記。1 「家庭の価値」を重視した青少年の健全育成に関する基本理念・方針を定める。 2 家庭の責務、教育現場の責務、地域社会の責務を明確化する。 3 有害図書類(雑誌・ビデオ・パソコンソフト・CD-ROM等)の販売、貸し出しは専門店のみで扱う。 4 有害図書類、アルコール、タバコ類の自動販売機での販売禁止、広告の制限。 5 テレビ放送の有害番組の規制システムをつくる。 6 インターネット、パソコン通信等のわいせつ性及び暴力性の高い画像などを規制する。 7 青少年を性犯罪から守るため、淫行処罰規定を強化する。 以上、地方自治法第99条の規定に基づいて、意見書を提出するものであります。 ○議長(高見庄平君) ただいまの提案説明について質疑はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(高見庄平君) ご異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては議長にご一任願います。 これにて今期定例会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。 この際、市長より発言の申し出がありましたので、許可いたします。市長。            〔市長 宇津徹男君 登壇〕 ◎市長(宇津徹男君) 第386回浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。 今議会に上程いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、すべて可決、承認を賜り、心から御礼申し上げます。 本会議においてのご意見、さらには委員長報告を踏まえながら市政を推進してまいりたいと考えております。 なお、職員の再任用に関する条例の施行に伴う給与の格付等につきましては、先ほどの総務委員長報告の趣旨に沿いまして、6月定例会の際にご報告をいたしたいと考えております。 施政方針でも申し述べましたが、今世紀は人権の世紀と言われております。人権尊重の精神を基調として、差別のない社会の実現を目指さなければなりません。 また、本格的な地方分権型社会への移行により、自己決定、自己責任が大原則となることから、これまで以上に浜田の特性を生かした個性ある新しいまちづくりを進めなければならないと考えております。今後とも開かれた市政の推進に努力を重ねてまいりますので、引き続き議員の各位のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。 さて、この際一言お礼を申し上げたいことがあります。 一昨日、3月13日に平成12年度の特別交付税の交付額が決定になりました。浜田市は9億6,015万5,000円に決定いたしました。これは、前年度と比較いたしまして、金額では3,004万7,000円の増で、率にいたしましては3.2%の伸びとなっております。私どもが予想しておりました以上の配分をいただき、心から感謝しております。これもひとえに、高見議長を初め、議員の皆様方のご支援のたまものと心から御礼申し上げ、ごあいさつといたします。ありがとうございました。 ○議長(高見庄平君) 引き続きまして、佐々木収入役、小谷総務部長より発言の申し出がありましたので、順次許可をいたします。佐々木収入役、お願いいたします。            〔収入役 佐々木康夫君 登壇〕 ◎収入役(佐々木康夫君) 失礼いたします。貴重な時間をいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。 私は、4月2日付で収入役の任期が満了いたしますので、これをもちまして退任をすることになりました。振り返ってみますと、昭和32年に旧国府町役場に奉職をいたしまして以来、今日まで44年になりますが、その間浜田市発展のために、微力ではございますが、私なりに精いっぱい務めさせていただきました。特に、最後の4年間につきましては、収入役として浜田市の台所を預からせていただきました。おかげをもちまして、大過なくその職責を全うすることができましたのは、ひとえに皆様方の格別なるご厚情、ご指導のたまものであると、改めまして深くお礼を申し上げます。 これからは、一市民として地域に少しでも役に立てばと、このように思っております。 終わりに、浜田市の限りない発展と議員の皆様方のご健勝、ご多幸を心から祈念申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、退任のあいさつにかえさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手) ○議長(高見庄平君) 続きまして、小谷総務部長お願いいたします。            〔総務部長 小谷典弘君 登壇〕 ◎総務部長(小谷典弘君) 一言ごあいさつを申し上げます。 収入役の選任にご同意を賜りました小谷でございます。私にとりまして身に余る光栄であり、心から感謝を申し上げる次第でございます。 私は、昭和15年浜田市が施行になりまして以来60年間ともにその道を歩んでまいりました。その中でも42年間市の行政に携わることができましたことを本当に誇りに思っているところであります。この経験を大切にいたしまして、さらに意を新たにして前収入役さん方の業績を汚すことなく、市長が進めます21世紀、新世紀へのまちづくりに向けて力を尽くす所存でございます。どうか一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようにお願い申し上げまして、簡単ではございますが、あいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手) ○議長(高見庄平君) これをもちまして第386回浜田市議会定例会を閉会いたします。皆様大変ご苦労さまでございました。            午前11時47分 閉会        ──────────────────────────  出席議員(25名) 1番  澁  谷  幹  雄 君       2番  三  浦  一  雄 君 3番  西  村     健 君       4番  大  谷  弘  幸 君 5番  川  神  裕  司 君       6番  江  角  敏  和 君 7番  牛  尾  博  美 君       9番  片  山     勲 君10番  下  隅  義  征 君      11番  濵  松  三  男 君12番  佐 々 木  喜  久 君      13番  山  本  富  彦 君14番  向     惇  雄 君      15番  小  池  史  朗 君16番  徳  原  繁  一 君      17番  江  口  修  吾 君18番  牛  尾     昭 君      19番  中  村  建  二 君20番  小  川  泰  昭 君      21番  湯  淺     勝 君22番  高  原  好  人 君      23番  土  井     博 君24番  高  見  庄  平 君      25番  坂  田  幸  男 君26番  遠  藤  公  輝 君        ──────────────────────────  欠席議員(1名) 8番  横  田  善  雄 君        ──────────────────────────  地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男 君      助役      坂 平 弘 昭 君収入役     佐々木 康 夫 君      教育委員長   齋 藤 紀 子 君教育長     竹 中 弘 忠 君      監査委員    牛 尾 公 介 君総務部長    小 谷 典 弘 君      企画財政部長  江 木   朗 君経済部長    畑 岡 正 弘 君      建設部長    松 本 宏 世 君福祉環境部長  篠 原 英 臣 君      消防部長    木 鷺 正 勝 君水道部長    板 坂   勉 君      福祉環境部次長 小松原 尚 宏 君総務課長    山 田 令 二 君      人事課長    松 浦 三 男 君財政課長    大 谷 克 雄 君      総合調整室長  岡 田 昭 二 君消防庶務課長  河 村 憲 治 君      教育総務課長  益 田   修 君水道部次長   中 村 勝 久 君      文化振興課長  桑 田   巌 君生涯学習課長  細 川 靖 則 君      給食センター所長浅 田   勇 君        ──────────────────────────  事務局職員出席者事務局長    千代延 公 敏        事務局次長   高 橋 正 弘議事係長    山 崎   浩        主任主事    大 塚 隆 信主任主事    篠 原   修        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会 議 長         浜田市議会副議長         浜田市議会 議 員         浜田市議会 議 員        ──────────────────────────...