運営者 Bitlet 姉妹サービス
浜田市議会 > 1997-03-01 >
旧浜田市議会 平成 9年第364回( 3月)定例会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 1997-03-01
    旧浜田市議会 平成 9年第364回( 3月)定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    旧浜田市議会 平成 9年第364回( 3月)定例会     第364回(平成9年3月)浜田市議会定例会会議録(第5号)1. 日  時  平成9年3月19日(水)午後1時30分開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 議事日程(第5号)第1 議第 67号 浜田市議会の定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例について第2 議第 68号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について第3 議第 69号 浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について第4 議第 70号 浜田市職員定数条例の一部を改正する条例について第5 議第 71号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について第6 議第 72号 浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について第7 議第 73号 浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について第8 議第 74号 浜田市特別会計条例の一部を改正する条例について第9 議第 75号 浜田市立小中学校条例の一部を改正する条例について第10 議第 76号 浜田市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について第11 議第 77号 浜田市在宅介護支援センター条例の制定について第12 議第 78号 浜田市総合福祉センター条例の一部を改正する条例について第13 議第 79号 浜田市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について第14 議第 80号 浜田市住宅新築資金等貸付条例を廃止する条例の制定について第15 議第 81号 浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について第16 議第 82号 浜田市伝染病患者取扱条例の一部を改正する条例について第17 議第 83号 浜田市廃棄物の処理及び清掃等に関する条例の一部を改正する条例について第18 議第 84号 浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について第19 議第 85号 浜田市勤労者スポーツ広場条例の制定について第20 議第 86号 浜田市水道給水条例の一部を改正する条例について第21 議第 87号 財産の処分について第22 議第 88号 研修資金の償還免除について第23 議第 89号 公有水面の埋立てについて第24 議第 90号 平成8年度浜田市一般会計補正予算(第9号)第25 議第 91号 平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)第26 議第 92号 平成8年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第27 議第 93号 平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)第28 議第 94号 平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)第29 議第 95号 平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第3号)第30 議第 96号 平成9年度浜田市一般会計予算第31 議第 97号 平成9年度浜田市国民健康保険特別会計予算第32 議第 98号 平成9年度浜田市駐車場事業特別会計予算第33 議第 99号 平成9年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算第34 議第100号 平成9年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算第35 議第101号 平成9年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算第36 議第102号 平成9年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計予算第37 議第103号 平成9年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算第38 議第104号 平成9年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算第39 議第105号 平成9年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算第40 議第106号 平成9年度浜田市水道事業会計予算第41 請第8-3号 消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について第42 請第8-4号 市道浜田269号線の延長、改良に関する請願について第43 請第8-5号 「医療保険制度の後退に反対する意見書」を政府へ提出することを求める請願について第44 意第8-7号 地方事務官制度の廃止に関する意見書について第45 意第8-8号 医療保険制度の改正に関する意見書について第46 決第8-1号 米軍機による劣化ウラン弾発射事件に関する決議について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件第1 議第 67号 浜田市議会の定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例について第2 議第 68号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について第3 議第 69号 浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について第4 議第 70号 浜田市職員定数条例の一部を改正する条例について第5 議第 71号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について第6 議第 72号 浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について第7 議第 73号 浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について第8 議第 74号 浜田市特別会計条例の一部を改正する条例について第9 議第 75号 浜田市立小中学校条例の一部を改正する条例について第10 議第 76号 浜田市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について第11 議第 77号 浜田市在宅介護支援センター条例の制定について第12 議第 78号 浜田市総合福祉センター条例の一部を改正する条例について第13 議第 79号 浜田市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について第14 議第 80号 浜田市住宅新築資金等貸付条例を廃止する条例の制定について第15 議第 81号 浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について第16 議第 82号 浜田市伝染病患者取扱条例の一部を改正する条例について第17 議第 83号 浜田市廃棄物の処理及び清掃等に関する条例の一部を改正する条例について第18 議第 84号 浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について第19 議第 85号 浜田市勤労者スポーツ広場条例の制定について第20 議第 86号 浜田市水道給水条例の一部を改正する条例について第21 議第 87号 財産の処分について第22 議第 88号 研修資金の償還免除について第23 議第 89号 公有水面の埋立てについて第24 議第 90号 平成8年度浜田市一般会計補正予算(第9号)第25 議第 91号 平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)第26 議第 92号 平成8年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第27 議第 93号 平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)第28 議第 94号 平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)第29 議第 95号 平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第3号)第30 議第 96号 平成9年度浜田市一般会計予算第31 議第 97号 平成9年度浜田市国民健康保険特別会計予算第32 議第 98号 平成9年度浜田市駐車場事業特別会計予算第33 議第 99号 平成9年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算第34 議第100号 平成9年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算第35 議第101号 平成9年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算第36 議第102号 平成9年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計予算第37 議第103号 平成9年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算第38 議第104号 平成9年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算第39 議第105号 平成9年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算第40 議第106号 平成9年度浜田市水道事業会計予算第41 請第8-3号 消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について第42 請第8-4号 市道浜田269号線の延長、改良に関する請願について第43 請第8-5号 「医療保険制度の後退に反対する意見書」を政府へ提出することを求める請願について第44 意第8-7号 地方事務官制度の廃止に関する意見書について第45 意第8-8号 医療保険制度の改正に関する意見書について第46 決第8-1号 米軍機による劣化ウラン弾発射事件に関する決議について        ──────────────────────────            会       議            午後1時31分 開議 ○議長(三明忠君) これより本日の会議を開きます。 ただいま出席議員は27名で議会は成立いたしております。 本日の議事日程はお手元に配付してありますので、朗読は省略をいたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第1、議第67号浜田市議会の定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第67号浜田市議会の定例会の回数を定める条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、地方自治法第102条第2項の規定に基づき、現在定例会の回数を年3回としておりますが、これを4回にしようとするものであります。 審査いたしました結果、市民の声を議会に反映させる機会がより増えますことから、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第2、議第68号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第68号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、浜田市国土利用計画審議会を新たに設置し、浜田市の附属機関として加えるものであります。 審査いたしました結果、この浜田市国土利用計画は昭和61年に10か年計画で策定されましたが、その期間が今年度終了いたしますことから新たな計画を策定するための機関として設置するもので、別に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第3、議第69号浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第69号浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、議第68号で浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例が可決されましたが、その中で設置された浜田市国土利用計画審議会の委員報酬を定め別表に追加するものであります。 審査いたしました結果、他の附属機関の委員報酬に準じて報酬を定めるものであり、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第4、議第70号浜田市職員定数条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第70号浜田市職員定数条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、現行条例において浜田那賀消防組合及び浜田那賀環境衛生事務組合へ派遣されている職員は定数外職員とされております。この2つの組合は平成9年4月1日に複合化され、名称が浜田地区広域行政組合に変更になりますことから、条例を整備しようとするものであります。改正の内容としては、これらの組合に派遣されている職員を浜田地区広域行政組合に派遣されている職員に改めるものであります。 審査いたしました結果、特に問題はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第5、議第71号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第71号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、厚生年金保険法が改正されたのに伴い、国家公務員等共済組合法の適用を受けている日本たばこ産業株式会社及び日本電信電話株式会社を国家公務員共済制度の適用から除外し厚生年金保険の適用対象とするため、「国家公務員等共済組合法」の一部が改正され、法律の題名が「国家公務員共済組合法」に改められ、それに伴って本条例を同様に改正しようとするものであります。 審査いたしました結果、法律の改正に基づくものであり、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第6、議第72号浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第72号浜田市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、現行の条例に退職手当の返納に関する規定がないことから、新たに返納等に関する規定を整備しようとするものであります。改正の内容としては、職員を故意に死亡させた者等に係る退職手当受給遺族からの排除、刑事事件に関して起訴された職員に対する退職手当の支給制限、退職手当支給後に禁固以上の刑に処せられたときの退職手当返納の規定を定めようとするものであります。 審査いたしました結果、地方公務員法に基づくもので特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第7、議第73号浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第73号浜田市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、議第72号で提案可決されました事項と同様に、教育長の退職手当についても、浜田市職員の退職手当の支給に準じて改正しようとするものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第8、議第74号浜田市特別会計条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第74号浜田市特別会計条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、国民宿舎千畳苑の円滑な運営と経理の徹正化を図るため、地方自治法の規定に基づいて新たに国民宿舎事業特別会計を設置し、一般会計と区別して経理を行おうとするものであります。 審査に当たりましては、執行部に説明を求めながら慎重に審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第9、議第75号浜田市立小中学校条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第75号浜田市立小中学校条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 この条例の一部改正は、浜田市立国府中学校と浜田市立有福中学校との学校統合に伴い新設される中学校の校名を浜田市立浜田東中学校として設置しようとするものであります。 附則として、この条例は平成11年4月1日から施行されるものでありますが、新設統合校舎建設のため、国庫負担の事業認定申請を文部省に提出するに当たり、学校の名称及び位置を明記する必要があり、ここに提案されたものであります。 審査いたしました結果、本案は原案のとおり賛成多数で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数でございます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第10、議第76号浜田市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第76号浜田市乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 今回の改正は、県の補助金交付要綱と乳幼児医療費助成条例準則の一部が改正されたため、準則に基づき一部改正するものであります。改正される条文は、JR、たばこ産業、NTTが法から外れるため、第2条第2項第4号中の「国家公務員等共済組合法」から「等」を除いて「国家公務員共済組合法」に変更することと、第3条において現在乳幼児医療費助成事業として、月額500円を超える医療費については全額助成されていますが、これを「700円」に改正するものであります。 審査いたしました結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第11、議第77号浜田市在宅介護支援センター条例の制定について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第77号浜田市在宅介護支援センター条例の制定について審査いたしました結果について報告いたします。 在宅介護支援センターに関する規定は、総合福祉センター条例に定めてありますが、このたび緑ケ丘に2つ目の在宅介護支援センターが設置されることに伴い、総合福祉センター条例中、在宅介護支援センターに関する部分を整理し、新たに地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき施設の設置及び管理運営に関する事項を定めるものであります。 条文は、第1条において、目的及び設置についての規定、第2条において、センターの名称及び位置を定め、第3条では、センターの行う事業について、また第4条において、利用対象者を定めたものであります。第5条において、利用料の定めがありますが、利用料は無料としております。次に、第6条で、センターの運営協議会について、第7条で、管理の委託、第8条その他は、規則への委任規定となっております。なお、附則として、この条例は平成9年4月1日より施行されるものであります。 審査いたしました結果、介護支援のより充実を図るもので、条文にも問題なく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第12、議第78号浜田市総合福祉センター条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第78号浜田市総合福祉センター条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 この条例一部改正は、議第77号で議決された浜田市在宅介護支援センター条例制定に伴い、本条例中の在宅介護支援センターに関する条文を整理しようとするものであります。 改正の主なものは、第2条第2号において「浜田市在宅介護支援センター」を「浜田市立野原在宅介護支援センター」に改めるほか条文の整理を行うものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第13、議第79号浜田市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第79号浜田市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 この一部改正は、緑ケ丘デイサービスセンターの開設に伴い行うもので、第2条の表中において、名称に「浜田市立緑ケ丘デイサービスセンター」を、また位置に「浜田市浅井町122番地2」をそれぞれ加え、第6条中の「各号の一」を「各号のいずれか」に改めるものであります。 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第14、議第80号浜田市住宅新築資金等貸付条例を廃止する条例の制定について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第80号浜田市住宅新築資金等貸付条例を廃止する条例の制定について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例の改正の趣旨は、時限立法である「地域改善対策特定事業に係る国の特別措置に関する法律」が本年3月31日限り効力を失うため、既に着手済みの15事業について、平成9年度から5年間に限り、国の財政上の特別措置を行うこととしていますが、浜田市はこれに関連する事業の該当がないので、本条例を廃止しようとするものであります。 審査の結果、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第15、議第81号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第81号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 これまでの国民健康保険では、4月から7月までは前年度の平均保険料を徴収し、8月1日の本算定日以降の保険料で精算する暫定賦課制度が採用されておりましたが、この方式では、前年度との所得に大きな変動があった場合、保険料と被保険者の実態に食い違いが生じるなど、保険料算定が理解しにくい制度となっていました。 こうしたことから、平成9年度より、保険料本算定日を6月1日に変更、暫定賦課制度を廃止し、第17条第1項において、年間保険料を10期に等分し、その納期を6月から3月までの毎月末までとし、第19条第3項において保険料2割軽減申請締切日を本算定日前の5月31日に改正。 あわせ、国民健康保険条例準則に基づき、保険料賦課限度額を52万円から53万円に改正し、逐条、条文を整理するものであります。 なお、附則として、この条例は平成9年4月1日から施行するとともに、経過措置が設けてあります。 審査いたしました結果、よりよい制度改正であり、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第16、議第82号浜田市伝染病患者取扱条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第82号浜田市伝染病患者取扱条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 この一部改正は、平成9年4月1日から発足する「浜田地区広域行政組合」に伴い、現行の第2条において「浜田那賀環境衛生事務組合立伝染病棟」を「浜田地区広域行政組合立伝染病隔離病舎」に改める変更であります。 審査いたしました結果、問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第17、議第83号浜田市廃棄物の処理及び清掃等に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第83号浜田市廃棄物の処理及び清掃等に関する条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果について報告いたします。 この条例の一部改正は、本年4月1日から消費税率が地方消費税とあわせて現行の3%から5%に引き上げることに伴い、一般廃棄物の処理手数料の額を第14条において「100分の103」から「100分の105」に改めるものであります。 審査いたしました結果、この改正は消費税率アップに伴うものでやむを得ないものと、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第18、議第84号浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。14番牛尾昭君。 ◆経済委員長(牛尾昭君) 経済委員会に審査を付託されました議第84号浜田市漁港管理条例の一部を改正する条例について審査いたしました経過並びに結果について報告いたします。 今回の改正は、漁港機能の向上が図られるものについては、国民の負担を軽減し、行政事務の簡素化を図るため、農林水産省において、漁港管理規程の一部見直しが行われ、この通達に基づく改正とあわせて条文中の字句を改めるものであります。 審査しました結果、占用者の手続が簡素化されるなど、条例改正の趣旨、内容に問題となる点はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの経済委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第19、議第85号浜田市勤労者スポーツ広場条例の制定について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。14番牛尾昭君。 ◆経済委員長(牛尾昭君) 経済委員会に審査を付託されました議第85号浜田市勤労者スポーツ広場条例の制定について審査いたしました経過並びに結果について報告いたします。 この条例は、地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき設置する浜田市勤労者スポーツ広場について、目的及び管理について条例を制定しようとするものであります。 審査に当たりましては、本会議で指摘を受けた点も含め逐条にわたって審査いたしましたが、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの経済委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第20、議第86号浜田市水道給水条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第86号浜田市水道給水条例の一部を改正する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例の改正の趣旨は、平成6年12月に消費税法及び地方税法の改正による地方消費税を創設する法律が公布され、従来の消費税率3%を本年4月1日から消費税分の税率を4%、地方消費税分の税率を1%の合計5%に改正されることとなっております。このため、水道料金も、これに合わせて従来の3%の加算を5%の加算に改正しようとするものであります。 審査に当たりましては、厳しい財政事情を考えるとやむを得ないとする意見と、消費税率の2%アップには反対する立場から、市民へ転嫁すべきではないとする意見があり、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第21、議第87号財産の処分について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第87号財産の処分について審査いたしました結果を報告いたします。 本議案は、島根県立浜田商業高等学校の用地を島根県に売却することについて、地方自治法並びに市条例の規定により、議会の議決を求めるものであります。 処分する財産の内容等は議案に記載のとおりであります。 審査いたしました結果、浜田市としては、かねてから島根県に対して強く買い取りの要請をしてきたものであり、価格も適正なものと認められますので、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第22、議第88号研修資金の償還免除について、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。14番牛尾昭君。 ◆経済委員長(牛尾昭君) 経済委員会に審査を付託されました議第88号研修資金の償還免除について審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。 本案は、浜田市若い農業者就農促進対策事業研修費貸与規則第11条の規定により、研修費の償還を免除するものであります。 審査いたしました結果、この研修資金の該当者は平成3年4月から現在まで浜田市において就農中であり、問題となる点はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの経済委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第23、議第89号公有水面の埋立てについて、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。14番牛尾昭君。 ◆経済委員長(牛尾昭君) 経済委員会に審査を付託されました議第89号公有水面の埋立てについて審査いたしました経過並びに結果について報告いたします。 本埋め立ては、浜田市外ノ浦町1296番4から外ノ浦町584番に至る地先で、公有水面埋立法第3条第4項の規定により、島根県知事から、浜田漁港区域内公有水面埋め立てについて同意したいので議会の議決を求めるものであります。 審査いたしました結果、島根県主体で行う海岸保全施設整備事業で、護岸を改良して当地区の海岸を保全し安全を図るものであり、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの経済委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第24、議第90号平成8年度浜田市一般会計補正予算(第9号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第90号平成8年度浜田市一般会計補正予算(第9号)について審査いたしました結果を報告いたします。 今回の補正予算は、今までの歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5,637万円を減額し、歳入歳出予算の総額を190億6,277万9,000円とするもので、合わせて継続費、繰越明許費、地方債の補正を行うものであります。 この補正の主な内容は、1点目は職員の退職に伴う退職金の追加、2点目は国・県の補助事業などの事業費の確定に伴う変更、3点目は消費税の引き上げに伴う臨時福祉特別給付金の支給及びバス路線運行維持対策事業費の追加等による経費であります。 審査に当たりましては、急傾斜地事業の状況、港湾建設事業における県事業負担金の内訳及び野積場の拡張計画等について質疑し、執行部から詳しい回答を得ながら慎重に審査いたしました。その結果、やむを得ないものと認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第25、議第91号平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第91号平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、歳出において、高額療養費の給付件数が増加し予算の不足が見込まれるため、被保険者高額療養費を1,450万円追加、また直営診療施設勘定への繰出金を補助申請に合わせ192万7,000円を追加補正し、歳入において、保険料調定額の減に伴い国民健康保険料を1,361万1,000円を減額、国庫負担金で101万3,000円を追加、国庫補助金で2,826万3,000円を減額、療養給付費交付金では540万6,000円を追加、残る5,188万2,000円については一般会計からの繰入金で追加補正。事業勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,642万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ32億24万1,000円とするものであります。 また、直営診療施設勘定では、歳入歳出予算の総額からそれぞれ152万円減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,370万2,000円とするもので、主な補正は、歳入において診療収入の減額と、一般会計及び事業勘定からの繰入金を追加補正、歳出において医業費を減額するものであります。 今回の補正においても明らかなように、高額療養費はなお増大の一方にあり、いっときも早い抜本的対策が望まれるところであります。 審査いたしました結果、現行制度ではいかんともしがたく、やむを得ないものと、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第26、議第92号平成8年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第92号平成8年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算の主な内容は、職員の異動による給与費の減額並びに栄町駐車場の管理運営費を減額し、合わせて駐車場使用料の増加に伴う一般会計への繰出金を追加するものであります。 審査いたしました結果、特に問題はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第27、議第93号平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第93号平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)について審査いたしました結果を報告いたします。 本案は、決算を想定し歳入歳出それぞれ455万3,000円を減額補正しようとするものであります。 審査に当たりましては、本会議でただされた点等について執行部から詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました。その結果、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第28、議第94号平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第94号平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について審査いたしました結果を報告いたします。 本案は、決算を想定し歳入歳出それぞれ965万8,000円を減額しようとするものであります。 審査に当たりましては、保留地への対応状況等について執行部から詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました。その結果、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第29、議第95号平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第3号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第95号平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第3号)について審査いたしました結果を報告いたします。 本案は、決算を想定し補正しようとするものであり、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第30、議第96号平成9年度浜田市一般会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第96号平成9年度浜田市一般会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 この当初予算は、厳しい財政状況を踏まえ、新規事業をはじめ継続事業の抑制を図るなど、徹底した緊縮型の予算編成となっております。歳入歳出の予算総額は165億6,300万円で、前年比2.8%のマイナスとなり、平成3年度の予算規模となっております。 主な事業は、石見遊空間第三セクター設立準備委員会に対する助成、島根ロマンフェスタ事業、北東アジア地域交流事業、国際短大4大化推進事業、デイサービスセンター運営並びにシルバーハウジング事業等であります。 審査に当たりましては、本会議でただされた事項に配慮しながら緊縮予算の中での今後の事業実施の見通し、民営化の問題、県西部山村振興財団への参画、外国人研修生受け入れ事業の拡大、中山間地域振興対策の問題等について質疑する中で、財政の健全化を図り確固たる財政計画のもとに事業実施をするべきであるとの意見が強く出されました。 執行部から詳しい説明を受けながら慎重に審査いたしました結果、やむを得ないものと認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第31、議第97号平成9年度浜田市国民健康保険特別会計予算、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第97号平成9年度浜田市国民健康保険特別会計予算について審査いたしました結果について報告いたします。 本年度予算は、第1条において、事業勘定の歳入歳出予算の総額をそれぞれ34億6,759万6,000円、また直営診療施設勘定の歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,545万9,000円とし、第2条では、一時借入金の借入最高額を3億円とするものであります。 事業費勘定、歳入の構成比は、保険料が31%、国県支出金が37%、療養給付費交付金並びに一般会計からの繰入金等が32%で、歳出の構成比は、医療費関係の支出が94.7%と大部分を占め、その他が5.3%となっています。 本年度予算案は、保険料の本算定日を6月1日とし、年間の医療費の推計と保険料の積算をもって編成されております。 主なものは、まず老人保健拠出金で、前年度より2億901万8,000円増の10億9,439万5,000円と歳出の31.6%を占め、国保財政に大きな影響を与えています。 保険給付費は過去の実績から推計し、前年度より904万8,000円の減額、21億7,248万4,000円。 歳入において、国民健康保険料は、前年度の実績から1,656万3,000円減額の10億7,422万9,000円の積算。一般会計からの繰入金は3億5,346万3,000円となっております。 なお、直営診療施設勘定においては、人件費の増額が主なもので、事業内容は前年度と特に変わったところはありません。 本会議でもただされたように、高額療養費、老人保健拠出金は増大の一方にあり、一般会計をも圧迫しており、国保会計は猶予ならない状態であります。 審査に当たり、改めて制度改正の要望とより一層の収納対策と健康づくり、保健予防対策に努められるよう意見を付し、やむを得ないものと全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第32、議第98号平成9年度浜田市駐車場事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第98号平成9年度浜田市駐車場事業特別会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 本予算の内容は、浜田駅前駐車場と栄町駐車場の事業運営により生ずる事業収入及び諸収入を収入として計上し、駐車場管理運営費や職員1人分の人件費、一般会計への繰出金及び予備費の合計額を歳出予算に計上しており、歳入歳出とも1,771万9,000円であります。 審査いたしました結果、昨年より事業収入が減少しているのは実績に合わせるものであり、その要因は商店街の不振等が考えられますので、やむを得ないものと認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第33、議第99号平成9年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第99号平成9年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 本案は、議第80号で報告いたしましたように、平成9年度からこの事業がなくなるため、公債費関係の予算計上となっております。 審査の結果、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第34、議第100号平成9年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算、これを議題といたします。 本案は経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。14番牛尾昭君。 ◆経済委員長(牛尾昭君) 経済委員会に審査を付託されました議第100号平成9年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算について審査いたしました経過並びに結果について報告いたします。 長年にわたり皆様方にご心配をかけた財政状況も、昨年より危機的状況は峠を越し、残る償還金も平成16年には完済の予定であります。空きマスについては、なお積極的な仲買業者勧誘が必要と考えられますが、全体として何ら問題なく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの経済委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は経済委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第35、議第101号平成9年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第101号平成9年度浜田市老人保健医療事業特別会計予算について審査いたしました結果について報告いたします。 本年度予算は、第1条において、事業勘定の歳入歳出予算の総額をそれぞれ55億1,811万9,000円と定めるものであります。 歳出の主なものは、歳出予算の99.5%を占める医療諸費が54億8,869万4,000円で、残り0.5%が事務費であります。 一方、歳入予算は、支払基金交付金から37億5,658万6,000円、国庫支出金が11億5,136万5,000円、県支出金が2億8,765万7,000円で、残り3億1,650万5,000円が一般会計から繰入金で措置されるものであります。 このように一般会計、国保特別会計に及ぼす影響はますます増大しており、慎重に審査いたしました結果、さきに国民健康保険特別会計予算において委員長報告を申し上げましたとおりの意見を付し、やむを得ないものと、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第36、議第102号平成9年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第102号平成9年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 平成9年度は事業完了の年に当たり、本案は事業の終結に向かって必要な予算措置を講じようとするものであります。 審査の結果、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第37、議第103号平成9年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第103号平成9年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 平成9年度は事業の完了の年に当たり、本案は事業の終結に向けて必要な予算措置を講じようとするものであります。 審査の結果、特に異議もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第38、議第104号平成9年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第104号平成9年度浜田市公共用地先行取得事業特別会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 本予算の内容は、公共用地の用地を先行取得するために発行した地方債の償還利子1,826万9,000円を歳出として計上し、その財源として一般会計からの繰入金1,826万9,000円を歳入予算に計上しているものであります。 この特別会計予算で取得した公共用地は平成5年度に国鉄清算事業団から購入した浜田駅前の土地で、面積は2,035.03平方メートルで、現在市営駐車場として利用している土地であります。 審査いたしました結果、特に問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第39、議第105号平成9年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第105号平成9年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 本予算は、議第74号で提案し可決された浜田市国民宿舎事業特別会計の予算で、本年度は歳入歳出予算の総額を2億6,570万円と定めるものであります。 この事業は、平成9年度と10年度の2か年で国民宿舎千畳苑を建設するもので、総事業費は14億3,250万円の予定で施行しようとするものであります。 審査に当たりましては、執行部から詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。10番。 ◆10番(藤原芳男君) 総務委員長にお伺いいたしますが、この中身は観光施設整備事業債を公営企業債として借りて、いわゆる観光施設ともなっております国民宿舎を改築するものですが、これを総務委員会でやるべきか、あるいは経済委員会でやるべきかという論議が、経済委員会の中では出たんですが、総務委員会の中ではそういうことが出たかどうか、お伺いいたします。 ○議長(三明忠君) 15番。 ◆総務委員長(中村建二君) 10番議員のご質問にお答えいたします。 総務委員会に付託された議案でございまして、経済委員会で諮るべきか、総務委員会で諮るべきかとのご質問だろうと思いますが、そういう質問はございませんでした。以上です。 ○議長(三明忠君) ほかにございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第40、議第106号平成9年度浜田市水道事業会計予算、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第106号平成9年度浜田市水道事業会計予算について審査いたしました結果を報告いたします。 本案は、厳しい経済状況の中にあって現行料金を維持し、安定した水の供給を図ることを基本とした予算内容になっております。 審査に当たりましては、消費税率の2%アップ分が盛り込まれた予算編成となっているため、議第86号で報告いたしましたことと同様の理由により意見が分かれました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第41、請第8-3号消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました請第8-3号消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について審査いたしました結果を報告いたします。 本請願は、平成8年12月市議会において総務委員会に付託され継続審査となっていたものであります。 この請願について今回審査いたしました結果、請願の趣旨は理解できるものの消費税の税率引き上げは既に国会で可決され、本年4月1日から実施することが決定されておりますため、賛成多数で不採択と決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願は総務委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本請願は総務委員長の報告のとおり不採択とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第42、請第8-4号市道浜田269号線の延長、改良に関する請願について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました請第8-4号市道浜田269号線の延長、改良に関する請願について審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。 本請願の趣旨は、元屠殺場跡地までの市道を請願者宅まで延長新設し、生活や生命の安全を図ってほしいというものであります。 審査に当たりましては、願意及び実情を把握するため現地調査を行い、請願の趣旨を尊重しつつ慎重に審査いたしました。審査の結果、本市道の延長については相当な費用がかかるため、補助事業でなければできない状況にあり、周辺地域一帯を含めた開発事業計画等を検討する中で突破口を見い出すべく、なお慎重な審査を要すると認め、全会一致で閉会中の継続審査にすべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願は建設委員長の報告のとおり継続審査とすることにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は建設委員長の報告のとおり継続審査とすることに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第43、請第8-5号「医療保険制度の後退に反対する意見書」を政府へ提出することを求める請願について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました請第8-5号「医療保険制度の後退に反対する意見書」を政府へ提出することを求める請願について審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。 本請願は、現在政府提案されている健康保険等の一部を改正する法律案に関して、政府へ意見書を提出いただきたいという請願の趣旨であります。 政府の提案の改正趣旨は、医療保険制度の安定的な運営確保、世代間の負担の公平等を図るため、被保険者本人の一部負担の割合及び老人医療受給対象者の一部負担金の額の改定、薬剤に係る一部負担の創設等の措置を講ずることと、医療保険制度及び老人保健制度の全般にわたる改革を図るため、その基本的事項について審議会に諮問する旨の規定を整備すること等であります。 審査に当たりまして、請願者に請願理由の資料を求め、かつ委員一人一人の意見を求め慎重に審査いたしました。 まず、医療保険制度の改革は本市の事情から見ても喫緊の課題で、制度改正については全会一致の認識に立ちましたが、請願に沿った改正概要の一部負担の改定や、国民健康保険法の一部改定、老人保健法の一部改正、政府管掌健康保険の保険料率の引き上げ及び制度改正全般にわたっての審議においては、委員それぞれ意見は異なり、再度請願者の見解を求めるなど議論を尽くしました。 審査の結果、本請願は徹底した医療の構造改革を図り、21世紀を目指した医療保険制度を確立し、国民の負担が増大しないよう政府に強く求めるもので、全会一致で採択すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願は文教厚生委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は文教厚生委員長の報告のとおり採択することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第44、意第8-7号地方事務官制度の廃止に関する意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。24番遠藤公輝君。 ◆24番(遠藤公輝君) 地方事務官制度の廃止に関する意見書についてでございますが、この案を読み上げまして、皆様方に問うところでございます。それでは読み上げます。 地方事務官制度の廃止に関する意見書案。社会保険、国民年金行政関係職員等の地方事務官制度は、地方自治法制定に関し、暫定的な措置として導入されたもので、人事権と職務上の指揮監督権の不整合、同一行政機関内の地方公務員との間における労働条件等の差異があり、極めて不合理な制度として50年近くもの長い間変則的な運営がなされてきました。また、少子、高齢社会の到来の中で、社会保障を住民に直結した制度として確立することが求められていることから、社会保険行政はますます重要性を増し、住民の期待や関心が高まっている。このような住民ニーズに即した円滑かつ効率的な行政を行う立場から、医療、年金制度と地方自治体の福祉行政の密接な連携が求められている現在、地方自治体が主体となった行政運営が必要となってくる。このため、地方制度調査会等の廃止勧告をはじめ関係各団体の多年にわたる改革要請により、政府もその改善についてしばしば閣議決定を行っているところであるが、いまだに解決を見ていないことはまことに遺憾と言わざるを得ない。よって、政府または地方分権推進委員会におかれましては、地方事務官制度を速やかに廃止し、これらに係る所要財源を都道府県に移譲するとともに、社会保険事務に携わる職員の身分を地方公務員とするよう強く要望するものであります。皆様方のご賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第45、意第8-8号医療保険制度の改正に関する意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。17番湯浅勝君。 ◆17番(湯浅勝君) 医療保険制度の改正に関する意見書について、意見書案を朗読しまして提案とさせていただきます。 未曾有の高齢社会の進展と相まって、医療保険制度の改革は避けて通ることはできない焦眉の課題です。しかし、ご承知のとおり、現在国会に提案されています政府案は、医療保険制度の基本である「いつでも、どこでも、だれでも、安心して医療が受けられる」ということからして大方の国民の理解と納得ができるものとなっていません。政府案は、医療費増嵩の根本原因にメスを入れることなく、単なる赤字対策に過ぎません。仮に、政府案が原案どおり実施されたとしても、1999年から再び赤字になることは明白ですし、この現実を認めれば再び国民は負担増を強いられることになります。また、政府案は、特に高齢者や社会的弱者と言われる人たちの立場に立つことなく、患者負担、保険料負担増のみが提案されています。2020年には、65歳以上が日本の人口の4分の1を超えます。何よりも医療保険制度及び老人保健制度のあり方や、その全般にわたる改善を図り、国民の負担増を招かないよう、政府に対して下記の事項について強く要望いたします。 記、1、まず国民の立場に立った医療行政の推進のため、医療費増大の原因を究明し、徹底した構造改革を図り、21世紀を目指した医療保険制度を確立すること。2、特に、高齢者の負担増をはじめ健康保険本人への負担増は極力軽減すること。以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。以上です。よろしくお願いします。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明について質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第46、決第8-1号米軍機による劣化ウラン弾発射事件に関する決議について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。24番遠藤公輝君。 ◆24番(遠藤公輝君) 米軍機による劣化ウラン弾発射事件に関する決議について、これを読み上げまして提案にかえさせていただきます。 米軍ハリアー機が、1995年末から翌年1月にかけて3回にわたり沖縄県久米島北方の鳥島射爆撃場において劣化ウラン弾計1,520発を発射していたことが明らかになり、沖縄県民はもとより全国民に大きな衝撃と怒りを与えている。とりわけ沖縄県では、一昨年発生した米兵による少女暴行事件や昨年の爆弾投棄事件など、米軍にかかわる事件、事故が後を絶たず、県民の怒りは頂点に達している。米軍は事故発生から1年以上も事実を公表しなかったばかりか、我が国の外務省も1か月近く沖縄県に連絡しなかったというが、これらはおよそ主権者である住民を愚弄するものであり許されることではない。劣化ウラン弾は放射能を有することが指摘されており、米国本土の使用は特定地域内に限定され、我が国の米軍施設区域では、その使用が禁止されているものである。住民の平和と安全を希求する本議会は、沖縄県民の痛みと怒りを受けとめるとともに、住民の不安を解消し、住民の生命と財産を守る立場から、今回の事故に関し厳重に抗議するとともに、日本政府に対し下記の事項を強く要求する。 1、再発防止のための管理、通報体制を強化するとともに、今回の事故について徹底的に調査し、原因を公表すること。 2、発射した劣化ウラン弾を早期に回収し、鳥島及び周辺海域の環境調査を実施し、結果を公表すること。以上であります。よろしくお願い申し上げます。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明について質疑ありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本決議案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本決議案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。 これにて今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。 この際、市長より発言の申し出がありましたので、許可をいたします。市長。            〔市長 宇津徹男君 登壇〕 ◎市長(宇津徹男君) 第364回浜田市議会定例会に提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ承認、可決を賜り厚く御礼申し上げます。執行に当たりましては、ただいまの委員長報告を尊重いたし執行いたしてまいります。厳しい折ではございますが、平成9年度に向け職員一丸となって頑張ってまいります。 なお、この際、あわせて御礼申し上げます。 昨日公表されたわけでありますが、平成8年度の特別交付税の浜田への支給額が7億231万4,000円と決定いたしました。私どもが予想しておりました以上の配分をいたしていただきました。このことは三明議長をはじめ議会代表の皆さん方にも上京をいただき、国会議員また自治省の方にお願いをいただきました。そのお世話になりましたたまものだと思っております。この場をかりまして心から御礼を申し上げます。今後とも、議員各位には御支援、御指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。以上、一言お礼を申し上げます。大変ありがとうございました。 ○議長(三明忠君) 引き続きまして、福重収入役並びに古原教育長より発言の申し出がありましたので、順次許可をいたします。福重収入役。            〔収入役 福重照正君 議場中央右端へ移動〕 ◎収入役(福重照正君) 失礼をいたします。貴重な時間をちょうだいいたしありがとうございます。私、4月2日付けをもちまして、収入役の任期が満了いたしますので、ここで退任のごあいさつを申し上げたいと思うわけでございます。 私、職員の期間を通算をいたしますと、ほとんど半世紀に近い長い期間この市にお世話になったわけでございまして、その期間、私なりに懸命に務めてまいりましたが、そしてこの市が躍進をする時代に市の職員として勤務できたことは大変幸せであったと、このように思っております。これからは、一市民といたしまして地域で少しでもお役に立つことができればと、このように思っておるわけでございます。議会の議員の皆さん方には、大変お世話になりました。簡単でございますが、お礼を申し上げまして退任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。 ○議長(三明忠君) ありがとうございました。 それでは、古原教育長、お願いいたします。            〔教育長 古原忠雄君 議場中央左端へ移動〕 ◎教育長(古原忠雄君) 一言お礼のごあいさつをさせていただきます。 きょうは大変お疲れのところを時間を割愛をいただきましてごあいさつをする機会を設けていただきましたことを、まずもって厚くお礼を申し上げたいと思っております。 私は、3月末日をもちまして、一身上の都合によりまして教育長並びに教育委員の職を辞任することにいたしました。いろいろ議員の皆様方には、いろいろこの間ご叱声をいただきましたが、非常に厚く感謝を申し上げたいと思っております。 振り返ってみますと、私は、昭和24年に、浜田市の職員としてこの職場で働くことが得られました。それから26年から30年まで、経済部の方でいわゆる商工水産課というところで勤務をさせていただきました。それから、昭和30年から昭和38年まで、市議会の事務局の職員として8年間事務局の方でお世話をさせていただきました。事務局におきましては、いろいろ教えていただきまして、議員さん方からいろいろご叱声をいただきましたが、特に一事不再議の原則であるとか、あるいは現状維持の原則であるとか、そういったような議会の運営、そういうものにつきましても先輩各位からいろいろご指導いただきました。それから、昭和38年から昭和44年まで、俵市長さんと宇津市長さんとの秘書をさせていただきました。それから、昭和44年から、再び経済部の方に参りまして、昭和53年まで、経済の方をお手伝いさせていただきました。この経済部の間でいろいろ起きた大きな事業というのは思い起こしますと、特定第三種漁港の指定をしましたときが、昭和44年であります。それから、第5次の漁港整備計画を昭和48年ごろに、今埋め立てておりますが、あの計画を第5次漁港整備計画でそういう計画を立てました。それから、昭和53年から昭和56年の終わりまで、ちょうど企画広報課というところにお世話になりました。ここで、今の市制40周年記念事業がありまして、今日されております市民憲章、あるいは庁舎の建設、そういうものに携わらせていただきました。それから、昭和57年に、教育部長の方に、教育委員会の方にお世話をさせていただきました。したがいまして、教育委員会にかかわる仕事につきましては、やはりこれ十二、三年間、平成元年に教育長に就任をいたしましたが、今日までそういうことで教育委員会行政につきましては十二、三年程度やらさせていただきました。 教育委員会の中では、周布小学校、三階小学校、第三中学校、それから今統合の浜田東中学校と、こういうことで学校にかかわることにつきましても非常にお手伝いをさせていただきました。それから、幼稚園にいたしましても、美川幼稚園、周布幼稚園、長浜幼稚園、それぞれの幼稚園の建設あるいは設置について、その間いろいろお手伝いをさせていただきました。今、こうして世界こども美術館の方も昨年の11月にオープンいたしましたが、そのお世話も体制づくりのために、微力ではございましたが携わらせていただきました。 非常に、この間約46年間にわたりまして、この浜田市の方にお手伝いをさせていただきました。非常に先輩、同僚、あるいは後輩、そういう方々に恵まれまして、私を支えていただいたり、また私も一生懸命その中に入ってお手伝いをさせていただきましたが、今この3月末日をもって一身上の都合でやめますが、今私の気持ちの中は日本晴れです。何も思い残すことはございません。 それから、これからの浜田市もすばらしい浜田市の夢がたくさんあろうかと思いますが、この上ともの浜田市のこれからのご発展をお祈りをいたしたいと思っております。 終わりに、いろいろ今日まで宇津市長さんはじめ執行部の方々、そして議員の皆様方、それぞれいろいろご叱声なり、ご指導なりいただいたことを厚くお礼を申し上げまして、退任のごあいさつにさせていただきます。きょうは本当にありがとうございました。 ○議長(三明忠君) 皆さんに申し上げます。 先日収入役並びに教育委員会の選任について、議会にて同意されました佐々木康夫君及び竹中弘忠君より発言の申し出がありましたので、順次許可をいたします。佐々木康夫君。            〔福祉部長 佐々木康夫君 入場〕 ◎福祉部長(佐々木康夫君) 一言お礼を申し上げたいと思います。 このたびの収入役の選任に当たりまして、議員の皆さん方にはご同意をいただきましてまことにありがとうございました。私にとりましては身に余る光栄でございます。と同時に、その責任の重大さを痛感いたしておるところでございます。もとより微力ではございますが、浜田市発展のために全力を尽くす所存でございます。議員の皆さん方におかれましては、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、お礼の言葉にかえさせていただきます。本当にありがとうございました。 ○議長(三明忠君) 続きまして、竹中弘忠君。            〔総務部長 竹中弘忠君 入場〕 ◎総務部長(竹中弘忠君) お疲れのところを恐縮に存じます。 一言お礼を申し上げさせていただきます。 このたび教育委員の選任につきまして、議員の皆さんにはご同意を賜りましてまことにありがとうございました。 教育の課題は、私が申すまでもないことですが、大変大きなものがあろうかと思います。そういった大きな課題に向かってどう取りかかるかというような不安がいっぱいでございますけれども、幸い先任の古原教育長をはじめ各教育委員さんもすばらしい礎が築かれておりますので、そういったものを踏みしめながら誠心誠意教育行政の推進に努めてまいりたいと思います。本当に微力なものでございますけれども、議員の皆さんのお力添え、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、簡単でございますけれども、ごあいさつにさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(三明忠君) これをもちまして第364回浜田市議会定例会を閉会いたします。皆さん方には長時間大変ご苦労さまでございました。            午後3時13分 閉会        ──────────────────────────  出席議員(28名) 1番  川  神  裕  司 君       2番  江  角  敏  和 君 3番  牛  尾  博  美 君       4番  横  田  善  雄 君 5番  下  隅  義  征 君       6番  濵  松  三  男 君 7番  佐 々 木  喜  久 君       8番  山  本  富  彦 君 9番  向     惇  雄 君      10番  藤  原  芳  男 君11番  牛  尾     充 君      12番  徳  原  繁  一 君13番  江  口  修  吾 君      14番  牛  尾     昭 君15番  中  村  建  二 君      16番  小  川  泰  昭 君17番  湯  浅     勝 君      18番  高  原  好  人 君19番  土  井     博 君      20番  高  見  庄  平 君21番  坂  田  幸  男 君      22番  本  田  正  人 君23番  大  屋  俊  弘 君      24番  遠  藤  公  輝 君25番  三  明     忠 君      26番  佐 々 木  悦  淨 君27番  花  手  政  勝 君      28番  河  上  佳  典 君        ──────────────────────────  欠席議員(0名)        ──────────────────────────  地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      宇 津 徹 男 君      助役      坂 平 弘 昭 君収入役     福 重 照 正 君      教育委員長   山 崎   彬 君教育長     古 原 忠 雄 君      監査委員    牛 尾 公 介 君企画財政部長  小 谷 典 弘 君      経済部長    島 津   博 君市民環境部長  佐々木 達 男 君      消防部長    稲 垣 政 敏 君水道部長    倉 本 昇 明 君      教育部長    信 田 久 樹 君総務課長    中 山 長 久 君      人事課長    濱 岡 靖 昭 君財政課長    篠 原 英 臣 君      企画振興課長  齋 藤   實 君消防庶務課長  木 鷺 正 勝 君      水道部次長   沖 野 邦 男 君学校給食センター所長             教育総務課長  伊 津 浩 季 君        畑 岡 正 弘 君生涯学習課長  宮 本 延 寿 君        ──────────────────────────  事務局職員出席者事務局長    吉 田   滋        事務局次長   高 橋 正 弘議事係長    吉 田 康 秀        主任書記    大 塚 隆 信主任書記    篠 原   修        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。         浜田市議会 議 長         浜田市議会副議長         浜田市議会 議 員         浜田市議会 議 員        ──────────────────────────...