運営者 Bitlet 姉妹サービス
浜田市議会 > 1995-12-01 >
旧浜田市議会 平成 7年第357回(12月)定例会

ツイート シェア
  1. 浜田市議会 1995-12-01
    旧浜田市議会 平成 7年第357回(12月)定例会


    取得元: 浜田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-17
    旧浜田市議会 平成 7年第357回(12月)定例会     第357回(平成7年12月)浜田市議会定例会会議録(第5号)1. 日  時  平成7年12月20日(水)午前10時開議2. 場  所  浜田市役所議場        ────────────────────────── 議事日程(第5号)第1 議第21号 平成6年度浜田市水道事業会計決算認定について第2 議第45号 平成6年度浜田市歳入歳出決算認定について第3 議第46号 浜田市長の資産等の公開に関する条例の制定について第4 議第47号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について第5 議第48号 浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について第6 議第49号 浜田市災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例について第7 議第50号 浜田地区広域事務組合の設置について第8 議第51号 浜田地区広域市町村圏推進協議会の廃止について第9 議第52号 浜田地区視聴覚ライブラリー協議会の廃止について第10 議第53号 財産の取得について第11 議第54号 財産の取得について第12 議第55号 工事請負契約の議決事項の変更について第13 議第56号 市道路線の認定及び廃止について第14 議第57号 平成7年度浜田市一般会計補正予算(第6号)第15 議第58号 平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)第16 議第61号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について第17 議第62号 平成7年度浜田市一般会計補正予算(第7号)第18 議第63号 平成7年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)第19 議第64号 平成7年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第20 議第65号 平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)第21 議第66号 平成7年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)第22 議第67号 平成7年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)第23 議第68号 平成7年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)第24 請第7-5号 「流域中核施設団地における路網、特に作業道開設に伴う事業費の全額公費負担」に関する意見書の提出を求める請願について第25 意第7-6号 流域林業活性化作業道整備事業創設に関する意見書について第26 意第7-7号 平成8年度治水事業の大幅な予算獲得に関する意見書について第27 意第7-8号 米兵による少女暴行事件に対する抗議と日米地位協定の見直し等に関する意見書について第28 決第7-3号 JR米子支社の新型車両(120系)に早期トイレ等設置および公共交通としての役割を求める決議について        ────────────────────────── 本日の会議に付した事件第1 議第21号 平成6年度浜田市水道事業会計決算認定について第2 議第45号 平成6年度浜田市歳入歳出決算認定について第3 議第46号 浜田市長の資産等の公開に関する条例の制定について第4 議第47号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について第5 議第48号 浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について第6 議第49号 浜田市災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例について第7 議第50号 浜田地区広域事務組合の設置について第8 議第51号 浜田地区広域市町村圏推進協議会の廃止について第9 議第52号 浜田地区視聴覚ライブラリー協議会の廃止について第10 議第53号 財産の取得について第11 議第54号 財産の取得について第12 議第55号 工事請負契約の議決事項の変更について第13 議第56号 市道路線の認定及び廃止について第14 議第57号 平成7年度浜田市一般会計補正予算(第6号)第15 議第58号 平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)第16 議第61号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について第17 議第62号 平成7年度浜田市一般会計補正予算(第7号)第18 議第63号 平成7年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)第19 議第64号 平成7年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)第20 議第65号 平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)第21 議第66号 平成7年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)第22 議第67号 平成7年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)第23 議第68号 平成7年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)第24 請第7-5号 「流域中核施設団地における路網、特に作業道開設に伴う事業費の全額公費負担」に関する意見書の提出を求める請願について第25 意第7-6号 流域林業活性化作業道整備事業創設に関する意見書について第26 意第7-7号 平成8年度治水事業の大幅な予算獲得に関する意見書について第27 意第7-8号 米兵による少女暴行事件に対する抗議と日米地位協定の見直し等に関する意見書について第28 決第7-3号 JR米子支社の新型車両(120系)に早期トイレ等設置および公共交通としての役割を求める決議について        ──────────────────────────            会       議            午前10時0分 開議 ○議長(三明忠君) おはようございます。 これより本日の会議を開きます。 ただいま出席議員は28名で議会は成立しております。 本日の議事日程はお手元に配付してありますので、朗読は省略いたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第1、議第21号平成6年度浜田市水道事業会計決算認定について、これを議題といたします。 本案は水道事業決算特別委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。28番河上佳典君。 ◆水道事業会計決算特別委員長(河上佳典君) 第356回浜田市議会定例会において特別委員会を設置され、継続審査になっておりました議第21号平成6年度浜田市水道事業会計決算認定について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。 まず、6年度の給水状況でありますが、給水戸数1万7,781戸、年間総配水量646万1,655立方メートル、有収率は89.4%となっており1.4%増となっております。 次に、決算の状況でありますが、収益的収支においては、収益の総額が10億5,792万8,000円に対し、費用の総額が9億7,190万7,000円となり、差し引き8,602万1,000円の純利益となっており、前年度より2,992万4,000円の黒字決算となっております。 資本的収支においては、収入総額4億355万2,000円に対し、支出総額6億1,161万5,000円となっており、収支の不足額の2億806万3,000円は当年度分損益勘定留保資金等で補てんされております。 また、事業の主なものとしては、第4期拡張事業として熱田地区送水管新設工事、配水管新設改良事業として高佐地区配水管新設工事及び西村地区送配水施設新設工事等、老朽管更新事業として内村地区、上府地区及び下有福地区配水管改良工事等を施行されております。 以上が本決算の概要であります。委員会といたしましては、監査委員から提出された意見書を参考に、11月16日、17日の両日にわたり5年度の決算委員会からの指摘事項の対応等を含め、決算について効率的な予算執行や将来の財政予測等について執行部から説明を求めながら、慎重に審査いたしました。 その結果、人口減少、水産業の低迷等、経済の冷え込みにより今後給水収益の大幅な伸びが期待できない状況から、さらに厳しい経営環境となることを予想する中で、要望として、1、有収率は、漏水防止業務の徹底等で、例年よりさらに1.4%の上昇となっており、努力の跡が見られますが、さらに高い有収率を目標とされ、老朽管の計画的改良と石綿セメント管の早期改良、水質管理についてなお一層努力されたい。 2、未給水地区については、他の開発計画とあわせ、早期解消が図られるようさらなる努力をされるとともに、今後給水区域の見直しについて、簡易水道も含め一層検討されたい。 3、水道料金の徴収については努力されているが、なお今後法的措置の検討も含め、収納率向上に努められたい。 以上の3点を特に申し添えるが、これらを考慮する反面、企業としての健全経営化を要望します。企業債の償還等の解消、石綿管改良、企業債の償還などの短期的・長期的な課題を残しています。したがって、これらを勘案しながら、今後十分な対策を講じられたい。 さらに、会議の中で個々に指摘した点についても配慮され、なお一層の企業努力と良質で安定した水の供給に努められることを期待し、委員会としては平成6年度水道事業会計決算を全会一致で認定することに決した次第であります。以上、水道決算特別委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの水道事業決算特別委員長の報告について、質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本決算は水道事業決算特別委員長の報告のとおり認定することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本決算は水道事業決算特別委員長の報告のとおり認定することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第2、議第45号平成6年度浜田市歳入歳出決算認定について、これを議題といたします。 本案は決算特別委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。24番遠藤公輝君。 ◆決算特別委員長(遠藤公輝君) 決算特別委員会に審査を付託されました平成6年度浜田市歳入歳出決算認定について、審査いたしました結果についてご報告いたします。 今議会で決算特別委員会委員に選任されました8名は、審査に先立ちまして正・副委員長の互選と審議日程の協議を行いました。その結果、委員長に私遠藤が、副委員長に高原議員が選任され、審議日程を12月14日、15日の2日間とし、現地調査も行うことといたしました。 審査に当たりましては、初日の午前中、浜田市公設水産物仲買売場と浜田漁港、共同浄化施設(浄水処理場)の現場に出向きまして、説明を受けました。初日の午後と2日目の午前中は書類審査とし、歳入歳出の執行状況、行政執行の効果、財政構造の変化等についてそれぞれ審査いたしました。 審査においては、監査委員から提出されました決算審査意見書を中心に、決算書、実績報告書、その他の関係諸表に基づき執行部より詳細な説明を求めながら、慎重に審査をいたしました。その結果、決算委員会といたしましては、次のとおり要望を付し、賛成多数で平成6年度浜田市歳入歳出決算を認定することに決しました。 1、財政構造が硬直化の傾向にあり、財政運営には特段の配慮をし、健全化に一層の努力をされたい。 2、市税、保育料、住宅使用料、国民健康保険料等について、滞納繰越額が増加しており、これらの整理については抜本的な検討を行い、解消に努められたい。 3、公設水産物仲買売場特別会計については、現有施設の有効利用を含め、抜本的な対策について検討するなど、赤字解消のため一層の努力をされたい。 4、浜田市中小企業協同組合合理化対策融資基金貸付金については、利用率が低く、PRや指導方法等について検討されたい。 5、県営事業負担金については、負担率の引き下げの方向で努力されたい。 6、市道として使用されている土地の中に、未登記状態のものがあるので、速やかに登記が完了するよう一層努力されたい。 以上、各会計の歳入歳出について要望いたしましたが、大きなプロジェクトを実施する中で、当市の苦しい財政事情を考えますと、何といっても自主財源の確保が極めて重要な課題でありますので、この対応について一層の努力を図られますとともに、財政計画との整合性を保ちながら、最大の行政効果を上げるべく努力されるよう提言し、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの決算特別委員長の報告について、質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本決算は決算特別委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本決算は決算特別委員長の報告のとおり認定することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第3、議第46号浜田市長の資産等の公開に関する条例の制定について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第46号浜田市長の資産等の公開に関する条例について審査いたしました結果を報告いたします。 本条例の趣旨は、政治倫理の確立のための国会議員などの資産等の公開に関する法律、これが平成5年に施行され、この法律の規定により、知事及び市町村長や県議会議員についても資産公開が義務づけられ、平成7年12月31日までに条例を制定することとされているものであります。 審査いたしました結果、政治倫理の確立を図るための法律の趣旨に基づく条例の制定であり、特に問題となる点はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第4、議第47号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第47号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、行財政改革推進委員会を新たに設置し、浜田市の附属機関として加えるものであります。 この委員会は、行財政改革を積極的に推進するため、行財政改革大綱を策定するに当たり、広く市民の声を反映するための機関として設置するものであります。 審査いたしました結果、行財政改革を推進するための大綱づくりへの意見反映と大綱の実施状況について助言することができるという機能を持つ新しい委員会であり、総務委員会は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第5、議第48号浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第48号浜田市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、議第47号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例が先ほど可決されましたが、その中で設置された浜田市行財政改革推進委員会の委員報酬を定め、別表一覧表に追加するための改正であります。 審査いたしました結果、他の附属機関の委員報酬に準じて報酬を定めるものであり、問題はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第6、議第49号浜田市災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第49号浜田市災害派遣手当に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、災害復旧のため、他の地方公共団体等から浜田市に派遣されました職員に対して支給する手当額の基準が、災害対策基本法施行令の改正により増額されたので、それに合わせて条文を改正しようとするものであります。 審査いたしました結果、本条例は、政令の改正に伴う基準の改正であり、特に問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第7、議第50号浜田地区広域事務組合の設置について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第50号浜田地区広域事務組合の設置について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例制定の趣旨は、浜田広域圏の総合的、重点的な振興整備を図り、多様化する圏域住民のニーズに応えるため、自治省が推進するふるさと市町村圏の指定を受けて、新たな広域行政機構として浜田地区広域事務組合を設置しようとするものであります。新組合の規約では、共同処理する事務の内容や議会、執行機関、基金等、必要な事項が列記されております。 審査いたしました結果、広域行政を推進するとともに、圏域市町村の振興を図るための組合強化であり、全員異議なく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第8、議第51号浜田地区広域市町村圏推進協議会の廃止について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第51号浜田地区広域市町村圏推進協議会の廃止について、審査いたしました結果を報告いたします。 本議案の趣旨は、議第50号で議決されました新しい浜田地区広域事務組合を設置することに伴い、従来からある浜田地区広域市町村圏推進協議会を廃止しようとするものであります。 審査いたしました結果、圏域市町村の振興推進体制を整備して、広域的共通課題への対応力を強化するため、協議会を発展的に解消するものであり、総務委員会は全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第9、議第52号浜田地区視聴覚ライブラリー協議会の廃止について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第52号浜田地区視聴覚ライブラリー協議会の廃止について、審査いたしました結果を報告いたします。 本案は、浜田地区広域事務組合の設置に伴い、地方自治法第252条の6の規定により、平成8年3月31日をもって廃止しようとするものであります。 事務及び残余財産については、新たに設置される広域事務組合に引き継がれるもので、特に問題もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。議員各位のご賛同をお願いし、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第10、議第53号財産の取得について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第53号財産の取得について、審査いたしました経過と結果について報告いたします。 本案は、(仮称)浜田市世界子ども美術館・創作活動館に収蔵する美術品として、作者名、パブロ・ピカソ、作品名「ミルク桶のかたわらに立つガリシアの娘」を、取得予定価格2,520万円で購入しようとするものであります。 審査に当たりまして、本会議においてただされた点にあわせ、収集方針、取得の方法、取得価格、契約の相手方等について細かい説明を求めるとともに、慎重に審査いたしました。特に、美術品の選定に当たっては、専門的学識者で構成されている浜田市美術品等収集委員会に諮られて提案されており、やむを得ないものとして、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。議員各位のご賛同をお願いし、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第11、議第54号財産の取得について、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第54号財産の取得について、審査いたしました経過と結果について報告いたします。 本案は、(仮称)浜田市世界子ども美術館・創作活動館に収蔵する美術品として、作者名、パウル・クレー、作品名「家族」の絵画を、取得予定価格4,060万円で購入しようとするものであります。 審査に当たりましては、議第53号と同じく、本会議においてただされた点、また取得価格、収集方針、取得の方法、契約の相手方等について慎重に審査いたしました結果、本案もやむを得ないものとして、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。議員各位のご賛同をお願いし、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第12、議第55号工事請負契約の議決事項の変更について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第55号工事請負契約の議決事項の変更について、審査いたしました経過及び結果について報告いたします。 今回の変更は、市営住宅緑ケ丘住宅の改築に伴う建築主体工事請負契約金額を667万4,400円増額するものであります。 審査に当たりましては、緑ケ丘住宅の建築地は部分的に地層が一律でなく、また部分的に当初想定していた支持地盤より深かったことなどによるもので、これは当初予想していなかったことで、やむを得ないものと全会一致で可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第13、議第56号市道路線の認定及び廃止について、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第56号市道路線の認定及び廃止について、審査いたしました経過並びに結果について報告いたします。 本案は、道路法第8条第2項の規定により、国府228号線以下4路線を市道認定し、同法第10条3項の規定により、国府138号線を市道廃止するものであります。 審査に当たりましては、認定理由、廃止理由、用地等の問題について説明を求め、新規の4路線については、千畳台土地区画整理事業により整備された生活道路であること、廃止する1路線については国道9号線拡幅に伴うもので、いずれもやむを得ないものと認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第14、議第57号平成7年度浜田市一般会計補正予算(第6号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第57号平成7年度浜田市一般会計補正予算(第6号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算の主なものは、1、新しい広域事務組合への出資金、2、地域改善施設整備事業費の追加、3、国の経済対策の第2次補正に伴う県営事業負担金の追加、4、災害復旧費の追加、5、債務負担行為の追加等であります。以上の要因を総合して、全体では6億2,892万9,000円の追加補正となっております。 審査いたしました結果、県営事業負担金について、負担軽減に向かって引き続き努力されますよう要望し、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。            〔賛成者挙手〕 ○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第15、議第58号平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第58号平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 この補正予算は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億2,448万5,000円を追加し、予算の総額を43億5,752万4,000円とするものであります。 これらの補正は、医療給付費、医療費支給費、審査支払手数料の追加補正であり、やむを得ないものとして全会一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。議員各位のご賛同をお願いし、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第16、議第61号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第61号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。 本条例改正の趣旨は、本年8月に行われた人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定が実施されましたが、浜田市においても国家公務員に準じて職員の給与を改定しようとするものであります。 審査いたしました結果、国家公務員の給与改定率0.9%に対し、浜田市は0.87%、その他手当関係は国に準じて改正されるもので、問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第17、議第62号平成7年度浜田市一般会計補正予算(第7号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第62号平成7年度浜田市一般会計補正予算(第7号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算の主なものは、1、人事院勧告に伴う給与等の改定所用額の追加、2、退職職員の給与減額、3、育児休業職員の給与減額、4、他会計との人事異動に伴う給与減額、5、職員共済組合費の負担率改正に伴う共済費の減額などであります。以上の要因を総合して、全体では2,155万円の減額補正となっております。 審査いたしました結果、減額要因の確定に伴うものや、人事院勧告に伴う給与改定であり、問題となる点もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第18、議第63号平成7年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第63号平成7年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 この補正は、職員給与の改定と異動に伴うもので、事業勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ268万円2,000円を追加し、総額を30億8,762万8,000円に、また直営診療施設勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ3万6,000円を追加し、予算総額を2,480万7,000円とするもので、特に問題もなく、全会一致、原案どおり可決するべきものと決しました。議員各位のご賛同をお願いし、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第19、議第64号平成7年度浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。 ◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第64号浜田市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果を報告いたします。 この補正予算は、1、人事院勧告に伴う給与等の改定所要額の追加、2、職員手当の見込みに基づく減額、3、職員共済組合費の負担率の改正に伴う共済費の減額であります。以上の要因を総合して、全体で1万3,000円の減額補正であります。 審査いたしました結果、特に問題はなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第20、議第65号平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)、これを議題といたします。 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。 ◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第65号平成7年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 この補正予算は、職員の給与改定に伴うもので、歳入歳出の予算総額にそれぞれ9万6,000円を追加し、総額を43億5,762万円とするもので、特に問題もなく、全会一致原案どおり可決すべきものと決しました。議員各位のご賛同をお願いし、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第21、議第66号平成7年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第66号平成7年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、職員の異動並びに給与改定に伴う給与費を補正するもので、歳入歳出それぞれ615万2,000円を追加するものであります。 審査に当たりましては、人事院勧告に基づく給与改定によるものが主なもので、特に問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第22、議第67号平成7年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第67号平成7年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、職員の異動並びに給与改定に伴う給与費を補正するもので、歳入歳出それぞれ20万円を減額するものであります。 審査に当たりましては、人事院勧告に基づく給与改定によるものが主なもので、特に問題となる点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。24番遠藤君。 ◆24番(遠藤公輝君) 今、聞き取り方が、私、悪かったかもしれませんが20万円の追加ではないかと思いますが、減額と言ったんじゃなかったんですか。 ○議長(三明忠君) 18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 「追加するもの」であります。失礼しました。 ○議長(三明忠君) 訂正ですね。 ◆建設委員長(高原好人君) はい、訂正します。 ○議長(三明忠君) ほかに質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第23、議第68号平成7年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。 ◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第68号平成7年度浜田市水道事業会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果について報告いたします。 今回の補正は、人事院勧告に基づく給与改定によるものと職員の異動によるもので、特に問題点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。
    ○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なし認めます。 これより本案を採決いたします。 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第24、請第7-5号「流域中核施設団地における路網、特に作業道開設に伴う事業費の全額公費負担」に関する意見書の提出を求める請願について、これを議題といたします。 本請願は、経済委員会に付託してありますので、経済委員長の報告を求めます。14番牛尾昭君。 ◆経済委員長(牛尾昭君) 経済委員会に審査を付託されました請第7-5号の請願について、審査いたしました経過並びに結果について報告をいたします。 本請願の趣旨は、高密路網の確保により、高性能林業機械の稼働可能な林地をつくり出し、森林整備の保育作業が徹底できることにより、森林の公益機能を高め、高価値材の育成と労働生産性の向上を図るものであり、全額公費負担を求めるものであります。 審査した結果、森林は木材生産供給の場であるとともに、国土の保全をはじめ災害の防止、水源需要などの公益的機能を有しており、後継者の問題は林業施策の中でやるということであり、全会一致で採択すべきものと決しました。以上、経済委員長の報告といたします。 ○議長(三明忠君) ただいまの経済委員長の報告について質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本請願は経済委員長の報告のとおり採択することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本請願は経済委員長の報告のとおり採択することに決しました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第25、意第7-6号流域林業活性化作業道整備事業創設に関する意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。14番牛尾昭君。 ◆14番(牛尾昭君) 既に、意見書が皆様方のお手元に配付をされておりますので、朗読を省略したいと思います。 要旨は、日本の国土を守るために、この事業の創設が必要であるということであります。以上、地方自治法第99条第2項の規定により、意見書を提出するものであります。議員各位のご理解とご賛同をお願い申し上げます。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明に対し、質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第26、意第7-7号平成8年度治水事業の大幅な予算獲得に関する意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。24番遠藤公輝君。 ◆24番(遠藤公輝君) お手元に配付いたしておりますが、平成8年度治水事業の大幅な予算獲得に関する意見書(案)でございますが、読み上げまして提案にかえさせていただきます。 浜田市は、島根県西部の中央に位置し、山岳地が日本海に接近し、浜田川、周布川、下府川の各下流域の少ない平たん部に市街地を形成しており、特に昭和47年、58年、60年、63年と、相次いで激甚な水害、土砂災害等に見舞われ、市民の貴重な生命と財産が失われてきた。市民の貴重な生命と財産を守り、より豊かな市民生活を実現するために、生活基盤整備の中でも、治水事業は最優先に実施されなければならない。 現在、島根県施行の河川改修事業、ダム建設事業、砂防事業及び地すべり等防止事業など、鋭意取り組みがなされているが、いまだ安全とは言えないのが現状である。 このため、「第8次治水事業五箇年計画」の最終年度である平成8年度の治水事業の大幅な予算の獲得を要求するとともに、「第8次治水事業五箇年計画」の完全達成が図られるよう強く要求する。以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出するものであります。平成7年12月20日、浜田市議会。以上であります。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明に対して、質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第27、意第7-8号米兵による少女暴行事件に対する抗議と日米地位協定の見直し等に関する意見書について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。24番遠藤公輝君。 ◆24番(遠藤公輝君) 米兵による少女暴行事件に対する抗議と日米地位協定の見直し等に関する意見書についてであります。 これは、皆さんのお手元に配付してあるとおりでございますが、沖縄本島北部で起きた米兵3人による少女暴行事件は、人間の尊厳、人格を無視した蛮行であり、怒りを禁じ得ません。この事件は、沖縄県民のみならず、全国の多くの人々に衝撃を与えています。 戦後半世紀が経過したというのに、最近の米軍による事件、事故の多発は目に余るものがあり、復帰後に起きた刑事犯罪は4,716件に達し、凶悪犯罪が510件も発生し、米軍に対する不信と不満は頂点に達しています。 私たちは、米兵による少女暴行事件に対し、強く抗議するとともに、県民の生命と財産、人権を脅かす行為に対し、断固たる態度をもって政府に対し、次のとおり要求いたします。 1、被害者とその家族に対する謝罪、完全な補償を早急に行うこと。 2、兵士の規律の乱れをただし、内部の責任を明確にすること。米軍人、軍属による犯罪を根絶すること。 3、日米地位協定を早急に見直すこと。 4、基地の整理縮小を行うこと。 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出するものであります。よろしくお願い申し上げます。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明に対して、質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本意見書案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。            ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(三明忠君) 日程第28、決第7-3号JR米子支社の新型車両(120系)に早期トイレ等設置および公共交通としての役割を求める決議について、これを議題といたします。 提案者の説明を求めます。24番遠藤公輝君。 ◆24番(遠藤公輝君) JR米子支社の新型車両(120系)に早期トイレ等設置および公共交通としての役割を求める決議についてであります。 昨年12月3日からJR西日本新ダイヤがスタートし、米子支社内では「地域の利便性」、「サービスの向上」のために、ローカル専用の新型車両を木次線、三江線に続いて益田駅から出雲市駅間に導入いたしました。 このダイヤ改正では、新型車両にトイレがなくなったり、列車の車両編成数の減、座席数の減、利用者の積み残し、出雲市駅以西からの乗り継ぎの悪化など、多くの問題が発生しています。 島根県は高齢化が進んでおり、公共交通としてのJRは生活上必要不可欠であります。そのほかJR米子支社は、トイレ未設置の理由として、経費の面から設置できないと言っています。このような問題は、これからの高齢化社会、交通弱者が増えることを考えると、JRは、住民の足として公共性をこれまで以上に再認識し、地域における公共交通機関として役割をますます高めていかなければならない使命があります。 よって、島根県及びJR西日本旅客鉄道株式会社に、新車両に早急にトイレ設置など、必要な対策を講ずるよう強く要望するものであります。 あとは、詳しくはお手元に配付したとおりであります。以上、決議する。以上のごとく、皆さん方の賛同をお願いして、提案とさせていただきます。 ○議長(三明忠君) ただいまの説明に対して、質疑ございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。 お諮りいたします。 本決議案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(三明忠君) 異議なしと認めます。よって、本決議案は原案のとおり可決されました。 なお、この取り扱いについては、議長に一任願います。 これにて今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。 この際、市長より発言の申し出がありましたので許可いたします。市長。            〔市長 大谷久満君 登壇〕 ◎市長(大谷久満君) 定例会に提案いたしました諸議案につきましては、慎重ご審議の上、それぞれ議決を賜りありがとうございます。執行に当たりましては、審議の過程、そして委員長報告を尊重して執行したいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 議員の皆様方におかれましては、4月の統一地方選挙で当選されまして、頑張っておられますけども、お元気で越年されまして、さらに活躍されますよう心から祈念申し上げたいと思います。ありがとうございました。 ○議長(三明忠君) これをもちまして第357回浜田市議会定例会を閉会いたします。まことにご苦労さまでございました。            午前11時3分 閉会        ────────────────────────── 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。         浜田市議会議長         浜田市議会議員         浜田市議会議員        ──────────────────────────  出席議員(28名) 1番  川  神  裕  司 君       2番  江  角  敏  和 君 3番  牛  尾  博  美 君       4番  横  田  善  雄 君 5番  下  隅  義  征 君       6番  濵  松  三  男 君 7番  佐 々 木  喜  久 君       8番  山  本  富  彦 君 9番  向     惇  雄 君      10番  藤  原  芳  男 君11番  牛  尾     充 君      12番  徳  原  繁  一 君13番  江  口  修  吾 君      14番  牛  尾     昭 君15番  中  村  建  二 君      16番  小  川  泰  昭 君17番  湯  浅     勝 君      18番  高  原  好  人 君19番  土  井     博 君      20番  高  見  庄  平 君21番  坂  田  幸  男 君      22番  本  田  正  人 君23番  大  屋  俊  弘 君      24番  遠  藤  公  輝 君25番  三  明     忠 君      26番  佐 々 木  悦  淨 君27番  花  手  政  勝 君      28番  河  上  佳  典 君        ──────────────────────────  欠席議員(0名)        ──────────────────────────  地方自治法第121条により説明のため出席した者市長      大 谷 久 満 君      助役      徳 富 鞆 之 君収入役     福 重 照 正 君      教育委員長   山 崎   彬 君教育長     古 原 忠 雄 君      監査委員    牛 尾 公 介 君総務部長    大 山   進 君      企画財政部長  小 谷 典 弘 君経済部長    島 津   博 君      建設部長    黒 川 正 則 君市民環境部長  竹 中 弘 忠 君      福祉部長    佐々木 康 夫 君消防部長    東 野 日出夫 君      水道部長    倉 本 昇 明 君教育部長    佐々木 達 男 君      総務課長    中 山 長 久 君人事課長    濱 岡 靖 昭 君      財政課長    篠 原 英 臣 君消防庶務課長  稲 垣 政 敏 君      水道部次長   沖 野 邦 男 君教育総務課長  伊 津 浩 季 君      学校給食センター所長                               川 本 広 義 君生涯学習課長  宮 本 延 寿 君      世界子ども美術館開設準備室長                               三 浦 陸 雄 君        ──────────────────────────  事務局職員出席者事務局長    柳 井 克 仁        事務局次長   吉 田   滋議事係長    吉 田 康 秀        書記      大 塚 隆 信主任書記    篠 原   修        ──────────────────────────...