運営者 Bitlet 姉妹サービス
八頭町議会 > 2013-12-06 >
平成25年第10回定例会(第2日目12月 6日)
平成25年第10回定例会(第2日目12月 6日)

八頭町議会 2013-12-06
平成25年第10回定例会(第2日目12月 6日)


取得元: 八頭町議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成25年第10回定例会(第2日目12月 6日)        平成25年第10回八頭町議会定例会 会議録 (第2号)   招集年月日  平成25年12月6日 招集の場所  八頭町議会議場 開   会  平成25年12月6日 午前9時30分宣告        (第2日) 応招議員    1番 山本 弘敏   2番 小林 久幸   4番 下田 敏夫    5番 岡嶋 正広   6番 川西 末男   7番 西尾 節子    8番 小倉 一博   9番 栄田 秀之  10番 川西  聡   11番 桑村 和夫  12番 尾島  勲  13番 髙橋信一郎   14番 河村 久雄  15番 池本  強  16番 谷本 正敏 不応招議員    3番 坂根 實豊 出席議員  応招議員に同じ 欠席議員  不応招議員に同じ 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名  町長職務代理者副町長         吉田英人  教 育 長   薮田邦彦  総務課長   野崎正実  船岡支所長兼住民課長                       山根祐一  八東支所長兼住民課長         保木本妻枝 税務課長    岩見一郎  企画課長   川西美恵子 福祉環境課長  前田康博  保健課長    橋本 隆  産業観光課長 矢部雅彦  建設課長    西尾哲夫  上下水道課長  森脇孝和  地籍調査課長 平木章治  会計管理者   土橋芳子  人権推進課長 細田初博  教育委員会事務局次長         田村政司  農業委員会事務局長         小林俊一  男女共同参画センター所長         林 仁美  福祉事務所長 田中裕之 本会議に職務のため出席した者の職氏名   議会事務局長 山本政明   主任 寺坂武文 議事日程   別紙のとおり 会議録署名議員    2番 小林久幸 議員  4番 下田敏夫 議員              議 事 日 程 (第 2 号)               平成25年12月6日(金)午前9時30分開議 日程 第 1 議案第133号 新町まちづくり計画の変更について  〃 第 2 議案第134号 八頭町職員の修学部分休業及び高齢者部分休業に関する                条例の一部改正について  〃 第 3 議案第135号 八頭町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につ                いて  〃 第 4 議案第136号 八頭町社会教育委員条例の一部改正について  〃 第 5 議案第137号 八頭町税条例の一部改正について  〃 第 6 議案第138号 八頭町債権管理条例の一部改正について  〃 第 7 議案第139号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について  〃 第 8 議案第140号 八頭町介護保険条例の一部改正について  〃 第 9 議案第141号 八頭町後期高齢者医療に関する条例の一部改正について  〃 第10 議案第142号 八頭町道路占用料徴収条例の一部改正について  〃 第11 議案第143号 八頭町法定公共物管理条例の一部改正について  〃 第12 議案第144号 平成25年度八頭町一般会計補正予算(第8号)  〃 第13 議案第145号 平成25年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第                3号)  〃 第14 議案第146号 平成25年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第                3号)  〃 第15 議案第147号 平成25年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第4号                )  〃 第16 議案第148号 平成25年度八頭町後期高齢者医療特別会計補正予算(                第1号) 議事の経過 ◎開議宣告                    (午前9時30分) ○議 長(岡嶋正広君) 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員は15名でございます。定足数に達しておりますので、これから12月5日に引き続き、本日の会議を開きます。 ◎議事日程の報告 ○議 長(岡嶋正広君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。 ◎陳情書の委員会付託 ○議 長(岡嶋正広君) 11月29日に受理いたしました陳情1件は、お手元に配付しました文書表のとおりでありまして、所管の常任委員会に付託いたしましたので御報告いたします。 ◎動  議 ○議 長(岡嶋正広君) 10番、川西聡議員。 ○10番(川西 聡君) 動議を提出いたします。  ただいま議長は総務教育常任委員会に付託をしたという報告をされました。陳情件名を読み上げになりませんでした。正確に申し上げます。この陳情は、特定秘密保護法制定に反対する陳情書と、こうなっております。それで、八頭町議会会議規則第92条第2項に基づきまして規定がありますので、動議を提出いたします。  つまり、第92条第2項というのは、付託を省略することができるという規定があります。御承知のとおり、今回、来ておりますこの陳情は、実は国会で今、審議をされてて、昨日、参議院特別委員会で可決になりました。早ければ本日の夕方、深夜にでも成立する見込みであります。もし会期延長になってこれがなりましたならば9日に与党は採決をしたいと、こういうような予定であります。  そこで、もしこの陳情を総務教育常任委員会に付託をいたしましたといたしますならば、もう結論が出てしまって、仮にこれが国会で通れば総務に対する付託は全く意味をなさなくなります。結論は一つしかありません。ですから、陳情者の意思は、八頭町議会がどのような判断をするのか、この問題について、一刻も早く知りたいというのが陳情者の私は意思だろうと思います。それを尊重するということになりましたならば、この陳情は総務教育常任委員会に付託をするのではなく、先ほど申し上げました、第92条2項に基づきまして、委員会の付託を議会議決で省略をすると。我々の議決で省略をして、これを本会議で本日中に議論をして結論を出す、こういう私は動議を提出をいたしたいというぐあいに思います。  議長、以上であります。 ○議 長(岡嶋正広君) ただいまの動議に賛成者はございますか。            (賛成者あり) ○議 長(岡嶋正広君) ただいま川西聡議員から陳情第18号 特定秘密保護法制定に反対する陳情書の委員会付託を省略し、本会議で審議することについての動議が提出されました。この動議は賛成者がありますので、成立しました。
     陳情第18号 特定秘密保護法制定に反対する陳情書の委員会付託を省略し、本会議で審議することの動議を議題として、採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  この動議のとおり、決定することに賛成の方は、起立願います。             (起立少数) ○議 長(岡嶋正広君) 起立少数です。  したがって、陳情第18号 特定秘密保護法制定に反対する陳情書の委員会付託を省略し、今本会議で審議することの動議は否決されましたので、会議を続けます。 ◎陳情書の委員会付託 ○議 長(岡嶋正広君) 改めて申し上げます。  11月29日に受理いたしました陳情1件は、お手元に配付しました文書表のとおりでありまして、所管の常任委員会に付託いたしましたので御報告いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 12月5日の会議において、一括議題といたしました、議案第133号から議案第148号までの16議案について質疑を行います。  なお、審議の都合上、議案を区分して、質疑を行います。  初めに、議案第133号、質疑に入ります。  質疑ございませんか。  12番、尾島議員。 ○12番(尾島 勲君) 皆さん、おはようございます。12番、尾島でございます。  4点ほど、質疑いたしたいと思います。  まず、133号の5ページにあります、福祉のまちづくり計画を策定し、おおむね旧小学校区を単位とした小地域での防災福祉ネットワークを確立し、生活、文化の向上と、社会福祉の推進を図るため、バリアフリー化やユニバーサルデザインの視点を取り入れた拠点施設の整備に努めますの表現の中にあります拠点施設整備についてですが、こちらについてこれは新設するものなのか、既存の施設を改良なり活用するものなのか、それがまず1点でございます。  2点目といたしましては、8ページにあります、ごみを安全かつ安定的に処理するため、可燃物処理施設を整備しますの記述でございますが、この施設につきましては、現在、鳥取市原町に計画してます施設とは別のものなのか、同じものなのか。それが2点目ですね。  3点目につきましては、9ページ、児童・生徒の安全で安心な通学を確保するため、スクールバスや通学路の整備などを行いますのこの通学路の整備という意味合いですが、歩道または自歩道の整備という範囲なのか、もしくはこういうものを新たに新設するものなのか、質疑いたします。  4点目ですが、11ページ、郡家駅周辺の整備を行いますというところについてですが、駅周辺という意味合いはどの程度までを網羅してるのか。  以上、4点、質疑させていただきたいと思います。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) ただいま4点ほど尾島議員からいただきました。  拠点施設の関係でございますが、こちらにつきましては地域福祉計画に基づきましたまちづくりの関係でございます。施設については、新設かそれとも改修かということでございますが、基本的には既存の施設を改修にしたいというふうに考えております。  それから、2点目の可燃ごみの処理施設の関係でございます。こちらにつきましては、現在、河原町に予定をいたしております東部広域行政管理組合事務を進めていただいているものですが、これまでのまちづくり計画に可燃ごみの処理施設のことがはっきりと明記してございませんでしたので、今回、その施設を明記するというものでございます。河原町に建設予定の施設でございます。  それから、3点目であります。通学路の件でいただきました。新設もあろうかと思います。例えば、新道線の改良ということで今現在、予定をいたしておりますので、新たな自歩道も可能でございますし、それからガードレールでありますとか、ガードパイプ、通学路の安全ということでそういったことを取り組みたいというところであります。  それから、4点目の駅周辺はどこまでかということです。コミュニティ施設ということで、施設としては一体化で今回、計画いたしておるわけですが、一部、以前でございますが、日通の用地というのも買い上げております。そういった部分も含めての駅前の改修でございますし、町独自ではないんですが、県の事業をお願いしまして、駅前のロータリを含めてというようなあたりも周辺というふうに考えているところであります。 ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これで質疑を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第134号について質疑ございませんか。  7番、西尾節子議員。 ○7 番(西尾節子さん) 私はこの条例は大変いいと思うんですが、現在、例えば修学のために休暇をとるとか、あるいは通信教育を受けるとかという職員がいたのかどうか。また、将来、そういう意欲がありそうな人があるのかということをちょっとお尋ねしたいと思います。  高齢者の部分については、利用する人が多いんじゃないかというふうなことも考えますが、いい条例をつくったけど利用する人がいなかったということにならないようにしてほしいというふうな思いがありまして、質疑いたします。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) 修学につきましては、現在のところないように記憶をいたしておりますが、通信で資格をとったというような職員があることは承知いたしております。 ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第135号について質疑ございませんか。  8番、小倉一博議員。 ○8 番(小倉一博君) 議案第135号の八頭町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正についてでございますが、これは職員の特殊勤務について支給対象を2項目、広げようというものですね。現在で12項目、特殊勤務手当が設定されております。大体、日額で300円あるいは1,000円程度の支給でございますが、今回、シカ等捕獲個体確認作業従事職員の特殊勤務手当として、従事した日、1日につき300円を手当するというぐあいな条例であります。もう1項目、14項目目にツキノワグマ捕獲個体確認作業従事職員の特殊勤務手当、これも1件につき300円ということでございますが、13項目のシカ等捕獲個体確認従事職員の特殊勤務手当について、シカ等という等は何が含まれるのか。  それから、シカ等の捕獲確認の頭数はどのぐらいを想定しているのか伺いたいと思います。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) シカ等の等とは何かということでございますが、現在のところはシカしか予定はいたしておりません。新たな鳥獣ということでそういったものが出れば、等の中に含めたいというところでありますし、それから頭数の関係でございますが、7月から現在までシカにつきましては128頭、捕獲をいたしております。それから、クマにつきましては、7月以降、殺処分が1頭、それから放獣が7頭ということで、現在まで8頭というところであります。 ○議 長(岡嶋正広君) 8番、小倉議員。 ○8 番(小倉一博君) 条例の性格上、等というのは余り手当が含まれる関係で不正確だなというぐあいに思うわけですが、その点についてどういうつもりで等にされたのかということをちょっと確認しておきたいのと、それから130頭ぐらいですので、捕獲頭数からしたら昨年、800頭ぐらいはとっとったと思うんですけど、そのうちの一部という判断かどうか、その辺をちょっとお尋ねしたい。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) 等の部分が不明確ではないかというところでありますが、今の状況では今後、サルというものが入るんじゃないかというふうに想定をいたしておりますし、先ほど私、8頭と申し上げましたが、クマにつきましては11頭でございます。それから、昨年の実績になりますが、シカにつきましては700頭余りあったような記憶をいたしております。 ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。  12番、尾島勲議員。 ○12番(尾島 勲君) 2点ばかり質疑させていただきます。  まず、ここでいう特殊勤務、これの定義というものはありますか。12項目ほどただいまありますが、見てみますと結構ばらばらな内容になっております。定義があれば教えていただきたい。  2点目は、シカが1日につき300円、ツキノワグマが1件につき300円。1日と1件の違いはどういう違いでしょう。ツキノワグマは1件、例えでいうと1件で2頭とか3頭とれたとしても、1件は1件なんでしょうか。その2点をちょっと質疑させていただきたいと思います。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) まず、定義のお話であります。記載してありますように、特殊ということであります。一点は危険といいますか、そういった作業に従事するということになりましょうし、それから1号に税務職員のことが書いてございますが、やはり通常の事務から少し特殊的なものであるということの中で、そういったものも特殊勤務手当というところであります。  それから、1件と1日の違いはどうかということでございますが、先ほどシカにつきましては現在までに、7月以降でありますが、128頭ということでありますし、それからクマにつきましては11頭ということでありまして、頭数の関係で日当たりとそれから1件当たりというぐあいにさせていただきました。 ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。 ○議 長(岡嶋正広君) 暫時休憩します。       (午前 9時49分) ◎再  開 ○議 長(岡嶋正広君) 再開いたします。       (午前 9時51分) ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第136号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第137号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第138号について質疑ございませんか。
     9番、栄田秀之議員。 ○9 番(栄田秀之君) 2点、お伺いします。  改正により延滞金と還付加算金が年々、変動することになりますが、毎年、いつごろに国内銀行の貸出約定平均金利が決定し、公表となりますか伺います。  もう1点は、国内銀行の貸出約定平均金利が参考例では1%に設定して説明がありましたが、現在の国内銀行の貸出約定平均金利は1%ですか、幾らになってますか、お伺いいたします。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) 税務課長に答弁させます。 ○議 長(岡嶋正広君) 税務課長。 ○税務課長(岩見一郎君) お答えしたいと思います。  今回の条例の改正の中で、いわゆる特例基準割合を持ってくるところの根拠が変わっております。これにつきましては、12月15日というふうになっておりますけど、休みになりますので、までに財務大臣が告示するということになっております。既にファクス等では流れてきておりますけれども、財務大臣が告示するのは15日ということでございます。  それから、現在の市中金利でございますけども、おおむね1%ということでございますが、恐らく0.9%で公表されるというふうに承知しております。 ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第139号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第140号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第141号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第142号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第143号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第144号について質疑ございませんか。  8番、小倉一博議員。 ○8 番(小倉一博君) 議案第144号の一般会計補正予算の第8号について、何点かお尋ねをしたいと思います。  予算説明書のほうでお願いしたいと思うんですけど、事業番号が936の本庁舎の耐震補強事業、今回、仮庁舎の改修工事費用が出されました。どの程度の仮庁舎を予定されてるのかということをちょっとお尋ねしたいのと、それから仮庁舎の賃借料が60万円、入れてありますけども、これは相当、期間に30万円ずつお支払いするようになるのかどうかということをお尋ねしたいと思います。  それと、事業番号が914番目の郡家駅のコミュニティ施設整備事業について、用地購入費が3,409万円ほど組んであります。これはJR用地かどうかということを確認したいのと、それから移転補償の5,000万円の説明をお願いしたいと思います。  それから、事業番号362の防災対策費について、広域避難用にテレビ5台を購入するようにしてるんですけども、105万円というのはどういうテレビになるのか。ちょっと高いんじゃないかなと思うんですけど、その辺の説明をお願いしたいと思います。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) まず、1点目の仮庁舎の関係でございます。本日、全協でちょっとお話をしたいというふうに思っているところでございますが、仮庁舎につきましては郡家地内の空き工場といいますか、そこを主体に借りたいというところです。実際、全ての現在の本庁舎の職員が入れませんので、一部は耐震の期間中、八東庁舎で業務を遂行したいというところでございます。  期間につきまして二月と書いてございますのは、平成25年度の年度末の期間のみ、今回、平成25年度の予算で予定をさせていただいたというところであります。  それから、コミュニティ施設の関係であります。3ページの事業番号914ということでございますが、用地購入費につきましては、小倉議員の言われましたように、JRの用地の関係でございます。  それから、5,000万円の補償費の関係でございますが、JRの駅舎、それから倉庫、それから電気関係の移転補償に伴います補償費というところであります。  それから、最後に防災関係のテレビの関係でございますが、5台を予定いたしております。事業説明書にありますように、配置先を記載してございますが、1台当たり約21万円ということでございまして、大きな避難所施設になりますので、現在のところ、40インチ程度のテレビを計画しているというところであります。 ○議 長(岡嶋正広君) 8番、小倉議員。 ○8 番(小倉一博君) 本庁舎の耐震事業については、早期に施工していただきたいなというぐあいには思っているわけですが、仮庁舎について船岡、八東の庁舎が大変あいてるわけですね。そういう中で、一部は八東庁舎を使われるということですけども、あいている船岡、八東の庁舎の使用の検討は十分されたのかということを一つ確認しておきたいのと、それから郡家駅のコミュニティ事業について、移転補償の5,000万円と言われますけど、JRに対して駅舎も含めて改修するわけですね。そういう中で、余りにもJRに遠慮し過ぎとるんではないかというぐあいに思うわけですね。その辺のお考えと、それから事業費が3億7,000万円ほどかかるわけですけど、八頭町の表玄関という意味では非常に重要な施設ではあるわけですけども、町の財政規模を考えたときに、3億7,000万円の事業は非常に大きいのではないかという御意見をお持ちの方も随分おられるわけですね。その辺の考えをちょっとお伺いしておきたいと思います。 ○議 長(岡嶋正広君) 小倉議員、質疑でございますので、考えとかそういうのではなくて、議案についての質疑をということでお願いしたいと思います。 ○8 番(小倉一博君) では、質疑のやり方を変えたいと思いますけど、八東庁舎と船岡庁舎を仮庁舎として検討したかどうかということ。  それから、コミュニティ施設については、JR部分との費用の分担について、JRとの協議について、どのような協議があったかを報告していただきたい。  それから、町民とのコンセンサス、その辺をどのようにとられたか、駅舎整備について、お伺いしたいと思います。 ○議 長(岡嶋正広君) 町長職務代理者。 ○町長職務代理者副町長(吉田英人君) 本庁舎の各課の配属というのは、小倉議員御存じだと思いますが、下のほうに総務課、それから福祉環境課、税務課、出納室というところであります。1階を先ほど言いました空き工場といいますか、そちらに全て移転をしたいというふうに考えておりますし、八東庁舎につきましては、現在、2階に建設課、産業観光課、農業委員会がございますが、その3課を八東庁舎にというふうに考えております。八東なり船岡の庁舎の移転を検討したかということでございますが、八東につきましては今、申し上げたとおりでございますし、船岡庁舎につきましては基本的に空きスペースがないというふうに検討の中で判断し、今、話しましたような形態で来年度、事務を進めたいというところであります。  郡家駅のことにつきましては、企画課長に答弁させます。 ○議 長(岡嶋正広君) 企画課長。 ○企画課長(川西美恵子さん) 小倉議員の質疑にお答えいたします。  移転補償費が高額ではないかということでございますが、これは補償算定の算定業務を委託しておりまして、委託業務の中で出された金額でございます。これにつきましては、合併特例債の起債の対象となりますので、補償算定によりまして一般財源の支出が少なくなるということでございます。これは補償算定業務によります金額ということでございます。  それから、これまで住民とのコンセンサスができているのかどうかということでございますが、従来からも説明させていただいておりますけれども、平成20年から郡家駅周辺整備検討委員会等を設置し、それから郡家駅周辺整備基本計画策定委員会を設置し、それからパブリックコメント等もとりながら、住民の御意見をいただきながら進めてまいったというところでございます。  以上です。 ○議 長(岡嶋正広君) ほかに質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第145号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第146号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第147号について質疑ございませんか。
                (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(岡嶋正広君) 次に、議案第148号について質疑ございませんか。             (質疑なし) ○議 長(岡嶋正広君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  以上、議案第133号から議案第148号までの16議案についての質疑を終わります。 ◎議案の付託 ○議 長(岡嶋正広君) お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第133号から議案第148号までの16議案は、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。             (異議なし) ○議 長(岡嶋正広君) 御異議なしと認めます。  よって、議案第133号から議案第148号までの16議案は、お手元の付託表のとおり付託することに決しました。 ◎散  会 ○議 長(岡嶋正広君) お諮りいたします。  本日の会議はこの程度にとどめ、散会いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか             (異議なし) ○議 長(岡嶋正広君) 御異議なしと認めます。  よって、本日はこれにて散会することに決定いたしました。  本日はこれにて散会いたします。  なお、次の本会議は、12月9日、午前9時30分から再開いたします。     (平成25年9月6日 午前10時17分散会)   会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。  議  長  署名議員  署名議員