八頭町議会 > 2011-11-17 >
平成23年第13回臨時会(第1日目11月17日)

ツイート シェア
  1. 八頭町議会 2011-11-17
    平成23年第13回臨時会(第1日目11月17日)


    取得元: 八頭町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-31
    平成23年第13回臨時会(第1日目11月17日)         平成23年第13回八頭町議会臨時会 会議録 (第1号)   招集年月日  平成23年11月17日 招集の場所  八頭町議会議場 開   会  平成23年11月17日 午前9時30分宣告        (第1日) 応招議員    1番 小倉 一博   2番 谷本 正敏   3番 桑村 和夫    4番 小林 久幸   5番 下田 敏夫   6番 川西 末男    7番 矢部 博祥   8番 栄田 秀之   9番 池本  強   11番 岡嶋 正広  12番 川西  聡  13番 河村 久雄   16番 山本 弘敏  17番 西尾 節子  18番 森山大四郎 不応招議員   15番 谷口美佐子 出席議員  応招議員に同じ 欠席議員  不応招議員に同じ
    地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名  町  長    平木 誠  副町長      井山愛治  教育長    西山淳夫  総務課長    吉田英人  船岡支所長    山根祐一  八東支所長  西川孝行  税務課長    岩見一郎  企画課長     薮田邦彦  福祉環境課長 勝原宣則  保健課長    小林 孝  産業観光課長   小林孝規  建設課長   野崎正実  上下水道課長  保木本妻枝 地籍調査課長   平木章治  会計管理者   土橋芳子  人権推進課長   植木俊明  教育委員会事務局次長          前田 健  農業委員会事務局長          前田康博  男女共同参画センター所長          林 仁美 本会議に職務のため出席した者の職氏名   議会事務局長 山本政明   主任 寺坂武文 町長提出議案の題目   平成23年度八頭町一般会計補正予算(第9号) 議事日程   別紙のとおり 会議録署名議員   8 番 栄田秀之議員  9 番 池本強議員              議 事 日 程 (第 1 号)               平成23年11月17日(木)午前9時30分開議 日程 第 1 会議録署名議員の指名  〃 第 2 会期の決定  〃 第 3 議案第118号 平成23年度八頭町一般会計補正予算(第9号) ◎開会宣告                   (午前9時30分) ○議 長(森山大四郎君) 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員は15名で定足数に達しております。  よって平成23年第13回八頭町議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。  ただいまから本日の会議を開きます。 ◎議事日程の報告 ○議 長(森山大四郎君) 本臨時会の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。 ◎会議録署名議員の指名 ○議 長(森山大四郎君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。  本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により   8番 栄田秀之議員   9番 池本 強議員を指名いたします。 ◎会期の決定 ○議 長(森山大四郎君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 御異議なしと認めます。  よって、会期は本日1日限りとすることに決定いたしました。 ◎議題の宣告 ○議 長(森山大四郎君) 日程第3 議案第118号 平成23年度八頭町一般会計補正予算(第9号)を議題といたします。 ◎提案理由の説明 ○議 長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。 ○町 長(平木 誠君) 皆さん、おはようございます。  それでは先ほどありましたように、議案第118号につきまして提案理由を述べさせていただきたいと思います。平成23年度八頭町一般会計補正予算(第9号)であります。このたび台風15号関連の災害復旧費用と喫緊の項目につきまして補正をお願いするものであります。今回補正させていただきます額は歳入歳出それぞれ4,300万9,000円を追加させていただきます。  初めに歳入ですが、国庫支出金では、公共土木施設災害復旧費国庫負担金1,800万円余り、県支出金の林道施設災害復旧費県補助金750万円を増額いたしております。  町債は公共土木施設、林業施設災害の復旧事業債など、合わせまして1,750万円を追加させていただきました。  次に歳出であります。総務費では八東地域で消火栓ボックスに備え付けてありました消火栓用の管鎗45本が紛失しておりますので、今回関係集落の火災等の有事に備えまして、管鎗購入のための消防施設管理補助金63万円余りを計上させていただいております。教育費では、定期点検によりまして隼地区公民館の自動火災報知設備の故障が発見されましたので、修繕費用87万円を計上しております。  災害復旧費につきましては、林道施設災害復旧費で林道笹ヶ平線の災害復旧に測量設計費250万円、工事請負費1,570万円を追加させていただいております。  次に公共土木災害復旧費であります。町道ほうき線は台風15号によります災害復旧工事を8号補正でさせていただいておりますが、通常のブロック積工法による復旧を予定しておりましたけれども、八頭県土整備局と協議の結果、2段ブロックの下部部分を大型ブロック積工法などで復旧するよう、の工法で査定を受けるということになりました。このため工事請負費2,700万円余りを増額しております。これに対します補正後の事業費は5,350万円となります。  地方自治法第96条第1項第2号の規定によりまして、本議会の議決を求めるものであります。事情、御賢察いただきまして御可決賜りますようお願い申し上げ提案理由とさせていただきます。 ○議 長(森山大四郎君) 以上で提案理由の説明を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) これより質疑を行います。  議案第118号について質疑ございませんか。 ○議 長(森山大四郎君) 11番、岡嶋議員。 ○11番(岡嶋正広君) 本議案について若干質疑したいと思います。以前、消防の管鎗の紛失に関する補助金の件でございますけども、以前船岡地域の済美ですけれどこのようなことがありまして、その時は通常規定では3分の1の補助であるけども、その時に関しては2分の1の補助を行ったという事例がございます。今回10分の9の補助とされた根拠をお伺いしたいと思います。また、2分の1の補助と10分の9の補助、10分の5の補助と10分の9の補助ですね、このことについての整合性をどうとらえるのか。町民へ説得力のある説明責任を果たといいますか、責任を果たすということについての理由といいますか、どういう理由があるからこういうことにしたというか、そういうことをもう少し明らかにしていただきたいなと思います。見解を求めてみたいと思います。 ○議 長(森山大四郎君) 町長。 ○町 長(平木 誠君) これにつきましては岡嶋議員ご指摘のとおりでございまして、以前船岡地域で管鎗が盗難にあった経過がございます。通常3分の1の補助のところを2分の1補助ということでさせていただきました。その時は本数が少なかったわけでありますし、部落負担としてそれぞれ耐えうるといいますか、部落としてもそのくらいでしたらなんとかしようという中で補助率も決めさせていただき、議会のご理解も得たというふうには思っております。今回につきましては盗難だろうというふうに思っておりますけれども、集落あたりの本数が非常に多いわけであります。これをみますときに1本1万5,000円する管鎗が10本単位で計算しますと、すごい負担になるというわけでございまして船岡地域で負担していていただいたような集落に対しましての負担のあり方を考えさせていただきましたし、もう1点少ない集落もあるわけですが今回は同一の事件というふうに考えておりまして、このあたりは御理解を賜りたいなというふうに思っております。 ○議 長(森山大四郎君) 岡嶋議員。 ○11番(岡嶋正広君) 理解したいなというふうには思うんですけども、負担が多い少ないというその線引き、たとえば集落80戸ある集落もあれば10戸足らずの集落もある。そういうことを考えてどうなのか。その負担が多いというところの線引きが出来ていないような気がするということと、ケースバイケースで対応しているような感じがせんでもありません。そういうふうに町民にとられても仕方がないのではないかなと思います。この辺どういうふうに思われるのかどうなのか。戸数が何戸あって負担が多い少ないと決めるその辺の線引きといいますかそういうものをどういうふうにとらえるのか、もう少しその辺お伺いしたいなというふうに思います。 ○議 長(森山大四郎君) 町長。 ○町 長(平木 誠君) 集落のいろいろな負担につきましては水道とか下水も含めまして補助率をアップさせていただきまして、集落の公民館をお建てになるというふうなときでも倍の補助を出しておりますし、軽減の方につきましても10戸を境として軽減対策もさせていただいております。そういう部分があるわけでございますけれども、それが全ての事に適応になっていないのも確かであります。そいう部分を見直しする時があれば見直したいと思います。例えば町道改良なんかで10%の負担をしていただいております。1戸当たりの上限を設けまして10%ですね。大きい集落、小さい集落があるわけですが、上限を設けさせていただいているというふうな例もありますし、今回10戸というのがないとは思いますが、このあたりいろんな部分で細かい1件当たりっていうことにつきましてはよくわかるんですが、なかなかそういう負担割合をきちっと決めていくっていうのは難しいんじゃないかと思っております。 ○議 長(森山大四郎君) 岡嶋議員。 ○11番(岡嶋正広君) 私、常々普段から感じているんですけど町民を守るための設備、そういうものに補助金規定を設けて対応するというのは果たしていかがなものかなと思うわけであります。町民を災害から守るという事は行政に課せられた当然のミッションであるというふうに考えます。無くなったから補助するとか古くなったから更新するのに補助するというふうなことは、やはり私はなじまないのではないかなというふうに思います。町民を災害から守るための設備・備品を補助金規定で対応するということではなくて、もっと行政の責務だということを表向きに出したやり方、そういうふうなことを今後考えていただいた方がいいんじゃないかなというふうに思います。いかがでしょう、この点について最後答弁を求めて質疑を終わりたいと思います。 ○議 長(森山大四郎君) 町長。 ○町 長(平木 誠君) おっしゃる意味はよくわかるんですが、全て町が持つということは不可能に近いというふうに思っております。ある程度災害関連といいますか、そういう部分はよくわかるんですけれども町が持たしていただくべきところは持たしていただいておりますし、やはり地元にもみなさんにある程度負担していただくというのが今までのスタンスであります。話はよくわかるんですが、現実問題としてなかなか難しい問題があると思います。 ○議 長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。 ○議 長(森山大四郎君) 8番、栄田議員。 ○8 番(栄田秀之君) 例えば管鎗口が45本無くなって今日議決して購入して設置するとなるといつ頃の予定になるのかということと、それまでの間集落によっては40%から50%ぐらいの管鎗口が無くなっているということですので、火災等の緊急の場合に予備とか臨時的な検討をしていただきたいなというお願いです。 ○議 長(森山大四郎君) 町長。 ○町 長(平木 誠君)確認はしておりませんが買っておられる集落もあるとは思いますが、あくまで補助ですから補助金という建前を持っております。1週間ぐらいで入るということになっておりますので。 ○議 長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。 ○議 長(森山大四郎君) 16番、山本議員。
    ○16番(山本弘敏君) 確認も含めてお伺いしたいんですが、今後、今、済美地区が半分とこれが10分の9という格好なんですが、今後また管鎗が無くなった、例えば1本、2本ということも無きにしもあらず。うちのところも管鎗をとられた経過がございまして、これは鍵をかけておくわけにもなりませんし、だいたい道べりの便利のいいところばかりに置いておりますんで、とる方としてはとりやすい状況だということになるんですが、今後こういうことが発生しないとも限りませんが、今後の補助制度はやはり3分の1でいかれるのか、上限によって半分になるのか、今回のような状況の中で助成されるのか、その辺はどのようにお考えかお伺いしたいと思います。 ○議 長(森山大四郎君) 町長。 ○町 長(平木 誠君) あくまで今回は盗難だろうという推測の中で議会にも相談をさせていただきました。今後こういう事態が起きるとすれば議会の方にも相談させていただき、町の考え方また議会のご意見等も賜って補助は決めていきたいと、あくまで3分の1は基準として残しておりまして、盗難とか不慮のものにつきましては改めてお話させていただきたいと思います。 ○議 長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。                (質疑なし)  質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) これより議案第118号について討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  議案第118号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第118号 平成23年度八頭町一般会計補正予算(第9号)は、原案のとおり可決されました。 ◎閉会宣告 ○議 長(森山大四郎君) これをもちまして、本臨時会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。  よって、平成23年第13回八頭町議会臨時会を閉会いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 御異議なしと認めます。  よって、平成23年第13回八頭町議会臨時会を閉会いたします。       (平成23年11月17日 午前9時46分閉会)   会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。  議  長  署名議員  署名議員...