八頭町議会 > 2011-03-25 >
平成23年第 4回定例会(第6日目 3月25日)

ツイート シェア
  1. 八頭町議会 2011-03-25
    平成23年第 4回定例会(第6日目 3月25日)


    取得元: 八頭町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-31
    平成23年第 4回定例会(第6日目 3月25日)         平成23年第4回八頭町議会定例会 会議録 (第6号)   招集年月日  平成23年3月25日 招集の場所  八頭町議会議場 開   会  平成23年3月25日午前9時30分宣告        (第6日) 応招議員    1番 小倉 一博   2番 谷本 正敏   3番 桑村 和夫    4番 小林 久幸   5番 下田 敏夫   6番 川西 末男    7番 矢部 博祥   8番 栄田 秀之   9番 池本  強   11番 岡嶋 正広  12番 川西  聡  13番 河村 久雄   14番 前土居一泰  15番 谷口美佐子  16番 西尾 節子   17番 山本 弘敏  18番 森山大四郎 不応招議員    な  し 出席議員  応招議員に同じ 欠席議員  不応招議員に同じ
    地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名  町  長   平木 誠  副 町 長   井山愛治  教 育 長   西山淳夫  総務課長   吉田英人  船岡支所長   山根貴和  八東支所長   西川孝行  税務課長   岸本博伸  企画課長    薮田邦彦  福祉環境課長  勝原宣則  保健課長   小林 孝  産業観光課長  小林孝規  建設課長    野崎正実  上下水道課長 保木本妻枝 地籍調査課長  平木章治  会計管理者  土橋芳子  人権推進課長  植木俊明  教育委員会事務局次長         前田 健  農業委員会事務局長         前田康博  男女共同参画センター所長         林 仁美 本会議に職務のため出席した者の職氏名   議会事務局長 山本政明   主任 寺坂武文 町長提出議案の題目   人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その1)   人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その2)   平成22年度八頭町一般会計補正予算(第13号)   平成22年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第4号) 議事日程   別紙のとおり 会議録署名議員   6番 川西末男議員  7番 矢部博祥議員              議 事 日 程 (第 6 号)               平成23年3月25日(金)午前9時30分開議 日程 第 1 議案第 21号 若桜鉄道株式会社が所有し又は使用する固定資産に対す                る固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正につい                て  〃 第 2 議案第 22号 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償                に関する条例の一部改正について  〃 第 3 議案第 23号 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正について  〃 第 4 議案第 24号 八頭町職員の給与の控除金等に関する条例の一部改正に                ついて  〃 第 5 議案第 26号 八頭町地域情報通信基盤整備分担金徴収条例の制定につ                いて  〃 第 6 議案第 27号 八頭町辺地に係る総合整備計画について  〃 第 7 議案第 29号 八頭町手数料徴収条例の一部改正について  〃 第 8 議案第 30号 八頭町放課後児童クラブ施設条例の一部改正について  〃 第 9 議案第 31号 八頭町産後ヘルパー派遣手数料徴収条例の制定について  〃 第10 議案第 32号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について  〃 第11 議案第 33号 八頭町債権管理条例の制定について  〃 第12 議案第 34号 八頭町姫路公園条例の一部改正について  〃 第13 議案第 35号 八頭町竹林公園条例の一部改正について  〃 第14 議案第 36号 八頭町ふる里の森条例の一部改正について  〃 第15 議案第 37号 西谷食材供給施設の指定管理者の指定について  〃 第16 議案第 38号 町道の路線認定について  〃 第17 議案第 39号 町道の路線変更について  〃 第18 議案第 40号 平成23年度八頭町一般会計予算  〃 第19 議案第 41号 平成23年度八頭町国民健康保険特別会計予算  〃 第20 議案第 42号 平成23年度八頭町簡易水道特別会計予算  〃 第21 議案第 43号 平成23年度八頭町住宅資金特別会計予算  〃 第22 議案第 44号 平成23年度八頭町公共下水道特別会計予算  〃 第23 議案第 45号 平成23年度八頭町農業集落排水特別会計予算  〃 第24 議案第 46号 平成23年度八頭町介護保険特別会計予算  〃 第25 議案第 47号 平成23年度八頭町宅地造成特別会計予算  〃 第26 議案第 48号 平成23年度八頭町墓地事業特別会計予算  〃 第27 議案第 49号 平成23年度八頭町後期高齢者医療特別会計予算  〃 第28 議案第 50号 平成23年度八頭町上私都財産区特別会計予算  〃 第29 議案第 51号 平成23年度八頭町市場、覚王寺財産区特別会計予算  〃 第30 議案第 52号 平成23年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算  〃 第31 議案第 53号 平成23年度八頭町篠波財産区特別会計予算  〃 第32 議案第 54号 平成23年度八頭町大江財産区特別会計予算  〃 第33 常任委員会付託の陳情書の審査結果について        (教育福祉常任委員会付託陳情書)        平成23年陳情第1号 年金受給資格の短縮を求める陳情              議 事 日 程 (第 7 号)               平成23年3月25日(金)午前9時30分開議 追加日程 第 1 議案第 55号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ                  て(その1) 追加日程 第 2 議案第 56号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ                  て(その2)    〃 第 3 議案第 57号 平成22年度八頭町一般会計補正予算(第13号)    〃 第 4 議案第 58号 平成22年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第                  4号)    〃 第 5 発議第  1号 八頭町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条                  例の一部改正について    〃 第 6 委員会の閉会中の継続調査          (議会運営委員会、総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育福祉           常任委員会、議会広報常任委員会、議会改革調査特別委員会、学校           ・保育所統廃合等調査特別委員会) 議事の経過 ◎開議宣告                    (午前9時30分) ○議 長(森山大四郎君) 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員は17名でございます。  定足数に達しておりますので、これから3月16日に引き続き本日の会議を開きます。 ◎議事日程の報告 ○議 長(森山大四郎君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
    ◎常任委員会委員長議案審査報告 ○議 長(森山大四郎君) 去る3月11日の本会議において、関係常任委員会へ付託いたしました議案第21号から議案第54号まで、32議案の審査結果について、担当常任委員長の報告を求めます。  初めに、総務常任委員会、谷本正敏委員長。 ○2 番(谷本正敏君) 皆さん、おはようございます。  そうしますと、総務常任委員会に付託を受けた議案について報告したいと思います。  本委員会に付託を受けた議案は審査の結果、下記のとおり決定いたしましたので、会議規則第77条の規定により報告させていただきます。  議案第21号から議案第54号までの12議案は原案可決といたしたい。理由といたしましては、その提案の趣旨を認めた。  以上で終わります。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、産業建設常任委員会、桑村和夫委員長。 ○3 番(桑村和夫君) 皆さん、おはようございます。  それでは、産業建設常任委員会、付託を受けました議案について審査の結果を報告させていただきます。  会議規則第77条の規定により報告をいたします。  議案第33号 八頭町債権管理条例の制定について  議案第34号 八頭町姫路公園条例の一部改正について  議案第35号 八頭町竹林公園条例の一部改正について  議案第36号 八頭町ふる里の森条例の一部改正について  議案第37号 西谷食材供給施設の指定管理者の指定について  議案第38号 町道の路線認定について  議案第39号 町道の路線変更について  議案第42号 平成23年度八頭町簡易水道特別会計予算  議案第44号 平成23年度八頭町公共下水道特別会計予算  議案第45号 平成23年度八頭町農業集落排水特別会計予算  議案第47号 平成23年度八頭町宅地造成特別会計予算  審査の結果を報告をさせていただきますと、議案第33号及び議案第37号から議案第47号までの8議案は、原案可決といたします。  議案第34号から議案第36号の3議案は修正し、修正部分を除く原案は可決といたします。  理由といたしまして、議案第33号及び議案第37号から議案第47号までの8議案は、提案の趣旨を認めました。  議案第34号から議案第36号の3議案は、それぞれの別表備考に、団体割引表記を加えたいと思います。  さらに、議案第36号については別表備考の消費税、内税の表記が入っておりますので、これを削るのが適当と判断をいたしました。  以上でございます。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、教育福祉常任委員会、小倉一博委員長。 ○1 番(小倉一博君) おはようございます。  議案審査報告をいたします。  教育福祉常任委員会に付託を受けました議案は審査の結果、下記のとおり決定いたしました。  会議規則第77条の規定により報告をいたします。  審査結果は、議案第22号から議案第49号まで9議案は、提案の趣旨を認め原案可決といたしたい。  以上です。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) ただいま、各常任委員会委員長から、議案第21号から議案第54号までの32議案について、審査結果についての報告がありました。  一括して委員長に対する質疑に入ります。  初めに、総務常任委員会委員長に対する質疑に入ります。  質疑ございませんか。                (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて、総務常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) 次に、産業建設常任委員会委員長に対する質疑に入ります。  質疑ございませんか。                (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて、産業建設常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) 次に、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑に入ります。  質疑ございませんか。                (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。  以上で、各常任委員会委員長に対する審査結果についての質疑を終わります。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) これより議案第21号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第21号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第21号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第21号 若桜鉄道株式会社が所有し又は使用する固定資産に対する固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第22号について、討論を行います。  原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決
    ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第22号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第22号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第22号 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第23号について、討論を行います。  原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第23号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第23号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第23号 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第24号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第24号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第24号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第24号 八頭町職員の給与の控除金等に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第26号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第26号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第26号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第26号 八頭町地域情報通信基盤整備分担金徴収条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第27号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第27号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第27号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第27号 八頭町辺地に係る総合整備計画については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第29号について、討論を行います。
     まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第29号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第29号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第29号 八頭町手数料徴収条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第30号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第30号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第30号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第30号 八頭町放課後児童クラブ施設条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第31号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第31号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第31号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第31号 八頭町産後ヘルパー派遣手数料徴収条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第32号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。  15番、谷口議員。 ○15番(谷口美佐子さん) 賛成討論です。  これは、出産育児一時金の分で4万円上げて支給されるということでありますが、出産に対してはいろいろ費用がかかるわけです。高額な入院代ほか、大変助かると思います。1人の子供さんを出産するかどうかと決めるということは、なかなか若い世代では難しいことがあります。そういう中で、この少子化の世代でもあります。頑張って出産していただいて元気に、健やかに育児してあげれるよう、わずかな4万円上げるということなんですが、頑張っていただけたらいいなと思いまして、賛成討論といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第32号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第32号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第32号 八頭町国民健康保険条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第33号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
     討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第33号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第33号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第33号 八頭町債権管理条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎休  憩 ○議 長(森山大四郎君) 暫時休憩します。      (午前 9時49分) ◎再  開 ○議 長(森山大四郎君) 再開いたします。      (午前 9時55分) ◎修正案討論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案が提出されています、議案第34号について討論を行います。  まず、原案に賛成者の発言を許します。  原案に賛成の討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 結果がどうなるかわかりませんけども、私自身としては、本会議の2日目にこの問題を質疑しました。それでやっぱり質疑してよかったなと思ってます。これ、結果がどうなるかわからないけども。  まず最初に、産業建設常任委員会でこういう修正を諮ったということに対して、私自身は本当に敬意を表したいというぐあいに思います。  屋上屋を重ねるかもしれませんが、団体割引というのは、生活になじんでいる一般常識的なことですから、これを取り入れるというのは、ごく当たり前の話で、これは修正が最もだと、ふさわしいということを申し上げて、賛成討論といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  原案に賛成の討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎修正案採決 ○議 長(森山大四郎君) これから、議案第34号の採決を行います。  本案に対する委員長の報告は、修正です。  まず、委員会の修正案について、起立によって採決します。  委員会の修正案に賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  したがって、委員会の修正案は、可決されました。  次に、ただいま修正議決した部分を除く原案について、採決します。  お諮りいたします。  修正議決した部分を除く部分については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。  したがって、議案第34号 八頭町姫路公園条例の一部改正についての修正議決した部分を除く部分は、原案のとおり可決されました。 ◎修正案討論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案が提出されています、議案第35号について討論を行います。  まず、原案に賛成者の発言を許します。  原案に賛成の討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 34号と同じ趣旨で、今の議長の口上に言われた案に賛成いたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  原案に賛成の討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。
    ◎修正案採決 ○議 長(森山大四郎君) これから、議案第35号の採決を行います。  本案に対する委員長の報告は、修正です。  まず、委員会の修正案について、起立によって採決します。  委員会の修正案に賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  したがって、委員会の修正案は、可決されました。  次に、ただいま修正議決した部分を除く原案について、採決します。  お諮りいたします。  修正議決した部分を除く部分については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。  したがって、議案第35号 八頭町竹林公園条例の一部改正についての修正議決した部分を除く部分は、原案のとおり可決されました。 ◎修正案討論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案が提出されています、議案第36号について討論を行います。  まず、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 議案第34号、35号と同様に修正案に賛成をいたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎修正案採決 ○議 長(森山大四郎君) これから、議案第36号の採決を行います。  本案に対する委員長の報告は、修正です。  まず、委員会の修正案について、起立によって採決します。  委員会の修正案に賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  したがって、委員会の修正案は、可決されました。  次に、ただいま修正議決した部分を除く原案について、採決します。  お諮りいたします。  修正議決した部分を除く部分については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。  したがって、議案第36号 八頭町ふる里の森条例の一部改正についての修正議決した部分を除く部分は、原案のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第37号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第37号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第37号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第37号 西谷食材供給施設の指定管理者の指定については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第38号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。
     議案第38号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第38号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第38号 町道の路線認定については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第39号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第39号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第39号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第39号 町道の路線変更については、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第40号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 申しわけありませんが、この40号には賛成できません。反対討論を行います。  まず、自分の気持ちとして、非常にありがたいなということを第1番目に申し上げたいのは、保健課の衛生費に特定不妊治療の費用が組み込まれました。一般質問でもやりまして、これ町長がすぐに取り上げてくれたなということで、本当に感謝を申し上げたいというふうに思うんです。  反対討論で言うのも何ですが、そういう評価をしたいという面はまた別であります、予算に反対するのはね。それはそれで、私は評価をしたいというぐあいに思いますが、しかし、やっぱり従来いこじだと言われても仕方のないような部分というのがありまして、私自身ちょっとこだわりがありますので、何点か申し上げたいというぐあいに思います。  一々金額まで申し上げませんが、区長文書配付委託料、もうこれは論外だと私は思ってます。  それから、関係者もいらっしゃいますけども、やっぱり同和問題というのは公然と人が人を差別すると。もうそういうような時代ではなくなってるとだれも認めてるわけですね。ですから、やっぱり今日の時点においては卒業しなきゃいけない予算費目ではないかなというぐあいに思います。  例えば、特定団体に対する1,100万円相当の補助金であるとか、あるいは、民生費の同和対策費であるとか、隣保会費であるとか、同和教育費であるとか、そういったものには突っ込んでメスを入れるべきかなと、私は従来そういう主張をしておりまして、この主張を変えるつもりはありません。  それから、納税組合の奨励金、これも従来の主張どおりであります。これも卒業しなければいけないじゃないでしょうか。1,300万円ですね。  それから、今回一般質問でもやりましたけども、防犯灯の補助金ですね。これは144万6,000円八東地域に出てるわけですが、八東地域から選出された議員の私が言うのもおかしいですけど、これは確かに八東地域の方々にとってはプラスです。補助金が100%出るわけですからね。  しかし、これを認めちゃうと、これは大前提なのは、将来的に防犯灯の補助金を全額部落負担に。言葉は適切かどうかわからないけど、かぶせてしまう、全部負担をさせてしまうということが大前提になりますから。  それからもう一つ、郡家地域や船岡地域の集落の人にとっては、これは不公平ですね、やっぱりどう考えても。そういう思いがありますから、これは確かにぱっと見れば八東地域の方々にとっては100%補助金だということでいいんでしょうけども、長期的な展望を考えた場合にこの計上は問題がある、変えるべきだ。一般質問で言った主張のとおりであります。  以上のような事柄を私は思いまして、今回のこの予算には賛成できない。  それから、もう一つ評価するべき点は、やっぱり議会中継なんかが始まるケーブルテレビなんかに関するその予算計上ですね、光の関係、これは大いに評価します。それこそ、しゃれを言うわけじゃありませんが、光を当てる部分も確かにありますが、しかしやっぱり暗い部分があるなと。こういうことを最後に申し上げて、反対討論といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第40号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第40号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第40号 平成23年度八頭町一般会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第41号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 先ほど、同僚の議員が議案第32号の国民健康保険条例の一部改正におきまして、出産一時金のことを評価しまして、賛成討論しました。これはこれです。その部分は、本当に積極的なもんだというぐあいに評価をします。  しかし、全体的な、総称的な、今度は予算ということになりますと、その分は評価するんですよ。しかし、全体的な予算の計上ということになりますと、これも総称的になりますけど、税率が統一になって、いわゆる国保税が本当に住民にとって、本当に負担だなと思われるような、いわゆるそういう組み方ですね。これもいわゆる、そういう現実的な問題があるということで、私はこの予算には賛成できないということを申し上げて、反対討論といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第41号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第41号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第41号 平成23年度八頭町国民健康保険特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論
    ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第42号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第42号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第42号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第42号 平成23年度八頭町簡易水道特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第43号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第43号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第43号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第43号 平成23年度八頭町住宅資金特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第44号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) ほとぼりも冷めないうちにという言葉がありますけども、12月議会で、次の45号にも関連するんですが、いわゆる料金統一ですね、分担金の。いろいろるる申し上げて、詳しいことは申しませんが、反対しました。  それで、こういうことを言うのもなんですが、ほとぼりの冷めないうちに、それを前提とした、その新規加入者の方のいわゆる統一しなくてもいい、そういう分担金を前提とした予算ですから。ほとぼりの冷めないうちにと私は申し上げましたが、こういうことを申し上げます。今後、そういう分担金を前提としたものではあっても、本当に公共下水や農業集落排水が、本当に役に立ってると、これは評価するべき点があると、こういうことを思ったときには、私は考え方は変えたいというように思いますが、今現在では12月議会の考え方をちょっと踏襲しまして、この44号には賛成できません。  以上であります。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第44号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第44号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第44号 平成23年度八頭町公共下水道特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第45号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 議案第44号と同様に、私は反対いたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第45号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第45号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第45号 平成23年度八頭町農業集落排水特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。
    ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第46号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第46号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第46号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第46号 平成23年度八頭町介護保険特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第47号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第47号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第47号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第47号 平成23年度八頭町宅地造成特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第48号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第48号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第48号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第48号 平成23年度八頭町墓地事業特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第49号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第49号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第49号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第49号 平成23年度八頭町後期高齢者医療特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第50号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決
    ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第50号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第50号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第50号 平成23年度八頭町上私都財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第51号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第51号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第51号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第51号 平成23年度八頭町市場、覚王寺財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第52号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第52号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第52号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第52号 平成23年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第53号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第53号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第53号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第53号 平成23年度八頭町篠波財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第54号について、討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  お諮りいたします。  議案第54号に対する委員長の報告は、原案可決であります。  議案第54号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は、起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第54号 平成23年度八頭町大江財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。 ◎議題の宣告 ○議 長(森山大四郎君) 日程第33 常任委員会付託の陳情書の審査結果について、去る3月9日の本会議において、関係常任委員会へ付託いたしました平成23年陳情第1号の審査結果について、担当常任委員会委員長の報告を求めます。
     教育福祉常任委員会、小倉一博委員長。 ○1 番(小倉一博君) 陳情審査の報告をいたします。  教育福祉常任委員会に付託を受けました陳情は、審査の結果、下記のとおり決定いたしましたので、会議規則第94条の規定により報告します。  陳情第1号 年金受給資格の短縮を求める陳情については、総合的な年金制度の中で、抜本的な改革を目指すべきだろうということで、不採択といたしました。 ○議 長(森山大四郎君) ただいま、教育福祉常任委員会委員長から、平成23年陳情第1号、1件の審査結果についての報告がありました。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) 教育福祉常任委員会委員長に対する質疑に入ります。  質疑ございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 委員長、まず委員会での採決の件ですが、前回も同じ趣旨のこの陳情が出まして、賛成何人か、反対何人かで決まったと思います。そのときの採決と今回の採決は同様でしたかというのが、これが1つですね。  それから、二つ目は、前回の審査報告書の、先ほど委員長が述べられた理由ですね。これ違ってるんですね、前回は。前回は、同じ趣旨の年金受給資格の短縮を求める陳情で、前回の不採択の理由は、年金受給資格の短縮10年。この10年というのは、根拠がないためと、こういう理由だったですね。間違いありませんね。  じゃあ今回、どうしてこのような理由に変えられたのか。全く趣旨は同じだったと思います。文面は変わってますけどね、陳情書そのもの自体の。いわゆる不採択の理由の変化、これはなぜなのか。  この以上の2件、お願いします。 ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) 審議内容については、前回とどうかということですが、前回とほぼ似たようなあれでしたですけど、多少というか御意見としては違ってたんではないかなと思っております。  というのは、陳情者の方のほうからの御要望で、陳情者の御意見をお伺いしました。その中で、慎重審議を行ったというぐあいに思っております。  2点目の理由が変えてあるがということですが、前回と同じ陳情でしたので、同じ理由でよかろうとは思うんですが、前回に申し上げた10年に根拠がないということも含めて、委員会内部の議論が、総合的に見て現状の年金制度がよろしくないというような部分については合意が図れたというような気持ちでおります。  ですから、ここに書いているように、抜本的な改革をするべきであって、部分的な改革が現状にはそぐわないというような観点から、このような理由にさせていただきました。  以上です。 ◎休  憩 ○議 長(森山大四郎君) 暫時休憩します。      (午前10時31分) ◎再  開 ○議 長(森山大四郎君) 再開します。        (午前10時32分) ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) お答えしたつもりなんですけど、前回とだからまるっきり一緒ではないですが、ほぼ似たよう結果だったというぐあいに思っております。 ◎休  憩 ○議 長(森山大四郎君) 暫時休憩。         (午前10時33分) ◎再  開 ○議 長(森山大四郎君) 再開します。        (午前10時33分) ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) 失礼しました。  採決内容は、一緒です。 ○議 長(森山大四郎君) 12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) では、2回目の質問します。  ちょっと揚げ足取るような質問しますけども、質疑しますが、理由を見て思ったのは、委員長いいですか、この理由ですね、総合的な年金制度云々の中で、これはこの陳情書が出された意見書の案の内容をよく読んでみましたら、この理由だったら、委員長の報告された理由だったら、これ採択ですよ。よく見てください。抜本的な改革を目指すべきと考えられる。  それで、この意見書にはどういう文言があるかといったらね、こういう文言があります。ちょっとすいませんが、一番最後の方にこういう文言があるんですよ。受給資格期間を10年に短縮することは、無年金者の解決につながり納付の意欲を高め、納付率の向上にもなる。これ、抜本的な改革ですよ、今すぐじゃないから。だから10年に短縮するということは、そうなります。  それから、その後、これが大事なんだな。国の社会保障審議会年金部会においても、受給資格期間の見直しがテーマの一つになっており、おおむね10年程度に短縮すべきとの意見が多いと伝えられてる。こうした議論も踏まえ、国際的に見ても長過ぎる現行の年金受給資格期間25年を、早急に10年に短縮していただくよう強く要請しますと意見書が出てるんですね。  ということは、つまり、この揚げ足取り的な質疑して申しわけないけど、委員長の報告された、総合的な年金制度の中で抜本的な改革を目指すべきと考えられるために、この陳情は採択をするべきだと、こういう結論にならざるを得ないと、この理由だったらですよ。私はそのように思うんですけども、そのような、審議が6人の間でされませんでしたか。 ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) 意見書の文章の内容はですね、とり方によってもいろいろとれますが、審議の中で提出者の御意見が、現状の保険制度の上で10年に短縮というような御発言がございましたので、その辺も含めて委員会として判断をいたしました。 ○議 長(森山大四郎君) 12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) いや、委員長、答えになってないですよ。  この理由がふさわしくないと思うんですよ、僕は。この理由であれば、先回の理由だったら、ああ、なるほどなとわかるような気がするんですけど、だけどこの理由だったら、もう一回言いますよ。総合的な年金制度の中で抜本的な改革を目指すべきと考えられると、この現状の年金受給資格が25年というのは。  だから、この陳情は採択をするべきだと。こういう結論にならざるを得ないんじゃないのかなと。浅はかな知恵を持ってすれば、そういうことを思うんですが、そういう審議がされなかったかどうか。  この理由であれば、委員長、ちょっと待ちなさいよ。この理由だったら、採択ということに考えられるじゃないかという、そういう審議がされなかったのかどうかということを私はお聞きしているわけでございます。 ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) 委員の皆さんも現状の年金制度でいいというぐあいには思っておられんようですので、そういう部分で思われた方もおられたかもわかりません、おっしゃるようにね。  ただ、全体として、現状の中で一部の改革点だけを要求していけば、年金制度自体が変わらなかったら混乱を来すだけというような判断のもとに決めました。 ○議 長(森山大四郎君) ほかに、質疑ございませんか。  15番、谷口議員。 ○15番(谷口美佐子さん) 私は、この審議をしている教育福祉常任委員会の傍聴をさせていただいております。  それで、不採択になってるんですけれども、質疑といたしまして、前回も不採択であったということが主に私は理由のように思いました。その点を深く余り何か審議しとられなかったようですが、委員長としてもそのときは、賛成・反対は2対2のようでしたし、それで最後1人欠席でしたから、委員長の判断で3対2みたいになって決まったようですが、その委員長の思惑というのがちょっと私はわかりませんので、質問をいたします。不賛成にされた、3の方に回られた理由。 ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) 1点ちょっとお断りしておきたいと思いますけど。前回ありきの判断でしたとは思っておりません。委員会としても、いろいろ御意見を伺っておりますので、その中で最後、委員長判断ということもありましたけども、私自身も先ほど申し述べたとおり、年金制度については根幹から変えていくべきであろうし、現政権もそのことを言っております。  そういう中で、部分的な改革だけをこちらから提案することが果たしていいことかなという思いはあります。  以上です。 ○議 長(森山大四郎君) ほかに、質疑ございませんか。  16番、西尾議員。 ○16番(西尾節子さん) 私も同じようなことですけど、時代背景がニートとかいろいろ定職を持たない人が多い時代にあって、やっぱり谷口議員のように傍聴しておりませんけど、そのあたりの背景が変わってるということが一つありますし、やっぱりこれは認めるべきだというふうな思いもありますので、そのあたりの議論が、今委員長のあれでちょっとはわかったわけですけども、やっぱり反対的な思いもありますので、そういう討論がもうちょっと詰めてほしかったなという思いもあります。  再度、質問しましても答えは同じようなことだろうというふうに思いますが、そのあたりをもうちょっと詳しく教えていただきたいと思います。 ○議 長(森山大四郎君) 小倉委員長。 ○1 番(小倉一博君) 委員会の中の議論の経過を事細かに言う必要を私は感じておりませんが、内容としましては、現行の制度自体には皆さんが触れておられます。そういう中で、確かに間に合ってないなという感想でございます。  ただし、この意見書にあります点については、例えば、現時点の制度ですね、10年に変えた場合、今までまじめに払ってきておられる方については、どういうぐあいに考えるのかとか、そういう指摘もありましたし、10年にした場合、余分なことですけども、月額が1万円か2万円ぐらいの支給になるわけですね。そういう中で、かえって混乱をするのではないかというようなこともありました。  そういうことで、いろいろ審議はさせていただきました。  以上です。 ○議 長(森山大四郎君) ほかに、質疑ございませんか。                (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) これより、平成23年陳情第1号について討論を行います。  まず、陳情に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。  14番、前土居議員。 ○14番(前土居一泰君) 14番です。  私は、委員会で賛成意見を述べまして、その内容をこの場で述べて賛成の討論にしたいと思います。  確かに、現在の年金制度には問題点があるかもしれませんですけど、国会の状況等いろいろ見た場合に、早急に解決できないんじゃないだろうかと、そういうような思いをしております。ひとまず大きな問題点等について、改正をすべきだと。  問題点としては、まず無年金者を少しでも減らすということ。さらに、掛け捨てという形になるような立場の人を減らすと。そういう意味で、10年でもやっぱし、年金を払うようにすべきだと、こういう考え方のもとに賛成をいたします。  以上です。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。  16番、西尾議員。 ○16番(西尾節子さん) 私はやっぱり、今の若いもんが年金は当てにならんと言って、現在もお金がないし、払いたくないというふうな、そういう思いがあるようですし、総合的な判断という政策。国が総合的に考えようとしてる態度はわかりますけども、いつのことかわからないような感じがしますんで、できるとこからというふうな思いがありまして、この意見書に賛成したいというふうに思います。
    ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。  15番、谷口議員。 ○15番(谷口美佐子さん) この25年まで納めないともらえないっていうのは、日本の大きな反省するところない年金保険制度だと思います。25年も払っているというところは、ただずっと調べました。調べてあります、この資料に。チェコスロバキアも25年であります。しかし、チェコスロバキアは受給資格年齢は61歳と10カ月とありますし、子供を養育していない女性は60歳から受給されるということです。  なお、65歳から受給する場合は15年ということがありますし、10年を今、受給資格期間として持っているのは、アメリカ、韓国でございます。    ドイツやイタリアは5年です。アイルランドも5年です。  こういう、我が国の国民年金の納付率が今すごく減ってると書いてあります。この陳情の趣旨の中に56%となっているようです、平成22年の11月現在で。今は本当に不況による所得の落ち込みと、将来もらえるかどんなかわからないっていう若者の思いは、年金制度に本当に不信があるからだと思います。年金制度を本当に維持していくためには、制度に不信を持つことを解消することが大事ではないかと思いますし、納付率の悪化を食いとめるということでもありますが、納付率の向上でも徴収強化ではなく、みんなが安心できる年金制度の確立が大事ではないかという趣旨を言っておりますが、私もそのとおりです。  実は、私は全日本年金者組合に加入しておりまして、10年も前から年金制度のことをずっと学習してきております。受給資格を10年に短縮するということは、無年金者の解決にも本当につながるわけです。納付の意欲を高めて、納付率の向上にもなっていくものだと思います。  ですから、私は日本の国の社会保障審議会の年金部会におきましても、受給資格期間の見直しがテーマの大きな一つになっております。10年間に短縮すべきだという意見が多いと伝えられております。国際的にも長過ぎる現行の年金受給資格期限の25年から10年にするということは、当然だと思って勉強いたしました。  それで、この陳情に対する討論は賛成していただきたい思って、賛成討論といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。  12番、川西 聡議員。 ○12番(川西 聡君) 私は今、同僚の議員がるる詳しく申し上げましたんでちょっと横着をしますが、やっぱり、この審査報告書がひっかかります。抜本的な改革を目指すべきだと考えられるためであるならば、いわゆる意見書もよく検討されれば、例えば、無年金者の解決だとか、納付の意欲を高める納付率の向上だとか、そういったことは抜本的な改革です。  ですから、このいわゆる理由に基づけば、この陳情が採択されるのは当たり前なんだということを私は主張して、賛成討論といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、平成23年陳情第1号を採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  この陳情に対する委員長の報告は不採択です。  平成23年陳情第1号を採択することに賛成の方は、起立願います。                (起立少数) ○議 長(森山大四郎君) 起立少数です。  よって、平成23年陳情第1号は、不採択とすることに決定しました。 ◎休  憩 ○議 長(森山大四郎君) 暫時休憩いたします。    (午前10時50分) ◎再  開 ○議 長(森山大四郎君) 再開いたします。      (午前11時33分) ◎議事日程の追加 ○議 長(森山大四郎君) お諮りいたします。  ただいま、町長から議案第55号、第56号、第57号、第58号が提出されました。  これを日程に追加し、議題にいたしたいと思います。  御異議ありませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 御異議なしと認めます。  議案第55号、議案第56号、議案第57号、議案第58号を日程に追加し、議題とすることに決しました。 ◎一括議題の宣告 ○議 長(森山大四郎君) この際、追加日程第1 議案第55号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その1)、追加日程第2 議案第56号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その2)、2議案について一括議題といたします。 ◎提案理由の説明 ○議 長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。 ○町 長(平木 誠君) それでは、議長の方からお許しをいただきました。  最終日になりまして、追加提案を出すことに対しまして大変心苦しく思っておりますが、ただいま一括議題となりました議案第55号、議案第56号の提案理由を申し上げたいと思います。  初めに、議案第55号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての(その1)であります。  人権擁護委員さんは、法務大臣が委嘱され任期は3年となっております。現在、本町では実質9名の人権擁護委員の皆様に御活躍をいただいておりますが、昨年12月、人権擁護委員さんとして御尽力をいただいておりました、岡森早苗さんが3期目の任期途中でお亡くなりになられました。岡森さんには、日ごろから幅広く人権問題全般に対する相談を受けるなど、人望が厚く、熱心な方でございましたので、まことに残念でございます。心から御冥福をお祈り申し上げたいと思います。  このたび、岡森さんの後任として、八頭町山田1番地1 奥田啓一さんを人権擁護委員さんに推薦しようとするものであります。奥田さんにおかれましては、昭和39年に鳥取県に奉職され、平成13年4月から3年間、鳥取県の副出納長、その後総務部、また県土整備部参事官の要職を歴任されまして、平成18年3月には鳥取県庁を退職しておられます。  現在、鳥取県柔道連盟東部支部の理事につかれておられまして、スポーツを通しまして子供たちの健全育成に務めておられるところでありますが、県職員として在任中から温厚誠実にして人望も厚く、また人権意識も高く、適任者と考えております。  次に、議案第56号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その2)であります。  人権擁護委員をしていただいております、林滋子さんが今期の任期満了、平成23年6月30日に伴いまして、このたび御都合により退任されます。  林さんは現在、鳥取県鳥取人権擁護委員協議会常務委員をなさっておられまして、3期9年間にわたり御活躍をいただいております。慰留をお願いしたところですが、意思もかたく、慰留を断念いたしたところであります。この場をおかりしまして、これまでの尽力に対し厚くお礼を申し上げますとともに、今後の御健勝、御活躍をお祈りいたしたいと思います。  退任に伴いまして、候補者の推薦をする必要が生じましたので、後任に八頭町宮谷213番地1 徳永礼子さんを人権擁護委員に推薦しようとするものであります。  徳永さんにおかれましては、八頭高等学校など英語科教師として活躍されているほか、平成19年度には八頭町内3中学校の心の相談員を務められ、現在は高校生の留学生支援ボランティアとして、10年間にわたり活躍をされておられます。子供たちとの触れ合う機会も多く、また人権意識も高く、適任者と考えております。  人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであります。  よろしくお願い申し上げます。 ○議 長(森山大四郎君) 以上で提案理由の説明を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) ただいま一括議題といたしました、議案第55号、議案第56号の2議案について質疑を行います。  なお、審議の都合上、議案を区分して質疑を行います。  初めに、議案第55号、質疑に入ります。  質疑ございませんか。           (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これで質疑を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第56号について質疑ございませんか。           (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  以上、議案第55号から議案第56号までの2議案についての質疑を終わります。
    ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) これより議案第55号について討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて、討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  議案第55号について、原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第55号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その1)は、原案のとおり同意することに決しました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第56号について討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて、討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  議案第56号について、原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第56号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(その2)は、原案のとおり同意することに決しました。 ◎一括議題の宣告 ○議 長(森山大四郎君) 次に、この際、追加日程第3 議案第57号 平成22年度八頭町一般会計補正予算(第13号)、追加日程第4 議案第58号 平成22年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第4号)の2議案について一括議題といたします。 ◎提案理由の説明 ○議 長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。 ○町 長(平木 誠君) それでは、一括議題となりました補正予算関係の提案理由を申し上げます。  議案第57号 平成22年度八頭町一般会計補正予算(第13号)であります。  今回の補正は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億6,503万8,000円を追加させていただきました。  初めに歳入ですが、地方交付税では、先般22年度の特別交付税の額が確定いたしましたので1億6,321万円余りを追加しております。なお、この特別交付税は前年度と比較しまして、国の伸び率は8.7%でありますが、八頭町は6.2%の増額となっております。  また、平成22年度の知事・県議会議員選挙の選挙費委託金額が決定いたしましたので、182万円余りを計上させていただきました。  次に歳出ですが、総務費では財政調整基金の積立金といたしまして2億8,695万円、県知事・県議会議員選挙費で需用費など182万円余りを追加させていただいております。  民生費は未曾有の被害となりました、東北地方太平洋沖地震の被災地見舞金300万円を追加させていただいております。日本赤十字社を通じて見舞金を送ろうと思っております。  衛生費では、東部広域行政管理組合の不燃物、また可燃物処理費の負担金額が確定し、精算が行われましたので1,188万円余りを減額いたしております。  土木費では、桜ヶ丘団地第1次分譲地分でございますが、平成24年度以降の起債償還に備えまして3,217万円余りを宅地造成特別会計へ繰り出しを行おうとするものであります。  また、久能寺地内行政区では、すくも塚行政区でありますが、道路用地購入費用といたしまして61万円余りを追加しております。  災害救助費では、このたびの東北関東大震災に県を通じまして備蓄品を提供しておりますが、今後の有事等に備えまして備蓄品の整備をいたしたく、2,256万円余りを計上させていただきました。なお、調整額といたしまして、予備費を1億7,020万円余り減額しております。  次に議案第58号 平成22年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第4号)であります。  歳入、歳出それぞれ3,217万8,000円を追加させていただきました。  歳入では、桜ヶ丘団地の第1次分譲地に伴い、平成14年度から16年度に起債いたしました過疎債、簡易水道債の平成24年度以降の償還に備えまして、3,217万円余りを一般会計から繰り入れしようとするものであります。  歳出では、一般会計から繰り入れいたしました3,217万円余りを積み立て基金に計上いたしました。  御事情、御賢察の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議 長(森山大四郎君) 以上で、提案理由の説明を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) ただいま一括議題といたしました、議案第57号、議案第58号の2議案について質疑を行います。  なお、審議の都合上、議案を区分して質疑を行います。  初めに、議案第57号、質疑に入ります。  質疑ございませんか。           (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これで質疑を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第58号について質疑ございませんか。           (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  以上、議案第57号、議案第58号の2議案についての質疑を終わります。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) これより、議案第57号について討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて、討論を終結いたします。 ◎採  決
    ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  議案第57号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第57号 平成22年度八頭町一般会計補正予算(第13号)は、原案のとおり可決されました。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) 次に、議案第58号について討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて、討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  議案第58号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、議案第58号 平成22年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。 ◎議事日程の追加 ○議 長(森山大四郎君) お諮りいたします。  ただいま、発議1件が所定の賛成者を得て、お手元に配付のとおり提出されました。  この際、これを日程に追加して議題にいたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 御異議なしと認めます。  よってこの際、発議1件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。 ◎議題の宣告 ○議 長(森山大四郎君) 追加日程第5 発議第1号 八頭町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。 ◎提案理由の説明 ○議 長(森山大四郎君) 発議の提出者に、提案理由の説明を求めます。  発議第1号、提出者、下田敏夫議員。 ○5 番(下田敏夫君) 発議第1号 八頭町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について、提案理由を申し上げます。  今回の改正は、議員の報酬の支給について、日割り計算の算定基礎の解釈に疑義が生じないよう明文で表記しようとするものであります。  議員各位の御賛同を賜りたく、提案の理由といたします。 ○議 長(森山大四郎君) 以上で、提案理由の説明を終わります。 ◎質  疑 ○議 長(森山大四郎君) これより質疑に入ります。  質疑ございませんか。           (質疑なし) ○議 長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。 ◎討  論 ○議 長(森山大四郎君) これより、発議第1号について討論を行います。  まず、原案に反対者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  討論はございませんか。                (討論なし) ○議 長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。  これにて、討論を終結いたします。 ◎採  決 ○議 長(森山大四郎君) これより、採決いたします。  この採決は、起立によって行います。  発議第1号は、原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。                (起立多数) ○議 長(森山大四郎君) 起立多数です。  よって、発議第1号、八頭町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決しました。 ◎議題の宣告 ○議 長(森山大四郎君) 追加日程第6 委員会の閉会中の継続調査の件を議題とします。  総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育福祉常任委員会、議会広報常任委員会、議会運営委員会、議会改革調査特別委員会、学校・保育所統廃合等調査特別委員会、各委員長から、委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定によって、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。  お諮りいたします。  各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 御異議なしと認めます。  よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。 ◎閉会宣告 ○議 長(森山大四郎君) これをもちまして、本定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。  よって、平成23年第4回八頭町議会定例会を閉会いたしたいと思います。  これに御異議ございませんか。                (異議なし) ○議 長(森山大四郎君) 御異議なしと認めます。  よって、平成23年第4回八頭町議会定例会を閉会いたします。
           (平成23年3月25日午前11時53分閉会)   会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。  議  長  署名議員  署名議員...