運営者 Bitlet 姉妹サービス
和歌山市議会 > 2012-02-27 >
平成24年  2月 定例会-02月27日−02号

和歌山市議会 2012-02-27
平成24年  2月 定例会-02月27日−02号


取得元: 和歌山市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成24年  2月 定例会 − 02月27日−02号 平成24年  2月 定例会 − 02月27日−02号 平成24年  2月 定例会                 平成24年           和歌山市議会2月定例会会議録 第2号             平成24年2月27日(月曜日)      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 議事日程第2号 平成24年2月27日(月)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 議案第1号から同第32号まで      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 会議に付した事件 日程第1 会議録署名議員の指名 日程第2 議案第1号から同第32号まで      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員(38名)   1番  姫田高宏君   2番  松坂美知子君   3番  永野裕久君   4番  西風章世君   5番  園内浩樹君   6番  中塚 隆君   7番  浦平美博君   8番  小川孝夫君   9番  上田康二君  10番  島 幸一君  11番  丹羽直子君  12番  吉本昌純君  13番  井上直樹君  14番  芝本和己君  15番  渡辺忠広君  16番  山本忠相君  17番  薮 浩昭君  18番  奥山昭博君  19番  中尾友紀君  20番  戸田正人君  21番  松井紀博君  22番  野嶋広子君  23番  中村協二君  24番  古川祐典君  25番  尾崎方哉君  26番  山本宏一君  27番  南畑幸代君  28番  森下佐知子君  29番  岩井弘次君  30番  松本哲郎君  31番  寒川 篤君  32番  北野 均君  33番  遠藤富士雄君  34番  山田好雄君  35番  宇治田清治君  36番  貴志啓一君  37番  佐伯誠章君  38番  和田秀教君    −−−−−−−−−−−−−−− 説明のため出席した者の職氏名  市長         大橋建一君  副市長        松見 弘君  副市長        畠山貴晃君  市長公室長      森井 均君  総務局長       坂本安廣君  財政局長       山口研悟君  市民環境局長     上島 勲君  健康福祉局長     永井尚子君  まちづくり局長    東 重宏君  建設局長       内原久夫君  会計管理者      川端正展君  危機管理監      池永俊二君  教育委員会委員長   中村 裕君  教育長        大江嘉幸君  教育局長       原 一起君  消防局長       林 正義君  公営企業管理者    藤原庸記君  水道局長       眞野 廣君  選挙管理委員会委員長 射場道雄君  代表監査委員     伊藤隆通君  人事委員会委員    栗生健次君    −−−−−−−−−−−−−−− 出席事務局職員  事務局長       岡崎広治  事務局副局長     尾崎順一  議事調査課長     幸前隆宏  議事調査課副課長   佐伯正季  議事班長       中西 太  調査班長       石本典生  事務主査       尾崎公彦  事務主査       村井敏晃  事務主査       増田浩至  事務主査       小野田 靖  事務主査      佐川恭士  事務主任       北野統紀    −−−−−−−−−−−−−−−           午前10時00分開議 ○議長(和田秀教君) ただいまから本日の会議を開きます。    −−−−−−−−−−−−−−− △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(和田秀教君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において    尾崎方哉君
       北野 均君    松本哲郎君  以上3人の諸君を指名します。    −−−−−−−−−−−−−−− △日程第2 議案第1号から同第32号まで ○議長(和田秀教君) 次に、日程第2、議案第1号から同第32号までの32件を一括議題とします。  これより、ただいま議題となっている32件の質疑に入ります。  質疑の通告がありますので、発言を許します。姫田高宏君。−−1番。  〔1番姫田高宏君登壇〕(拍手) ◆1番(姫田高宏君) おはようございます。  議長のお許しをいただきましたので、質疑をさせていただきます。  議案第1号、2011年−−平成23年度一般会計補正予算の歳入についてお尋ねします。  第13款使用料及び手数料、第1項使用料の土木使用料のうち、滞納繰越分の改良住宅分214万1,000円の減額の内容はどのようなものか、お答えください。  次に、一般会計補正予算歳出についてお尋ねします。  第4款衛生費、第2項清掃費中、清掃工場費の工事請負費1億1,784万6,000円の減額の内容はどのようなものか、お答えください。  第9款教育費、第2項小学校費中、施設整備費の工事請負費8,592万1,000円の減額の内容はどのようなものか、お答えください。  次に、12月議会に引き続き指定管理に係る債務負担行為が提案されていますが、今議会に提案されたのはなぜでしょうか。  以上、お尋ねしまして第1問とします。(拍手) ○議長(和田秀教君) 内原建設局長。  〔建設局長内原久夫君登壇〕 ◎建設局長(内原久夫君) 1番姫田議員の質疑にお答えいたします。  議案第1号、一般会計補正予算、歳入について、第13款使用料及び手数料、第1項使用料、第6目土木使用料、第5節滞納繰越分中、改良住宅分214万1,000円の減額の内容はどうかとの御質疑です。  住宅使用料の滞納繰越分のうち、改良住宅使用料は当初予算で674万円の歳入を見込んで計上していました。徴収に努めてきましたが、生活困窮等の理由により、当初見込んだ納付に至らず、平成23年度の徴収見込み額が459万9,000円となるため、やむを得ず214万1,000円の減額補正を行うものです。  以上でございます。 ○議長(和田秀教君) 上島市民環境局長。  〔市民環境局長上島 勲君登壇〕 ◎市民環境局長(上島勲君) 1番姫田議員の質疑にお答えします。  議案第1号、一般会計補正予算歳出について、第4款衛生費、第2項清掃費、第3目清掃工場費、第15節工事請負費、解体工事請負費1億1,784万6,000円の減額の内容についての御質疑です。  平成23年度当初予算で、市内塩屋にある第1工場の解体を行うため、工事請負費として特別管理廃棄物の処理費を含め1億4,000万円計上しておりましたが、設計段階で施設本体に予想以上の経年劣化が見つかり、解体工事中に倒壊のおそれがあるため鉄骨補強などの追加工事が必要となり、6月議会において6,478万6,000円の補正予算を計上しました。  その後、労働基準監督署と協議を行いながら詳細設計を進め、鉄骨の補強方法等の設計金額を少なくすることができました。  また、特別管理廃棄物として廃棄物処理業者での処理を予定していた解体瓦れきについても、直接、管理型最終処分場での受け入れ処分が可能となる通常の廃棄物となり、工事請負費を大幅に減少でき、1億1,784万6,000円の減額補正を行ったものでございます。  以上でございます。 ○議長(和田秀教君) 原教育局長。  〔教育局長原 一起君登壇〕 ◎教育局長(原一起君) 1番姫田議員の質疑にお答えします。  議案第1号、一般会計補正予算歳出について、第9款教育費、第2項小学校費、第2目施設整備費、第15節工事請負費、屋内運動場建設工事請負費の8,592万1,000円の減額の理由についての御質疑です。  屋内運動場建設工事請負費に係る8,592万1,000円の減額理由につきましては、平成23年3月に契約した平成22年度安原小学校屋内運動場改築他工事を初め、関連する機械設備工事、電気設備工事の3件の工事入札差金等によるものでございます。  なお、この3件の工事は債務負担行為に基づいた事業であり、来月完成を予定しています。  以上でございます。 ○議長(和田秀教君) 坂本総務局長。  〔総務局長坂本安廣君登壇〕 ◎総務局長(坂本安廣君) 1番姫田議員の質疑にお答えします。  議案第1号、指定管理者の債務負担行為の補正についての質疑です。  非公募施設の債務負担行為の設定につきましては、指定先が外郭団体、地元団体、福祉団体など市に関係が深い団体となっており、施設運営について、毎年度、市と指定管理者とで協定を行うため、債務負担行為を設定する必要がないと判断しておりました。  しかし、平成22年12月、総務省から、「指定期間が複数年度にわたり、かつ、地方公共団体から指定管理者に対して委託料を支出することが確実に見込まれる場合には、債務負担行為を設定すること。」との通知があり、また、他の多くの中核市でも、基本的にすべての施設に債務負担行為を設定する方向になってきている状況などもあり、改めて検討を行いました。  その結果、非公募施設につきましても債務負担行為を設定することが行政運営上適正であると判断し、この2月議会で補正予算として上程するものでございます。  以上でございます。 ○議長(和田秀教君) 1番。  〔1番姫田高宏君登壇〕(拍手) ◆1番(姫田高宏君) それぞれお答えいただきましたので、第2問をさせていただきます。  一般会計補正予算の歳入に関して、改良住宅使用料の滞納繰越分の減額についてお聞きしました。生活困窮等の理由によって徴収額が見込みより少なかったということですが、これを見込んだ時点の滞納額は総額で幾らだったのでしょうか、お答えください。  次に、歳出について、塩屋の旧第1工場の撤去工事の減額についてお尋ねしました。長年放置されてきた古い施設であり、地元からの撤去要望が強いものですので、撤去するようになったことは評価しています。撤去するために補強が必要だと6月議会で増額補正され、その後、労働基準監督署との協議の結果、補強方法や瓦れきの処理方法の変更がされ、工事費用が大幅に縮減できたということで、結果オーライということでしょうか。何かばたばたしている感じがします。  安原小学校の屋内運動場建設工事費の減額についてお尋ねしました。小学校体育館は必要な施設です。ただ、契約は昨年の3月ですから、契約差金を年度末までほぼ1年そのままにしておいたのはどうかと思います。この点は委員会で論議したいと思います。  指定管理者制度に係る債務負担行為について、今議会に提案された理由をお聞きしました。主に総務省からの通知をもとに、他の中核市の取り組みを参考にしたということでした。指定管理のあり方については12月議会で一定議論してきたつもりです。単年度会計処理を原則とする公会計において、複数年度の契約が例外的に認められ、その事務処理方法としてとられるのが債務負担行為制度ですから、こういう扱いは自然なものです。しかし、法で義務づけられたものでなく助言という総務省の通知は、一昨年、2010年−−平成22年12月に通知されたものです。指定管理の相手を定める12月議会で提案されずに今議会に提案されたことは、市の制度変更の取り組みとして自然な流れとは言いがたいと思います。  以上の点を指摘し、第2問とします。(拍手) ○議長(和田秀教君) 内原建設局長。  〔建設局長内原久夫君登壇〕 ◎建設局長(内原久夫君) 1番姫田議員の再質疑にお答えいたします。  一般会計補正予算の歳入に関して、改良住宅使用料の滞納繰越分の減額については徴収額が見込みより少なかったということだが、これを見込んだ時点の滞納額は幾らだったのかとの御質疑です。  改良住宅使用料の滞納額は6,897万5,000円でございます。  以上でございます。 ○議長(和田秀教君) 以上で通告による質疑は終わりました。  ほかに質疑はありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(和田秀教君) 質疑を終結します。  ただいま議題となっている議案第1号から同第32号までの32件は、お手元に配付の議案付託表のとおり、おのおの所管の常任委員会に付託します。  以上で本日の日程は終了しました。  お諮りします。  明2月28日、明後2月29日の2日間は、各常任委員会審査等のため休会とし、3月1日午前10時から会議を開くことにしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(和田秀教君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。  本日はこれにて散会します。           午前10時15分散会    −−−−−−−−−−−−−−−  地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。  議長    和田秀教  議員    尾崎方哉  議員    北野 均  議員    松本哲郎