運営者 Bitlet 姉妹サービス
和歌山市議会 > 1990-09-14 >
平成 2年  9月 定例会-09月14日−01号
平成 2年  9月 定例会-09月14日−01号

ツイート シェア
  1. 和歌山市議会 1990-09-14
    平成 2年  9月 定例会-09月14日−01号


    取得元: 和歌山市議会公式サイト
    最終取得日: -
    平成 2年  9月 定例会 − 09月14日−01号 平成 2年  9月 定例会 − 09月14日−01号 平成 2年  9月 定例会   平成2年   和歌山市議会9月定例会会議録 第1号   平成2年9月14日(金曜日) 議事日程第1号 平成2年9月14日(金)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期決定について 第3 報第1号  市長専決処分事項の報告について 第4 議案第1号 平成2年度和歌山市一般会計補正予算(第5号) 第5 議案第2号 平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) 第6 議案第3号 平成2年度和歌山市土地造成事業特別会計補正予算(第1号) 第7 議案第4号 平成2年度和歌山市街路公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号) 第8 議案第5号 平成2年度和歌山市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号) 第9 議案第6号 平成2年度和歌山市老人保健特別会計補正予算(第1号) 第10 議案第7号 平成2年度和歌山市水道事業会計補正予算(第1号) 第11 議案第8号 平成2年度和歌山市工業用水道事業会計補正予算(第1号) 第12 議案第9号 和歌山市非常勤の職員の報酬等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
    第13 議案第10号 昭和42年度以降における和歌山市職員共済組合からの年金の額の改定に関する条例の一部を改正する条例の制定について 第14 議案第11号 和歌山市職員恩給条例等の一部を改正する条例の制定について 第15 議案第12号 和歌山市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について 第16 議案第13号 和歌山市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について 第17 議案第14号 訴えの提起について 第18 議案第15号 訴えの提起について 第19 議案第16号 物品購入契約について 第20 議案第17号 工事請負契約について 第21 議案第18号 工事請負契約について 第22 議案第19号 工事請負契約について 第23 議案第20号 工事請負契約について 第24 議案第21号 工事請負契約について 第25 議案第22号 工事請負契約について 第26 議案第23号 工事請負契約について 第27 議案第24号 工事請負契約について 第28 議案第25号 工事請負契約について 第29 議案第26号 平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 会議に付した事件 日程第1  会議録署名議員の指名 日程第2  会期決定について 日程第3  報第1号 市長専決処分事項の報告について 日程第4  議案第1号 平成2年度和歌山市一般会計補正予算(第5号)から 日程第29 議案第26号 平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)まで          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員(39名)   1番  井口 弘君   2番  藤井健太郎君   4番  山田好雄君   5番  宮本廣次君   6番  森本保司君   7番  滝口直一君   8番  森田昌伸君   9番  浦 哲志君  10番  武田杢夫君  12番  林 里美君  14番  平田 博君  15番  田上 武君  16番  山口一美君  17番  鶴田至弘君  18番  柳野純夫君  19番  佛 栄次君  20番  森 正樹君  21番  南 徹治君  22番  石谷保和君  23番  山下 武君  24番  和田秀教君  25番  奥田善晴君  26番  小川 武君  27番  高垣 弼君  28番  武田典也君  29番  東山照雄君  31番  大艸主馬君  32番  小河畑喬夫君  33番  山崎 昇君  34番  辻本昌純君  35番  新田和弘君  38番  辻岡文彦君  40番  西殿香連君  41番  岡本 基君  42番  奥野亮一君  43番  浜野喜幸君  44番  岩城 茂君  46番  石田日出子君  48番  九鬼嘉蔵君 欠席議員(8名)   3番  武内まゆみ君  11番  波田一也君  13番  小杉卓二君  30番  堀川太一君  36番  堰本 功君  39番  浅井正勝君  45番  内田 稔君  47番  中谷 悟君          −−−−−−−−−−−−−− 説明のため出席した者の職氏名  市長         旅田卓宗君  助役         得津 勇君  助役         貴志 保君  収入役        吉田真三君  市長公室長      川端源一君  企画部長       永長道雄君  総務部長       高垣芳男君  財政部長       田中 豊君  経済部長       嶋本博司君  農林水産部長     野口法夫君  民生部長       木村一夫君  環境事業部長     吉田誠顯君  保健衛生部長     谷河喜久男君  都市計画部長     中元成和君  土木部長       井上隆勝君  下水道部長      岡崎忠彦君  建築部次長      池永 進君  教育委員会委員長   玉井千夫君  教育長        石垣勝二君  消防局長       畠山小太郎君  水道局長       橋口敏彦君  水道局業務部長    梶原俊篤君  水道局工務部長    坂上恒夫君  選挙管理委員会委員長 貴志久治君
     代表監査委員     河嶋耕三君  公平委員会委員    和中百一君    −−−−−−−−−−−−−−−− 出席事務局職員  事務局長       東方昌彦  事務局次長      小林正空  参事補        岡本清春  議事調査課長     南方 智  議事班長       田井 晃  調査班長       山ノ井義雄  主査         池端 弘  主査         高垣正人  主任         鷲山正彦  主任         尾崎順一  主任         田畑和久  事務員        中西 太    −−−−−−−−−−−−−−−−           午前11時33分開会 ○議長(奥田善晴君) ただいまから平成2年9月14日招集の和歌山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。     −−−−−−−−−−−−−− △市長のあいさつ ○議長(奥田善晴君) 日程に入るに先立ち、市長から招集のあいさつがあります。−−旅田市長。  〔市長旅田卓宗君登壇〕 ◎市長(旅田卓宗君) 本日ここに9月定例市議会を招集いたしましたところ、議員先生方には御出席をいただき、まことにありがとうございます。  本定例市議会におきましては、平成2年度和歌山市一般会計補正予算案を初め、条例の改正、工事請負契約等の諸議案について御審議をいただくものでございます。議案内容につきましては後ほど御説明いたしますので、何とぞ慎重御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げ、招集のごあいさつといたします。     −−−−−−−−−−−−−− △諸般の報告 ○議長(奥田善晴君) 次に、諸般の報告をいたさせます。 ◎事務局長(東方昌彦君) 平成2年9月7日付、和財第 668号、平成2年9月14日付、和財第691 号をもって、市長から本日招集の市議会定例会に提出する議案が送付されております。議案はお手元に配付いたしております。  次に、平成2年8月16日付、和監査第 189号をもって、監査委員から例月出納検査の結果についての報告が参っております。写しはお手元に配付いたしております。以上。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(奥田善晴君) これより日程に入り、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において    和田秀教君    浜野喜幸君    大艸主馬君  以上3人の諸君を指名いたします。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第2 会期決定について ○議長(奥田善晴君) 次に、日程第2、会期決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  今期定例会の会期は、本日から10月5日までの22日間といたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥田善晴君) 御異議なしと認めます。  よって、会期は本日から10月5日までの22日間と決定いたしました。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第3 報第1号 市長専決処分事項の報告について ○議長(奥田善晴君) 次に、日程第3、報第1号、市長専決処分事項の報告を行います。  当局から報告を求めます。−−田中財政部長。  〔財政部長田中 豊君登壇〕 ◎財政部長(田中豊君) 報第1号につきまして御報告いたします。  議案書1ページをお開きください。  報第1号は、清掃自動車の接触事故の損害賠償につきまして、地方自治法第 180条第1項の規定に基づき、市長専決処分により措置いたしましたので、同条第2項の規定により報告するものでございます。  以上でございます。 ○議長(奥田善晴君) 質疑はありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥田善晴君) 質疑なしと認めます。  これにて報第1号の報告を終わります。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第4 議案第1号 平成2年度和歌山市一般会計補正予算(第5号)から 日程第29 議案第26号 平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)まで ○議長(奥田善晴君) 次に、日程第4、議案第1号、平成2年度和歌山市一般会計補正予算(第5号)から、日程第29、議案第26号、平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)までの26件を一括議題といたします。  当局から提案理由の説明を求めます。−−旅田市長。  〔市長旅田卓宗君登壇〕 ◎市長(旅田卓宗君) ただいま上程されました諸議案について、その概要を説明いたします。  まず冒頭に、特に申し上げなければならないことがございます。ことしの1月30日から会計検査院による検査を受け、以来、議員の皆様方に大変御心配をおかけしておりました国民健康保険の財政調整交付金受け入れ問題につきまして、今月12日に県を通じて返還命令が参りました。納期が今月28日ということであり、取り急ぎ作業を進め、今回、議案として上程させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。  また、注目を集めておりました第6次空港整備計画の中間報告が8月24日に示され、その中で関西国際空港の全体構想について正式にゴーサインが出されましたことは、一応評価してよいものと考えております。今後は、県を初め関係団体と密接な連携を図りながら、残された課題を解消し、その早期実現に向け、なお一層努力してまいる所存でございますので、引き続き議員の皆様方の御理解と御協力を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。  ところで、世界に目を転じますと、イラク紛争が長期化の様相を呈し、世界平和に対する脅威となっております。平和を愛する和歌山市民の一人として心痛む日々であり、一刻も早い平和的解決を切に望むものでございます。  次に、本市の税収等についてでございますが、現在のところ、おおむね順調に推移いたしております。しかしながら、不安定な中東情勢や金利の高騰等、日本経済環境が大きく変化する中で、今後の和歌山市の経済動向につきましても先行き不透明な面が多く、また職員給与の改定を初め、今後多額の財政需要が予想されるところであり、引き続き慎重な財政運営を堅持していく必要があるものと考えております。  こうしたことから、今回の補正におきましては、必要最小限の見積もりを行ったところでございます。なお、昨年6月9日に審議会から答申をいただきました特別職報酬等の改定につきましては、今回10年ぶりに実施させていただきたく、行政委員会の委員初めその他の非常勤職員の報酬等の改定とあわせ、条例の改正をお願い申し上げるとともに、所要額を計上させていただいている次第でございます。  それでは、まず一般会計の補正について説明いたします。  総務費において財政調整基金積立金の追加補正1億 6,747万 4,000円、サテライト型物流拠点整備事業に要する調査研究委託料 350万円。民生費において、ねたきり老人短期保護委託料の追加補正 2,036万 5,000円、在宅介護支援センター運営委託料 926万 2,000円。農林水産業費において農業施設改良事業の追加補正 6,610万円、農林業同和対策事業の追加補正 8,908万 7,000円。土木費において不老橋修復事業 1,200万円、シーサイドロードを初めとする道路新設改良事業1億 4,488万9,000 円、和佐児童遊園整備事業 1,304万5,000 円などの歳出予算を計上するとともに、債務負担行為において湊南都市下水路事業の推進を図るための4億 7,000万円の追加補正を計上いたしております。  また特別会計におきましては、国民健康保険事業特別会計、土地造成事業特別会計、街路公共用地先行取得事業特別会計、土地区画整理事業特別会計及び老人保健特別会計の各会計において、それぞれ所要の補正を行うことといたしております。国民健康保険事業特別会計につきましては、財政調整交付金の返還に係る補正予算と、それ以外の補正予算という2本の補正予算となってございますが、事情を勘案の上、御理解賜りますようお願い申し上げます。  次に、条例関係では、先ほど申し上げました和歌山市非常勤の職員の報酬等に関する条例等の一部を改正する条例案を初め5件の条例案を提出いたしております。そのほか訴えの提起に係る議案2件、物品購入契約議案1件及び工事請負契約議案9件を提出いたしております。  なお、詳細につきましては担当部長から説明させますので、議員各位におかれましては何とぞ慎重御審議の上、御賛同賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(奥田善晴君) 田中財政部長。  〔財政部長田中 豊君登壇〕 ◎財政部長(田中豊君) 議案第1号から議案第6号まで及び議案第9号から議案第26号までにつきまして、私の方から一括して御説明いたします。  議案書2ページをお開きください。  議案第1号は平成2年度和歌山市一般会計補正予算(第5号)でございまして、歳入歳出それぞれ8億 1,868万 7,000円を追加し、予算総額 1,125億 3,083万 2,000円とするものでございます。  次に、内容について御説明いたします。  3ページでございます。  歳入の部におきましては市税4億 5,850万8,000 円、国庫支出金 6,847万 5,000円、県支出金 5,749万 7,000円、財産収入1億9,200 万 2,000円、市債 3,437万円を主な財源といたしております。  次に、歳出の部でございます。  第1款議会費 2,293万 3,000円の補正は、第1項議会費におきまして、議員の報酬改定等に伴う経費 2,297万 8,000円の補正が主なものでございます。  第2款総務費2億 758万 6,000円の補正は、第1項総務管理費におきまして、特別職の給与改定に伴う経費 346万 6,000円、本庁地下駐車場監視カメラ設置工事請負費 1,250万円、財政調整基金積立金1億 6,747万 4,000円、和歌山大学周辺地域鉄道需要動向等に関する調査研究会負担金 100万円、サテライト型物流拠点整備事業に要する調査研究委託料 350万円、第2項徴税費におきまして、委員の報酬改定等に伴う経費65万 5,000円、第4項選挙費におきまして、委員の報酬改定に伴う経費16万 2,000円、第5項統計調査費におきまして、国勢調査に要する追加経費 979万4,000 円、第6項監査委員費におきまして、委員の報酬改定に伴う経費26万 4,000円の補正が主なものでございます。  次に、第3款民生費 6,364万 4,000円の補正は、第1項社会福祉費におきまして、在宅の重度心身障害児者福祉事業に要する経費498 万 6,000円、ねたきり老人短期保護委託料 2,036万 5,000円、在宅介護支援センター運営委託料 926万 2,000円、いきがい基金積立金 1,446万 3,000円、第2項生活保護費におきまして、生活保護特別事業実施に要する経費 351万円、第3項児童福祉費におきまして、市立保育所34園の保育事業経費 131万8,000 円、第4項災害救助費におきまして、自動車用燃料費6万 5,000円、第5項年金保険費におきまして、国民健康保険事業特別会計繰出金2万 9,000円、第6項青少年対策費におきまして、下水道使用料8万 3,000円の補正が主なものでございます。  第4款衛生費 3,797万 2,000円の補正は、第1項保健衛生費におきまして、市立診療所の健康診断実施に伴う手数料85万円、地域保健医療等推進事業に要する経費37万 9,000円、第2項清掃費におきまして、岡崎第2清掃工場焼却炉修繕料 3,600万円の補正が主なものでございます。  第6款農林水産業費2億 3,026万円の補正は、第1項農業費におきまして、農業委員の報酬改定に伴う経費 159万 1,000円、農業施設維持修繕工事請負費 2,200万円、農業用道路登記委託料 400万円、農業施設改良事業6,610 万円、農林業同和対策事業 8,908万7,000 円、第2項緑化費におきまして、委員の報酬改定に伴う経費4万 5,000円、第4項水産業費におきまして、田ノ浦漁港修築事業374 万円、漁港環境整備事業 2,968万円の補正が主なものでございます。  第7款商工費 387万 4,000円の補正は、第1項商工費におきまして、勤労者住宅資金利子補給金98万 3,000円、第2項観光費におきまして、片男波海水浴場駐車場管理運営委託料46万 4,000円、岡公園のポンプ修繕料 145万円の補正が主なものでございます。  第8款土木費2億 4,447万 7,000円の補正は、第1項土木管理費におきまして、市駅前広場管理委託料 213万 6,000円、和歌山駅東西連絡地下通路内照明設備等工事請負費 530万円、第2項道路河川費におきまして、道路維持修繕工事請負費 900万円、不老橋修復事業 1,200万円、道路新設改良事業1億 4,488万 9,000円、第3項都市計画費におきまして、河北地区道路現況交通調査委託料 220万円、街路事業といたしまして、水軒小雑賀線で樹木移植等委託料 450万円、住宅関連街路促進事業といたしまして、本町和歌浦線で本久寺墓石移転等に伴う調査委託料 1,200万円、第4項公園費におきまして、和佐児童遊園整備事業 1,304万 5,000円、第5項下水道費におきまして、下水排水路施設埋設に伴う権利購入費 600万円、第6項住宅費におきまして、住宅の修繕経費 1,500万円、第7項建築費におきまして、委員の報酬改定等に伴う建築審査委員報酬8万 4,000円の補正が主なものでございます。  第10款教育費 794万 1,000円の補正は、第1項教育総務費におきまして、教育長の給与改定に伴う経費93万 6,000円、第5項幼稚園費におきまして、兼務園長の報酬改定に伴う経費8万 4,000円、第6項社会教育費におきまして、日本PTA近畿ブロック研究大会和歌山大会開催補助金50万円、博物館振興基金積立金 495万 3,000円、第7項保健体育費におきまして、委員の報酬改定に伴う審議委員報酬で 5,000円の補正が主なものでございます。  次に7ページでございます。  債務負担行為の補正は、第2表のとおりでございまして、湊南都市下水路事業に係る水路工の増高等に伴い、限度額8億 8,000万円を13億 5,000万円に変更するものでございます。  次に8ページでございます。  地方債の補正は、第3表のとおりでございまして、農林業同和対策事業を初め3件について、それぞれ変更を行い、起債の限度額134 億 460万円を 134億 3,897万円とするものでございます。  次に10ページでございます。  議案第2号は、平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)でございまして、委員の報酬改定等に伴いまして、運営委員報酬2万 9,000円を補正するものでございます。
     次に12ページでございます。  議案第3号は、平成2年度和歌山市土地造成事業特別会計補正予算(第1号)でございまして、第四団地造成事業の事業費の組み替えによる補正でございます。  次に14ページでございます。  議案第4号は、平成2年度和歌山市街路公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)でございまして、湊神前線及び本町和歌浦線の事業費決定による諸経費 555万 4,000円を補正するものでございます。  次に16ページでございます。  議案第5号は、平成2年度和歌山市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)でございまして、保留地処分金を財源として、東和歌山第一地区の地下埋設物調査委託料 100万円、東和歌山第二地区の測量委託料 475万円を補正するものでございます。  次に18ページでございます。  議案第6号は、平成2年度和歌山市老人保健特別会計補正予算(第1号)でございまして、繰越金を財源として、国県支出金等返還金 7,121万 7,000円を補正するものでございます。  次に22ページをお開きください。  議案第9号、和歌山市非常勤の職員の報酬等に関する条例等の一部改正は、非常勤の職員の報酬額並びに特別職、教育長及び公営企業管理者の給料月額の改正を行うものでございます。  次に25ページでございます。  議案第10号、昭和42年度以降における和歌山市職員共済組合からの年金の額の改定に関する条例の一部改正は、国の旧令共済年金の改正措置に応じて、遺族年金の額の改正等を行うものでございます。  次に27ページでございます。  議案第11号、和歌山市職員恩給条例等の一部改正は、恩給法等の一部改正に伴い、退隠料の増額を行う等、所要の改正を行うものでございます。  次に31ページでございます。  議案第12号、和歌山市営住宅条例の一部改正は、岩橋第5団地の名称、位置、使用料等を定めるものでございます。  次に32ページでございます。  議案第13号、和歌山市消防団員等公務災害補償条例の一部改正は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、消防団員、消防作業従事者等に対する補償基礎額の改正等、所要の改正を行うものでございます。  次に34ページでございます。  議案第14号、議案第15号は、いずれも訴えの提起でございまして、議案第14号は、石井俊夫を相手として、市営住宅の家賃滞納及び長期不在に伴う住宅明渡し及び滞納家賃等の支払い並びに増築物件の撤去の各請求の訴えを提起するものでございます。  議案第15号は、高居潔を相手として、市営住宅の家賃滞納に伴う住宅明渡し及び滞納家賃等の支払い並びに増築物件の撤去の各請求の訴えを提起するものでございます。  次に36ページでございます。  議案第16号は、物品購入契約についてでございまして、平成2年度中学校学習用パーソナルコンピュータ機器及びソフトウエア一式の購入を南海OAシステム株式会社と1億2,617 万 5,000円で契約することといたしております。  次に議案書(その2)をお開きください。  議案第17号から議案第25号までは、いずれも工事請負契約についての議案でございます。  まず、議案第17号、平成2年度松江小学校校舎改築工事について、株式会社西ノ庄組と4億 6,350万円で、議案第18号、大門川雨水ポンプ場建設工事について、飛島建設株式会社大阪支店と7億 9,825万円で、議案第19号、湊南都市下水路流入渠工事について、株式会社大林組と7億 452万円で、議案第20号、旭橋雨水ポンプ場築造工事について、株式会社松村組大阪本店と2億 6,728万 5,000円で、議案第21号、田ノ浦漁港修築工事(その1)について佐伯建設工業株式会社和歌山出張所と2億 9,458万円で、議案第22号、田ノ浦漁港修築工事(その2)について、株式会社浅川組と2億 7,604万円で、議案第23号、新堀ポンプ場ポンプ設備工事について、株式会社酉島製作所大阪支店と3億 9,655万円で、議案第24号、西浜ポンプ場ポンプ設備工事について、株式会社電業社機械製作所大阪支店と3億 4,093万円で、議案第25号、西浜ポンプ場沈砂池設備工事について、荏原インフィルコ株式会社大阪支店と2億 9,973万円で、それぞれ契約することといたしております。  次に議案書(その3)をお開きください。  1ページでございます。  議案第26号は、平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)でございまして、財政調整交付金返還金に伴い、国庫支出金返還金8億 8,972万 6,000円、国庫支出金返還加算金2億 6,313万 5,000円、国庫支出金返還延滞金 267万円を補正するもののほか、一時借入金の借り入れの最高額に10億円を追加し、一時借入金の借り入れの最高額を 100億円とするものでございます。  以上でございます。 ○議長(奥田善晴君) 橋口水道局長。  〔水道局長橋口敏彦君登壇〕 ◎水道局長(橋口敏彦君) それでは水道局関係の議案について御説明申し上げます。  議案書20ページをお開きください。  議案第7号は平成2年度和歌山市水道事業会計補正予算(第1号)でございます。  第2条は収益的収入及び支出の補正で、支出において 132万 1,000円の増額補正は、人件費及び渇水対策等に対する費用でございます。  第3条は職員給与費を42万 2,000円の増額をいたすものでございます。  第4条は当年度利益剰余金を減債積立金に処分するため、総額を 1,427万円に改めるものでございます。  続きまして21ページの議案第8号は平成2年度和歌山市工業用水道事業会計補正予算(第1号)でございます。  第2条は収益的収入及び支出の補正で、支出において 338万 2,000円の増額補正は、人件費及び渇水対策等に伴う費用でございます。  第3条は職員給与費を42万 2,000円、交際費を35万円、それぞれ増額補正いたすものでございます。  以上でございます。 ○議長(奥田善晴君) 以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております26件のうち、議案第26号、平成2年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)については、議事の都合により先議することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥田善晴君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。  これより議案第26号の質疑に入ります。  質疑はありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥田善晴君) 質疑なしと認めます。  ただいま議題となっている議案第26号については、教育民生委員会に付託いたします。  お諮りいたします。  本日の会議はこの程度にとどめ延会し、明9月15日及び明後16日の2日間は議案精読のため休会とし、9月17日午前10時から会議を開くことにいたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥田善晴君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。  本日はこれにて延会いたします。           午後0時00分延会     −−−−−−−−−−−−−−  地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。    議長   奥田善晴    議員   和田秀教    議員   浜野喜幸    議員   大艸主馬