運営者 Bitlet 姉妹サービス
和歌山市議会 > 1989-03-01 >
平成 1年  3月 定例会-03月01日−01号

和歌山市議会 1989-03-01
平成 1年  3月 定例会-03月01日−01号


取得元: 和歌山市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成 1年  3月 定例会 − 03月01日−01号 平成 1年  3月 定例会 − 03月01日−01号 平成 1年  3月 定例会   平成元年   和歌山市議会3月定例会会議録 第1号   平成元年3月1日(水曜日) 議事日程第1号 平成元年3月1日(水)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期決定について 第3 報第1号 市長専決処分事項の報告について 第4 承第1号 市長専決処分事項の承認を求めるについて 第5 議案第1号 昭和63年度和歌山市一般会計補正予算(第6号) 第6 議案第2号 昭和63年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号) 第7 議案第3号 昭和63年度和歌山市食肉処理場事業特別会計補正予算(第2号) 第8 議案第4号 昭和63年度和歌山市卸売市場事業特別会計補正予算(第2号) 第9 議案第5号 昭和63年度和歌山市土地造成事業特別会計補正予算(第1号) 第10 議案第6号 昭和63年度和歌山市街路公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号) 第11 議案第7号 昭和63年度和歌山市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号) 第12 議案第8号 昭和63年度和歌山市住宅改修資金貸付事業特別会計補正予算(第1号) 第13 議案第9号 昭和63年度和歌山市住宅新築資金貸付事業特別会計補正予算(第1号) 第14 議案第10号 昭和63年度和歌山市宅地取得資金貸付事業特別会計補正予算(第1号) 第15 議案第11号 昭和63年度和歌山市駐車場事業特別会計補正予算(第1号) 第16 議案第12号 昭和63年度和歌山市都市公園用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号) 第17 議案第13号 昭和63年度和歌山市老人保健特別会計補正予算(第2号) 第18 議案第14号 昭和63年度和歌山市下水道事業特別会計補正予算(第4号) 第19 議案第15号 昭和63年度和歌山市水道事業会計補正予算(第4号) 第20 議案第16号 昭和63年度和歌山市工業用水道事業会計補正予算(第3号) 第21 議案第17号 和歌山市ふるさと基金条例の制定について 第22 議案第18号 和歌山海南都市計画事業復興土地区画整理事業芦原工区の換地処分に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について 第23 議案第19号 和歌山市団地集会所条例の一部を改正する条例の制定について 第24 議案第20号 和歌山市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について 第25 議案第21号 土地買収について 第26 議案第22号 市道路線認定について 第27 議案第23号 損害賠償請求事件和解について 第28 承第2号 市長専決処分事項の承認を求めるについて 第29 議案第24号 昭和天皇の崩御に伴う職員の懲戒免除及び職員の賠償責任に基づく債務の免除に関する条例の制定について 第30 議案第25号 和歌山市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について 第31 議案第26号 工事請負契約について 第32 議案第27号 工事請負契約について          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 会議に付した事件 日程第1 会議録署名議員の指名 日程第2 会期決定について 職員の採用に係る警察事情聴取について緊急質問(堰本功君) 日程第3 報第1号 市長専決処分事項の報告について 日程第4 承第1号 市長専決処分事項の承認を求めるについてから 日程第32 議案第27号 工事請負契約についてまで          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員(45名)   1番  井口 弘君   2番  藤井健太郎君   3番  武内まゆみ君   4番  山田好雄君   5番  宮本廣次君   6番  森本保司君   7番  滝口直一君   8番  森田昌伸君   9番  浦 哲志君  10番  武田杢夫君  11番  波田一也君  12番  林 里美君  13番  小杉卓二君  14番  平田博君  15番  田上 武君  16番  山口一美君  17番  鶴田至弘君  18番  柳野純夫君  19番  佛 栄次君  20番  森 正樹君  21番  南 徹治君  22番  石谷保和君  23番  山下 武君  24番  和田秀教君  26番  小川 武君  27番  高垣 弼君  28番  武田典也君  31番  大艸主馬君  32番  小河畑喬夫君  33番  山崎 昇君  34番  辻本昌純君  35番  新田和弘君  36番  堰本 功君  37番  越渡一一君  38番  辻岡文彦君  39番  浅井正勝君  40番  西殿香連君  41番  岡本 基君  42番  奥野亮一君  43番  浜野喜幸君  44番  岩城 茂君  45番  内田 稔君  46番  石田日出子君  47番  中谷 悟君  48番  九鬼嘉蔵君 欠席議員(3名)  25番  奥田善晴君  29番  東山照雄君  30番  堀川太一君     −−−−−−−−−−−−−−
    説明のため出席した者の職氏名  市長         旅田卓宗君  助役         得津 勇君  収入役        貴志 保君  理事市長公室長    吉田真三君  企画部長       辻本利夫君  総務部長       小東孝英君  財政部長       礒崎陽輔君  経済部長       江川重郎君  農林水産部長     吉岡英彦君  民生部長       木村一夫君  環境事業部長     中元成和君  保健衛生部長     嶋本博司君  都市計画部長     畠山小太郎君  土木部長       川端源一君  下水道部長      岡崎忠彦君  建築部長       山本明美君  教育委員会委員長   玉井千夫君  教育長        石垣勝二君  消防局長       山田 修君  水道局長       橋口敏彦君  業務部長       梶原俊篤君  工務部長       藤田真一君  選挙管理委員会委員長 井畑大助君  代表監査委員     沖  勲君  公平委員会委員長   菅井康郎君     −−−−−−−−−−−−−− 出席事務職員  事務局長       東方昌彦  事務局次長      小林正空  議事調査課長     岡本清春  議事調査課長補佐   南方 智  議事班長       田井 晃  調査班長       山ノ井義雄  主査         池端 弘  主査         高垣正人  主任         鷲山正彦  主任         尾崎順一  主任         田畑和久  事務員        中西 太     −−−−−−−−−−−−−−     午後0時2分開会 ○議長(小川武君) ただいまから平成元年3月1日招集の和歌山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。     −−−−−−−−−−−−−− △市長のあいさつ ○議長(小川武君) 日程に入るに先立ち、市長から招集のあいさつがあります。−−旅田市長。  〔市長旅田卓宗君登壇〕 ◎市長(旅田卓宗君) 開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。  本日ここに3月定例市議会を招集いたしましたところ、議員諸先生方には御多忙の中御出席いただき厚くお礼申し上げます。  まず最初に、昭和天皇におかせられましては去る1月7日、長い間の御闘病のかいもむなしく崩御され、ひたすら御平癒、御平安を願っていた市民の皆様とともに、まことに哀惜のきわみでございます。2月24日、新宿御苑においてとり行われました大喪の礼には、和歌山県市長会会長として参列させていただき、厳粛な気持ちで御冥福を心からお祈り申し上げてまいった次第でございます。  次に、先日来、職員採用に関して10数名の職員警察事情聴取を受けていることについて、皆様に大変御心配をおかけいたしましたことを、まことに申しわけなく思っております。まずもって心からおわび申し上げたいと思います。  さて、御承知のとおり、ことしは明治22年に市制が施行され、和歌山市が誕生いたしましてから、ちょうど 100年というまことに記念すべき年でございます。長い歴史をたどり今日の成長をもたらせてくださった多くの先人の血のにじむような御努力、御功績に感謝いたしますとともに、平成元年のことしこそ新しい 100年に向けての第一歩と位置づけ、大いなる飛躍を期するために各種の記念事業を推進しているところでございます。議員諸先生方には 100周年記念事業を初め各方面にわたり種々御尽力賜っておりますことに深甚の敬意を表しますとともに、今後とも格段の御指導、御鞭撻、御努力賜りますようお願い申し上げます。  さて、今議会におきましては、昭和63年度の最終補正予算案を初め、条例の制定、工事請負契約等の諸議案について御審議をお願いするものでございます。本年度補正予算案につきましては後ほど、また平成元年度施政方針並びに議案内容につきましては後日、御説明申し上げますので、慎重御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げ、招集のごあいさつといたします。     −−−−−−−−−−−−−− △諸般の報告 ○議長(小川武君) 次に、諸般の報告をいたさせます。 ◎事務局長(東方昌彦君) 平成元年2月22日付、和財第 126号をもって、市長から本日招集の市議会定例会に提出する議案が送付されております。議案はお手元に配付いたしております。  次に、昭和63年12月24日付、和監査第 276号、平成元年1月19日付、和監査第9号及び平成元年2月16日付、和監査第20号をもって、監査委員から例月出納検査の結果についての報告がまいっております。写しはお手元に配付いたしております。以上。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(小川武君) これより日程に入り、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において    山下 武君    新田和弘君    浜野喜幸君  以上3人の諸君を指名いたします。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第2 会期決定について ○議長(小川武君) 次に、日程第2、会期決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  今期定例会会期は、本日から3月29日までの29日間といたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(小川武君) 御異議なしと認めます。  よって、会期は本日から3月29日までの29日間と決定いたしました。  この際、お諮りいたします。  職員の採用に係る警察事情聴取について、堰本功君から緊急質問の通告があります。堰本功君の緊急質問に同意の上、この際、日程に追加し、発言を許すことに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(小川武君) 御異議なしと認めます。  よって、堰本功君の緊急質問に同意の上、この際、日程に追加し、発言を許すことに決定いたしました。     −−−−−−−−−−−−−− △職員の採用に係る警察事情聴取について緊急質問(堰本 功君) ○議長(小川武君) 堰本功君の発言を許します。−−36番。  〔36番堰本 功君登壇〕(拍手) ◆36番(堰本功君) 議長のお許しをいただきまして緊急質問をさせていただきます。  ただいま市長から招集あいさつをお聞きしました。その中で警察事情聴取のあったこと、職員が10数名聴取を受けたこと及び深くおわびします、申しわけないという言葉がありました。事はそう簡単なものではありません。あいさつ文にして2・3行で済むものでしょうか。私は市長の見識を疑います。職員の選考採用の疑惑については、昨年2月、市長の選挙運動員の大量採用が発覚し、さらにもろもろの選考採用疑惑が噴出し、マスコミ各紙によって大きく報道されたところであります。議会もこの究明について努力しました。しかし、当局の頑迷かつ理不尽な答弁拒否によって何一つ解明されず今日に至っております。  その間、市長の本議場における議員の発言をとらえて告訴するという暴挙もありました。また、これに対抗する形で議員も市長を告発するということもありました。その他、一市民からの告発、また住民訴訟も行われています。本年に入って警察事情聴取が始まり、新聞各紙にも事細かく報道され、市民も重大な関心を寄せているところであります。本市議会も臨時議会の招集の動きもあったわけですが、実現に至りませんでした。臨時議会の要求も出るほどの重大問題です。本市職員が20数名、詳細は私は存じませんが、大量に警察事情聴取を受けるほどの大問題です。人事担当者も事情聴取を受けたと聞きます。こうしたことは本市始まって以来のことではないでしょうか。当局が何も言えぬと言っているうちに、事情聴取を受けた職員が胃炎で入院してしまった、しかも大量にです。あれほどのプライバシーの侵害に神経質であった人事当局は、この職員の大量入院の事態をどう考えておるか。職員の何人が事情聴取を受け、人事担当者のだれだれが何の目的事情聴取を受けたのか。何人が何の病名で入院しているのか。詳細な報告はあってしかるべきだと思います。  以上、緊急質問の形で警察事情聴取について、当局の報告を伺いたいと思います。  以上です。(拍手) ○議長(小川武君) 小東総務部長。  〔総務部長小東孝英君登壇〕 ◎総務部長(小東孝英君) ただいま堰本議員から職員の採用問題に係る件で、警察事情聴取を受けたということについての詳細についての御質問がございました。私どもが把握いたしておりますのは、職員の、さきに委員会でも申し上げたのでございますけれども、12名というのを、そのときに申し上げたわけでございますけれども、その後、数名、と申しますのは、私どもの方へ報告が、あるいはいろんな形で私どもがはっきり確認いたしておりますのが数名でございます。それ以外にいろいろな形で私どもの方へ、不確認でございますけれども、何回か受けたということで報告を受けて、直接正式な報告は受けておりませんけれども、そういうふうな状況を聞いてございます。  なお、その中で、関係職員の中で現在入院中の者が4名、確認をいたしておりますけれども、それ以外については確認をいたしておりません。  それから職員の、いわゆる人事担当者が警察事情聴取を受けたかどうかということでございますが、私どもの方の人事の担当の1名が職員の採用問題について事情聴取を受けた、1名受けてございます。それ以外に私どもはまだ確認いたしておりません。  以上でございます。 ○議長(小川武君) 36番。  〔36番堰本 功君登壇〕(拍手) ◆36番(堰本功君) 私の第1問で質問したことは市長にお聞きしたわけでありますけれども、市長がお答えがありませんでした。かわりにと申しましょうか、総務部長の答弁があったわけですけれども、さきの総務委員会で2名、その後12名になり、その後、数名、いろいろな形で情報は入っておるけれども、不確認といいますか未確認であると、それから正式な報告は受けておらず、関係職員の入院したのは4名、それも確認していない、人事担当者は1人であると、まあこういう答弁であったと思いますけれども、これが公的な人事管理をする市役所というれっきとした官庁の人事管理の責任者である総務部長の答弁でしょうか、私はあきれると言いますか、私は職務怠慢どころか話にならない答弁だと思います。どうして確認しないのか、これほどの重大問題を調べておらないということ自体が、私は人事担当者としての責任問題であると思います。  私の最初の質問の中で聞きました、もう一度正確に答えていただきたいのは、何人が事情聴取を受けたか、その正確な人数。それから何人が入院しておるか。第1問では何の病名でと聞きましたが、何の病名で入院しておるか、入院したら必ず届けが出てるはずです。年休で入院しておるはずはないと思います。病休で入院しておるはずですから、その人事当局は正確に把握しておるはずです。  それから、人事担当者はだれだれかと聞きましたが、今言われましたが、1人であると言いましが、それは正確でしょうか。そしてまた名前とは言いませんが、役職名を言ってもらいたいと思います。それからまた、何のために事情聴取を受けておるか、第1問で聞きました。その点の答えはありませんでしたから、何のために職員が大量に事情聴取を受けたのか、人事担当者が警察事情聴取を受けたのか、それを改めてお聞きして第2問を終わります。(拍手)
    議長(小川武君) 旅田市長。  〔市長旅田卓宗君登壇〕 ◎市長(旅田卓宗君) 36番堰本議員の再質問にお答え申し上げます。  何のために事情聴取を受けているかという御質問につきましては、中谷鉄也が去る昨年3月、私に対して職員採用問題について公職選挙法違反の疑いがあるという告発がなされております。その告発に基づく事情聴取だというふうに漏れ承っております。  あとの問題は人事担当の総務部長からお答えいたします。 ○議長(小川武君) 小東総務部長。  〔総務部長小東孝英君登壇〕 ◎総務部長(小東孝英君) 堰本議員の再質問にお答えをいたします。  事情聴取を受けた職員は、先ほども申し上げましたように12名に、さらに4名というのが私どもが確認をいたしております。それ以外に先ほども申し上げましたように、不確認でございますけれども、何回か同じ職員が受けたものとか、あるいは1・2名、未確認がございまして、確認されておるのは計16名でございます。  それから病院につきましては、4名入院をいたしておるのでございますけれども、病名は神経性による胃炎等の疑いやということで、そのための検査等をやっておると、あるいは治療をやっておると、こういうことを聞いております。  人事担当者のことでございますが、これは聴取をされた職員は担当のもと主査級、現在課長相当職になっておるわけでございますけれども、職員でございまして、事情聴取につきましては和歌山市の採用についての事務的な手続とか、そういったものがどのようになっているかというふうなことを中心に事情を、説明をされたいということで申し上げたと、こういうふうに聞いてございます。  以上でございます。 ○議長(小川武君) 36番。  〔36番堰本 功君登壇〕(拍手) ◆36番(堰本功君) 非常にずさんな報告で、到底満足のいくものではありません。それを私はどうして、まず最初にこの程度のものなら特に議会議長の許しを得て、この点について報告しないのか、しなかったのか、その点の私は市長の見識、この問題に対する重大な責任を感じていないと、その私は見識を疑い、そして非常に遺憾に思うものであります。  さらに、個々の問題について人事担当者の総務部長は非常に責任を欠いておる、その能力ではない、これはもう根本的な職務に対するどう言うていいんですか、責任能力に私は重大な瑕疵があると、このことを強く指摘して、本問題についてはなお機会をとらえて本会議及び委員会において追及深めていくということで、一応緊急質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。(拍手) ○議長(小川武君) 以上で堰本功君の緊急質問を終結いたします。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第3 報第1号 市長専決処分事項の報告について ○議長(小川武君) 次に、日程第3、報第1号、市長専決処分事項の報告を行います。  当局から報告を求めます。−−礒崎財政部長。  〔財政部長礒崎陽輔君登壇〕 ◎財政部長(礒崎陽輔君) 報第1号につきまして御説明申し上げます。  議案書1ページをお開きください。  報第1号は清掃自動車の接触事故の損害賠償金でございまして、地方自治法第 180条第1項の規定に基づき、市長専決処分により措置いたしましたので、同条第2項の規定により報告するものでございます。  以上でございます。 ○議長(小川武君) 質疑はありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(小川武君) 質疑なしと認めます。  これにて報第1号の報告を終わります。     −−−−−−−−−−−−−− △日程第4 承第1号 市長専決処分事項の承認を求めるについてから 日程第32 議案第27号 工事請負契約についてまで ○議長(小川武君) 次に、日程第4、承第1号、市長専決処分事項の承認を求めるについてから日程第32、議案第27号、工事請負契約についてまでの29件を一括議題といたします。  当局から提案理由の説明を求めます。−−旅田市長。  〔市長旅田卓宗君登壇〕 ◎市長(旅田卓宗君) ただいま上程されました諸議案について、その概要を御説明いたします。  昭和63年度も時代が昭和から平成へと推移し、あと1月を残すばかりとなりました。私もこの1年間、本市の活性化を図り福祉社会の充実を求めて努力を重ねてまいりました。そのため第四団地の着工を初め公共事業の積極的な推進を行うとともに、緊急通報用ペンダントを配備するなど、福祉水準の向上にも特に意を用いてまいりました。一方で競馬場の廃止に伴う一時的な出費の増大や財政構造の硬直化に伴い、財政環境はさらに厳しさを強めてまいりました。このような状況の中で本年度の締めくくりとしての補正をお願いするものでございます。  今回御提案させていただく中に新規の事業として、ふるさと基金の創設がございます。議員皆様御承知のとおり国の施策であるふるさと創生の一環として、全国の地方公共団体に一律1億円の地方交付税が配分されることになっております。現在その使い道については市民にアイデアを募集するなど部内で検討中でございますが、本年度の補正において、そのうち 2,000万円の交付金の受け皿を設けることといたしております。  また、この補正予算では事業費の変更や補助金等の精算がその大部分を占めておりますが、困難な財政状況の中で社会福祉会館分館の改造の延期や薬種畑公営住宅の建設の一時中止など総額で3億 8,000万円程度の節約を実施することといたしております。和歌山駅仮駅舎につきましては諸般の事情から公費で設置することを断念し、今後民間資金の活用を図って早期に建設を行うことといたしております。  さらに、民生費において国民健康保険事業特別会計への繰り出しを16億 8,500万円とするなど所要の追加補正をお願いしております。このほか和歌山市ふるさと基金条例や昭和天皇の崩御に伴う職員の懲戒免除及び職員の賠償責任に基づく債務の免除に関する条例の制定を初め、各種条例案、工事請負契約議案等を提案いたしております。  詳細につきましては担当部長から御説明いたさせますので、何とぞ慎重御審議の上、御賛同賜りますようお願いいたします。 ○議長(小川武君) 礒崎財政部長。  〔財政部長礒崎陽輔君登壇〕 ◎財政部長(礒崎陽輔君) 承第1号から議案第14号まで、議案第17号から議案第23号まで及び別刷り議案書の承第2号から議案第27号までにつきまして、一括して御説明いたします。  議案書の2ページをお開きください。  承第1号は、地方税法の一部を改正する法律が昭和63年12月30日に公布されたことに伴い、和歌山市税条例の一部改正について専決処分により措置したものでございます。これは退職所得の分離課税に係ります所得割区分等について改正を行ったものでございます。  14ページをお開きください。  議案第1号は、昭和63年度和歌山市一般会計補正予算(第6号)でございまして、歳入歳出それぞれ49億 7,255万 9,000円減額し、予算総額を 943億 695万 2,000円とするものであります。  まず、17ページの歳出の部から御説明いたします。  第1款議会費 1,202万 1,000円の減額補正は議会史発刊年度の変更、その他人件費等精算による補正であり、第2款総務費7億 2,275万 8,000円の補正は、第1項総務管理費におきまして退職手当6億 3,286万 6,000円の補正を行うほか、自転車置場建設事業費 1,200万円の減額、東和歌駅前北側商店会協同組合から提訴された損害賠償請求事件に関する和解金 9,000万円、ふるさと基金への積立金 2,000万円をそれぞれ補正、その他諸経費の精算による補正であり、第2項徴税費におきましては人件費等の精算を行うほか、市税全納報奨金 1,427万円、税収入払戻金 4,305万 2,000円の補正、第3項戸籍住民基本台帳費におきましては人件費等の精算及び県支出金決定に伴う諸経費の精算による補正であり、第4項選挙費の補正は人件費等の精算及び県支出金等の決定に伴う諸経費の精算であり、第5項統計調査費は県支出金決定に伴う補正、第6項監査委員費におきましては人件費と諸経費の精算による補正でございます。  次に、第3款民生費13億 4,918万 9,000円の減額補正は、第1項社会福祉費におきまして援護施設収容扶助費 2,266万 3,000円、老人医療扶助費 4,150万 8,000円をそれぞれ補正、事業費決定に伴います地方改善事業費10億 7,013万 6,000円、事業年度変更に伴います社会福祉会館分館整備事業 8,000万円につきまして、それぞれ減額補正するほか、人件費等諸経費の精算による補正であり、第2項生活保護費におきましては扶助費3億円の減額補正を行うほか、人件費並びに諸経費の精算による補正であり、第3項児童福祉費におきましては園用器具 443万 3,000円の補正を行うほか、人件費、扶助費その他諸経費の精算による補正、第5項年金保険費におきましては国民健康保険事業特別会計へ2億 8,532万 8,000円を繰り出すほか、人件費その他諸経費の精算による補正であり、第6項青少年対策費におきましては人件費等の精算及び県支出金決定に伴う諸経費の精算による補正でございます。  次に、第4款衛生費7億 6,728万 8,000円の減額補正は、第1項保健衛生費におきまして墓地等建設事業の建設年度変更による5億 8,896万 3,000円、結核医療扶助費 5,184万円をそれぞれ減額補正するほか人件費並びに諸経費の精算による補正であり、第2項清掃費におきましては第2清掃工場旧炉撤去工事の不執行による 4,104万円の減額補正を行うほか、人件費その他諸経費の精算による補正でございます。  第5款労働費 779万 7,000円の減額補正は、人件費その他諸経費の精算による補正でございます。  次に、第6款農林水産業費6億 6,526万 2,000円の減額補正は、第1項農業費におきまして温州みかん中晩柑園転換確認事業に係る諸経費の補正、事業費決定に伴います農林業同和対策事業5億 8,380万 3,000円の減額補正を行うほか、人件費その他諸経費の精算補正であり、第2項緑化費、第3項林業費につきましては、それぞれ諸経費の精算による補正、第4項水産業費におきましては漁港修築県工事費負担金 2,040万円の補正、事業費の決定に伴います漁港修築事業費1億円、並型漁礁設置事業費 312万円、漁船漁業用作業保管施設設置事業費 308万 4,000円をそれぞれ減額補正するほか、人件費その他諸経費の精算補正でございます。  第7款商工費 1,307万 9,000円の減額補正は、第1項におきましては卸売市場事業特別会計へ 1,423万円を繰り出すほか人件費その他、諸経費の精算による補正であり、第2項観光費におきましては人件費並びに諸経費の精算による補正でございます。  次に、第8款土木費25億 6,684万 1,000円の減額補正は、第1項土木管理費におきましては土木事業県工事費負担金2億 6,868万 2,000円の補正のほか、人件費等の精算補正。第2項道路河川費におきましては地方バス路線維持費補助金 775万 5,000円、事業費決定に伴います地方道整備事業費 1,254万 2,000円をそれぞれ補正、プロムナード調査不執行による減額補正、都市小河川改修事業費の組みかえ補正を行うほか、人件費その他諸経費の精算補正でございます。第3項都市計画費におきましては事業費決定に伴います東和歌山第2地区土地区画整理事業費 1,600万円の補正のほか、和歌山駅東口駅舎新設事業不執行による1億 520万円、事業費決定による街路事業費2億 3,552万 1,000円をそれぞれ減額補正、その他人件費等精算補正。第4項公園費におきましては和歌山東公園整備事業費1億 1,610万円の事業費決定による補正、その他人件費等の精算補正、第5項下水道費におきましては下水道事業特別会計へ1億 3,975万 7,000円を繰り出すほか、人件費等の精算補正でございます。第6項住宅費におきましては、公営住宅建設費で薬種畑団地建設事業不執行並びに事業費決定によりまして6億 4,484万 4,000円を減額、公営住宅建替建設費におきましても事業費決定によりまして1億 1,587万円を減額、改良住宅建設費におきましては事業計画変更、事業費の決定等に伴いまして19億 2,835万 2,000円の減額補正を行うほか、その他事業費につきましては事業費の決定並びに人件費等の精算補正であり、第7項につきましては人件費等精算による補正でございます。  第9款消防費 3,771万 9,000円の補正では、第1項消防費におきまして退職手当 4,720万 1,000円、消防団員退職報償金 239万をそれぞれ補正するほか、人件費等の精算補正を行うものでございます。  第10款教育費4億 5,088万 1,000円の減額補正は、第1項教育総務費におきまして退職手当で1億 3,040万円の減額、その他人件費等諸経費の精算補正を行うものであり、第2項小学校費、第3項中学校費、第4項高等学校費におきましては、いずれも事業費の決定、その他人件費等諸経費の精算による補正であり、第5項幼稚園費は人件費と諸経費の精算による補正、第6項社会教育費におきまして和歌山市東部コミュニティーセンター設計実施年度変更に伴います 1,072万円、市史第3巻発刊年度の変更に伴います 2,370万円をそれぞれ減額補正し、その他人件費等諸経費の精算補正であり、第7項保健体育費につきましても人件費その他諸経費の精算でございます。  第12款公債費 9,662万 5,000円の補正は、繰上償還金2億 1,360万円の元金償還金の補正並びに長期債利子等の精算による補正でございます。  第13款諸支出金 269万 7,000円の補正は、第1項公営企業金融公庫納付金、第2項公営企業費につきましては、いずれも精算による補正でございます。  以上が歳出の補正の主なものでございます。  15ページをお開きください。  歳入の部につきましては固定資産税で4億 441万円、都市計画税で1億 3,534万 5,000円の補正、市民税で1億 5,885万 4,000円を減額補正する等、市税で4億 193万 2,000円、地方譲与税で 4,400万円、自動車取得税交付金で 6,600万円、財産収入で 5,094万 9,000円、諸収入で2億 6,320万 4,000円等補正する一方、事業計画の変更及び事業費決定等によりまして国庫支出金で39億 4,917万円、県支出金で 2,882万 3,000円、市債で17億 5,135万 7,000円をそれぞれ減額しております。  以上が歳入の補正の主なものでございます。  次に20ページでございます。  債務負担行為の補正は第2表のとおりでございまして、公営住宅建設事業につきましては一部事業年度の変更による廃止及び事業費決定等によりまして、限度額の総計26億 7,243万 2,000円を21億 8,278万 8,000円に、改良住宅建設事業につきましては事業年度の変更に伴いまして、15億 9,467万 7,000円を廃止するものでございます。  次に23ページでございます。  地方債の補正は第3表のとおりでありまして、事業費の追加並びに変更によりまして限度額を 104億 7,164万 3,000円に変更するものでございます。  30ページをお開きください。  議案第2号、昭和63年度和歌山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)は、一般被保険者療養費支給負担金 1,187万 1,000円、葬祭費支給負担金 300万円をそれぞれ補正するほか、保険給付費で6億 378万円、療養諸費で5億 2,174万 1,000円、老人保健拠出金で2億 5,690万 9,000円をそれぞれ減額補正、その他事業費並びに諸経費につきましても精算による補正であり、歳入につきましては一般会計からの繰入金2億 8,532万 8,000円の補正を行うものでございます。  33ページ、議案第3号、昭和63年度和歌山市食肉処理場事業特別会計補正予算(第2号)、38ページ、議案第4号、昭和63年度和歌山市卸売市場事業特別会計補正予算(第2号)は、いずれも人件費並びに諸経費の精算補正を行うものでございます。  42ページをお願いいたします。  議案第5号、昭和63年度和歌山市土地造成事業特別会計補正予算(第1号)は、第四団造成事業費におきまして市債の繰上償還1億 8,300万円の元金償還金の補正を行うほか、事業変更等により13億 3,517万 5,000円の減額、その他諸経費の精算による補正であり、これに伴いまして歳入で市債を減額する補正が主なものでございます。  46ページ、議案第6号、昭和63年度和歌山市街路公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)は、西脇山口線の事業促進のため都市開発資金の繰上償還 1,969万 1,000円の補正が主なものでございます。  50ページ、議案第7号、昭和63年度和歌山市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、52ページ、議案第8号、昭和63年度和歌山市住宅改修資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)、56ページ、議案第9号、昭和63年度和歌山市住宅新築資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)、60ページ、議案第10号、昭和63年度和歌山市宅地取得資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)は、いずれも精算による補正を行うものでございます。  64ページ、議案第11号、昭和63年度和歌山市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)は、駐車場管理運営費の精算による補正であります。  66ページ、議案第12号、昭和63年度和歌山市都市公園用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入の精算による補正でございます。  68ページ、議案第13号、昭和63年度和歌山市老人保健特別会計補正予算(第2号)は、支払基金交付金、国庫支出金等を財源として医療給付費5億 9,909万 6,000円の補正を行うものでございます。  70ページでございます。  議案第14号、昭和63年度和歌山市下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、下水道建設費の事業費決定等により 4,990万 9,000円の減額補正を行うほか、人件費その他諸経費の精算補正でございます。  79ページをお開きください。  議案第17号、和歌山市ふるさと基金条例の制定は、地域の特性を生かした個性で魅力あるふるさとづくりを推進するため、みずから考え、みずから実践する地域づくり事業のための基金を設けるものでございます。  80ページ、議案第18号、和歌山海南都市計画事業復興土地区画整理事業芦原工区の換地処分に伴う関係条例の整理に関する条例の制定は、和歌山海南都市計画事業復興土地区画整理事業芦原工区の換地処分がなされたことに伴い、関係条例を改正するもので、和歌山市立芦原文化会館、和歌山市立芦原共同浴場、芦原福祉館及び三沢第3改良住宅の地番をそれぞれ改めるものでございます。  82ページ、和歌山市団地集会所条例の一部改正は吹屋町団地及び東長町団地に新設された集会所の名称及び位置を定めるものであります。  83ページ、和歌山市営住宅条例の一部改正は加太城ケ崎団地、吹屋町団地及び東長町団地に新設された市営住宅の名称、位置及び使用料等を定めるものでございます。  次に84ページでございます。  議案第21号、土地買収についてでございますが、これは第四団地建設地内の国有地1万1,573.63平方メートルを 6,750万円で買収するものでございます。  89ページ、議案第22号、市道路線認定についてでございますが、これは本町55号線を初め18線につきまして道路法第8条の規定により、市道の路線を認定するものでございます。  102ページでございます。  議案第23号、損害賠償請求事件和解についてでございますが、これは東和歌駅前北側商店会協同組合から提訴された損害賠償請求事件について、和解金の支払いを行うこと等により和解をしようとするものでございます。  次に、議案書(その2)の第1ページをお開きください。  1ページでございます。  承第2号は、昭和天皇大喪の礼の日を休日とする法律が平成元年2月17日公布されたことに伴い、和歌山市職員の勤務条件の特例を定める条例の制定を専決処分により措置したものでございます。これは大喪の礼の日の休日規定及び休日勤務手当の支給を規定したものでございます。  4ページでございます。  議案第24号、昭和天皇の崩御に伴う職員の懲戒免除及び職員の賠償責任に基づく債務の免除に関する条例の制定は、公務員等の懲戒免除等に関する条例第3条及び第5条の規定に基づき職員の懲戒免除及び職員の賠償責任に基づく債務の免除について規定するものでございます。  5ページ、議案第25号、和歌山市国民健康保険条例の一部改正は助産費支給額10万円を13万円に改めるものでございます。  続きまして、別刷り議案書(その3)をお開きください。  議案第26号及び議案第27号は、いずれも工事請負契約に関する議案でございます。議案第26号は昭和63年度芦原公営住宅新築工事について、株式会社森田組と4億 9,449万 8,000円で、議案第27号は、昭和63年度木ノ本(仮称)公営住宅新築工事について株式会社三輝建設と 9,535万円で、それぞれ契約することといたしております。  以上でございます。
    議長(小川武君) 橋口水道局長。  〔水道局長橋口敏彦君登壇〕 ◎水道局長(橋口敏彦君) 水道局関係の議案について御説明申し上げます。  議案書74ページをお開きください。  議案第15号は、昭和63年度和歌山市水道事業会計補正予算(第4号)でございます。  第2条は、業務の予定量の変更で、主要な建設改良事業といたしまして第4期拡張事業を7億 487万 4,000円に、配水管整備事業を8億 5,512万 4,000円にそれぞれ改めるものであります。  第3条は、収益的収入及び支出の補正で、収入 1,942万 9,000円の増額補正につきましては水道料金が主なものであります。一方、支出 6,355万 1,000円の減額補正は支払い利息の減額及び運営経費等の年度末精算によるものでございます。  第4条は、資本的収入及び支出の補正で、収入 3,279万 7,000円の減額につきましては大滝ダム建設事業費の減額に伴う企業債、出資金、国庫補助金等の減額であり、支出 6,137万 4,000円の増額につきましては第5期拡張事業調査費及び繰延勘定として退職給与金の増額をいたし、配水管整備事業等の年度末精算による減額を差し引いた額でございます。  第5条は、市債の限度額を改めるものであります。  76ページをお願いいたします。第6条から第9条は収支の補正に伴い、それぞれを改めるものでございます。特に第8条は、繰越利益剰余金及び当年度利益剰余金の処分を2億 2,335万 9,000円に改め、資本的収支の不足補てんに充てるものであります。  続きまして77ページをお願いいたします。  議案第16号、昭和63年度和歌山市工業用水道事業会計補正予算(第3号)でございます。  第2条は、業務の予定量の変更で、主要な建設改良事業の第4期拡張事業を2億 5,956万 1,000円に改めるものでございます。  第3条は、収益的収入及び支出の補正で、収入 1,236万 8,000円の増額につきましては水道料金、受取利息等でございます。一方、支出の 5,147万 3,000円の減額は動力費及び運営経費等の年度末精算によるものでございます。  第4条は、資本的収入及び支出の補正で、収入 1,640万円の減額につきましては大滝ダム事業費の減額に伴う企業債及び工事請負金であり、支出 6,968万 4,000円の増額補正につきましては、退職給与金の増額と負担金等の減額を差し引いた額でございます。  第5条は、起債の限度額を改めるものであり、第6条及び第7条は、収支の補正に伴い、それぞれを改めるものでございます。  以上でございます。 ○議長(小川武君) 以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。  本日の会議はこの程度にとどめ延会し、明3月2日午前10時から会議を開くことにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(小川武君) 御異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。  本日はこれにて延会いたします。  午後0時51分延会     −−−−−−−−−−−−−−  地方自治法第123条第2項の規定によってここに署名する。    議長   小川 武    議員   山下 武    議員   新田和弘    議員   浜野喜幸