ツイート シェア
  1. 丹波市議会 2013-06-07
    平成25年第67回定例会(第1日 6月 7日)


    取得元: 丹波市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    平成25年第67回定例会(第1日 6月 7日)           第67回 丹波市議会定例会会議録         会期第1日 平成25年6月7日 午前9時30分開会 1.議事日程   (1)定刻電鈴   (2)議員着席   (3)開会・開議宣言   (4)諸般の報告   (5)行政報告   日程第 1 会議録署名議員の指名   日程第 2 会期の決定   日程第 3 報告第2号 平成24年度丹波市一般会計及び特別会計繰越明許費繰越計               算書の報告について         報告第3号 平成24年度丹波市水道事業会計予算繰越計算書の報告につ               いて   日程第 4 議案第69号 丹波市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について         議案第70号 丹波市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例               の制定について         議案第71号 字の区域変更及び字の廃止について
            議案第72号 平成25年度阿草辺地に係る公共的施設の総合的な整備に関               する財政上の計画の策定について         議案第73号 平成25年度丹波市一般会計補正予算(第1号)         議案第74号 平成25年度丹波市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算               (第1号)         議案第75号 平成25年度丹波市水道事業会計補正予算(第1号)   日程第 5 請願第6号 少人数学級の推進、義務教育費国庫負担制度拡充に関する               請願         請願第7号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断               ・治療の推進を求める請願         請願第8号 高浜原子力発電所の再稼動を許可しないよう求める「意見               書」提出についての請願 2.本日の会議に付した事件   日程第 1 会議録署名議員の指名   日程第 2 会期の決定   日程第 3 報告第2号 平成24年度丹波市一般会計及び特別会計繰越明許費繰越計               算書の報告について         報告第3号 平成24年度丹波市水道事業会計予算繰越計算書の報告につ               いて   日程第 4 議案第69号 丹波市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について         議案第70号 丹波市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例               の制定について         議案第71号 字の区域変更及び字の廃止について         議案第72号 平成25年度阿草辺地に係る公共的施設の総合的な整備に関               する財政上の計画の策定について         議案第73号 平成25年度丹波市一般会計補正予算(第1号)         議案第74号 平成25年度丹波市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算               (第1号)         議案第75号 平成25年度丹波市水道事業会計補正予算(第1号)   日程第 5 請願第6号 少人数学級の推進、義務教育費国庫負担制度拡充に関する               請願         請願第7号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断               ・治療の推進を求める請願         請願第8号 高浜原子力発電所の再稼動を許可しないよう求める「意見               書」提出についての請願 3.出席議員   1番  垣 内 廣 明          2番  臼 井 八洲郎   3番  坂 谷 高 義          4番  岸 田   昇   5番  木 戸 せつみ          6番  土 田 信 憲   7番  山 本 忠 利          8番  太 田 喜一郎   9番  太 田 一 誠          10番  足 立 克 己   11番  西 本 嘉 宏          12番  西 脇 秀 隆   13番  藤 原   悟          14番  田 坂 幸 恵   15番  平 井 孝 彦          16番  前 川 豊 市   17番  横 田   親          18番  林   時 彦   19番  荻 野 拓 司          20番  奥 村 正 行 4.欠席議員   なし 5.議事に関係した議会職員   事務局長       拝 野   茂   書記        荻 野 隆 幸   書記         藤 浦   均   書記        村 上 知 子 6.説明のため出席した者の職氏名   市長         辻   重五郎   副市長       鬼 頭 哲 也   教育長        小 田 繁 雄   技監兼環境整備担当部長                                  足 立 保 男   企画総務部長     余 田 一 幸   まちづくり部長   上 本 善 一   財務部長       山 中 直 喜   生活環境部長    村 上 研 一   福祉部長       大 森 友 子   健康部長      高 見 克 彦   兼福祉事務所長    産業経済部長     近 藤 俊 幸   建設部長      駒 谷   誠   水道部長       山 田 吉 晴   教育部長      岸 田 隆 博   消防長        大 石 欣 司   会計管理者     足 立 孝 司 7.会議の経過                開会 午前9時30分 ○議長(奥村正行君) おはようございます。議員の皆さん、当局の皆さん、御苦労さまでございます。  ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第67回丹波市議会定例会を開会いたします。  本日、議会だより編集のための写真撮影並びに報道機関写真撮影を許可いたしておりますので、御了承ください。  直ちに本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、あらかじめ御手元に配付しておりますとおりです。  この際、諸般の報告をいたします。  議会を代表しての会議、行事への出席状況は、御手元に配付しております議長の活動報告一覧表のとおりです。  次に、常任委員会、議会運営委員会特別委員会の活動状況は、御手元に配付しております一覧表のとおりです。  次に、議員派遣の結果について、報告いたします。  丹波市議会会議規則第165条第3項の規定に基づき、田坂副議長から各議長会の会議への派遣結果、及び各議員から議会報告会への派遣結果の報告書がそれぞれ提出されておりますので、書面をもって報告とさせていただきます。  次に、3月から先月までの間に資料請求された内容は、御手元に配付しております一覧表のとおりです。  また、受理いたしました陳情書については、陳情文書表のとおりです。本日、その写しを配付いたしておりますので、ごらんおきください。  以上で諸般の報告を終わります。  〜行政報告〜 ○議長(奥村正行君) ここで、市長より行政報告の申し出がありますので、これを許可いたします。  市長。 ○市長(辻重五郎君) (登壇) おはようございます。  ただいまから行政報告を申し上げます。  諸般につきましては、別紙資料として一覧表で御手元にお配りをいたしておりますとおりでございます。お目通しをいただきまして、御了承賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。  さて、4月14日には、野上野交流施設の竣工式に出席をいたしました。地域産材を利用して建設されております同施設は、地元の方々に大変喜んでいただいており、今後、地域活動の拠点として活用されることと存じます。  4月16日には、平成25年度第1回兵庫県副市長会がゆめタウンのポップアップホールで開催され、県内28市の副市長をお迎えし、歓迎の御挨拶を申し上げました。春の好季節、丹波市の豊かな自然、田園風景を紹介することができました。  4月19日には、昨年度に引き続き、丹波市エグゼクティブアドバイザーに就任をいただきました村上信夫氏と対談をいたしました。今後も丹波市の魅力発信PRに大きく貢献をいただけるものと期待をいたしております。  また、4月から5月にかけましては、丹波市自治会長会を初め、各種団体の総会や式典に出席をさせていただき、市政推進への変わらぬ御理解と御尽力に御礼を申し上げさせていただいたところであります。  そうして、6月3日から5日にかけましては、全国市長会総会に出席し、また、企業訪問のため東京に出張いたしました。  さらに、明智光秀を取り上げたNHK大河ドラマの誘致活動の一環といたしまして、関係各市11名、市長とともに渋谷区のNHK放送センターに出向きまして、誘致の要望を行ったところでございます。  さて、本年は、既に梅雨入りをしたとの発表がございました。今後、本格的な梅雨期を迎えるに当たり、安心な暮らしを最優先に、防災体制をいま一度、確認をいたしますとともに、各地域の皆さん方にも備えていただきたく、お願い申し上げる次第であります。議員各位におかれましても、何とぞ御協力のほどよろしくお願い申し上げます。  最後に、火災報告を申し上げます。3月23日以降、8件の火災が発生しております。林野火災が青垣地域で2件、氷上地域で1件、建物火災が氷上地域、市島地域それぞれ各1件、その他火災が山南地域で1件、氷上地域で2件という状況でございます。
     以上で、行政報告といたします。 ○議長(奥村正行君) 以上で、行政報告は終わりました。  〜日程第1 会議録署名議員の指名〜 ○議長(奥村正行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に議席9番、太田一誠議員、議席10番、足立克己議員の両名を指名いたします。  〜日程第2 会期の決定〜 ○議長(奥村正行君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会会期は、本日から6月28日までの22日間にしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。           (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(奥村正行君) 御異議なしと認めます。  したがって、会期は、本日から6月28日までの22日間に決定いたしました。  〜日程第3 報告第2号〜報告第3号〜 ○議長(奥村正行君) 日程第3、報告第2号「平成24年度丹波市一般会計及び特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について」及び報告第3号「平成24年度丹波市水道事業会計予算繰越計算書の報告について」の説明を求めます。  市長。 ○市長(辻重五郎君) (登壇) ただいま、一括議題となりました報告第2号及び報告第3号につきまして、提案の概要を御説明申し上げます。  まず、報告第2号「平成24年度丹波市一般会計及び特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について」でございます。  さきの3月の定例会におきまして、議決をいただきました事業の繰越明許費繰越計算書で、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、御報告を申し上げるものでございます。個々の事業の概要等は説明を省略させていただきますが、一般会計では、33件の議決をいただきました事業のうち、32件、28億6,254万6,000円、下水道特別会計では、3件で1億2,030万円を平成25年度に繰り越しております。  次に、報告第3号の「平成24年度丹波市水道事業会計予算繰越計算書の報告について」でございますが、地方公営企業法第26条第3項の規定により、報告を申し上げるものでございます。  水道事業におきましても、個々の事業の概要等は説明を省略させていただきますが、6件、総額で14億8,585万8,000円を平成25年度に繰り越しております。  一般会計特別会計及び水道事業会計それぞれにおきまして、国の補正予算に伴う事業の追加もあり、大変多くの事業を繰り越しておりますが、鋭意事業の早期完了を目指しておりますので、御理解を賜りたいと存じます。  以上、まことに簡単ではございますが、繰越計算書の報告とさせていただきます。よろしくお願いいたさいます。 ○議長(奥村正行君) 説明が終わりました。  まず、報告第2号についての質疑を受けます。  質疑はありませんか。  11番、西本嘉宏議員。 ○11番(西本嘉宏君) この中で、主に災害復旧の事業なんですけれど、施越事業というのがあるんですか。  ちょっとその施越事業というのがここにはないというんだったら、よろしいんですよ。特に、これ、国の補助金が実際は確定してから事業を実施するということなんですけれども、災害復旧などについては、事前に待てないと、交付金、補助金決定まで、ということでさっき先行するということが許されているんですけれど、施越事業ということで、御存じですか。そういうのがこの中にはないんですかということを聞いているんです。 ○議長(奥村正行君) 財務部長。 ○財務部長(山中直喜君) 今回、この施越事業はございません。  繰り越しをさせていただいてから事業をするものばかりでございます。 ○議長(奥村正行君) よろしいか。  ほかに質疑はありませんか。  ほかにありませんか。            (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(奥村正行君) ないようですので、質疑なしと認めます。  次に、報告第3号についての質疑を受けます。  質疑はありませんか。            (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(奥村正行君) 質疑がないようですので、これをもって質疑を終わります。  以上で、報告第2号「平成24年度丹波市一般会計及び特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について」及び報告第3号「平成24年度丹波市水道事業会計予算繰越計算書の報告について」の報告を終わります。  〜日程第4 議案第69号〜議案第75号〜 ○議長(奥村正行君) 日程第4、議案第69号「丹波市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について」から議案第75号「平成25年度丹波市水道事業会計補正予算(第1号)」までの7案件を一括議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案説明を求めます。  市長。 ○市長(辻重五郎君) ただいま、一括議題となりました議案第69号から議案第75号まで7件の案件につきまして、順次、提案の概要を御説明申し上げます。  まず、議案第69号「丹波市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について」でございますが、丹波市の防災に関する重要事項の審議等を所管する防災会議の構成員に陸上自衛隊を追加するため、所要の改正を行うものでございます。  次に、議案第70条「丹波市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について」でございますが、平成25年度の税制改正において、延滞金の見直し等の地方税法の改正が行われたことから、当条例で準用する延滞金の利率について、所要の改正を行うものでございます。  次に、議案第71号「字の区域変更及び字の廃止について」でございますが、国道調査法による地籍調査に着手しております柏原、山南地域のうち、字の錯雑地や飛び地など住所表示等の弊害が生じている一部の土地につきまして、字及び字界を整理統合して、明確化するものでございます。  次に、議案第72号「平成25年度阿草辺地に係る公共的施設の総合的な整備に関する財政上の計画の策定について」でございますが、阿草辺地におきまして、新たに辺地に係る公共的施設の総合的な整備に関する財政上の計画を策定するものでございます。  続きまして、議案第73号「平成25年度丹波市一般会計補正予算(第1号)」につきまして、御説明を申し上げます。  国の経済は、政権交代を契機に、回復の期待感が高まっておりますが、地域の経済や雇用の情勢は、依然として厳しい状況にあります。こうした地域の経済や雇用の醸成に配慮し、地域活性化に資する事業を展開するため、国の地域の元気臨時交付金並びに本市の地域振興基金を活用した補正予算を可能な限り、早期に打ち出すことを念頭に補正予算を編成いたしました。  国の地域の元気臨時交付金につきましては、普通建設事業を対象とした交付金として、交付額の算定事務を進めておりますが、交付額が決定していないことから、今回の補正予算では、計上を見送っております。  今回は、この臨時交付金の交付要件にとらわれない本市独自の幅広い経済雇用対策を実施するための事業費を計上いたします。  また、こども園の推進に係る補助金支出につきましては、子供たちの保育・教育環境の整備推進を図るための予算を計上するなどいたします。  歳入の主な内容は、経済雇用対策事業の充当財源として、地域振興基金繰入金を追加し、こども園整備に係る施設整備補助金では、補助上限を超えて支出していた補助金の返納金を受け入れる予算を計上いたします。  また、今回の補正予算に係る財源調整につきましては、財政調整基金繰入金を追加いたします。  歳出の主な内容は、地元産材の利用促進助成補助や道路・河川の維持修繕、県の補助金を活用する緊急雇用就業機会創出事業補助金補助など、経済雇用対策事業に係る経費を追加し、認定こども園では、こども園整備の補助支援を行うため、こども園経営基盤安定化補助金を追加計上いたします。  所要の補正を計上した結果、歳入歳出ともに、3億1,979万9,000円を追加し、予算の総額を365億1,979万9,000円とするものでございます。  その他、繰越明許費の補正では、防災行政無線整備事業4億4,322万8,000円を追加し、地方債の補正では、防災行政無線整備事業及び消防の施設整備事業に係る財源組みかえによる追加、廃止及び変更を計上いたします。  以上が、今回の一般会計補正予算(第1号)の概要でございます。  次に、議案第74号「平成25年度丹波市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)」につきましては、歳入では、税率の確定に伴う国民健康保険保険税の減額及び国県支出金の減額、保険財政共同事業交付金の減額、前年度繰越金の見込みによる増額などを計上するとともに、歳出では、療養給付費の減額、国庫支出金返納金、一般会計繰出金の増額などの補正を行うもので、歳入歳出ともに2,670万5,000円を減額し、予算の総額を75億29万5,000円とするものでございます。  最後に、議案第75号「平成25年度丹波市水道事業会計補正予算(第1号)」につきましては、水質検査用試薬の高騰に伴います水質検査手数料の追加計上が主なものでございます。収益的収支で、収入支出ともに、661万5,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ17億3,661万5,000円とするものでございます。  以上、議案7件の概要につきまして、一括して御説明申し上げましたが、この後、関係部長から補足説明をさせます。どうかよろしく御審議をいただきまして、御可決いただきますようお願いを申し上げます。 ○議長(奥村正行君) 生活環境部長。 ○生活環境部長(村上研一君) それでは、市長の指示がございましたので、議案第69号につきまして、補足説明を申し上げます。  議案書のほうは1ページでございます。審議資料のほうは、1ページから2ページをごらんください。  議案第69号「丹波市防災会議条例の一部を改正する条例の制定」につきましては、先ほど市長が申し上げましたように、防災会議の委員に、陸上自衛隊青野原駐屯地の隊員1名の参画を願おうとするものでございます。このことにつきましては、本年、2月19日に開催をいたしました丹波市防災会議で慎重な御助言をいただき、全会一致で御賛同を得た上で、御提案をさせていただいているものでございます。  丹波市の災害応急対策の充実と一層の連携強化、それから、情報の共有を図るために、本条例の改正をしようとするものでございます。  以上、簡単ではございますが、補足説明とさせていただきます。 ○議長(奥村正行君) 市長。 ○市長(辻重五郎君) さらに、私のほうから、先ほど御説明した議案第69号でございますが、訂正をさせていただきたいと思いますけれども、先ほどの説明の中で、「構成員に陸上自衛隊を」で切りましたけれども、「陸上自衛隊員」、「員」が抜けていたということで、ひとつ御訂正をさせていただきたいと思います。「陸上自衛隊員を追加するため」とこのようによろしくお願いいたします。  なお、その続きで、議案第70号が次にありますが、「70号」のことを「70条」と申し上げましたのも訂正をさせてください。よろしくお願いいたします。 ○議長(奥村正行君) 健康部長。 ○健康部長(高見克彦君) 議案第70号「丹波市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定」につきまして、審議資料により、補足の御説明を申し上げます。  審議資料3ページをお開きください。提案の趣旨と改正の概要でございます。  平成25年税制改正に伴いまして、平成26年1月1日以後に納期限が到来する地方税に係る延滞金の利率が引き下げられ、さきの臨時会におきましては、市税条例の改正が承認されたところでございます。  本条例におきましても、附則第3条におきまして、延滞金の割合の特例として準用いたしておりますので、同様に改正を提案するものでございます。  改正の概要につきましては、具体的に、特例基準割合を2%で試算した場合の利率を上げております。  審議資料4ページは、改正部分の新旧対照表でございます。  以上、大変簡単な説明ではございますが、よろしく御審議賜りまして、御可決いただきますようお願い申し上げます。 ○議長(奥村正行君) 産業経済部長。 ○産業経済部長(近藤俊幸君) 議案第71号「字の区域変更及び字の廃止」につきまして、補足の御説明を申し上げます。  議案書は、3ページから10ページ、審議資料5ページと別冊の関連図面を参考にお願いしたいと思います。  本議案は、国土調査法による地籍調査に伴うものでございまして、平成22年度から着手をいたしておりました山南地域の丹波市山南町和田、平成23年度から着手をしております柏原、山南地域のうち、丹波市柏原町柏原、挙田、大新屋、鴨野、北山、田路、山南町小野尻、小畑、山本のそれぞれの一部の土地につきまして、図面にも表示がされておりますが、字の錯雑地や飛び地などによります字界の混乱などによりまして、住所表示等に弊害が生じているところでございます。  そこで、土地所有者や地元自治会等の要望や意見を踏まえまして、今後の土地利用住所表示等に支障が生じないようにするため、字及び字界を整理統合し、地籍を明確にしようとするものでございます。  以上、大変簡単ではございますが、補足説明とさせていただきます。 ○議長(奥村正行君) 企画総務部長。 ○企画総務部長(余田一幸君) 続きまして、議案第72号「平成25年度阿草辺地に係る公共的施設の総合的な整備に関する財政上の計画の策定について」、補足説明を申し上げます。  議案書につきましては、11ページから、審議資料につきましては6ページからになります。  本議案は、山南地域の阿草辺地におきまして、平成25年度に防災行政無線のデジタル化に対応した地域情報通信システムとして、戸別受信機及びアンテナ整備を行うため、辺地総合整備計画を策定するものでございます。  計画の期間は、平成25年度の1年間で、事業費は274万6,000円でございます。  以上、御審議いただきまして、可決賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
    ○議長(奥村正行君) 財務部長。 ○財務部長(山中直喜君) 市長から指示がございましたので、議案第73号「平成25年度丹波市一般会計補正予算(第1号)」の補足説明をさせていただきます。  それでは、別冊の予算書で補足説明をさせていただきます。  まず、歳入から科目別に補正内容を説明いたします。  まず、9ページをお開きください。  13款使用料及び手数料の1項使用料では、2目民生費使用料の土地建物使用料で、気象庁アメダス気象観測所移転に伴い、1万3,000円を追加いたします。  次に、14款国庫支出金の2項国庫補助金では、2目民生費国庫補助金生活保護安定運営対策特別事業補助金で、制度改正に伴うシステム改修に係る補助金として、63万円を追加いたします。  次に、15款県支出金の2項県補助金では、1目総務費県補助金の地域の夢推進事業補助金で、丹波竜活用事業の丹波竜化石工房壁面モニュメント設置事業等が補助対策事業として採択されましたので400万円、地域再生拠点等プロジェクト支援事業実施支援費補助金で、氷上町葛野地区における県の同プロジェクト支援事業実施による補助採択を受け、157万7,000円を追加いたします。  続いて、2目民生費県補助金の軽・中度難視聴児補聴器購入費等助成事業補助金で、県事業を活用し、補聴器の購入費用の一部助成を行うため19万円、4目労働費県補助金の緊急雇用就業機会創出事業補助金で、企業支援型の地域雇用創出事業に取り組むため、1,100万円を追加いたします。  続いて、9目教育費県補助金では、小規模校交流促進事業補助金で、県の要綱改正により、7万5,000円を減額いたします。  続いて、3項県委託金では、2目民生費委託金の人権啓発活動地方委託費で、人権啓発行事に対する委託費として、45万円を追加し、7目教育費委託金の2節小学校費委託金では、食育推進事業委託金で20万円、続きまして、10ページの3節中学校費委託金では、道徳教育推進事業委託金で30万円、DV防止研修事業委託金で3万円、学校地域連携普及推進事業委託金で9万円をそれぞれ追加いたします。  次に、18款繰入金の1項特別会計繰入金では、3目国民健康保険特別会計繰入金で、平成24年度の事業勘定繰出金の精算金1,570万4,000円を追加いたします。  続いて、2項基金繰入金では、1目財政調整基金繰入金で、今回の補正に係る財源調整のため2,600万円、7目地域づくり基金繰入金で、自治公民館等緊急整備事業補助金の財源として2,000万円、11目地域振興基金繰入金では、経済雇用対策事業の財源として、7,410万円をそれぞれ追加いたします。  次に、20款諸収入の5項雑入では、1目雑入の国県外交付金のコミュニティ助成事業助成金で、地域のコミュニティー活動の充実・強化を図るため250万円、こども園施設整備費補助金の支給を是正するため、交付団体から補助金の返納を受けますので、1億4,039万円を追加いたします。  次に、21款市債の1項市債では、1目総務費の防災行政無線整備事業で2,090万円、6目消防債で150万円をそれぞれ追加し、合併特例債から緊急防災減災事業債や辺地対策事業債に財源を振りかえるものです。  失礼しました。消防債で180万円を追加いたします。  以上が、歳入の補正内容となっております。  次に、歳出の補正内容につきまして、科目別に御説明いたします。  11ページをお開きください。  1款議会費の1項議会費では、1目議会費の1103議会運営事業で、事務補助賃金115万5,000円を追加します。  次に、12ページの2款総務費の1項総務管理費では、1目一般管理費の0112人事給与管理事業で、人事給与システム変更経費として、64万2,000円、5目財産管理費の0505財産管理事業で、経済雇用対策事業として、谷川駅前駐輪場の増設工事請負費を950万円、6目企画費の0603総合計画策定事業で、人口減少対策プロジェクト推進に係る調査委託料として100万円を追加いたします。  続いて、8目支所費の0904青垣支所管理事業では、事務補助賃金など147万円を減額し、13ページの0906山南支所管理事業では、事務補助賃金122万4,000円を追加します。  続いて、9目地域づくり推進費の0801地域づくり総務費で、コミュニティ助成事業助成金を250万円、0803氷上地域づくり事業では、氷上町葛野地区が取り組む地域再生拠点等プロジェクト支援事業実施支援費補助金として157万7,000円、13目災害対策費では、財源振替の補正をするもので、事業費の補正はございません。  続いて、20目諸費の2002自治会活動事業では、経済雇用対策事業として、自治会公民館等緊急整備事業補助金を2,000万円追加いたします。  続いて、14ページの2項徴税費では、1目税務総務費の2102税務総務費で、事務補助賃金86万9,000円を追加いたします。  次に、15ページの3款民生費の1項社会福祉費では、1目社会福祉総務費の1111人権啓発事業で、8月3日に県等との共催で実施されるひょうご・ヒューマンフェスティバル2013inたんばの講演会講師委託料45万円を追加し、2目社会福祉施設費で、財源振替の補正をするもので、事業費の補正はありません。  続いて、3目障害福祉費の1302障害福祉総務費で、障害者支援施設整備費補助金として333万7,000円、1325軽・中度難視聴児補聴器購入費等助成事業で、38万円を追加いたします。  続いて、16ページの2項児童福祉費では、4目保育所費の2412幼保一元化事業で、こども園経営基盤安定化補助金を1億4,039万円、2414幼児教育保育推進事業で、認定こども園等への特別支援保育事業補助金で540万円を追加いたします。  続いて、17ページの3項生活保護費では、1目生活保護総務費の3103適正化推進事業で、制度改正によるシステム変更委託料を63万円追加いたします。  次に、18ページの4款衛生費の1項保健衛生費では、1目保健衛生総務費の1102保健衛生総務費で、公用車の配置転換による経費として21万3,000円、4目環境衛生費の1406新・省エネルギー普及事業で、公共施設への太陽光発電設備設置の可能性を調査するための経費として、354万2,000円を追加いたします。  次に、19ページの5款労働費の1項労働諸費では、2目雇用対策費の1206緊急雇用就業機会創出事業で、経済雇用対策事業として、丹波の魅力を発信する情報媒体作成を委託する経費を1,100万円、1207丹(まごころ)ワークサポートたんば運営事業で、備品購入費など85万円を追加いたします。  次に、20ページの6款農林水産業費の2項林業費では、2目林業振興費の2201林業補助金交付事業で、経済雇用対策事業として、森林資源の利用拡大を図るため、住宅だけに限らず、丹波産木材を使用した倉庫、車庫等にも補助交付要綱を拡充するため、補助金300万円を追加いたします。  次に、21ページの7款商工費の1項商工費では、3目観光費の1303観光振興事業で、経済雇用対策事業として、丹波に似合ったニューツーリズムを考える機会にする研究大会の開催経費を95万3,000円追加いたします。  次に、22ページの8款土木費の2項道路橋りょう費では、2目道路維持費の2201道路維持修繕事業で、経済雇用対策事業として、道路の路肩など危険箇所にガードレール等を設置する工事を1,500万円追加いたします。また、2202道路舗装事業でも、経済雇用対策事業として、市内道路の老朽化した舗装を修繕するなどの工事費として、1,000万円を追加いたします。  続いて、23ページの3項河川費では、2目河川維持費の3201河川維持事業で、経済雇用対策事業として、護岸の修繕等に係る工事費など3,250万円を追加いたします。  続いて、24ページの6項住宅費では、2目住宅管理費の6202市営住宅管理事業で、経済雇用対策事業として、主に敷地内通路等の屋外灯のLED化に係る工事費で、330万円を追加いたします。  次に、25ページの9款消防費の1項消防費では、3目消防施設費で、財源振替の補正で、事業費の補正はありません。  次に、26ページの10款教育費の1項教育総務費では、3目教育推進費の1306生きる力育成事業で、12万円を減額いたします。  続いて、27ページの2項小学校費では、1目学校管理費の2104小学校管理事業で137万8,000円、2目教育振興費の2201教育振興事業で51万3,000円、2208研究指定事業で20万円をそれぞれ追加いたします。  続いて、28ページの3項中学校費では、2目教育振興費の3201教育振興事業で57万8,000円、3207研究指定事業で42万1,000円を追加いたします。  続いて、29ページの4項幼稚園費では、1目幼稚園費の4103幼稚園管理事業で545万8,000円を追加いたします。  続いて、30ページの6項保健体育費では、3目保健体育施設費の7313青垣総合運動公園管理事業で、施設管理賃金として100万円を追加いたします。  次に、31ページの12款公債費の1項公債費では、1目元金の1101長期債元金で、こども園施設整備費補助金の支給の是正に伴い、充当財源とした合併特例債の未償還分の繰上償還を実施するため、4,242万9,000円を追加いたします。  最後に、33ページでは、地方債に関する調書を掲載しております。  以上、今回の一般会計補正予算(第1号)の補足説明とさせていただきます。  よろしく御審議のほう、お願いいたします。 ○議長(奥村正行君) 健康部長。 ○健康部長(高見克彦君) それでは、議案第74号「平成25年度丹波市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)」につきまして、補足の御説明を申し上げます。  今回の補正は、去る5月29日の臨時会で、平成25年度の国保税の賦課につきまして、税率・税額等を決定いただきましたので、これに伴う歳入額・歳出額の補正を行うものでございます。  平成25年度丹波市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)、事項別明細書7ページから18ページをごらんください。主なもののみ御説明を申し上げます。  まず、歳入の7ページ、1款国民健康保険税は、さきの臨時会で決定いただきました税率・税額により、見込み額を算出いたしまして、1億6,764万3,000円を減額し、14億7,524万5,000円とするものでございます。  9ページ、4款国庫支出金は、歳出、療養給付費の見直しに伴い、2,662万2,000円を減額いたします。  5款療養給付費交付金は、退職分に係る交付金で、3,611万2,000円を増額いたします。  7款県支出金でございますが、財政調整交付金の前年度実績等により、5,773万2,000円を減額いたします。  8款共同事業交付金は、高額な医療費に対する交付金で、これも前年度実績等により、1,903万6,000円を減額いたします。  10ページ、11款繰越金は、前年度繰越金を決算見込みにより、3億1,600万円増額するものでございます。  次に、歳出でございますが、11ページ、2款保険給付費は、医療費の推計を直近の数値で改めて行い、一般被保険者の療養給付費など1億3,105万3,000円を減額いたします。  16ページ、11款諸支出金の1億1,370万4,000円の増額は、超過交付となっておりました過年度の療養給付費等負担金を返納するため、9,800万円を増額するもの、また、17ページにおきましては、前年度の一般会計からの繰入金を精算し、一般会計繰出金として、1,570万4,000円を増額するものでございます。  以上、簡単でございますが、国保特別会計事業勘定の補正予算の補足説明とさせていただきます。 ○議長(奥村正行君) 水道部長。 ○水道部長(山田吉晴君) それでは、議案第75号「平成25年度丹波市水道事業会計補正予算(第1号)」の補足説明をさせていただきます。  それでは、1ページをごらんください。  今回の補正予算は、収益的収入及び支出の補正を行っております。補正予算額は、収入、支出とも661万5,000円の増額で、総額17億3,661万5,000円とするものでございます。  補正予算(第1号)に関する説明書の3ページ以降に、補正予算の実施計画として、内訳を記載しております。  3ページをごらんください。  収入では、1款水道事業収益、2項営業外収益、3目加入金で、661万5,000円を増額いたしております。  失礼しました。目が「3目」と言いましたが、「2目」の加入金でございます。訂正させていただきます。  続きまして、4ページをごらんください。  1款水道事業費用、1項営業費用、1目原水及び浄水費で、18節の手数料で、661万5,000円を増額いたしております。この増額につきましては、水質検査試薬の原材料が高騰し、それに伴い、水質検査手数料の価格が上がったため、661万5,000円の増額をお願いするものであります。  以上、簡単ではありますが、丹波市水道事業会計補正予算の補足説明とさせていただきます。 ○議長(奥村正行君) 提案説明は終わりました。  ただいま上程されました議案の質疑につきましては、6月17日に行います。なお、上程案件に対する質疑の通告は、6月12日、午後5時までとなっておりますのでよろしくお願いいたします。  〜日程第5 請願第6号〜請願第8号〜 ○議長(奥村正行君) 日程第5、請願第6号「少人数学級の推進、義務教育費国庫負担制度拡充に関する請願」から請願第8号「高浜原子力発電所の再稼動を許可しないよう求める「意見書」提出についての請願」を議題といたします。  ただいま、議題となりました請願第6号から請願第8号は、丹波市議会会議規則第139条第1項の規定により、御手元に配りました請願文書表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託しましたので、報告します。  以上で、本日の議事日程は全て終了しました。  お諮りします。  本会議を6月10日まで休会いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。           (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(奥村正行君) 御異議なしと認めます。  よって、6月10日まで休会といたします。  次回の本会議は、6月11日火曜日、午前9時から開きます。  本日はこれをもって散会といたします。  大変御苦労さまでした。              散会 午前10時20分 ...