ツイート シェア
  1. 丹波市議会 2010-12-07
    平成22年第47回定例会(第2日12月 7日)


    取得元: 丹波市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-28
    平成22年第47回定例会(第2日12月 7日)                  第47回 丹波市議会定例会会議録           会期第2日 平成22年12月7日 午前9時30分開議 1.議事日程   (1)定刻電鈴   (2)議員着席   (3)開議宣言   日程第 1 同意第11号 丹波市教育委員会委員の任命について         同意第12号 人権擁護委員の候補者の推薦について         議案第110号 丹波市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について         議案第111号 丹波市行政組織改編に伴う関係条例の整備に関する条例の                制定について         議案第112号 丹波市地域支援センター設置条例の制定について         議案第113号 丹波市人権啓発センター設置条例の一部を改正する条例の                制定について         議案第114号 丹波市教育委員会の職務権限の特例に関する条例の制定に                ついて         議案第115号 丹波市公民館の廃止について         議案第116号 丹波市立生涯学習条例の制定について
            議案第117号 丹波市議会議決を経なければならない重要な公の施設の                利用等に関する条例の一部を改正する条例の制定について         議案第118号 丹波市行政手続等における情報通信技術の利用に関する                条例の制定について         議案第119号 丹波市立青垣幼稚園の廃止について         議案第120号 丹波市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例の制定につ                いて         議案第121号 丹波市アフタースクール子ども育成事業実施条例の一部を                改正する条例の制定について         議案第122号 丹波市立植野記念美術館条例の一部を改正する条例の制定                について         議案第123号 平成22年度岩戸辺地に係る公共施設の総合的な整備に関                する財政上の計画の変更について         議案第124号 旧慣による市有財産使用廃止について         議案第125号 市有財産の無償譲渡について(小野自治会)         議案第126号 市有財産の無償譲渡について(草部自治会)         議案第127号 丹波市立道の駅丹波おばあちゃんの里に係る指定管理者の                指定について         議案第128号 丹波市立丹波悠遊の森に係る指定管理者の指定について         議案第129号 丹波市立ふれあい交流施設に係る指定管理者の指定につい                て         議案第130号 丹波市立さんなん観光案内所に係る指定管理者の指定につ                いて         議案第131号 丹波市立ウッディプラザ山の駅に係る指定管理者の指定に                ついて         議案第132号 丹波市立大杉ダム自然公園に係る指定管理者の指定につい                て         議案第133号 平成22年度丹波市一般会計補正予算(第5号)         議案第134号 平成22年度丹波市介護保険特別会計保険事業勘定補正予算               (第4号)         議案第135号 平成22年度丹波市介護保険特別会計サービス事業勘定補正                予算(第2号)         議案第136号 平成22年度丹波市下水道特別会計補正予算(第2号)         議案第137号 平成22年度丹波市農業共済特別会計補正予算(第2号)         議案第138号 平成22年度丹波市水道事業会計補正予算(第4号)   追加日程第 1 議会基本条例策定特別委員会委員の選任について 2.本日の会議に付した事件   日程第 1 同意第11号 丹波市教育委員会委員の任命について         同意第12号 人権擁護委員の候補者の推薦について         議案第110号 丹波市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について         議案第111号 丹波市行政組織改編に伴う関係条例の整備に関する条例の                制定について         議案第112号 丹波市地域支援センター設置条例の制定について         議案第113号 丹波市人権啓発センター設置条例の一部を改正する条例の                制定について         議案第114号 丹波市教育委員会の職務権限の特例に関する条例の制定に                ついて         議案第115号 丹波市公民館の廃止について         議案第116号 丹波市立生涯学習条例の制定について         議案第117号 丹波市議会議決を経なければならない重要な公の施設の                利用等に関する条例の一部を改正する条例の制定について         議案第118号 丹波市行政手続等における情報通信技術の利用に関する                条例の制定について         議案第119号 丹波市立青垣幼稚園の廃止について         議案第120号 丹波市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例の制定につ                いて         議案第121号 丹波市アフタースクール子ども育成事業実施条例の一部を                改正する条例の制定について         議案第122号 丹波市立植野記念美術館条例の一部を改正する条例の制定                について         議案第123号 平成22年度岩戸辺地に係る公共施設の総合的な整備に関                する財政上の計画の変更について         議案第124号 旧慣による市有財産使用廃止について         議案第125号 市有財産の無償譲渡について(小野自治会)         議案第126号 市有財産の無償譲渡について(草部自治会)         議案第127号 丹波市立道の駅丹波おばあちゃんの里に係る指定管理者の                指定について         議案第128号 丹波市立丹波悠遊の森に係る指定管理者の指定について         議案第129号 丹波市立ふれあい交流施設に係る指定管理者の指定につい                て         議案第130号 丹波市立さんなん観光案内所に係る指定管理者の指定につ                いて         議案第131号 丹波市立ウッディプラザ山の駅に係る指定管理者の指定に                ついて         議案第132号 丹波市立大杉ダム自然公園に係る指定管理者の指定につい                て         議案第133号 平成22年度丹波市一般会計補正予算(第5号 )         議案第134号 平成22年度丹波市介護保険特別会計保険事業勘定補正予算               (第4号)         議案第135号 平成22年度丹波市介護保険特別会計サービス事業勘定補正                予算(第2号)         議案第136号 平成22年度丹波市下水道特別会計補正予算(第2号)         議案第137号 平成22年度丹波市農業共済特別会計補正予算(第2号)         議案第138号 平成22年度丹波市水道事業会計補正予算(第4号)   追加日程第 1 議会基本条例策定特別委員会委員の選任について 3.出席議員   1番  足 立 一 光          2番  林   時 彦   3番  田 坂 幸 恵          4番  藤 原   悟   5番  奥 村 正 行          6番  田 口 勝 彦   7番  坂 谷 高 義          8番  太 田 喜一郎   9番  岸 田   昇          10番  西 本 嘉 宏   11番  広 瀬 憲 一          12番  垣 内 廣 明   13番  荻 野 拓 司          14番  山 下 栄 治   15番  前 川 豊 市          16番  瀬 川   至   17番  足 立   修          18番  大 木 滝 夫   19番  木 戸 せつみ          20番  小 寺 昌 樹   21番  山 本 忠 利          22番  高 橋 信 二   23番  堀   幸 一          24番  足 立 正 典
    4.欠席議員   な  し 5.議事に関係した議会職員   事務局長      拝 野   茂    課長        安 田 英 樹   書記        荻 野 隆 幸    書記        豊 嶋 忠 夫 6.説明のため出席した者の職氏名   市長        辻   重五郎    副市長       永 井 隆 夫   教育長       小 田 繁 雄    企画部長      中 川 泰 一   総務部長      竹 安 收 三    財務部長      久 下 拓 朗   生活部長      福 田   宏    福祉部長福祉事務所長                                  大 森 友 子   健康部長      目賀多   茂    産業経済部長    近 藤 俊 幸   建設部長      大 隅 保 夫    水道部長      藤 本 利 一   学校教育部長    岸 田 隆 博    社会教育部長    畑   幸 宏   消防長       大 石 欣 司    会計管理者     梅 田 秀 光 7.会議の経過                 開議 午前9時30分 ○議長足立正典君) おはようございます。議員の皆さん、当局の皆さん、傍聴者の皆さん、御苦労さまでございます。  また、議会だよりの編集のための写真撮影を許可しておりますので、御了承ください。  本日の出席議員は24名です。定足数に達しておりますので、これより第47回丹波市議会定例会2日目の会議を開きます。  本日の議事日程は、あらかじめ御手元に配付しておりますとおりです。  〜日程第1 同意第11号、同意第12号及び議案第110号〜議案第138号〜 ○議長足立正典君) 日程第1、同意第11号「丹波市教育委員会委員の任命について」、同意第12号「人権擁護委員の候補者の推薦について」及び議案第110号「丹波市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について」から議案第138号「平成22年度丹波市水道事業会計補正予算(第4号)」までの31案件を一括議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。  市長。 ○市長(辻重五郎君) (登壇) おはようございます。  ただいま議題となりました同意第11号から第12号まで、及び議案第110号から第138号までの合計31件につきまして、順次、提案理由の説明を申し上げます。  まず、同意第11号「丹波市教育委員会委員の任命」につきましては、来年2月3日に任期満了となる横谷典幸委員の後任として、丹波市氷上町石生の梅澤一元氏を任命しようとするものでございます。  梅澤氏につきましては、長期間にわたり、学校教育社会教育部門において、御活躍されておりまして、人格が高潔で、教育及び学術に関し、識見を有しておられ、教育委員会委員として適任の方と認めるものでございます。  次に、同意第12号「人権擁護委員の候補者の推薦」につきましては、来年3月31日に任期満了となる人権擁護委員春日町栢野の山内富士江氏を再任の候補者として推薦するものでございます。  続きまして、議案第110号から第117号までの平成23年4月の組織改編に伴う関係条例についてでありますが、今回の組織改編は、丹波市組織機構の編成方針に基づき、総合調整機能の強化、生涯学習地域づくりの一体的な推進による地域協働地域づくり体制の確立、組織のスリム化による行政効率の向上を図るため、部の改編を行うものでございます。  まず最初に、議案第110号「丹波市行政組織条例の一部を改正する条例の制定」につきまして、御説明を申し上げます。  本条例では、市長の権限に属する事務に関し、まちづくり部の新設や組織名称の変更、組織改編に伴う全体的な事務分掌の見直しなどについて、所定の改正を行うものでございます。  次に、議案第111号「丹波市行政組織改編に伴う関係条例の整備に関する条例の制定」につきましては、組織改編や事務分掌の見直しなどによって、影響を受ける24件の条例について、一括して改正しようとするもので、主な内容は、組織名称の変更や施設の所管がえによる管理者の変更、その他字句の修正などでございます。  続きまして、議案第112号「丹波市地域支援センター設置条例の制定」につきましては、現在の支所の機能を見直し、生涯学習地域づくりを一体的に進める機能を持つ地域支援センターを市内6カ所に設置しようとするものでございます。なお、これに伴い、改正が必要となる関係条例につきましては、附則で一部改正を行います。  次に、議案第113号「丹波市人権啓発センター設置条例の一部を改正する条例の制定」につきましては、行政組織の改編に伴い、センターの位置の表記や、業務について所要の改正を行うものでございます。  次に、議案第114号「丹波市教育委員会の職務制限の特例に関する条例の制定」につきましては、教育委員会で十分調整を行っていただいた結果、これまで教育委員会が行ってきたスポーツ文化に関する事務を市長が管理、執行するように、地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づく特例条例を制定するため、提案をするものでございます。なお、本件に関し、改正が必要となる関係条例につきましては、附則で一部改正を行います。  次に、議案第115号「丹波市公民館の廃止」につきましては、これまで公民館が担ってきた役割を次に提案する生涯学習館に移行するために、社会教育法に基づく現在の公民館の廃止について、議決を受けようとするものでございます。  続きまして、議案第116号「丹波市立生涯学習条例の制定」につきまして、御説明申し上げます。  この生涯学習館は、従来の公民館の機能を保持しながら、新たな施設として設置するものでございます。生涯学習による地域づくりを推進するために、これまで公民館が果たしてきた市民の自発的な生涯学習の場として、引き続き提供していくこと、既存の公民館施設をそのまま利用しながら、地域の自主組織やNPO事業者等の公益的活動の新たな利用ニーズに答えられることなど、より多目的市民が活用していける施設として、設置しようとするものでございます。なお、本条例の制定に伴う関係条例の改正につきましては、附則で廃止及び一部改正を行います。  次に、議案第117号「丹波市議会議決を経なければならない重要な公の施設の利用等に関する条例の一部を改正する条例の制定」につきましては、生涯学習条例の制定等によりまして、所要の改正を行うものでございます。  続きまして、議案第118号「丹波市行政手続等における情報通信技術の利用に関する条例の制定」につきましては、丹波市の行政手続等において、それぞれの条例等での定められている書面等による手続を電子情報処理組織、いわゆるオンラインを利用した電子手続で行うことができるように規定をし、市民の利便性の向上と事務の効率化を図ろうとするものでございます。  次に、議案第119号「丹波市立青垣幼稚園の廃止」及び議案第120号「丹波市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例の制定」についてであります。  丹波市立青垣幼稚園につきましては、幼児教育の拠点施設として、多くの子供たちの生涯にわたる教育基礎を培うため、その重責を担ってまいりましたが、今回、その使命を認定こども園に移行し、ゼロ歳から5歳までの育ちの連続性に配慮した教育保育を推進するために廃止するものであり、廃止に伴う議決条例の一部改正をあわせて提案するものでございます。  次に、議案第121号「丹波市アフタースクール子ども育成事業実施条例の一部を改正する条例」につきましては、春日地域に新たなアフタースクールを開設するとともに、公共施設等で実施しております場所を明記しようとするもので、これに伴い、関係条例附則で改正しようとするものです。  次に、議案第122号「丹波市立植野記念美術館条例の一部を改正する条例の制定」につきましては、植野記念美術館の展示室2部屋を展覧会用のスペースに変更するとともに、市内の他の社会教育施設との整合性を図るために、使用料金体系を改正しようとするものでございます。  次に、議案第123号「平成22年度岩戸辺地に係る公共施設の総合的な整備に関する財政上の計画の変更」につきましては、平成18年度辺地総合整備計画を策定しました市道岩戸東線の道路整備事業の変更を行うに当たりまして、議決を求めるものでございます。  次に、議案第124号「旧慣による市有財産使用廃止」につきましては、合併時に引き継いだ旧慣使用地につきまして、その使用権を有する氷上町小野自治会と旧慣使用権の廃止についての同意が得られたため、旧慣使用権の廃止をするものでございます。  また、議案第125号「市有財産の無償譲渡(小野自治会)」につきましては、議案第124号の旧慣使用権を廃止する土地の払い下げを行おうとするもので、今回の払い下げにつきましては、旧慣使用地の払い下げ方針を見直し、縁故使用地と同等と解釈される旧慣使用地については、使用者である地元自治会からの申請に基づき、無償で譲渡しようとするものでございます。  次に、議案第126号「市有財産の無償譲渡(草部自治会)」につきましては、縁故使用地の使用者である草部自治会からの申請を受け、払い下げを行おうとするものでございます。  次に、議案第127号から議案第132号までの6議案につきまして、御説明をさせていただきます。これらの議案は、それぞれ施設の指定管理機関平成23年3月31日に満了となり、指定管理料などの関係で、早期に議決を得る必要のある施設につきまして、あらかじめ提案をするものでございます。  議案第127号の丹波市立道の駅丹波おばあちゃんの里は、春日ふるさと振興株式会社に、議案第128号の丹波市立丹波悠遊の森は、株式会社丹波悠遊の森協会に、議案第129号の丹波市立ふれあい交流施設と議案第130号の丹波市立さんなん観光案内所の2件は、どちらも丹波市観光協会に、議案第131号の丹波市立ウッディプラザ山の駅は、丹波市商工会に、議案第132号の丹波市立大杉ダム自然公園は、丹波市市島町前山地区自治振興会にそれぞれ特例として、現在の指定管理者を再指定しようとするものでございます。  続きまして、補正予算関連案につきまして、御説明を申し上げます。  まず、議案第133号の「平成22年度丹波市一般会計補正予算(第5号)」についてでございます。今回の補正予算は、年度末に向けた事務事業の総仕上げの準備として、事業費の精査を行うとともに、義務的な施策に係る国、県補助金等の変更分について、必要な予算額を計上しようとするもので、歳入では主に、地方交付税、国、県支出金、諸収入、市債等について、追加また減額し、歳出では、民生費の障害者福祉サービス等給付事業や土木費の国庫交付金と道路整備事業、消防費の消防団理事業等の事業について、所要の補正を計上した結果、歳入歳出ともに、7,909万4,000円を追加し、予算の総額を351億7,158万2,000円とするものでございます。その他、繰越明許費で幼保一元化事業、河川改修事業の2件を計上しまして、債務負担行為補正では、市営住宅建設事業、美術館管理運営事業及び学校給食理事業の3件の追加をいたしますとともに、地方債補正でため池等整備事業など8件の変更を計上いたします。  それでは、歳入の主な内容につきまして、詳細に説明をさせていただきます。  まず、地方交付税では、現在、特別交付税の算定に係る要望を行っているところでありますが、国の補正予算に伴い、追加措置が見込まれるため、今回の補正の財源対応として、7,000万円を追加させていただきます。  次に国庫支出金では、障害福祉サービス等給付費負担金で3,610万円と、9月の閣議決定された国の経済危機対応地域活性化予備費の活用事業の地域連携推進事業補助金で3,000万円の追加など、総額で4,992万円を追加計上いたします。  また、県支出金では、障害福祉サービス等給付費負担金で1,805万円、延長保育促進事業補助金で4,720万円、橋梁改築事業委託金で1,457万円の追加など、総額で9,637万2,000円を追加計上いたします。  次に、諸収入では、消防団規則改正による団員の任期延長に伴い、消防団員退職報償金で1億1,700万円を減額するなど、総額で1億3万円を減額いたします。  また、市債では、事業費及び補助金等の変更に伴い、国庫交付金等道路整備事業で5,400万円の追加や、河川改良事業で4,280万円の減額、非常備防災整備事業で3,460万円の減額など、総額で3,940万円を減額いたします。  以上、歳入の主な補正内容となっております。  次に、歳出の主な内容につきまして、説明を申し上げます。  まず、民生費では、障害者福祉サービス等給付事業で、事業費の増加に伴い、7,998万3,000円を追加します。さらに、保育所費の障害児保育事業で1,500万円を追加し、また、生活保護扶助事業で3,550万円を追加するなど、総額で1億933万2,000円を追加いたします。  また、衛生費では、保健衛生費の予備費で、インフルエンザ予防接種委託料から助成金への科目変更や、日本脳炎救済措置の個別接種委託料として、感染症予防事業で4,174万2,000円を追加計上するなど、総額で3,989万5,000円を追加いたします。  次に、農林水産業費では、農業費のため池整備事業で9月に閣議決定された国の経済危機対応地域活性化予備費の活用事業に係る負担金として630万円と、防護柵等設置事業補助金として300万円を、また、林業費では県民緑税活用事業で273万円を追加計上するなど、総額で1,736万円を追加いたします。  また、商工費では、商工費の商工振興事業で商業店舗等設備の支援事業補助金などの増額により、1,189万円を追加計上いたします。  次に、土木費では、道路新設改良費の国庫交付金等道路整備事業で、国の経済危機対応地域活性化予備費の活用事業など、9,757万円を追加をいたします。  また、河川費では、河川維持事業で1,000万円を追加するなど、総額で4,755万5,000円を追加いたします。  次に、消防費では、非常備消防費の消防団理事業で、消防団規則の改正による団員の任期延長に伴い、消防団員報酬の追加と消防団員退職報償金の減額により、1億155万3,000円を減額するなど、総額で1億3,893万2,000円の減額となります。  以上、今回の一般会計補正予算(第5号)の概要でございます。  続きまして、議案第134号「平成22年度丹波市介護保険特別会計保険事業勘定補正予算(第4号)」につきましては、介護給付費及び地域支援事業の執行見込みなどにより、歳入歳出ともに331万6,000円を減額し、予算の総額を54億3,714万7,000円とするものでございます。  次に、議案第135号「平成22年度丹波市介護保険特別会計サービス事業勘定補正予算(第2号)」につきましては、要支援認定者の増加に伴う新予防給付サービス計画費委託料の増額により、歳入歳出ともに144万1,000円を追加し、予算の総額を5,598万7,000円とするものでございます。  続きまして、議案第136号「平成22年度丹波市下水道特別会計補正予算(第2号)」では、事業推進のための補正で、歳入歳出ともに3,950万円を増額し、41億3,682万2,000円とするものでございます。歳入では、下水道事業費、国庫補助金一般会計繰入金、下水道事業債等の増額及び基金繰入金で3,950万円を増額いたします。歳出では、工事請負費等の3,950万円を増額いたします。その他、地方債の補正で公共下水道事業など3件の変更を計上いたしております。  次に、議案第137号「平成22年度丹波市農業共済特別会計補正予算(第2号)」では、農作物共済勘定の平成22年度産麦において、生育期間全般に降雨が多く、生育不良となり、大きな減収となったため、共済金の増額補正を行うもので、収入支出ともに392万1,000円を増額し、総額で2億3,118万5,000円とするものでございます。  最後に、議案第138号「平成22年度丹波市水道事業会計補正予算(第4号)」につきましては、収益的収入において、分担金や受取利息収入などの上半期実績による増額及び一般会計繰入金の精査による減額、並びに執行見込みによる営業費用の増額を計上し、収入支出ともに、1,168万5,000円を増額し、総額を15億7,942万5,000円とするものでございます。  以上、31件の概要につきまして、御説明を申し上げました。何とぞよろしく御審議を賜りまして、御可決賜りますようにお願いを申し上げます。  以上でございます。 ○議長足立正典君) 提案説明は終わりました。  ただいま上程されました議案の質疑につきましては、12月13日に行います。なお上程案件に対する質疑の通告は12月8日午後5時までとなっておりますので、よろしくお願いいたします。  暫時休憩をいたします。                 休憩 午前9時56分                ───────────                 再開 午前11時41分 ○議長足立正典君) 再開いたします。  お諮りいたします。  議会基本条例策定特別委員会委員の選任についてを日程に追加したいと思いますが、御異議ございませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長足立正典君) 御異議なしと認めます。  したがって、議会基本条例策定特別委員会委員の選任についてを追加日程第1として議題とすることといたします。  追加議事日程及び議案書を配付いたします。  暫時休憩をいたします。                 休憩 午前11時42分                ───────────                 再開 午前11時44分  〜追加日程第1 議会基本条例策定特別委員会委員の選任について〜 ○議長足立正典君) 再開いたします。
     追加日程第1、「議会基本条例策定特別委員会委員の選任について」を議題といたします。  お諮りいたします。  議会基本条例策定特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、14番、山下栄治君を指名したいと思いますが、御異議ございませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長足立正典君) 御異議なしと認めます。  したがって、議会基本条例策定特別委員会委員は、14番、山下栄治君を選任することに決定いたしました。  暫時休憩をいたします。                 休憩 午前11時45分                ───────────                 再開 午前11時57分 ○議長足立正典君) 再開いたします。  ただいま、議会基本条例策定特別委員会が開催されまして、委員長に高橋信二君、副委員長に木戸せつみ君が決定されております。  以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。  お諮りいたします。  本会議を12月12日まで休会いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長足立正典君) 御異議なしと認めます。  よって12月12日まで休会といたします。  次回の本会議は12月13日月曜日、午前9時30分から開きます。  本日はこれをもって散会といたします。  大変御苦労さまでした。                 散会 午前11時58分...