神戸市議会 > 1999-03-11 >
開催日:1999-03-11 平成11年予算特別委員会〔11年度予算〕 (意見表明) 本文

ツイート シェア
  1. 神戸市議会 1999-03-11
    開催日:1999-03-11 平成11年予算特別委員会〔11年度予算〕 (意見表明) 本文


    取得元: 神戸市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    本文へ移動 ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1   (午前11時4分開会) ◯大西委員長 おはようございます。ただいまから予算特別委員会を開会いたします。  本委員会は,去る2月24日に平成11年度各会計予算及び関連議案,合計52議案並びに請願2件の審査方を付託されて以来,各分科会において局別審査を行い,さらに昨日には,市長・助役に対する総括質疑を終えておりますので,本日はこれら各会計予算及び関連議案並びに請願・陳情に対する各会派の意見表明を行いたいと存じます。  それでは,まず平成11年度各会計予算及び関連議案,合計52議案について,各会派のご意見をお聞かせいただきたいと存じます。  まず最初に,公明党さん。 2 ◯米田理事 意見表明。  公明党神戸市議員団は,平成11年度神戸市会計予算案及び関連議案に対し,下記の理由と要望16件を付し,原案を承認いたします。  理由。  平成11年度予算案は,景気の低迷,政府の減税策などにより,市税収入平成10年度に比べて約 145億円も減少するという極めて厳しい財政状況であります。その中で行財政改善,基金の取り崩しなどにより財源の確保に努め,被災市民の生活再建にきめ細かく対応し,我が会派が主張してきた乳幼児医療費公費負担の6歳未満児までの拡大をはじめとした福祉施策の充実,また不況対策住宅教育施策などの拡充がなされています。  今後平成16年度に市債償還のピークを迎えるなど,財政状況はなお一層厳しい状況になる中で,PFIをはじめとした行財政改善に積極的に取り組み,市民生活のさらなる発展への努力に期待し,承認いたします。  要望事項。  1.市有地の売却促進を図るため,商品化のための作業を急ぐとともに,各種の規制緩和等の誘引策を検討すること。  2.地元企業への発注率,特に金額ベースの発注率向上に一層努力すること。  3.経済振興促進のため,産業情報化はもとより情報通信産業の誘致・育成に全市を挙げて全力で取り組むこと。  4.窓口業務については,名札を掲げる等,市民サービスの充実に努めること。  5.広報紙の全世帯配布については,さらなる工夫をすること。  6.介護保険の導入に当たり,万全の体制で進めること。  7.障害者雇用機会を増大するため,非常勤雇用に対する企業への補助制度を国に強く要望するとともに,市独自の制度も検討すること。  8.病児保育施設の整備については,他都市の運営実態を調査する等,鋭意取り組むこと。
     9.エコタウンづくりの推進事業及び環境ホルモン対策については,実効性ある事業推進に全力で取り組むこと。  10.市営住宅の常時募集を早期に再開すること。  11.地域振興券に係るすべての事業については,円滑かつ適切な進捗に全力で取り組むこと。  12.鉄道駅総合改善事業については,高齢者等にやさしい駅舎づくりのため,エレベーター等の設置を引き続き強く要望すること。  13.通学路総点検については,学校関係者,道路管理者,PTA,公安委員会が一体となって当たり,その改善についても危険箇所を最優先に取り組むこと。  14.バス路線の見直しについては,市民の足を守る立場から慎重に検討すること。  15.工業用水道については,復興支援工場や長田南部再開発などのさまざまなプロジェクトの進捗状況を勘案し,需要開拓になお一層努めること。  16.児童・生徒健全育成のために近隣校による合同部活動やボランティア活動等,子供同士のふれあいの場を積極的に創出すること。  以上であります。 3 ◯大西委員長 次に,自由民主党新こうべ21さん。 4 ◯福浪理事 意見表明。  自由民主党新こうべ21市会議員団は,平成11年度神戸市会計予算案及び関連議案について審査した結果,下記の理由並びに要望を付して,いずれも原案どおり承認いたします。  理由。  11年度当初予算は,厳しい財政状況にありながらも,被災市民の早期自立に向けた生活再建支援策や不況対策関連施策など,きめ細かい予算を編成された努力を評価いたします。  今後一段と逼迫する財政状況を乗り切るため,行財政改革をより一層推し進め,目まぐるしく変化する社会情勢に適切に対応できる行政システムの再構築を図る一方,新産業の誘致や成長産業育成に積極的に取り組まれたい。  要望事項。  1.新年度予算は,県・市協調の施策についても積極的に予算計上されており,神戸市だけでは実施困難な施策でも,県・市が協調することによって大きな効果が期待できるものであり,今後とも県・市協調を強力に推し進められたい。  2.医療産業都市構想については,外資系企業を神戸に誘致したり,海外大学との連携を図るためにも,市がビジョンを描き積極的なプランニングを示すことが必要であり,外国人による構想のプランづくりを市の主導で進められたい。  3.震災と不況の二重に苦しむ地元中小零細企業希望を与えるため,医療産業都市構想のプランを策定し,中核施設の具体化を明示するなど,この構想を神戸経済の早期復興の中心に据え,市内中小零細企業との連携,共同研究の仕組み,ベンチャー企業育成策等の積極的な取り組みを進めるための体制整備を早期に図られたい。  以上です。 5 ◯大西委員長 次に,日本共産党さん。 6 ◯段野理事 平成11年度予算案及び関連議案に対する意見表明。日本共産党神戸市議員団。  平成11年度予算案のうち予算第1号議案平成11年度神戸市一般会計予算予算第4号議案平成11年度神戸市国民健康保険事業費予算予算第19号議案平成11年度神戸市港湾事業会計予算予算第20号議案平成11年度神戸市都市整備事業会計予算予算第24号議案平成11年度神戸市水道事業会計予算の5議案,並びに予算関連議案のうち第2号議案神戸市職員定数条例の一部を改正する条例の件,第13号議案神戸市国民健康保険条例の一部を改正する条例の件,第21号議案神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例の一部を改正する条例の件,第25号議案神戸市乗合自動車乗車料条例の一部を改正する条例の件,第27号議案神戸市学校授業料等に関する条例の一部を改正する条例の件の5議案,合計10議案に反対します。  平成11年度予算案のうち予算第2号議案,予算第3号議案,予算5号議案から予算第14号議案,予算第16号議案から予算第18号議案,予算第21号議案から予算第23号議案,予算第25号議案の19議案,並びに予算関連議案のうち第1号議案,第3号議案から第12号議案,第14号議案から第20号議案,第22号議案から第24号議案,第26号議案の合計22議案,合計41議案については賛成します。  なお,予算第15号議案平成11年度神戸市市街地再開発事業費予算については,棄権します。  以下,その主な理由を申し上げます。  反対理由の第1は,不況克服と市民生活再建を最優先すべきときにもかかわらず,展望が持てるものとなっておらず,六甲アイランド南埋め立てや神戸空港建設など大型開発中心で,市民の願いに背く予算となっていることです。  第2の理由は,30万余の市民住民投票でその是非を問うことを求めている状況の中で,依然神戸空港建設を推し進めようとしていることです。さらに,空港島埋め立てがまだ運輸省認可もおりず,環境庁同意も得られていない中で, 378億円の予算を計上することは,到底認めることはできません。  第3の理由は,ホームヘルパー65名を含む 148名の職員定数削減は,市民サービスを後退させるものであり,認めることはできません。  第4に,財政難を理由に教育の分野にまでしわ寄せし,学校改修費を削減したり,青陽高等養護学校と市立盲学校の介助員の削減をしたこと。さらに,外国人講師19名を一方的に解雇しようとしている姿勢は認められません。  第5に,水道料金値上げと外国語大学看護大学などの入学金の値上げは,市民負担の増加となるものであり,認めることはできません。  以上です。 7 ◯大西委員長 次に,民社市民連合さん。 8 ◯白井理事 意見表明。  民社市民連合議員団は,平成11年度当初予算及び関連議案,計52議案について,次の理由並びに要望を付して承認いたします。  承認の理由。  平成11年度は,震災復興5年目の節目の年に当たります。最重要施策として被災市民の生活再建支援に取り組むとともに,21世紀の神戸経済再生に向けた諸施策が展開されること。また,行財政改善を引き続き推進する予算編成であることを評価します。  要望事項。  1.青少年健全育成への対応を市民局,教育委員会保健福祉局のそれぞれが取り組んでいるが,地域での対策効果を上げるため,区役所に総合窓口を設け一元化を図られたい。  2.安全・安心なまちづくりの効果ある推進を行う上で,地域での活動メンバーの掘り起こしをさらに積極的に図られたい。  3.地域高齢者児童・生徒との交流を深め,福祉教育力そして地域の力の向上を図る上でも,学校の空き教室をはじめ各種施設を活用することを積極的に推進されたい。  4.学校を明るく楽しいものにするために,また児童・生徒の自主性,自立性等を助長する上でも,各自の得意とする分野を含めた個性尊重の教育を,家庭地域学校との協調のもとに取り組まれたい。  5.平成12年4月の介護保険制度の導入に備えて,人材育成施設建設,民間企業との連携など総合的なネットワークの整備を図られたい。  6.神戸を支える産業の振興に向けてインパクトのある,さらなる施策の積極的な展開を図られたい。  7.行財政改善のさらなる推進のため,市が直営する事業の民営化を考慮した上で,一層の財源の涵養に努められたい。  8.まちの美化の一層の推進に当たっては,市事業請負者,公共的事業者等を含めた幅広い市民協力を得るよう,適時適切な対策を図られたい。  9.全国的な不況と震災後の後遺症による市場商店街の活性化策を引き続き積極的に講じられたい。  10.今後の時代を担っていく若年世帯の市街地への定住を促進する意味から,当初の資金負担を軽減する施策など,購入しやすい方法がとれるよう一層図られたい。  11.東部新都心へのアクセスについては,高齢者障害者に対してやさしい歩行者導線,公共交通及び既成市街地の商店街市場との有機的な連携を図るための整備を図られたい。  12.西神中央駅前ロータリーの再整備については,市民の利便性・安全性を考慮の上,早急な実現に努められたい。  13.垂水区に総合病院平成12年春開業されることに伴い,バス路線の見直しを進められたい。  14.兵庫区・長田区のような旧市街地に地元や民間事業者の協力のもと,集客施設の誘致と整備を一層積極的に推進されたい。  以上です。 9 ◯大西委員長 次に,こうべ市民連合さん。 10 ◯崎元理事 平成11年度当初予算に対する意見表明。  こうべ市民連合議員団は,平成11年度各会計予算並びに関連議案,合計52議案を,いずれも原案のとおり承認します。  理由。  財政難の中,被災者の生活再建と経済建て直し,神戸空港などあすの神戸の基盤整備に意欲的に取り組むとともに,着実に市民福祉の向上に努めていることを評価します。  要望事項は次のとおりです。  1.神戸市公共事業発注に当たっては,不況対策と業界育成の観点から市内企業への優先発注に努めるとともに,大規模工事の元請に対して,下請は市内企業を優先するよう強く指導すること。  2.神戸医療産業都市構想の推進に当たっては,神戸空港整備を核に海外への情報発信,PRに万全を期すこと。  3.介護保険制度導入に当たっては,ケアマネジャーの中立性,介護施設の適格性の確保など利用者の立場に立った運営に万全を期すこと。  4.国際都市神戸の将来を担う児童・生徒に対する国際理解教育をより拡充すること。  以上です。 11 ◯大西委員長 次に,住民投票さん。 12 ◯粟原理事 意見表明。住民投票議員団。  住民投票議員団は,1999年度神戸市会計予算のうち,予算第1号議案神戸市一般会計予算予算第14号議案神戸市海岸環境整備事業費予算予算第15号議案神戸市市街地再開発事業費予算予算第19号議案神戸市港湾事業会計予算予算第20号議案神戸市都市整備事業会計予算予算第24号議案神戸市水道事業会計予算,以上6議案及び関連議案のうち第2号議案神戸市職員定数条例の一部を改正する条例の件,以上合計7議案に,下記の理由から反対いたします。  理由。  1. 378億円に及ぶ神戸空港着工のための支出を削除するべきである。また,着工までに住民投票を行い,空港建設の是非を市民に問うべきである。  2.住まいと仕事の再建のための施策が不十分である。  3.外国人講師削減や養護学校介助員の削減,ホームヘルパーの削減など,財政難のしわ寄せを教育福祉の分野に押しつけている。  4.都市計画に関するボタンのかけ違いが是正されていない。  5.六甲アイランド南の埋め立ては中止するべきである。  6.マリンピア整備事業は,漁業振興という当初の施策目標から逸脱して,周辺住民に不安を募らせている。  7.水道料金値上げは,中止するべきである。  また,上記以外の諸議案については賛成いたします。  以上です。 13 ◯大西委員長 次に,自民党新政会さん。 14 ◯大野理事 自民党新政会議員団は,平成11年度各会計予算及び関連議案について,審査の結果,次の理由により承認いたします。なお,要望事項7項目を付記いたします。  理由。  平成11年度予算は,厳しい財政事情の中,生活再建支援,保健福祉施策,経済復興施策に一定の努力と工夫の跡が見られ,21世紀に向けて,元気なまち神戸づくりに期待できる予算であると評価をいたします。  要望事項。  1.行財政改善を一層進められ,積極的に民間活力の導入を図られたい。  2.経済復興に向け,新産業誘致,既存産業の高度化,社会基盤の整備を図られたい。  3.少子・高齢化時代に向け,一層の子育て支援策に力を注がれたい。  4.介護保険制度開始に際し,万全の体制構築を図られたい。  5.明るくのびのび育つ子供たちのための教育施設の整備を図られたい。  6.まちの美化に努力されたい。
     7.被災市民の生活再建に向け一層の努力をされたい。  以上です。 15 ◯大西委員長 次に,自由民主党さん。 16 ◯井川委員 平成11年度神戸市会計予算及び関連議案に対する意見表明。  自由民主党議員団は,平成11年度各会計予算及び関連議案については,次の理由により承認いたします。なお,要望事項12項目を付記いたします。  理由。  平成11年度予算は,厳しい財政環境の中,被災市民の生活再建を最大の課題に,きめ細かなソフト施策の充実と中小企業の活性化をともににらんだ,実に充実した予算であると評価いたします。  要望事項。  1.子育て日本一のまち神戸をつくるため,必要な施策の充実に努められたい。  2.平成12年4月の介護保険の導入に対して,保険あって介護なしと言われることのないよう,施設・施策の充実を図られたい。  3.21世紀復興記念事業の実施に当たっては,ポートアイランド第2期の土地売却や神戸レジャーワールドにつなげていけるよう,短い時間ではあるが,十分に準備等に努められ,神戸の将来に生かされたい。  4.神戸空港建設に当たっては,市民理解を得るため一層の広報新聞テレビ)等での充実を図られたい。  5.神戸空港の供用に当たっては,新神戸と結ぶなど日本一の便利な空港にされたい。  6.アスリートタウン構想の早期実現のため,施設の整備,人材育成さらにはトップアスリートに接する機会づくりに努められたい。  7.新長田のまちの活性化のため,交通の結節点を生かし,学園都市にある大学などの学生寮を誘致されたい。  8.こうべ男女共同参画プラン21の推進に当たっては,次の点に配慮されたい。  1)小学校中学校,高校在学中より男女共同社会の実現に必要な教育に努められたい。  2)男女共同参画社会がDINKSの進行を進めることのないように努められたい。  9.文化都市神戸を推進していくためにも,市民文化芸術活動助成については一層充実されたい。  10.神戸の新しい冬の祭典ルミナリエを,中央区のみでなく,他区にも拡大されたい。  11.神戸の掲げる各種都市づくりの真の実現を目指して全力で取り組まれたい。  12.エンターテインメント都市実現のため,神戸へのカジノの誘致をされたい。  以上です。 17 ◯大西委員長 次に,さわやか神戸・市民の会さん。 18 ◯佐藤(け)委員 意見表明。  さわやか神戸・市民の会市会議員団は,平成11年度神戸市会計予算案及び関連議案に対し,下記のとおり意見を表明いたします。  予算第1号議案平成11年度神戸市一般会計予算に対しては,本来我がさわやか神戸・市民の会市会議員団は,現在の開発優先行政軌道修正基本姿勢とするものであります。本予算案は,相変わらずの開発優先,行政独善の予算であり,賛成できません。  予算第2号議案平成11年度神戸市市場事業費予算については,市場施設利用料が高く,賛成できません。  予算第4号議案平成11年度神戸市国民健康保険事業費予算については,健康保険料の負担体系に問題が多く,賛成できません。  予算第14号議案平成11年度神戸市海岸環境整備事業費予算については,閉鎖性水域である舞子の海を埋め立てた環境破壊事業であり,賛成できません。  予算第15号議案平成11年度神戸市市街地再開発事業費予算については,被災市民の自発的住宅復旧を阻害し,人口の市外流出をもたらしたものであり,賛成できません。  予算第17号議案平成11年度神戸市公債費予算については,これは単なる勘定科目整理会計ではありますが,巨額の公債費処理を内容とするものであり,賛成できません。  予算第18号議案平成11年度神戸市下水道事業会計予算,同第19号議案平成11年度神戸市港湾事業会計予算,同第20号議案平成11年度神戸市都市整備事業会計予算,同第21号議案平成11年度神戸市病院事業会計予算,同第23号議案平成11年度神戸市高速鉄道事業会計予算,同第24号議案平成11年度神戸市水道事業会計予算の6公営企業会計予算については,条例で規定せずに負担金を徴収したり,基金利息を営業外利益に計上しないなど,地方自治法地方公営企業法違反の経理処理をする,あるいは過剰な設備投資を行うなど,賛成できません。  第27号議案神戸市学校授業料等に関する条例の一部を改正する条例の件につきましては,ここ数年市立学校授業料・入学金などの値上げが続いており,賛成できません。  その他39議案に対しては,賛成いたします。  以上です。 19 ◯大西委員長 次に,自由民主党みらいさん。 20 ◯安達委員 平成11年度神戸市会計予算並びに関連議案に対する意見表明。  自由民主党みらい市会議員団は,平成11年度各会計予算並びに関連議案を,下記の理由により承認いたします。  理由。  平成11年度予算は,震災復興に加え全国的な不況の中,極めて厳しい財政状況にもかかわらず,本年を復興検証の年と位置づけ,震災復興事業の積極的な推進ときめ細かなソフト施策を充実させるなど努力の跡が見られる予算と評価いたします。以下,要望事項を付します。  要望事項。  1.空港を活用した新産業の誘致にさらなる努力をされ,その具体化を急がれたい。  2.都市計画復興区画整理事業・再開発事業においては,事業の早期進捗に努力されたい。  3.行財政改善に引き続き取り組むとともに,PFI等民間活力の導入,民間委託を積極的に進められたい。  4.アスリートタウン構想・医療産業都市構想について,神戸の新たな発展につながるよう,一日も早くその具体化を急がれたい。  5.社会問題化しているダイオキシンについて,市民の不安を取り除くため,国に任せるだけでなく,神戸市としても徹底した研究に取り組まれたい。  6.水道直結給水促進のため,新たな助成金制度を検討されたい。  7.公共事業の発注については,神戸経済復興に寄与するよう,地元優先発注に最大限留意されたい。  以上でございます。 21 ◯大西委員長 次に,請願2件及び陳情3件について,各会派のご意見をお聞かせいただきたいと存じます。  まず最初に,公明党さん。 22 ◯米田理事 それでは,請願並びに陳情に対する意見表明を行います。  公明党神戸市議員団は,請願第 100号及び請願第 104号については,予算案を原案のとおり承認するため,不採択といたします。  引き続き,陳情について申し上げます。陳情第 753号及び陳情第 755号については,予算案を原案のとおり承認するため不採択といたします。  引き続きまして,陳情第 754号については,主たる陳情趣旨が神戸空港着工費の削減を求めるものであり,公明党神戸市議員団は予算案を承認することから,不採択といたします。  以上です。 23 ◯大西委員長 次に,自由民主党新こうべ21さん。 24 ◯福浪理事 請願につきまして意見表明をいたします。  請願第 100号神戸空港建設に係る土地造成事業費を平成11年度予算案から削除することを求める請願及び請願第 104号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める請願2件について,我が会派予算第20号議案を原案どおり承認する立場から,いずれも不採択とします。  陳情第 753号,陳情第 755号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める陳情2件についても,予算第20号議案を原案どおり承認する立場から不採択とします。  陳情第 754号は,陳情の主な内容が平成11年度予算案から空港予算削除を求めるものであり,予算第20号議案を原案どおり承認する立場から不採択とします。  以上です。 25 ◯大西委員長 次に,日本共産党さん。 26 ◯段野理事 請願及び陳情に対する日本共産党の意見表明を行います。  請願第 100号,請願第 104号並びに陳情第 753号,陳情第 754号,陳情第 755号については,いずれも平成11年度予算から空港島埋め立て予算の削減を求めるものであり,採択といたします。  以上です。 27 ◯大西委員長 次に,民社市民連合さん。 28 ◯白井理事 民社市民連合議員団は,請願及び陳情に対して意見表明いたします。  請願に対する意見表明。  民社市民連合議員団は,請願第 100号及び請願第 104号については,予算案を原案のとおり承認するため,不採択といたします。  陳情に対する意見表明。  民社市民連合議員団は,陳情第 753号及び陳情第 755号については,予算案を原案のとおり承認するため,不採択といたします。  陳情第 754号については,主たる陳情趣旨が神戸空港着工費の削減を求めるものであり,民社市民連合議員団は,予算案を承認することから不採択といたします。  以上です。 29 ◯大西委員長 次に,こうべ市民連合さん。 30 ◯崎元理事 予算特別委員会に付託された請願及び陳情に対する態度。  請願第 100号,請願第 104号,陳情第 753号,陳情第 754号,陳情第 755号は,いずれも関連議案を原案のとおり承認する立場から不採択とします。  以上です。 31 ◯大西委員長 次に,住民投票さん。 32 ◯粟原理事 付託された請願・陳情について,住民投票議員団は意見表明を行います。  請願第 100号神戸空港建設に係る土地造成事業費を平成11年度予算案から削除することを求める請願,及び請願第 104号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める請願については,採択を求めます。
     さらに,陳情第 753号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める陳情,陳情第 754号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除すること等を求める陳情,及び陳情第 755号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める陳情については,採択を求めます。  以上。 33 ◯大西委員長 次に,自民党新政会さん。 34 ◯大野理事 自民党新政会は,請願第 100号並びに請願第 104号を,予算第20号議案を原案どおり承認する立場から,不採択とします。  また,陳情第 753号,陳情第 755号を,予算第20号議案を原案どおり承認する立場から,不採択とします。  また,陳情第 754号は,その主たる内容が空港着工予算削除を求めるものであり,予算第20号議案を原案どおり承認する立場から,不採択とします。  以上です。 35 ◯大西委員長 次に,自由民主党さん。 36 ◯井川委員 請願及び陳情に対する意見表明。自由民主党議員団。  請願第 100号,請願第 104号は,神戸空港に係る平成11年度神戸市予算案を原案のとおり承認するとの立場から,いずれも不採択とする。  陳情第 753号及び陳情第 755号は,神戸空港に係る平成11年度神戸市予算案を原案どおり承認するとの立場から,いずれも不採択とする。  陳情第 754号は,陳情の主たる願意が,神戸空港の着工費の削除を求めるものであり,さきと同様の立場から,不採択とする。  以上です。 37 ◯大西委員長 次に,さわやか神戸・市民の会さん。 38 ◯佐藤(け)委員 ただいま意見を求められました請願並びに陳情について,さわやか神戸・市民の会の意見表明をいたします。  請願第 100号神戸空港建設に係る土地造成事業費を平成11年度予算案から削除することを求める請願,及び請願第 104号神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める請願2件につきましては,我が会派請願者と全く考え方を一にするものであり,賛成し,採択を求めます。  次,陳情第 753号,陳情第 755号,神戸空港着工費を平成11年度予算案から削除することを求める陳情2件につきましても,我が会派と全く考えを一にするものであり,賛成し,採択を求めます。  陳情第 754号平成11年度予算案から空港予算削除を求める陳情につきましても,これまた私どもの会派と全く考えを一にするものであり,賛成し,採択を求めます。  以上です。 39 ◯大西委員長 次に,自由民主党みらいさん。 40 ◯安達委員 請願並びに陳情に対する意見表明をいたします。  請願第 100号,第 104号については,空港着工費予算承認するため,不採択といたします。  陳情第 753号,第 754号,第 755号についても,空港着工費予算承認するため,不採択といたします。  以上です。 41 ◯大西委員長 各会派のご意見は,以上のとおりであります。  以上で本日の日程は全部終了いたしました。  次回委員会は,明12日の午後2時に開会し,意見決定を行いますので,よろしくお願いいたします。  本日はこれをもって散会いたします。ご苦労さまでした。   (午前11時43分散会) 神戸市事務局 Copyright (c) Kobe City Assembly, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission. ↑ ページの先頭へ...