ツイート シェア
  1. 神戸市議会 1998-06-23
    開催日:1998-06-23 平成10年第2回定例市会(第1日) 本文


    取得元: 神戸市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    本文へ移動 ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1   (午後2時2分開会)  (荻阪議長議長席に着く) ◯議長(荻阪伸秀君) これより平成10年第2回定例市会を開会いたします。  ただいまより本日の会議を開きます。  最初に,諸般の報告を申し上げます。  去る5月15日の本会議において可決されました「都市高速鉄道事業に対する財政援助に関する意見書」は,関係方面に提出いたしておきましたので,ご了承願います。 2 ◯議長(荻阪伸秀君) これより議事に入ります。  日程によりまして,日程第1 会期決定の件を議題に供します。 3 ◯議長(荻阪伸秀君) お諮りいたします。  本定例市会の会期は,本日から7月3日までの11日間といたしたいと存じますが,ご異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) 4 ◯議長(荻阪伸秀君) ご異議がないと認めます。  それでは,さように決定いたしました。 5 ◯議長(荻阪伸秀君) 次に,日程第2 議員提出第53号議案を議題に供します。 6 ◯議長(荻阪伸秀君) 本件は,インド並びにパキスタンが,本年5月,強い国際世論を無視して核実験を強行したことに抗議するとともに,世界の真の恒久平和の確立のために,核兵器の廃絶を求めることを決議しようとするものであります。 7 ◯議長(荻阪伸秀君) 本件に関し発言の通告もありませんので,本件は委員会の付託を省略し,原案のとおり決しまして,ご異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) 8 ◯議長(荻阪伸秀君) ご異議がないと認めます。  よって,本件は原案のとおり可決されました。  (荻阪議長退場)
     (村岡副議長議長席に着く) 9 ◯副議長(村岡 功君) この際,日程の追加をお諮りいたします。  ただいまお手元に配付いたしました追加議事日程に記載の4件を本日の日程に追加し,直ちに順次上程いたしたいと存じますが,ご異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) 10 ◯副議長(村岡 功君) ご異議がないと認めます。  それでは,さように取り計らいます。 11 ◯副議長(村岡 功君) それでは,日程第3市会議長辞職の件を議題に供します。 12 ◯副議長(村岡 功君) 本件は,本日付をもって,荻阪議長より市会議長を辞職したい旨の申し出がありましたので,お諮りするものでございます。 13 ◯副議長(村岡 功君) お諮りいたします。  本件辞職願は,許可することに決してご異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) 14 ◯副議長(村岡 功君) ご異議がないと認めます。  よって,荻阪議長の辞職願は許可することに決定いたしました。  (荻阪前議長入場,議席に着く) 15 ◯副議長(村岡 功君) この際,前市会議長のごあいさつがございます。68番荻阪伸秀君。  (68番荻阪伸秀君登壇)(拍手) 16 ◯68番(荻阪伸秀君) 市会議長を退任するに当たりまして,一言お礼のごあいさつを申し上げます。  昨年6月に,皆様方のご推挙によりまして議長に就任し,以来今日まで,我々の先輩が長年にわたって築き上げてきた神戸市会の伝統を引き継ぎ,公正かつ円滑な議会運営のために,また議会機能の一層の向上を目指しまして,微力ながら誠心誠意努力してまいったつもりでございます。  しかしながら,力及ばず,皆様方のご期待に十分におこたえすることができなかった点もあるかと存じますが,格別のご指導・ご協力をいただきながら,また笹山市長はじめ理事者各位のご協力を得て,無事その重責を果たし得ましたことに対し,心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。  この1年間を顧みますと,復興の正念場として,山積する震災後の諸問題に日々前向きに取り組んでまいりました中でも,大きな2つの出来事が印象深く心に残っております。  1つには,長年の市民の夢であった明石海峡大橋の開通でございます。着工以来12年の歳月をかけて,ようやく本年4月5日に開通した世界最長のこの大橋は,神戸と淡路島四国を結ぶ産業経済のかけ橋として,神戸の将来にとって大いに期待できるものであります。  2つ目は,被災者生活再建支援法成立と,その附帯決議に基づく阪神・淡路大震災被災者への支援制度の創設でございます。被災市民の自立・復興に向けては今後とも努力してまいる必要がございますが,将来に起こり得る災害による被災者に対して,一定の援助策を講ずることができましたことは,大きな前進であったと存ずるところでございます。  それ以外にも,市民福祉総合計画に基づく福祉の一層の向上,市民安全の推進に関する条例に基づく安全なまちづくりへの取り組み,さらには長年の懸案であった神戸港の強制水先対象船舶基準の見直しなど,神戸のまちの復興に向けて着実な前進を見ましたことは,議長としてまことに貴重な体験であったと存じます。  今後とも21世紀に向け,神戸を安全で活力ある魅力的なまちとして,また震災の経験と教訓を生かした国際防災モデル都市として復興させていくことが,我々議会人に課せられた責務であり,そのためには議会と当局がそれぞれの使命を自覚し,一層厳しい研さんを重ねていかなければならないと存じます。  私は,議長職を去りましても,議会の一員として,皆様方とともに,市民福祉の向上と市政発展のため一層の努力を続けてまいる所存でございますので,今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。  以上,まことに簡単粗辞で十分意を尽くしませんが,これをもちまして議長退任のごあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。(拍手) 17 ◯副議長(村岡 功君) 荻阪前議長のごあいさつは終わりました。  次に,日程第4 市会議長選挙の件を議題に供します。 18 ◯副議長(村岡 功君) 本件選挙の方法は,単記無記名投票によって決します。  直ちに議場の出入り口を閉鎖いたします。  (閉扉) 19 ◯副議長(村岡 功君) これより投票用紙を配付いたします。  (投票用紙配付) 20 ◯副議長(村岡 功君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。  (なし) 21 ◯副議長(村岡 功君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱の点検をいたします。  (投票箱点検) 22 ◯副議長(村岡 功君) それでは,1番芦田賀津美君より順次投票を願います。  (投票) 23 ◯副議長(村岡 功君) 投票漏れはございませんか。  (なし) 24 ◯副議長(村岡 功君) 投票漏れなしと認めます。  よって,投票は終了いたしました。 25 ◯副議長(村岡 功君) これより開票をいたします。  開票立会人を指名いたします。   1番  芦田賀津美君   5番  守屋隆司君   7番  梅田幸広君   8番  白井洋二君   10番  崎元祐治君   13番  本岡節子君  以上6名の方をご指名いたします。  それでは,開票立会人の方はお願いします。  (6立会人立会・開票) 26 ◯副議長(村岡 功君) 開票の結果をご報告申し上げます。   出席議員数    71名   投票総数     71票    有効投票    70票    無効投票     1票   有効投票中    長谷川忠義君  51票    堀之内照子君  17票    佐藤けん一郎君  2票  以上であります。  よって,長谷川忠義君が当選されました。(拍手)  議場の閉鎖を解きます。  (開扉) 27 ◯副議長(村岡 功君) この際,市会議長のごあいさつがございます。63番長谷川忠義君。  (長谷川議長登壇)(拍手) 28 ◯議長(長谷川忠義君) 議長就任に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま,皆様方のご推挙によりまして,市会議長の重責を担わせていただくことになりました。まことに身に余る光栄であり,議員各位のご厚情に対し,心から厚くお礼を申し上げます。  さて,今日私たち議会に課せられました使命は,神戸の本格復興に全力を尽くし,21世紀に向かって,神戸が都市としての魅力と活力にあふれ,すべての市民が住みやすく,快適で安全なまちにしていくことであると確信いたしております。  今,本市では,今世紀中の完全復興を目指して,被災者生活支援復興住宅建設産業の振興策など,あらゆる分野でさまざまな施策を推進しておりますが,今後とも神戸の復興はもちろんのこと,さらに21世紀に向けて,市民が夢と希望を持つことができる施策を進めていく必要がございます。  また,行財政の構造の改革や地方分権の推進など,社会経済システム全般での改革が迫られる中で,新たな時代にふさわしい神戸市へと変革させていく時期に来ております。  このようなときに当たり,議長の重責を担うことになり,その責任の重大さを痛感するものでございます。  私は,もとより微力でございますが,これらの目標に向かって最大の努力を傾注する決意でございます。  また,議会内部におきましては,市民代表としての議会の重要性を自覚し,公平かつ円滑な議会運営に努めますとともに,皆様方と力を合わせ,これまで築かれてまいりました議会の機能を一層充実・前進させたいと念願いたしております。  議員各位におかれましては,格別のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げます。  最後になりましたが,笹山市長をはじめ理事者各位,さらには報道各位におかれましても,よろしくご支援・ご協力くださいますようお願い申し上げまして,甚だ簡単粗辞でございますが,就任のごあいさつとさせていただきます。皆様,どうもありがとうございました。(拍手) 29 ◯副議長(村岡 功君) 長谷川議長のごあいさつは終わりました。  この際,議長と交代いたします。  (村岡副議長退場)  (長谷川議長議長席に着く) 30 ◯議長(長谷川忠義君) 次に,日程第5 市会副議長辞職の件を議題に供します。 31 ◯議長(長谷川忠義君) 本件は,本日付をもって,村岡副議長より市会副議長を辞職したい旨の申し出がありましたので,お諮りするものであります。 32 ◯議長(長谷川忠義君) お諮りいたします。  本件辞職願は,許可することに決してご異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり) 33 ◯議長(長谷川忠義君) ご異議がないと認めます。  よって,村岡副議長の辞職願は許可することに決定いたしました。  (村岡前副議長入場,議席に着く) 34 ◯議長(長谷川忠義君) この際,前市会副議長のごあいさつがございます。59番村岡 功君。  (59番村岡 功君登壇)(拍手) 35 ◯59番(村岡 功君) 副議長を退任させていただくに当たりまして,一言お礼のごあいさつを申し上げます。  昨年6月,皆様方のご推挙をいただきまして,副議長という要職に就任し,この間,行き届かぬ点もあったと存じますが,皆様の温かいご指導とご協力をいただきまして,大過なくその職責を全うすることができました。ここに深くお礼を申し上げる次第でございます。  さて,本市を取り巻く状況は,長期低迷する日本経済の影響もあって,産業経済復興は思うに任せず,まちに活気が戻っておりません。こうした中で,何としても今世紀中の完全復興をなし遂げ,21世紀に向けて震災の教訓を生かした魅力的で活力のある神戸市をつくり上げることこそ,神戸市民から信託を受けた我々議会並びに議員の使命であると存じております。  私は,今後とも一議員として,引き続き市政の発展と市民福祉の向上のため,一層の努力をいたす所存でございますが,皆様方におかれましては,これまでと変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げる次第でございます。  甚だ簡単でございますが,退任のごあいさつにさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手) 36 ◯議長(長谷川忠義君) 村岡前副議長のごあいさつは終わりました。
     次に,日程第6 市会副議長選挙の件を議題に供します。 37 ◯議長(長谷川忠義君) 本件選挙の方法は,単記無記名投票によって決します。  直ちに議場の出入り口を閉鎖いたします。  (閉扉) 38 ◯議長(長谷川忠義君) これより投票用紙を配付いたします。  (投票用紙配付) 39 ◯議長(長谷川忠義君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。  (なし) 40 ◯議長(長谷川忠義君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱の点検をいたします。  (投票箱点検) 41 ◯議長(長谷川忠義君) それでは,1番芦田賀津美君より順次投票を願います。  (投票) 42 ◯議長(長谷川忠義君) 投票漏れはありませんか。  (なし) 43 ◯議長(長谷川忠義君) 投票漏れなしと認めます。  よって,投票は終了いたしました。 44 ◯議長(長谷川忠義君) これより開票をいたします。  開票立会人は,先ほどの方にお願いいたします。  それでは,開票立会人の方はお願い申し上げます。  (6立会人立会・開票) 45 ◯議長(長谷川忠義君) 開票の結果をご報告申し上げます。   出席議員数    71名   投票総数     71票    有効投票    71票    無効投票     0票   有効投票中    武貞健治君   52票    原 和美君   17票    高山晃一君    2票  以上であります。  よって,武貞健治君が当選されました。 (拍手)  議場の閉鎖を解きます。  (開扉) 46 ◯議長(長谷川忠義君) この際,市会副議長のごあいさつがございます。64番武貞健治君。  (武貞副議長登壇)(拍手) 47 ◯副議長(武貞健治君) 副議長就任に当たりまして,一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま,皆様方の格別のご支援によりまして,副議長の要職にご推挙いただきまして,心から厚くお礼を申し上げます。  先ほど長谷川議長のごあいさつにもございましたように,私たち議員は神戸の本格復興に全力を注ぎ,新たな課題にも積極的に立ち向かい,21世紀に向けて世界に冠たる神戸市として復興できるよう,そして快適で暮らしやすいまちになるよう最大限の努力を続けてまいらねばなりません。  このような重要なときに当たりまして,この重責を果たし得るかどうか,心中ひそかに不安を感じているところでございますが,議長のご指導のもと,皆様方の格別のご協力を賜りまして,市政発展に寄与し,あわせて議会の適切かつ円滑な運営と議会機能の向上に努めてまいる所存でございます。  今後とも皆様方のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして,まことに簡単粗辞でございますが,就任のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。(拍手) 48 ◯議長(長谷川忠義君) 武貞副議長のごあいさつは終わりました。  以上で本日の日程は全部終了いたしました。  この際申し上げます。  次回本会議は,来る6月29日午前10時より開きます。  なお,ただいま在席の各位には,文書による開議通知は省略させていただきますから,さようご了承願います。  本日はこれをもって散会いたします。   (午後2時39分散会) 神戸市事務局 Copyright (c) Kobe City Assembly, All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission. ↑ ページの先頭へ...