高槻市議会 > 2015-05-28 >
平成27年第2回臨時会(第2日 5月28日)

ツイート シェア
  1. 高槻市議会 2015-05-28
    平成27年第2回臨時会(第2日 5月28日)


    取得元: 高槻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成27年第2回臨時会(第2日 5月28日)     平成27年第2回高槻市議会臨時会会議録                              平成27年5月28日(木曜日)    日程第 1         会議録署名議員の指名について  日程第 2         常任委員会委員の選任について  日程第 3         特別委員会委員の選任について  日程第 4         大阪府都市競艇組合議会議員選挙について  日程第 5         淀川右岸水防事務組合議会議員補欠選挙について  日程第 6         高槻市農業委員会委員の推薦について  日程第 7  議案第55号 高槻市監査委員選任につき同意を求めることについて  日程第 8  報告第 1号 高槻市市税条例等中一部改正の専決処分報告について  日程第 9  報告第 2号 高槻市介護保険条例中一部改正の専決処分報告について  日程第10  報告第 3号 平成27年度高槻市一般会計補正予算(第1号)の専決                処分報告について  日程第11  報告第 4号 平成27年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第1号                )の専決処分報告について  日程第12         議会閉会中の委員会の特定調査事件について ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 〇本日の会議に付した事件
     日程第1から日程第12まで ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 〇出席議員(34人)      1番  五十嵐 秀 城 議 員         2番  三 井 泰 之 議 員      3番  森 本 信 之 議 員         4番  竹 中   健 議 員      5番  真 鍋 宗一郎 議 員         6番  米 山 利 治 議 員      7番  出 町 ゆかり 議 員         8番   木 隆 太 議 員      9番  吉 田 忠 則 議 員        10番  笹 内 和 志 議 員     11番  宮 田 俊 治 議 員        12番  岡 井 寿美代 議 員     13番  平 田 裕 也 議 員        14番  段 野 恵 美 議 員     15番  田 村 規 子 議 員        16番  木 本   祐 議 員     17番  強 田 純 子 議 員        18番  北 岡 隆 浩 議 員     19番  灰 垣 和 美 議 員        20番  吉 田 章 浩 議 員     21番  岡   糸 恵 議 員        22番  橋 本 紀 子 議 員     23番  野々上   愛 議 員        24番  山 口 重 雄 議 員     25番  吉 田 稔 弘 議 員        26番  太 田 貴 子 議 員     27番  宮 本 雄一郎 議 員        28番  川 口 洋 一 議 員     29番  中 浜   実 議 員        30番  久 保   隆 議 員     31番  久 保 隆 夫 議 員        32番  岩   為 俊 議 員     33番  福 井 浩 二 議 員        34番  中 村 玲 子 議 員 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 〇説明のため出席した者の職氏名  市長          濱 田 剛 史       副市長         山 本 政 行  副市長         倉 橋 隆 男       教育長         一 瀬   武  自動車運送事業管理者  西 邑 省 三       水道事業管理者     法 幸 貞 次  総務部長        新 美 英 代       危機管理監       黒 藪 輝 之  市民生活部長      中 原 一 行       健康福祉部長      西 岡 博 史  子ども未来部長     津 田 良 恵       技監          上 仙   靖  都市創造部長      梅 本 定 雄       産業環境部長      田 中 之 彦  会計管理者       森 田   孝       教育管理部長      上 田 昌 彦  教育指導部長      樽 井 弘 三       交通部長        平 野   徹  消防長         奥 田   晃  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 〇議会事務局出席職員氏名  事務局長        津 田 泰 史       事務局次長       藤 田 昌 義  事務局主幹       岡 本 仁 美       事務局主査       清 水 丈 二  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 〇会議録署名議員      1番  五十嵐 秀 城 議 員         2番  三 井 泰 之 議 員 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜      〔午前10時15分 開議〕 ○議長(灰垣和美) おはようございます。ただいまから平成27年第2回高槻市議会臨時会の本日の会議を開きます。  ただいまの出席議員数は34人です。  したがって、会議は成立します。  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において五十嵐秀城議員及び三井泰之議員を指名します。  日程第2、常任委員会委員の選任を行います。  常任委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長からそれぞれ指名します。  氏名を朗読します。 ○事務局長(津田泰史) おはようございます。  常任委員会委員を申し上げます。  総務消防委員会委員、米山利治議員、笹内和志議員、岡井寿美代議員、北岡隆浩議員、灰垣和美議員、吉田稔弘議員、久保隆夫議員、中村玲子議員、以上8人でございます。  都市環境委員会委員、森本信之議員、真鍋宗一郎議員、吉田忠則議員、岡 糸恵議員、野々上 愛議員、山口重雄議員、太田貴子議員、宮本雄一郎議員、福井浩二議員、以上9人でございます。  福祉企業委員会委員、三井泰之議員、竹中 健議員、出町ゆかり議員、平田裕也議員、段野恵美議員、吉田章浩議員、川口洋一議員、中浜 実議員、岩 為俊議員、以上9人でございます。  文教市民委員会委員、五十嵐秀城議員、木隆太議員、宮田俊治議員、田村規子議員、木本 祐議員、強田純子議員、橋本紀子議員、久保 隆議員、以上8人でございます。  以上で朗読を終わります。 ○議長(灰垣和美) お諮りします。  ただいま議長から指名しました以上の議員を、それぞれ常任委員会委員に選任したいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名しました以上の議員を、それぞれ常任委員会委員に選任することに決定しました。  日程第3、特別委員会委員の選任を行います。  本件は、市街地整備促進特別委員会委員、新名神・交通体系等対策特別委員会委員、史跡整備等特別委員会委員、地方分権推進特別委員会委員をそれぞれ選任するものです。  特別委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長からそれぞれ指名します。  氏名を朗読します。 ○事務局長(津田泰史) 特別委員会委員を申し上げます。  市街地整備促進特別委員会委員、竹中 健議員、米山利治議員、吉田忠則議員、笹内和志議員、岡井寿美代議員、野々上 愛議員、宮本雄一郎議員、久保隆夫議員、岩 為俊議員、以上9人でございます。  新名神・交通体系等対策特別委員会委員、三井泰之議員、木隆太議員、平田裕也議員、段野恵美議員、田村規子議員、強田純子議員、吉田章浩議員、橋本紀子議員、太田貴子議員、以上9人でございます。  史跡整備等特別委員会委員、森本信之議員、真鍋宗一郎議員、宮田俊治議員、北岡隆浩議員、岡 糸恵議員、山口重雄議員、川口洋一議員、中村玲子議員、以上8人でございます。  地方分権推進特別委員会委員、五十嵐秀城議員、出町ゆかり議員、木本 祐議員、灰垣和美議員、吉田稔弘議員、中浜 実議員、久保 隆議員、福井浩二議員、以上8人でございます。  以上で朗読を終わります。 ○議長(灰垣和美) お諮りします。  ただいま議長から指名しました以上の議員を、それぞれ特別委員会委員に選任したいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名しました以上の議員を、それぞれ特別委員会委員に選任することに決定しました。  お諮りします。  日程第4及び日程第5の2件は、いずれも同種の選挙事件ですので、以上2件を一括して行いたいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、以上2件の選挙を行います。  お諮りします。  以上2件の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項に規定する指名推選にしたいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、選挙の方法は指名推選にすることに決定しました。  お諮りします。  議長から指名することにしたいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、議長から指名することに決定しました。  各一部事務組合議会議員を指名します。  氏名を朗読します。 ○事務局長(津田泰史) それでは、朗読いたします。  大阪府都市競艇組合議会議員、久保 隆議員、以上1名でございます。  淀川右岸水防事務組合議会議員、吉田忠則議員、吉田稔弘議員、以上2名でございます。  以上で朗読を終わります。 ○議長(灰垣和美) お諮りします。  ただいま議長から指名しました以上の議員を、それぞれ各一部事務組合議会議員の当選人とすることに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名しました以上の議員が、それぞれ各一部事務組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました各一部事務組合議会議員に、会議規則第32条第2項の規定により、当選を告知します。  日程第6、高槻市農業委員会委員の推薦についてを議題とします。  本件は、議会推薦に係る本市農業委員会委員の辞任に伴い、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づき、学識経験を有する者4人を農業委員会委員に推薦しようとするものです。  お諮りします。  推薦の方法については、議長から指名することにしたいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、議長から指名することに決定しました。  岡 糸恵議員、中浜 実議員、久保隆夫議員、中村玲子議員を指名します。  お諮りします。  ただいま指名しました以上の議員を農業委員会委員に推薦したいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名しました以上の議員を農業委員会委員に推薦することに決定しました。  日程第7、議案第55号 高槻市監査委員選任につき同意を求めることについてを議題とします。  ――――――――――――――――――――   議案・議事関係書類綴  1ページ参照  ―――――――――――――――――――― ○議長(灰垣和美) 地方自治法第117条の規定により、橋本紀子議員、山口重雄議員の退席をお願いします。       〔退  席〕 ○議長(灰垣和美) 提案理由の説明を求めます。     〔市長(濱田剛史)登壇〕 ○市長(濱田剛史) ただいま議題に供されました議案第55号 高槻市監査委員選任につき同意を求めることにつきまして、提案理由のご説明を申し上げます。  このたびご提案申し上げますのは、本市奥天神町2丁目にお住いの橋本紀子氏と、本市大字原にお住いの山口重雄氏のお二方でございます。  橋本氏は、昭和25年10月9日生まれの64歳のお方で、また、山口氏は、昭和21年12月3日生まれの68歳のお方でございます。ご経歴等につきましては、議員各位、既によくご承知のことと存じますので省略させていただきますが、両氏におかれましては、本市議会議員としての豊富なご経験と高い識見をもとに、公正で合理的かつ能率的な行財政運営の確保のため、適正なる監査を執行していただけるものと確信をしております。  よろしくご審議の上、ご同意賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。 ○議長(灰垣和美) 提案理由の説明は終わりました。  お諮りします。  本件については、質疑並びに委員会付託を省略し、直ちに採決することに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、本件については、質疑並びに委員会付託を省略し、直ちに採決することに決定しました。  ただいまから採決します。  議案第55号 高槻市監査委員選任につき同意を求めることについては、これに同意することに賛成の方は挙手を願います。       〔賛成者挙手〕 ○議長(灰垣和美) 多数賛成と認めます。  したがって、議案第55号は、これに同意することに決定しました。  橋本紀子議員、山口重雄議員の退席を解きます。  ここで、ただいま高槻市監査委員に選任同意されました議員から挨拶があります。     〔橋本紀子議員登壇〕 ○(橋本紀子議員) 監査委員選任に当たりまして、議員各位のご同意を賜り、まことにありがとうございます。心からお礼を申し上げます。  高槻市は、近隣他市に比べまして少子高齢化が進んでおりまして、その対策が急がれるところでございます。また、大型プロジェクトの推進や多くの財政的課題もございます。このようなときこそ公平公正、そして効果的・効率的な行財政執行を初めとして、市民の皆様に情報公開、そして説明責任を果たしていくことが求められます。  それらのことが適切に行われますように、監査委員の重責をしっかりと果たしてまいりたいと思います。どうか皆様方のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げまして、私の就任のご挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。     〔山口重雄議員登壇〕 ○(山口重雄議員) おはようございます。監査委員就任に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。  ただいまは監査委員選任の議会同意を賜りまして、まことにありがとうございます。議会選出議員の職務を全うするために、心血注いで頑張ってまいりたいと思っております。どうか議員各位、そして理事者の皆さんのご協力をよろしくお願い申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。 ○議長(灰垣和美) 挨拶は終わりました。  ここで、先ほど選任しました各常任委員会委員及び特別委員会委員の方々は、休憩中にそれぞれ委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果をご報告願います。  まず、常任委員会から開会をお願いします。  したがって、30分程度休憩します。    〔午前10時30分 休憩〕    〔午前11時 0分 再開〕 ○議長(灰垣和美) 会議を再開します。  各委員会の正副委員長互選結果についてご報告します。  議会運営委員会及び各常任委員会、並びに特別委員会における正副委員長の互選の結果については、お手元に配付しました報告書のとおりですので、ご了承願います。  ――――――――――――――――――――   議案・議事関係書類綴 16ページ参照  ―――――――――――――――――――― ○議長(灰垣和美) お諮りします。  日程第8、報告第1号から日程第11、報告第4号に至る4件は、いずれも専決処分報告ですので、以上4件を一括議題としたいと思います。これに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、以上4件を一括議題とすることに決定しました。  ――――――――――――――――――――   議案・議事関係書類綴  2ページ参照  ―――――――――――――――――――― ○議長(灰垣和美) 順次、提案理由の説明を求めます。     〔総務部長(新美英代)登壇〕 ○総務部長(新美英代) ただいま議題に供されました報告第1号 高槻市市税条例等中一部改正の専決処分につきまして、ご報告申し上げます。  本件は、地方税法等の一部を改正する法律が去る3月31日に公布されたことにより、4月1日から施行される部分のうち急を要するものにつきまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、高槻市市税条例の一部を同じく3月31日付で専決処分により改正いたしましたので、同条第3項の規定によりご報告させていただくものでございます。  このたびの条例改正の内容といたしましては、法人市民税関係、固定資産税関係、軽自動車税関係の3点でございます。  まず、法人の市民税の均等割の税率適用区分の基準についての見直しに伴う所要の改正を行っております。  次に、土地に係る固定資産税及び都市計画税につきましては、税負担が急激に上昇することのないよう調整措置が講じられており、評価がえごとに継続されてきております。平成27年度から29年度につきましても、これまでの負担調整措置を継続するものでございます。  また、平成27年度分以降の年度分の軽自動車税について適用することとされておりました原動機自転車ほか二輪の軽自動車等に係る税率について、適用開始が1年延期され、平成27年度分以後の年度分の軽自動車税から適用することとなるものでございます。  このほか、法の条項移動に伴う所要の改正を行っております。条例の施行日につきましては、主に平成27年4月1日でございます。  以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしくお願い申し上げます。     〔健康福祉部長(西岡博史)登壇〕 ○健康福祉部長(西岡博史) ただいま議題に供されました報告第2号 高槻市介護保険条例中一部改正の専決処分、報告第3号 平成27年度高槻市一般会計補正予算(第1号)の専決処分、及び報告第4号 平成27年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分につきまして、ご報告申し上げます。  以上の3件につきましては、介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令が去る4月10日に公布されたことにより、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、高槻市介護保険条例の一部を4月28日付で専決処分により改正し、この条例改正に伴う予算措置につきましても、同じく4月28日付で専決処分により所要の補正を行いましたので、同条第3項の規定により順次ご報告させていただくものでございます。  まず、報告第2号 高槻市介護保険条例中一部改正の専決処分についてご報告申し上げます。  主な改正内容でございますが、保険料率を規定した第4条に第2項として、平成27年度から平成29年度までの各年度において、第1号被保険者の負担軽減強化を図るため、特に所得段階が低い第1段階の方の保険料を、第1項第1号の規定にかかわらず2万6,100円とするものでございます。この条例の施行日につきましては公布日とし、平成27年度分の保険料から適用するものでございます。  続きまして、報告第3号 平成27年度高槻市一般会計補正予算(第1号)の専決処分、及び報告第4号 平成27年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分につきまして、ご報告申し上げます。  主な内容でございますが、介護保険法改正に伴い、第1号保険料につきまして、第1段階の所得段階の方を対象に、消費税増税で確保された財源の公費投入により低所得者の負担軽減を図ることとなり、その公費の投入における仕組みは、市が軽減に要する公費の総額を一般会計から介護保険特別会計に繰り入れ、その繰入額に対して国が2分の1、府が4分の1、市が4分の1を負担するものでございます。  それでは、まずお手元の資料3ページをごらんいただきたいと存じます。  高槻市一般会計補正予算についてでございますが、第1条は、歳入歳出それぞれ3,885万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1,228億4,357万4,000円にいたそうとするものでございまして、款項別の内容は4ページの第1表 歳入歳出予算補正にお示ししているとおりでございます。  次に、歳入歳出予算の主な内容につきまして、15ページの歳出からご説明を申し上げます。  民生費 社会福祉費 社会福祉総務費におきまして、介護保険特別会計への繰出金として所要の補正を行うものでございます。  続きまして、歳入についてご報告申し上げます。恐れ入りますが、14ページにお戻り願いたいと存じます。  国庫支出金及び府支出金につきましては、国及び府の公費負担分として所要の補正を行うものでございます。なお、歳入歳出の差額につきましては、予備費で調整させていただくものでございます。  続きまして、高槻市介護保険特別会計補正予算についてでございますが、お手元の資料7ページをごらんいただきたいと存じます。  第1条にありますように、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ235億3,602万9,000円にいたそうとするものでございます。  特別会計補正予算説明書20ページをごらんいただきたいと存じます。  まず、介護保険料についてでございますが、第1号被保険者保険料につきまして、公費投入により保険料負担軽減が図られることから、現年度分特別徴収保険料及び普通徴収保険料軽減に伴う所要の補正を行うものでございます。  次に、繰入金についてでございますが、公費負担額を一般会計より高槻市介護保険特別会計へ繰り入れるため、所要の補正を行うものでございます。  以上、まことに簡単な説明ではございますが、よろしくお願い申し上げます。     〔総務部長(新美英代)登壇〕
    ○総務部長(新美英代) ただいま提案理由を申し上げました中で、適用の開始の年度を間違って申し上げましたので訂正させていただきます。原動機付自転車ほか二輪の軽自動車税等に係る税率につきましては、適用開始が1年延期されて平成28年度分以後の年度分の軽自動車税から適用することとなるものでございます。  先ほど平成27年度からと申し上げてしまいました。申しわけございません。訂正させていただきます。 ○議長(灰垣和美) 提案理由の説明は終わりました。  ただいまから質疑に入ります。  まず、報告第1号 高槻市市税条例等中一部改正の専決処分報告について。   〔「な  し」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 質疑はないようです。  報告第2号 高槻市介護保険条例中一部改正の専決処分報告について。 ○(中村玲子議員) 介護保険料の専決処分です。  3月議会に介護保険料の変更を行いました。そのとき市の説明では、低所得者への保険料軽減のために消費税増税の一部を投入するとし、2015年度、今年度ですね、部分的に実施、2017年度に完全実施するとされてきました。部分的にしても、今年度から実施するということは決まっていたはずです。なぜ3月議会に間に合わなかったのか、専決処分を今しなければいけなかったのか、その理由をお聞きします。  2点目に、今回、専決処分された保険料、これはどういう方法で市民の皆さんに周知されるのかお答えください。以上です。 ○健康福祉部長(西岡博史) まず、1点目の専決処分の理由についてでございますが、高槻市介護保険条例中一部改正につきましては、3月議会において、平成27年度から平成29年度までの各年度における第1号被保険者に係る保険料率についてご議決いただきましたが、低所得者の保険料負担軽減強化に関する内容につきましては、消費税増収分を充てることから、国家予算の成立が必要であったため、3月議会の上程には間に合わない状況がございました。  その後、国家予算の成立に伴い、負担軽減強化に係る具体的な基準を示す介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令が4月10日に公布されました。本市においては、6月上旬に対象者約9万7,000人の方に対し介護保険料納入通知書の一斉発送を行うことから、その発送準備作業、保険料軽減についての市民への周知を図るため、同封するパンフレットの作成期間等を考慮しますと、4月末には条例改正を行っておく必要があったため、専決処分による条例改正の手続を行ったものでございます。  次に、2点目の周知方法についてですが、先ほど申し上げました介護保険料納入通知書に同封しますパンフレットや例年作成しております介護保険のサービスガイド、またホームページなどを効果的に活用しながら、市民の方々への周知徹底を図ってまいります。以上でございます。 ○(中村玲子議員) 今回、専決処分しなければいけない理由というのは、市民への介護保険料の請求作業、発送作業、そういうものが間に合わなかったということで、それは理解できます。  今回は、第1段階の保険料、年間2,900円値下げをされることになりますから、この専決処分には賛成をします。しかし、もともと3月議会で第1段階の保険料というのは5,015円値上げをしました。今回値下げしたとしても5期の保険料から見れば2,115円の値上げです。  先ほど低所得者の方の負担軽減とおっしゃいました。だけど、この値上げの金額を見て、これで低所得者の方への負担軽減と言えるのかどうか、そこは十分考えていただきたいと思うんです。もともとこの第1段階の方というのは、負担できないこういう層の方でもありますし、そこへ2,115円も値上げをするということがやっぱり問題だと私は思うんです。  第5期の第2段階、第6期、今年度から始まる分、それは第1段階に統合されました。年間、ここでも550円の値下げにしかならないんです。しかも、消費税の分が回されているということですから、消費税は5%から8%と3%も増税されて、負担はふやされてるんです。そのふやされた、増税した、自分たちが払ったそのほんの一部ですよね。それを使って負担軽減と言われても、私は納得できないと思うんです。それに5期から第6期の保険料の負担は、軽減でなくやっぱり値上げされたと、第1段階の人にとっても5期から6期の保険料は値上げでしかないと思うんです。  4月に全世帯に届けられたパンフレット、これですね、介護保険制度が変わります。この中には、3月議会で決定した保険料が掲載されており、最後の7ページのほうには第1段階、第2段階、第3段階は公費投入によって保険料が引き下げられる、そういう計画があるとこう書かれています。私は、そういうふうに周知をして、今回それでも請求をもらった方にとっては値上げでしかないんです。  そのことも十分考えていただきたいし、5期の特例第3段階、6期では第2段階になります、世帯全員が住民税非課税で年間の収入が80万円以上で120万円以下の人は年額3,055円の値上げになったままなんです。月の収入が、これでいくと6万7,500円を超えると、今回の負担軽減の対象にはならない。2年後の2017年に軽減するというもの。しかも、そのときには消費税を10%に増税する、これと引きかえです。  保険料の値上げというのは、私はここまでくると、高槻市の責任だとは言えないと思います。大阪府下でも高槻の介護保険料というのは一番低い状態で、本当にそれは市としても頑張って努力されていると思うんです。でも、幾ら大阪府下で一番安いと言われても、低いと言われても、払う側にとってはその負担は大変なんです。しかも値上げされている、そういう払う側の皆さんの思いを、生活の状態というのは市としても十分理解していただいて、今後そういう方々の負担軽減につながるような施策をぜひそれにつなげていただきたいと要望して、私の質問を終わります。以上です。 ○議長(灰垣和美) 質疑は尽きたようです。  報告第3号 平成27年度高槻市一般会計補正予算(第1号)の専決処分報告について。   〔「な  し」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 質疑はないようです。  報告第4号 平成27年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告について。   〔「な  し」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 質疑はないようです。  以上で質疑を終結します。  お諮りします。  以上4件については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、本件については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決定しました。  ただいまから採決します。  報告第1号 高槻市市税条例等中一部改正の専決処分報告については、報告のとおり承認することに賛成の方は挙手を願います。       〔賛成者挙手〕 ○議長(灰垣和美) 全員賛成と認めます。  したがって、報告第1号は報告のとおり承認されました。  報告第2号 高槻市介護保険条例中一部改正の専決処分報告については、報告のとおり承認することに賛成の方は挙手を願います。       〔賛成者挙手〕 ○議長(灰垣和美) 全員賛成と認めます。  したがって、報告第2号は報告のとおり承認されました。  報告第3号 平成27年度高槻市一般会計補正予算(第1号)の専決処分報告については、報告のとおり承認することに賛成の方は挙手願います。       〔賛成者挙手〕 ○議長(灰垣和美) 多数賛成と認めます。  したがって、報告第3号は報告のとおり承認されました。  報告第4号 平成27年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告については、報告のとおり承認することに賛成の方は挙手願います。       〔賛成者挙手〕 ○議長(灰垣和美) 全員賛成と認めます。  したがって、報告第4号は報告のとおり承認されました。  日程第12、議会閉会中の委員会の特定調査事件についてを議題とします。  ――――――――――――――――――――   議案・議事関係書類綴 17ページ参照  ―――――――――――――――――――― ○議長(灰垣和美) 本件は、常任委員会が行う自主的調査活動の特定調査事件として、地方自治法第109条第2項及び同条第8項、並びに高槻市議会会議規則第105条第1項の規定に基づき、所管事務調査についてを、また議会運営委員会が行う自主的調査活動の特定調査事件として、地方自治法第109条第3項及び同条第8項、並びに高槻市議会会議規則第105条第2項の規定に基づき、1つ、議会の運営に関する事項について、2つ、議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項について、3つ、議長の諮問に関する事項についてを定めようとするものです。  お諮りします。  本件について、各委員長からの申し出により、お手元に配付しておりますとおり、議会閉会中の委員会の特定調査事件について定めることに異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(灰垣和美) 異議なしと認めます。  したがって、各委員長からの申し出のとおり、議会閉会中の委員会の特定調査事件について定めることに決定しました。  以上で、本臨時会に付議されました事件及び議案の審議は全て終了しました。  したがって、本臨時会はこれで閉会したいと思います。  閉会に先立ち、市長から挨拶があります。     〔市長(濱田剛史)登壇〕 ○市長(濱田剛史) 閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。  本臨時会は、3日間という短い日程ではありましたが、市議会議員選挙後における初議会ということで、議会におかれましては灰垣議長、野々上副議長を初めとする各役員の選出、各委員会の構成など、今後の議会運営にかかわる重要な事柄を決定されました。  このたび新たに就任されました正副議長を初め、各委員等に就任されました議員の皆様方におかれましては、中核市高槻にふさわしいまちづくりを推進するため、格別なご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。  また、私のほうからお願い申し上げました4つの特別委員会設置のほか、付議いたしました案件等につきましても、それぞれに適切なご決定をいただき、まことにありがとうございました。今後の市政運営に当たりましては、議会の皆様との連携を十分に保ちながら、「みらい・創生」をキーワードに全力で取り組んでまいります。  ここで、下水道使用料の誤徴収に関する件と、本市中学校教諭が自動車運転死傷処罰法違反等により送検されました件につきまして、ご報告とおわびを申し上げます。  まず初めに、下水道使用料の誤徴収に関してでございますが、本年2月に浄化槽を使用している市民の方から問い合わせがあり、市で調査を実施したところ、問い合わせのあった分も含めて13件の誤徴収が判明したものです。この結果を受けて、対象者の皆様に対して事情説明とおわびを行い、次回からの下水道使用料の請求を停止させていただくとともに、還付手続を進めております。対象者及び市民の皆様にはご迷惑とご心配をおかけし、深くおわびを申し上げます。今後はこのようなことがないよう、再発防止と信頼回復に向け取り組んでまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。  次に、本市中学校教諭が自動車運転死傷処罰法違反等により送検されました件についてでございますが、本年2月14日に川西中学校教諭が酒気帯び運転による事故を起こした上、事故現場から逃走し、4月28日に自動車運転処罰法違反及び道路交通法違反の容疑で書類送検されたものです。同教諭に対しましては、今月1日付で大阪府教育委員会より懲戒免職処分がなされました。児童生徒を指導すべき立場にある教員として断じて許すことができない行為であり、市政に対する議員の皆様、市民の皆様の信頼を裏切る結果となったことはまことに遺憾であり、心から深くおわびを申し上げます。今後は信頼回復と再発防止に向け、服務規律の遵守を一層徹底させてまいります。  さて、暦の上では立夏を過ぎ、五月晴れが心地よい季節となりましたが、早くも夏を思わせる陽気の日もございます。寒暖の差の大きい時節柄、議員の皆様方におかれましては、健康には十分ご留意していただき、市政発展のためご活躍いただきますようお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。 ○議長(灰垣和美) 市長の挨拶は終わりました。  議長から一言ご挨拶申し上げます。  本臨時会は去る4月26日に執行されました市議会議員選挙後初めての議会であり、新しい議会構成に伴う役員選挙、付議されました専決処分報告等について審議をお願いしましたが、いずれも適切なご決定を得ることができました。ここに厚く御礼申し上げます。  今後におきましても、議員各位には市政の発展と市民福祉の向上のため、なお一層のご精励をいただきますよう、心よりお願い申し上げまして、閉会のご挨拶とします。  これで、平成27年第2回高槻市議会臨時会を閉会します。    〔午前11時25分 閉会〕  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。  議  長  灰 垣 和 美  署名議員  五十嵐 秀 城  署名議員  三 井 泰 之...