ツイート シェア
  1. 大阪府議会 2022-09-01
    12月20日-15号


    取得元: 大阪府議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-12
    令和 4年  9月 定例会本会議(2)    第十五号 十二月二十日(火)◯議員出欠状況(出席八十二人 欠席二人 欠員四)      一番  中川誠太議員(出席)      二番  前田将臣議員(〃)      三番  牛尾治朗議員(〃)      四番  坂 こうき議員(〃)      五番  魚森ゴータロー議員(〃)      六番  角谷庄一議員(〃)      七番  三橋弘幸議員(〃)      八番  西元宗一議員(〃)      九番  松浪ケンタ議員(〃)      十番  塩川憲史議員(〃)     十一番  須田 旭議員(〃)     十二番  奥谷正実議員(〃)     十三番  西村日加留議員(〃)     十四番  山田けんた議員(欠席)     十五番  野々上 愛議員(出席)     十六番  内海公仁議員(〃)     十七番  石川たえ議員(〃)     十八番  冨田忠泰議員(〃)     十九番  うらべ走馬議員(〃)     二十番  西川訓史議員(〃)    二十一番  原田 亮議員(〃)    二十二番  原田こうじ議員(〃)    二十三番  中井もとき議員(〃)    二十四番  奥田悦雄議員(〃)    二十五番  中野 剛議員(〃)    二十六番  みよしかおる議員(〃)    二十七番  中川嘉彦議員(〃)    二十八番  岡沢龍一議員(〃)    二十九番  山本真吾議員(〃)     三十番  上田健二議員(出席)    三十一番  永井公大議員(〃)    三十二番  前田洋輔議員(〃)    三十三番  中川あきひと議員(〃)    三十四番  おきた浩之議員(〃)    三十五番  紀田 馨議員(〃)    三十六番  いらはら 勉議員(〃)    三十七番   欠員    三十八番   欠員    三十九番  河崎大樹議員(欠席)     四十番  泰江まさき議員(出席)    四十一番  西林克敏議員(〃)    四十二番  松浪武久議員(〃)    四十三番  広野瑞穂議員(〃)    四十四番  植田正裕議員(〃)    四十五番  笹川 理議員(〃)    四十六番  横山英幸議員(〃)    四十七番  杉江友介議員(〃)    四十八番  徳村さとる議員(〃)    四十九番  金城克典議員(〃)     五十番  橋本和昌議員(〃)    五十一番  藤村昌隆議員(〃)    五十二番  中村広美議員(〃)    五十三番  山下浩昭議員(〃)    五十四番  大橋章夫議員(〃)    五十五番  肥後洋一朗議員(〃)    五十六番  内海久子議員(〃)    五十七番  加治木一彦議員(〃)    五十八番  八重樫善幸議員(〃)    五十九番  杉本太平議員(〃)     六十番  徳永愼市議員(〃)    六十一番  しかた松男議員(〃)    六十二番   欠員    六十三番  西 惠司議員(出席)    六十四番  西野修平議員(〃)    六十五番  川岡栄一議員(〃)    六十六番  大山明彦議員(〃)    六十七番  垣見大志朗議員(〃)    六十八番  林 啓二議員(〃)    六十九番  和田賢治議員(〃)     七十番  富田武彦議員(〃)    七十一番  中野稔子議員(〃)    七十二番  坂上敏也議員(〃)    七十三番  中谷恭典議員(〃)    七十四番  久谷眞敬議員(〃)    七十五番  鈴木 憲議員(〃)    七十六番  西田 薫議員(〃)    七十七番  森 和臣議員(〃)    七十八番   欠員    七十九番  松本利明議員(〃)     八十番  西野弘一議員(〃)    八十一番  土井達也議員(〃)    八十二番  三田勝久議員(〃)    八十三番  大橋一功議員(〃)    八十四番  岩木 均議員(〃)    八十五番  横倉廉幸議員(〃)    八十六番  三浦寿子議員(〃)    八十七番  三宅史明議員(〃)    八十八番  奴井和幸議員(〃)    ~~~~~~~~~~~~~~~◯議会事務局     局長         松井芳和     次長         大河内隆生     議事課長       杉山智博     参事         佐藤 実    ~~~~~~~~~~~~~~~◯議事日程 第十五号 令和四年十二月二十日(火曜日)午後一時開議    (新任行政委員の紹介) 第一 議案第三十六号から第六十一号まで、第六十三号及び第六十四号(「令和四年度大阪府一般会計補正予算(第九号)の件」ほか二十七件)    (討論、採決) 第二 委員会の継続調査事件    (各委員長報告、採決) 第三 第六十五号議案(「大阪府庁舎等に係る電気料金請求事件の控訴の件」)    (知事の説明、委員会付託省略、採決) 第四 議員提出第六号議案(「大阪府議会の保有する個人情報の保護に関する条例制定の件」)    (委員会付託省略、採決) 第五 議員提出第七号議案(「大阪府議会委員会条例一部改正の件」)    (委員会付託省略、採決) 第六 議員提出第八号議案(「いのち輝く人生のため「人生会議」を推進する条例制定の件」)    (提出者説明委員会付託省略、採決) 第七 第七号意見書案及び第二号決議案(「旧統一教会による悪質な行為の再発防止と被害者救済を求める意見書」ほか一件)    (委員会付託省略採決)    ~~~~~~~~~~~~~~~◯本日の会議に付した事件 第一 日程第一の件 第二 日程第二の件 第三 日程第三の件 第四 日程第四の件 第五 日程第五の件 第六 日程第六の件 第七 日程第七の件    ~~~~~~~~~~~~~~~午後一時開議 ○議長(森和臣) これより本日の会議を開きます。    -------◇------- ○議長(森和臣) 議事に先立ち、一言申し上げます。 府議会においては、新型コロナウイルス感染症の予防及び拡大防止を図るため、引き続き三密の回避、マスクの着用、手指消毒を徹底した運営を行っておりますので、議員、理事者、報道関係者各位並びに傍聴されます皆様には、御理解、御協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。 なお、議場内はパーティションを設置しており、また機械換気により空気を常時入れ替えておりますので、演壇での発言につきましては、発言を分かりやすくするためマスクを外して行っていただきますようお願いいたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) この機会に、新任の行政委員を御紹介いたします。 まず、本日付をもって公安委員会委員長に就任されました梅宮典子さんを御紹介いたします。梅宮公安委員会委員長。 ◎公安委員会委員長梅宮典子) このたび、本日付をもちまして大阪府公安委員会委員長を仰せつかりました梅宮典子でございます。 甚だ微力ではございますが、皆様の御指導、御鞭撻を賜りながら、職責を全うしていく所存でございますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。 以上で、簡単ではございますが、就任の挨拶とさせていただきます。 ○議長(森和臣) 次に、同じく本日付をもって公安委員会委員に就任されました木村知子さんを御紹介いたします。木村公安委員会委員。 ◎公安委員会委員木村知子) 一言、御挨拶を申し上げます。 本日付で大阪府公安委員会委員に任命されました木村知子でございます。 微力ではございますが、誠心誠意全力を尽くしまして、公安委員の職責を全うする所存でございますので、皆様方には格別なる御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 甚だ簡単ではございますが、就任の御挨拶とさせていただきます。 ○議長(森和臣) 以上で紹介は終わります。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第一、議案第三十六号から第六十一号まで、第六十三号及び第六十四号、令和四年度大阪府一般会計補正予算(第九号)の件外二十七件を一括議題といたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより討論に入ります。 通告により永井公大議員を指名いたします。永井公大議員。 ◆(永井公大議員) 大阪維新会大阪府議会議員団永井公大です。 今定例会後半に上程されている諸議案等について、我が会派の態度と意見を表明いたします。 知事は、十二月上旬に英国を訪問し、世界の投資家等に大阪の投資魅力や二〇二五年大阪・関西万博についてのトッププロモーションを実施されました。 今回の英国訪問でできた投資家等ネットワークをさらに発展させ、大阪への関心が高い金融系外国企業や万博のテーマに親和性の高い事業活動を行う企業等にターゲットを絞り、今後、戦略的な誘致を進めていくと聞いています。国際金融都市機能の強化を通じた大阪の成長に大いに期待しています。 一方で、大阪独自の取組として、地方税の軽減制度を検討したいとも表明されました。今後、よりよい制度創設に向けて関係機関と調整を進められると思いますが、議会としても議論を深めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 国際的な原材料価格の高騰や円安の影響により、エネルギー、食料品等の価格上昇が続いており、家計の負担増が懸念されている中、子育て世帯を食費の面から支援するため、十八歳以下の子どもにお米十キログラム相当を配付することが表明されました。 我が会派では、当初案に対して子育て世帯米穀店等から様々なお声をお聞きし、担当部局と協議を重ねてきた結果、デジタルクーポンの発行やお米以外の食品も選択可能となり、地域の米穀店が参入できる事業スキーム案となりました。今後、府内全ての子育て世帯に喜んでいただけるように、十分に周知を行い、迅速な事業執行をお願いいたします。 また、物価高騰の影響が長期化する中、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、多大な負担が生じている介護、保育、障がい施設等の第一線において、入所者や利用者の生活を守るために日々御尽力いただいている職員の方々、約四十六万人を対象に、感謝の意を込めて、一万円のギフトカードを配付することも示されました。 こちらの配付につきましても、手続にかかる負担の軽減や配送経費の縮減等を念頭に置きつつ、スピード感を持って事業実施に取り組んでいただくことを求めておきます。福祉の現場で多くのリスクや多大な御負担を感じながら勤務されている職員の方々に、確実に感謝の意を届けられるよう、よろしくお願いいたします。 先日、我が会派から提出し可決された大阪府ギャンブル等依存症対策基本条例に基づき設置された依存症対策推進会議が開催され、年度内策定に向けて検討が進められている第二期計画の素案について意見聴取したと聞いています。 第二期計画の策定に当たっては、取組状況が的確に把握できるよう具体的な目標を設定するとともに、若年層を対象とした予防啓発の取組も強化するなど、条例の趣旨などを具体化し、より対策の強化が図られるものにしていただくようにお願いいたします。 最後に、中之島GATEの整備について申し上げます。 先日開催された大阪府戦略本部会議において、中之島GATEの整備に関して、二〇二五年大阪・関西万博開催までの開業を目指すという方針が決定されました。 国内外から多くの観光客が訪れる二〇二五年大阪・関西万博は、水都大阪の魅力を全世界に発信する絶好の機会となります。 万博会場大阪市内の船での往来を実現し、水都大阪のさらなる魅力向上につながる中之島GATEの整備にしっかりと取り組んでいただくとともに、万博後も見据え、来阪者に水都大阪の魅力を存分に楽しんでいただけるよう、周辺施設等と連携したにぎわいづくりや海と川をつなぐ水上交通ネットワークの構築などの取組を進め、新たな観光ルートの創出等にもつなげていただくことを要望いたします。 以上、るる申し上げましたが、今定例会に上程されている知事提出議案等につきまして全て賛成であることを表明し、我が会派の討論といたします。御清聴ありがとうございました。 ○議長(森和臣) 次に、中野剛議員を指名いたします。中野剛議員。 ◆(中野剛議員) 公明党大阪府議会議員団の中野剛でございます。 会派を代表して、今次定例会に提出されております諸議案の採決に当たり、我が会派の意見と態度を申し述べます。 最初に、令和四年度大阪府一般会計補正予算(第九号)案の件です。 十月の代表質問で、我が会派から、一日も早く補正予算を編成し、困難を抱える府民や事業者への支援を急ぐべきと府の方針を問いただし、府は速やかに支援が届くよう対策を検討していくとの答弁をされました。 さらに、十一月に地方創生臨時交付金の早期活用を求める緊急要望を行いました。 府から物価高騰等対策として、福祉施設職員等を支援するための一万円分のギフトカードの配付をはじめ、福祉施設、医療機関、私立学校等への光熱費の一部支援及び中小企業へのLED照明の設置補助に要する費用に関する補正予算案、さらに物価高騰等の影響を受けている子育て世帯への米十キログラム相当などの配付に係る補正予算案が上程されました。 物価高騰等により困窮されている府民並びに事業者の方に、これらの事業による支援が一日でも早く届くよう、予算の確実な執行を改めて求めておきます。 次に、乳幼児医療費助成制度についてです。 昨今の人口減少社会の中で、この制度、事業は、子どもの健全な育成及び子育て支援の一環として重要な役割を果たしている状況から、近隣の兵庫県、京都府、奈良県においては中学校卒業まで拡充されています。このような状況の中、府としても、子育て支援との考え方から、所得制限を撤廃するとともに、対象年齢を拡充すべきと考えます。 知事から、市町村の子育て支援施策をバックアップしていくとの答弁をいただきましたが、府がより積極的に役割を果たしていただくことを強く求めます。 次に、ヤングケアラーへの支援策についてであります。 今年度の府立高校生を対象とした調査により、実態は一層深刻であることが明らかとなりました。ヤングケアラーは、生徒個人の家庭的状況が主な原因となっており、昨年度の調査結果でも支援を求めない生徒も多いと聞きます。 本人が支援を求めていないことが、すなわち支援の必要がないということではなく、教職員やスクールカウンセラースクールソーシャルワーカー等の専門人材が子どもたちにしっかりと寄り添い、詳細な状況を丁寧に把握する中で、どのような支援が必要かを判断していくことが必要です。 今後、府教育庁におかれましては、スクールソーシャルワーカーのさらなる拡充を含め、支援策の一層の充実に努めていただくようお願いします。 次に、支援教育についてです。 文部科学省の通知による支援教育の取組については、保護者や生徒が安心して教育を受けられるように丁寧に進めるとともに、教員の配置については、市町村が毎年度、学校の実情等に応じて作成する支援学級等設置計画に基づいて、確実に配置すべきと考えます。 また、配置された教員の支援教育に関する専門性向上も重要であると考えます。教員の配置とその専門性を向上させるため、大阪府が支援学級や通級による指導等の多様な学びの場の充実に取り組んでいただきますよう強く求めます。 次に、教員の働き方改革についてです。 教師とは最大の教育環境であり、その教育環境を維持向上していく上での様々な課題を懸念しております。 教員の長時間の時間外在校時間が慢性化して、希望と意欲に燃えていた教員が元気を失い、心の病による休職等を余儀なくされるケースが依然としてあります。教員のブラック化も取り沙汰され、教員、教育現場の事態は深刻であり、早急な改善が必要です。 そういった課題解決策として、教員がメンタルに支障を来すまでに悩んでいる課題や問題をしっかりと受け止め、解決に至らせるため、メンター制度の拡充など具体的な教員への相談体制の充実強化に取り組んでください。 また、働き方改革の推進を府は一生懸命やっているといったことをはじめ、府教育庁の考え方、様々な取組を教員希望者にアピールできる魅力的なポータルサイトを作るなど、さらに優れた教員人材の確保に取り組んでください。 次に、大阪・関西万博を見据えた周遊促進についてであります。 万博に向けては、府域にとどまらず、関西、そして全国も巻き込んだ広域周遊の視点が必要です。また、自転車等で楽しみながら万博会場へ行ける、そしてそれが渋滞緩和という問題解決にもつながるといった仕組みも必要と考えられますので、前向きな検討をお願いします。 次に、大阪・関西万博に向けたブルーカーボン生態系の取組についてです。 大阪・関西万博の開催に向けて、カーボンニュートラルの実現に向けた新たな炭素吸収源ブルーカーボン生態系の一つである藻場の創出の取組が進められています。 この取組を万博会場につなげるためにも、大阪市や堺市の沿岸などの湾奥部での創出を進めるとともに、取組状況を見える化し、世界の国々や全国から来られる多くの人々に対して、大阪湾におけるブルーカーボンの取組をアピールしていただくようお願いします。 次に、万博のボランティア検討状況についてです。 さきの我が会派からの一般質問において、万博のボランティア検討状況について触れ、会場運営に携わるボランティアの受入れに関して、博覧会協会で検討を進められているとの答弁がありました。 万博会場内で、ボランティアの皆さんに質の高いホスピタリティーを提供していただくためには、マニュアルの整備や研修の期間も必要になるため、早期に募集時期や活動内容を決定、発表していただきますようお願いいたします。 最後に、万博協会の入札等における競争性及び透明性の確保についてです。 今月五日の万博特別委員協議会におきまして、オリンピックに係る報道を契機に、ミャクミャクのライセンス管理で、日本国際博覧会協会が電通などでつくる共同企業体--JVと契約締結した件について、委員と万博協議会との間で質問があったところです。 そもそも、大阪・関西万博の開催は、国、府、市、経済界が当該経費を負担した上で実施するものであり、府民等から疑念を抱かれるようなことがないよう、入札等の実施に当たっては、競争性及び透明性をしっかりと確保していただきますようお願いします。 以上、るる申し上げましたが、今議会に出されております諸議案については、全て賛成であることを表明し、我が会派の討論とさせていただきます。御清聴ありがとうございました。 ○議長(森和臣) 次に、杉本太平議員を指名いたします。杉本太平議員。 ◆(杉本太平議員) 自由民主党大阪府議会議員団杉本太平でございます。 採決に先立ち、今定例会に提案されている諸議案等について、我が会派の意見と態度を表明させていただきます。 最初に、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した支援策について、意見を申し述べます。 本定例会に提案されている令和四年度一般会計補正予算(第九号)では、国の地方創生臨時交付金を活用した府の支援策が講じられておりますが、足元の原油高、物価高は計り知れず、生活必需品の値上がりはとどまるところを知らず継続しており、今なお府民の家計や企業経営に大きな影響を及ぼしています。 そのような中、子育て世帯への支援として、十八歳以下の子ども一人に対して米十キロ相当を配付する事業と、介護、幼稚園を含む保育、障がい施設等の福祉施設職員等への支援として、一万円分のギフトカードを配付する事業が提案をされました。 どちらの事業もまだ詳細な内容が決まっていないため委員会に付託すべきと考えましたが、残念ながら省略されることになってしまいました。真に府民のためを思うのであれば、会期を延長してでも議論を重ねるべきと考えます。 我が会派が福祉部から現状、最新の事業スキーム案の説明を受けたのは、十五日の午前中であります。しかも、こちらから説明を求める旨の要求をしたから来ていただけたのであって、もし要求をしなかったら、提案当初の概要案だけで採決に係る判断をしなければなりません。判断材料となる情報が少ない中で、満足な議論もせずに強引に採決に持っていくようでは、議会の存在意義に関わる問題です。 子育て世帯の支援に対して、我が会派として様々な主張をしてまいりました。使い勝手のいい現金やギフトカードにすべきであること、仮に食料品に限定するのであれば、お米以外も選択できるようにすべきであること、地元の米穀店への影響や価格高騰を避けるべきであること、委託費や事務経費が極力少なくて済む方法で配付すべきであることなどです。 また、福祉施設職員等への支援についても、事務経費の縮減や配付方法の効率化、対象者の広範化など、会派として主張、提案をしてまいりました。その結果、一定これらの要望、主張も事業内容に反映をしていただきました。 しかし、まだまだ検討していただきたいことがあります。 一点目は、支援漏れが発生しないよう、府のホームページだけでなく、あらゆる媒体を活用して周知徹底を図っていただきたいことです。 二点目は、なりすまし等を防ぐためにより厳格に本人確認を行うとともに、市町村と住民情報の共有を行うなどにより、迅速かつ正確に事務処理を遂行していただきたいことです。 三点目は、府内の米小売業者に対して本制度の周知徹底を図り、クーポン活用時に混乱が生じないようにしていただきたいことです。 次に、お米以外の商品が選ばれるようになっていますが、大阪産(もん)をはじめとした地元の産品に重きを置き、できるだけ幅広く商品を取りそろえるようにしていただきたいことです。その際、お米アレルギーや農薬に対して過敏な子どもがいることから、有機栽培や無農薬の食材も使用したものも取りそろえるよう、配慮をお願いをいたします。 昨今の原油高、物価高や、新型コロナウイルス感染症によって負担が増して困っている家庭や企業を支援することは、府として当然必要なことですので、本件については迅速、確実に進めていただきたいと思います。また、効果検証することで、今後のよりよい支援につなげていっていただきたいと思います。 最後になりますが、二〇二三年G7貿易大臣会合は、大阪、堺で開催されます。この会合の推進協力協議会が設置されておりますが、本定例会の九号補正に一千八百万もの予算額が提案されておりますので、府民、事業者への周知や、大阪、堺の魅力PR等にしっかりと取り組んでいただくようお願いをいたします。 以上、るる申し上げましたが、今定例会に提出されております知事提出議案については、全て賛成であることを表明し、我が会派の討論といたします。御清聴ありがとうございました。 ○議長(森和臣) 以上で、通告による討論は終わりました。 これをもって討論は終結いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより議案につきまして採決に入りたいと思いますが、議事の都合により分離して採決いたします。    ……………………………………… ○議長(森和臣) まず、第三十六号議案 令和四年度大阪府一般会計補正予算(第九号)の件を起立により採決いたします。 本議案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(森和臣) 起立多数であります。よって、第三十六号議案は、原案のとおり可決されました。    ……………………………………… ○議長(森和臣) 次に、議案第三十八号、第四十六号、第五十三号及び第五十八号の四件を一括して起立により採決いたします。 以上の議案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立
    ○議長(森和臣) 起立多数であります。よって、以上の議案四件は、原案のとおり可決されました。    ……………………………………… ○議長(森和臣) 次に、残余の議案二十三件を一括して採決いたします。 お諮りいたします。残余の議案は、原案のとおり可決、同意することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認めます。よって、残余の議案二十三件は、原案のとおり可決、同意することに決定いたしました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第二、委員会の継続調査事件を議題といたします。 各常任委員会及び議会運営委員会の調査報告書は、配付のとおりであります。   (調査報告書は巻末に掲載) ○議長(森和臣) お諮りいたします。本件は、各委員長の報告のとおり、さらに閉会中継続調査とすることに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認めます。よって、本件は、各委員会において、さらに閉会中継続調査とすることに決定いたしました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第三、第六十五号議案 大阪府庁舎等に係る電気料金請求事件の控訴の件を議題といたします。 議案につきまして、知事の説明を求めます。吉村知事。 ◎知事(吉村洋文) 今次定例府議会に追加提出いたしました第六十五号議案につきまして、その概要を説明いたします。 第六十五号議案は、大阪府庁舎等の電気料金について不払いがあったとする電気料金請求事件の判決を不服として控訴するものです。 以上、御審議賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(森和臣) 以上で、知事の説明は終わりました。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) お諮りいたします。本議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより第六十五号議案 大阪府庁舎等に係る電気料金請求事件の控訴の件を採決いたします。 お諮りいたします。本議案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認めます。よって、第六十五号議案は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第四、議員提出第六号議案 大阪府議会の保有する個人情報の保護に関する条例制定の件を議題といたします。 お諮りいたします。本議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) お諮りいたします。本議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより議員提出第六号議案 大阪府議会の保有する個人の情報の保護に関する条例制定の件を起立により採決いたします。 本議案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(森和臣) 起立多数であります。よって、議員提出第六号議案は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第五、議員提出第七号議案 大阪府議会委員会条例一部改正の件を議題といたします。 お諮りいたします。本議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) お諮りいたします。本議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより議員提出第七号議案 大阪府議会委員会条例一部改正の件を採決いたします。 お諮りいたします。本議案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認めます。よって、議員提出第七号議案は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第六、議員提出第八号議案 いのち輝く人生のため「人生会議」を推進する条例制定の件を議題といたします。 議案につきまして、提出者の説明を求めます。松浪ケンタ議員。 ◆(松浪ケンタ議員) 大阪維新会大阪府議会議員団の松浪ケンタであります。 議員提出第八号議案 いのち輝く人生のため「人生会議」を推進する条例制定の件につきまして、提出者を代表して、提案理由を御説明いたします。 先進国でも類を見ない人口減少、超高齢社会に直面する中、生涯を通じて輝きながら暮らし続けることのできるいのち輝く未来社会の実現は、府民共通の願いであります。 自分らしい豊かな人生を全うする上で最も優先されるべきは本人の意思であり、終活やリビングウイルへの関心が高まっています。日頃から医療、ケアの選択について事前に意思表示をしておくことが重要とされていますが、認知機能の低下や重篤な病態等で意思表示ができない状況では、医療やケアをする人々に自分の希望を伝えることが難しい状況です。 そのため、人生の最終段階に至るまでの医療、ケアについて自分自身で前もって考え、家族、友人など信頼する人たちや、医療、ケアに関わる専門職と思いが変化するたび繰り返し話し合い、その内容を記録として残し共有する人生会議の取組や普及啓発が大切であります。 三年後に万博が開催されるに当たり、いのち輝く未来社会を実現するためには、人生会議が不可欠です。全世代がいのちについて深く考え、全ての府民がいのち輝く人生を送ることのできる大阪府を目指し、本条例を制定するものです。 具体的な内容について御説明いたします。 人生会議については、時期を問わず、現役世代においても、それぞれ自らにとって人生会議が必要と感じたそのときから取り組んでいただくことが重要であります。そのため、第一条におきまして、人生会議の推進に当たり、府や市町村、医療やケアに関係する機関との連携協力に加え、企業等での研修を想定し、事業者を明記しました。それぞれの立場で、必要な連携協力体制を構築していただきたいと考えております。 また、人生会議を推進するためには、若い世代からの理解促進が重要です。そのため、第三条に、府立学校、市町村立学校、私立学校やPTA等と連携し、人生会議の普及啓発を努めていただくよう明記しました。 さらに、現在も人生会議普及のため、各市町村が様々な施策を実施しているところですが、大阪府としても基礎自治体の取組をバックアップできるよう、第五条で市町村に対する支援を明記しました。 人生会議は、本人の意思により進められることが大前提です。そのため、普及啓発の実施状況や府民への普及状況についての適切な目標を速やかに検討していただきますようお願いします。 その上で、事業効果を見極め、適宜、実施の見直しなどの必要な措置を講じていただくよう、PDCAを確立するための規定を整備しました。 今回は、公明党、自民党の皆様からも、よりよい条例にすべく御提案をいただき、共同で議案提出できましたことは、これからの大阪府で人生会議を推進するために非常に意義のあるものと考えます。 以上、議員各位におかれましては、提案の趣旨を御理解いただき、御賛同いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長(森和臣) 以上で、提出者の説明は終わりました。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) お諮りいたします。本議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより議員提出第八号議案 いのち輝く人生のため「人生会議」を推進する条例制定の件を起立により採決いたします。 本議案につきまして、原案のとおり決定することに賛成の方は、御起立願います。   (賛成者起立) ○議長(森和臣) 起立多数であります。よって、議員提出第八号議案は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 日程第七、第七号意見書案及び第二号決議案、旧統一教会による悪質な行為の再発防止と被害者救済を求める意見書外一件を一括議題といたします。 お諮りいたします。以上の意見書案及び決議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、提出者の説明を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 意見書案及び決議案に対する質疑は、通告がありませんので、質疑なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) お諮りいたします。以上の意見書案及び決議案は、会議規則第三十七条第三項の規定により、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) 討論は、通告がありませんので、討論なしと認めます。    ~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長(森和臣) これより第七号意見書案 旧統一教会による悪質な行為の再発防止と被害者救済を求める意見書及び第二号決議案 旧統一教会等の悪質な活動とは一線を画する決議の二件を一括して採決いたします。 お諮りいたします。以上の意見書案及び決議案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。   (「異議なし」「異議なし」) ○議長(森和臣) 御異議なしと認めます。よって、以上の意見書案一件及び決議案一件は、原案のとおり可決されました。    -------◇------- ○議長(森和臣) 以上をもって本日の会議を閉じます。    -------◇------- ○議長(森和臣) これをもって令和四年九月定例会を閉会いたします。午後一時四十二分閉会  議長   森 和臣  副議長  三宅史明  議員   和田賢治  議員   富田武彦  議員   奥田悦雄 △(イメージ)提示資料目次 △(イメージ)前田将臣議員一般質問の提示資料 △(イメージ)前田将臣議員一般質問の提示資料 △(イメージ)中村広美議員一般質問の提示資料 △(イメージ)山本真吾議員一般質問の提示資料 △(イメージ)杉本太平議員一般質問の提示資料 △(イメージ)杉本太平議員一般質問の提示資料 △(イメージ)杉本太平議員一般質問の提示資料 △(イメージ)杉本太平議員一般質問の提示資料 △(イメージ)杉本太平議員一般質問の提示資料 △(イメージ)杉本太平議員一般質問の提示資料 △(イメージ)河崎大樹議員一般質問の提示資料 △(イメージ)内海公仁議員一般質問の提示資料 △(イメージ)内海公仁議員一般質問の提示資料 △(イメージ)大橋章夫議員一般質問の提示資料 △(イメージ)大橋章夫議員一般質問の提示資料 △(イメージ)橋本和昌議員一般質問の提示資料 △(イメージ)橋本和昌議員一般質問の提示資料 △(イメージ)橋本和昌議員一般質問の提示資料 △(イメージ)しかた松男議員一般質問の提示資料 △(イメージ)富田武彦議員一般質問の提示資料 △(イメージ)鈴木憲議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)鈴木憲議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)鈴木憲議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)土井達也議員一般質問の提示資料 △(イメージ)土井達也議員一般質問の提示資料 △(イメージ)土井達也議員一般質問の提示資料 △(イメージ)川岡栄一議員一般質問の提示資料 △(イメージ)川岡栄一議員一般質問の提示資料 △(イメージ)川岡栄一議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)大橋一功議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)大橋一功議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)岩木均議員の一般質問の提示資料 △(イメージ)西惠司議員一般質問の提示資料 △(イメージ)横倉廉幸議員一般質問の提示資料 △(イメージ)横倉廉幸議員一般質問の提示資料 △(イメージ)冨田忠泰議員一般質問の提示資料 △(イメージ)冨田忠泰議員一般質問の提示資料 △(イメージ)大山明彦議員一般質問の提示資料 △(イメージ)大山明彦議員一般質問の提示資料 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)議案の議決状況 △(イメージ)意見書案の議決状況・決議案の議決状況 △(イメージ)説明者職氏名 △(イメージ)説明者職氏名
    △(イメージ)配布文書目次 △(イメージ)第35号議案 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書 △(イメージ)議案審査報告書・第36号議案 △(イメージ)第36号議案 △(イメージ)第36号議案 △(イメージ)第37号議案・第38号議案 △(イメージ)第38号議案・第39号議案 △(イメージ)第40号議案・第41号議案 △(イメージ)第42号議案・第43号議案 △(イメージ)第44号議案・第45号議案 △(イメージ)第46号議案・第47号議案 △(イメージ)第48号議案・第49号議案 △(イメージ)第50号議案・第51号議案 △(イメージ)第52号議案 △(イメージ)第53号議案・第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第54号議案 △(イメージ)第55号議案 △(イメージ)第55号議案・第56号議案 △(イメージ)第56号議案 △(イメージ)第57号議案 △(イメージ)第57号議案・第58号議案 △(イメージ)第58号議案 △(イメージ)第59号議案 △(イメージ)第60号議案 △(イメージ)第61号議案 △(イメージ)第62号議案・第63号議案 △(イメージ)第63号議案 △(イメージ)第63号議案 △(イメージ)第63号議案・第64号議案 △(イメージ)第64号議案 △(イメージ)第64号議案 △(イメージ)第64号議案・第42・43号報告 △(イメージ)第44・45・46・47号報告 △(イメージ)第48・49・50号報告 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨 △(イメージ)人事委員会の意見聴取の回答・教育委員会の意見聴取の回答 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)調査報告書 △(イメージ)第65号議案・議案説明要旨 △(イメージ)議案説明要旨・議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案 △(イメージ)議員提出第6号議案・議員提出第7号議案 △(イメージ)議員提出第7号議案 △(イメージ)議員提出第7号議案・議員提出第8号議案 △(イメージ)議員提出第8号議案 △(イメージ)議員提出第8号議案 △(イメージ)議員提出第8号議案・第7号意見書案 △(イメージ)第7号意見書案・第2号決議案...